シューティング スター ドラゴン tg ex。 Shooting Star Dragon T.G.

【レジェンダリー・ゴールド・ボックス】当たりカードランキング,全収録カードリストまとめ

シューティング スター ドラゴン tg ex

1 :自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果が発動した時、 自分の墓地からチューナー1体を除外して発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 2 :相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 その攻撃を無効にする。 3 :相手ターンに、このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドのSモンスター2体をリリースして発動できる。 このカードを特殊召喚する。 で登場した・の。 をにのををにしてする、のをにする、2体をしてするを持つ。 1 はのをにとるをにする。 が必要だが、このをする過程で2〜3枚はへ送られるので面での心配はない。 やには無力だが、1に何度でもできる。 2 はのをにする。 こちらはではあるが、なので扱いやすい。 3 はに2体をしてする。 にしか使えないため、に合わせてとして使うのが主になる。 ただ、このを出してさらにが2体以上残るほどの展開ができるならそのまま勝負が付いている可能性も高い。 このを素材にさらにした場合といった状況は考えられる。 された場合にできるもいるが、あまり現実的ではないだろう。 でするため、このをにされると一気に劣勢に追い込まれかねないため、は慎重に行いたい。 でをするといった方法ならは確保しやすい。 3 のはあまり使うことを考えず、 1 2 で他のを守ることを前提とした運用をすることになる。 を封じるを持つなどと並べれば突破は難しくなる。 に属するため、がをした後でも可能。 同で同じの指定を持つと比べると、他のを守ることができ、がをにするのに対してこちらはをにする。 ただ、あちらと違いを離れるはなく、には弱い。 同様、ので分解すれば、このをに残したままを出せる。 あちらと違いこちらはを持っている為、がに送られなかったりが場合でも再利用しやすい。 使うとすればのに出し、相互にで守るのが有効か。 あちらのの低さも 2 ので補える。 の中で唯一、の語頭がでないである。 日本ではスポーツ学で「計画的に参加チーム数を増やす」意味として用いられる事が多いが、英語圏では主にコンピューター科学や物理学で使われる。 また、他のトレーディングカードゲームにおいて「新しいカードセット」の事を「エクスパンジョンパック」(遊戯王でいうところのブースターパック)と呼称する場合がある。 を見る限り、をの武装で拡張した、と言う事だろう。 ・・・はと全く同じ。 1 は、 2 はのをそれぞれ意識したものだろう。 3 は、両者のであるを再現したものか。 また、ポーズはがする際の「スターダスト・ミラージュ」時の姿によく似ている。 同パックの新規は、各アニメ作品から「主人公を意識した」と「ライバルキャラを意識した」が1枚ずつ選出されている。 このは5D'sにおける前者に相当するのだが、肝心の主人公である遊星の(・・・)とのがない。 のではあるのだが、直接的なの関連性はなく、寧ろに属しているとの関連性の方が深い。 不動遊星役の声優・宮下雄也氏は、 その口上は、「集いし絆が、仲間の魂と重なり合う。 この口上はジャンプフェスタ2020で行われたデュエルオペラで披露されている(この時は「カモン!」の前に「これが俺たちの新たな絆だ!」を加えている)。 「カモン!」とあまり遊星らしからぬセリフが使われているが、宮下氏曰く思い入れの深いブルーノの事を想い彼の言葉を使わせて貰った、とのこと。 デュエルオペラで宮下氏が 2 のを使用した際、「のはシューティング・スターのでとなる」という台詞ミスが見られた。 実はアニメ5D's本編の「遊星vsゴースト」戦のでも「」と「」を間違えるという台詞ミスがある。 の 2 により、尚磨の中にとをにされる。 自身とのを合わせて堅牢な布陣を敷いたが、結局ので全てのをにされた。 最終的にはでされたにされ敗北した。 上記で出須が使用したのは【アダマシア】なのだが、このはあちらと特別があるわけではない。 になったがアニメ5D's及びアクセルシンクロを意識したなので、その繋がりとしてのチョイスだろうか。 上記の口上にも遊星やアニメ5D'sの内容を意識した「集いし絆〜」「時空を超え」「進化の扉を開く」等の台詞が見受けられる。 因みに、前のは、複数のを抱えつつ操作が行える同と相性が良い。

