韓国 焼酎。 韓国焼酎(ソジュ)と日本の焼酎は何が違うの?|たのしいお酒.jp

焼酎

韓国 焼酎

com マッコリは韓国で一番古いお酒です。 米や小麦に麹を混ぜ、発酵させます。 ヨーグルトのように白濁していて、ほんのり甘い味がするのが特徴です。 アルコール度数は6~13度と低いので、初心者にも飲みやすいでしょう。 タンパク質が多く、乳酸菌と酵母が多く含まれています。 最近の韓国では「マッコリカクテル」が人気で、バーなどでもおしゃれなマッコリカクテルを飲むことができます。 韓国焼酎(ソジュ)はマッコリに比べると、その歴史は比較的浅めです。 米、麦、サツマイモなどを混合して造ります。 80年代にはマッコリを抜いて国内消費量が1位になった韓国でもっともポピュラーなお酒です。 一般的な韓国焼酎(ソジュ)のアルコール度数は20度前後が主流。 小さなグラスにそのまま注ぎストレートで飲んだり、キュウリを輪切りや千切りにして入れて飲んだりします。 最近は果汁で割ったカクテルなども人気です。 com 韓国焼酎(ソジュ)には、2つのタイプがあります。 ひとつは、米、麦などの穀物由来の糖蜜を連続蒸留器で蒸留、生成された高純度アルコールに水を加えて度数を調整した「希釈式焼酎」。 これは日本の甲類焼酎にあたります。 透明な色で大量生産できるのが特徴です。 もうひとつ「蒸留式焼酎」は、蒸し米に麹を加え発酵させた酒母を単式蒸留器で蒸留したものです。 日本の乙類焼酎にあたります。 香りや味わいが深く、比較的古くから飲まれてきたといわれています。 日本の焼酎との違いは、なんといっても原料。 日本のように1種類の穀物に特化して造られたものはほとんど存在しません。 米、麦、サツマイモ、タピオカなど複数の原料を混合して造るのが韓国焼酎(ソジュ)の特徴です。 com ここでは韓国焼酎(ソジュ)といえばこれ!という定番を紹介します。 竹の活性炭でろ過してあり、スッキリして飲みやすいのが特徴です。 ストレートやロックで飲むのが一般的ですが、最近は水やソーダで割って飲むのも人気です。 不純物を取り除くため5回連続で蒸留し、蒸留後に韓国馬山の地下深水をブレンドします。 そのため、スッキリしたピュアな味わいです。 口当たりがやさしくさっぱりしています。 12年連続で日本での韓国焼酎シェア1位と人気があります。 鏡月をベースにし、果実の風味を加えた別シリーズも女性に好評です。 比較的スッキリ飲みやすい韓国焼酎は、初心者にもおすすめ。 ストレートはもちろん、キュウリの入った焼酎を韓国料理と共にたのしみたいですね。 おすすめ情報• 関連情報.

