ノイズ キャンセル イヤホン。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング【2020年】|有線・無線・安い!人気イヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング【2020年】|有線・無線・安い!人気イヤホン

ノイズ キャンセル イヤホン

ノイズキャンセリングとは ノイズキャンセリングとは、周囲の騒音をカットして、必要な音だけを耳に届ける技術のことです。 鉄道や飛行機、雑踏の雑音を低減できるので、結果として音量を大きくせずに音楽を楽しむことができます。 ノイズキャンセリングイヤホンは、耳の保護に気を使っている方にも最適です。 ノイズキャンセリングイヤホンの特徴とおすすめポイント 周囲の騒音を劇的に低減 ノイズキャンセリングイヤホンは、鉄道や航空機の移動時に最大の威力を発揮します。 ノイズキャンセリングをオンにした時の静寂は、通常のイヤホンでは味わえない世界です。 普段聞こえなかった音が発見できるかもしれません。 耳の保護に役立つ ノイズキャンセリングイヤホンは、周囲の騒音を大幅にカットするため、ボリュームを上げなくても音のディティールが聴き取れるようになります。 結果として、長時間聴いていても耳を痛めることなく、音楽を長く快適に楽しめるようになります。 アナウンスなどを聞き逃さないための機能を搭載しているモデルも! 最新のハイエンドモデルでは、ただ単に騒音をカットするだけでなく、騒音をカットするレベルを調節できたり、突発的なアナウンスなどを取り込んだりする機能が備わっています。 空港や駅で、重要なアナウンスを聞き逃したくないときでも、問題なくノイズキャンセル機能をオンにして使用できるのは大きなメリットですね。 ノイズキャンセリングイヤホンの選び方のポイント ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶ 飛行機の移動など、騒音が大きい状況が使うことが多いのであれば、ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶと快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリング能力の高いイヤホンを製造しているメーカーと言えば、やはりBOSEとソニーが2トップです。 電池持続時間の長さで選ぶ ノイズキャンセリング機能を動かすには、現状電池からの電力供給が必要なので、ノイズキャンセリング機能をオンにした状態での連続再生時間には限りがあります。 短時間の移動や外出でしか使わないのであれば、長時間再生にこだわらない方が安くノイズキャンセリングイヤホンを手に入れられます。 逆に長距離移動が多い方は、連続再生時間が長いモデルを選んだ方が良いでしょう。 ワイヤレスか有線、それぞれのメリット・デメリット ノイズキャンセリングイヤホンには、大きく分けてBluetoothで接続するワイヤレスタイプと、有線で接続する有線タイプの2つがあります。 ワイヤレスタイプの魅力は、コードがないことによる身軽な装着感です。 有線タイプは、音質面や連続再生時間でワイヤレスタイプより有利なので、好みに合わせて選びましょう。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー1「SONY」 業界最高クラスのノイズキャンセリング能力、と常に言われ続けているトップメーカーの一角がソニー。 ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホンや、一切のケーブルを取り払ったトゥルーワイヤレスタイプ、ワイヤレスにも関わらずハイレゾ相当の高音質を実現したモデルなど、他社の追随を許さない高い技術力で知られています。 リーズナブルな入門機からハイエンドモデルまで、幅広いラインナップを揃えているのも特徴です。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー2「BOSE」 ソニーと並んで「業界最高クラスのノイズキャンセリング能力を持つ」とされているメーカーがBOSE(ボーズ)です。 ソニーに比べると製品数が少なくシンプルなラインナップですが、その高い技術力とスマートなデザイン、臨場感あふれるサウンドで他社を圧倒する完成度を誇ります。 ノイズキャンセリングレベルを細かく調整できる機能など、日常生活での使い勝手は抜群です。 他社製品に比べて高価ですが、満足度が高いノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方にはおすすめです。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選を紹介します。 ソニー WF-1000XM3• ソニー WF-1000XM3の仕様・製品情報 価格 24,981円 2020年11月20日時点 質量 約8. 5g 付属品 USB Type-C ケーブル 約20cm 、保証書、取扱説明書 連続再生時間 約6時間 ソニー WF-1000XM3のおすすめポイント3つ• ケーブルが一切ないトゥルーワイヤレスイヤホン• 定評ある高いノイズキャンセリング能力• 周囲の音も取り込めるアンビエントサウンドモード搭載 ソニー WF-1000XM3のレビューと評価 ソニーが誇るフラッグシップ・完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-1000XM3は、完全ワイヤレスでありながら高いノイズキャンセリング機能を備えたイヤホンです。 軽快な装着感と強力なノイズキャンセリング能力、高品位なサウンドは、ノイズキャンセリングイヤホン業界を引っ張るソニーの技術力の賜物。 