お 米 一 合 何 cc。 一合・一升・一斗とはどれくらいの量?昔の量の単位の才・勺・石とは

お米一合は何g?何cc?何kcal? 「米一合」を徹底解説

お 米 一 合 何 cc

contents• お米一合は何グラム? 一合とか一升という数え方は、日本で古くから使われている 尺貫法(しゃっかんほう)という長さや容積をあらわす単位ですね。 今でもお米やお酒などの容量をあらわすのに普通に使われています。 リットルでいえば、 一合は約180ml(180cc)、一升はその10倍の約1800ml(1. 8リットル)、さらにその10倍は一斗で約18000ml(18リットル)です。 一升瓶とか、一斗缶などと言いますよね。 画像で解説します 炊飯器に付属されていた 1合カップで細かく見ていきましょう。 180ccの1合カップが付属されていました。 メモリが160ccまでですが、 擦り切り一杯で180ccになります。 あ、裏に書いてましたね。 色々量ってみましょう。 この軽量カップは13gありました。 カップの重さをカウントしないように、カウンターを0にセットします。 まずは水を180cc一杯まで入れてみました。 透明なので分かりにくいですが、なみなみ一杯に入っています。 水の場合、180ccだと重さもおよそ180gということですね。 ではお米を擦り切り一杯に入れて量ります。 はい、150gで・・・あれ、 154gですね。 じつはこの程度は、 お米の乾燥具合や、新米古米、お米の種類や粒の形で若干前後します。 このお米はぼくの実家で作っているお米ですが、わりと精米してから日が浅いので、まだ水分を多く含んでいるとか、そういった具合で 150gちょっととなったのでしょう。 ということで、 お米の1合(180cc)は約150gと考えればOKです。 ちなみに水のように重さと容量が1:1とはならず、 お米は180cc(一合)の「容量で」、「重さ」が約150gという風になりますのでご注意を。 お米自体やお米同士の間に空気がありますからね。 水180ccに比べて軽くなります。 スポンサードリンク お米一合を炊く水の量は? 他にもお米に関わる知識を仕入れておきましょう。 一合(約180cc)のお米を炊くときにはおよそ200ccの水を入れます。 軟らかめに仕上げるなら少し多めに220cc程度入れても良いでしょう。 この200ccは、料理でよく 1カップ(200cc)と言いますよね。 コップ1杯などとも言われますが、料理で使ういわゆる 計量カップは200ccですので、炊飯器についているお米用の1合カップ(180cc)とは区別しておいてくださいね! 炊いたあとは何グラム? 出来上がりのご飯の重さは、もちろん炊き方にもよりますが、大体 340g~350g程度です。 これで 茶碗に軽く2杯分となります。 また、ご飯1合(茶碗2杯分)のカロリーは 550kcal前後といったところですね。 茶碗1杯分ですと、およそ175g、275kcalぐらいですか。 ぴったりとはいかないでしょうが、大体このくらいと覚えておいても良いと思います。 おわりに 最後に、もしかしたら 計量カップや量りも無い! という状況も今後あるかもしれません。 というか、ぼくも以前アウトドアでそんなシチュエーションがありましたので・・・。 そんなときは例えば飯盒(はんごう・炊飯容器)にお米を入れ、 お米の上面より水が、人差し指の第一関節、または、手のひらをぺたりと付けて、指の付け根まで来ていればおいしく炊ける目安になります。 さすが日本人の主食、昔から色んな方法がありますね。 お米に関してお調べの際は、今回の記事をぜひご参考に! ^^ 他にも関連記事があります。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 146件のビュー• 75件のビュー• 53件のビュー• 30件のビュー• 29件のビュー• 24件のビュー• 23件のビュー• 23件のビュー• 22件のビュー• 18件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

米1合は何ml・ccで何グラム?お米10kgは何合?

