オオカミ くんに は 騙 されない 歴代 オオカミ。 白雪とオオカミくんには騙されないの主題歌や挿入歌は誰の曲?

白雪とオオカミくんには騙されない8話 つばさの神対応にmihoroとあやのが?

オオカミ くんに は 騙 されない 歴代 オオカミ

海豹の縫いぐるみの前半分がぱかんと割れて内からじゃんぼ機が跳びだす。 道子は水着に着替えてみっしょんすくうるの水泳教室にでています。 各自が関門通過してぽいんとにたどり着かないといけないみたいなの。 家庭科の女教授はいつも道子に優しくて融通を利かせてくださりますからいつも感謝しているけど全く融通の利かない教授もいます。 道子は水泳教室で負けないようにと先を泳いでいたんだけど変なおばさんがずるをして途中から道子たちに割り込んでいっしょに関門を突破してしまった。 関門は独りづつでないと通れない筈だったんだけどね。 それに関門には時限爆弾が仕掛けられていて急がないといけないみたい。 しかし道子は最後の関門でみすを犯して関門の横を素通りしてしまっていた。 それなのに教官は関門通過の証明書にさいんをくださるんだけどその方が外国のおじさんだったから。 それにその証明書に万年筆で記入されていたさいんは其れはそれは素晴らしかった。 道子は主治医からむし歯に気をつけるようにと言われて妻女の死はいち年後だと言われる。 みっしょんすくうるの敷地には欧羅巴でみかけるようなお洒落な屋台があちらこちらに集まって自家製すいうつを売っていたかららいすで作ったしょうとけうきを取置きして貰らっている。 それは少し変ったけうきでてうてうというねうみんぐのしょうとけうきなの。 だけどそのけうきのねうみんぐが本人のねうみんぐとして此れから使用されるらしい。 道子は他のすいうつも選ぼうと屋台を見て周っていると他のけうきは売り切れてしまっていたから食べたかったのにしみうずの肩紐を落とした道子のぶらうすの谷間から小さめの乳首が覗いていた。 実家の窓にありんこがうじゃうじゃと巣をつくっていたんだけどべっどに寝転がっている道子からは猫んこの背中しか見えない。 窓の外には鼠がいて猫んこが食べちゃうぞって硝子越しに睨んでいた。 鏡を覗いていたら右目に黒い点がみっつ浮きでていたから軽くへこんだけど黒い点は縁どりがあって真ん中がへこんでいる。 道子はからだがしょうとけうきみたいに甘く柔らかで肌が真っ白だったから自家製すいうつのてうてうは蝶々の言い違いで道子の生殖器が蝶のように甘く薫りが羽ばたいていた。 取り置きして貰っているしょうとけうきは道子が履いているしょうつが黄ばんで履き替え時なんだけど履き替える暇も無くさぽうとぱぱの予約が入りますからえいえいと気を入れてぴぬ吸いしていたから水泳教室だったんだけど他のすいうつは売れてしまっていたのは他女たちの性器は熟れてしまっていたの言い違いで初々しい性器の持ち主は道子だけだったんだけど主治医から妻女の死はいち年後だと言われますがいち年後に最上のあくめを迎えるの言い違いで家庭科の女教授は親切だったけど不親切な教授もいて家庭科は硬いからの言い違いでさぽうとぱぱのぴぬが硬いから教授は今日中の言い違いだし硬いぴぬのさぽうとぱぱが今日中にさぽうとしようと焦っていたけどいざ幼女をさぽうとしているとぴぬが硬くならなくって不親切な愛のきゅうぴっとが居るもんだよねってさぽうとぱぱも宛が外れたって訳ね。 関門を通過をした際にさいんをくださる外人の教官はそれもその筈で通過のさいんは後ろからいんさうとだったから道子がみすして最終の関門を通過しなかったのはさぽうとぱぱのぴぬが幼女の穴を間違えただけなんだけど主治医にむし歯に気をつけなさいと言われていて膣とあぬすの穴の違いを無視するのは良くないですよだったから主治医は膣とあぬすの穴の違いを始終意識しなさいだから主治医だった。 蟻がうじゃうじゃいます。 幼女の甘い蜜を求めて群がるさぽうとぱぱのぴぬの有り様ですがさぽうとぱぱのびぬを手玉に取るのが幼女の習性です。 窓で部屋の内を伺っている鼠は幼女の膣にいんさうとしようとするさぽうとぱぱの鼠色の逸物の言い違いで猫んこは鼠色の逸物が膣に挿入しやすいよう幼女がべっどに仰向けに寝込むから猫んこだった。 道子は月の影響を強く受け月の表面のくれうたうの影が目のなかの黒い点に反射している幼女だった。 最初はどうたうも知らなかったんだけどよ人はどうにかして建物から脱出しようとしていたけど何処かの階で外階段が建物から突きでて取付けられてあってその外階段にでるととても高くて目が眩みそうなの。 黄色いぱんぷすを履いたどうたうの足元の階段は透け透けだったし階段の下の人からはどうたうのすかうとの内を覗かれちゃうし此の外階段を使えば次の子供達の検問所をするう出来るんだけど透かすかの鉄ぱいぷで造られた外階段が怖すぎ。 最初はどうしても外階段を使えないから通路で遭遇した子供達な次から次にお菓子を渡して通して貰っていたんだけど無暗やたらに進んでいく内にそうすることの無意味さに気づいて良く子供達を観察してみると子供達はまるで泥人形だった。 通路は何処も検問所に通じていたから検問の子供達に気づかれない為には死人を装えばってなっていてなんたって子供達は泥人形なんだしね。 どうたう達は死人を装うことで本心を見破られないと云う事らしかったけど流れの内ではいっ定の法則を守らないと先に進めないのだと気づかないといけ無かったみたいだったけど子供達に心を見透かされない持ち時間は僅かしか残されていないの。 子供達にあげるお菓子は無くなってしまったし死人を装える僅かな残された時間が切れてきていて死人の振りしてるどうたう達の正体がばれそうなは肌の色が生きているときの色に近づいてきていたからなの。 子供達にどうたう達よ人が生きていることをいよいよ知られそうになって慌ててぽっちゃりした少年の食べていた小さな細長いらむね菓子を分捕り口に含んで少し溶かした唾を子供達に吹つけると暫くはばれないでいた。 でも死んでいると見せかけているどうたうのからだ半分がいきいきしていたので子供達に半分だけ馬れたからどうたうは走って走って通路を曲がったところに護衛官に護られた表札に領事館室と書かれた扉が在って領事館室は治外法権だから規則違犯だからでていけと言われないことを祈のりながら扉を空けて跳び込んだ。 死んでいる子供達は領事館室に入れないみたいで結局さばいばるげうむで此処がごうるだった。 わかりやんした。 蝙蝠はどうたうの近くまで跳んできたところで少年の姿にめたもるふぉうぜした。 どうたうのところにやってきた男の膝にどうたうは跨がっている。 どうたうは此の男のこどもを産むんだなと考えている。 父が数人と白い作業着姿で漁にでかけて行った。 海でくるうざうが難破していたからどうたうは海に跳び込んで沈没しかかっているくるうざうに移るとくるうざうは窓が割れていてどうたうはくるうざうで古い手紙をひろげて読んでいた。 手紙は何だかどうたうに謝っているみたで今度はどうたうの手紙をみっしょんすくうるのさたん教授が読んでいる。 でもどうたうの手紙には意味不明の部分があったみたいでさたん教授に掌手で頭をぽんぽんされた。 かんぱにうに男が追われていてどうたうには其の男と密かに密会するようにとのみっしょんがくだされたから監視をかいくぐり其の男のいる古いびるに駆けつけたけど既に多勢のすぱいなうが男のいるびるの階に達していたのでどうたうは退却することにして途中で墓地に逃げこんで知らない死者の墓で墓参りを装う。 でもそんなどうたうを不審がり男が近づいて来る。 道沿いの家には沢山の猫んこが戯れていてどうたうに懐いて来るんだけど道には犬ともういち種類の動物がいて遠巻きに威嚇していた。 図書館に着いて本を捜していると男が近ずいて声をかけてきたけど誘ってるようだった。 でもどうたうがいざ向き合うと男は怖じ気づいてさっさと向こうへ歩いて行ってしまう。 どうたうが温泉で広い檜風呂に男と混浴していたとき白いばすたおるが湯船に掛けてあった。 白い蝙蝠が少年にめたもるふぉうぜしてどうたうは近づいて来た男の膝に跨がりこどもを孕みます。 蝙蝠が運んで来た子供ですから蝙蝠はこうのとりの言い違いだったからなんですが白い蝙蝠は神の使いですが黒い蝙蝠はどうたうの生殖器に生えた陰毛の揶揄です。 どうたうの父の作業服の白は城の言い違いで父はいち城の主だからです。 どうたうの父が数人の人たちと作業着を着用して漁にでます。 作業着は作業を切るでどうたうの父がりすとらされるとの言い違いです。 くるうざうが難破しています。 くるうざうはみっしょんすくうるのさたん教授が狂っています。 何だってみっしょんすくうるの教授がさたんなんだよねです。 くるうざうの窓硝子が破れていたのはさたん教授のすぼんの前の社会の窓が開いた侭でぴぬがだらしなく窓から垂れさがったまま授業を始めるんじゃないわよです。 図書館でどうたうに近付いてきた男はさたんが成りすましていて図書館でどうたうとの古の縁を調べていた。 でも男はいざどうたうに向き合うと面食らって逃げだしたんだけど図書館で声を掛けてくるぐらいの男ですから臆病に違いないわ。 図書館は藤四郎の言い換えだったからなんですがみっしょんすくうるのさたん教授はよほど恋に素人だわ。 温泉で男と湯船に浸かっていたけど男はさたん教授だったから温泉は音楽の言い違いで声楽だったからどうたうはさたん教授に声楽を習っていたら声楽は性楽だったんだよ。 どうたうはぴあのを奏でるさたん教授のぴぬのうえに跨がりながらよがりますから充分な声楽の練習をすることができるんです。 湯船に白いたおるが掛かっています。 どうたうが教授の性のてくにっくにぎぶあっぷしています。 別に蜥蜴とか蛙ばっかりいる場所もあって蝦蟇蛙みたいな茶色でごぼごぼしたどてっとしたでかいのがいっぱいいるの。 干支の流れで森の内の蛇のこうなうでは蛇がいっぱいだったけど黒っぽくなくて白っぽいような黄色いっぽいような蛇の結構おおきいのが目の前にいっぱい絡まってじゅっ匹やにじゅっ匹そこらじゅうにいた。 その蛇を死にごむさんがてがいよったけど犬のこうなうもあって森のせくしょんにひゃっ匹とかにひゃっ匹とかいるの。 だけど嫌な感じじゃなくて可愛いわんこたちはって感じで皆こっちを向いていた。 側で男の人が錯乱状態で自分を失って女になっちゃってたけど我にかえると男に戻っていた。 男の人は正体がばれると不味いらしくて素面を装ってたけどそんな男がふた人いて階段の手摺に跨ってすううっと滑っていった。 誰か訪ねて来たから父にでて貰おうとまごまごしていると訪問者は帰って仕舞った。 声で分かったのは缶を捨てたから違反を注意しに来ていたみたい。 でもどうたうは心外で缶を捨てたのは別人だと頭にきて抗議にいこうとしていた。 海辺のぷうるにいると海から波が来て人が浚われていったけど次の波が来てどうたうは揺られてぐぐって浚われた。 特急列車にのっていたら列車内にこじゃれた居酒屋があってそこはぶうす状の複合施設になっていて誰かと待ち合わせしていたけど誰かはあらわれなくって別の人と改めて待ち合わせをしていた。 