以前のモデルに比べ、さらにノイズキャンセリング能力や連続再生時間が向上しています。 BOSE QuietControl 30 wireless headphones• BOSE QuietControl 30 wireless headphonesの仕様・製品情報 価格 29,700円 2020年11月20日時点 質量 65g 付属品 キャリングケース、3種類のサイズのイヤーチップ: S、M、L、充電用USBケーブル 連続再生時間 約10時間 BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのおすすめポイント3つ• 圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇るBluetoothイヤホン• 邪魔になりにくいネックバンド型• 高品位なデザインと着け心地、臨場感あふれるサウンド BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのレビューと評価 BOSEの技術力の高さを体験できる、BOSEの代表的ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietControl 30 wireless headphonesは、圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇る、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンの代表的なモデルです。 ネックバンド型のボディは身につけていても邪魔になりにくく、長時間の使用でも苦になりません。 電車やバス、飛行機の移動が多い方や、特に静かな環境での仕事や作業が好きな方には、特におすすめのモデルです。 ソニー WI-SP600N• ソニー WI-SP600Nの仕様・製品情報 価格 15,752円 2020年11月20日時点 質量 21g 付属品 マイクロUSBケーブル 約50cm 、ハイブリッドイヤーピースSSSML 各2 、アークサポーターML 各2 連続再生時間 最大6時間 ソニー WI-SP600Nのおすすめポイント3つ• IPX4相当の防滴設計で突然の雨にも安心• ソニーならではの迫力の重低音• 6時間の連続再生時間 ソニー WI-SP600Nのレビューと評価 スポーツでの使用に最適なワイヤレスイヤホン ソニー WI-SP600Nは、IPX4相当の防滴性能を備えたスポーツタイプのワイヤレス・ノイズキャンセリングイヤホンです。 1回の充電で6時間の連続再生が可能。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクのカラーバリエーションも魅力です。 ソニー WF-SP700N• ソニー WF-SP700Nの仕様・製品情報 価格 17,420円 2020年11月20日時点 質量 7. 完全ワイヤレスのスポーツタイプイヤホン• IPX4相当の防滴仕様• NFC機能搭載でスマートホンと簡単接続 ソニー WF-SP700Nのレビューと評価 ソニーが放つ、完全ワイヤレスかつスポーツタイプのノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-SP700Nは、完全ワイヤレスでノイズキャンリング、かつIPX4相当の防滴性能も備えたスポーツタイプイヤホンです。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクの4色がラインナップ。 通勤などの普段使いにも最適です。 ソニー MDR-EX31BN• ソニー MDR-EX31BNの仕様・製品情報 価格 8,728円 2020年11月20日時点 質量 34g 付属品 ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル 連続再生時間 約9時間 ソニー MDR-EX31BNのおすすめポイント3つ• 9時間の連続再生時間• 周囲の騒音を約98パーセントカット• NFC機能搭載で簡単にペアリング ソニー MDR-EX31BNのレビューと評価 リーズナブルなソニー製Bluetoothイヤホン ソニー MDR-EX31BNソニー MDR-EX31BNは、実売価格1万円以下のリーズナブルなBluetoothイヤホンです。 連続再生時間は9時間と比較的長め。 ノイズキャンセリング機能も、周囲の騒音を約98パーセント低減するなど優秀です。 リーズナブルで高性能な定番モデルです。 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones• BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesの仕様・製品情報 価格 26,858円 2020年11月20日時点 質量 44g コード長さ 1. BOSEが誇る有線タイプの高性能ノイズキャンセリングイヤホン• 16時間の連続再生時間• イヤーチップは、耳に馴染むBOSE独自の形状 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesのレビューと評価 強力なノイズキャンセリング機能を搭載した、有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesは、高いノイズキャンセリング性能に定評あるBOSEの有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホンです。 16時間もの連続再生時間もポイント。 高性能な有線タイプをお探しの方に特におすすめです。 