シンガー ソング ライター 英語。 女性ソロシンガー一覧/名曲・ヒット曲有名順まとめサイト

シンガーソングライターの仕事内容・なり方・給料・資格など

シンガー ソング ライター 英語

概要 [ ] 基本的に自ら歌う曲の、、(歌手によってはも自ら行う事もある)を自分自身で行うにおいてのを指す。 作曲のみしかしない場合でも、一般的にはシンガーソングライターというのに対し、作詞のみしかしていない場合にはシンガーソングライターとは言わないことが比較的多い(後述)。 また、自作をしていても、自演曲の中で自作曲の割合が小さい場合にも、シンガーソングライターとはいわないことが多く、逆に 100%自作曲でなくても、自作曲の割合が大きい場合にはシンガーソングライターと呼ぶことが比較的に多い。 楽曲の制作方法は、歌手により様々である。 先に作曲、後に作詞(「曲先(きょくせん)」や「メロ先」、「はめ込み作詞」等と呼ばれる手法)という手法をとる者もいれば、その逆として先に作詞、後に作曲(こちらは「詞先(しせん)」と呼ばれる)といった者もいる。 語源と背景 [ ] 「シンガーソングライター」という言葉は、1970年代初頭にでが注目され、続いてで、アメリカのなどのめざましい活躍もあって、彼らが「シンガーソングライター」と呼ばれ、それが日本でも普及したもの。 元々、の世界では、英米でも日本でも曲を作ることと歌うことは分業で行われていた。 英米ではそれらを今日などと称しているが、日本でいえばと、どちらも基本的には分業であった。 そこへ自作自演の流れを持ち込んだのはやらである。 1960年代には多くの自作自演のミュージシャンが高い人気を得ていた。 にも関わらず1970年代初頭、あえてで「シンガー・ソングライター」という呼び名が使われた要因は、「ロック的な狂熱とは縁の薄いパフォーマンスの価値を、歌やソングライティングを強調することで補う必要があったから」とは解説している。 英米の「シンガー・ソングライター」は、「大きな夢や怒りではなく、身のまわりの出来事に目を向けた歌を作って歌う」「誠実な自己告白的の歌を歌う」というような意味合いがあった。 のロック史では、「シンガー・ソングライター」は映画『』ののように、スターらしからぬスターが誕生したの現象と関連づけて語られているという。 本来の「シンガー・ソングライター」という言葉には「ロックの」のような意味があった。 しかしこの言葉が日本に輸入された当時は、まだ日本でロックはメジャーになっておらず、での「シンガー・ソングライター」には歌謡曲のアンチテーゼとしての役割が最初は与えられていたものと考えられる。 欧米での歴史 [ ] 1960年代後半から1970年代前半にかけてのロック界やソウルでは社会的なメッセージ性の強いヒット曲が多く生まれた。 1970年にジェームズ・テイラーはアルバム『』を発表したが、このアルバムはシンガーソングライターによるオリジナルバージョンがヒットしたことで当時としては珍しい例であり注目を浴びた。 また、『』はジェームズ・テイラーのごくごく私的な体験を告白した歌詞の曲だったが、『スウィート・ベイビー・ジェームス』に収録されたのちシングルカットされ、1970年秋に大ヒットとなりこれがシンガーソングライターブームの幕開けと言われている。 日本での歴史 [ ] 前史 [ ] 日本においても、自作曲を自ら歌う歌手は古くからいた。 1930年代には演歌師のが自作自演した「」をヒットさせた。 広義における本格的なシンガーソングライターの嚆矢と言われるは1930年代から「」など、自身の曲の大半を自ら作曲・歌唱した。 1950年代にはが自作曲を歌いヒットしブームの先駆となった他、1958年には「3人男」と言われたも自作曲「ミヨちゃん」をヒットさせた。 1960年代には、、、、といった人気が自作曲でヒットを出すというケースも出てきた。 には古くからとの主導により職業作家の作った楽曲を歌手が歌うという厳格な分業システムがあったが 、彼ら歌手にも音楽的才能があるため作曲能力があり、知名度も相まって自作曲をリリースすることが出来た。 加山のケースでいえば自身の主演作『』のに自作曲が採用されてヒットした後、自作曲を多く歌うようになった。 しかし加山は作曲のみ自分で行い、作詞は職業作詞家によるものだったため、そのほとんどがラブソングであり歌謡曲と変わりがない。 後に現れた「フォークシンガー」や「シンガーソングライター」が、反体制歌や非歌謡曲を志向した点や、"自分たちの言葉で歌にしていく"と、自己表現した歌詞にも特徴があった点で異なる。 また音楽的ベースも加山はであり、寄りで、これも後の「シンガーソングライター」がやなど、アメリカのをベースにしたものとは異なる。 