お 米 一 合 何 cc

米1合は計量カップで何ml? 米を量る単位は現代でも1合、2合、と「合」が使われています。 この「合」とは昔、米を量る時に使われていた、木製の四角い升に由来しています。 升1杯分、つまり1升の米は10合にあたります。 その1合を現代の単位であるmlに換算すると、180mlです。 mlはccと同じなので、1合=180ml=180ccになります。 普段、ボタンをワンプッシュすると自動的に1合、2合の米が出てくる米びつを使っているかたは、米1合が180mlといわれてもどれくらいの量なのかピンと来ないと思います。 炊飯器を買うと付いてくる米専用の計量カップが1合です。 これに、すり切りで米を入れると180ml(=180㏄)になるのです。 一般的な料理用の計量カップは1カップが200ml(=200cc)なので、1合を料理用計量カップで量ると0.9カップになります。 カップによって違いがあるので注意が必要です。 米を計量カップで量るときは、カップの底をトントンすると規定より多く入ってしまうので、普通にカップ1杯分の米をすくい取るようにしてください。 180mlの計量カップならすり切りに、200mlの計量カップなら20ml減らせば1合になります。 計量カップがなくても大丈夫!米1合は何g?ご飯何杯分 計量カップがなくても、1合の米が何gなのか知っていれば、はかりで計量できます。 米1合の重さは150gです。 ちなみにmlやccは体積の単位、重さの単位であるgとは似ているようで異なります。 1ml=1ccで、1ccとは1辺が1cmのサイコロの体積です。 このサイコロが、発泡スチロールであろうと鉛であろうと、体積は1ccに変わりありません。 しかし、重さは明らかに違いますよね。 素材が変わっても体積は変わりませんが、重さは変わるのです。 ただし、水に限り、体積と重さの比率は1:1。 水1ml(=1cc)の重さは1gです。 米は体積と重さの比率が1:0.85。 米1合で見れば、体積は180ml(=180cc)で重さは150gです。 この1合の米を炊くと、約350gのごはんになります。 といわれても、350gはどのくらいの量なのかわかりませんよね。 350gのご飯とは、大きさにもよりますが、だいたいお茶碗2杯分といわれています。 4人家族でひとり2杯ずつご飯を食べるとしたら、1回に4合炊けばいいことになります。 5人家族なら5合、3人家族なら3合。 ひとり1回1合の米を食べると考えた昔の人は、1回にご飯2杯を食べていたんですね。 米1合を炊くとき水は何ml必要?計量カップでどれくらい? 基本的に水は、米の体積の1.1~1.2倍入れます。 米1合180mlを炊くなら、水の量は198~216ml必要です。 約200ml入れればいいでしょう。 料理用計量カップで、ちょうど1カップです。 米専用の計量カップなら、1カップと20ml。 同様に、 ・米2合(=360ml)水396~432ml(約400ml) ・米3合(=540ml)水594~648ml(約600ml) ・米4合(=720ml)水792~864ml(約800ml) となります。 水は米の2割増しで覚えておくと便利です。 炊飯器の目盛りがない量を炊くとき、たとえば1.5合を炊きたいときは、水の量を計算によって求めることができます。 これは、米専用計量カップで1.8カップ。 料理用計量カップでは約1.6カップ。 新米を炊くときは水分を多く含んでいるので、いくらか水の量を減らすといいでしょう。 