サンライズ 停車駅。 寝台特急「サンライズ瀬戸」で朝日を浴びていただく駅弁!~岡山駅「桃太郎の祭ずし」(1,000円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

【2020年】サンライズ瀬戸・出雲はどんな列車?予約方法や予約開始日、座席ごとの料金、時刻表、ツアー情報【まとめ】

サンライズ 停車駅

サンライズ瀬戸・出雲とは? サンライズ瀬戸・出雲は、日本で残る唯一の寝台特急であり、東京、大阪、岡山、高松、出雲市を結んでいます。 サンライズで使用される285系電車は、かなり老朽化もあるようで、次の寝台車は新造せずに、この285系限りで消滅する可能性も出ているようです。 本当に最後の寝台特急になる可能性のある、サンライズ瀬戸・出雲の285系電車をレポートします。 大阪駅では乗務員の交代があり、停車時間は2分ほどで設定されています。 ということで、乗る前に動画を撮影することも一応は可能です。 サンライズ瀬戸・出雲とは? サンライズ瀬戸・出雲は、東京から高松と出雲市を結んでいる寝台特急です。 東京駅から名古屋駅、米原駅、大阪駅、神戸駅と、東海道線を走り、神戸駅から先は岡山まで山陽本線を走ります。 岡山駅ではサンライズ瀬戸とサンライズ出雲に切り離します。 サンライズ瀬戸は、瀬戸大橋を渡り、宇野線、本四備讃線を走り、終点の高松駅まで走ります。 サンライズ出雲は、岡山駅から先、伯備線、山陰本線を走り、終点の出雲市まで走ります。 走っている経路から造像できることなのですが、基本的に東京から高松や出雲大社への観光客をメインに考えている寝台特急です。 しかし、後述の停車駅の関係上から、上りの東京行きに関しては、大阪~東京間のビジネス利用も考慮して、ダイヤ設定が行われているようです。 東京~大阪と言った一部区間を利用する場合、 大阪から東京には活けるけど、東京から大阪には乗れないと覚えておいてください。 のびのび座席については、特急料金のみで乗車可能であり、寝台料金は発生しません。 乗車中に様々な部屋を見ましたが、1人利用の場合にシングルツインを利用する意味はあまりないかと思います。 補助ベッドがあり狭いうえに、シングルより高額な寝台料金となります。 ソロについては、知らない人との2段ベッドになるので、上の階のほうがいいでしょうか。 2段ベッドそれぞれが簡易的な個室になっており、ドアには鍵を変えることができるので、プライベートと安全は確保されています。 価格と実際のお部屋の状態を見た場合、一番コストパフォーマンスが高いのはシングルルームではないでしょうか。 2名部屋がいい場合に一番お得なのがシングルツインの2名利用です。 1室に2段ベッドがあるので、室内での会話も可能です。 2名で14,830円なので、1人当たり7,415円となります。 1000円プラスして利用できるのがサンライズツインです。 正直なところ、シングルツインとサンライズツインを実際に見た場合、サンライズツインの方が1000円高の設定を考慮しても快適性は良いでしょう。 2名の個室を利用するのであれば、サンライズツインを希望してみてください。 今回はサンライズツインを2名で利用しました。 正直新幹線より高いですが、観光で利用する場合には、東京に朝7時に到着してすぐに遊べるのはメリットでしょう。 以下、新幹線と比較してみます。 サンライズと始発の新幹線、飛行機の、東京駅への到着時間を比較してみました。 なお、新幹線は騒音規制の観点から、始発電車は6時以降と定められています。 これにより、既存の新幹線において、サンライズとの1時間半の到着時刻の差を埋めることはほぼ不可能になっています。 ソロの基本的な条件としては、 ・寝台料金がかかる ・テーブルがない ・個室に見えて2段ベッド ・上段下段のベッドは仕切られており、ドアには鍵を掛けれる ・電動車になる ソロは、3号車と10号車になります。 では、ソロの写真をご覧ください。 こちらは下段ベッドの写真です。 ベッドの厚みはこのような感じ。 室内を見ると、テーブルがありません。 したがって、パソコン作業をするのは難しいでしょう。 また、上段ベッドへの階段があり、この部分がベッドのスペースを圧迫しています。 こちらは上段ベッドです。 階段を上ったところにあります。 ソロの上段ベッドです。 あと、ソロの欠点としては、車両が電動車になることです。 電動車とは、駆動用のモーターを搭載している車両のことであり、走行中はモーターの唸り音が聞こえます。 ゴーという低音なので、騒音を気にしない人でないと寝にくいかもしれませんね。 シングルの基本的な条件としては、 ・寝台料金がかかる ・テーブルがある ・ちゃんと個室になっている ・ドアには鍵を掛けれる ・付随車になる 可能性がある シングルは、1号車、2号車、 5号車、6号車、7号車、8号車、9号車、 12号車、13号車、14号車になります。 