AKG N200NC Wireless• オーディオの名門AKGが放つ最新モデル• 高いノイズキャンセリング性能と高品位なサウンド• 約12時間の連続再生時間 AKG N200NC Wirelessのレビューと評価 オーディオの名門AKGが放つ、渾身のニューモデル AKG N200NC Wirelessは、名門AKGが満を持して放つ最新のBluetooth対応ノイズキャンセリングイヤホンです。 AKGならではの高品位で上質なサウンドと、快適で使いやすく美しいデザインを両立。 連続再生時間は約12時間と、最新モデルらしい充実のスペックとなっています。 ヤコブ・ワグナーによる美しいデザイン• 20時間の連続再生時間• 連続再生時間は20時間と、長距離の移動にも余裕を持って対応します。 ハウジングはステンレス製で、軽量かつ高い耐久性を兼ね備えています。 ソニー WI-1000X• ソニー WI-1000Xの仕様・製品情報 価格 24,802円 2020年11月20日時点 質量 71g 付属品 マイクロUSBケーブル(約50cm)、専用ヘッドホンケーブル(約1m)、キャリングポーチ、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、航空機用プラグアダプター 連続再生時間 約10時間 ソニー WI-1000Xのおすすめポイント3つ• ハイレゾ対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン• 10時間の連続再生時間• 周囲の音を取り込むアンビエントサウンドモードも搭載 ソニー WI-1000Xのレビューと評価 ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現した、ソニーのネックバンド型イヤホン ソニー WI-1000Xは、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる、ネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。 10時間もの連続再生時間と高い騒音低減性能は、飛行機での移動が多い方には最適。 クールなブラックと上品なシャンパンゴールドの2色展開です。 audio-technica ATH-ANC400BT• 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した2020年最新モデル• 約20時間もの長時間再生を実現• IPX2相当の防滴構造やマグネットクリップなど、日常での使いやすさにも配慮 audio-technica ATH-ANC400BTのレビューと評価 オーディオテクニカの新世代ノイズキャンセリングイヤホン audio-technica ATH-ANC400BTは、それまでのオーディオテクニカのイメージを覆すほどの高性能ノイズキャンセリングイヤホンです。 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現し、さらに連続再生時間は約20時間と、こちらもワイヤレスモデルでは最高クラスの性能を誇ります。 美しくスタイリッシュなデザインを実現しつつ、日常での使い勝手も十分に考慮された最新モデルです。 まとめ ここまで、ノイズキャンセルイヤホンのおすすめモデルを10機種、ご紹介してきました。 どのモデルも独自のサウンド、フィット感を持っているので、購入される際はぜひ一度試聴されることをおすすめします。 あなたにとって、最高のノイズキャンセリングイヤホンが見つかりますように!.

次の

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング【2020年】|有線・無線・安い!人気イヤホン

ノイズ キャンセル イヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|有線 有線のノイズキャンセリングイヤホンのランキングを見ていきましょう。 【1位】ソニー:IER-NW500NBMJ ソニーのハイレゾ対応ノイズキャンセリングイヤホンです。 常に周囲の騒音を分析しており、 その場に適したノイズキャンセリングを自動で行う「フルオートAIノイズキャンセリング機能」を搭載しています。 ハイレゾ音源に対応している「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」も搭載しているので、 環境を選ばずどこでもハイレゾの高音質を楽しめます。 小型ドライバーユニットを採用して耳の奥に重心が来るよう設計されており、フロントハウジングの形状も変更しているため、耳から落ちにくく快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|無線 無線のノイズキャンセリングイヤホンのランキングについても見ていきましょう。 【第1位】BOSE:Quiet Control 30 wireless headphones 音響機器メーカー大手のBOSEによるノイズキャンセリングイヤホンです。 ヘッドホン内外に緻密に設計されたマイクにより、ノイズを測定、比較し、同じ波形で逆位相の信号を生成してノイズをキャンセルしています。 耳に優しくフィットするStayHear+ QCチップがノイズキャンセリングの役割を果たしてくれます。 専用のアプリを使えば必要に応じて ノイズキャンセリングのレベルもコントロール可能です。 パッシブノイズキャンセリング:イヤホンの形状で遮音する• アクティブノイズキャンセリング:騒音を打ち消す 基本的には価格と比例して性能も上がり、 アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能となります。 