日産 スカイライン 400r。 【どっちが速い?】V37スカイライン ハイブリッドと400Rの加速性能比較と評価

スカイライン/日産|クルマレビュー

日産 スカイライン 400r

日産 スカイライン 3. 0 400R サンルーフ純正ナビエマブレETCLEDアラモニ 奈良県• スカイライン入庫致しました!• 運転席も広く運転しやすいですよ!• 本皮シートで高級感あふれております!• 2列目シートも高級感あふれております!• 日産純正HDDナビ付いております• ナビで遠方のドライブも快適です! ETC2. 0付いております!• LEDヘッドライトで夜間走行も安心• ドライブモードで違いを体感してみて下さい• 荷室も広くたくさん乗せること出来ますよ!• 全国ジーライオングループ各社にてご購入や納車を行うことが可能です! 詳細はスタッフへご確認ください。 状態 日産 スカイライン 年式 2019 R1 ワンオーナー - 走行距離 3,000km キャンピングカー - 修復歴 なし 福祉車両 - 定期点検記録簿 〇 新車物件 - 禁煙車 〇 正規輸入車 - リサイクル料 リ済別 登録(届出)済未使用車 - エコカー減税対象車 - 車検 R05. 機械系統が初年度から5年間又は、10万Km走行までの新車保証継承車です! 車検 R05. 12 修復歴 なし リサイクル料 リ済別 ワンオーナー - 正規輸入車 - 禁煙車 〇 福祉車両 - 新車物件 - 定期点検記録簿 〇 登録(届出)済未使用車 - エコカー減税対象車 - キャンピングカー -• パワステ• パワーウィンドウ• エアコン・クーラー• Wエアコン• キーレス• スマートキー• カーナビ:メモリーナビ他• TV:フルセグ• ミュージックプレイヤー接続可• 後席モニター• ETC• ベンチシート• 3列シート• ウォークスルー• 電動シート• シートエアコン• シートヒーター• フルフラットシート• オットマン• 本革シート• アイドリングストップ• 障害物センサー• クルーズコントロール• ABS• 横滑り防止装置• 盗難防止装置• 衝突被害軽減ブレーキ• パーキングアシスト• ヘッドライト:LED• 全周囲カメラ• 電動リアゲート• サンルーフ・ガラスルーフ• フルエアロ• アルミホイール• ローダウン• リフトアップ• 寒冷地仕様• 過給器設定モデル• スライドドア:- 補足 愛車に鏡面のような輝きと光沢を与えたいお客様にお勧め!従来の撥水コーティングより長時間汚れを寄せ付けず、硬度7レベルで長時間耐擦りキズ被膜は持続!普段のお手入れは水洗いのみでOKなので是非ご検討下さい プラン 基本プラン - Aプラン 安全、安心、快適パック! Bプラン ハイモースコーティング 支払総額(税込) 支払総額(税込) 524. 8 万円 支払総額(税込) 535. 8 万円 プランなし:535. 8万円 支払総額(税込) 542. 3 万円 プランなし:542. 3万円 補足 - ドライブレコーダーで安全、ボディーコーティングで安心、断熱フィルムで快適なパックオプションをお買い得価格でご提供いたします! 愛車に鏡面のような輝きと光沢を与えたいお客様にお勧め!従来の撥水コーティングより長時間汚れを寄せ付けず、硬度7レベルで長時間耐擦りキズ被膜は持続!普段のお手入れは水洗いのみでOKなので是非ご検討下さい 基本スペック ボディタイプ セダン 色 パール, ホワイト, パールホワイト 車台末尾番号 340 排気量 3000cc 最大出力 298 kW 405 PS エンジン種別 ガソリン 駆動方式 2WD ハンドル 右ハンドル ミッション フロア 7 AT 乗車定員 5人 ドア枚数 4枚 最小回転半径 5.

