ダブル ベット ドラマ。 ダブルベッド エピソード1【第5回】あらすじ ロンちゃん友人はだれ?2人の距離がさらに縮まる?

『ダブルベッド』出演のロン・モンロウ、7日間の同棲「楽しかった」

ダブル ベット ドラマ

犬飼貴文もメロメロ!! またくだらない恋愛バラエティが始まったと思ったのだけれど、中国版のがっきーと仮面ライダーの顔面が強すぎて見入ってしまった。 美男美女ってこういうこと。 ドラマの回が進むにつれドンドン惹かれはじめる犬飼貴文 会う知り合い、先輩(小池徹平)などに今の生活のことを話しダブルベットで一緒に寝ていることをうちあけるが、理性を押さえることが精一杯で「全然眠れない」「1週間どうなるか分からない」 と打ち明けています。 これは男性なら理性をコントロールできない。。。 片言のロンちゃんがまたかわいい。 まとめ 美男美女のリアルな同棲生活ドラマとはいえ恋人ではない2人がダブルベットでねむりにつく、どうにかなちゃいそうな二人。 別れの最後の日をどう迎えるのか。 2人の関係の行方は。。。 そして 歯磨きをする仕草 片言の日本語 編み物をしている仕草 tiktok ロンモンロウがとにかく魅力的。 これからの日本での活躍がたのしみですね。 ダブルベッドドラマエピソード2はこちら.