加山自身「俺は。 歌は趣味的なもの」と話しており 、この点からも、その後の「シンガーソングライター」と系統的に繋がってはいないといえる。 は「当時では、俺だけが純粋に作詞・作曲で、しかも商業的でなかった。 そのまんまだったんだ」と述べている。 や、、らは、加山らを先達とは考えてはいない。 は「とかそういうとか人たちは歌謡曲に積極的に寄りそう形で出てきたシンガーソングライターだったけど、ぼくらはその糸を切ってある。 彼らとは違う」「あの当時のフォークソングをはじめた連中というのは、アンチ商業主義だった」等と話している。 1960年代後半から現れたフォーク系シンガーソングライターの多くは、既存の歌謡曲とは、ほぼ無縁の活動から誕生した人たちである。 1970年代〜 [ ] 「シンガーソングライター」という言葉が日本で認知されたのは1972年で、のブレイク以降である。 『』1972年5月号の記事には「いま、シンガー=ソングライターなんて騒がれてる連中のやっていることは~」というの発言が見られ 、同じく1972年7月に刊行された『爆発するロック』という本の中のとの対談では、富澤が「今、話題になっているシンガー・ソングライターなんかどう思いますか」と、かまやつに質問する場面がある。 1973年の「guts」1月号には、「1972年度、日本のフォーク界の大ニュース」として、「、などのシングル盤ヒットにより、"シンガー・ソング・ライター"が日本の音楽界にクローズ・アップされた」「"シンガー・ソング・ライター"の大衆化~」といった記事が見られる。 吉田拓郎がヒットを連発するに及んで、各レコード会社もプロダクションも競ってシンガーソングライターの売り出しにかかった。 1972年7月にをデビューさせたは、「最初は荒井を作家として契約したが、シンガーソングライターの時代にだんだん変わっていくときだったので、荒井をシンガーソングライターとしてデビューさせた」と述べている。 当時はまだ自作曲を歌い、さらにその曲をヒットさせることが珍しかったため、も「シンガーソングライター」を大きく取り上げたと考えられる。 「シンガーソングライター」という言葉が使われ始めたのは1972年以降で、それまでは特に定着した呼び名はなく、あえていえば「自作自演」という言い方をされた。 「シンガー・ソングライター」という言葉が日本に入ってきた1970年代初めには、やといった「自作自演」のフォークシンガーが若者の支持を得ていた。 ただし彼らは所属であったため、レコード自体はあまり売れておらず 、歌謡界のシステムを揺らがすまでには至らなかった。 しかし、その後のや、、ら、テレビへの出演を拒否し作品のとコンサート活動に重きを置く「自作自演」のフォークシンガーたちは、メガヒットを出し、また演歌や歌謡曲歌手に楽曲提供をおこなう等、長く話題を提供して世間の注目を集め、既存の芸能界に影響を及ぼすまでになった。 、、、の 4人が自分たちのレコード会社「」を設立した1975年には、シンガー・ソングライターによるフォークがレコード・シェアの四割近くを占有した。 こうして、借り物ではない、自分の言葉で、個性で、歌を唄う、表現する、シンガーソングライターが、若者たちの支持を勝ち得て定着していくことになった。 彼らの多くが自ら作詞作曲した楽曲を、を弾きながら歌う「ソロのフォークシンガー」であったため「シンガーソングライター=フォーク系のソロシンガー」のイメージが付いた。 一方で、当時は職業作詞家・作曲家が作るようなレベルの楽曲を歌手が容易に作れるとは思われていなかった。 前述の発言は (シンガー=ソングライターは)「がだんだん歌謡曲になったのと同じ。 長く続かない」といった主旨だったし、との対談では、富澤が「ぼくから見ると、作詞・作曲・歌と三つのことをすべてうまくやるってことは、困難じゃないかと思えるんですがねえ。 だから、三つのことをそれぞれプロフェッショナルがやった方が、いいものが生まれると思うんですけど」と話している。 当事者の一人だった自身も「ブームが続くとは思ってなかった」と話しており 、シンガーソングライターによるフォークブームは短命に終わるのではないかという見方もあった。 しかし、1970年代に才能あるシンガーソングライターが多く続いたために、一過性のものではなく、日本の音楽界のメインストリームになっていった。 特に1973年頃から、、、、、、、、らが台頭した時 、彼女たちの中にギターを持たずにを弾いて歌うというような、フォーク臭の全くない者がいたため彼女らを「女性フォークシンガー」とも呼び辛く、適当な言い方がなく「女性シンガーソングライター」という言い方が非常に多く使われた。 これも「シンガーソングライター」という言葉の認知度アップに影響があったと考えられる。 