ソフトバンク iphone基本パック 解約。 2年放置で59760円の損!? SoftBank(ソフトバンク)のいらないオプションの解約方法│富を生み出すブログ

2年放置で59760円の損!? SoftBank(ソフトバンク)のいらないオプションの解約方法│富を生み出すブログ

ソフトバンク iphone基本パック 解約

スマートフォン基本パックとは、スマートフォンを利用する上で欠かせないオプション(総額1,500円以上)をまとめて、月額使用料500円で利用いただけるサービスです。 スマートセキュリティや迷惑電話ブロック、割込通話などさまざまなオプションが含まれています。 ソフトバンクの回線をご契約の方は、契約時にオプションなどで入会していたというケースがあったり、もう使う機会もほとんどない、またはこれから利用を考えているが退会・解約は簡単なのかな?と事前に気になっている方に向けて、 今回は、簡単に解約・解除する方法を解説していきたいと思います。 STEP1 まずは、のTOP画面です。 ログインされていない場合は、まずログインしましょう! 今回は、ログインした状態です。 ログイン後、右上の 「メニュー」をタップして、メニュー内の 「契約・オプション管理」をタップして下さい。 STEP2 「契約・オプション管理」画面になりましたら、 「オプション」をタップしましょう! STEP3 すると、オプションサービス手続き画面になります。 下にスライドさせて、スマートフォン基本パックの右にある 「変更」をタップして下さい。 画像は、割込通話の画像になっています。 STEP4 画面が切り替わりましたら、下にスライドさせて 「次へ」をタップして下さい。 STEP5 確認画面になりますので、下にスライドさせて 「同意する」にチェックを入れて 「申込」をタップしましょう。 STEP6 この画面が表示されたら、手続き完了です。 これで解約(解除)が完了しましたので、今後料金が発生する事はありません。 「スマートフォン基本パック」内のサービスで単体申込をしていた場合は、それぞれ単体の解除が必要になります。 ぜひ参考にしてみて下さい。 後は、注意しておくべき点がいくつかございますのでそちらも気を付けて下さいね! 解約・退会の前の注意点! 一度、解除するとすぐには再入会できない? 「スマートフォン基本パック」を解除された場合、 「通話基本プラン」の新規お申し込み時または、 次回携帯電話機のご購入時、 USIM単体のご契約時までサービスに加入する事が出来なくなります。 再入会する可能性がある場合は、解約前に気を付けましょう。 解約のタイミングについて! スマートフォン基本パックは、月の途中で解約 解除 を行った場合、日割り計算されません。 なので、 解約の場合は、ギリギリまで使用して解約しましょう! 安心遠隔ロックサービス利用中の方へ スマートフォン基本パック限定サービスの「安心遠隔ロック」にてロック中の方は、注意が必要です。 ロック中に、スマートフォン基本パックの解除をしてしまうと、ロックの解除が出来なくなってしまいます。 事前に、ロックを解除した後にスマートフォン基本パックの解除をするように注意しましょう!.

次の

ソフトバンクを解約する方法は?タイミングや注意点まとめ

ソフトバンク iphone基本パック 解約

2018. 02 ライフスタイル タクヤ 【ソフトバンク】一定額ストップサービスを勝手に加入された!解除・解約方法 先日、au(iPhone 6S)からソフトバンク(iPhone 8)に乗り換えをしました。 その後、問題なく使っていましたが、4月1日にソフトバンクよりこのようなメッセージが届きました。 ソフトバンクより 「一定額ストップサービス」へのご加入ありがとうございます。 本サービスは、ご利用額が設定額へ到達した場合に、自動で発信を停止するサービスです。 僕「???!!!」 全く見に覚えがありません。 はたして、この「一定額ストップサービス」とは何か?解除方法を含めて紹介していきます。 指定金額は、5,000円~10万円の間で1,000円単位での設定が可能。 初期設定は、10万円となります。 料金 一定額ストップサービスは、 月額100円で利用できます。 ただ、8つのオプションをまとめた「iPhone基本パックR(月額500円)」にも含まれており、こちらで加入している方が大半だとは思います。 一定額ストップサービスは必要? 現在、ソフトバンクのスマートフォンを契約するときは、パケットし放題(パケット定額サービス)の加入が必須となっています。 そのため、一定額ストップサービスを利用していないからといって、月額料金が数十万円、数百万円と超高額になることはありません。 では、何のためにあるのかといえば、 お子さんのスマートフォン使いすぎを防ぐためです。 結論:自分が使うなら必要なし ケータイ基本パックは必要? では、一定額ストップサービスが含まれる「iPhone 基本パック」は必要なのか?見ていきましょう。 メール(MMS)どこでもアクセス S! メール( softbank. jp)をスマートフォンだけでなく、パソコンなどのWebブラウザ(SafariやChrome)で送受信できるサービス ナンバーブロック かかってきたいたずら電話や迷惑電話などを次から着信しないように設定できる迷惑電話防止サービス も付いてきます。 ざっくりまとめると、• セキュリティの向上• 通話機能• 家族の位置共有 の3点になります。 セキュリティを強化したい• 通話機能(留守番電話、グループ電話、割込電話)を使いたい• 家族がどこにいるのか分かるようにしたい いずれかに当てはまっていれば、利用し続けるのもありでしょう。 もし、必要ないと思うのであれば、すぐに解約すべきです。 (僕個人としては必要ないと感じました。 ) 解約することで、1ヶ月で500円、6ヶ月で3,000円、12ヶ月で6,000円、2年で12,000円の通信費節約につながります。 iPhone 基本パック(一定額ストップサービス)の解除・解約方法 iPhone 基本パック(一定額ストップサービス)は、• ソフトバンクショップ(店頭)• ソフトバンクカスタマーサポート(電話)• My SoftBank(Web) いずれかの方法で解除・解約ができます。 ソフトバンクカスタマーサポート(電話) 電話番号は次の通り。 ソフトバンクのスマートフォンから:157(無料)• 一般電話から:0800-919-0157(無料) 受付時間はAM 9:00~PM 8:00(無休)になります。 My SoftBank(Web) パソコン・スマートフォンで『』に移動してから、「携帯電話番号でログイン」をクリック。 「携帯電話番号」「パスワード」を入力して、My SoftBankにログインします。 「オプション変更」をタップ。 iPhone基本パックRの「変更」をタップ。 現在の契約内容を確認し、次へすすみます。 iPhone基本パックRを解除・解約する場合は、「iPhone基本パックRの解除」を選択します。 ここでiPhone基本パックRの解除・解約を引き留められます。 問題なければ次へ進みましょう。 お申し込み完了画面が表示されれば完了です。 僕の場合は、翌日に <ソフトバンクより> ソフトバンクをご利用いただきありがとうございます。 iPhone基本パックRの解約手続きが完了いたしました。 サービスは2018年04月02日をもってご利用いただけなくなります。 というSMSが届きました。

