お引き立て 意味。 「お引き立て」の意味と類語と使い方と例文集「ご愛顧」との違い

「お引き立て」の意味と使い方・例文・類語・ビジネスでの注意点

お引き立て 意味

スポンサーリンク 「お引き立て」の意味と使い方は? まずは、 「お引き立て」の意味と使い方について見ていきましょう。 「お引き立て」は敬語をつくる接頭辞「お」に「引き立てる」という動詞が連なった形の語です。 すなわち 「引き立てる」の尊敬語、美化語となります。 「引き立てる」は、「引く」「立てる」の2つの動詞の複合語ですから、そのままの意味合いでは 「(人や物などを)引っ張って、立てる」「引いて、起こす」ということになります。 犯罪の容疑者などを強制的に連れて行く、といった意味にも使われることがあります。 よく時代劇などで、奉行所の役人が盗人らを前に 「番屋へ引っ立てい!」などと命じる場面を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。 これらの表現が転じて、 「あるものが目立ってよく見えるようにする」という趣旨から、精神的な面で 「元気が出るように励ます」「目をかけてかわいがり、力添えをする」といった意味でも使われます。 例えば「本番前に自分の気持ちを引き立てる」「部下ががんばっているから、一層引き立ててあげよう」などという言い方です。 漢語に「贔屓」(ひいき)という言葉がありますが、漢字の音だけで読むと「ひき」で、言いやすいように長音化したと考えられます。 「贔」は貝が三つ重なった漢字で貝は古来、お金や財産を意味します。 「贔」は重い財貨や荷物を背負うことを表し、「屓」は息を荒くするという意味の字です。 このため、贔屓はもともと 「息を荒く力を込める」ことを指しますが、これが転じて 「他人を助けるために力を入れる、目をかける」という意味に変化しました。 「ひいき」と「引き」で音が似通っていることや、引き立てるの元来の意味に近いこともあり、「引き立てる」が「ひいきにする」と同義になったとの説もあります。 こうしたことから「お引き立て」はひいきにされること、つまり後援されることに対して、後援者をうやまって言う尊敬表現といえます。 スポンサーリンク 主に昔から、商人や芸人などが、自分をひいきにしてくれる得意客やタニマチにお礼を言うときのあいさつの言葉として使われました。 「毎度、お引き立てにあずかり、ありがとう存じます」のような用法です。 このため「お引き立て」は、元来はひいきにされる側からのみ使う言い回しだといえます。 「お引き立て」の類語と例文を教えて? 次に 「お引き立て」の類語と例文を見ていきましょう。 まずは「引き立てる」の類語をまとめておきますね。 にする• 愛顧する• 肩を持つ• 肩入れする• 目を掛ける• 眼鏡に適う• 気に入る• 後ろ盾となる 「引き立てる」の類語は以上となります。 「お引き立て」の例文としては次のようなものが挙げられます。 これからも一層お引き立てくださるようお願いします。 日頃からお引き立ていただき、ありがとうございます。 私が去っても、残った者たちを変わらずにお引き立てください。 本年は大変お引き立ていただき、お礼申し上げます。 「ご愛顧」との違いと使い分けは? 最後に 「お引き立て」と 「ご愛顧」の違いと使い分け方について見ていきましょう。 「ご愛顧」も「お引き立て」とほぼ同じような意味合いの言葉になります。 「顧」という漢字には、 「振り返る」「観察する」「反省する」といった意味のほかに、 「目をかける」という用法もあります。 「」は「お引き立て」と同じく、ある特定の芸人や商売人、あるいはそれらが所属する組織を援助したり、気に入って頻繁に利用したりすることを指します。 やはり「お引き立て」と同様に、ひいきされる側から相手を敬って使う言葉で 「日頃のご愛顧にお応えする」などと使います。 「ご愛顧」は漢字2文字の熟語ですから、主にはあいさつ状など書面で使う書き言葉のニュアンスがあります。 これに対し「お引き立て」は、より話し言葉的に、口上のあいさつで使われることが多いといえるでしょう。 ただ「引き立てる」や「ひいきにする」とは異なり、お客などひいきする側が「この店を愛顧しています」などとは言いません。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「引き立てる」の 意味と正しい使い方、そして「ご愛顧」との違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 「引き立てる」と「ご愛顧」の意味合いはほぼ一緒ですが、微妙なニュアンスの違いなどもありシーンによって使い分けるようにしましょう。 こうやって説明をまとめてみると日本語の奥の深さと難しさを痛感してしまいますよね。 正しい知識を頭に入れて言葉をしっかりと相手に伝えたいものです。