勿論、多くの「シンガーソングライター」を輩出した「」の功績も非常に大きい。 なお、「女性シンガーソングライター」の原型は、1967年にの詞に自分で曲をつけた「」でデビューしたという見方もあるが、森山は職業作詞家・作曲家の作品やのを歌うことが多く1970年代半ばまで"歌謡曲歌手"というイメージがついていた。 今日に繋がる「女性シンガーソングライター」の草分けは、1972年にアルバムデビューした、、あたりで、「女性シンガーソングライター」による最初の大ヒット曲は出身のが1973年12月に出した「」である。 シンガー・ソングライターの台頭は、職業作詞家・作曲家の安定を揺るがす存在になっていく。 また歌謡曲歌手にも大きな影響を与えた。 1970年代も半ばになると、フォークという言葉ではフォローできない音楽がたくさん出てきて、フォークはという呼び方に吸収されていった。 歌謡曲のフィールドでものように自作曲で最優秀新人賞を受賞するような逸材も出てきた。 1980年以降には、シンガーソングライターの影響を受けた職業作詞家・作曲家が出てくるようになった。 現在の音楽界は、シンガーソングライターたちが成し遂げた変革の上に成り立っている。 当初は「歌謡曲のアンチテーゼ」としての意味が含まれていた「シンガーソングライター」という言葉だったが、ニューミュージックが、フォーク以上に歌謡曲との区別がつき辛いこともあって、1970年代後半には、歌謡曲側の自作自演歌手も含め、自ら書いた歌を自ら歌う人はに拘らず全員「シンガーソングライター」と呼ぶようになった。 は1977年のデビュー時から"シンガーソング・コメディアン"と名乗り 、1981年の週刊誌は、俳優・の大ヒットを"大人の味を持ったシンガーソングライター" 、『男道』という自作曲のレコードを出した・を"プロ野球界初のシンガーソングライター誕生! "と紹介した。 土田明人という本職が小学校の先生がレコードを出した時は"シンガーソングティーチャー登場"と書いている。 またそれまでの「自作自演」という言い方よりも、ちょうど「シンガーソングライター」という「自作自演」そのままの意味を持つ語感のいい言葉が定着したため、単純に「歌を作って歌う人」は全員「シンガー・ソングライター」、遡って、あの人も昔、歌を作って歌っていたから「シンガー・ソングライター」と言い出したものと考えられる。 こうした理由もあって現在、前述した人物の多くが、文献やネットで「シンガーソングライター第1号」「シンガーソングライターの草分け」等と紹介されている。 先に挙げたように「シンガーソングライター」という言葉が使われ始めたのは1971年、1972年以降で、これ以前に活躍した前述のや、1960年代後半に現れたやといった人たちは、リアルタイムでは「シンガーソングライター」と呼ばれず、のちにそう呼ばれるようになった。 は「フォークシンガーです。 と自己紹介すると『シンガーソングライターですよね』と聞き返される。 そんな大層なもんじゃないんですけど」と話している。 高石にとっては「シンガーソングライター」という呼ばれ方には馴染みもなく違和感があるのか、あるいは、商業的に大きな成功を手にした1970年代以降の(一部の)「シンガーソングライター」たちは、自分たち「フォークシンガー」とは違うという意識があったのかもしれない。 現在、「シンガーソングライター」を「歌手を兼ねる作曲家」と答える人はいないと思われるが、かつては違った。 が1978年に出した『別冊一億人の昭和史 昭和の流行歌手』という本に「ちかごろは、シンガー・ソング・ライターなどといって、自作自演する者が増えたが、戦前は大変珍しかった。 とくに作曲家が、歌手を兼ねて、どちらもヒットする、などということは、まったくマレなことだった」という記述があり、ここでを紹介している。 林は作詞はしない作曲家兼歌手であり「シンガー・ソング・ライター」と呼ばれる以前は「自作自演歌手」は「作詞+作曲もする歌手」はもちろん「作曲だけする歌手」の両方を指していたものと考えられる。 そして現在でも「作詞と作曲のうち、作曲のみしかしていない場合でも、一般的にはシンガーソングライターというのに対し、作詞のみしかしていない場合には、シンガーソングライターとは言わない」ことが多い。 理由として、その答えのようなの言及が1985年のとの共著の中にある。 ここで阿久は「が流行ってきてギターが普及して、素人が曲をつくるようになりましたね。 で、それからずーっとフォークの段階がきて、5年ぐらい前までは、やっぱり曲のほうが専門的で詞は誰でも書けるという意識があったわけです。 字が書けますから。 何となく詞らしきものはできる。 その代わり、曲は専門的な知識とか才能が必要だって思い込みがあったんですけどね。 