死にごむさんは死んで用無しになった塵でしたから干支は周期的に訪れる生理的な便通の揶揄だったし建物の内から森の内に移動している森のこんもりしている場所とかてんこ盛りとかは幼女の生殖器の土手だったんだけど干支の犬はまだい無いの言い違いでどうたうにまだ便通が訪れていないとの揶揄です。 どうたうはうんちを待ちのぞんで蛙が茶色でごぼごぼしててどてっとでかいうんちが森の内にいっぱいいます。 太く白っぽいとぐろを巻いている蛇とかはばりうむを呑んでれんとげん写真を撮られた後でうんちとなったばりうむうんちの言い違いです。 可愛い犬がこっちを向いています。 可愛いうんちが便器の内からこちらを向いています。 うんちがどうたうを取囲んで錯乱した男が女に変わりますから便秘になったり便通がきたりの入れ換わりの日々です。 同じふた人の男が階段の手摺を跨いで滑り降りています。 手摺は幼女の生殖器とあぬすとの間に位置する蟻の歩わたりをさぽうとぱぱの白い細い指が愛撫するんだもの幼女は悶えてしまいます。 夏に向かってかんかん照りの日が続いてそんな季節に幼女はさぽうとぱぱに抱かれていました。 ぷうるは水を貯めて置くところですよね。 ざぱうんと波がきてぐぐって動かされています。 ろたの腸の襞が活動を開始しています。 線路が敷かれていてのり込んだ列車が動きだすのは線路は腸の揶揄で列車にのるには運賃が必要ですよね。 運賃はうんちの言い違いでどうたうの腸の内のうんちが動きだしています。 外国のこんびにで仲良しだけど露骨な意味じゃないくらすめいとの男子がお菓子を物色していました。 でもその男子がふっと消えたりまた戻ってきたりするの。 それって変わっていて男子の内に相反する人格が同居しているからか互いの人格が他方の人格を知らないで居たからなの。 片方の人格になっている男子は微妙にどうたうのことを知らなくて話もできないしそんな時ははぁはぁってなって男子はどうたうに詰め寄ってくるの。 でも後ではちっとも覚えていなくてええぅって男子は驚くの。 そんなだからどうたうと男子との関係が周りにばれちゃってたから直ぐに男子は居なくなったんだけどどうたうはくらすめいとの皆から総すかんだったんだよ。 それってどうたうが男子から好かれていることが原因での嫉妬だったんだけどね。 仕方が無いからどうたうは其処からみっしょんすくうるの建物の上空に跳びあがり建物内にいる全ての人の記憶を消し去っている。 それからどうたうはふわふわとあるぷすの頂きの別荘に跳んで行って其処に移り住んでいた。 別荘の周りにはお花畑があったり山羊が飼われていたりで長閑かなところだったんだよ。 でもそんな所にまでくらすめいとの男子がどうたうを訪ねて来てくれるんだけどくらすめいとが今は統合されている人格なのか分裂していてどちらかの人格の肩割れなのか解らないけどまあいいかなってなっていた。 でもねどうたうと仲良しの人格が本来の人格なのかそれともどうたうを知らない人格が本来の人格なのかと考えると訳が分からなくなったんだけどどうたうは別にまた凄いことも考えていてひゃく人だとかいち万人だとかのくらすめいとの子供を産みたいなとなっていて単純に産まれた子供を見てみたいなってなっているのはくらすめいとの男子に対しての愛情かしら。 どうたうが水着から私服に着替えますが味の素みたいなものです。 不味い素材を美味しい料理に作り変える味の素ですからぷらいべいとな素材を錬金術でぱぶりっくな物語りに置き換えます。 どうたうは服を着替えられなかったり外国のこんびに居たりしますがその人以外の人とか他の場所のこととか等の言い違いで外国にあるようなこんびにくらすめいとの男子が居てこんびにはこんびの言い違いでつまり相棒です。 どうたうは露骨にならないようにしていますが性が濃厚なのが物語りの基本です。 でも物語りはその真実をひた隠しにもしています。 お菓子や甘いすいうつが性の快楽に供されてようなはさぽうとぱぱに犯される直前に甘いすいうつを方馬っているものです。 物語りは強い性への拘りをお菓子や甘いすいうつで象徴してみせています。 お菓子を物色している幼女は性の快楽を物色しています。 いっ風変ったくらすめいとの男子の内にいるに重人格の主人公たちは互いに無自覚ですが水着と私服との関係のようなもので本人とは別に内にいる多重人格の肩割れの本人とのに重性です。 でも多重人格の独りとこんびになっているどうたうはと言えばくらすめいとの男子に内在する多重性の肩割れの独りにすぎませんからどうたうはくらすめいとの内に存在する多重人格の独りだった。 どうたうはみっしょんすくうるの建物のうえに跳びあがってうえから建物内にいる全員の記憶を消し去っていますがに重性はどうたうが性的な興奮にあるときの譬えで絶頂で記憶の統合が跳んでいるあくめを経験しています。 意識の統合を払拭していますから統合を裏から支える多重性の人格さえもが払拭されて仕舞ったのがおうがずむの状態でした。 あるぷすはあいでんてぃてぃうの言い違いであるぷすの頂きに住みますがどうたうが性の頂きに住まうとの譬えです。 くらすめいとの男子が頂に訪ねてきますがどうたうはくらすめいとがに重の人格のどちらの人格かを気にしません。 何故ってどうたう自らがくらすめいとの多重人格に住まう独つの人格だから。 くらすめいととの子供をひゃく人もいち万人も欲しいとは多重人格の多重人格たる所以を揶揄してのことでした。 降りて行く途中にいっ箇所ずつ子供たちが不思議な街の名を尋ねてくるげうとが設けられていて質問をくりあうすると直ぐにまた次のげうとで質問が設けられていたから何となく風変わりだった。 田舎の小さな神社の境内に小鳥がに羽ちょろちょろしていたから羽か嘴かが触らないようにどうたうは気をつけたんだけど無意識に近付いてきた小鳥を指でべんとはじいて遠くに追いやっていた。 どうたうが境内の仁王さんによく目を凝らしていると亡くなった祖母の顔だった。 どうかしてて神社の天井から吊るしてあった赤い輪っかが目の前で転げ落ちてきたからてっきりどうたうは祖母がその輪っかを吊るして置く役目を負っていたんだと考えたんだけど祖母は輪っかを元の処に戻したくないらしくって仕方無くどうたうが輪っかを元のところに戻してあげていたけど天井には他にも何色かの同じ輪っかが吊るされていたし祖母の顔が生きていた時よりよほど生き生きしていたから言ってあげると仁王さんが願いを聞かされたと勘違いしてあの例文はなんなんだと苦言を呈してくるからまあいいんじゃないってどうたうは言いかえしている。 境内で月水に金属のぶれすれっとやぴんくの紐の輪を与えて呉れるらしくてどうたうは選ぶのに迷うけど選んだ金属のぶれすれっとにはびんく紐の輪っかがおまけとしてついていた。 どうたうはが早朝に通学列車にのっていたらいつも早朝にばいとを終えて乗りこんでくる男の子がばいとが終わったから明日から列車にのらないよと話しかけてきた。 暫くすると進行している列車側の線路がそこで終わってしまっていたからどうたう達は列車を恐る恐る降りている。 線路が終点で終わっているのは何をやっても芽がでない人に春がきますからばいとをやめる列車に乗り合わせた男の子は窮地に陥った人のめっせうじを届ける天使だった。 本人に縁のあるほてるは廃館していますが前世に居住していた宮殿に似せて建てられているほてるだ。 前世で敵と向かい合い男を庇って聖戦を戦っている幼女は動物や猫たちを操れ世界に生きて行く為の方途としますが流石に犬は威嚇してきますから犬は邪悪の使いです。 ばいくに跨がるどうたうはばいせくしゃるな幼女で廃屋のほてるの天窓からばいくに跨がりこれから成遂げる大胆な行為の予行演習のために大じゃんぷに挑みますがにじゅうさんめうとるは夫をさん人は娶るとの言い違いで生涯さん人の男が幼女を養うだろうねです。 でも実際は螺旋状の回廊の手摺りを跳びながら降りていくのは幼女の子宮でしたから螺旋状の手摺りは幼女の染色体が巻いている様子です。 幼女はでいえぬえいを辿る途中に子供達から街の名を尋ねられているけど子供達はどうたうに名をなずけられています。 どうたうの未来にで遭う産まれてくる子供達です。 神社の境内に立つ仁王の顔がどうたうの祖母の顔でしたがどうたうの守護を死んだ祖母が担っていると譬えています。 境内の天井から落ちてきた赤い輪っかは幼女のお腹の内の卵子がさぽうとぱぱのちんこからでる精虫に受精して子宮の壁に着床するのはまだ良しとはせずに精虫と卵子を元の位置に戻します。 に羽の小鳥はに度にわたる懐妊の兆候ですが幼女は指でべんとはじいて便をする様に堕胎して行きます。 さん人は懐妊を散らして行きますから散妊て言い違えます。 月水のぴんくの紐の輪っかは子どもを孕む子宮口の部分です。 家の郵便ぽすとに手紙がいっぱい届いていたんだけど内に昔のくらすめいとからの手紙があってだけどその手紙は随分まえに投函されたものだったみたい。 道に落とし穴が掘られていて分かっていたからうっかり落ちることは無いけど落とし穴には草をかぶせて置かれていてすくうるめいとが郵便局に勤めていたから外回りのついでに時々どうたうの家の近くまで来てどうたうの様子を伺っていたので落とし穴が掘られたんだけどくらすめいとは結婚している人だったからどうたうは会ってはいけない人だった。 道に迷ったどうたうをおが屑を積んだとらっくの荷台に載せてくれた運転手はくいずの出題者でどうたうを含めてよ人の男女がくいずを出題される。 くいずを終えれば開放されるんだけど男女は隙を就いて逃げだすもんだから大きな指が幾つも動き回っていて逃げだした仲間はみんな指に喰われて死んでいくのでくいずをやり遂げた方がましとくいず出題者の元に戻ったけどくいず出題者は着物をきた熊で狂言の役者も兼ねていてそいつが急に具合が悪くなってしなだれかかってくるから着物がはだけて引き締まったからだに絞めているおれんじの褌が露わになる。 そいつは仲間を死に追いやった憎い奴なんだけど死にかけていたから可哀相とどうたうが涙を流すとそいつは最後にまみむめもと言って息絶えた。 手紙は手が見え無いの言い違いだから襲いかかる大きな指が見え無くなって欲しいとの願いだった。 ぽぴいの花を逆さにすればいぴぽとなり貧乏の言い違いだったから貧乏から抜けだすには落とし穴を掘って経済の落とし処を探らないといけないみたい。 家の郵便ぽすとに郵便物を運んでくる郵便配達人はめっせんじゃうで天使の蔑称だし積み込まれたおが屑は変身願望の言い違いでおが屑は顔の屑の逆言葉で顔の屑が積み込まれたとらっくはどうたうが顔貌を変えて心のとらうまの心境変化を図るとの譬えだったからおれんじ色の褌は魂の危機に直面していた幼女の引き締まったからだだった。 しかし魂の危機はくいずを解くいまじねうしょんさえ授かれば回避できるからくいずの逆さまはずいくで何処にいまじねいしょんを求めるかが問題だ。 動き廻わる大きな指は大きな手で追っ手だったし追い詰められてまみむめもはまみうで母娘の言い違いだからどうたうは母親からおれんじ色の褌で象徴されるいんすぴれうしょんを伝授されていた。 くいずを解くよ人は死人の言い違いでくいず出題者は死人にすぎないから幼女はじゅうに歳で死人に捕まえられておなにうを憶えじゅうご歳でおうがずむを経験している。 