赤字で書いた5号車と12号車は電動車になります。 付随車の場合には、モーター音は聞こえません。 しかし、無音と言うわけではなく、レースが擦れる「シャー」という高音は聞こえます。 一般的には電動車よりも静かと言われていますが、無音と言うわけではないので注意してください。 電動車、付随車の希望がある場合には、みどりの窓口で希望してください。 シングルは、1号車、2号車、8号車、9号車になります。 シングルルームの場合には、車両が2階建て車両となっているので、ベッドが階段によって圧迫されることもありません。 テーブルもあるので、パソコン作業も出来ます。 必ずしも広いお部屋ではないですが、乗車時間中であれば快適に過ごすことができるでしょう。 2段ベッドとなっており、個室内で会話を楽しむこともできます。 テーブルはありませんので、パソコン作業は難しいです。 ソロの2段ベッドがまとめて一部屋になったイメージでいいでしょう。 そのうち、禁煙が2室、喫煙が2室となります。 サンライズ瀬戸、サンライズ出雲のそれぞれで4室ずつとなるので、東京~岡山では8室(禁煙4室、喫煙4室)と言うことになります。 サンライズツインの最大の難点は、あまりの部屋数の少なさに、予約を取るのが難しいことでしょう。 サンライズツインは11号車の1階部分にあります。 ちなみに11号車の2階部分には、後述のA寝台であるシングルデラックスがあります。 ツインルームとなっており、複数人での移動空間としては最もベストなレイアウトになっています。 余った空間を利用して物置が設置されているので、2人利用で荷物が多くても、それなりに広く使えるお部屋です。 さすがに利用している方が多かったので写真は撮れませんでした。 JRおでかけネットより拝借した画像を掲載します。 ちょうどサンライズツインの真上になるお部屋で、広さのイメージとしては、サンライズツインが4つ並ぶ真上に、シングルデラックスが6つ並ぶ感じ。 こちらも写真を撮りたかったのですが、どの部屋も入ることができませんでした。 どうやらシングルデラックスについては、空室であっても施錠しているようです。 仕方がないので、シングルデラックスのお部屋の写真は、JRおでかけネットから拝借します。 シングルデラックス専用のシャワールームには入ることができたので紹介します。 A寝台専用のシャワールームの入り口には、車掌から配られたシャワーカード以外は利用できない書かれています。 何か特別な仕掛けがあるのかと思いきや、他のシャワールームと同じでした。 違う点としては、A寝台専用のカードしか使えないということだけです。 シャワールームの全体像がこちらです。 1編成にA寝台は6人しか定員がないので、不特定多数が利用している一般のシャワールームと比べると、清潔感は保たれているのでしょう。 シャワーカードは1枚320円です。 一人一枚限りとなっていますが、厳密にはカウントしていないようです。 シャワールームを開けて、左手にある機械の中にシャワーカードを入れるようです。 シャワールームの全体写真です。 使用後は自動で温風乾燥されるので、衛生面は保っているようです。 なお、シャワーカードは規定枚数を販売すると売り切れとなります。 今回はサンライズ瀬戸とサンライズ出雲で一枚ずつシャワーカードを購入しました。 ) すると、ちょうどサンライズ出雲のシャワーカードは売り切れになりました。 シャワーを利用したい場合、たとえ売り切れであっても、出雲あるいは瀬戸の券売機に行くことで入手できる可能性はあります。 なお、今回購入した2枚のシャワーカードは使わずに記念に保存しておくことにしました。 コンセントもあるので、スマートフォンの充電もできます。 海を見ながら、夕焼けを見ながら、朝日を見ながら、長距離の列車旅を楽しむことができる空間です。 トイレの数は場所によって1個だったり2個だったりします。 洗面所はこのような感じで廊下に面していて、新幹線と同じような感じです。 トイレについてはすべて洋式でした。 また、ウォッシュレットは装備されていません。 缶のコーラが130円、小さい綾鷹のペットボトルが130円なので、そこまで割高と言うわけでもないような・・・? 自動販売機はあっても種類が少ないので、事前の購入をお勧めします。 特に、車内でアルコール類を販売している自動販売機は見当たりませんでした。 ) この時間になると、ホーム上で始発を待っている方も少しいました。 新幹線なら2時間半で移動できる東京大阪間ですが、実際には始発の飛行機を意識して、サンライズは運転されています。 1名利用ならシングルまたはシングルDX。 2名で利用するなら、サンライズツインがいいでしょう。 なお、ボリュームが大きくなりすぎたので本文中では割愛していますが、米原~大垣間はかなり横揺れが激しかったです。 カーブの連続と加減速も激しい区間なので、ちょっと酔いそうになるような揺れでした。

