御三家 育成論。 【特殊アタッカー型】レアコイルの【育成論】

【ポケモン剣盾】ガラル御三家の夢特性を受け取る方法【ポケモンソードシールド】

御三家 育成論

御三家は誰を選ぶのがいいのか? 誰を選ぶのかは、ストーリーと対戦のどちらを重視するかによっても少し変わってきます。 ストーリーでの活躍 ストーリー攻略時のパーティのことを 旅パとも呼んだりしますね。 まずは、その旅パ視点での考察をしていきます。 ヒバニー 炎タイプは比較的珍しいタイプになります。 ですが、入手タイミングは不明なものの リザードンの登場も確定しているので、炎タイプがかぶってしまう可能性もあります。 得意な相手と不得意な相手がはっきりしているタイプでもあるので、 炎タイプの御三家に頼りすぎると苦手なジムの攻略が難しくなってくる傾向もあります。 初心者の方は ヒバニーを選ばないほうがいいかもしれません。 メッソン 水タイプはポケモンの中でも最も多いタイプであり、ストーリー攻略での競争率も激しい枠となります。 ただ、水タイプ自体はとても優秀なタイプであり、その枠を御三家に任せるのはいい判断だと思います。 今までの作品ではねっとうやなみのりといった強力なわざマシンがストーリーで手に入ったので、剣盾でも攻略中に入手できる可能性が高いです。 れいとうビームも取得できれば苦手な草タイプやドラゴンタイプにも効果抜群が取れるので水タイプはとてもおすすめです。 初心者の方は メッソンを選んでおくのが良いでしょう。 サルノリ 草タイプ単体では、攻撃の通りも悪く弱点も多いので基本的には弱いです。 進化して別のタイプがつけば評価が変わってくるので、そういった意味ではギャンブラー向けといえるでしょう。 また、 草タイプは癖のあるポケモンが多く、旅パには向いていないポケモンも多いです。 そんな中で、御三家の草ポケモンは比較的扱いやすいポケモンになる傾向があるので、草タイプを組み込みたい人は サルノリを選ぶといいかもしれません。 結論 初心者向けはメッソン、中級者向けはヒバニー、上級者向けはサルノリといった感じになります。 ですが、ポケットモンスターシリーズは全年齢対象のゲームですし、ストーリー攻略の難易度はそこまで高くないと思われます。 素直に好きなデザインで選んでみたり、後述する対戦面での性能から考えるのも良いでしょう。 対戦での活躍 従来の作品であれば、旅パのポケモンと対戦のポケモンは分けて考えるものでした。 しかし、今作に限っては キョダイマックスという要素があります。 キョダイマックスの可能性 キョダイマックスできる個体は特別な個体のみであり、最初の3匹がそれに当てはまる可能性も0ではありません。 そもそも御三家にキョダイマックスが存在するのか、またキョダイマックス個体はタマゴで遺伝するのか、発売前の現在ではまだまだ不明な点も多いです。 ですが、取り返しのつかない要素でもあるので、ここを意識して選ぶのは合理的かと思います。 3匹の中で活躍できそうなポケモンは? まず、草タイプのポケモンは活躍できない可能性が高いです。 いくら御三家といえど、ウルトラサンムーンまでの環境では、隠れ特性 夢特性 の強力なジャローダやメガシンカをもらっていたフシギバナ以外のポケモンはあまり目立った活躍ができませんでした。 炎タイプはバシャーモやリザードン、ゴウカザルにガオガエンなど多くのポケモンが活躍しています。 水タイプもカメックスにラグラージ、ゲッコウガやアシレーヌなど活躍しているポケモンは多いです。 夢特性やメガシンカによって評価されているポケモンも多いのであてにならないかもしれませんが、 対戦まで視野にいれるのなら炎タイプのヒバニーか水タイプのメッソンを選んでおくのが無難かと思われます。 御三家を厳選する必要はある? 対戦まで連れていくことを考えると、個体値や性格も厳選したくなりますね。 ですが、その必要はありません。 個体値に関しては、サンムーンから導入された「 すごいとっくん」というシステムがあり、剣盾にもあることが予想できます。 そして、 今作からは性格補正も自由に変えられるとのことです。 タマゴ技も仕様が変わり、旅パのポケモンをそのままランク戦に連れていけるようになるのは素晴らしいと思います。 ただし、めざパのタイプや個体値を下げたいといった要望には応えられない可能性が高いです。 そのため、これらの要素は厳選する必要があるのかもしれませんが、最初にポケモンをもらったLv5の段階でそれを判断することは非常に困難です。 もし厳選するとしても、めざパ判定員のいるところまで冒険を進めているソフトに送って調べてもらうなどの必要が出てきますし、多くの人はSwitchも1台しか持っていないでしょうから、あまり関係のない話になってきます。 そもそも、夢特性でない御三家をそこまで厳選する必要はないと思われます。 めざパの仕様やキョダイマックスの有無が判明した上で必要になった場合には、別のユーザーを作成してそのユーザーのデータで御三家の厳選を行い、フレンドを通じてメインのデータに送るのを手伝ってもらえば良いでしょう。