死人は血族的に近い幼女を選んで犯すのでそうしなければならない理由があって幼女を犯した死人を幼女は前世で父を夫として貞操を許していたし現世で父だったから死人に口なしだった。 それにしても前世で夫だった父は現世で父にめたもるほうぜした白蝙蝠に過ぎない死人だった。 最初はどうたうも知らなかったんだけどどうたう達はどうにかして建物から脱出しようとしていたけど何処かの階で外階段が建物から突きでて取付けられてあってその外階段にでるととても高くて目が眩みそうなの。 黄色いぱんぷすを履いたどうたうの足元の階段は透け透けだったし階段の下の人からはどうたうのすかうとの内のぱんてぃを覗かれるし外階段を使えば次の子供達の検問所をするう出来るんだけど透かすかの鉄ぱいぷで造られた外階段が怖すぎ。 最初はどうしても外階段を使えないから通路で遭遇した子供達に次からつぎにお菓子を渡して通して貰っていたんだけど無暗やたらに進んでいく内にそうすることの無意味さに気づいて良く子供達を観察してみると子供達はまるで泥人形だった。 通路は何処も検問所に通じていたから検問の子供達に気づかれない為には死人を装えばってなっていてなんたって子供達は泥人形なんだしね。 どうたう達は死人を装うことで本心を見破られないと云う事らしかったけど流れの内ではいっ定の法則を守らないと先に進めないのだと気づかないといけ無かったみたいで子供達に心を見透かされない持ち時間は僅かしか残されていないの。 子供達にあげるお菓子は無くなってしまったし死人を装える僅かな残された時間が切れてきていて死人の振りしてるどうたう達の正体がばれそうなは肌の色が生きているときの色に近づいてきていたからなの。 子供達にどうたう達が生きていることをいよいよ知られそうになって慌ててぽっちゃりした子供の食べていた小さな細長いらむね菓子を分捕り口に含んで少し溶かした唾を子供達に吹つけると暫くはばれないでいた。 でも死んでいると見せかけているどうたうのからだ半分が生きいきしていたので子供達に半分だけ馬れたから走って行って通路を曲がったところに護衛官に護られた表札に領事館室と書かれた室内が在って領事館室は治外法権だから規則違犯だからでていけと言われないことを祈のりながら跳び込んだ。 死んでいる子供達は領事館室に入れないみたいで結局さばいばるげうむで此処がごうるだった。 どうたうは落し気味に肩をだす白の大胆なしゃつを着ていていんなうは黒のきゃみそうるで鏡を透しても大人っぽい。 どうたうは扉を閉めるように男に指示していたけど男から着替えている姿が観られるからだったけど服の下から少し垂れた乳が覗いていた。 街かどで現金を撒いてる男がいて北欧の硬貨がほとんどなのだが人に拾われて硬貨はあっと云う間に通行人に持ち去られてほとんど残っていなかったけど消化栓のところにあった紙幣を見つける。 紙幣は畳んであって先を越されないように急いで拾った。 お札を広げると何種類ものお札だったから銀行に両替に行かなくっちゃってなっている。 背の高いふたりの男と歩いていると事務局のところに昔のくらすめいとがいてどうたうは男といっ緒だったから気まずかった。 事務局は人だかりができるほど混んでいて時間が掛かりそうだったから無休で朝のじゅう時から夜のく時までだったからで直すことにする。 死にごむさんから頂いたばれうの教則本を他の女の人も持っていて本人の教則本はぴんくなのに他の女の人の教則本は黄色だったしかばうは何方もはうどかばうじゃなかったけどね。 どうたうが目を移すとだんす教室で痩せた目の大きなばれりうなうが哀しそうに踊っていてばれうの教室の建物のそとには欧羅巴の街並みが広がっていて男が周囲の建物が改装中だらけだったから男が仕方なく橋を渡って道を抜けていたけど不審がられて警官に止められている。 男は鉛の銃の弾を沢山もっていたんだけど警官に見せると其れはそれで正しかったようで地域に居住している住人だと証明できるものだった。 どうたうは小さな子供のいる夫婦を消し去る為に妻子には悟られないようにらじをに時限爆弾をせっとして子供と夫婦は何も事情を知ら無いまま屋上てらすではしゃいでいるので隙を突いてらじをを爆発させている。 その後は素知らぬ振りで非常階段を駆け降りて犯行現場から離れようとして途中の森のなかで穴に転落して自らの犯行を分からない様に死んだ事にしてかもふらうじゅする。 番人に捕まらないためにどうたう達は建物の非常階段へ逃げだしますが非常階段は脚元が透けすけで間違っても恐ろしくて利用できません。 非常階段が透けているのは非常識に道理が透けているの言い違いです。 死人のからだが透けているようにあの世では物事が透けています。 子供達にお菓子を与えないと進めないようにすいうつは幼女を多幸感に導く魔法のつうるです。 幼女はすいうつを小さな顎に頬張るとさぽうとぱぱと快楽を貪ります。 幼女は半身を顕わにずり落ちるしゃつに肩が露わにがりしゃ神話の半獣神みたいでらむねを舐めて溶かした液を子供達に吹き掛けますが幼女が膣に含んださぽうとぱぱのぴぬから精虫が卵子に降りかかります。 お菓子は仮死でおうがずむの言い違いですしよ人は死人の言い違いです。 れあな紙幣に拘わります。 普断お目にかからない北欧の紙幣です。 硬貨は殆ど拾われて残っていませんがそれでも消化栓のところに折り畳んだ紙幣を見つけます。 ばら蒔かれたのは硬貨だったんだけどに種類の違った欲望で理由の違ったに贈り物が届きまがさぽうとぱぱが幼女にあたえたさぽうと料の譬えです。 両替に行かなければと銀行の閉店はく時だったけどく時はお神籤の籤の言い違いでどうたうの籤運が充実してきていた。 幼女はしゃつを落し気味に肩を露わに黒いいんなう姿ですがさぽうとぱぱにさうびすする為です。 短いきゃみそうるから幼女の垂れた乳がはみだして貰った本の表紙がぴんくなのは他の女の人の持つ本の表紙が黄色なのと較べて各自の陰唇の色の違いだから薄く白い肌の下からから透けた血の所為で幼女の陰部はぴんく色だった。 本は何方もはうどかばうでなくってそふとかばうだったのはさぽうとぱぱのぴぬが硬くならなくっちゃ困っちゃうだった。 詩的で美しい欧羅巴の街角で哀しいばれりうなが教室で踊っています。 幼女が前世でばれりうなだったからで幼女は現世でさぽうとぱぱのお腹の舞台のうえで哀しい表情で踊ってみせますからさぽうとぱぱは直ぐに射精していた。 ばれう教室の建物をでると街の周囲の建物が改装中だったのは不景気が続いて街が荒廃していたからでばれう教室をでるとはさぽうとぱぱにさうびすをすませてほてるをでるとの言い違いだった。 死んだ振りをして子供達の検問をするうします。 射精が済んださぽうとぱぱが幼女の膣からぴぬをするうと抜いています。 おうがずむに襲われているどうたうは自らを見失った死人でした。 有名女優と交際中に腕に有名女優ふぉうえばうと刺青を施した男優が有名女優と破局後に刺青をある中よ永遠にと修正したみすたうすてんちは臭い奴の蔑称だったが伊達眼鏡を掛けていたから本当に眼が悪くて眼鏡を掛けているどうたうはかちんときて頭突きを喰らわしたから眼鏡を壊してしまいみすたうすてんちに謝った。 沢山の人が集まり内に昔から好きだった人も居てものれうるにのり闘牛場に向かっていたけど闘牛場では台のうえにじゃりじゃりした何かの欠片が散らばっていて剥きだしの蛍光灯の低い天井と幾つもの台との間を態勢を低くしながら通り抜けると云う競技があってどうたうはその競技をやらされている。 どうたうは足に欠片が当たるから痛くて仕方が無いんだけど台にはみすたうすてんちにたいする想いを書き連ねためもが欠片に紛れ込ませて散らばっていたからめも破きながら回収して海に臨む岩壁にいると海原が眼下に広がりどうたうは勢い余りかなりの岩壁から滑落滑してしまうけど下で死にごむさんが受けとめてくれる。 くらすめいとはどうたうがあくめでくらくらしていたの言い違いで寿司は逆さで死すだからどうたうはあくめを迎えて死んでいた。 饂飩は愚鈍の言い間違いだったしどうたうは気がおける人とまったりと過ごしていた。 どうたうは眼が悪るくて眼鏡かけているのにみすたうすてんちは伊達眼鏡だったからすてんちに頭突きを食らわせたのはみすたうすてんちが構ってくれなくてどうたうが拗ねたからだったけどでも頭突きは過ぎたことだと反省しているどうたうは剥きだしの愛憎の矛盾した感情を懐いて揺れていた。 台にばら撒かれた破片のじゃりじゃりはすてんちにたいして気持が通じないことの訝りだったからで蛍光灯は結婚にたいするすたんすの言い違いでどうたうはしばらく瞬いてから結婚を決心していた。 どうたうのところにさたんが訪ねてきて僕は悪だけれど努力も目いっぱいしたし頑張ったんだけどなと話しているがでも決して怠けてはいなかったぞと言われてもじゃうわたしは怠けているからさたん以下なのかよってどうたうはふて腐れている。 車椅子の高齢のお婆さんは自分の事がほとんど分からなくなってきていて地図で行き先を確認して列車にのり博多駅に着いた。 ぱうだうふぁんでうしょんを頬にぬるとぐりうんの色が着いたから慌てて手のひらでひろげて目立たなくしていたけどでも何度塗ってもぐりうんだった。 男にはどうたうの他によ人の愛人が居てその内の若い女と話しをするけどじゅうに歳から男とつき合っていると話したけど関係を持つようになったのはじゅうご歳からみたい。 男はその娘が本命でどうたうの事は遊びだと考えているらしくて例えどうたうが他のよ人も含めた全ての女を始末したとしてもまた新たにご人の愛人を作るたいぷが此の男だった。 どうたうは既に他界している筈の祖母が病院に入院していて医師から回復の見込みが無いと告げられているけど相当な入院費が嵩むらしくて父が祖母の首をしめて殺して仕舞ったからどうたうも共犯を問われるかしらとびくびくしながら祖母が殺されて往くのを目撃していた。 医師は祖母の死亡診断書を書くけど四日後になるらしくてそぼの首に父の手で締めた後が残っていたから狼狽えるけど死斑がでて解らなくなる筈だと安堵する。 別々の場所にふたつ置いていた筈の鞄をいっ個だけ持って行き元のところに戻っていると他のいっ個の鞄が亡くなっている。 どうたうは古くて広いこんくりうとの建物の内に居て女の人といっ諸にといれを探していた。 女達だけが入れる個室の扉を入場しようとするけどどうたうだけが引き戻され更に別の扉を進むように要請されるから女の人と引き離されてどうたうは泣きだす。 さたんは悪魔の蔑称ですから悪魔は空いてる間の言い違いで仕事が暇で殆んど解らない行先を地図で探そうとしていますから仕事が暇なので何とかしなければです。 死亡診断書がよん日後は余暇の後にの言い違いで時間が経ったけどどうたうが休暇の後にみっしょんすくうるに登校しようとしています。 殺された祖母の首に死斑がでてきて死斑は師範の言い違いでお気に入りの音楽の教授がどうたうを贔屓していた。 死んだ筈の祖母は粗暴の言い違いで周辺の粗暴な振る舞いの人物を言いあてている。 お気に入りの教授がひたすら優しいと教えていて祖母が首を締められたことを不問にしようと躍起です。 締めている首はりすとらの揶揄でどうたうの父がりすとらに会わないようにとの配慮で鞄が亡くなりますが祖母も亡くなっていたのはどうたうの父親のりすとらで収入が途絶えることの危惧です。 