次の

韓国焼酎「ソジュ」と日本の焼酎の違いを徹底解説!オススメ銘柄も紹介

韓国 焼酎

韓国の焼酎は… 一方で、 韓国の焼酎は1つの原材料から造られるということはありません。 1つは甲類焼酎といって、味わいに原材料特有のクセの出ない焼酎です。 甲類焼酎は、酎ハイや、サワーなどを作るときに使われ、日本ではそのまま飲むということはそんなに多くはないです。 鏡月や宝焼酎、大五郎などの焼酎は甲類焼酎にあたります。 もう一つは、乙類焼酎と言って、有名なもので言えば芋焼酎の「黒霧島」や、麦焼酎の「佐藤」などがあります。 これらは、ロックや水割り、お湯割りなどでよく飲まれ、多くの方に馴染み深い焼酎は、基本的には乙類焼酎という種類の焼酎になります! 韓国焼酎は希釈式焼酎 韓国でも、焼酎の造られ方は基本的には変わらず、「希釈式焼酎」と「蒸留式焼酎」の2種類の焼酎があります。 「希釈式焼酎」とは日本でいう甲類焼酎、「蒸留式焼酎」とは日本でいう乙類焼酎のことです。 日本と違うのは 、韓国では「希釈式焼酎」つまり甲類焼酎が多く、よく飲まれる種類の焼酎ということです! なぜなのか?それは、そもそも日本と韓国の焼酎の風味などに違いがあるからです。 韓国の焼酎の特徴 韓国焼酎や飲みやすさがうり! 日本の焼酎は飲みにくい?! 「甲類焼酎は味気がない」「乙類焼酎はクセがある」なんて印象を持たれている方も多いのではないでしょうか? これは、あながち間違いではなく、日本の焼酎はそのように造られています。 韓国の焼酎はというと… 一方で韓国の焼酎は「希釈式焼酎」であっても、すっきりとした甘さを持ったものが多いです。 独特なクセのない味わいを持った焼酎とも言えます。 また、最近では果実味を持たせた、さらに飲みやすい焼酎も多く造られています! アルコール度数も… また、日本の焼酎ではアルコール度数が25度前後が一般的なのに対し、 韓国の焼酎はアルコール度数が20度前後が普通です。 これは 韓国特有の飲み方で、現地では飲み会などで普通にされる飲み方です! 爆弾酒とは、少し大きめのグラスにビールを注ぎ、そのあとにショットグラスに注がれた韓国焼酎を注いで飲むという飲み方です。 オイソジュとは、 焼酎に千切りにしたきゅうりを入れて、焼酎を楽しむ飲み方で、まろやかでさっぱりとした味わいを楽しむことができます! 日本でも、焼酎に梅干しなどを入れて飲むことがありますが、感覚的にはそんな感じです。 「とにかく美味しい!」と日本で絶賛されている飲み方なので、ぜひ一度試してみてくださいね! 韓国焼酎の人気おすすめ7選 チャミスル.

次の

焼酎

韓国 焼酎

チャミスルとは? C 眞露 チャミスルは国内シェア52. 韓ドラブームに伴って日本人が目にする機会も多くなり、日本での販売数も年々増加。 日本のみならず台湾やイギリス、アメリカやロシアなどへも輸入され、今や世界中で親しまれています。 Nielsen korea調べ 韓国焼酎について 韓国のほとんどの焼酎が「稀釈式焼酎」と呼ばれており、日本でいう甲類焼酎にあたります。 何度も蒸留を繰り返して生み出された、クセのないフレッシュな味わいが特徴です。 チャミスルはその希釈する工程で竹炭を使い、4回ろ過を行います。 そうすることで不純物が取り除かれ、スッキリした口当たり、澄んだ味わいが楽しめるんです。 豊かなラインナップ C 眞露 チャミスルの人気の秘密は、そのバリエーションの豊富さにもあります。 アルコール度数を落とし、マスカットやすももなど香り豊かなフレーバータイプを生み出したことによって、若年層特に女性の間での人気も獲得しています。 焼酎がちょっと苦手かも。 という方は、フレーバータイプの焼酎を試してみるといいかもしれませんね。 早速飲んでみましょう! チャミスル、ハジメます では早速飲んでみたいと思います。 韓国ではお猪口に注いでストレートで飲むのが主流ですので、今回はストレートで飲んでみましょう! 冷やせば冷やすほどおいしい おいしく飲むコツはただ一つ。 キンキンに冷やすこと! チャミスルの透き通ったスッキリした味わいを、よりおいしく楽しめます。 量は半分より少し上 お猪口にはこれぐらい。 ここからグイッといくのが韓国スタイル。 味はスッキリさわやか、鼻に抜けるような爽快感があります。 後からまろやかな味わいが出てきて、飲んだ後の重たい感じもありません。 料理の味も邪魔しない、飲みやすい焼酎です。 韓国料理は辛いものや味の濃いものが多いので、お口をスッキリさせるにもぴったりですね。 通りで人気なワケだ。 筆者は近くにある韓国料理屋さんからヤンニョムチキンをデリバリーして一緒にいただきました。 甘辛い濃いめの味付けとの相性も抜群。 フレーバータイプはロックで C 眞露 ちなみにフレーバータイプのチャミスルは、グラスに氷を多めに入れ、7分目ぐらいまで入れてロックで楽しむのがおすすめ。 あなたもチャミスル始めよう! キンキンに冷やすこと、お忘れなく 世界中で人気なチャミスルの秘密、おわかりいただけたでしょうか。 最新作ではストロベリー味が登場しているので、まずはフレーバータイプから飲んでみるのもいいかもしれませんね。 筆者の経験上、韓国ドラマを見ながら飲むと、不思議とおいしさが倍増します。 ぜひ試してみてください。 商品情報 商品名 チャミスル フレッシュ 容量 360ml アルコール度数 17.

次の