次の

「サンライズ出雲」は女子にぴったり!個室で楽しむ寝台列車の旅/古谷あつみの鉄道旅 番外編Vol.1│観光・旅行ガイド

サンライズ 停車駅

もくじ• 運転停車とは? 運転停車とは 「乗務員(運転手など)の交代など業務上の都合のために、列車が駅に停車する」 ことをいいます。 お客さんの乗り降りのための停車ではないので、ドアは開きません(「客扱いをしない」といいます) 主に、夜行列車(夜通し走る列車。 寝台特急など)で見られる運転形態です。 現在では「サンライズ号」がその代表格ですね。 夜中の0時半過ぎの大阪駅にて。 大阪を出ると、静岡駅まではノンストップ。 時刻表の上ではね・・・。 米原駅で運転停車する理由 夜中の0時半過ぎに大阪駅を出発する東京行き「サンライズ号」は 1時間ほどノンストップで走行したのち、滋賀県の米原(まいばら)という駅に停車します。 ここで、乗務員(運転手)の交代を行うのです。 なぜ、米原なのか? 距離的に交代にほどよい場所、ということもあるのでしょうが 何よりも 「米原駅より先はJR東海エリアになる(JR西日本と東海の境界駅)」 会社が変わるので運転手も交代しましょう・・・ということなんですね。 なぜお客さんの乗降はできないのか? 「せっかくなら、米原駅でお客さんが乗り降りできるようにしたら?」 ほかの路線の終電がとっくに終わっている夜中の1時過ぎに 正直さほど栄えていない米原駅に下りる人は、ほとんどいません(ほぼ0人だと思います) もしかしたら乗り降りするかもしれない、わずかな乗客のために夜遅くまで駅をオープンしておくのは、人件費などコストがかかりすぎます。 なので、お客さんの乗り降りはできないようにしているのですね。 このほかにも、上り下りで いろいろな駅で運転停車を行います。 「西村京太郎ミステリー ブルートレイン殺人事件」 超ざっくりとしたあらすじ ある日の早朝の下関駅。 東京発の寝台特急「はやぶさ」車内にて、身元不明の死体が発見される。 すったもんだの捜査の結果 ある男が犯人として浮上する。 しかし、その男は事件当日 「はやぶさ」の1本前を走る寝台特急「さくら」に乗車していた。 その男と一緒に「さくら」に乗っていた女性の証言では 男は夜は京都まで、朝は下関到着の時点では「さくら」に乗っていたという。 被害者の死亡推定時刻は、夜の1時から2時ごろ。 「はやぶさ」が三ノ宮駅を出て以降と推測された。 刑事は 「大阪駅で「はやぶさ」に乗り換え犯行を行った後、どこかの駅で下車しそこから車を飛ばし、下関到着までに再度「さくら」に乗り換えた」 と推理する。 大阪と三ノ宮の時刻が1分違うだけで、あとはゲームと同じ時刻です 刑事は 「三ノ宮で「はやぶさ」を下り、そこから400キロ以上タクシーを飛ばして小郡(現在の新山口駅)へ向かう」 「岩国で「はやぶさ」を下り、そこから100キロ以上タクシーを飛ばして宇部へ向かう」 など、ハードな検証を何度も行うも どうしても「さくら」に間に合わない。 そんな折、刑事は 「ブルートレインは、時刻表には載っていない駅で停車することがある(運転停車)」 という話を耳にします。 再度「はやぶさ」に刑事が乗ると、岡山駅で運転停車をすることが判明。 車掌に、乗客は岡山に下りれるのかたずねると 「普通は下りれませんが 緊急の場合や、気分の悪い乗客が出たときは下りてもらうことがあります」(車掌談) ピン!ときた刑事は 岡山からタクシーを飛ばし、小郡駅へ! すると・・・ 小郡駅にはまだ「さくら」が停車している!! 「間に合った・・・!!」 刑事は無事、男のトリックを見破ったのであった・・・!(完) ・岩国からタクシーだと、小郡などの駅までの距離が短すぎて追いつかない ・岡山からタクシーだと、そこそこの距離があるので「さくら」よりも速いスピードで走れる時間が長く、その分距離を詰めることができる というのが主な理由でしょうか。 (もちろん車はスピード違反ですが) 「さくら」の乗り換え駅が小郡だったのは 駅が高速のインターからほかの駅に比べ一番近かった、というのが主な理由のようです。 ちょっと寂しいけれど、そのほうが平和でよい・・・ って、このトリックを実際にやろうとする人なんていたんだろうか・・・?.