次の

ポケモンソードシールド【エースバーンのオススメ育成論】ファイアリィチイラ型

御三家 育成論

ジュナイパーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 78 107 75 100 100 70 タイプ タイプ1 タイプ2 くさ ゴースト 特性 しんりょく HPが3分の1以下の時、草タイプの技の威力が1. 5倍になる えんかく(夢特性) 接触技が非接触技になる 長所・短所 アローラ御三家の草タイプ担当で、 物理・特殊どちらもこなせるポケモンです。 同じタイプのポケモンはそれなりにいますが、他のポケモンはどれも物理に特化しています。 ですがジュナイパーはそれらと違って 特殊関係の能力が高く、やろうと思えば特殊型でも使えるポケモンです。 物理面でも 専用のゴースト技であるかげぬいの存在や、接触技を非接触技にできる専用特性の えんかくの存在からこちらも悪くないかと。 ゴーストタイプらしく 変化技も多いので、 バトンタッチと併せての補助型としても使えるなど 使い道の多さが最大の強みと言えるでしょう。 ですが 素早さは並以下で、 HPが並程度なので総合的な耐久が足りない、火力も 両方できるけど並程度にしかならないなど 種族値のバランスがよくないのはマイナス点。 汎用型と言えば聞こえはいいですが、 下手をすればただの器用貧乏になりかねないという悲しい点も。 おそらく 他2体と違ってメジャーポケモンになれないのはそれが理由なんじゃないかと思います。 育成論 物理型 努力値 HP:68(実数値162) 攻撃:252(実数値174) 素早さ:188(実数値114) 技構成 解説 高い方の種族値である攻撃を活かすため、物理に特化した育成論です。 ジュナイパーは種族値上はどちらもこなせますが、 技の範囲では物理の方が広く、数値でも攻撃の方が上です。 なので 攻撃に努力値を振り、物理特化での運用をするのがいいでしょう。 それでも足りない攻撃は いのちのたまと つるぎのまいで、素早さは ブレイブバードを基にしたダイジェットでそれぞれ補う形となります。 ダイジェットなら使うごとに素早さが上がるので、 補正無しで素早さ全振りにしたバンギラスを素で抜ける程度に振っておけば十分かと。 余った努力値は HPに振っておけば、耐久面もある程度補えるので対特殊型としてもある程度使えます。 技構成はメインウェポンである リーフブレードと かげぬいは確定。 それと上記で載せた つるぎのまいと ブレイブバードは用意しておきましょう。 また、接触技が2つもあるので特性は えんかくにして、ゴツゴツメットなどの 接触技に反応する技や道具への対策をしておくのが有効です。 実演してみた では、このジュナイパーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 正直な話ですが、状況次第ではジュナイパー1体で全抜きまで持っていけます。 対戦、よろしくお願いします。 フレンドの名前映りこんじゃいました、失礼。 まずやるべきことは、 つるぎのまいを使っての攻撃上げ。 いのちのたまに加え、これも合わせることで 大抵のポケモンは確1にできるようになります。 …というより、火力が足りないジュナイパーにとっての必須項目かと思います。 そしてそのまま ダイマックス。 これで並程度しかなかった耐久を上げておけば、そう簡単に倒されることはないかと。 後は ダイマックスが続く限りダイジェットを撃ち続けましょう。 素早さは元からバンギラスを抜ける程度にはありますが、そこに ダイジェット1回でガブリアスを、2回でドラパルトを抜けるくらいの素早さになります。 火力も素早さも大いに盛ったジュナイパーなら、 全抜きも十分に可能です。 というかこの後実際に全抜きできました。 対戦、ありがとうございました。 まとめ アローラ御三家の草担当、ジュナイパーの育成論でした。 ちなみに 攻撃に振る努力値を特攻に振り、技を エナジーボール、 ぼうふう、 わるだくみ、 シャドーボールにすれば 特殊型でも同じことが可能です。 どちらの型でもうまく積めれば、圧倒的な戦果を叩き出してくれるでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ジュナイパーの育成論と対策【不遇御三家?】