米1合を重さで量るとき、水は何ml必要? 水は米の体積の1.1~1.2倍必要ですが、米の重さを基準にすると1.4倍必要になります。 水は、210g=210mlなので、210mlの水を入れればいいことになります。 体積を基準にした場合でも水の量は198~216ml、約200ml入れればよかったので、ほとんど差がありません。 計量カップがなくてもはかりがあれば、重さを体積に換算して水の量が求められるのです。 さらに、計量カップやはかりがなくても、次のような方法で水の量が量れます。 ・米に人差し指を立て第1関節まで水を入れる。 ・米の表面に手のひらをピッタリ押し当てて、手首を直角に曲げたときの出っ張った骨のあたりまで水を入れる。 ・米の表面に手のひらをピッタリ押し当てて、手の甲がすっぽり隠れるまで水を入れる。 昔の人はみな、こういったやり方で水を入れていたのですね。 出来あがりに多少硬軟の違いがあるため、お好みで調整してみてください。 玄米やもち米を計量カップで量るとき、水は何ml入れればいい? 水は米の体積の1.2倍、重さの1.4倍必要といいましたが、これは白米の場合です。 玄米やもち米だと、水加減がちょっと変わります。 玄米1合180mlのときは、水を300ml入れます。 もち米1合180mlのときは、水を150ml入れます。 米を水に浸しておく時間も変わります。 玄米は白米の4~8倍長く浸します。 夜セットしたものを朝食べ、朝食後セットしたものを夕食に食べるサイクルがおすすめです。 逆に、もち米は浸す時間なしです。 研いでからすぐにスイッチを入れても大丈夫です。 最近は健康ブームのためか、食物繊維の豊富なもち麦や押麦を入れて炊く人も増えています。 水の量をいくらか多めに入れるだけでいいので、扱いもラクです。 お好みで水の量を増減してみてください。 計量カップの代用となるもの ワンプッシュで量れる米びつも、計量カップも、はかりもない場合、どうやって計量すればいいのでしょうか? まず、計量カップの代わりになるものを探してみましょう。 日本酒や焼酎のワンカップ、牛乳瓶があると便利です。 いずれも180mlなので、ちょうど米1合分になるからです。 また、ゼリーなどのカップには容量が記載されているものがあります。 計量カップの代わりになるので、ぜひお試しください。 持っているかたは少ないかもしれませんが、キャンプで使う飯盒は内蓋1杯が米2合分、360mlになっています。 さすがはキャンプ用品、計量カップがなくても量れるよう工夫されているんですね。 計量カップがなくても計量スプーンがあれば、十分活用できます。 大さじ1杯が15ml、小さじ1杯が5mlなので、1合180mlならちょうど大さじで12杯です。 ちょっと面倒ですが、1合くらいなら計量スプーンで量れますよね。 他にもペットボトル、インスタントコーヒーやメンマ、海苔の佃煮などの瓶で使えそうなものが色々あるので、利用してみてください。 計量カップを用いて米を炊く基本に帰ろう ふだん自動的に計量できる米びつを使っているかたも、たまには計量カップで量ってみると、1合はこれくらい、2合はこれくらい、と大まかな米の量が把握できると思います。 水の量も然り。 炊飯器の目盛りに合わせているばかりでは、実際の量がつかめませんよね。 米の2割増し(重さなら4割増し)を実感するためにも、計量カップで量ってみてはいかがでしょうか。 基本的なことだからこそ、たまにはキチンと手をかけてみるのもいいのではないかと思います。