近頃すっかり逆になってきちゃってね、曲の方が簡単になってきてるんですね。 で、詞を書ける人がいないんですよ」と発言している。 シンガーソングライターが主流となった1980年代以降 はあまり見られなくなったが、かつてはラジオや歌謡誌などで一般(素人)から募集した詞に対して作曲家が曲を付けてプロの歌手が歌うということがよくあった。 逆に素人から曲を募集して作詞家が詞を付けるということはなかった。 こうした影響もあって、かつては作詞家は作曲家より下、「作詞だけする歌手」をシンガーソングライターとは呼べない、という感覚があったものと考えられる。 しかし2000年代頃からはむしろ作詞家が注目される機会が増えている。 と言うよりも、作曲家、歌い手の功績を無視して、作詞家が時代を創ったかのような論調が増えている。 また古くから存在する「作曲だけする歌手」に比べ「作詞だけする歌手」の出現は比較的最近のことで、まだ評価が定まっていないとも考えられる。 この「作詞だけする歌手」は、ではあたりが最初と思われ、森高の歌詞を当時のマスメディアがユニーク等と好意的に紹介したことも「作詞だけする女性歌手」のその後の急増に繋がったかも知れない。 金澤寿和は「重要なのは、自己表現の手段として有効に機能しているか否か。 シンガーなのだから、曲を書けるのが基本。 森高千里のように、作詞はするが作曲は他人任せというケースは、広義ではシンガーソングライターに当てはまるものの、敢えてそう呼びたくない。 つまり、音や旋律で自分を表現する欲求を持つのが、シンガーソングライターの第一歩。 更に自分自身の言葉を持っていれば、それが理想的なシンガーソングライターということになる」などと論じている。 2013年『Disc Collection 日本の女性シンガー・ソングライター』という書は、「自身で作曲(作詞だけではなく)をしているシンガー」のみを掲載しており、「作詞だけするシンガー」をシンガー・ソングライターと認めていない。 1970年代に「シンガーソングライター」という言葉は定着したものの、1980年代以降に言われ始めた「」というでは、自作自演であることが強調されなくなった時期もあった。 や、等のプロデューサー主導による楽曲や、以降のやグループによるグループ単位での音楽活動が目立ったため、ソロシンガーのイメージがある「シンガーソングライター」とはあまり呼ばれなかったのかも知れない。 しかし現在のミュージシャンは大抵曲を自作しており、むしろ自分で曲を作らない人が少数派になっている。 は「ここ20年くらいは、みんながシンガーソングライターになって、演歌以外は職業作家へのオファーが少なくなりましたね。 『歌謡曲』というものは一回滅びたのかなと思います」と述べている。 2000年代〜 [ ] 「シンガーソングライター」という表現が使われ始めて長年が経過したが、この表現は再び誇りを持って非常に多く使われるようになった。 また、のが「シンガーソングライターになりたい」と、モーニング娘。 を卒業したり 、のシンガーソングライターの名曲カバーアルバムの発売 等は、シンガーソングライターの先人をリスペクトする事例と言える。 は、を"英シンガー・ソングライター"と紹介している。 上がりの元バンドマンはこうした傾向を「シンガーソングライター至上主義」と表現し「1970年代の分業制の方が結果的に後生に残るようなものを作ってる気がする」と疑問を呈している。 やなどで活躍しているの中にも、事務所に属するしないを問わず、多数のシンガー・ソングライターと自称する若者達もいる。 自らの演奏と歌声でメッセージをダイレクトに観客に伝えるというこのムーブメントに関わる個々のアーティストの動機・年齢層は様々で、を夢見る者、趣味として続けていく者など多岐にわたる。 また、この背景にはかつての制作やそのが膨大なとを必要としたのに対し、による様々な技術やサービスによってが個人もしくは小規模の等のレベルで可能になったことが大きい。 これらの事が「次世代のシンガーソングライター」を産み出す要因となりつつある。 なお業界では、に入ってからも・大御所歌手への弟子入りなどを経てという事実上の徒弟制が残っており、のように自分で作詞作曲できる一部の例外を除き、多くの歌手がになっても師匠や外部から曲を貰えるのを待つしかない状態である。 各国のシンガーソングライター [ ]• 「レコード・コレクターズ 2010年3月号、ミュージックマガジン、p41-97• の2015年10月23日時点におけるアーカイブ。 2015年10月23日閲覧。 『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド 上巻』音楽出版社、2006年、52頁。 