次の

【レジェンダリー・ゴールド・ボックス】当たりカードランキング,全収録カードリストまとめ

シューティング スター ドラゴン tg ex

集いし夢の結晶が新たなのを開く。 さすとなれ! !! 生来せよ、シューティング・スター・ドラゴン!! シューティング・スター・ドラゴンとは、「」登場するである。 概要 、の「」がした姿。 ドの地に達したことで、の石から手に入れた。 本来は側のから何故このがに託されたのかは今のところに包まれている。 ()が言うには、クルの出現のため、であるとのことだが。 をするためには、ドの地に達した上で、加速を行なう必要があり、はので動揺したことで、()は に加速を妨されて失敗している。 このため、専用のだと思われる。 (テック・ジー)に今度はと2体以上のを要する更なるが登場することが決まっており、もしかするとシューティング・スター・ドラゴンも更にする可性があるかもしれない。 そして、クル編でのとのの最中、新たな地「ド」に覚めたが「」を召喚した。 その後、が破壊された効果によりシューティング・スター・ドラゴンを召喚、にを決めた。 クルでの戦いに決着をつけたが「進みべき」に答えを見出すべくとのにおいて召喚している。 自分のの上からを5枚までめくる。 このこのはその中のの数まで1度のフェ中に攻撃する事ができる。 その後めくったをに戻してする。 上のを破壊する効果が発動した時、その効果を効にし破壊する事ができる。 相手の攻撃宣言時、このをから除外し、相手1体の攻撃を効にする事ができる。 フェ時、この効果で除外したこのを特殊召喚する。 攻撃名「・」 第1の効果を使った場合は、攻撃回数分だけシューティング・スター・ドラゴンが分身し、毎に1体ずつが攻撃。 使わなかった場合は五色の残像をった体当たりで攻撃。 ただ、戦では、効果を使ってないのに、分身して一斉攻撃もしていた。 また、攻撃の際に脚部を折り変形する、から気流が噴き出すなどの演出も見られる。 での効果を使えると言う誘発即時効果。 「の効果、1に1度、相手上の1体を吸収する!」 「シューティング・スター・ドラゴンの効果、このを除外・・・できない、だと」 相手の攻撃宣言時にこのを除外して、1度だけを効にする誘発効果の3つの効果を持っている。 現状、同じパックで登場したのにべると、効果を活かすためには専用の構築が必要、自身への破壊耐性が1度のみという点で評価は芳しくない。 但し、の登場によりその価値が高まった模様。 においては、相手にできる召喚はこちらに内蔵されており、除外効果も物質装置と同様のの効果だった。 しかし、の方がのままでは除去が困難になるので、化における変更はやむなしと言える。 (これについてはも同様) 話の戦で初めて召喚されて以来、のの多くでこのがフィニッシャーを努めている。 また、このが登場するときは挿入歌「」が流れるのがとなっている。 (通称、) 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

