ラムネ ビー玉 意味。 ラムネのガラス玉はビー玉ではなくエー玉?取り出し方は?

ラムネのガラス玉はビー玉ではなくエー玉?取り出し方は?

ラムネ ビー玉 意味

さて、ラムネの瓶に入ったビー玉は、なぜそこにあるのでしょうか。 その理由は、ラムネの誕生までさかのぼります。 ラムネが誕生したのはイギリス。 当初はコルクで栓をしていたといいますが、コルクでは炭酸が抜けてしまうという欠陥があり、1872年、ハイラム・コッド氏がガラス玉で栓をする方法を編み出しました。 ところで、ラムネとサイダーはどちらも「レモネード」の名が由来の炭酸飲料。 現在は味や製法にほぼ違いはないとされていますが、昔は違ったようです。 当時からサイダーは王冠で密封されていたんだとか。 ラムネがこの方法をとることができなかったのは、充填の方法に違いがあったからだそう。 そのために編み出されたのがガラス玉での密閉でした。 充填した際、ガスの圧力によりガラス玉が口に押しつけられて密閉することができるんです。 現在も同じ方法で密閉されています。

次の

懐かしい夏の風物詩、ラムネのビー玉は「美味しい夏の音」

ラムネ ビー玉 意味

ラムネにビー玉が入っている理由は? ラムネはビー玉で蓋がされています。 飲み物の蓋というと、現在はペットボトルなどのキャップですが、 昔は栓ですね。 (今ではビール瓶ぐらいでしか見かけませんが) そう考えるとラムネだけなんでビー玉で蓋をしているのかな、 となるのですが、これには歴史的な背景があります。 ラムネがつくられたのは1872年。 イギリスで作られました。 ラムネはイギリス産だったんですね。 当時のラムネはビー玉ではなく、コルクでした。 ただ、コルクで蓋をすると炭酸が抜けてしまうという欠点が。 そこでこの欠点を解消するために、イギリスのコルク会社が、 ビー玉で蓋をする容器を開発しました。 ただ、じゃあなんでビー玉なの?ということなのですが、 まず「 炭酸が抜けにくい」という点。 スポンサードリンク あのラムネの瓶は、ビー玉と炭酸水を入れると、 炭酸ガスの圧力でビー玉が栓を閉じる、という仕組みになっています。 ラムネの栓を開けるのが固いのはそういう理由なんですね。 次に「 再利用できる」という点。 ラムネがつくられた当時、ガラスは貴重品でした。 なので再利用することを前提に作られていました。 ラムネの瓶は洗って再度炭酸水を入れれば、また使うことができます。 というのがラムネにビー玉が入っている理由です。 でも、それなら今は普通に栓もできるし、 ガラスもそれほど高価ではないのになんでビー玉使ってるの? という疑問がありますが、 今でもビー玉を使っているのは、 「ラムネといったらビー玉だろ」っていう意見があるからなんだとか。 え・・・なにそれ・・・と思うところもありますが、 まあ気持ちがわからなくはないですね。。 ラムネのビー玉の取り出し方は? まあラムネといったらビー玉だよね〜というのは分かりますが、 近年ではゴミ出しの分別のためにビー玉を取り出さなきゃ、 という困ったことがあります。 昔みたいにすべてガラスならともかく、 最近のはキャップのところがプラスチック製になってるものが多くなっています。 取り出し方としては、 まずネジ式の場合は、上のキャップを回すだけで蓋が外れるので簡単です。 問題はキャップ式。 キャップ式のものは 栓抜きで外すといいようです。 (ただしこれはサンガリアのものだけのようです) それ以外の場合はそのまま出すしかないようですね。 くれぐれも割って取り出さないようにしてくださいね。

次の

ラムネの瓶にビー玉が入っているのはなぜ?どうやって入れているの?

ラムネ ビー玉 意味

どちらも同じようなドリンクですけど ラムネの方が若干甘い感じの印象ですけど・・? (適当w) 入れ物(瓶)の違いは明らかですけどね〜。 「ビー玉」が入っていて。 パン!て 両手で押さえて開ける時のあの感覚で もうどこでもお祭り気分ですよっ 透明で甘くて、シュワとして爽やか。 『ラムネ』は夏に飲むと雰囲気いいですね 『サイダー』は季節問わず年中いつでも? って感じがしますけど、多分関係ないですね^^; 〜番組スタジオでも予想〜 「ラムネは日本にあって、サイダーは海外から?」 というような予想も出てますが。 しかし昔は、『ラムネ』と『サイダー』は 全く別のドリンクだった!(驚) 最初に誕生したのは『ラムネ』の方で、 17世紀頃にフランスでおまれたのが発祥。 それを日本に持ち込んだのはあの「ペリー」! そう!有名な黒船のペリーですよb 個人的にはペリーは「鉄砲」のイメージしかない(笑) で、当時はそのドリンクを『ラムネ』とは呼ばずに 『レモネード』!と呼んでいたとのこと。 その発祥由来は、フランスのりんごのお酒 『シードル』(cidre)です。 ワイン屋さんなんか行ったら普通に売ってますね。 それを英語では『サイダー(cider)』と 呼んでいたので、同じりんごから作った飲み物 『サイダー』と呼ぶようになったそうですっ。 いやぁ物の歴史って面白いですねぇ(笑) で!あともう一つの疑問。 僕は知らなかったなぁ〜(驚)あのビー玉って 「A品」「B品」のビー(B)だったんですね! まとめ ということで、すでに知ってる方も おられたかと思いますが、 僕は全然知らなかったです(笑) あまり深く考えなかったと言った方がいいかな? こうなるともっと色々調べたくなってきます、 また面白いネタがあったらご紹介しますねっ 最後までお読みいただき ありがとうございます。

次の