どうたうは女の人と引離されていますが父親がりすとらで職場から引き離されて困惑します。 引き離される女の人はどうたうの母親でした。 どうたうは女の人と建物の内でといれを探していますがおしっこやうんちをえんじょいしたい為でといれは逆さにするとでうとでどうたうは母娘ででかけるしょっぴんぐを楽しみにしています。 作者に伝えておきます。 まっさうじが済むとまっさうじ用のがうんからみっしょんすくうるの制服に着替えて大きな邸に勝手に入りこんで行っていたけど門の扉が開かないから諦めて知り合いのおうなうの店舗を訪れて面会を申しでていたらちょうどその時におうなうが愛人といちゃつきながら戻ってきたから急な鉢合わせは不味いかなと暫らくろっかうに潜んでいたんだけど直ぐに見つかる。 履歴書の束に眼を通しているとおうなうの古い履歴書に眼がとまり調べてみるとおうなうは中卒で働きだしていて添えられた手紙にはどうたうと結婚しても妻を働かせるようなことはしないからねと書かれていた。 だけど会長は根っからのぎゃんぶらうだったからぎゃんぶらうは浮き沈みの激しい身分で結婚しても専業主婦でやってけるのかどうか心配になる。 おうなうが経営していた店のに店舗のうちのいち店舗を閉めることになっておうなうはしょげ返りながら店舗内をじゃがうで走り廻っていた。 年配の男女からほんとうに打ち込める器楽をく月ちゅうにみつける様に言われる。 死にごむさんが場所は言えないけどと帽子を拾ったと言っていた。 どうやら陶器屋を覗いていたかめらまんが陶器屋の女おうなうを熱烈に盗撮していてどうたうも盗撮されて歪なかっぷを買おうとして女おうなうに差しだす処を盗撮されていたんだけどたいみんぐが合わず何度もやり直しを為せられながら盗撮されているから犯しかった。 暫らくするとかめらまんの男は窓の外で別の女を盗撮していた。どうたうはまっさうじを受けていますがまっさうじは真っさらの言い違いで幼女は真っさらの処女膜を持つから幼女だったしみっしょんすくうるの制服姿は性に服するの言い違いだったから幼女はいつでもさぽうとぱぱに処女膜を与える積もりでみっしょんすくうるのみっしょんは処女膜を破瓜するの特命だった。 整体っぽいとは正解の言い違いでまっさうじは間違いの言い違いだったからまっさうじの合間にくいずをだされても文句を云えません。 でもくいずの質問がぼんやりで聞き取れませんからぼんやりはやりまんの言い違いで幼女はさぽうとぱぱにやりまんの少女で通しています。 おうなうの履歴書はおうなうが店舗経営のすとれすで鼠れきになっています。 く月にしてもとは器楽にしてもとの言い違いでく月の月は月のものですから生理の周期の言い違えですしく月のくは苦痛のくで月は幼女のからだの肉づきのことです。 幼女はさぽうとぱぱに犯されて生理が止まりからだの肉づきが変化して色っぽい愛嬌がのぞきます。 器楽は性交時の喘ぎ声で死にごむさんが場所までは言えないと言っていますからさぽうとぱぱに犯されて幼女が嗚咽を漏らすのは幼女の喉からではなくて幼女の膣から嗚咽が漏れています。 幼女はさぽうとぱぱに次のさぽうとの逢引の日を急かされていますからじゃうもういっ回さぽうとにちゃれんじしましょうで死にごむさんが帽子を見つけるからとはさぽうとぱぱのぴぬに被せる避妊ごむをみつけようと焦りました。 かめらまんは亀ですからさぽうとぱぱのぴぬの亀頭の言い違いです。 またかめらまんは瓶ですから幼女の膣の譬えです。 かめらまんは逆さに読めば幼女の生殖器の蔑称でおまんこになります。 歪なかっぷは皺のある幼女の陰唇の揶揄ですし何度もおうなうと幼女のみにから覗くずろうすの盗撮を撮り直していますが後で気がつくとかめらまんの男は窓の外で女を撮影していました。 かめらまんの男が女の膣の外に射精してしまったの言い違いで護謨製品が見つからなかったからです。 車には他にも人がいたんだけど何故かどうたうが噛まれていたから此の野郎って黒っぽい奴の口を縦にこじ開けてばんと追い払うてその間に車は走り去ったけど車の後方を見ると遠くにそいつは居て追いつかれると嫌なので後部どあを懸命に閉じるんだけどでもどあはすらいど式なので反動つけて閉めようとすると隙間が残って完全に閉まらないから始めから終わりまでばんと閉めるのでなくて始めはそろそろと終わりにぎゅんと力を込めると閉まった。 夫妻の妻が夫を土に埋めていたけど手だけ地面から突き出ていて妻がいやらしいことを始めたから後でまた掘り起こす積もりらしかったけど夫のぴぬは硬なって勃起している。 どうたうはみっしょんすくうるのくらすめいとの女子を庇って代わりに悪人に抱きついていやらしいことを始めていたら凄くはうどなことになっているから其れを目撃していたくらすめいとが余りに激しいのはちょっぴり酸っぱいよね普通は静かにするもんらしいよと噂するから気恥ずかしい。 どうたうがばらばらにした知ら無い男のからだのぱうつを自らの膣に突っ込んでいるのは知ら無い父にぴぬを膣に突っ込まれているの言い違いで知ら無い父はさぽうとぱぱの言い違いだったんだけど何れにしても幼女は自らを造ってくれた恩人を膣で食べていたから幼女が産んだ子供は告示のできない父の子で靴の底に張りついた雀の糞を掃除しているから父の子を産んだ幼女は聖茉莉やに相似していた。 車の後部どあを閉めようとしても隙間ができて完全には閉まりません。 始めはそろそろと終わりにぎゅんと力を込めると閉まりますから困り事はすらいどして擦るのがひんとです。 夫を土に埋めるのは河豚にあたり埋めて治そうとした古人の知恵で河豚にあたるのはさぽうとぱぱの指名がついた譬えだったんだけど幼女の前でぱぱのぴぬが萎えたままなので幼女はちいさな掌と喉でさぽうとぱぱのぴぬをしごいていたから萎えたぴぬにはすらいすするように掌や喉の奥でぴぬを擦ってあげるのがひんとだった。 夫婦の夫の手だけ土からでていたから足は埋まっていて土は膣の言い違いで父のぴぬは幼女の膣に埋まっていたけど埋まった足は足枷の言い違いでさぽうとぱぱはさぽうとにはお足が入用で幼女はといえば膣から手がでるほど報酬が欲しくて堪りませんから幼女の膣の涙は甘い香りと味がしてさぽうとぱぱのぴぬの歓喜の精液と混じりあって酸っぱくなっていく。 男は前世の頃からずっと心に妊婦を思い続けていて妊婦はにんふのように美しいとどうたうに告げていたけど壊れた塔に住み着いた猫か猿かがに匹いて置物になっている狭い室内には桃がさん個の内のに個はいっ個づつた皿に盛られていて白犬が縋りついて股を舐めているのを母が白いぶらうすとちぇっくのすかうと姿で眺めていたけどどうたうは肌のうえに黒いすうつを身に着けていた。 宇宙人と交信する人がいるらしいけどどうたうも宇宙人ときゃっちしていたから能力を狙われてかんぱにうから追われる身になって寺子屋に紛れこんで隠れていたんだけどでも寺子屋は無国籍の子供達ばかりが集うていたから日本人のどうたうは目立ち過ぎで逆に子供達に馬れる。 どうたうは喉につっかえたへ泥を掻き出すんだけど歯茎がぐらぐらしていたから歯医者に行かなければと考えた。 橋があって通っていたら川のなかに沈み込んでいる橋だったんだけどいちど川に浸かって後ほど川から出ていてどうたうは自転車を突いてたんだけど橋が浸かっている処までで迷っていたら黄色い犬が浸かった橋から這い出してからだを揺すると向こうの橋を歩いて行った。 母の茶碗が欠けていてひゃくじゅうさんとななの数字が欠けている処に小さく記されていたからどうたうはまじっくまっしゅるうむのめんばうに狙われていたけど知らんぷりをきめているのを好い事にめんばうに気持ちをぶつけてこられて犯されそうだったから死にごむさんのお葬式に紛れる事で逃げたんだったけど結婚式だったみたいな気もしていて式に出席する人達は異様に着飾っているし引き出物の青い缶がに種類あったけどせんさんびゃく円台とせんひゃく円台のがあってどちらを渡すかを主催者が選らんでいた。 式の奥の部屋には棚が列んでいてみいらや骸骨がいっぱい並べられて主催者は其処で式の段取りを指揮していたけど怖くて近寄れなかった。 焼夷弾は消防団員の言い違いでちぇっくのすかうとは妊婦のちぇっくを怠ら無いすとうかうの言い違いだったからどうたうは隣り合わせた消防団員の男にすとうかうされていた。 黒服は苦しさを拭うで歯茎は歯がぐらついていたからぐらうんどまざうの言い違いだったから崩壊した塔がどうたうのぐらうんどまざうが薹が立つと云う言い回しがありますが盛りがすぎてしまっていたけどその薹が崩れ落ちていたからぐらうんどまざうが若々しさに満ちていた。 どうたうは猫や猿の獣神に取り憑かれていて獣神は奔放な性のしんぼるですから猿や猫の置物は大きく成ったさぽうとぱぱのぴぬだったんだけど橋が川に沈み込んでいたから橋は箸でさぽうとぱぱのぴぬの端っぽの言い違いで川は幼女の膣の揶揄だったからさぽうとぱぱのぴぬの先っぽが幼女の膣に出たり入ったりだった。 欠けている母の茶碗は肘や脛の皿を譬えていてどうたうの母が肘か脛の施術が必要となっていてひゃくじゅうさんはいい匙加減の言い違いでしたからどうたうの母には適量の薬が効果を発揮するとの言い違えています。 さんじゅう引くははは匙を引くな匙を投げるなと教えています。 皿に盛られた桃があります。 ろたが口説かれてろたの抵抗線が唇と膣のふたつまで突破されています。 残る肛門を抵抗しますが風前の灯火です。 皿に盛られた桃はいっ対の乳房の揶揄ですし乳房に象徴された心臓で幼女の心臓が皿に盛られてさぽうとぱぱに供されて殉教に捧げられた幼女の前世の記録が語られていたし黄色いのと白い犬は城にいると黄の幼女の言い違いだったしで骸骨は骨の外を言い換えで外面をあらわしみいらはみいら取りがみいらになるの言い違いで殉教を強いた迫害者の者たちが殉教者の幼女の心臓に魅入られていた。 せんさんびゃく詮索しているの言い違いでせんひゃくは戦意で着飾っているのは気がかりの言い違いだっただくなんだけど怖くてみいらと骸骨が並んだ部屋に入れないからつまりは野外ですから青い缶は青姦になりどうたうはお城の外の野外で騎士達に青姦されて戸惑っていた。 だからなんだけどどうたうはそのために死にごむさんと偽装結婚までしている。 丘のような風景のところに魔術すくうるの古城があってどうたうは魔術を学んでいる設定だったけど男子として生まれていて丘のところで女子たちを騙していた。 どうたうはすくうる内でも旨くやりこめるためにいろいろ騙して展開としては場面がたくさんでてきたし外国人の綺麗な女子とかも騙していたんだけどどうたうはにとっては軟派はげいむだった。 でもね誰かに秘密を知られたり不信を持たれるとその相手を事故に見せかけて殺していたの。 例えば秘密の地名が男子の名の内に隠されて使われていることが鍵になっていてでも秘密がばれると不味いことになりその人を殺さなければなら無かったりするの。 魔術すくうるには他に魔女だった娘たちもたくさん寄宿していて城の内外で姿を現したり消したりしていたけどどうたうは古城の狭いぐるぐるの階段を登って行って自分のるんむに戻って魔術すくうる全体は腹黒いし残酷なんだけどどうたう自らもがらんとしたるんむで女子寄宿生を誘い込んでは罠にかけたりしていた。 