ゴッドフェニックス。 【ゴッドフェニックス・ギア・フリード】

科学忍者隊ガッチャマン

ゴッドフェニックス

略号は「SR09」。 のリニューアル。 新規として・・・・・・・を収録。 この内、・は特典という形で付属している。 の「中心の」のコンセプトに加え、今回は新規・再録共におよびとのを重視した収録内容となっている。 また、・のが多数収録されており、新規にはそれらをサポートするものも多い。 キャッチコピーは「、立ち上がる戦士たち!が今!覚醒する!! 既存のではの関連が収録されている。 の再録は・・・・・・・・・・・・・・・の16種類。 発売時のはの1枚。 同日にはのも発売された。 このは海外では販売されず、新規はに収録される形で販売されている。 が化されないのは以来であり、では初である。

次の

メタル・アクション! No.9 ゴッドフェニックス

ゴッドフェニックス

このカードを手札から特殊召喚する。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、 攻撃力500アップの装備カード扱いとして このカードに装備する(1体のみ装備可能)。 その発動を無効にし破壊する。 フェニックス・ギア・フリードの進化版とも言える炎属性戦士族のレベル9です。 こちらに向けて剣先を向けたアングルが凛々しいですね。 ゴッドフェニックスというのはラーの翼神竜の効果の1つとなる名称であり 原作において城之内はそのゴッドフェニックスを食らった直後、 鉄の騎士 ギア・フリードを召喚しています。 それを考えるとこのカードは ラーの翼神竜の力を宿したギア・フリードなのかもしれません。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、 攻撃力500アップの装備カード扱いとして このカードに装備する(1体のみ装備可能)。 攻撃をする必要こそありますが対象に取らずに装備するという 対象耐性も破壊耐性も突破できる強力な除去手段として機能します。 素の攻撃力が3000あり、このカードで装備すれば3500打点に到達するので 単純にアタッカーとしても強力です。 その発動を無効にし破壊する。 昨今は除去をモンスター効果に依存しているデッキも多く 特にそういったデッキに対しては強力な妨害性能を発揮してくれるでしょう。 出しやすいうえに強い! 総じて打点、除去性能、妨害性能、そして出しやすさが高水準でまとまっている 非常に強力なカードです。 ある程度装備魔法を採用しているデッキであれば大いに活躍できるでしょう。 前述の通り 聖騎士の追想 イゾルデと相性がいいので 特にイゾルデを採用した戦士族メインのデッキでの活躍が期待できます。 装備魔法を多用する【聖騎士】に採用するのもいいでしょう。 実にギア・フリードらしい装備魔法に強く関係した効果を持っていますが その一方でフェニックス・ギアフリードにあったデュアルに関係する効果を持っておらず またこのカード自身もデュアルモンスターではありません。 元々のストラクチャーデッキ-ウォリアーズ・ストライク-が デュアルを強く意識したカードですし 今後デュアル関連のカードも出てくるかもしれませんね。