次の

セミダブル

ダブル ベット ドラマ

屋形船デート 朝一緒に過ごし、夜に再度待ち合わせ。 風情のある船。 洋風の船だと思いきや和風のやつでした。 ただ、ロンちゃんの前髪が少し崩れているのが気になってしまいました。。。 お互いに「カッコいい」「可愛い」と言い合いいい感じ。 お刺身やてんぷらもおいしそう! レインボーブリッジを見ながら、犬飼君が教えた日本語「レインボーブリッジ封鎖できません」というロンちゃん。 1週間を振り返り、さみしそうな2人。 犬飼「リッツァのマーボー豆腐とチンジャオロースーは忘れない」 食事が終わり、船の上に上る。 夜景がきれいで風が気持ちい。 犬飼「さみしいな~」 ロン「さみしいな~」 と犬飼君から手を握る。 恋人つなぎ。 しばらくぼーっとして、少し寒さを感じ下へ戻る。 リンク 最後の夜 船デートから家に着くと、 ロン「おなかすいた~」 犬飼「うそでしょ、いっぱい食べたじゃん」 ロンちゃん食欲旺盛。 部屋から川を見下ろし、 犬飼「さっき言ったところだよ。 よくみて覚えておかないと。 今日最後だから」 ロン「覚えた、写真も撮った!」 犬飼「今日が終わっちゃうね。 」 ロン「たくさんしゃべりたい」 犬飼「今日はリッツァが先お風呂入って」 とお風呂に入るロンちゃん。 お風呂に行くだけで何回も「バイバイ」をするロンちゃん。 さみしそうだが可愛い。 そして、初の入浴シーンも。 その間に犬飼君は何かを書いている。 犬飼君がお風呂に吐いている間にロンちゃんは手編みのマフラーの仕上げ。 犬飼君がお風呂から戻り2人でベッドへ。 ロン「マフラーまだまだ。 」 とロンちゃんが手作りの写真集を取り出す。 ロン「犬飼貴丈写真集。 この真面目(な写真)も好き。 可愛いも。 カッコいいも。 変人も。 」 と写真を見ながらしゃべる。 ロンちゃんから手紙 BGMの曲は? さらにロンちゃんが犬飼君に手紙を読む! 「犬君、明日からここに帰れなくて、会えなくて寂しい。 日本語が難しいのでこの手紙を書きました。 この一週間本当にありがとうございます。 この一週間仮面ライダー犬くんだけでなくやさしい犬君と知り合った。 料理をする犬君、運動する犬君、眠っている犬君、メガネをかけた犬君、そんないる君は本当に魅力的です。 パスタおいしいよ。 箱根のそば、今日のさしみもおいしかったです。 犬君がそばにいるからすべてがもっと楽しくなりました。 そうだ私の中国語の名前を忘れないでね。 コートは家に持って帰るでしょ。 マフラーは冬に使ってね。 犬君はとっても優秀な人なので私はいる君のために心配しなくてもいいです。 この一週間幸せでした。 ありがとう。 リッツァ」 手紙の途中にこの一週間の思い出のシーンが流れる。 その時にBGMで使われていた曲はこちら👇 Lana Del Reyの「The greatest」 哀愁漂うぴったりな曲でした。 犬飼「ありがとう。 嬉しい。 」とずっと手紙を見る犬飼君 ロン「何回みた?」 犬飼「いいじゃん何回も見してよ」 ロン「恥ずかしいよちょっと」 犬飼「ありがとう」とハグする さらに力強くギューッとハグ!!! ロン「うーーー」 犬飼「ごめんねもらってばっかりで」 ロンが近づき見つめる。 ロン「初めて近くで見る。 ほんとにかっこいいな」 犬飼「ありがとう」 ロン「明日からいる君頑張って。 ドラマ見たい。 映画もたくさん見たい」 犬飼「リッツァもがんばって。 今日最後だしくっついて寝よっか」 ロン「えーわかりました」 犬飼「リッツァはたくさん嬉しいをくれる。 ねよっか」 とロンちゃんからピトッとくっついてねる。 犬飼君も腕枕。 リンク 翌朝 別れ 翌朝、犬飼君が先に起きる。 ロンちゃんも起きて、二人でリビングのソファに座る。 犬飼「さみしいな」 ロン「大丈夫ですよ。 たくさんの思い出」 ロン「私昨日、3時半くらいに寝たよ。 」とマフラーを編んでいたといい、プレゼントして犬飼君に巻いてあげる。 最後にそのシーンが出てきて、最終日の夜に起きて一生懸命マフラーを編むロンちゃんが出てきます。 編み終わってベッドに戻り、犬飼君の手を握っていました。 犬飼「嬉しい!ありがとう!うまいな~」 そして再びベッドルームで犬飼君から 犬飼「リッツァにプレゼントがあります。 あけてみて」と渡す。 ロン「なにこれ?」 オリーブオイルとバルサミコソースと手紙。 犬飼君が作っておいしいといてくれたサラダを作れるようにとのこと。 ロン「おいしいサラダ作ります。 ありがとう」 犬飼「それ食べて思い出して」 ロン「食べるときは思い出す」 荷造りも終わり、 犬飼「ここでであったから、最後もここでバイバイしようかなと思って。 」 ロン「うん・・・」 手をにぎるふたり。 と犬飼君からハグ。 顔が近くてキスするかと思うくらいの動きでした。 犬飼「じゃあ、元気で」 ロン「元気よ、大丈夫」 犬飼「バイバイ」 ロン「バイバイ」 と犬飼君が先に部屋を出る。 部屋に残ったロンちゃんは、もらった手紙を読む。 全文は見えませんでしたが、「ありがとう、あなたでよかった」と感謝の手紙。 涙するロンちゃん。 意を決して部屋をでる。 「バイバイ」とドアを閉める。 まとめ 最後は切なくなる回でした。 てっきり告白とかあるのかと思いきや、もうそれぞれの道へ進んでいくという2人の意思が在りつつももう会えないんというさみしさが終始伝わってきました。 仕事上やはり付き合ったりというのはお互いよろしくなさそう。 ファンも増えただろうし、いい終わり方だったのかな。 最初に比べると犬飼君が本当にロンちゃんを好きそうで、最終回の哀愁がすごかった印象です。 新しい恋愛リアリティショーでした。 事情もあってかスタジオは最初だけでしたが、2人のシーンだけで充分楽しめました。 バイクに乗っている写真だけありました。 ちなみにスタジオはノブコブ吉村、ブラマヨ小杉、そして犬飼君!!の3人だそうです。 2020. 21 Love or Delete~今、婚活できない私たち~(ラブデリ) 2020年6月20日配信の4日目の内容です。 2020. 02 アベマTVの人気恋愛リアリティーショー 目次 1. メンバー1. 男性1. 女性2. 1話2. 女子の第一印象2. ペア[…]• 2020. 10 2020年3月10日配信分 俊幸が廊下で夢を待ち伏せていた前回 夢と俊幸のドライブデートに注目! 花と快も両想いな感じになってきました! […]• 2020. 2020.