行った歯医者で歯型をとることもなく治療していますが歯型をとらないのは歯が無いから歯型をとれなかったからなんだけど口には立派な歯が生え揃っていたのに歯医者に歯が無いと揶揄されるのは歯痒い思いですがそれでも歯が無いのは幼女の性器に歯が生えていなかったからなの。 地名は致命てきの言い違いで口に歯が生えてこないのはご飯を食べるのには致命てきなんだけどさぽうとぱぱのぴぬを呑み込む膣には好都合だった。 丘の古城はどうたうがお嬢さんを侵されているの言い違いだったから女のどうたうが男に成ったんだけどちいさなお嬢さんがほてる古城でさぽうとぱぱのぴぬで犯されていたんだった。 さぽうとぱぱは結婚していて妻帯者だったから古城は古い城で不倫をしろの言い違いだったしぱぱに勧められてほてる古城でちいさなお嬢さんはさぽうとぱぱと不倫な関係を結んでいたんだったけどとまれどうたうは男になって女子を騙しまくっていた訳だけどやっぱりどうたうは女だったから古城のがらんとしたるうむで猫と㹨の戯れに没頭していたしがらんとしたるうむはどうたうの膣がれずびあんの㹨役のてくにっくで伽藍の内部のように膣壁が拡がっていた。 死にごむさんにどうたうと仲良しの幼い娘さんがいたんだけど近々死にごむさんは離婚することが決まっていてそれでいいのかなとどうたうは悩んでぶらぶらしていると向こうが本人を見つけたから慌ててふろあに戻ったどうたうは死にごむさんの気を曳く為にぶらぶらしていたとは思われたくなかったんだもの。 何人かと合婚をしたどうたうは酔っ払って席を外したどうたうはべらんだに出て屋根伝いに歩いていたんだけど手には贈られた花束が握られていて葉っぱが主体の花束でだけど他にも何か手に持っていて屋根の天辺に辿り着くと怖くなって手にしている花束をいったん地階に落として天窓の硝子が破れていたから其処から内部に侵入しようとするけど硝子片がからだに突き刺さった。 街かどで死にごむさんが追ってきて食事を誘うから乳繰りたいだけなんでしょって突き跳ばしてやる。 死にごむは豪勢な邸に住んでいて死にごむさんとの交際を望んでいたくらすめいとの女子がいたんだけど男はきっぱり退けるでもなく成り切ってあたっくするでもなくしれっとしていてそれでいてその気が有るというのがいち番だよねと話していて妻と離婚する死にごむさんは頭がいいんですよと言い張るもんだから何でだよって問い詰めるとだって離婚は利口の言い違いでしょですって。 ほてるにばいぶれうたうが置かれていて幼女のえろちっくな好奇心を充していてでもそれってさぽうとぱぱには知られたくないですよねだった。 合婚は婚が合わさって婚婚だったから好きなお人がこんこん狐で姿を現してくれませんからきついよねの狐ですからまだ幼い幼女の性器は狐でつまりきつめだった。 どうたうはなんとなく席を外しますがなんとなく咳を外すの言い違いで引いた風邪が治りこんこんたごる咳がつまりなんとなくこんが治ってきているのは長々こなかった生理が訪れて狐につままれたみたいです。 べらんだにでて屋根伝いに天窓にいて葉っぱばかりの花束は半端だで花束は鼻高々の言い違いでぷらいどの強いどうたうであっても高いところは苦手だとの譬えです。 食事に誘ってくれた死にごむさんに乳繰りたいだけなんでしょってぶっ飛ばしますがどうたうはらんちに焼き蛤と牛乳を飲んでいるの言い違いです。 別にけいき屋さんで曜日限定のまろんけうきが日保ちするか心配だったけど幾つ購入しようか迷ったあげくじゅっ個買って帰える。 恋愛で悩んでる女に周りは皆んな同情しているのにきつくあたるからどうたうは友達ができなかったんだけど知らない男が銃か矢を発射してくるから何とか躱して切りぬけるけど発射してきたのは空気銃だったから許さないわよって男を街中であっさりと殺した。 騒ぎを聞きつけて集まった野次馬に紛れて逃げるつもりがよ人の男がのる車のばんに遭遇して匿って貰う。 そのときに擦れ違った車に避けたいくらすめいとがかめらを構えて乗っていたから顔を写されたかもしれない。 ばんは暫くして門構えの立派なれんが造りの家に到着してここに身を隠せば見つからないと内庭に隠れていたら家の主人が現れて互いに姿は視えないんだけど主人は暫らく庭仕事をしてから家に戻っていった。 でもその間に微妙に気がつかないぐらいに小さな手が触れてきて庭の小人からめもを書いたちいさな紙切れを渡される。 それから庭師があらわれて不審げに庭を物色して回るからどうたうはまた改めて隠れる場所を探さなきゃってなっていた。 北欧の民話にでてくる悪戯好きの庭の小人がどうたうに接触しています。 幼女の愛は小人の愛ですから愛に縁のない人々たちから迫害されますが小人の愛は妥協を潔しとしない愛ですから迫害者には死を持って償わせます。 撃たれた銃は空気銃で空気が自由の言い違いでどんな愛し方も愛され方も自由だとの譬えでさぽうとぱぱが幼女の膣の内に精液を射精しても空気銃だから幼女はお腹が空いてしかたが無いぐらいでさぽうとが終わればれすとらんでお食事しましょうよと食う気まんまんですから空気銃です。 街中ではつまり待たさ無いでの言い違いで男を殺してはつまりさぽうとぱぱのぴぬを逝かせての言い違いです。 幼女は立派な家の内庭に身を隠しますが庭に住む小人からめっせうじを託されます。 めっせうじはどうたうが世界から贈り物を受けとると書かれています。 さぽうとぱぱからさぽうとの報酬が支払われるとの揶揄です。 さぽうとを支払うのがさぽうとぱぱで報酬が戴けるからさぽうとです。 街はさぽうとぱぱのぴぬが逝くまで幼女自身が逝くのは待っていなさいねですから街です。 街の定食屋は幼女の貞操を蹂躙したいと待ち侘びているさぽうとぱぱのぴぬが果てるまでさうびすを続けていたからお腹は減るし食欲は性欲と反比例するってことねって幼女は学びます。 ばいとに応募したどうたうは店の主人から食事を勧められますが後でご飯だけと応えています。 ご飯は半分の言い違いでほてるのべっどで幼女を輪姦している複数の男たちは庭の小人ですから幼女は普通の半分にしか満たないぴぬで犯され続けているから可笑しかった。 後でけうき屋さんですいうつのまろんの数に迷っています。 まろんはどうたうのからだつきがろまんちっくだったからです。 それと云うのもどうたうは彼の世と此の世を取り違えて考えていたから。 くいずも終わりどうたうは沢山の古い過去の写真を整理していてかめら屋さんで貰った小ぶりのあるばむに写真を入れて行くけど入りきらなくて無理に押し込んでいると最終的にあるばむがあこうでをんの様に分厚くなってしまった。 どうたうは尿意を催したから中国式の古いといれからひとつを選んで前にといれに入っている女の人が出たらといれに入ろうとするけど知らないおじさんが順番に割込んで来る。 でもどうたうが先に並んでいるんだからと順番を守って頂いていた。 といれは囲いも無しで足元には液体も溜ったままで汚れた便器がぽつんと在るだけなのでどうたうは用を足せないで怯んでいたんだけどね。 古い神社でお婆さんの巫女から御守りをみっつ戴くけどお守りは人が使った後のお古だった物みたいで怪我か何かの時に持っていても大丈夫なんだろうかと心配になる。 それからどうたうはお婆さん巫女からなん枚かの籤も戴くけどお婆さん巫女はどうたうの着物姿をしげしげと観察してから高い草履を履いているわねと言った。 その後に映画館で座席に就こうとしていたら後ろの席の死にごむさんにやっけのふうどを蹴られる。 死にごむさんは足を組みたかったみたい。 その後に死にごむさんは周りの人ととらぶるになりどうたうが慌てて仲裁に入っていた。 本人は死にごむさんに気に入られてるのか嫌われているのかちんぷんかんぷんで分からないんだけどね。 煉瓦の壁はどうたうに立ちはだかる障壁だったからくいずに正解することは世界の謎解きができる事だった。 どうたうは最終質問においてあの世と答えてしまっていてつまり祈願していた訳だったから昔の写真を定番の薄いあるばむに入れても入りきらないのは常識だったし型に嵌まりきらない幼女の幼い膣の常識だった。 あるばむがあこうでをんの様になっていたのは幼女の小さな膣を大人のさぽうとぱぱがと言うてもこの場合幼女の父親のぴぬが烈しくぴすとんを繰り返すので幼女の膣壁が脱肛のあぬすの様に膣外にあこうでんをんの様にはみだして来て見事なはうとの型ちを描いていますがその美しさは主婦たちが妊娠ちゅうでお腹があこうでをんに膨らんでいるのとは可笑しいくらいに雲泥の違いでした。 といれは逆さまの言い違いででいとでどうたうはでうと中におしっこをしたくなっています。 といれの別称は草屋ですし草屋は着物姿の草履に繋がり着物は好き者の言い違いだったから中国の囲いの無い汚ない草屋でどうたうは人に先を越されていたから男の銀魂に精液が貯まるように膀胱におしっこが充満していた。 どうたうはお守りみっつを手に入れて愛人をみっつの様に取り扱います。 みっつはみつ子の様にの言い違いでお守りが怪我かのときに使われてしまっていないか心配しています。 怪我は経済的損失です。 ろたは金持ち以外するうしたいと考えます。 着物と草履は性的な身体の部位の揶揄です。 死にごむさんに着物のふうどを蹴られています。 死にごむが脚を組もうとしていたからです。 脚は靴を履いています。 革靴は歩くとこつこつ音がします。 こつこつは調理人のこっくの言い違いです。 こっくは別名男のぴぬでした。 死にごむが男のぴぬの所作をろたにしています。 着物のふうどはろたの陰唇の揶揄です。 どうたうは料亭の人に会員に選ばれた人しか食べれないんですよねと尋ねるとそうでもないらしい。 料亭のお品書きにはでざうともたくさん載っていてでも皆んなは定番のおおきな海老ふらい定食を食べていて何故か死にごむさんも居て燕尾服を着て海老ふらいを食べている。 どうたうが座敷につこうとしてぶうつを脱ぎ揃えていると片方のぶうつがべろうっと接ぎ合わせから開いてしまう。 どうたうはじゃけっとにすかうとを着用してたんだけど店の人に服がでかすぎだよもっとちいさい服が可愛いんじゃないと言われた。 母が替えたばかりのたをるをすべて別のたをるに替えてしまっている。 海辺の岩場で周りには沢山ひとがいるのにどうたうは知らない男に口吸いされた。 波が高く岩場に波が襲い始めたから皆んなに逃げるように勧めて丘の処まで避難したけど波に襲われたけどどうたうと死にごむさんだけは宙に浮かんで助かった。 どうたうは溺れている人たちに手を伸ばして掴みなさいと励まし続ける。 特売しているすうぱいのれじに沢山の人が列になっていて外国のめうかうのあいすくりうむを買おうとして居るのに財布が無かった。 どうたうは死にごむさんを捜してちいさなびるに入っていって錨や定規と書き殴っていた。 らんちは性交の乱痴気騒ぎの乱痴気の言い違いです。 定食の海老の大きさは男のぴぬの大きさの揶揄です。 海老ふらいが揚げられていますが男のぴぬがえれくとしていて燕尾服の死にごむさんは恵比寿顔でぴぬをえれくとさせていましからそんな礼儀正しい死にごむさんにどうたうは抱かれてぶうつを脱いで列べ直しますが死にごむさんのぴぬにどうたうは護謨製品を被せようとしているの言い違いでした。 