森 喜朗 息子。 今、日本で一番胡散臭い匂いがプンプンの元総理の森喜朗を斬る! : サーティンキュー

都市伝説・陰謀論: 森喜朗元総理の息子森祐喜氏の死の真相は?

森 喜朗 息子

「押尾学事件」の概要は、次のとおりです。 2009年(平成21年)の8月に、押尾学が麻薬取締法違反(合成麻薬MDMAを使用した疑い)で逮捕された際に、押尾学とマンションの一室で合成麻薬MDMAを服用していたホステス「麗城あげは(本名:田中香織)」さんが"全裸状態"で死亡していたことが判明。 さらに、この二人が合成麻薬MDMAを使用した六本木ヒルズのマンションの持ち主が、押尾学と知り合いだった、有名女性向け下着通販会社の「株式会社ピーチ・ジョン」 代表取締役社長「野口美佳」さんだったことが知れ渡り、スキャンダル事件として当時のマスコミで大きく取り上げられてちょっとした騒動になりました。 (恐らく野口美佳社長に対しても警察の取り調べなどが行われたんでしょうね。 ) この後の、警察の取り調べの結果、押尾学には、 ・合成麻薬MDMAを服用した罪 ・合成麻薬MDMAの譲渡 ・合成麻薬MDMAを服用し意識不明になった女性に適切な処置をしなかった保護責任者遺棄致死罪 が問われて、裁判になりました。 ・「合成麻薬MDMAを服用した罪」:合成麻薬MDMAを服用した罪については、 裁判の結果、懲役1年6月、執行猶予5年の判決が言い渡され、確定しました。 ・「合成麻薬MDMAの譲渡」と「保護責任者遺棄"致死罪"」については、押尾学は無罪を主張し、裁判で争う姿勢を見せ、その後最高裁において確定することになりました。 結果、裁判所によって押尾学の「MDMA譲受、所持、譲渡」が認定され、「保護責任者遺棄"致死罪"」ではなく「保護責任者"遺棄罪"」が適用された結果、 最長で3年6か月の服役期間となって、2012年2月東京拘置所に収監されました。 その後、2014年12月に仮釈放となった押尾学は、静岡刑務所を出所しました。 出所当時は「芸能界への復帰は全くない」と報道されていましたが現在はグループ活動もやっているようです。 東海大学教養学部を中退した後は、アメリカのワシントンDCにある名門「ジョージタウン大学」の英語学校プログラムを受講し、日本に帰国。 そして日本に帰国した後は、父親である「森喜朗元首相」の秘書におさまって、政界デビューの準備期間(?)を過ごし、地元金沢の「小松青年会議所」の理事長に就任したりしています。 この後は、地元の石川県議会議員に立候補して当選を果たし、県会議員の先生となりました。 石川県議会議員に当選後の2009年には、台湾総統府の馬英九総統(当時)との直接会談を果たし、石川県と中華民国(台湾)との通商問題について話し合っています。 一人の県議会議員が、馬英九総統(当時)という一国の代表者と会談した実績は、現在でも正直凄いと思います。 さらに、「森祐喜」さんに関する噂の中には、「押尾学事件」の黒幕だったのが「森祐喜」さんでは?という現在まで続く根強い疑惑があります。 「押尾学事件」の黒幕とはどういうことか、といいますと…あくまで噂ですが。 ・事件現場となった六本木ヒルズのマンションに、亡くなったホステス「田中香織」さんと一緒に「森祐喜」さんもいた。 ・ホステスの「田中香織」さんが亡くなり、当惑した「森祐喜」(あるいは森喜朗元首相)側から罪を一人が被ってくれと「押尾学」に懇願。 ・「森祐喜」(あるいは森喜朗元首相)から身代わりの謝礼として大金の支払いが約束された。 というもので、とても、にわかには信じがたい内容の噂ですね。 この噂は、亡くなったホステス「田中香織」さんと「森祐喜」氏が一緒に写った写真があったり、 「田中香織」さんが在籍した銀座のクラブに、「押尾学」と「森祐喜」氏が足繁く通っていたとの証言などが根拠になっていると思われます。 しかし、最近、次のような謎な話もネットで話題になっているんです。 ガルクネ千紗さんの本名は「前川 千紗」で、北島康介さんのお嫁さんになる前は、GIRL NEXT DOORのボーカル作詞担当でした。 体を鍛えて筋肉痛になったりすることが好きだったりする「体育系女子」で、筋力トレーニングもしているとのこと。 このあたりが、金メダルアスリート「北島康介」さんの嫁さんとして、相性ピッタリな感じがします。 ちなみにガルクネ千紗さんは、倖田來未の「バックダンサーオーディション最終選考」まで残るも、倖田から「(ガルクネ千紗さんが)私より綺麗だからダメ」と言われ落選したそうです。 「北島康介」さんは、ガルクネ千紗さんのような綺麗なお嫁さんを貰って、私生活は充実して羨ましいです。 ちなみにガルクネ千紗さんと「北島康介」さんの交際期間は、2年だったそうです。 (結構長いですね。 しっかり花嫁修業ができたでしょうね。