次の

お米一合は炊くと何グラムになる?茶碗にどれくらい?炊き方や水の量は何cc?

お 米 一 合 何 cc

一才とはどれくらい? 次にご紹介するのは「才」の単位についてです。 才はあまり耳にすることが少ない単位でもあると思います。 一才は量の単位でもあるのですが、 一才は主に石材や木材を量る際に使われることが多い単位です。 主に才ではなく、㎥に換算して使われることが多いのですが、プロの方などはこの才を使うとわかりやすいので便利とされています。 特に船の積荷などを行う際に才などを使われることが多いので、ぜひご参考にしていただけたらと思います。 一才は体積の単位として使われることも多いので、㎥で換算して表すことが多いです。 一才を㎥で換算すると 0. 027㎥になります。 この様になっていますが、先ほども挙げたように体積として表すことが多いので、ぜひ一才は0. 027㎥であると関連付けて覚えていただけたらと思います。 体積の単位として一才は使われることが多いとご紹介しましたが、kgで表すこともあります。 一才をkgで換算すると 8 kgになります。 ただし、この8kgは一般的な基準であるので、宅配業者によっては一才が10 kgと想定しているところもあります。 そのため、一才をkgで換算した場合は8 kgから10 kgまでの範囲内であると認識すると間違いないかと思います。 途中でもご紹介したいように、才という単位は船での積込みなど運輸関係が使うことが多いです。 そのため、一才は8 kg前後だと認識していると間違いないので、ぜひご参考にしていただけたらと思います。 そのため、尺の 0. 33mとなり一才を㎥で表すと先程ご紹介したように0. 027㎡になります。 一勺とはどれくらい? 才についてご紹介しましたが、次は一勺についてご紹介したいと思います。 一勺はどちらかというと、 お酒などを入れるおちょこなどで使われることが多いのですが、容量を把握している人は実は少ないです。 日本酒などを飲まれる方などをはじめ、ぜひ知識の一つとしてご参考いただけたらと思います。 水分・液体などの量を表す際にはccやmlを使って表すことが多いと思います。 ccとmlは同じ容量になるので、一勺は18cc・18mlと覚えると間違いないかと思います。 勺は途中でもご紹介したように、お酒などの場、おちょこに注ぐ場合が多いです。 そのため、さきほどご紹介したように、一勺は18mlとなるのですが、ここで注意していただきたい点が存在します。 それがどういうのかというと、おちょこはやや小さい場合があるという点です。 そのため、一勺おちょこはおおよそ15mlから18mlの間と覚えると間違いないです。 一勺おちょこは販売している所も多いので、ぜひ一勺おちょこを購入する際にはご参考いただけたらと思います。 1勺おちょこについてご紹介したことからもわかるように、2勺おちょこは1勺おちょこの二杯分の量になります。 そのため、2勺おちょこは30mlから36mlの間の容量だと思うと間違いないです。 3勺おちょこは1勺おちょこや2勺おちょこの流れからもわかるように、3勺分の量になっています。 そのため、3勺おちょこの量は45mlから54mlの容量となっています。 おちょこを購入する際にはこの容量を把握して購入すると間違いないかと思います。 徳利とは日本酒などを入れる際などに使われる、容器となるのですが、おちょこに注ぐシーンなどに登場することが多いですよね。 5勺徳利はメーカーによって容量が多少変わるのですが、 5勺徳利の容量はおおよそ90mlとなっています。 そのため、名前からもわかるように1勺おちょこに5杯注げるような容量だと把握すると間違いないかと思います。 5勺の読み方についてご紹介しましたが、至って簡単です。 5勺徳利などで使われていることが多いのですが、5勺と書いて「ごしゃく」と読みます。 5勺徳利が有名なことをご紹介しましたが、この他にも一合徳利なども存在しますが、ぜひその容量を合わせて確認して購入いただけたらと思います。 こちらは登山などで使われることが多い言葉でもあります。 九合五勺の読み方は「きゅうごうごしゃく」になります。 この九合五勺とは山全体を10合と見て全体の9. 5の割合を登っていることを指します。 もうすぐ山頂付近である部分に施設・建物を立てている山もありますが、このような場所を九合五勺と表す事が多いです。 この勺とは合の半分の場所を指すことが多いので、合と合わせて覚えていただけたらと思います。 一合とはどれくらい 勺についてご紹介しましたが、次は一合についてご紹介したいと思います。 一合はお米の容量やお酒の容量として表されることが多いです。 そのため、日常的に触れる機会が多いので、ぜひ知識の一つとしてご参考いただけたらと思います。 計量カップをccで表すと 180ccになります。 計量カップと言っても計量カップでも大きさが異なるのですが、計量カップは200cc入るものもあります。 