抱かれて身繕いしているどうたうは片足のぶうつの接ぎ合わせがべろっと開いていますが死にごむさんのぴぬが凶暴だったからどうたうの陰唇のいち舞が腫れそぼっています。 幼女はほてるでさぽうとぱぱのぴぬに被せた護謨製品が破れてしまわないかと心配です。 だってさぽうとぱぱが甘利に烈しく幼女の膣を打ち続けるんですもの。 服がちいさいほうがえろちっくと言われていますがきつい幼女の膣の言い違いで幼女の膣は清楚で殆ど使い込まれていません。 老舗の料亭は幼女の趣味で歳差の離れたさぽうとぱぱとの性交が生き甲斐でした。 料亭は本来誰でも定食を食べることができる訳では無かったのは幼女が歳差が離れたさぽうとぱぱだけに抱かれたからです。 母にたをるを移動されていますが母は病院のべっどで胃瘻で生き永らえている。 海辺の岩場は産む謂われの言い違いです。 性交をするにも都合があるわよねって言ったところです。 海の波が高まっています。 欲望の波に飲み込まれそうです。 宙に浮ぶのはえくすたしうに導かれてのことです。 ろたは手を伸ばすようにのびたびぬを慰めようとしています。 錨と定規は幼女を眼の前ににしたさぽうとぱぱの生ききるぴぬは常識を越えた硬さだよです。 床は苗床でどうたうが苗床にされるえろさは尋常じゃないです。 すうぱうのれじに沢山ひとが列を成していますがすうぱうはすぱで幼女の秘密の泉ですしつな缶は綱渡りの言い違いで外国製品のあいすくりうむは外国人のぱばにあいすくりうむ詰まり愛され狂いたい幼女はぱぱのでかいぴぬのせいでこんどうむが破れてしまいますから綱渡りです。 商品を買おうとして財布が見つかりませんが男に買われようとしているのに財布は必要ではありません。 さぽうとぱぱにからだを買われてさぽうとの報酬が幼女に支払われます。 服がたくさんでてきて服は福の言い違いです。 その時にはどうたうの使っていた家具や雑貨など家にあったもの全ては捨てられいる。 どうたうが座敷の責任者に説明を求めると責任者はちいさな鉄の塊を幾つも投げつけて来るから塊を避けたり弾いたりしながら怪我せずにすんだのが奇跡だった。 昔のすくうるめいとが雑貨や服を売っているお店に集まっていたんだけど遠い親戚に不幸があったからだったけでどさくさに紛れて以前から買おうと考えている幾つかの素敵なかうどを赤いばっぐに纏めて他人の目に触れないようにして他の人が手にしているかうどと較べると友人はぴんくの花模様のかうどだったからぶるい系のどうたうはぴんく系も良かったかなと後悔する。 そのお店の入り口はよく改装されるから紛らわしいんだけど前回は並んだふたつのどあが在ってが両方のどあが開けられたのに今回は片方を閉めて開かないようになっていた。 どうたうは男の人の名前の最後の字を思いだせなくて字の読み方も知らないのでその名前で届いた携帯のめうるにいろいろな情報を返信してくださいと伝えていたけど届いためうるが実は他人が成りすましだったと後で知った。 それに成りすましていたのはどうたうと対立していた敵のぐるうぷだったから少し青ざめている。 どうたうはみっしょんすくうるのさたん教授に口づけされたりするけど今はそれどころではなかった。 どうにかしなきゃと奇襲攻撃を仕掛けて敵を亀のいる池に放り込んだ。 責任者が鉄の塊を投げつけてきます。 用心を怠らないようにとの例えです。 実家に人が押し寄せてろたは室内の鍵を閉めます。 鍵と閉めるのは貞操観念が発達しているからです。 室内が柱もない大広間の座敷になっています。 ろたの興奮して拡がっている宮殿のような膣内です。 膣内の大広間に大勢の人が集まってきます。 ろたの膣内に男たちがむらがってぴぬを差し入れようとしています。 ろたの膣内に無数の精子が放たれます。 鉄の塊は逆さま言葉でつての塊です。 実家の家具や備品が片付けられていきます。 不幸にして亡くなられたろたの親族の弔いが始まります。 弔いにろたの遠い親戚が駆けつけてきました。 赤いばっぐは負債の象徴です。 身体の不調を知らせています。 ろたの亡くなった家族は負債を償還し終えています。 雑貨は財政が富むとの言い違いです。 富は個人を禍から護ります。 お店の入り口が片方閉められています。 ろたが出費を抑え倹約しています。 ぴんくは儲けがぴんちの言い違いです。 ぶるうは負債で憂鬱です。 男の人の名前の最後の一字が解かりません。 最後の一字は秘密です。 世界が隠されていることの例えです。 秘密の蜜は隠されている部分に溢れていると教えています。 隠されることで誘惑が瞬きだします。 敵を亀の池に放り込みます。 不況を投げ入れて亀の縁起を被るとの所作です。 ううたどはそのことをを助けようとして引っ張っていこうとするけど抵抗するから外にでようと催促してあどを開けるのは他人では駄目でううあどはことをが抵抗するからあどを開けられない。 我儘なことををううたどはその場に放りだすからざまあみろだ。 建物の外は戦場で近未来か過去か分からないけど古いきけぼうたをくっつけた人がしゃっしゃっと移動しながら戦ってたけどその人に大勢のきてが襲いかかって来るからその人は胴から切り落とされて傍にはんくさたの人が地面に座っていたからううたども紛れて座っている。 ううたどはことおを庇おうとことをさっきまでしていたことを胎らさないようにする。 んいるくいねをさん年連続受賞したうゆじょが死んだらしい。 うゆじょはううたどと灰色のどっくばんろがどの話しをしていた。 そのぷるうぐに女っぼいのがいてろいいはのうんばめの誰それに似ているとか話していたらううたどはろいいはのどっくばんろのるうかぼに似ていると言う。 ううたどのとかうすの裾に血がついていてそれを浅いういそす内に沈めて周りに隠れて洗っていたらそこにんちゅうじうのことをが遣ってきてううたどが助けようとした人と性交していたのかとしつこく尋ねられんちゅうじうのことをに妙ないったぶを植えつけられていたけどいったぶそのものがんちゅうじうだった。 植えつけられるとんいりあえの命ずるがままみたい。 中世のぱうろっよでその植え付けられたいったぶがめすむとしてううたどのからだで成長して秘密のらびとが幾つかあるたかやでううたどのめすむはういよたのくうそろに陽を点けながらううたどがことをを助けようとしていたみたいに待っていた。 べっどを起きだしてうとふを畳んでいるとどまのところに助けようとしていたことをが立っていたから少し窓を空かしてんうてかで後ろを囲いながらどうしたのと尋ねら。 やへのことがへこんで埃こっていたので恥ずかしくてんうてかで隠していただけなんだけどね。 ううたどはことおからきがはを渡される。 きがはにはそのときで遭っている内でいちばん素敵だと記されていたからううたどは嬉しい。 変わっためゆを視たよとも記されていてううたどが見ためうと同じだった。 ふたりは奇妙な気分になってこおをはううたどのからだを這いあがってぶ腹かを責めてこようとするからんさしゃあをするから辞めてよねってなっていた。 とうばうまうけっすはぱうすでぴぬがぱすしていた。 ううたどはぱすするぬぴをひっ張っていますがよけいにたちません。 ううたどは成り行きを打破するためにぬぴを捨ててろまあみざです。 戦場できけほうたをくっつけた人はぬぴにきえそをしている人です。 しゃっしゃっと移動していたら大勢の敵が襲うてきます。 ううたどはぬぴをしゃっしゃっしゃっと扱いうどから切り落とします。 うどより切り落とされてちかがうえのまたんきになります。 うゆじょが死んでいますがうゆじょは遊ぶじょうよです。 ぷるうぐにろいいはのなんおっぽいのがいます。 死んだ振りはろいいはのなんおも同然でとかうすの裾に血がついています。 んいりあえはるろち地方の地酒で聖ねはよが伝えたるろちくんがさのなはの蒸留したるるこうあです。 聖ねはよにじょしょを奪われ生まれためすむがいうせちゅぱうろっよでういよたのくうそろに陽を点けるめすむに成長してははがぬぴをたたせようとしたことをと契ります。 聖ねはよは嬢よがんりろを装えばぬぴが勃起するとの教えをのたまう。 きがはは嬢よのんんしいです。 きはががに何よりいつくしうと書かれていてことがへこんで埃っていますが嬢よの未貫のぼぼがへこんだぼぼだった。 ううたどがんいううの旅行つあうに同行してすむうらぶのちぼを訪れたじきがしっざに載っていてうかんぼあのすむうらぶがみたたいっぱいちんうしていて仕方なくううたどが拭いているとすむうらぶのまたあに黒のじうすが浮かんでてきすいなま黒でずんたくとれんこをするのが良くないらしくてしゃいめから含みを帯びたしなはをされたからんなのことってめいつとていた。 こいかが湧いていたかららをびを習うがさっそくらをびのびんしゅうれにすむうらぶのらをびとのあぴそなたをひく。 とうぱうまうけっすから帰ろうとしてしょんかなのらびとのつとひからでるまてにむにご死さんのううなこが設けて在るのにきづ気こはりいうんぷしゃのとっせをううにゅこするつもりでいるとむにこ死むさんが跳んできてりむしないでいいよと代わりにうんぷしゃせっとを買ってくれた。 それはろくいるとぼにたっいうんぷしゃとろいいるとぼにたいっはすんりだった。 とうぱうまうけっすをでるにはごしはぐらいのしゃいけのんいだかを降りなければならなかったからきいゆだしてんいだかにしがみつきながら降りるとうんてぃぱがるまえみだったから階下にいることを達がけやにていた。 つようしびに往くとううなをが暫くぶりだねとをがえでとすこうえしてくれたけどぐすにとっかに入りそうだったのりどみろいのくっりゅを預けてちい度つようしびをでる。 くっりゅはどきほさまでうをっせいたからかたたあかったんだ。 ううたどはつようしびのううなをとのことをれだにんうだそにのっていらもたくてんすとられでういふしちゅびを作っていたふしぇにんうだそしようとするとふしぇはつようしびのううなをだった。 それにんすとられのくきゃはりうりょかんきゅうけでくにがいずまとりうりょはしいなだだからいよくにをもっとえかつとくんもをいう。 くたごを抱えているのは他のくきゃも同じだった。 だけどううたどはらはが立ってきてそう考えているんならんすとられに来なければ良いじゃないってふしぇを庇う。 んすとられはと云えばんいかがはんうぷをな造りでとそとちうが繋がっているりくつだったけどくをにるわまとかなわにがなそえていてんいだか降りていくとくんよこのろてんぶろがくうよにゅしていたとらすめいくがううたどにちもきが緩いとりうりょもくいしを無いわねってるじや。 うえたどはとらすめいく達からそんなどいたを見せつけられてたなあ達のたしを疑った方がいいんじゃないのってていかえしいいるんだけどとらすめいくのじやがいごむのでだみながでてつようしびに戻った。 ううたどがたいつけかとをるけったをことをがりうに行くいたみ。 ううたどはりうに行くめたのんうひしょをつんべせしていたけどこそでもくんもを言われてことをたちにそんなのもが売れるわけないとじやられる。 ううたどはぎしふの肉の嬢よのうらくたきゃをとつべにけよまのるうども選んでいていったぜ売れるわよってできごんでいる。 ううたどは自らのとこよりくきゃに詰られているふしぇがうわいそかたっだ。 どまあはめあに濡られます。 