メーカーで選ぶ アクティブノイズキャンセリングイヤホンは高度な技術を必要とするため、開発しているメーカーは限られています。 その中でも主流と呼ばれているのが「ソニー」と「BOSE」です。 ソニーの特徴は アイテムの小型化と高度なデジタル技術です。 AIにより、自動でその場に合わせたノイズキャンセリングを選ぶAIノイズキャンセリングが注目されています。 騒音は遮音するのにアナウンスは聞こえるという独自の技術を開発しています。 またハイレゾ技術を組み合わせることで、どこでもハイレゾ音楽を心ゆくまで楽しめるのも特徴です。 対して BOSEは 高い遮音技術を持っており、かなりの騒音も遮音する代わりに人の声まで聞こえなくなってしまいます。 遮音レベルを手動で選べるので、環境に合わせたレベルに自分で調整しましょう。 いずれも値ははりますが、高品質な商品を求めているならおすすめです。 接続方法で選ぶ 現在のイヤホンは大きく無線と有線で分かれており、ノイズキャンセリングイヤホンもその例外ではありません。 Bluetooth対応の無線イヤホンは コードの煩わしさがない反面、 価格が高騰しがちなことと、 重量が増加しがちなことがデメリットです。 また、 充電が必要なため、使用中にバッテリーがきれて使えなくなることもあります。 Bluetoothの場合は元の音源データを圧縮して伝送するため、音質が劣化します。 信号機の近くなど、電波が飛び交う場所では音がとぶこともあるので気をつけましょう。 有線のイヤホンは コードの煩わしさはあるものの、 充電を気にしなくていいこと、 音質がよいというメリットが挙げられます。 ただし、最近のスマホは3. 5mmジャックがない機種も多いため、自分のスマホに接続できるか確認し、必要であれば変換器を用意しましょう。 接続時間で選ぶ ノイズキャンセリング機能は電力を使うため、充電式のイヤホンがほとんどです。 有線のイヤホンであってもノイズキャンセリングを使うには充電が必要で、無線イヤホンの場合にはノイズキャンセリング機能を使うことで使用時間も短くなります。 有線であればバッテリー切れを起こしても普通のイヤホンとして利用できますが、 無線の場合は充電が切れると普通のイヤホンとしても使えないため注意しましょう。 ちなみにアップル社のLightning端子を使うイヤホンはイヤホン自体にバッテリーを搭載していませんが、スマホのバッテリーを消費しますので覚えておきましょう。 装着感で選ぶ どんなに遮音機能が高くてもイヤホンのつけ心地がよくなくては、快適に音楽を楽しめないでしょう。 自分の耳にあったイヤーピースやイヤーフックなのかも確認しないといけません。 イヤーピースには大きさや形、素材などさまざまな種類があります。 大きさもS,M、Lが主流ですが、メーカーによってはSSやLLを取り扱っている場合もあります。 素材はシリコンが主流ですが、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると元の大きさにもどって耳穴にしっかり密着します。

次の

【2020年版】ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめランキング20選。人気製品を比較

ノイズ キャンセル イヤホン

By: ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。 基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。 通常のイヤホンに比べて技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。 現在ではボーズとソニーの2社が主流です。 ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップしています。 人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズがおすすめですが、価格は高めです。 ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。 イヤホンとしての音質や機能面に優れているのが特徴です。 航空機をはじめとする、乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも優れた騒音低減能力の製品をおすすめします。 接続方法で選ぶ By: 従来のイヤホンは3. 5mm径端子による有線接続が一般的でしたが、最近ではBluetooth規格によるワイヤレス接続が急速に普及しています。 ノイズキャンセリングイヤホンにおいてもBluetooth対応機が増加。 コードの煩わしさがないメリットがある反面、コストの増加による価格の高騰と、回路の増加による重量の増加といったデメリットがあります。 また、バッテリー持続時間も短めです。 さらに、Bluetoothは元の音源データを圧縮して伝送するので、音質が多少劣化します。 そのため、音質優先なら有線接続がおすすめ。 ただし、3. 5mmジャックによる有線接続ができないスマホも増えており、Bluetooth対応機を購入した方が楽な場合もあるので、目的や用途に応じて選びましょう。 音質で選ぶ By: 音質を重視するなら、音質チューニングが巧みな企業が多い、実績のある大手オーディオメーカーから選びましょう。 なかでも、ほかと比較して高音質志向のモデルを擁するソニーと、ノイズキャンセリングイヤホンの開発元としてノウハウを蓄積したボーズがおすすめです。 高音質を見分けるポイントとしては、「ハイレゾ対応」の有無、BA型・ハイブリッド型ドライバーの採用が挙げられます。 