次の

寝台特急サンライズ出雲(東京駅〜出雲市駅|停車駅、時刻表ほか)

サンライズ 停車駅

東京〜大阪・岡山・出雲市への移動といえば、電車が最初に思いつくのではないでしょうか。 もちろん新幹線を利用するのが一番早いのですが、夜に東京を出て朝に到着する寝台特急もあります。 寝台特急は寝ている間につくので時間を節約できます。 今回はサンライズ出雲についてご紹介します。 サンライズ出雲の料金 サンライズ出雲は、東京と山陰エリアを結ぶ寝台特急です。 料金は乗車券+特急券+寝台券となっています。 『乗車料金・特急料金』 乗車料金(運賃)・特急料金は利用区間によって異なります。 例えば、東京〜出雲市は運賃が11990円で特急料金が3240円で、東京〜岡山は運賃が10480円で特急料金が3240円、東京〜大阪は運賃が8750円で特急料金が2910円となっています。 『寝台料金』 サンライズ出雲の寝台料金は寝台個室(定員1名)のシングルデラックス(A寝台)が13730円、シングルツイン(B寝台)が9430円、シングル(B寝台)が7560円、ソロ(B寝台)が6480円、寝台個室(定員2名)のサンライズツイン(B寝台)が15120円(2人分)、シングルツイン(補助ベッド使用・B寝台)で14830円となっています。 雑魚寝のノビノビ座席は520円となっています。 スポンサーリンク サンライズ出雲の時刻表 サンライズ出雲の時刻表は、JRのホームページやその他の時刻表サイトで確認することができます。 サンライズ出雲の下りは、東京を22時に発車し、岡山に6時27分着(6時34分発)で出雲市に9時58分着となっています。 サンライズ出雲の上りは、出雲市を18時55分に発車し、岡山に22時29分着(22時33分発)、東京に7時8分着となっています。 サンライズ出雲の予約や空席確認 サンライズ出雲のチケットは、みどりの窓口で購入することができます。 発売は乗車日の1ヶ月前の10時からとなっています。 払い戻しは、みどりの窓口で可能で出発日の2日前までであれば手数料は550円です。 出発日の前日や当日のキャンセルは特急料金+寝台料金の30%の手数料が必要になります。 その他のチケット購入方法としては、JTBなどでツアーに申し込んだり、オークションサイトで購入する方法もあります。 『座席の種類』 サンライズ出雲には6種類の部屋があります。 シングルデラックス:A個室寝台1人用個室で6室のみのプレミアムルームです。 幅の広いベッドや独立したデスク・洗面台があります。 シングルツイン:B個室寝台1人用で、跳ね上げ式のベッドがあり1人or2人で利用することができます。 サンライズツイン:B個室寝台2人用で、2つのベッドが並んでおり、機能的なレイアウトが特徴です。 シングル:B個室寝台1人用で、編成の約半数がこの部屋になっています。 コンパクトにレイアウトされたシングルルームで、階上・階下・車端の3種類のタイプがあります。 ソロ:B個室寝台1人用で、寝るための空間をコンパクトに構成されています。 ノビノビ座席:普通車指定席で、14列2段構成のカーペット敷きフラットシートとなっています。 毛布の支給のみとなっています。 寝るだけならどこでもいいという人もいるかもしれませんが、旅行などで利用する際にはちょっと広い部屋でゆったりしながら行くのもいいかもしれませんね。 サンライズ出雲の停車駅 サンライズ出雲が通る路線は東海道線・琵琶湖線・JR京都戦・JR神戸線・山陽線・伯備線・山陰線となっています。 停車駅は東京・横浜・熱海・沼津・富士・静岡・浜松・大阪・三宮・姫路・岡山・倉敷・備中高梁・新見・米子・安来・松江・宍道・出雲市となっています。 寝台特急に乗る機会はあまりないと思いますので、旅行に行かれる際などには経験として乗ってみてはいかがでしょうか。 サンライズ出雲のシャワーや朝食 サンライズ出雲にはシャワー室が付いています。 シャワー室があるのは3号車と10号車で、券売機でシャワーカードを購入して利用することができます。 1枚320円で約6分間のシャワーを浴びることができます。 ボディーソープとリンスインシャンプー、ドライヤーが完備されていますが、タオルは持参する必要があります。 『食事』 サンライズ出雲には移動販売や食堂車はありません。 自動販売機はありますが、食事は事前購入か一定時間停車する岡山駅での購入になります。 東京発のサンライズ出雲では、サンライズ瀬戸との切り離しが行われるため岡山駅で7分間停車します。 以外と短い時間ですので駅弁を購入する際には事前に食べたいものを決めておきましょう。 岡山駅での駅弁は、季節によってメニューが変わる「後楽園のお弁当(1130円)」、秋冬シーズン限定のお肉が楽しめる「おかやま肉自慢弁当(1100円)」、岡山駅でしか買えない弁当の「桃太郎の祭ずし(1000円)」などがあります。 ここを逃すと出雲まで約3時間半かかりますのでご注意ください。 楽しみ方はそれぞれですが、急いでまで買いたくないという方は乗車前に購入しておくことをお勧めします。 スポンサーリンク.

次の