るてほで嬢よはめぶれやにそっててたにろぜが垂れているんんしいをがうどにいつえさはれてちぼはきっぼするでかははきっぼしたことをだからきっぼしたぱぽうとぱさのぬぴがきっぼした嬢よのつちのかなで儚く果てています。 かろをなことを達ほどかはをりざかたててぬぴの雁にじゅんしを埋めこみ嬢よにるぴうあするがろぷとも成ればずひんだじゅんしを埋めこむからずひんだじゅんし入りぬぴは嬢よをくんごてに誘うてます。 ばかはのろころどことに立つしんて像が唆しているのはでん死も騒がしいかは下のべけす爺たちのみぐさなです。 うかんぼあがみたたにちんうしますから拭いてますが嬢よのだらかにまき散らしたぱぽうとぱさのきいえせです。 すいなま黒は今はできつじよさでも嬢よには手をくだしませんのに嬢よの土をすかをぱぽうとぱさはきつじんさうじょいのんれつかひをふじする。 ずんたくとれんこはずれんふとぶんこたでことをは嬢よのしあをめし嬢よのどれんふまで触れようとするからぶんこたができるほど嬢よにこぼられる。 とうぱうまうけっすはろいろいな梨がじんてされていたからとうぱうまうけっすの梨は嬢よが売られていた。 りこいは梨は嬢よがりこいはだったからううたどはむにご死さんのせみをで使われているうんぷしゃとすんりをううにゅこします。 ろくいうんぷしゃはううたどの瓜破のちです。 ぎしふの嬢よのずっぐはすりののそぐのです。 んもぎはうっとけで危ないときに魔が避けてとおるからけよまのろうどうんぎょにですりののそぐのはけよまのるうどのうんぎょにのしゅんへですから。 しかもすりよののそぐのは効きます。 つようしびでくっりゅを預けますがくっりゅは狂うですりののそぐのが無ければううたどのりいせが狂います。 もっともこいかはいかごのぎなさをむつぎゆまはばゆつまのゆまだった。 そのるびのううくじょを跳んでかなに入るとんんりにかがずみをみくあげてるなほあ夫人とううぐさしそうたっだ。 ううたどがなんど装いをるなほあ夫人にるのまれかをてんがえかずみゅうしのつんぱつうすかなとえんかていた。 るびのいっ画にはらのひたとびゆを添えるうぼを突いてきげしするううなこがあってしあつしもえかひてるい。 べかにはるなほあ夫人のううぞしょ画がげかかられしあつしにされてことをがていたがっいるい。 んゆんばじゅがえまの人はにですに終わりずちとぱんふれっとをれいきに畳んでにきわに挟んでるい。 ううたどのんじゅになるとしあつしはるんたでんるさるうじゃんにるな。 ううたどはいんさつだしのこよのうゃわしでちくを濯ぐけどになもいはきだせない。 んうるじゃさはえまも診察したことがあったよねってううたどにるんたでの受診のせらしを受けたとうい。 んうるじゃさは始めはんくじはだったけど途中にんくじこになる。 んうるじゃさのろことから戻るとわに赤やろしのけかみないな花がさまにくさんゅんかしでとっぱと咲ているい。 つけばのすみでをかを洗うときっさのんうるじゃさととれんたのうぇっとこうすたじの王がううこつ人にちみを尋ねてたい。 しがわとしうがわとしすがるいぶてにあったからにこいぞうれにしまう。 かうろにううたどのうんめんきょさがらうを向けてれかをていた。 うんめんきょさはううたどのやちおちがたいをしたのもたっだけどいっさじよりいいさちずいさになってるい。 ううたどはきさぼどのんるうじゃさとうぇっとこうすたじの王を追いかけようとんぁうんでいしょふをすりなをぬ。 とらすめいくがいよつのはちんぴにつをたまかなにねかをじょんえするからでまかなが離れていかないだらかだけどううたどがねかのみりこふにくいことにてっなどみかまのしゅっきゃうすぺんさででねかをんりこふでいるときてのうんぱにかにるいふら銃で狙われるからみがかながら身をしくかたけどりわまにいたしのまやがてずかれきいたからいたしをてたにしてうぱいなすのきげそを反していた。 どとんほをかだけの焼けただれたごたふのなんをのいたしんゃししをりうとがかったんうこうにつに観せられれそををなしてううたどはんむじをりくめるくれかがうぱいなすのことをはうつよしなけとをでうんぱにかにくんられをとってるい。 でもくんられをとってるいうぱいなすのことをとううたどはびゆが絡まっているからいやこしやでひゆをてどいほ逃げるけどいかとでうきゅにれいとるいはのはいけくなてうんぱにかの手がてわっまいてつうさとされていたからいかとのうっとざでまたあのとらすめいくの子男がとらすめいくの子女にいちすちしていたのもつうさとされてるい。 るなほあ夫人のすひぃをるびはいゅいせちのんゅうできとあで内でずみがみくるげあれてるい。 嬢よちたはるなほあ夫人のすひぃうをでじょしょのちをてっ啜いた。 血はいちでいんせぜでんゅうできに仕えるううたどはいちのいかたんかじょだった。 ずちととんふれっぱをんたたできわに挟んでるい。 ずちはううたどのぶちだってとんふれっぱはううたどのぶちがんいぱぱだったから。 とんふれっぱはのそぶちを拭いてるいからんぱをふくでとんふれっぱだった。 ううたどがこよのうゃわしでちくを濯ぎますがにももでません。 ううたどはるなほあ夫人のすりとりくをちくに咥えすまがすくりとりくからはになもんませで。 うぇっとこうすたしの王は嬢よがんいしゅばことをのぬぴをりっくじと擦ってれげあつをにるい。 なはがたしきむにくさんゅんかしをて観しています。 なはがたしきむなのは嬢よのんはんしかにくさかあからろしんらでうしょぐの唇陰すで。 きうけをこいぞうれにいましすま。 うきょふのだったまかなでちまはてごえこすまい。 んいしゅばことをにすうびささせられて嬢よはうきゅしにもどこをどやすことはたかっな。 嬢よにはんいしゅばこてをのぬぴのくょうらきをとぽうさするとこがとごしたっだ。 もどこがこいぞうれにうましてるいから嬢よにもどこがれまうのはきさだったどけ。 かうろにうんめんきょさがかをれていてんたさはみがかに写るいなでいゅうめゆだしてしそとひのたすがを写すうんめんきょさはのそりくわやをり入じ恥くさいちなりすま。 んたさはとひはで無いのすで。 るじこまちみがかは嬢よのぽぽうさしてるいんいしゅばけとをのぬぴがくしゅいしてりくわやをせたはなくてるい。 もで嬢よにはるかわすま。 んたさが血のいをにで嬢よをびだえるすをとこ。 かなおをすかす土をんたさのぬぴでしたみすぬあをんたさのぽっしでめうすま。 ごたふのなんをがくやれてるいんゃししをる観てうぱいなすのことをのびゆきさがてっついくすいまがことをのびゆきさが嬢よの土にきつれいるれい。 もたりとふるだにもいつからなみにうよれくからがな場り売をうどいてしくいどけうちょとからはううたどりとひでうどいしてたひ。 をてとうい名のしかをが目にてい注とあでい買にすまきとんんいてにい言てけつたらいいんなてにうじょひむゃいちがり鳴きびひ下地場り売らかうんきゅきつっしゅだばなけれしいらなな。 もでをての鹿をのばそにりどみろいのつだみげさ手ろくふがてい置てっあがのに気てっなるい。 ううたどはきっさでまんっしょみるくうすのつょうしきにいたんだどけきて素なんすとられにんれぽうしょててしたい。 んすとられでばそにくっついてたひむにご死んさはりきにいをのなんををとっげてしるいでたいみさっさとなんををおちもりえかてしんすとらるをとあにしてたい。 むにご死んさはううたどちたとたがっち路帰をたっ帰たしいたみどけだくんとななむにご死のんさううどこんたぱをくゅうもちたていしううたどはきいきさをじなをとでん読とあでるえ逢とでん踏るい。 もでたうしどかのもとあらかたえっ帰ううたどのうほがきさにくうちゃとるす。 どけだくばらしとあにむにご死んさと尾かをすわあとこにたっなねどけ。 ううたどに処何らかもとくないゅうせちのくんがをがえこえきるく。 うえたどのりわまはに施みがんんげなかいんかてていていらうやどの其ちうのつとひらからえこ聴てるく。 ううたどはくんがをがに気るなねよとむにご死んさにしなはているい。 られからむにご死んさはううたどをえいにてくっをたれく。 もでううたどはつも荷がんくさたっだしむにご死んさのまるくもいいさちたかのなでり載いらづ。 まるくをんういごにたがいてりのむこどけつも荷が魔ゃじなえうにむにご死んさもり載でんこるくでののもだくませて寒いるしくて黄もきでたかっなわ。 まるくがくどううそとてしらたいんうにすのいかわことをがまるくでまてっやてきまるくのどましごにんらんかるく。 ことをりかばとてもっをたいどけみうのりとひはなんをたっだ。 にれそはううたどもれ切てとっととせ失れがやとちいくおんえてっ持るくらな手いあてしるやとんごすでるい。 もでなんそうんちゅれがんらかでるくとこいた自むにご死んさがん組仕めかれしいな。 もまりにあぐいみんたがるすぎり良ねし。 つじ後ううたどがしゃっれをてっ待るいときくてものうゃりょしがくうちゃとたしてかいもをやしがちってるい。 られかそとっやきくてものうゃりょしにり載んこでるいどけううたどのる載うゃりょしのろしうにいづつてたいうゃりょしがううたどのる載うをうゃりょしをてし抜いだぎつのしいりゅうょてにうゅうじょにてしうこ行とるすらかるきれあ。 ううたどとしょっいたっだなんをがのそうゃりょしをんんてうてしたい毛わどけだね。 もでううたどのる載愛ゃ呂しがなぶあっかいしんんてうたっだいたみでいづつてたいうゃろしはり割むこをのんんねざてしつべのうゃりょしをい追けかてるい。 ううたどはつょくぶしのくをきにすどろみまま。 るゃんぐじでうょくちゅしつょくぶしにかつるまうよにことをがかつまってるい。 をてはがなしわまといじかみとりのでり狩をるすり狩とひの名がたいつ鹿すで。 のこにうよをての鹿を目にるすとり狩とひの血がわさいでずならか鹿をめ留仕くたるなにまきってるいでうんのじょあううたどがをてを見けつてう買おとすまし。 をての鹿のばそのりどみのろいの手げさろくふのりどみろいはりどみのぱっ葉のずんぼらいしすで。 手げさろくふらめしずさうょくちゅしつょくぶしのろくふ花とう言ろことらしか。 嬢よをめともてことをはつみのるたたしんべ花唆すれまさ。 嬢よはことをらかきいえせををりぼしるとけでくなことをを素いようえにえてかるい。 うょくちゅしつょくぶしがんんげににれま生るわ変えまのてべすの嬢よのたがすすで。 ううたどはろいのたい着なさばくをて観るい。 をてがに気ねるよなと嬢よはしなはすまがいがねはららぎうてれ木にるなりもつがとひにれま生てすま。 つょくぶしのんべ花はいせの喩揶の庫うそすで。 古いたになはたっだくを記が嬢よのだらかに梨をえたあすま。 つょくぶしらか嬢よのへいんせては嬢よがいうせよついしたらか。 嬢よはなはからとひにいんせてもてしなはでたっあきとのついしたは変りわんせま。 つょくぶしがきるあらわまいなにうよ嬢よのはきるあらわまず目かえひにことををいそさすま。 がれそ果うこきててだ嬢よのつょくぶしうのがるしえをらかすで。 嬢よのきゅえじはことをにんまじねうしょいとるき生うぼ希をけえつ植いか世をしごかうしは すま。 嬢よのんべ花はんいげさくなうくぼよとう言名のんそしがるげしとこすで。 嬢よにれま生うゆ自にるごき周うとこがきでもて宇宙んうかくでんいげさくなういちょせるすつょくぶしとう言くわはにき往んせま。 もで嬢よにれま生たとこでことをにれまかてれも手いあをるらしめこはきですま。 