次の

【デッキレシピ】竹光イグナイトフェニックス【炎属性戦士族】

ゴッドフェニックス

3つの効果を持っており、このカード名の効果はそれぞれ 1ターンに 1度しか発動できません。 1つ目は 自分のフィールド・墓地から装備魔法カード 1枚を除外することで自身を手札から特殊召喚できる効果。 2つ目は 自身が攻撃するダメージステップ開始時にフィールドの表側表示モンスター 1体を選び攻撃力 500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する( 1体のみ装備可能)効果。 3つ目はモンスターの効果が発動した時に 自分フィールドの装備カード 1枚を墓地へ送って発動でき、その発動を無効にして破壊する効果です。 レベルが高いですが戦士族なので恩恵を受けられるサポートカードは一定数以上あります。 1の効果は装備魔法カード 1枚を除外することで自己特殊召喚ができる効果です。 損失のことを考えると極力墓地の装備魔法カードを除外したい所です。 装備魔法カードが 1枚あればそれでいいため、非常に緩い条件で自己特殊召喚ができます。 基本的にこの効果を使ってフィールドに出すことになりますが、特殊召喚モンスターではないので墓地肥やしからの蘇生なども問題なく出来ます。 2の効果はフィールドのモンスター 1体を装備カート扱いとして自身に装備する効果です。 タイミングはダメージステップ開始時とやや限定されていますが、それ故に防がれにくいダメージステップ時に発動できる対象を取らず破壊を介さない除去効果ですので除去性能は非常に高いです。 装備することによってこのカードの攻撃力は 3500となるので相手の切り札級のモンスターを火力で超すことも狙えます。 攻撃できなければ当然この効果は使えないので、相手の 「威嚇する咆哮」や自分の 「ソウル・チャージ」には気を付けましょう。 3の効果は装備カード 1枚を墓地へ送ることで効果モンスターの発動を無効にし破壊できる効果です。 自分のターン中に 2の効果で装備したカードをコストに使うことも出来るのでよく噛み合っています。 もちろん他の装備魔法カードをコストに出来るので 「黒いペンダント」等と併せるのも良いでしょう。 この効果を使える状況で相手が不用意にモンスター効果を使ってくることはまず無いですが、モンスター効果がメインの最近の遊戯王では牽制として充分に機能します。 カウンター罠カード等をセットして二段構えにするというのも良いでしょう。 スポンサーリンク 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」と相性の良いカードは? 「妖精伝姫-シンデレラ」 1ターンに 1度手札から魔法カードを捨てて発動でき、自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード 1枚を選んで自身に装備する効果を持っています。 この効果で装備した装備魔法カードはエンドフェイズに手札に戻ります。 手札の魔法カードというコストはやや重いものの、除外以外から装備魔法カードを自信に装備できる点はかなり優秀です。 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の自己特殊召喚効果を使うために必要な装備魔法をデッキからもフィールドに出せるため相性が良いです。 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の自己特殊召喚をするなら装備魔法は墓地で良いので、このカードに 「ワンダー・ワンド」を装備しその効果により 2枚ドローで手札の補充を図るのも良いでしょう。 「聖騎士の追想 イゾルデ」 戦士族モンスター 2体で出せるリンク 2モンスターであり、リンク召喚時に戦士族モンスターをサーチする効果とデッキの装備魔法カードを墓地へ送ることで対応したレベルの戦士族モンスターをリクルートする効果を持ちます。 リンク素材とこのカード自身が戦士族であるため、 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」を含めた戦士族デッキである ストラクチャーデッキ R-ウォリアーズ・ストライク-とは種族シナジーがあります。 1の効果で 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」をサーチすることも可能であり、制約の都合でそのターン中に 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」を使うことは出来ませんが容易にサーチできるため使いやすく次のターンへの布石となります。 2の効果では 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の自己特殊召喚効果に必要な装備魔法を墓地肥やししつつ戦士族モンスターをリクルートが出来ます。 1の効果で 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」をサーチした場合、相手ターンの間このカードを棒立ちさせるのは危険なので 2の効果でリクルートした戦士族と一緒にリンク 3モンスターの素材にすると良いでしょう。 比較的高い攻撃力と戦闘耐性を持つ 「天威の龍拳聖」がおすすめで、リクルートしたのが戦士族通常モンスターであれば除去効果も狙えます。 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の採用枚数と評価は? 1の効果により装備魔法カードさえあれば自己特殊召喚が容易ですので、装備魔法カードを複数枚採用しつつ前述したような装備魔法カードを引き込む手段を確保しているなら 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」を 2枚以上採用するのは素引きしやすくするという点でも有りです。 その際 「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の効果は 3つともカード名ターン 1制限がある点には気を付けましょう。 容易な自己特殊召喚、性能の高い除去効果&自己強化、モンスター効果へのカウンターと至れり尽くせりとも言える噛み合った優秀な効果を持っています。 前述もしたように 装備魔法カードとの兼ね合いを考えなくてはならないものの単体としての性能が非常に高いカード、というのが総合的な評価です。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の