お米の1合計量カップだとさきほどご紹介した180ccになるのでご参考にしていただけたらと思います。 一合のお米の重さは 白米は約150gとなります。 これが玄米だと156gになり、やや重さが重くなるので、ご注意ください。 ただし、このグラム数は水を入れていないときの量となっています。 皆さんも御存知のようにお米は吸水して膨らむので、水を合わせた場合の重量にすると玄米は1. 8倍、白米は2. 2倍の重量になります。 お米を普段量るときは付属の計量カップで量る人がほとんどだと思います。 しかし、場合によってはその付属の計量カップが見当たらない・壊れてしまう場合もあります。 このような場合は通常サイズのコップで量るとわかりやすいです。 通常のコップは180ml入る容量で設計されているものが多いので、すりきりいっぱいコップに入れて量ると米の容量になる場合が多いです。 そのため、付属の計量カップなどがない場合は試していただけたらと思います。 大きいお子さんがいるご家庭などではお米1合分の白米を食べる人もいますよね。 その白米一合のカロリーは 534Kcal(キロカロリー)になっています。 スポーツなどを行う人はカロリーを気にする方も多いと思いますので、ぜひご参考いただけたらと思います。 玄米の場合では一合のカロリーは525カロリーとなっています。 白米と比べてややカロリー数は下がるのですが、あまり変わらないです。 お米の量を途中でもご紹介しましたが、メモリがないときなどはどのくらい水を入れたらいいのかわからない場合もあると思います。 このような場合は米一合入れている場合、 200mlの水を入れるのが一般的とされています。 しかし、人によってはお米の硬さなど好みが異なると思います。 そのため、できれば一度水を200ml入れて試して炊いて確認してから好みの水の調整を行うのが好ましいと言えます。 この点については1食一合は多いか気になる人も多いのですが、普通です。 人によって食べる量も異なると思いますが、年齢によっては消費するエネルギー量も大きく異なるので若い頃などは特に簡単に食べられると思います。 そのため、1食一合食べても食べ過ぎという程でもないのでご安心いただけたらと思います。 こちらはダイエット中の方などが特に気にすることが多いのですが、さきほどご紹介したことからもわかるように、1食一合食べる人もいるほどなので、一日一合はどちらかというと少ないです。 一日に必要なエネルギーをしっかりと摂取することも大切なので、バランスをしっかりと考えながら取るようにしましょう。 現在の日本ではアルコール問題なども多く登場しているのですが、日本酒のアルコール量は一合だと20gとされています。 このアルコール量はビールだと500mlと同じくらいのアルコール量となっています。 アルコール量については一日日本酒一合程度が好ましいとされているので、アルコール量は20g前後が好ましいと言えます。 日本酒一合のカロリーはおおよそ 180キロカロリーから200キロカロリーとされています。 この日本酒でもカロリーの差が存在するのは清酒や吟醸酒による差のものです。 吟醸酒の方はカロリーが低く、清酒のほうがカロリーが高くなっています。 お米一合のカロリーなどもご紹介しましたが、このような点で見ると日本酒一合のカロリーも高いので、量を考えると高めのカロリーであることがわかります。 人によって酔う加減も異なると思いますが、日本酒一合で酔う人もじつは多いです。 中にはお酒を全く飲めない人もいるほどで、日本酒一合はビール500ml飲むのとアルコール量が変わらないことを考えると十分な量と言えます。 そのため、日本酒一合で酔う人が極端にお酒に弱いという点ではないのでご安心いただけたらと思います。 一升とはどれくらい 一合や一勺についてご紹介しましたが、次は一升についてご紹介したいと思います。 一升は最初にもご紹介しましたが、一升枡などで使われることが多いのですが、 お米やお酒として計量されることが多いです。 そのため、お米やお酒を扱うことが多い人はぜひご参考いただけたらと思います。 これは主にお酒などで使われることが多いのですが、 一升は1. 8リットルとなります。 ccで表すと 1800ccとなります。 何合かについてはお酒やお米共通して言えることなのですが、 一升は10合です。 そのため、一升は1合の10倍だという覚え方をすると覚えやすいのでご参考ください。 1合のところでお米の重さについてご紹介しましたが、一升の場合はそのことを踏まえてもわかるように1500グラムとなっています。 さらに、この1500グラムを変換すると一升分のお米は1. 5キロになります。 お米の一升分はかなりの量であることがこのことからもわかると思います。 一升餅を作る際のもち米の必要量は1. 4キロから1. 5キロとなっています。 そのため一升餅を作る際にはご参考いただけたらと思います。 もちろんもち米一升分でも食べる人の量によって大きく人数は前後するのですが、一人お餅3個から4個と設定した場合、もち米一升からできるのはおよそ10人分前後となっています。 