次の

引き立て線とは?運命線に斜めに走る線/人差し指と中指の間の線

お引き立て 意味

「長らく」と「永らく」はどちらが正解? 「長らく」と 「永らく」は、どちらもきちんと日本語として正しい表現です。 よって、どちらが正解ということはなく、以下の説明のように、その意味によって使い分けてください。 「長らく」と「永らく」の使い分け 「長らく」は、時間が掛かった時にそれを表現する為に使われる言葉です。 すぐに終わるはずが、思ったより時間が掛かってしまったという場合に、 「長らくお待たせしました」のように使われます。 このような使い方は、5分程度のはずが30分にもなってしまったといった時に向いており、同様に、1時間弱の予定が2時間以上になったような場合にもちょうど合う言葉です。 「永らく」の方は、それとは比較にならない時間に対して使う言葉で、 「彼には永らく苦労を掛けてしまった」と使った時には、1年や2年ではない、もっと長い時間の表現になり、 「この製品の開発には永らく掛かったと聞いている」とした時にも、年単位での時間が掛かったことが表されていると考えてください。 「長らく」を使った例文と解釈 「長らく」を使った例文と、その意味の解釈になります。 長くとも、1年まではいかない時間に使われることが多い表現です。 「長らく待たせてしまったが、やっと形になってきた」 数日単位か、数ヶ月単位なのか分かりませんが、そこまで長い訳ではない時間だと考えていいでしょう。 これを 「永らく」とすると、年単位が当たり前の使い方に変わります。 「永らく」を使った例文と解釈 こちらは 「永らく」を使った例文と、その意味の解釈になります。 使っている漢字から、その長さが想像できる言葉です。 「こんなに永らく掛かるとは思っていなかったが、ようやく日の目を見ることになった」 数年、またはもっと長い時間かも知れないことが分かる使い方となっています。 よほどの時間でない限り、こちらの 「永らく」は用いません。 まとめ 「長らく」と 「永らく」は、このような違いがある言葉です。 意味の違いから、 「長らく」の方がよく使われると覚えておいていいでしょう。