『歌謡の百年』 第 6巻 戦後の歌、監修、レコード制作 、、1969年、p35• 『昭和浪漫 ロカビリー』 、2005年、140頁• 『若大将の履歴書』、、2010年、p100、101• 「」1972年5月号、p48、49• 、2010年7月11日7面• 『歌でつづる20世紀』、、2003年、p194、195• 『歌謡ポップス・クロニクル』、、、、他、、1998年、27、89、120• 『みんな不良少年だった』、、1985年、p142• 『』、2012年1月号、、p79• 『阿川佐和子の会えばドキドキ この人に会いたい 7』、、2009年、p53• - ハイレゾ音源配信サイト、 - musicvoice、 - Shinji Tanimura Official site。 guts、、1973年1月、p30• 、、、、、• 『新版 日本流行歌史 下』、、1995年、p127、128• 『歌謡の百年』 第 7巻 現代の歌、監修、レコード制作 、、1969年、p22、• 陣馬虫太郎『70's STAR・DUST』、、1996年、p113• 2 1981-1999』、、1999年、p22 - 24、52-54• 『軟派昭和史』、、1975年、p297 - 299、『ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989』スペースシャワーブックス、2013年、p70 - 71• 、、、• 、2008年8月1日号、p57• 鈴木勝生『風に吹かれた神々』、、1987年、p146-153• 『青春のバイブル』、、p160 『和田誠インタビュー その三』、、1989年、p122-142• 、1981年1月23日号、p39、• guts、表現技術出版、1973年1月、p25• 、1981年6月14日号、p160• 『関口宏の昭和青春グラフィティ』、、2011年8月30日放送 昭和のフォークソング「フォークソングは僕らの魂の叫びだった」• 『別冊一億人の昭和史 昭和の流行歌手』 、1978年、p86• 『A面B面』、p281• 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2017年4月25日. 2017年10月3日閲覧。 スポーツニッポン、2011年6月12日29面• 関連項目 [ ]•

次の

【2020年】次にブレイクする女性シンガーソングライターは?

シンガー ソング ライター 英語

こんにちは!! 音楽ブロガーのコバヤシです!! 最近、女性のシンガーソングライターって増えてきていますよね!! 日本の女性シンガーソングライターと聞いて、あなたはどんなアーティストが思い浮かびますか? 松任谷由実や中島みゆきをはじめとして、宇多田ヒカルや椎名林檎など、男性顔負けの才能と技術をあわせ持つ女性シンガーソングライターも数多くいますよね! 上記にあげた方達はもはやレジェンド級と呼んでもいいくらいの面々ですが・・・笑 とまぁ、レジェンド級のアーティストはひとまず置いておいて、ここ最近は若い女性シンガーソングライターの活躍がめざましいなぁーと感じています。 とくにアコースティックギターで弾き語りをする女性シンガーソングライターがここ2〜3年でとても増えてきているなと感じています。 そこで本記事では・・・ 最近、人気の女性シンガーソングライターって誰がいるんだろう?どんな音楽なのかもあわせて知りたいなぁ。 といった疑問をもつ方のために、 音楽好きの筆者が「今、絶対おさえておきたいオススメの若手女性シンガーソングライター20名」どどーんとご紹介していきます!! もうすでに、人気が出ている方から〜これからさらに人気が出そうだな、と思うアーティストまで幅広く紹介しています!! どのアーティストも素晴らしく個性的で魅力溢れるシンガーソングライターばかりなので、ぜひチェックしてみてください!! <この記事はこんな方におすすめ>• 今、人気の若手女性シンガーソングライター(SSW)って誰がいるんだろう?• 各アーティストの音楽の特徴や演奏スタイルも知りたいなー• アコギで弾き語りをしたいんだけど、誰を目標にしたらよいかわからない ひとつでも当てはまる方は必見ですよ!! 目次• 音楽好きが選ぶ、絶対おさえておきたいオススメの若手女性シンガーソングライター20名(1人目〜10人目の紹介) あいみょん まず1人目はやっぱりこの人!! 彗星の如く現れ、今や大人から子供まで爆発的な人気を誇る1995年生まれのシンガーソングライター、あいみょんです!! アコースティックギター1本によるフォーク系の弾き語りスタイルで人気を博し、多くのヒット曲を生み出しています。 最近ではドラマや映画の主題歌としてもひっぱりだこの彼女。 