感染 列島。 感染列島(映画)のラスト結末とネタバレは?無料で見た感想と方法は?

妻夫木聡さん主演の「感染列島」・・・11年前の映画が凄い⁉

感染 列島

スポンサーリンク 映画「感染列島」のあらすじ ウイルス感染の怖さが凄く分かる映画。 現在を観てる感じがした。 — ロキキャンプ junkedpark タイトルの言葉からして少し恐怖を覚える映画「感染列島」 まずは、大まかなあらすじを確認していきます。 正月明けの市立病院。 救命救急医・松岡剛(妻夫木聡)のもとに一人の急患が運び込まれてきた。 高熱、痙攣、吐血、全身感染とも言える多臓器不全……これらはすべて新型インフルエンザに想定された症状だが、何かが違う。 この感染症には、あらゆるワクチンが通用しなかった。 有効な治療法が見つからず、ついに患者は死亡してしまった。 無力さを嘆く松岡をよそに、事態はさらに深刻化する。 同僚の医師・安藤(佐藤浩市)をはじめとする医療スタッフや、外来・入院患者達までもが院内感染してしまい、病院はたちまちパニック状態に陥ってしまった。 一方、ウイルスの猛威は留まるところを知らず、恐るべき速度で全国的に蔓延していた。 このままでは感染患者は数千万人を超えるという、戦災をはるかに上回る被害が予測された。 そうなれば交通網は凍結されて、都市機能は停止、経済が破綻をきたして、日本の社会は崩壊してしまう。 そして、ウイルスが世界各国へと拡がれば、人類は滅亡へと向かうことに……。 感染爆発(パンデミック)までのカウントダウンが始まった。 果たして人類は、未曾有のウイルス・パニックに終止符を打つことができるのか!? 得体のしれないウイルスが蔓延するなんて本当に恐ろしいですよね。 解決できる治療法が無い中で、もし自分が感染してしまったらと想像するとゾッとします。 果たしてどのようにしてパンデミック状態を終わらせることができたのか、それとも終わらせることができなかったのか、気になりますね。 スポンサーリンク 映画「感染列島」の内容をネタバレ 新型コロナ前、レンタルしたDVDの感染列島を見た。 本当に怖い!似てるかも。 — ビリケンhiro みんな笑顔を ryu481976 ここからはもう少し詳しく映画「感染列島」の内容をネタバレしてきます。 感染の始まり 新型の鳥インフルエンザが流行り始めていた頃、救急救命士の松岡(妻夫木聡)が働く病院へ一人の患者が運ばれてきました。 最初、松岡は薬を渡して終わりにしましたが、次の日また同じ患者が運ばれてきます。 その患者は、最初のころとは全く違う状況に陥っており、タミフルなどインフルエンザに対しての様々な処置をしても効かず、亡くなってしまいました。 一緒に搬送されていた妻のほうは助かりましたが、この時すでに院内に謎の感染症が広がり始めていたのです。 原因不明で亡くなるというのは、残された家族たちも本当に悔やまれますよね。 果たしてどうなっていくのでしょうか。 感染拡大 WHOは新型インフルエンザの感染拡大を終息させるため、小林(檀れい)を日本へ派遣します。 小林と松岡は実は元恋人同士でしたが、小林の海外行きを境に別れを選んでいました。 松岡は小林の登場に動揺しながらも、感染を食い止めるために協力します。 小林は「この感染症が国内に広まったら3か月以内に交通網・都市機能がストップ、6か月後には感染者数が数千万人になる」と予測していました。 そんな予測に合わせるように、医療スタッフたちが様々な対処を施しますが、感染はストップしません。 さらには 医療従事者にまで感染が広がっていきます。 そんな中、小林と松岡は「この感染症は発症してから死に至るまでとても早く、潜伏期が無い」ということに気づきます。 