次の

「お引き立て」の意味は?ビジネスメールの例文、類語「ご愛顧/ご高配」との違いを紹介

お引き立て 意味

「お引き立てにあずかりまして」 日頃の感謝の意を表すフレーズです。 できる営業マンは「お引き立て」を 正しく上手に活用し、 相手や場面に応じて 類語も使い分けています。 挨拶に必須ともいえる言葉で、 あなたの印象をも左右しかねません。 それだけに、意味を理解して、 ミスなく使いこなしていきたいものです。 行きつけのお店などで買い物をすると、 「毎度、お引き立てにあずかりまして、ありがとうございます。 」 このようなお礼を受けることがありますね。 ビジネスシーンでは、 挨拶の際に使われ、 他にも文書やメールでも使われています。 「お引き立てにあずかりまして…」 と定型文のように書かれており わかったようなつもりで つい見過ごしがちですが、 この「お引き立てにあずかりまして…」 はビジネスシーンでも、 良く使われる言葉です。 今日は「お引き立てにあずかりまして」 の意味や使い方、類語との違いについて 記事にしてみました。 「お引き立てにあずかり」の意味 「お引き立てにあずかり」の 意味から見ていきましょう。 「お引き立て」は、 自分がひいきにしてもらっている 相手に対して使う言葉です。 自分のことや自分が行った働き、 成果を相手が気に入ってくれているとき、 日頃から世話をしてもらっている相手、 目をかけてもらっている相手などに 使えます。 ビジネスシーンでは、 取引を継続して行っている取引先に 対して使う場合が多いです。 目上や上司、お世話になっている取引先 などに使うようにしましょう。 前置きが長くなりましたが、 「お引き立て」の意味は、 一段と見栄えがするようにする、 奮い立たせる、などの意味があります。 特に目をかけたり、 ひいきにすることを指しています。 ひいきにしてもらうとの事実だけでなく、 感謝や尊敬の意味も含めて 相手に伝えることができる言葉です。 「お引き立てあずかり」の使い方 では「お引き立てにあずかり」の 実際の使い方をみていきましょう。 「お引き立て」は相手を選ばない ビジネス敬語の難しさのひとつに、 相手によって使えたり使えなかったり。 このようなケースが多いです。 例えば、目上の人にしか使えない、 などです。 ですが、「お引き立て」という言葉は、 使う場面さえ相応しければ、 どのような相手でも違和感がありません。 「お引き立て」の用途 ビジネス文書のなかで「お引き立て」は 頻繁に登場します。 特に着任や退任、転勤や赴任の挨拶状では 定番フレーズで使われています。 またお詫び状でも便利に使われます。 冒頭部分で「お引き立て」 ビジネス文書の冒頭では、 「いつもお世話になっております」 と同じニュアンスで 「お引き立て」が使われます。 「決まり文句」と言っても良いでしょう。 例文は後に列挙しますが、 冒頭部分の定型文としては、 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別の お引き立てをあずかり厚くお礼申し上げます。 」 このようなパターンが典型です。 個人同士の手紙であれば 「拝啓 お元気ですか」 のように書き始めますね。 このビジネス版、法人版と 考えて良いでしょう。 「お引き立て」のNG例 差し出がましいようですが、平素は格別のお引き立ていただきありがとうございます。 僭越ながら今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします。 ご存知の通りいつもお引き立ていただきありがとうございます。 ご丁寧にお引き立てにあずかりありがとうございます。 いつもお引き立ていただきお世話様です。 お取込み中お引き立ていただきありがとうございます。 ご迷惑かと存じますがお引き立てのほどよろしくお願いいたします。 これらの使い方は間違いです。 お詫び状の文末で「お引き立て」 お詫びに弁解はNG例 「お引き立て」は文末に使うこともあります。 特に、お客様へのお詫びの文章です。 ビジネスシーンでのお詫びは弁解は禁物です。 こちらの不手際を認めお詫び申し上げた上で、 「今回は許してください、どうかこれからもよろしく」 このニュアンスを丁寧に表現するため、 「お引き立て」の定番フレーズがあります。 「このたびの件につきまして、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後ともかわらず お引き立てにあずかりますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 お詫び状の文末の決まり文句です。 覚えておくと何かと役に立つでしょう。 「お引き立てにあずかり」のお勧め文例30選 「お引き立てにあずかり」 例文をあげておきます。 参考にしてください。 1、「今後とも変わらぬ お引き立てにあずかりますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 3、「九州出張中は、公私にわたり お引き立てにあずかり、深く感謝しております。 」 4、「四月より総務課に移りました、誠心誠意努力する所存ですので、何卒 お引き立てにあずかりますよう、お願い申し上げます。 」 5、「残暑厳しき折、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別の お引き立てをあずかり、心よりお礼申し上げます。 」 6、「これも皆様のご協力のおかげと深く感謝しております。 何卒倍旧の お引き立てにあずかりますよう、社員一同心からお願い申し上げます。 」 7、「よりよい製品を皆様にご提供できるよう努力してまいりますので、倍旧の お引き立てをあずかりますようお願い申し上げます。 」 8、「平素は格別の お引き立てにあずかり、心より感謝申し上げます。 」 9、「今後ますますの お引き立てにあずかりたく、ささやかではございますが弊社大忘年会にお招き申し上げます。 」 10、「日頃、 お引き立てにあずかるお取引様各位をお招きし、恒例のゴルフコンペを催すことといたしました。 」 11、「これもひとえに皆様のお力添えのおかげでございます。 これからも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。 」 12、「平素はひとかたならぬ お引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 」 13、「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別の お引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 」 14、「旧年中は格別の お引き立てをいただき、衷心より感謝申し上げます。 