音楽的に影響を受けた人は、スピッツをはじめとして吉田拓郎や河島英五、尾崎豊や小沢健二となかなか渋いセレクトです。 老若男女問わず人気のあるシンガーソングライターなので、今絶対にチェックしておきたいアーティストの1人であることは間違いありません!! リンク miwa そのチャーミングな見た目とは裏腹に、確かな実力と伸びのある歌声で、女性シンガーソングライターの中でも第一線を走り続けるmiwaも絶対にチェックしておきたいアーティストの1人です。 アコースティックギターによる弾き語りスタイルを基本としており、愛用のギターはギブソンのJ-45。 女性だからこそ描ける世界観をしっかり持っていて、自分で作詞作曲も手がけています。 好きなアーティストはシェリル・クロウ、キャロル・キング、テイラー・スウィフト、aiko、YUKI、RADWIMPSなど。 自身と同じ女性シンガーソングライターが好きなようですね。 最近では競泳選手の萩野公介選手との結婚を公表し、公私ともに勢いのあるmiwaから目が離せません。 リンク 藤原さくら 和製ノラ・ジョーンズと呼ばれるほど、日本人離れしたスモーキーで魅力的な歌声を持つ藤原さくらもイマを代表する1995年生まれの女性シンガーソングライターです。 ギターはクラシックギターを使用することが多く、基本的にはフィンガー・ピックングで演奏しています。 幼少時よりビートルズを聴いて育ち、とくにポール・マッカートニーの熱狂的なファンとしても有名です。 自身も洋楽を基本としたカントリーミュージックやジャズ、ブルース、フォークといったルーツミュージックや民族音楽を好んで聴いており、楽曲も洋楽っぽい雰囲気を持つものが多いですね。 リラックスして聴ける曲が多いので、部屋で恋人とゆっくり聴けたら最高でしょうねー! リンク YUI もはや説明いらずの大本命とも言える女性シンガーソングライター、YUI。 いま、若い世代で弾き語りをしている女の子は、ほとんど少なからずYUIの影響を受けているのではないでしょうか。 2004年から2012年まではソロとして活動して、2013年からはロックバンド、FLOWER FLOWERのボーカルとして活躍しています。 もともと路上ライブからスタートしているYUIは、あぐらをかいてアコースティックギターをかき鳴らし歌うスタイルでも知られていますね。 温かみのある透き通った歌声と女の子らしい歌詞が特徴的です。 影響を受けたアーティストはシェリル・クロウをはじめとしてミシェル・ブランチ、アヴリル・ラヴィーン、スティング、エリック・クラプトンなど洋楽を好んで聴いていたようです。 筆者世代だと弾き語り女子といえば真っ先に浮かぶのがYUIだったりします。 リンク Rei 1993年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライター兼ギタリストです! そのキュートな見た目とは裏腹に、ギターの腕前は一級品で、多くのプロギタリストからも一目置かれている存在です。 幼少時はアメリカで過ごしていたこともあり、英語も堪能で歌詞は英語主体の楽曲が多いのも特徴です。 ブルースやクラシック音楽、そしてオールドロックといった古い音楽から多大な影響を受けており、ジョニー・ウィンター、ブラインド・ブレイクといった超渋いブルースマンのカバーも見事に演奏しています。 主にサムピックを使用することが多く、愛用のギターは56年製のGibson LG-2や66年製のFender Duo-Sonicとかなり通好みのセレクトなのも面白いですね。 新世代のキュートなギターガールから、2019年も目が離せません!! リンク 関取花 1990年生まれ、神奈川県出身の関取花。 感情にダイレクトにうったえるパワフルな歌声と、ちょっと変わったユニークな世界観が魅力のアーティストです。 アコースティックギターによる弾き語りスタイルを基本としており、バラードからアップテンポの歌までエモーショナルに歌い上げます。 一時期はYoutubeの人気音楽グループ「Goose house」にも参加して、その美声を聞かせてくれていました。 近年では「NHKみんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロックなどの多くの夏フェスに参加し、初のホールワンマンも大成功させたりと躍進が止まらない関取花です。 独特の感性と世界観を持つアーティストなので、ハマる人にはがっしりとハマる女性シンガーソングライターだと思います。 リンク 音楽好きが選ぶ、絶対おさえておきたいオススメの若手女性シンガーソングライター20名(11人目〜20人目の紹介) 大森靖子 1987年生まれ、愛媛県出身の女性シンガーソングライター。 