それは 新型インフルエンザとは異なるため、 別物だと仮定し、感染源を突き止めることにしました。 そうこうしているうちに、感染者の数は全国で数千万人を超える膨大な数になってしまいます。 感染源が分からずに感染者数が莫大になっていくなんで、怖くて仕方がないですよね。 医療従事者は自分もかかるかもしれないという不安を抱えながらも、人々の命を守らなければならないという過酷なお仕事だなと改めて感じました。 感染源の特定 松岡はウイルス研究者とともに、違法と分かりながらも検体を渡し、調査をすすめます。 そして第一感染者である真鍋の家を訪ねると、真鍋の父は海外で活躍する医師ですが、帰国時に体調が悪かったということが分かります。 松岡と鳥インフルエンザの権威である仁志は、真鍋の父がいたとされる地を訪れると、謎の感染症と似た症状の人がおり、感染地を突き止めます。 さらに、それは コウモリが感染源であるということも分かりました。 同時に、ウイルス研究者の鈴木も病原体の解明に成功し、ワクチンの生成がはじまります。 しかし ワクチンが出来上がるまでには半年ほどかかるため、それまで生きているのかという問題がでてきました。 やったよ、ワクチンが出来る! と思いきややはり完成までには時間がかかってしまうのですね。 気持ちを上げられて下げられるというジェットコースターのようなストーリー。 ワクチンが早くできて終息へ向かうのか、別の方法が見つかるのか、早く結末を知りたくなります。 スポンサーリンク 映画「感染列島」の結末 ラスト はどうなる?感染を止めた治療法とは? 感染列島 この時期だからこそ見て欲しい 加えて医療従事者の方がどれほど苦労しているのかも分かる。 描写がリアルすぎて… 明日、世界が滅亡しようとも 今日、君は林檎の木を植える — soraran0412 感染源が分かっても、ワクチンの完成には時間がかかるという、一筋縄ではいかないドキドキさせられる展開ですね。 映画「感染列島」の結末は果たしてどうなるのしょうか。 感染を止めた治療法があるのか見ていきましょう。 「感染列島」の結末 小林は患者に血清を輸血する方法を松岡に教え、遠方へと旅立ちますが、小林も感染してしまいます。 松岡と知り合った養鶏場の娘・夏緒も感染しますが、松岡が第一感染者から採取した血清を夏緒に打つと、回復しました。 このことで 松岡は血清が効果を出すことを確認し、小林のもとへ血清を持っていくのですが、すでに命を落としていたのです。 松岡は、以前に小林の弟をガンで失ったことを思い出します。 弟は「どれほどつらい状況でも明日はある、と伝えられる医師でいてほしい」と望んでいました。 そのことを小林に伝えられなかったことを松岡は後悔します…。 その半年後、ワクチンは完成し感染症は終息へと向かっていきました。 なんとヒロインが亡くなってしまうのですね。 大切な人を失うという悲しい結末ですが、小林の死は決して無駄なものではなく、その後の日本へ大きく貢献したものだったのではないかと思います。 スポンサーリンク 感染列島の結末ネタバレとあらすじ!ラスト感染源からの治療法は何?まとめ 現実的になってきたな… — けんいち〜邦画好き〜 1g01a 映画「感染列島」の結末、ネタバレとあらすじを紹介しました。 新型インフルエンザと疑われた患者は実は違う感染症で、実体が分からないまま感染拡大してしまうというパニックな展開から始まりましたね。 最終的には感染源や病原体も解明され、ワクチンの完成により終息します。 ここでは割愛してご紹介しましたが、本編ではもっと様々な人物が出てきますし、それぞれのストーリーが描かれています。 感染症の恐ろしさ、自分がどう行動していくばきなのか、学べると思いますのでぜひ観てみてください。