次の

押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う (2015年9月7日)

森 喜朗 息子

みたいです。 酒井法子の覚せい剤取締法違反は一応、保釈会見を行ったことで小休止といったところだが、のりピーの事件以上に納得いかないのが、六本木ヒルズレジデンスB棟2307号室での押尾学事件である。 「保護責任者遺棄致死容疑」で立件も…と言いつつ、証拠がないとか何とか、警視庁はウダウダしている。 終いには「捜査はオシマイ」とか言って、この事件を葬って迷宮入りしようと企てている。 実に、とんでもない話である。 しかし、ここにきて、警視庁が何としても、この事件を「葬ってしまいたい」と思う理由が浮かんできた。 何と、この事件について、押尾はMDMAの使用は尿検査からも使用が確認されたが、実は、田中香織さんの死亡事件では、もう1人、関わっていた人物が出てきたのだ。 噂として上がっているのは、あの森喜朗元総理の息子のYである。 もちろん、現時点では証拠はない。 しかも、密室での事件である。 事情通によれば 「田中香織さんの亡くなった事件では、押尾が疑われているが、これは身代わりになって疑いの矢面に立っているという情報もあるんですよ。 もちろん事実は分かりませんが…。 ただ、田中さんの亡くなった時に、Yがレジデンスの2307号室にいたことはかなりの角度で噂になっています。 押尾は、身代わりになって疑われることで、何か条件を出しているかもしれませんね。 いずれにしても、Yが事件に関わっていたとしたら、警視庁だって捜査に手心を加えるかもしれませんね」。 まさか、安倍晋三と親しく、麻生内閣では内閣官房副長官(事務担当)を務めていた漆間巌に事件の揉み消しを頼んだりして…。 因みに、漆間巌といえば、32年ぶりの警察庁出身の官房副長官である。 いずれにしても、捜査自体が曖昧になっている中、押尾の事件は、とんでもない事件に化ける可能性が出てきた!! この事件に関しては、今後も徹底的に追及していきたい。 こう言う事だから間違いないだろう!.

次の

森祐喜 (森喜朗の息子)の死因は?消された?薬物?黒い噂とは?

森 喜朗 息子

元俳優の押尾学に、謎の後援者男性がいるというウワサだ。 「ことあるごとに押尾のそばにいて飲食代を支払ったりもしていて、高級マンションの部屋とかも与えている人物がいる」 出所後の押尾の動向を追った週刊誌記者によると、この後援者は「Sさん」と呼ばれる40代の男性で、ゴミ処理事業などを手掛ける実業家だという。 「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているようで、それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」(同記者) 2009年に起こした薬物服用によるホステス死亡事件で実刑判決を受け収監された押尾は、9月の刑期満了を前にした昨年12月に仮釈放されていたが、8月下旬に写真誌で女性とのキス現場を報じられた。 現在の職業は不明だが「何をやってるかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と羽振りのよさそうなことを、写真誌の記者に話しているという。 ただ、前出の記者によると「平日3日ほどを追跡しても会社に出勤している様子はなかった」というから、その金の出どころはその後援者なのだろうか。 驚くのは、Sさんなる男性、なんと押尾が逮捕されたときは政治家の秘書をやっていたというのだ。 政治家といえば浮かんでくるのが、森喜朗元首相の長男、森祐喜氏だ。 4年前に急性すい炎による多臓器不全で46歳の若さで死去したが、押尾の逮捕時は2期目の石川県議で、交友関係のひとりとして名前が挙がった。 亡くなったホステスと祐喜氏が一緒に写った写真があったり、彼女が出入りした銀座のクラブに押尾と祐喜氏が常連だったとの証言などから、事件当時一緒にいたのではないかという疑惑が浮上したこともあった。 祐喜氏が事件に関与したという証拠は何もないが、押尾逮捕後の10年、飲酒運転でコンビニに突っ込む大事故を起こして県警に逮捕されており、このときは「車から降りる際に足下がよろめき、意味不明な言葉を発していた」という報道もあり、ドラッグ使用のウワサも流れた。 この事故をきっかけに議員辞職した祐喜氏だったが、まるで薬物依存者のようにその後は体調不良を繰り返し、翌年にこの世を去っている。 押尾を陰で支えると見られる「Sさん」なる人物が当時の政治家の秘書だったことに、前出記者は「もしかすると口止め料を小出しに支払う役目なのでは」と疑う。 確かなことはわからないが、通常の出所者であれば人目に触れずに地味な生活を強いられるところ、押尾の場合は横浜のキャバクラに出入りするなど派手に活動している。 白昼堂々、新恋人とのキスを撮られた写真も、別の記者から「あまりに撮られすぎた感のあるヤラセスクープっぽい」と指摘されるほどだ。 事件について黙っておけば現在の気ままな生活を続けられる……なんてことはあり得ないと思うが、悠々自適の押尾からはそんな疑惑も信憑性を帯びてしまいそうだ。 (文=ジャーナリスト・片岡亮) あわせて読みたい•

次の