コロナ 横浜。 新型コロナ:横浜市民病院が5月移転 旧施設はコロナ軽症者受け入れ :日本経済新聞

横浜市区別コロナデータ

コロナ 横浜

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルスの感染拡大防止が求められるなか、お客さまの安全面を考慮し、以下のとおり、一部店舗の営業日・営業時間の変更をいたします。 本支店の窓口および貸金庫 本支店の窓口および貸金庫の営業時間の短縮・休業を実施する場合がごさいます。 ATMコーナーの営業時間の変更はございません。 詳細については各店舗ページをご確認ください。 貸金庫の営業時間短縮• はまぎん土日BANK 新型コロナウイルスの感染拡大防止が求められるなか、お客さまの安全面を考慮し、各種セミナーについては、パソコン・スマートフォンより無料でご参加いただける「WEBセミナー」を開催しております。 はまぎん土日BANKにおける「資産運用相談・保険・信託の個別相談」は、以下の3店舗は、当面の間は土曜日のみの営業とし、来店の事前予約をされたお客さまのみのご案内とさせていただきます。 詳細については各店舗ページをご確認ください。 横浜プレミアムラウンジは、土日営業を休止いたします。 詳細については店舗ページをご確認ください。 商業施設内のATMコーナー(無人出張所) 商業施設等の営業日時の変更により、当行ATMコーナー(無人出張所)をご利用いただけない場合がございます。 なお、横浜銀行本支店のATMコーナーは、当行が公表する営業時間どおりにご利用いただけます。 お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申しあげます。 2020年5月18日 新型コロナウイルスの感染拡大の状況をふまえ、お客さまおよび職員の安全面を考慮し、一部店舗の営業日・営業時間の変更や交代勤務の導入、また混雑時の入店制限などの実施をしており、窓口やATMコーナーでのお取引は、通常以上にお待ちいただく可能性がございます。 窓口やATMコーナーでの待ち時間短縮のため、2020年5月18日(月)から2020年7月31日(金)までの間、はまPayのキャッシュアウトサービスの利用手数料を無料にします。 はまPayのキャッシュアウトサービスは、東急線各駅 (注)の券売機からご預金のお引き出しができるサービスです。 ご預金のお引き出しの際には、はまPayのキャッシュアウトサービスのご利用もご検討ください。 はまPayのキャッシュアウトサービスについては•

次の

<新型コロナ>港北区の感染者35人、旭区や瀬谷区で集団感染の増加目立つ(5/8時点)

コロナ 横浜

横浜市は、昨日の新型コロナウイルス対策本部会議において、神奈川警戒アラート発動時など、感染状況(フェーズ)に応じた対応方針を決定しました。 この方針に基づき、市民利用施設や、市が主催するイベントでの感染対策を徹底してまいります。 横浜市における本日の新規陽性患者数は14人であり、この数週間、やや増加する傾向が続いています。 横浜市民の皆様、お一人おひとりに十分な感染対策をとっていただくことが、最も有効な感染防止策です。 引き続き、感染防止対策が行われていない場所への外出を控え、3密の回避や「新しい生活様式」に基づく行動など、感染予防・防止に取り組んでいただくようお願い申し上げます。 事業者の皆様にも、十分な感染防止対策をお願いいたします。 このような状況下において事業を継続し、今後の回復期を見据えた事業展開を支援するための助成事業を実施します。 ねこくんととりくんがわかりやすく教えてくれます。 日々の暮らしを一変させ、新たな社会課題を突きつけています。 しかしながら、神奈川県内では、アイデアと行動、そしてSDGsの17番目のゴールであるパートナーシップにより、地域のつながり・活力を維持していこうとする取組みが展開されています。 国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は23,473例、死亡者は985名となりました。 また、入院治療等を要する者は3,400名、退院又は療養解除となった者は19,096名となりました。 1.国内の状況について 7月17日0:00現在、検査陽性者23,473例が確認されている。 受付時間:平日(18時00分~21時30分)、土日祝日(14時00分~21時30分) SNSによる情報発信 厚生労働省公式TwitterやFacebookでも最新の情報を発信しています。 また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。 ・ ・ ・LINE公式アカウント 友達追加.

次の

コロナで困窮の外国人急増 横浜NPOが食料支援

コロナ 横浜

日本中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、東京だけでも1日に100人以上の感染者が確認されている。 感染拡大の収束に向け、どう行動すれば良いのか。 統計学を使い感染拡大の抑止に関する研究をする横浜市立大学の佐藤彰洋教授に電話インタビューした。 「シミュレーションから4月10日にも国内の感染者が5000人を超える結果が得られた。 全国の感染症に対応できる医療機関のベッド数は約5000台。 このまま感染者が増えれば医療崩壊につながる。 新型コロナの潜伏期間は約2週間。 「発令されても生活は今とはまったく変わらないだろう。 政府は個人の行動を全て規制できないため、外出する人はいる。 症状の有無に関わらず、新型コロナは誰が感染しているか分からないため、人との接触を避けるべきだ。 自分の身は自分で守ることが大切だ」• 「指数関数的に感染者が増加する傾向にある。 「東日本大震災を越えるほどの危機的な大災害であることを理解すべきだ。 外出を控えるなど人との接触をなくせば、3週間で感染の拡大が抑えられるだろう。 不要不急の外出の制限要請を守ることが重要だ」 【略歴】さとう・あきひろ 01年(平13)東北大院情報科学研究科博士課程修了。 京大院特定准教授、総務省統計研究研修所客員教授などを務めた。 大阪府出身。 45歳。 情報科学博士。

次の