Bluetooth対応機であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかがポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。 バッテリーの持続時間で選ぶ By: ノイズキャンセリング機能は電力を必要とするため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。 有線接続機は10時間以上持続するモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。 ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。 Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するので、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。 また、高価な製品ほどバッテリーの持ちがよい傾向にあるので、短時間の移動や日常的な外出メインで使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。 なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでいませんが、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。 装着感で選ぶ By: ノイズキャンセリングの性能が高くても、装着感が悪いと快適に音を楽しめません。 イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。 イヤーピースは大きさ・形・素材ごとにさまざまな種類があります。 大きさはS・M・Lが主流で、メーカーによりSSやLLも取り扱っているのがポイント。 小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすい傾向にあります。 形は、きのこの傘のような「シングルフランジ」型を取り扱うメーカーが多いため、耳にフィットするモノを見つけやすくおすすめ。 素材はシリコンが一般的で、耳にフィットしやすい柔らかい付け心地です。 また、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると、徐々に元の大きさに戻りしっかりと密着します。 一方、イヤーフックはイヤホンの落下を防ぐパーツです。 現在の主流は爪型のモノで、耳の中に入れてしっかり固定できます。 また、以前主流だった耳かけ型も装着がラクなのでおすすめです。 残留ノイズにも気を付けよう By: 音質以前の問題として挙げられる、残留ノイズ。 ノイズキャンセリング機全般に見られるもので、音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、イヤホンからノイズが聞こえてくる現象です。 大抵は音楽を流すと聞こえないレベルの音ですが、耳栓代わりとしては使いにくい一面があります。 ある程度の価格帯を超えれば残留ノイズが気になりにくいモデルもあるため、ノイズキャンセリングイヤホンを耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上の機種がおすすめです。 ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー ボーズ Bose iPhoneをはじめとするiOSデバイスの発売元であるAppleによる、初のノイズキャンセリングイヤホン。 アップル自社開発による「H1チップ」の搭載による高性能と、iOSデバイスとの親和性の高さが大きな特徴です。 iOSデバイスと簡単にペアリング設定ができ、iPhoneとiPadなど、複数のiOSデバイス間での切り替えもスムーズ。 また、iOSデバイスとの接続時には音声の遅延を大幅に抑制できるので、動画観賞やゲーム時の使用も可能です。 イヤホン内外に搭載された集音マイクと高性能回路の組み合わせによる、強力な騒音低減性能も魅力。 音楽を聴きながらでも周囲の音が聴ける「外部音取り込みモード」も備えているので、屋外でも安全に使用できます。 イヤホンのみで最大5時間、付属の充電ケースの使用で最大24時間再生できるスタミナもおすすめのポイントです。 高性能チップ「QN1e」の搭載により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を謳う完全ワイヤレスイヤホンです。 乗り物の走行音から街頭や建物内の喧騒まで、幅広い帯域のノイズを大幅に低減可能。 リスニングに集中したい方におすすめです。 また、一時的に音楽の音量を下げる「クイックアテンションモード」や、外音取り込み機能も搭載。 快適なリスニングと安全性を両立しています。 さらに、エルゴノミックデザインのハウジングや、摩擦を高めるラバーも搭載しており、外れにくい構造になっているのもポイントです。 ハイレゾ非対応の曲でも、ハイレゾ相当にアップスケーリングできる「DSEE HX」機能も魅力。 本体のみで6時間の連続再生が可能とスタミナも十分。 付属の充電ケースで3回充電でき、最大24時間連続再生できます。 10分の充電で90分再生できる急速充電にも対応しており、急いでいるときにすぐに使用できるのも便利です。 老舗スピーカーブランド、JBLによるBluetooth接続対応ノイズキャンセリングイヤホン。 独自技術「NXTGen Active Noise Cancelling Technology」により、接続しているスマホ・タブレットなどからアプリ使用でノイズ低減のレベルの調節が可能なのが特徴です。 