次の

映画『感染列島』ネタバレあらすじ感想!パンデミックとリンゴの木|グッ動画!

感染 列島

感染列島 「感染列島」は2009年に製作された日本のウイルス感染映画です。 ウイルスによって人々が混乱し、物を買い占め、病床は足りず、都内はロックダウンし、人々は地方に逃げようとする・・・。 今まさに起きていることですね。 これが11年前の映画とは、思えないくらいリアルでびっくり。 さらに主演の妻夫木聡さんの若かりし頃も堪能できます。 医療従事者の苦悩なども描かれていて、本当に今まさに最前線で働いてくれている人たちに感謝しなければと思いました。 とてもいい映画で最後は泣いてしまいました。 自粛のお供にぜひ! 感染列島の基本情報• タイトル:感染列島• 制作年:2009• 制作国:日本• 監督:瀬々敬久• 主演:妻夫木聡、檀れい、国中涼子 コンテイジョン この映画は2011年にアメリカで制作されたパンデミック映画です。 コンテイジョンもおすすめと話題になっていたので、感染列島と一緒に見ました。 まるで「コロナを予想していたのか?」と思うほど、かなりリアルでした。 感染経路も今の新型コロナウイルスと似ていますし、現在の状況も類似しています。 コンテイジョンは渦中の人々の混乱もそうですが、ワクチンが完成したその後も描かれていて、とても興味深い映画でした。 「実際に今ワクチンができたら?」を考えさせられる映画。 ウイルスが収まったその後も、まだまだ問題はあるのかもしれません。 感染列島とマストで見るべき映画の1つです! コンテイジョンの基本情報• タイトル:Contagion(コンテイジョン)• 制作年:2011年• 制作国:アメリカ• 監督:スティーブン・ソダーバーグ• 主演:マット・デイモン、ジュード・ロウ、ローレンス・フィッシュバーン 新感染 ファイナル・エクスプレス 「新感染」は2017年韓国で制作された、ウイルス感染系の映画です。 高速鉄道の車両内で人々が感染し、凶暴化。 密室の中で繰り広げられる攻防はハラハラします。 感染系の映画の中では、ゾンビ的な要素が強いです。 感染しているんじゃないかと疑って人を信じられなくなったり、自分の保身だけを考える人など、今のコロナウイルスの混乱に通じるものがあります。 人は追い詰められると疑心暗鬼になるし、周りが見えなくなるんですね。 切ないシーンもあり、ほろりする場面も。 最後までハラハラする映画でした。 新感染 ファイナル・エクスプレスの基本情報• タイトル:新幹線 ファイナル・エクスプレス• 制作年:2017年• 制作国:韓国• 監督:ヨン・サンホ• 主演:コン・ユ、キム・スアン、チョン・ユミ FLU 運命の36時間 2013年に制作されたこちらも韓国のパンデミック映画 「FLU(フル)」です。 上で紹介した韓国映画「新感染」より現実味があり、人々がゾンビ化というよりは極限の恐怖によって暴徒化した人々が理性を失う様子が描かれています。 感染した都市を封じ込めようと、一般市民相手に政府は武力行使で対抗します。 (なんだか香港を彷彿をさせました) 子役のミルちゃんがとっても可愛くて、最後もミルちゃんが体を張ってお母さんを守るシーンも大人たちをハッとさせます。 (泣けます) 泥沼の胸くそ悪い場面もありますが、最後はほっこりできるパンデミック映画です。 FLU 運命の36時間の基本情報• タイトル:THE FLU(FLU 運命の36時間)• 制作年:2013 年• 制作国:韓国• 監督:キム・ソンス• 主演:チャン・ヒョク、スエ、パク・ミナ パンデミック 2016年に制作された感染症パニック系映画、その名も 「パンデミック」です。 原因不明のウイルスで混乱するアメリカ。 未感染者を助けるミッションが課せられたドクターのローレン。 感染者はレベル1〜レベル5まで振り分けられ、レベル5まで達すると凶暴化し人を襲います。 この映画は、感染系の映画というよりかなりゾンビ系よりの映画です。 グロいシーンもあるので、苦手な人は遠慮した方がいいかも。 コロナ関連で感染症パニック系の映画を見ようと思ってこれを見ると、ちょっと世界観が違うかもしれません。 ゾンビ映画やゾンビゲーム的感覚で見ると楽しめますよ。 しかしこれが現実世界で起こったらと思うとかなり怖いです。 パンデミックの基本情報• タイトル:PANDEMIC(パンデミック)• 制作年:2016年• 制作国:アメリカ• 監督:ジョン・スーツ• 主演:レイチェル・ニコルズ、メキー・ファイファー、アルフィー・アレン 【時間を有効活用】映画を見ることでできること 新型コロナウイルスで、外出自粛が続く中自宅でできることは限られてきます。 今はネットフリックスやアマゾンプライムで映画やドラマも見放題。 時間がある今だからこそ映画を観て、感性を養うのもおすすめです。 (ちなみに私はネットフリックス、アマゾンプライムの両方の会員です笑) 自粛の中外に出てお金を使い、感染リスクに自分や家族を晒すより、自宅で映画鑑賞は安全でお金もかかりません。 映画で知識を身につけたり、スカッとした映画で気分をリフレッシュするのもアリです。 自粛のお供に映画鑑賞おすすめですよ。 ネットフリックスは、1ヶ月無料体験が利用できましたが2019年に廃止になりました。 その他のAmazonプライム・ビデオなどは、無料トライアルサービスがあります。 最初は無料で視聴できるので、賢く利用してビデオやドラマを楽しんみて下さい。 「感染列島」がすごい。 今こそ見るべきウイルス関連映画【コロナ自粛】まとめ 以上、新型コロナウイルスの今こそ見るべきウイルス関連映画でした。 個人的には「感染列島」が1番おすすめです。 やはり舞台が日本なだけに、かなり臨場感があります。 非現実的なゾンビ映画ではなく、現実的に起こりうるもしくは実際に今起こっていることを、画面から第3者の感覚で見ることができます。 これらの感染系の映画に共通しているのはウイルスの致死率が非常に高く、潜伏期間が短いこと。 コロナの致死率が低いのは不幸中の幸いのような気さえします。 今はコロナ自粛で辛いですが、早く収束させるためにも1人1人が「ステイ・ホーム」することがとても大事。 映画鑑賞や自宅でできることを模索しつつ辛い時期を乗り越えましょうね。

次の

映画『感染列島』のネタバレあらすじ

感染 列島

感染列島(2009年 瀬々敬久監督) (70)の死は感染症の恐ろしさをまざまざと見せつけた。 新型コロナの猛威が強まる中、思い出したのがこの「感染列島」だ。 2011年、東京・いずみ野市の市立病院に急患が運び込まれ、医師の松岡()が治療を担当する。 患者はの症状を示し、目と口から血を流して苦しみながら死亡。 市内の養鶏場が鳥ウイルスを広めたとされ、経営者は市民の憎悪を浴びて首吊り自殺を遂げる。 感染症を発症した人々が病院に駆け込む中、WHOからメディカルオフィサーの栄子()が赴任してくる。 栄子は松岡の元恋人だ。 正月に始まったウイルス拡散はエスカレートし、1月21日は感染者が4127人、死者は1989人に。 世界はこのウイルスを「ブレイム」と呼び始める。 「神の責め苦」という意味だ。 患者が次々と死亡する事態に気の弱い医師は栄子に当たり散らす。

次の