遊戯王カードWiki

シューティング スター ドラゴン tg ex

「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」は、2019年12月21日に発売される特典カード・スペシャルパック・ストレージなどを収録したセット商品です。 収録テーマとして、 「ブラック・マジシャン」「E・HERO(ネオス)」「スターダスト(TG)」「ホープ」「オッドアイズ」「コード・トーカー」「青眼」「宝玉獣」「レッド・デーモンズ」「銀河眼」「DDD」「ヴァレット」の12カテゴリが収録確定しています。 このページでは、 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」の収録カードリストを画像・効果付きで一覧にし、当たりカード・封入率・商品情報・予約情報など、「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」の最新情報をまとめました。 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」の最新情報を徹底的にまとめていますので、パックを買おうかどうか考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 全ての新規カード・高額な再録カードの買取価格を表示しています。 Amazon・楽天市場・Yahoo! ショッピング・トレトクなどの通販サイトや、Twitterのショップアカウントのツイートを参考にしました。 新規カード 買取価格()内は20thシク 《ブラック・マジシャン》 300円 《青眼の白龍》 800円 《真紅眼の黒竜》 600円 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 2,000円(20,000円) 《深淵の青眼龍》 200円( 4,000円) 《E・HERO ネオス・クルーガー》 50円(1,000円) 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》 100円(1,800円) 《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》 30円(1,000円) 《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》 200円( 2000円) 《FNo.0 未来龍皇ホープ》 50円(800円) 《銀河眼の残光竜》 200円( 2,500円) 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード》 30円(900円) 《DDD死謳王バイス・レクイエム》 10円(800円) 《デコード・トーカー・ヒートソウル》 50円(1,000円) 《ヴァレルエンド・ドラゴン》 600円(6,000円) 次は、「レジェンダリーゴールドボックス」の当たりカードを1枚ずつ紹介していきます。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》《ヴァレルエンド・ドラゴン》《深淵の青眼龍》の3枚です。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 3 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 当たりカードランキング1位の《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》は、《ブラックマジシャン》を素材とした新たな融合モンスターです。 効果は3つ全てが強力で、このカードを軸にしたデッキが今後活躍されることが期待されています。 20thシークレットレアは収録カードの中でもダントツで高い20,000円となっています。 1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、 モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の 「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 当たりカードランキング2位の《ヴァレルエンド・ドラゴン》は、「ヴァレル」系統での新たなリンクモンスターです。 リンク5ではあるものの召喚条件は緩く、リンク5らしい強力な効果と耐性を持っています。 【ヴァレット】デッキであればより強く使えるのがポイントです。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。 3 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。 当たりカードランキング3位の《深淵の青眼龍》は、儀式魔法または《融合》、レベル8以上のドラゴン族モンスターをサーチする効果を持つ上級モンスターです。 特殊召喚によって効果が発揮できるので、蘇生系カードと組み合わせて使いたいですね。 【青眼】系統は人気も高く、20thシークレットレアには高い買取価格が付いています。 1パック5枚入りのスペシャルパックが6パックと、プレミアムゴールドレア仕様のカードが1枚入った特典パックが封入しています。 型番 カード名 レアリティ 01 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 ウルトラ 02 《ティマイオスの眼》 03 《真紅眼融合》 04 《永遠の魂》 05 《深淵の青眼龍》 ウルトラ 06 《白き霊龍》 07 《青き眼の賢士》 08 《青き眼の威光》 09 《E・HERO ネオス・クルーガー》 ウルトラ 10 《ネオス・ワイズマン》 11 《ユベル》 12 《E・HERO ソリッドマン》 13 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》 ウルトラ 14 《レインボー・ネオス》 15 《レア・ヴァリュー》 16 《アドバンスド・ダーク》 17 《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》 ウルトラ 18 《フォーミュラ・シンクロン》 19 《シューティング・ライザー・ドラゴン》 20 《TG ハイパー・ライブラリアン》 21 《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》 ウルトラ 22 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》 23 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》 24 《コール・リゾネーター》 25 《FNo.0 未来龍皇ホープ》 ウルトラ 26 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》 27 《SNo. 39 希望皇ホープONE》 28 《ガガガガンマン》 29 《銀河眼の残光竜》 ウルトラ 30 《銀河眼の光子竜》 31 《No. 62 銀河眼の光子竜皇》 32 《フォトン・サンクチュアリ》 33 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード》 ウルトラ 34 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》 35 《相克の魔術師》 36 《相生の魔術師》 37 《DDD死謳王バイス・レクイエム》 ウルトラ 38 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》 39 《DD魔導賢者ケプラー》 40 《地獄門の契約書》 41 《デコード・トーカー・ヒートソウル》 ウルトラ 42 《エクスコード・トーカー》 43 《フレイム・バッファロー》 44 《サイバネット・バックドア》 45 《ヴァレルエンド・ドラゴン》 ウルトラ 46 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》 47 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》 48 《トポロジック・トゥリスバエナ》 《ブラック・マジシャン》 プレミアムゴールド 《青眼の白龍》 プレミアムゴールド 《真紅眼の黒竜》 プレミアムゴールド レアリティ ウルトラレアは20thシークレットレア仕様での封入があります。 《ブラック・マジシャン》• 《青眼の白龍》• 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》• 《深淵の青眼龍》• 《E・HERO ネオス・クルーガー》• 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》• 《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》• 《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》• 《FNo.0 未来龍皇ホープ》• 《銀河眼の残光竜》• 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード》• 《DDD死謳王バイス・レクイエム》• 《デコード・トーカー・ヒートソウル》• 《ヴァレルエンド・ドラゴン》 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」収録カード(テーマ別) まずは、「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」の収録テーマ 「ブラック・マジシャン」の収録カードです。 新たな「ブラック・マジシャン」の融合体が登場し、構築の幅がかなり広がりそうです。 【ブラック・マジシャン】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、 「」という記事で解説しています。