御三家 育成論

ポケモンソード・シールド 剣盾 の御三家であるサルノリ・ヒバニー・メッソンのどれがオススメなのか各ポケモンの特徴を記載していきます。 各 特性は全シリーズ御三家固定です(夢特性・隠れ特性は別)。 進化先・最終進化については各ポケモン詳細にて記載しています。 緑色の特殊な体毛は太陽の光からエネルギーを作ることができるということで回復の役割を担っているのかもしれません。 草の強力技として 専用技「ドラムアタック」を覚え、高い攻撃力と防御力を備えています。 最強の草・物理技「ウッドハンマー」を覚える 大技「ウッドハンマー」 草・物理で最強の技「ウッドハンマー」を覚えます。 ウッドハンマーを覚える草タイプは「ナッシー」「ハリマロン(6世代御三家)」などです。 ウッドハンマーを覚えてるポケモンは、 物理攻撃タイプ、防御も高い。 素早さは低いという傾向があり、サルノリについても同様で 御三家で1番攻撃・防御が高いという特徴がある。 サルノリの最終進化系など詳細は下記記事にてご覧ください。 脚力が武器となり走り回ったり、高温になった足裏でダメージを負わせる。 高い攻撃力と素早さで高速アタッカーとして活躍しています。 高速アタッカー にどげりを覚えるなど技範囲が広い 技の覚える範囲が広すぎる(炎・ノーマル・格闘・鋼・飛行・地面・悪・ゴースト・毒・電気。 攻撃・素早さが特に高く、御三家の中では1番バランスの良いポケモン。 最初で戦うジムリーダーのヤロー(草タイプ)には有効ですが、レベル23あたりで戦うルリナ(水タイプ)には注意すべきです。 夢特性解禁後は最も人気が出るに違いないヒバニーの詳細は下記記事にてご覧ください。 水に触れると同化し姿を消すことが出来る。 高い特攻と素早さで、特殊アタッカーとしての役割を持つ。 1番人気のメッソンには理由がある 水と同化して消える 人気は圧倒的ナンバーワンというのも 序盤 Lv12 から「みずのはどう(威力60)」を覚えて強敵相手でタイプが良ければも無双することができる。 (ゼニガメですらレベル25で覚える技) 御三家水タイプは強いという印象ですが、序盤のジム(草と水)に苦戦を強いられるかもしれません。 ランクバトルでも人気のあるメッソンの詳細は下記記事にてご覧ください。

次の