自らを「超歌手」と名乗り、良くも悪くもかなり個性的なシンガーソングライターです!! アイドルのような格好でアコースティックギターをかき鳴らしながら、金切り声のように歌うその姿にはパンクの要素も感じることができます。 というか、個人的にはパンクだと思ってますね。 笑 自身の音楽ルーツにはSPEEDやモーニング娘。 といったアイドルから、椎名林檎や銀杏BOYZといったロック好きなアーティストまで幅広く影響を受けているようです。 楽曲のタイトルや歌詞のセンスもめちゃくちゃ個性的で、唯一無二のアーティストと言えると思います。 大森靖子がアコギを弾きながら歌う姿は、見ているとなぜだか涙が出てきます。 リンク NakamuraEmi(ナカムラエミ) NakamuraEmiは1982年生まれ、神奈川県厚木市出身の女性シンガーソングライターです。 ライムスターや竹原ピストルといったアーティストに影響を受けており、ラップで生々しい日々の生活を歌い叫ぶ姿は圧巻の一言です。 リンク 大原櫻子 大原櫻子は1996年生まれ、東京都出身のアーティストです。 愛称は「サクちゃん」で、同じ女性シンガーソングライターの家入レオや藤原さくらとは大の仲良しとしても知られています。 もともとはアメリカのミュージカル「アニー」に影響を受けて、歌や演技に興味を持ったようです。 音楽的なプロデュースを亀田誠治が担当しており、音楽好きが思わずニヤケてしまうような楽曲も多くあります。 キュートなルックスとミュージカル女優も顔負けの歌唱力をもっており、チカラ強い歌声が魅力的なアーティストです。 大原櫻子の歌は聞いていると、自然と元気が出てくる曲ばかりです。 たまにアコギでの弾き語りも見せてくれますが、それがまたカッコいい!! 弾き語りに憧れるギター初心者はぜひ一度参考にしてもらいたいです。 リンク カネコアヤノ カネコアヤノは1993年生まれ、神奈川県横浜市出身のアーティストです。 アコギによる弾き語りとバンドスタイルでライブ活動を行なっており、最近さまざまなフェスでもひっぱりだこのシンガーソングライターですね。 はっぴいえんど、たま、チャットモンチー、町田康といったアーティストに影響を受けており、非常に独特の雰囲気をもっているなぁと感じます。 歌もけっしてうまいわけではないですが、何度も繰り返し聴きたくなるような不思議な魅力を持っていて、ギターを一心不乱にかき鳴らしながら歌う姿にはパンク・ミュージックのDNAすら感じ取ることができます。 2018年にリリースされたアルバム「祝祭」は第11回CDショップ大賞にも選出された作品で、カネコアヤノを知る上でまず聞いてほしい一枚です。 リンク Anly Anlyは1997年生まれ、沖縄出身のシンガーソングライターです。 若いながらもブルースやカントリー、フォーク、オールドロックを自身のルーツにもつアーティストで、やはり洋楽に影響を受けた楽曲が多いですね。 エド・シーランからの影響を感じる、アコギとルーパーを使った演奏スタイルが特徴的で、歌はもちろんギターもかなり上手いなぁと感心してしまいます。 代表曲の「Moonlight」は、Anlyの真骨頂が存分に堪能できる名曲で、この若さとは思えないほどの艶やかさとかっこよさをかね備えた1曲です!! 女性シンガーソングライターの中でも、テクニックと安定感をしっかりとあわせ持つ稀有なミュージシャンですね。 リンク 坂口有望 坂口有望は2001年生まれ、大阪出身のシンガーソングライターです。 ついに2000年代生まれのミュージシャンも登場ですね!! 個人的に坂口有望の歌声って、すごくアコギに合うんですよね。 飾らないストレートな歌声が彼女の最大の魅力だなぁと筆者は思います。 代表曲の「おはなし」は必聴の1曲。 こういう等身大の音楽って、すごく胸にささりませんか? メジャー1stシングルの「好-じょし-」は、ポップでロックでキュートなアレンジが印象的な1曲で、聴いているだけで元気になる楽曲です。 まだ、18歳という若さのシンガーソングライターですが、やはり音楽に年齢は関係ないぜって気にさせてくれる素晴らしいニューカマーです。 リンク 酸欠少女さユり 酸欠少女さユりは1996年生まれ、福岡県出身のシンガーソングライターです。 名前の前に「酸欠少女」を冠した「酸欠少女さユり」をキャッチコピーとし、自身を酸欠世代の心情を歌う2. 5次元パラレルシンガーソングライターと名乗っています。 少し震えるような歌声が特徴的なシンガーで、人の心に潜む悲しさや寂しさ、怖さなど影のある歌詞が多いのも特徴的です。 自身で作詞作曲も手がけ、多くの楽曲がゲームやアニメの主題歌としてタイアップされています。 