エクセル ブック 全体 両面 印刷。 エクセルファイルの印刷について質問します。 複数のシートがあ…

Excelの両面印刷方法まとめ!【別シート/複数/ブック全体】

エクセル ブック 全体 両面 印刷

Microsoft Excel 2013 で、ワークブック内の全てのワークシートを で両面印刷しようとしたところ、設定通りに印刷できないことがありました。 やりたかったことは、全ワークシートの全ページをひと続きにカラーで両面印刷したかったのですけど、実際に出てきたものは、何故か最初のワークシートだけがカラー印刷で別の紙に出て、残りのワークシートは全てモノクロで両面印刷される感じです。 モノクロ印刷であれば、全てのワークシートをひと続きに両面印刷することはできます。 Excel 2010 の時にはちゃんと印刷できていたと思ったので、最初は Excel 2013 の不具合なのかと思ったのですけど、印刷設定をするときの癖が判っていなかったことが原因でした。 なんでも Excel 2013 では、全てのワークシートを印刷するときは、プレビュー画面からそれぞれのワークシートについて「プリンタのプロパティ」から詳細設定を行う必要がある様子です。 つまり今回、自分のプリンタは「モノクロ・両面印刷」が既定の設定になっていたので、全てのシートをカラー両面印刷したい場合は、シートの数だけ「カラー・両面印刷」を繰り返し行う必要があるのですね。 これを、プレビューの最初のページでだけ「カラー・両面印刷」に変更しただけだったので、最初のシートだけカラー両面印刷で、それ以降のシートが全てモノクロ両面印刷で出力されてしまってました。 全てのワークシートを正しく印刷する方法 Excel 2013 で全てのワークシートを正しく印刷したい場合には、全てのワークシートに対してプリンタの設定を行います。 たとえば、全てのワークシートを でカラー両面印刷したい場合は、次のような感じです。 まずは印刷プレビュー画面を表示して、印刷したいプリンタを選び、印刷範囲は「ブック全体を印刷」にします。 その後で「プリンタのプロパティ」をクリックします。 プリンタの詳細設定画面が表示されたら、ここで目的の設定内容に変更します。 今回の場合は、カラー設定を「モノクロ」から「カラー」に変更する感じですね。 ここまでは Excel ワークシートを印刷するときの普通の流れですね。 普通だったらこれだけですけど、全てのワークシートを印刷する設定の場合は、このような設定を全てのワークシートに対して行う必要があります。 そのためには、印刷プレビューの下の方にページを前後させるボタンがあるので、それを使って次のワークシートのプレビュー画面に移動します。 困ったことに、このボタンでできる移動はページ単位で、ワークシート単位での移動は無いようです。 それでも、ページを送っていって別のシートのプレビューに移ると、プリンタの詳細設定が既定のものに変わっていますので、プリンタのプロパティを表示して、同じように設定を調整して行きます。 プリンタの選択だけは 1 度で全てのシートに適用されるだけに、詳細設定だけシート毎にバラバラなんてなんだか判りにくいですね。 全てのワークシートのプリンタ詳細設定をまとめて変更するか、せめてワークシート単位でページ送りができたら少しは楽なのでしょうけど、そういうやり方は見つけられませんでした。 もっと便利な方法があるといいのですけれどね。

次の

Excelで任意の複数のシートをまとめて印刷する:Tech TIPS

エクセル ブック 全体 両面 印刷

複数シートを両面印刷する 複数のシートを同時に選択する 最初にシート1を開いておきます。 印刷設定をシートごとに両面印刷に設定する 『 別シートを両面印刷できない』という方は、ここがポイントです。 両面印刷できない方は「プリンターのプロパティ」を両面印刷に設定しているだけではないでしょうか? それでは別シートの両面印刷はできません。 別シートを両面印刷したいときは、プリンターのプロパティではなく印刷プレビューの画面上の印刷設定を シートごとに「 両面印刷」にします。 これで別シートの両面印刷ができるようになります。 作業グループとは 複数シートの同時作業が可能に 作業グループとは、複数シートに対して同じ作業を同時に行うためにグループ化することです。 実際の作業はとても簡単です。 上の両面印刷のケースと同様に、同時に作業を行いたいシートを [Ctrl] キーを押しながら複数選択します。 この状態で、Sheet1のセルA24に「1」と入力します。 同様に、シート3のセルA24にも「1」が入力されています。 『エクセルで複数シートをまとめて両面印刷する方法』は以上です。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 印刷・名前の管理 エクセルの印刷範囲を「可変型」に設定して印刷範囲の拡大・縮小を自動化する方法です。 データが入力されている行数分だけを印刷範囲に設定する方法をご存知ですか? ページ設定・印刷 エクセルのフッターでページ番号を任意の番号から開始する方法を解説します。 たとえば、エクセルで作成した資料を会議資料の6ページ目以降に差し込むのでページ番号は「6」から、といったケースです。 図形・印刷・テキストボックス テキストボックスを印刷しない方法をわかりやすく解説。 資料作成時にはテキストボックスを補足説明用に配置することがありますが、印刷時にはテキストボックスの部分は印刷してほしくないものです。 印刷・枠線 エクセルの 枠線を消す・枠線が表示されない・枠線を印刷したい、という場合の対処法を解説。 枠線の表示設定や印刷設定など、枠線に関するテクニックを図を入れながらわかりやすく解説します。 印刷 「印刷範囲」の設定・解除・変更・表示などで、ユーザーが「できない」と悩みがちな点に着目。 印刷範囲を表す青線・点線を消せない、移動できない、など。 コメント・印刷 エクセルのコメントを印刷する方法について解説。 デフォルトでは印刷されないコメントを印刷する手順です。 『コメントとは?』という方のために、コメントの基本的な使い方にも触れています。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。

次の

全てのシートに対して一括で印刷設定を変更する方法について エクセル2013

エクセル ブック 全体 両面 印刷

両面印刷する簡単ステップ• データの印刷プレビュー画面を開く• 設定を『両面印刷』に変更する 両面印刷にさらに細かな指示をしたい場合はプリンターのプロパティから設定します。 そして両面印刷をするデータの作り方によっては、設定にひと手間が必要です。 今回は、 『1シート内で、たくさんのページを両面印刷する方法』と 『複数のページを両面印刷する方法』の2通りを紹介します。 今回の両面印刷は、印刷操作のレベルアップに大変おすすめの便利技です。 ほかにもがあるので、参考にしてみてくださいね。 エクセルの両面を印刷することは簡単? 基本的に両面印刷の方法はとても簡単です。 エクセルの印刷方法は両面印刷以外にも、分割印刷やヘッダー&フッターにテキストを挿入した印刷などさまざまあります。 そのような『印刷』についても詳しく解説が含まれたExcel本があります。 Excel本おすすめ10選について紹介しているの記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。 さて、両面印刷の方法は先述の簡単ステップのように、印刷プレビュー画面の設定で『両面印刷』にするだけです。 しかし、複数のシートの両面印刷ができない!と聞かれることも多くあります。 『複数のシートを両面印刷する場合』は、印刷するシートごとに設定が必要になります。 詳しい解説は下記本文で紹介しますね。 両面印刷は、データが見やすくなり、用紙の節約にもなるので、大変便利です。 ぜひ使ってみてみましょう。

次の