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 《ティマイオスの眼》 通常魔法 このカード名はルール上「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う。 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを融合素材として墓地へ送り、 そのカード名が融合素材として記されている融合モンスター1体を EXデッキから融合召喚する。 《真紅眼融合》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、 自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。 1 :自分の手札・デッキ・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 「ネオス」に加え「ユベル」を利用する方向性の強化となっています。 【E・HERO(ネオス)】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。 手札・デッキから「ネオス・ワイズマン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 自分のモンスターゾーンの表側表示の、「E・HERO ネオス」と「ユベル」を1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。 その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。 その相手モンスターの守備力分だけ自分のLPを回復する。 1 :1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 相手フィールドのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。 相手フィールドの魔法・罠カードを全て持ち主のデッキに戻す。 相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。 フィールド上に表側攻撃表示で存在する このカードが相手モンスターに攻撃された場合、 そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。 また、自分のエンドフェイズ時、 このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースするか、このカードを破壊する。 この効果以外でこのカードが破壊された時、自分の手札・デッキ・墓地から 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」1体を特殊召喚できる。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 手札からレベル4以下の「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。 2 :このカードが魔法カードの効果でモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、 「E・HERO ソリッドマン」以外の自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 《シューティング・スター・ドラゴン》と「TG」が合体したようなモンスターが登場しており、「スターダスト」「シンクロン」といった不動遊星が扱うテーマと「TG」を混合して組めるカードが登場すると予想されます。 【シンクロン】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 その発動を無効にし破壊する。 その攻撃を無効にする。 このカードを特殊召喚する。 フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、 そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。 このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。 このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。 自分はデッキから1枚ドローする。 2 :相手メインフェイズに発動できる。 このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。 このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、 自分はデッキから1枚ドローする。 先攻で展開しても優秀な効果無効&コントロール奪取効果が特徴です。 【ホープ】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 カード画像 ステータス・効果 《FNo. このカードは自分フィールドの「FNo. 0 未来皇ホープ」の上に重ねてX召喚する事もできる。 その発動を無効にする。 この効果でフィールドのモンスターの効果の発動を無効にした場合、さらにコントロールを得る。 《No. 」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 その発動を無効にし破壊する。 《SNo. 39 希望皇ホープ」の上に このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。 自分のライフポイントが相手より3000ポイント以上少ない場合、 このカードのエクシーズ素材を3つ取り除き、 ライフポイントを10ポイントになるように払って発動できる。 相手フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊し、ゲームから除外する。 このカードの表示形式によって以下の効果を適用する。 除去されてしまった場合でも再び展開が可能な強力なエクシーズモンスターが収録されました。 【オッドアイズ】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、「リベリオン」モンスターまたは 「幻影騎士団」モンスター1体をこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。 その後、自分のPゾーンのカード1枚を選んでそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。 このカードは自分フィールドの「リベリオン」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もでき、 レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。 このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。 自分のPゾーンのカードを全て破壊し、このカードを自分のPゾーンに置く。 このターンそのXモンスターは、 そのランクと同じ数値のレベルのモンスターとしてX召喚の素材にできる。 【モンスター効果】 1 :1ターンに1度、フィールドの光属性モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのXモンスターのランクはターン終了時まで、 そのレベル5以上のモンスターのレベルの数値と同じになる。 2 :自分フィールドのカードが 相手フィールドより多い場合、このカードのPスケールは4になる。 【モンスター効果】 1 :このカードの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。 2 :1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時までそのモンスターと同じになる。 「転生炎獣」での採用が検討される優秀なリンクモンスターが登場しました。 【コード・トーカー】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。 指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。 1 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。 手札からサイバース族モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。 《サイバネット・バックドア》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つ サイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。 この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、 そのターン直接攻撃できる。 必須級のサーチカードの再録が確定しています。 【青眼】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。 そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。 3 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。 1 :このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 3 :相手フィールドにモンスターが存在する場合、 このカードをリリースして発動できる。 