また、RADWIMPSの野田洋次郎からも「フラレガイガール」という曲を楽曲提供されており、野田氏曰く「この曲は彼女の歌声で歌われるべき歌でした」とさユりの歌声を絶賛しています。 次世代の女性シンガーソングライターの1人として、ぜひ注目しておきたいアーティストです!! リンク 本記事のまとめ 「音楽好きが選ぶ、絶対おさえておきたいオススメの若手女性シンガーソングライター20名を紹介!!」はいかがだったでしょうか? いま日本では空前の女性シンガーソングライターブームになっている気がしています。 街を歩っていても、アコギを背負った女の子ってめっちゃいませんか? SNSやYoutubeなどのネット媒体で、気軽に自身の弾き語りをたくさんの人に聞いてもらえるチャンスも増えていますからね。 ギター1本で始められる弾き語りは気軽にチャレンジしやすいし、女性シンガーソングライターが増えたことで、目標にしたい女性アーティストも見つけやすくなってますよね。 本記事が、あなたのお気入り女性シンガーソングライターを見つける参考になれば幸いです。 では、音楽ブロガーの筆者がいろんな音楽ジャンルの中から、『おすすめアーティスト』と『おすすめの名盤アルバム』について毎日紹介しています! よければフォローしていただくと、これから記事を書く上で励みになります。 どうぞよろしくお願いしますっ!! プロのシンガーソングライターを目指すあなたに いま『ライブ配信アプリ』が人気なのをご存知ですか? 生放送で多くの人に自分の音楽を聞いてもらえるツールとして、YouTubeの次に定番になりつつあるジャンルです。 多くのシンガーソングライターも、 ライブ配信アプリで弾き語りや歌を披露しながら、自分のファンを獲得しているようです! 『ライブ配信アプリ』に興味があるようでしたら、という記事も書いていますので、参考にしてみてください。 AmazonでCDアルバムを買うなら、かなりお得なAmazonギフト券のチャージ もしAmazonで購入するなら、Amazonギフト券をチャージしておくことを強くおすすめします! なぜかというと・・・ギフト券をチャージするだけで、 なんと最大2. 一般会員ももちろんお得ですが、はさらにお得になります!! は本当にメリットありすぎるので会員にならない理由がわかりません。 と、いうわけでどうせAmazonで買い物をするのであれば• CDや音楽用品〜楽器から生活用品までAmazonで買えちゃうのでやらない理由はとくにないのでは? Amazonギフト券のキャンペーンページはこちらからどうぞ.

次の

女性ソロシンガー一覧/名曲・ヒット曲有名順まとめサイト

シンガー ソング ライター 英語

1941. 24 - 米国のシンガー・ソング・ライター。 ミネソタ州ダルース生まれ。 本名Robert〉 ロバート〈Zimmerman。 と並び60年代のポピュラー・ミュージックに最大の影響を及ぼしたスーパー・スターである。 出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊) 20世紀西洋人名事典について の解説 職業・肩書 シンガー・ソングライター 国籍 米国 生年月日 1941年5月24日 出生地 ミネソタ州ダルース 本名 ツィマーマン,ロバート・アレン〈Zimmerman,Robert Allen〉 学歴 ミネソタ大学中退 受賞 アカデミー賞主題歌賞 第73回,2000年度 〔2001年〕「THINGS HAVE CHANGED」,ピュリッツァー賞特別賞〔2008年〕,プリンストン大学名誉音楽博士号,グラミー賞 9回 〔1969年〜2007年〕,グラミー賞特別功労賞 第33回 〔1991年〕,ゴールデン・グローブ賞主題歌賞 第58回,2000年度 経歴 ユダヤ移民の子として生まれる。 2000年映画「ワンダー・ボーイズ」に提供した「シングズ・ハブ・チェンジド」でゴーロデングローブ賞とアカデミー賞主題歌賞を受賞。 2004年「ボブ・自伝」を刊行。 2005年にはマーティン・スコセッシ監督による自伝的ドキュメンタリー「ノー・ディレクション・ホーム」がテレビ放送された。 2006年6年ぶりのアルバム「モダン・タイムス」をリリースし、久々にチャート1位に輝く。 2007年トッド・ヘインズ監督により、6人の俳優が各々ディランを演じるという斬新な映画「アイム・ノット・ゼア」が製作され話題を呼ぶ。 その楽曲は現在に至るまでジャンルを問わず数多くのミュージシャンにカバーされており、特にザ・バーズによってカバーされた「」などが有名。 その歌詞は現代詩としても評価されており、1974年「ボブ・ディラン全詩集」を刊行した。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の