次の

iPhone 基本パック

ソフトバンク iphone基本パック 解約

昨日、スマートフォンの不要なオプションサービス解約した。 私のiPhone6はソフトバンクと契約しているのだが、分割で購入している端末代を差し引いても随分高いなと以前から感じていた。 iPhone6購入時(正確にはiPhone5sからの乗り換え時)に余計な有料サービスやオプションに入らされて、明らかに不要な有料サービスはすぐに解約したのだが、それでもやけに高いなと。 今は殆どLINEやメッセンジャーでのやり取り、電話もLINEの電話を使ったりしているので殆ど通話料金はかかっていない。 にも関わらず毎月の料金が8,000円近くもするのはまだ何か無駄なモノが隠れてそう。 ということでMy SoftBankから料金の内訳を改めて確認してみた。 なんとオプションサービス料のトータルが3,000円超!!随分いろんなオプションに入っているなと。 とりあえず一つ一つ確認。 Wホワイト:これはオプションといいながら通話をする場合は必須なので解約不能。 S!ベーシックパック:これもメールやネット接続に必須なので解約不能。 ソフトバンクWi-Fiスポット i :スポットによって遅かったりあまり使えないなと思うこと多々だが、それでも通信量を少しでも抑えられるのと、現在無料なので解約の必要なし。 通常は1年間とうことに対してだろうか?不慮の事故(例えば落としたとか)に対する修理サービスを7,800円で最大2回まで受けられるというサービス。 安心保証パック:上と同じ保守サービスで何故二つも入る必要があるのだと混乱してしまいそうだが、こちらはソフトバンクのサービスで故障、破損、全損、盗難、紛失、バッテリー交換その他もろもろの保証サービスとなっている。 テザリングオプション:PCやタブレットをiPhone経由でネットに接続するサービス。 これがないといろいろ支障をきたすので必須。 (しかも無料だし解約する理由無し) iPhone基本パック:留守番電話サービスやグループ通話などのほかにもiPhone紛失時にオペレーターに探してもらうサービス。 留守番電話以外はハッキリ言って不要。 ソフトバンクヘルスケア:Fitbit Flexや体組成計で使用しているが、Fitbitは使うのやめてしまった上に、体組成計も十分活用できているとは言えないので、解約しても差し支えない。 スポンサーリンク そしてもう一つ、オプションサービス料の下にある『 その他』にある 情報料 スマホとくするパック(i) 名前からして必要のなさそうな感じがして調べてみると、クーポンやらYahoo! プレミアムのコンテンツ使いたい放題とか、会員限定のセールだとかの名前通りお得になるサービスらしい。 もともとYahoo! プレミアムの会員なので不要だしこんなクーポンの存在などいちいち調べたり覚えてたりするのは面倒なので、全く不要のサービス。 iPhone6購入時に入らされて、恐らく解約し忘れていたのだろう。 結局どのサービスを解約したかというと、以下の4つ。 安心保証パック• 情報料 スマホとくするパック(i)• iPhone基本パックは本サービスを解約して、留守番電話サービスプラス(300円)に変更 一番解約するか悩んだのが、保証サービス。 万が一アクシデントがあったら全額自腹を切らなくてはならないリスクがある上に一度解約すると再度入れないサービスなので迷ったが、今回解約することにした理由は2つ。 一つはガラケー時代も含めて一度も破損で修理に出したり、紛失や故障で買い換えたりといった事がなかったこと。 まぁiPhone6ではあるかもよ?と言われればそれまでだが、その時は運が悪かったと諦めるしかない。 もう一つの理由は、私の場合だいたいその端末の使用期間が1年間ぐらいで、直ぐに新機種に変更してしまうため、安心サポートに入ってもあまり意味がないような気がしたからだ。 ということで、この3つのサービスの解約と1つのサービス変更で毎月1,663円の節約。 大きいととるか小さいと取るかは人それぞれ違うだろうが、無駄なモノにはコストをかけたくないという意味では毎月1,600円は大きい額だと思う。 もう一つ、 ソフトバンクヘルスケアも解約の対象では?なのだが、契約してから2年以内の解約は解約手数料として7,000円が別途かかってしまうので、2年までの残り月数が半年なので、そのまま半年後まで待って解約したほうが安く済むので今回は、そのまま継続しておく事にした。 あとは、次の機種(次期iPhoneになるか、それともAndroidに鞍替えするか考え中だが)が出るまで壊さぬよう大事に使おう。 スポンサーリンク.

次の