次の

ダブルベッド最終回「たまへい×わちの結末はハッピーエンド!?」エピソード4 2020年3月26日放送

ダブル ベット ドラマ

最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。 手をつないだことによって、少しだけ気まずい雰囲気のままベッドに入った二人。 わちさんは笑いながらも、たま平さんがめっちゃ勇気を振り絞って手をつないできたことをからかいます。 そして、夜のご飯屋さんでわちさんが怒ったみたいになっちゃったことを、少し心配されていました。 一方、たま平さんはご飯屋さんではスタミナ切れになっていたことや、急に手をつないだことを言われてテンパっちゃったことをわちさんに伝えます。 なんとか和解した二人は、ようやく電気を消して眠りにつこうとするのでした。 しかし、なかなか眠れないわちさんは、たま平さんに「何か話して。 」と問いかけます。 そこでたま平さんは、わちさんにイエスかノーで答えてと言い、質問をします。 その内容は「次のデートでも手をつないでもいいか?」という勇気を振り絞った内容でした。 それに対してわちさんは「いいよ。 」と返事をするのでした。 次の日の朝、仕事の早いわちさんと一緒にたま平さんが起きます。 そして、わちさんのために大阪土産のショコラバームクーヘンとコーヒーを用意してくれました。 朝食を食べ終えると、わちさんは先に仕事に出掛けます。 残されたたま平さんは、カフェで地元の先輩にわちさんのことを相談します。 そこでは、思ったことをそのまま行動にうつしたほうがたま平さんらしいというアドバイスや、彼女の目を見つめるというアドバイスをもらっていました。 その後、先に帰ってきたわちさんは、福岡らしい夕食を作ってたま平さんの帰りを待ちます。 そして、わちさんが花を買ってきていたのですが、たま平さんも花を買って帰ってきてくれていました。 その後、二人ははわちさんのおばあちゃんの実家が作っている日本酒で乾杯をしながら夕食を食べます。 そして、夕食後はリビングで福岡の苺であるあまおうを食べていました。 苺を食べ終えると、二人のトークショーが始まります。 その中で、たま平さんは二人でバングルを作って交換しようと提案するのでした。 そして入浴後、二人はベッドの中でまたトークを始めます。 バングルの話をしながら、二人はお互いの手首を触り合っていました。 そして、明日のデートで手をつなぐ練習をしようとベッドの中で手をつなぎながら寝つきます。 さらに、寝静まった夜中になると、たま平さんはぎこちなくわちさんを抱き締めながら寝るのでした。 翌朝、二人は朝食を一緒に準備します。 そしてご飯を食べながら、ここに泊まるのが今日でラストだと話します。 もう終わりという感じがしないなぁと互いに話しながら、二人で最後のデートに出掛けるのでした。 最後のデートは、たま平さんの地元の近くでバングル作りをすることでした。 出来上がったバングルを、お互いにはめあいプレゼントをしあいます。 帰り道、家に戻ったら一緒にバングルで写真を撮ろうと約束していました。 そして、たま平さんは仕事にそのまま向かうため、二人はハイタッチをして仲良く別れるのでした。 林家たま平とわちみなみの同棲生活第4話、まもなく、OA🛌! 副音声でもぜひ、ご覧ください。 一方、吉村さんは寝る前にわちさんがたま平さんに言っていた「なんか喋って」が一番嫌だ!と嫌悪感を表していました。 しかし、そこには小杉さんと犬飼さんが反発します。 その後、たま平さんとわちさんの二人が、まるで「101回目のプロポーズ」みたいだとも話されていました。 また、わちさんはたま平さんが何を考えているのか分からないと思っているんじゃないか?と小杉さんが考察し出します。 そこで小杉さんは、たま平さんのことを「なぞ平」とニヤケながら呼んでいました。 するとすかさず犬飼さんが、「そっか。 今日ヘイヘイチャンスまだ…」と自分も応戦しようと頑張っていました。 2回目のスタジオトークでは、寝ながらわちさんを抱き締めるたま平さんに「抱き慣れていない!」とみんなが爆笑していました。 そして、一気に後半で加速したなぁと話されていました。 これからは6日目に突入するので、前回のように別々の部屋で寝るというラストにはならないで欲しいという願望も話されていました。 深夜のベッドで、たま平さんがわちさんを思わず抱き締めたのには、私もビックリしました。 また、二人が仲むつまじくバングルを作っていたのも好印象でした。 何より、二人が楽しそうにデートをしているのが嬉しいです。 次週がおそらく最後なので、今後の展開がどうなるのかは分かりませんが、前回のような最悪の終わり方にはならないと思います。 また、個人的にはスタジオトークが面白くて大好きです。 小杉さんが言う「~平」が毎回面白くてツボにハマります。 次回はどんな「~平」が出てくるのか、今から楽しみです。

次の