この点から踏まえて人数分を作るとわかりやすいので、知識の一つとして覚えていただけたらと思います。 もち米の値段と言っても種類・品種によってやはり大きく値段が異なります。 一般的なもち米の一升分の値段はおよそ700円前後とされています。 一般的なもち米の金額でもあるので、品種によって大きく前後するのでその点だけご注意いただけたらと思います。 一斗とはどれくらい? 一合や一升についてご紹介しましたが、次は一斗についてご紹介したいと思います。 一斗の単位といえば、最初にご紹介したように、 一斗缶などが主に使われることが多いです。 ご紹介した中でもかなり大きな単位ではあるのですが、一斗缶は目にする機会も多いと思いますので、ぜひ知識の一つとして覚えていただけたらと思います。 一斗缶は目にしたことがある人も多いと思いますが、一辺238mm、高さ349mmと定められています。 もちろん微妙な範囲での誤差は存在しますがほとんどの一斗缶はこの様になっていますのでご参考いただけたらと思います。 一斗缶は馴染みのある言葉となっているのですが、正式名称は1 8リットル缶になります。 そのため、重さも容量も18キロ前後だということがわかります。 ただし、こちらも内容物によって重さは大きく異なるので、一般的な重さとして覚えていただけたらと思います。 一斗缶は業務用のものを発注した際に手に入ることが多いのですが、意外と場所に困り、ゴミになることも多いと思います。 一斗缶はきれいにくり抜くとかまどにリサイクルすることも可能です。 さらに、中には一斗缶をゴミ箱に変える人や、軽く塗装してインテリアとして飾る人もいます。 一斗缶はある程度の大きさがあり、収納ボックスとしても活躍してくれるので、リサイクル・リメイクをしっかりと行えば使いみちはかなり多いです。 一斗缶の片側を切り取り、木材や鉄剤をちりとり風につけるだけで即席ちりとりが作ることが可能です。 もちろん一斗缶は丈夫であるように耐久性が抜群なので、ちりとりを買い換えようと考えている方はかなりおすすめです。 ただ、素人に手作りは難しいかもしれませんね・・・。 やはり一斗缶は耐久性がいいのですが、その分切るのがかなり難しいです。 さらに、丈夫であることから専用のカッターも必要になるので、できればホームセンターなどでそのような加工を行ってくれるか確認するようにしましょう。 一斗缶は飲食店等だと特に余っていることも多いので、料理店などに行くと一斗缶を貰える場合が多いです。 そのため、一斗缶が欲しい場合は飲食店に行って交渉などをすると手に入ることが多いです。 一石とはどれくらい 最後は一石についてご紹介したいと思います。 こちらは歴史物などを読む際にも登場してくることが多いのですが、 一石は特に戦国時代に登場することが多いです。 一石と書いて「いっせき」と読むことが多いのですが、一石と書いて「いっこく」と読むことが多いです。 一石を投じるとかは「いっせき」と読みますが、単位の場合は「こく」と読みます。 一石は主にお米が2. 5俵取れる程度の広さとなっています。 1俵60キロのお米になるので、このことからもわかるように、一石はかなりの広さであることがわかるかと思います。 5俵になります。 さらに、1俵が60キロとご紹介しましたが、一石は2. 5俵からもわかるように、 150キロのお米が取れる広さになります。 一石の面積は具体的には存在せず、お米が取れる面積になります。 そのため、一石の面積というものは存在しないのですが、主に広さを表す場合は今だと一反分ぐらいが一石とされています。 そのため、 一石はおよそ1000㎡近く(300坪)だと把握するとわかりやすいかと思います。 今でこそお米が充実していますが、昔では当然そのような状況ではありませんでした。 そのため、一石の土地を持っているだけでも十分の価値があることがわかるかと思います。 石高とはお米など穀物が取れる広さのことを指します。 渡された石高が多いほどやはり一般的には権力が高いといえます。 一石は昔では 金一両で購入することができる金額でした。 今の金額で表すと 一石はおよそ7万5千円の金額になります。 そのため、1年に一回お米を収穫するので、年収は7万5千円になります。 一石はおおよそ一反の広さであることをご紹介しましたが、このことからもわかるように、100万反であることがわかります。 一般の住宅だとおよそ30坪から40坪あれば建てることができるのですが、単純計算で30坪とすると1反は10軒家が建つ広さとなります。 そのため、 一万石は1000万軒家が建つ広さの領地であることがわかるかと思います。 一万石の領地についてご紹介しましたが、百万石は単純にその100倍になります。 10億軒の家が建つほどの広さです。 莫大な広さですが、今で言うところのおよそ2県分の広さです。 時代や場所によってもちろん差があり、地域の資料などによっても多少違いがありますので、参考程度でご覧いただけたらと思います。

次の