」 15、「今後益々の お引き立てにあずかりたく、ささやかではありますが小宴を催したいと存じます。 」 16、「来年度より理事に就任することになりました。 今後とも お引き立てくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 17、「より良いサービスを皆様に提供できるよう、尽力してまいりますので、これまで同様、 お引き立てくださいますようお願いいたします。 」 18、「弊社は、来る令和2年2月1日をもって、創業80周年を迎えます。 これもひとえにお客様各位の変わらぬ お引き立ての賜物と衷心より感謝申し上げます。 」 19、「このたび、執行役員に就任いたしました。 (中略)今後とも倍旧の お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 」 20、「四月より営業部に移り、法人営業を担当することになりました。 微力ではありますが、誠心誠意努力いたす所存ですので、何卒変わらぬ お引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。 」 21、「寒さひとしお厳しい毎日、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 日頃は格別の お引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 」 22、「もとより、これも皆様のご協力のおかげと深く感謝しております。 何卒倍旧の お引き立てを賜りますよう、社員一同心からお願い申し上げます。 」 23、「よりよい製品を皆様にご提供できますよう努力してまいりますので、今後とも お引き立てのほどお願い申し上げます。 」 24、「今後益々の お引き立てにあずかりたく、ささやかな懇親会を催しますのでご招待申し上げます。 」 25、「当店もこの三月で開業30周年を迎えることとなりました。 今後とも末永く お引き立てにあずかりますようお願い申し上げます。 」 26、「平素は格別の お引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を年末年始休業とさせていただきますので、ご案内いたします。 」 27、「残暑お見舞い申し上げます。 平素は格別の お引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。 暑さに負けずスタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。 」 28、「本年は格別の お引き立てにあずかり、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。 1月の予約日をお知らせいたします。 」 29、「平素は格別の お引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。 さて、弊社は下記内容にて幕張メッセでのオーガニックジャパン2020に出展します。 」 30、「平素は格別の お引き立てにあずかり、ありがたく厚くお礼申し上げます。 誠に勝手ながら、当店では下記期間に営業時間を変更させていただきます。 お客様にはご不便をおかけしますが、予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 「お引き立て」を使った言い回し 「お引き立て」の言い回しは 「お引き立てにあずかる」 だけではありません。 ここでは、「お引き立て」を 使った他の言い回しを紹介します。 お引き立てを賜る 「賜る」は「もらう」をへりくだった語です。 ・ 日頃より格別なお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 「いつも特別なひいきをいただき、本当のありがとうごさいます。 」の意。 ・ 今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 「今後も、以前にも増してごひいきいただきますようお願いいたします。 」の意。 お引き立ていただき ・ 平素より、一方ならぬお引き立ていただき心より感謝申し上げます。 「日頃より、たいへんなひいきをいただき心より感謝いたします。 」の意。 「お引き立てのほどよろしく」 ・ これもひとえに皆様のお力添えのお蔭でございます。 今後とも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 「今後も、今と変わらないひいきをよろしくお願いいたします」の意。 「お引き立て」の類語表現 ここでは、「お引き立て」の 類語表現を紹介しておきます。 言葉は状況によって 使い分けるのが大切です。 ここで確認しておきましょう。 ご愛顧 「ご愛顧」は「お引き立て」と ほぼ同じ意味です。 「お引き立て」と同じくらいの頻度で よく用いられている言葉です。 ご恩顧 「恩顧」の意味は、 「特別に目をかけて援助すること」です。 「援助」との意味が入るので、特に、 経営などで「助けられている」と感じる。 そういった感謝を示したいときには、 「ご恩顧」を使うと良いでしょう。 ご高配 「高配」は 「相手の心配りを敬意を持って表す語」 です。 上得意先や長い取引関係のある 相手などに使うことが多いです。 相手を敬う気持ちや特別感が 強い表現だと言われています。 ご贔屓 現代では、商い言葉としての イメージが強くなっています。 あまり広くは用いられず、 小売店や商社などが 使うことが多いです。 「お引き立てにあずかり」営業マンはどう使う? いかがだったでしょうか? 「お引き立て」は日頃の感謝を表す言葉です。 「引き立てをもらうこと、 くれた相手に対する 感謝を示す前の言葉」 として用いられることが多いです。 そのため、主に目上の相手、 立てるべき相手に使用されます。 定型句として使われる 「お引き立てにあずかり」 だからこそ、 正しく理解しTPOに合わせて 使い分けていきたいものです。 特に印象に残りやすい 冒頭と結びだからこそ 間違えると目立ちます。 日々の仕事の中で、 使えそうな場面に出会ったら、 先ずは使ってみましょう。 使い方を踏まえてお客様に 対応できるようになれば あなたの印象は さらにアップすることでしょう。 【スポンサードリンク】 覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典119選.

次の