スタビライザー付きでフィット性、密閉度の高いイヤホンも相まって、高い騒音低減効果を発揮します。 また、高性能エコーキャンセリング技術による通話音質へのこだわりもポイント。 屋外の騒々しい場所での通話が多い方にも最適です。 カナル型としては大型の13. 5mm径ダイナミック型ユニットを採用し、迫力ある重低音を楽しめます。 パワフルなサウンドが好みの方にもおすすめ。 人間工学に基づいて設計されたイヤーフックによる安定した装着性も魅力です。 左右独立型スポーツモデルとして世界で初めて、デジタルノイズキャンセリング機能を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホン。 マイク部分には水滴から保護するメッシュ素材を使用し、通気部の大きさと形状も最適化。 あらゆる方向からの水の飛沫に耐えられるIPX4準拠の防滴性能を実現しています。 ノイズキャンセリング時に周囲の音を取り込める機能は、周囲の音を自然に取り込む「ノーマルモード」と、人の声を聴き取りやすくする「ボイスモード」を切り替え可能。 屋外での使用状況に合わせて選べます。 動いてもずれにくいサポーター付き設計もポイント。 さらに、好みの音質で音楽鑑賞を楽しめる、サウンドのカスタマイズ機能も搭載しています。 アクティブなシーンに活躍できるおすすめのモデルです。 ノイズキャンセリング機能のみオンにし、耳栓として最長11時間の使用も可能なBluetooth対応イヤホン。 ワイヤレスでの音楽再生時には5時間の駆動が可能です。 雨や水しぶきを気にせず使える生活防水に対応しているので、屋外でも安心して使えます。 また、ケーブル部はからみにくいフラットケーブルを使用しているほか、ハウジングにマグネットを内蔵し、ネックレスのように首に掛けられるので使い勝手も良好です。 高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーにより、サウンドもクリア。 音声アシスタントの起動やハンズフリー通話にも対応した、マイク付きリモコンも便利です。 なお、対応コーデックはSBCのみなので、購入前に確認しておきましょう。 ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。 カナル型とは異なり、耳の穴を完全に塞がないので長時間の使用でも疲れを感じにくいのが魅力。 また、開放型構造による、音抜けのよいサウンドもポイントです。 Android用アプリ「HUAWEI AI Life」を使用すれば、ノイズキャンセリングのレベル調節も可能。 クリアな通話が可能な「骨伝導ノイズキャンセリング」機能もポイントです。 さらに、風ノイズを低減して風切り音を抑えるので、屋外での通話にも適しています。 充電ケースはUSB Type-Cポートを介した有線充電と、ワイヤレス充電のいずれにも対応。 30分の急速充電で約70%まで充電可能なので、時間がないときに便利です。 ノイズキャンセリングイヤホンのロングセラーモデルです。 イヤホン内外のマイクで外部騒音を検知し分析。 騒音を相殺する音波の生成プロセスによって効果的に騒音を低減します。 周囲が騒々しい場所でも、自分だけの静かな空間が簡単に手に入ります。 周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので、急な呼びかけにも対応可能。 豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質も魅力です。 接続は3. 5mm径端子専用で、スマホでのハンズフリー通話と各種操作が可能なマイク付きリモコンも付属。 なお、iOSデバイス用とAndroid用は別モデルなので、自分の所有する機器に合ったモデルを選びましょう。 付属ケーブルの切り替えにより、LightningやUSB Type-C端子に接続して使える有線ノイズキャンセリングイヤホンです。 iPhone・iPadなどのiOSデバイスに加えて、USB-Cポートを搭載したMac BookやPC・スマホなどに幅広く使用できます。 接続機器から電源を取るので充電不要で使えるのが魅力です。 また、Lightning変換ケーブルには充電ポートを搭載しているので、iPhoneで充電しながら本機で通話や音楽を楽しめます。 さらに、iOS・macOS専用アプリ「RAYZ App」も用意。 ユーザーの耳と周囲をスキャンし、個々の環境に対応した騒音低減を実現するキャリブレーション機能をはじめ、豊富な機能を好みにカスタマイズして使えるのもポイントです。 世界的なゲーミングデバイスメーカーによる、USB Type-C接続専用ノイズキャンセリングイヤホン。 屋外の騒々しい場所や、乗り物の中でもゲームや音楽に集中できます。 ゲームプレイにマッチする厚みのある重低音と、立体感に優れた音響再現性も特徴です。 弾力性のあるフォームタイプの「Comply」イヤーチップにより、遮音性と装着感の双方に優れています。 ケーブル中に搭載されたリモコンは多くの機能のコントロールが可能。 また、通話やチャットを、クリアな音声で楽しめる高性能マイクも魅力です。 フラット形状のケーブルは耐久性が高く、断線にしくいので、ラフな使用にも適しています。 リーズナブルなUSB Type-C接続専用ノイズキャンセリングイヤホン。 主要なUSB Type-Cポートスマホ・タブレット・PCでの接続が検証されており、幅広い機器との互換性の高さが特徴です。 Nintendo switchとも接続できます。 環境ノイズや風切り音をブロックし、高音質に通話できるマイクもポイントです。 価格が安いので、汎用性の高いUSB Type-C接続イヤホンとしてもおすすめです。

次の