手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 《青き眼の威光》 速攻魔法 「青き眼の威光」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :手札・デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、 フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、攻撃できない。 簡単な条件で手札から特殊召喚が可能な大型モンスターが収録されます。 【宝玉獣】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 カード画像 ステータス・効果 《アドバンスド・ダーク》 フィールド魔法 お互いのフィールド上・墓地に存在する「宝玉獣」と名のついたモンスターは闇属性として扱う。 また、「究極宝玉神」と名のついたモンスターが攻撃する場合、バトルフェイズの間だけ攻撃対象モンスターの効果は無効化される。 自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついたモンスターが戦闘を行うダメージ計算時、自分のデッキから「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージを0にする。 1 :「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、 墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。 3 :永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、 デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。 《レア・ヴァリュー》 通常魔法 自分の魔法&罠カードゾーンに「宝玉獣」と名のついたカードが 2枚以上存在する場合に発動できる。 自分の魔法&罠カードゾーンの 「宝玉獣」と名のついたカード1枚を相手が選んで墓地へ送り、 自分のデッキからカードを2枚ドローする。 豪快な効果を持つ新たなシンクロモンスターが収録されます。 【レッド・デーモンズ・ドラゴン】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 相手フィールドの守備表示モンスターを全て破壊する。 このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、このカード以外のこのターン攻撃宣言をしていない自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :このカードの 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 《コール・リゾネーター》 通常魔法 1 :デッキから「リゾネーター」モンスター1体を手札に加える。 便利な効果を持つレベル8モンスターに加え、入手難度が高かった《フォトン・サンクチュアリ》が収録されます。 【銀河眼(ギャラクシー)】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 1 :自分フィールドに「ギャラクシーアイズ」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。 2 :X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれた場合に発動できる。 手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を選び、 特殊召喚するか、自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果をバトルフェイズに発動した場合、 さらに自分フィールドの全ての「No. 」Xモンスターの攻撃力は倍になる。 2 :このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップに、 その相手モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターとフィールドのこのカードを除外する。 《No. 2 :「銀河眼の光子竜」をX素材として持っていないこのカードが 相手に与える戦闘ダメージは半分になる。 3 :「銀河眼の光子竜」をX素材として持っているこのカードが 相手の効果で破壊された場合に発動できる。 発動後2回目の自分スタンバイフェイズにこのカードの攻撃力を倍にして特殊召喚する。 《フォトン・サンクチュアリ》 通常魔法 このカードを発動するターン、自分は光属性モンスターしか召喚・反転召喚・特殊召喚できない。 1 :自分フィールドに「フォトントークン」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンは攻撃できず、S素材にもできない。 除去効果持ちの大型ペンデュラムモンスターが収録されます。 【DDD】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 1 :自分フィールドの「契約書」カードを任意の数だけ対象として発動できる。 そのカードを破壊し、Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。 その後、このカードのレベルを、破壊した数だけ上げる、または下げる事ができる。 【モンスター効果】 このカード名の 2 のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分は「DDD」モンスターしか特殊召喚できない。 2 :フィールドのこのカードを素材として融合・S・X・リンク召喚した 「DDD」モンスターは以下の効果を得る。 自分のフィールド・墓地から「契約書」カード1枚を選んで持ち主のデッキに戻し、 対象のカードを破壊する。 その後、自分は1000LP回復する。 1 :自分が「DD」モンスターの特殊召喚に成功した場合、 自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、自分は1000ダメージを受ける。 このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。 【モンスター効果】 このカード名の 1 のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 自分の墓地の「DDD」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースし、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 この効果は無効化されない。 2 :自分スタンバイフェイズに発動する。 このカードのPスケールを2つ下げる(最小1まで)。 その後、このカードのPスケール以上のレベルを持つ、 「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 【モンスター効果】 「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 《地獄門の契約書》 永続魔法 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「DD」モンスター1体を手札に加える。 2 :自分スタンバイフェイズに発動する。 自分は1000ダメージを受ける。 新たな「ヴァレル」リンクモンスターが収録します。 「ヴァレット」デッキであれば強力な効果を最大限に発揮できます。 【ヴァレット】 デッキのデッキレシピや動かし方ついては、「 」という記事で解説しています。 1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、 モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の 「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、 装備カード扱いとしてこのカードに装備し、 そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 この効果は無効化されない。 2 :自分スタンバイフェイズに発動する。 このカードのPスケールを2つ下げる(最小1まで)。 その後、このカードのPスケール以上のレベルを持つ、 「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 【モンスター効果】 「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 ショッピングで比較しました。 各通販サイトの予約価格と、 送料の有無をまとめています。 Amazonの予約画面 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」のAmazon予約画面はこちらです。 Amazonでは、4,598円(税込)+ 送料無料で予約できます。 定価越えでの価格となっています。 楽天市場では、3,300円+ 送料で予約できます。 定価を少し超える価格で、 送料が600円発生しますが現在は 最も安く予約できます。 ショッピングの予約画面 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」のYahoo! ショッピングの予約画面はこちらです。 Yahoo! ショッピングでは、6,870円+ 送料で予約できます。 3つのサイトの中では最も高い価格での予約となっていました。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 また、「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」の収録テーマを簡単に解説し、カードの画像・効果も表にまとめました。 「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」は、以下のテーマが収録されます。 デッキの組みがいがありますね。

次の