次の

スカイライン 400R(日産)の中古車

日産 スカイライン 400r

フェニックスパワーが400Rの潜在能力を全開放! ノーマルから80馬力&13. スカイライン400RのECU解析に乗り出し、トライ&トライの末にECU-TEKを使った独自のCPチューニングを完成させた。 何より驚かされたのが、CPチューニングの効果だ。 フルノーマル状態の車両で、なんと528. 8馬力/79. 99kgmを達成してしまったのである。 ダイナパックでの計測結果を見ると、ノーマルの出力は440. 76ps/66. 61kgmだ。 なお、フェニックスパワーが計測時に設定したTCファクターは1. これは計測馬力の補正値で、1. 0であれば表示値の補正はゼロとなる。 物理的ロス馬力を入れたり、カタログ表示値に合わせるために使うわけだが、ローラー式に換算する場合は1. 1〜1. 15で設定するのがセオリーだ。 仮にTCファクターによる補正値を1. 0にしたとしても、383. 26ps/57. 9kgmとなり、400Rは限りなくカタログスペック 405ps に近いパワーを出力しているというわけだ。 ともあれ、ノーマルから84ps/13. 4kgmものエクストラパワーをCPチューンのみで達成した事実は衝撃的であり、400Rの潜在能力の高さを思い知らされた次第だ。 「400R、本当にすごいですよ。 GRスープラなど比べものにならないほどの可能性があります」と、興奮を隠せないフェニックスパワー横山代表。 続けて「タービン回転などのパラメーターもあって、一筋縄ではいかない部分がありますね。 528馬力の時はブースト圧 最大値は現段階では企業秘密 もインジェクターが全噴射する域までかけているので、おそらく純正タービンおよび燃料系の限界点。 これ以上を狙うならタービン交換ですかね」。 なお、このチューンドCPの凄いところは、オートクルーズのスイッチにブーストコントロール機能を持たせ、ブースト圧を0. 1キロ刻みで変更できるようにしていること。 つまり、オーナーが気分でパワーフィールを気軽に変更できるのである。 ちなみに、オートクルーズ自体の機能は生きていて、ブースト変更できるのはオートクルーズOFFの状態のみだ。 この400R用チューンドCP 製品名:アプリケーションCPU は、すでに販売できる段階まできているとのこと。 400Rオーナーで異次元の加速性能を味わいたいならば、問い合わせてみてはいかがだろうか。

次の

日産新型スカイライン400Rの驚くべきエンジンオイルの低粘度化|セダン|MotorFan[モーターファン]

日産 スカイライン 400r

さらには、最近の新車の純正オイルって柔らかいなと、お思いの貴兄も多いかも。 現行スカイライン400RのV型6気筒3. 近年の自動車開発における大きな命題のひとつが低フリクション(抵抗)化で、その対策はクルマ全体に、くまなく及ぶ。 特にエンジンは本体のみならず、各種ポンプ類やタービン、エアコンなど、装着される補機類も数多く、それらひとつ一つが機械的なフリクションの要因となるために、あらゆる策が講じられている。 今回のお題の結論から言えば、純正エンジンオイルの指定粘度が下がっているのは、兎にも角にも、燃費向上の妨げになるエンジンの内部抵抗を減らしたいからに違いない。 基本的なことでご存知の方ばかりだとは思うが、大雑把に言って、エンジンオイルの粘度指数は数字が大きい方が硬い=ドロドロしていて、小さければ柔らかくサラダオイルのようなサラサラな方向になる。 ドロドロの液体とサラサラな液体をかき混ぜる際に、どちらの抵抗が多いかは、流石に説明する必要もないだろう。 今や純正オイルは0w-8なんてのも! 新型ヤリスに採用された0W-8のトヨタ純正オイル 今やエンジン出力と同レベルに低燃費性能が求められるので、必然的にエンジンオイルも低粘度になってくる。 そして、軽自動車やコンパクトカーではもはや0W-8なんて領域になっている。 一例をあげると日産の軽自動車デイズやトヨタの新型ヤリスなどが0W-8を指定している。 ひと昔前のハイパワーターボ車であるランエボやWRX STI、スカイラインGT-Rあたりでの純正指定は5W-30くらいが相場。 エンジンをブン回して走る人や、サーキット走行などを趣味にしているオーナーは、保険的な意味合いもあって15W-50なんて粘度のオイルを入れていた。 筆者もかつて乗っていた80スープラには、が280psに対してブーストアップで400ps近く出ていたので15W-50を選んでいた。 なので、昨今の低粘度指定については、自身も単純に凄いなあとは思っていた。 400Rのタービンは最高許容回転数は24万回転/分! 400Rのタービンは過回転を抑制するために、ダイレクトに回転数をセンシングしている。 そんな折、「新型スカイラインのすべて」の取材時に、特に驚きを覚えたのが前述のスカイライン400R。 V6ツインターボの405psエンジンの純正指定が0W-20というのは、にわかには信じがたかった。 しかも400Rに装着されているツインターボのタービンの最高許容回転数は24万rpm 回転/分 で、それを定常22万rpmで使っている。 タービンの大きさはだいぶ大きいが、スカイラインGT-Rのあたりのタービンの回転数が恐らく10万rpm前後だと思うので、400Rのタービンがいかに高回転で使用されているかご理解いただけるだろう。 そして、この過酷に使われているタービンの軸受部分もエンジンオイルで冷却する必要がある。 なので、エンジン開発のエンジニアになぜそんな低粘度オイルで大丈夫のかを訊いてみれば、クランクメタルの材質や各部のクリアランス設定などで対応しているそうで、特に樹脂コートなども行っていないという。 ただ、前提として例に挙げたスカイラインGT-Rなどの20数年前と比べれば、基本的な加工精度や、コーティング技術の向上が貢献しているのは間違いないだろうし、オイル自体や添加物の品質が向上していることもまた事実ではあろう。 自動車開発や、周辺技術の進歩まだまだ止まることはなさそうだ。

次の