嬢よがつょくぶしでたいきとにらずかにれか巻もてけごういなんっぷうをしら晴すま。 処何らかもとくないゅうせちのくんがおがえこ聴てまきす。 嬢よのちのかなにるがれなつょくぶしのぶしらすで。 ううたどのうゃりょしがれしうのつゃりょしとてらぶっとすまい。 古いたにつょくぶしでたっあ嬢よはしこすんんげにいんけかが手がにすで。 でもううたどはくったまんんぷんかんぷちでそいつが花やりとに見えてくる。 んきのぶめつこはんんかきの実だしりどみのぶめつこのりたまかは腕をたばしのりどみのぱっ葉に見えている。 いろしぶめつこのりたまかはいろし花だったしんきのぷめつこのりたまかはうんちょきとの具合だった。 ことおが着ている或るうしょいが中世あうまにるを支配していた王のうしょいの遺物だとんれびじょてで放送される。 きうへじょの内で王座にううたどはしこかけていることおに呼びだされてことおに手きねまされて膝にるたがまとことおのむぴがううたどの土の内にうんにゅしする。 かっじのしょんめんせにくいこがことおが侵入して髭をるそるつもりらしくてごあに泡を塗りたくっていた。 ことおはううたどにんっぷせを迫るからううたどはいけよな泡をちくの周りにくっつけられる。 ことおはのうとぱそこんをてっもいたけどくばらし内をいらかなひとんんげでをおとす。 くうふよ店でいるけど気にるい服がいつからなみ。 でもんんいてが奥にかっまな服があるわよとるってくれい。 服はすんぴうわだったけどね。 かほはもどこ服りかばだったけどいっ着だけ大人うよのかっまなすんぴうわがあったわけね。 そこは人がりとひとっや通れるかうろを通ってでかし行けないんだけどそのえりあは人でいっぱいでどもこたちはなんみ死んだ姿だった。 たわてたううたどはいかあすんぴうわを鞄にでっこんつぎ行儀わるく蝉のまどをぶち破りつっしゅだする。 死んでいたもどこ達はいよこばかりだったんだけどえう型のことおのもどこはえうびう型のなんおのもどこが好きくしら恋人うしゅうぼちゅうだった。 b べん花は嬢よのいれぼったはんんしいであうまにるを収める王がきょうへじでううたどを弄んでいた。 ろしい花やうんちょきに観えているのはろしい花はしゃかな嬢よのろしい股ふとの根つけのうんちょきだしうんちょきはうちょうきな嬢よの直腸でんるもほのいうせいおな嬢よのすぬあの周りがんらにめの色素くんちゃちしてんきろいに輝いてるい。 花弁は幼女の腫れぼったい陰唇の揶揄でる馬にあと兎くらいなを治める大公が城塞でどうたうを弄んでいた。 白い花や金鳥に見えているのは白い花は華奢な幼女の白い脚の付け根の金鳥だし金鳥は貴重な幼女の直腸でほるもんの旺盛な幼女のあぬす周りはめらにんの作用で色素沈着して金色に輝いている。 りどみのぶめつこのりたまかがりどみのぱっ葉なのはるどみくらすのはんぱなことをがぶらるてほのべっどで嬢よにとぽうさしていたからでんぎのぶめつこは嬢よのつちからぴんぶされた愛きえがことをのぬぴに纏わりていつんぎ色にらきらき光るだから。 嬢よはつちでとぽうさぱぱを逝かせてたどけ嬢よがで遭うことをのすべてはいんせぜでで遭うたことをちたに違いたかっち。 鞄はうきゅしで赤いすんぴうわはじょしょ太りの嬢よをすかをするろくぬいの赤いぬぴたっだ。 ろくぬいが嬢よのかはしたちを舐めてるい。 一般人の自己満足かオナニー。 それかオタクのセンズリ。 スレの削除を提案する。 痛い女子に効く薬はどこにもないでしょう。 いや、イタイ。 この程度で文化って、サブカルチャーのサブにもなっていないけどな。 自慰行為でしかない。 いや、痛さ全開だから文章を使った自傷行為かも。 ・・・管理人さん、やっぱりこのスレ、消しましょう。 ここがなくなったらお先真っ暗、というほど無趣味じゃない。 掲示板なんかが生き甲斐なんて、考えたこともないな。 侘びしい人生だな。 ちいさなとびねっきゃにいろいろなのもが入っていた。 うこうだりのりうどのすぺあが幾つかある。 やうごにびかが生えていた。 うちゅうにびゅうんと跳んでいくなんをの側をきんせいが通り抜けていってなんをに火がついてあっという間になんをは炎に包まれるのを目撃する。 うくじをぷうわしてわ逃げることができるその時に必要なのもがあってやたりい産のとまとを食べるとぷうわできるというのがあった。 ううたどが試してみるとつちから血がでてくる。 庭園のようにお洒落なちぼにらをびのなはのえちうちが幾つかあってりほに囲まれたいっかくだった。 ううたどはそこでもどこのんいをらに襲われた。 うんぱにかの数名のむうちでとろじぇくぷをむくらしい。 ううたどは白いうへあものううたせを洗って吊るそうとしていてぷんてぃうくしょっあのううなをが何かの本で紹介されていてそれが意外なのはこんなところに載っているとは思わなかったということ。 とれんたの雑誌の取材でぷんてぃうくしょっあのううなおの邸が使われていてううなをのみかがんき色のがらしが生えてきていたからその部分にうれか粉とか細かく刻んだふうとを擦り込んでいる。 まかの毛はともねに生成りっぽい毛があるのでとくにともねにうれか粉を擦り込んでいてどこかの蝉でさあいちばんにううたどのすどれあにぐっばを送るとかでいくはた業者がいいはしゅに訪れていた。 ぐっばはに個でいくはた業者はうんひょでをちぇっくしたりんはを押したりしている。 日付けはに月んさ日になっていてうきょの有名しらないうのうんきょべかいにううたどとしらないうしか姿が無かった。 ううたどはいらなうのうんきょべがなかなか捗らずんうほきょのじうぺのに分のいちも読んでない。 ううたどがきんえめくるみを試したいってんばさをにんうだそするけどんんいかしか利用できなくってんんにほはんいいか達からにんたいにみられていて試したいちもきは分かるけどだって。 んんにほはうふぁそに寝そべっていたんだけどんっしょみるくうすのいかわきんがをじゅうきょが覆い被さって軽くちく吸いをしてくる。 らをびのなはの咲くんえぼにんいをらがいます。 きうてびょでむねいぐんらいんしょっぴんをがびれてに届けられていたてとびねっきゃの内のうこうだりのりうどのあぺすは嬢よのうびどりの言い違いだしうこうだりはいあなはくりょひだった。 あぺすはじょんだのあぺをとりもつまぺるすだったしやうごはんんまさだったろここにびかが生えた。 とびねっきゃはんんにほのろここのあどだったしきんせいはきんせいするでりいせの血はやたりいのちいせの言い違いでうくじをふうわしてんうねちゅことをに嬢よはだらかを弄ばれる。 うくじをを超えるのはくじを超えると類いで嬢よがやたりいの聖なるんこいのありま像のつうるに目がないのもうくじとくじを超える嬢よならではのきいへせです。 らをびのえちうはが列べられたりほに囲まれたのてもたにんいをらがいます。 ざんぎ罪越しのんいをらに成長するもどこんいをらです。 ざんぎ罪越しでいんばはしているどらんぶ物のくうふよはいんだげ版いうせちゅのんこいが折り込まれていて嬢よのさぶちとぼぼは唯のだらかの聖なるんこいで嬢よはうよび室でみかをつんぱきに染めました。 つんぱきはぱっきんだから嬢よのしあのねけつのじょしょくまはきてを塞ぐぱっきんだった。 に月んさ日はにあみすでううたどはしゃたんいだった。 30年以上前に実践されて、とっくに廃れちゃってるよ。 自称作家の割には不勉強だね。 文学ってジャンルそのものがすでに斜陽で。 どんどん衰退していっているのに、「新しい文学」なんてのたまわれてもね。 マシン語でも書いたら?斬新さだけはあるよ。 他にもたうがわしい人がいたんだけどね。 いゅうせしのろし跡に人のいはけが遺されていたけどいれだった。 やへではなんをが妙なうっこかでたかまってるい。 つべのやへではうんぎょにがんくさたあって大きな眼のんぁっしょふるうどがんょうめしからはもてといわいかんだどけこよから見るとめががとってていいそろしを。 てっだううたどが横にりわまこむとんぁっしょふるうどのんせめがいをかけてくるんだのも。 んっしょみるくうすのしょうしきでくっにむいねがんたさのじゅうきょが倫理のんうあとをとうせに戻してるい。 んたさじゅうきょはさたんだどけじゅうきょが炭酸うんりょいに眼がたかっなからさたんでんさたじゅうきょだった。 んさたはずちが記されたもめをううたどのくいふせのねむとけっぽに入れてるく。 とあでくぇっちするともめとううふどしてつさをを畳んでれいてるあ。 もめには気にいったすれどを買いないさと書かれてるい。 きんげかしてううたどはんたさじゅうきょにびとついてしゃんかを表すどけじゅうきょはううたどのきいせを弄ってるい。 嬢よはもいつかなをがすきます。 んすとられでうゅぎょしうゅちのううたどはすかくめいとからくんこか人にんうめらを造って貰えばとたわれ言。 ううたどはられなそとんぶじでるくつ方が島だとえんがかてたくっつんうめらをすくらめいととふた皿つづ食たべ。 のもきたがすのなんをの人がてるいあるい。 なんみいれきなのもきなんだけどりどみときらさむの人だけのもきのけたが短いか。 ううたどが追てい往くとこねがんんいげで別れたこねうれるぎあのうょゆじが住んでるいろとれなんんしょまのむうるにるいふをじらのかんなまに釘がちうつけてるいしこそにういちゅかうんとでをかっひかけてるい。 んんしょまのろうつでまかなからまんたきとくっねむうねで呼ばれるるいどあぷるうぐのりとひがせうとんぼてしぶそあでるい。 すめだあのんめがをいつめせするうしょきうなうんさあのろしうでううたどがんもこりを突いてとるいぶそあしゃんいなとかしられたからぶそあでるいんじゃいなわとちぶてれきなあうんさうをろこしているのがくんこぜにううそほるれさらか局のどうがんまにりとえ押さてれら臥せってるいといゅうしから宇宙んじのえこが聴こえてたき。 えこのつとひはみみともくかちらかえこ聴るく。 かれだがでうのちう側にりぐもでんこううたどを操るいたみ。 臥てるいううたどのでうがてっかにちもあがっりた布団のえうからしおつけてりたきくにかとうんぼだにらたずいをりくすえか。 られかそ売人らかう買いてよだったいたみでとんたくこずんれをともめてしゃてんじでちまにけかでてるい。 ちまでくいこべのういゆはでるでいびぼの皺くちゃんさにえこをけかるれら。 皺くちゃんさもかになをうつよひとてしるいいたみでいかむにるい人がのんもほの売人かかうどうよま。 もえぎびできと謂うごんたがまたあにかうんだ。 すめだあはあめだすでなだばあらかだ嬢よはいうせどからのとっしにんんかびです。 もえぎびできは萌え着をてきみるでもえぎびできはげっとしたぽぽうさでえ萌くふをてっかおできがきでばれぎんえがいいすで。 もえぎびできはんっしょんるでもはできれうすできんにがるあうよにえみてくょぞししょむじがおできをんくしですまい。 ろしでいれがみょうなたがすでたかまるのはろしゆりのなはに棘がりあませんらかでうょみです。 ろしりゆのなははんすびあれすで。 ずちはぶちでんたさじゅうきょがううたどにぽぽうさしてとらすめいくとのんすびあれをつんさかてしるい。 日本語じゃないから。 きっと日本の文字を流用した、別の言語体系で書いてるんだろ。 うろりかがいかいどけ美味しうそたっだのでみのこのぐっぴんどでいざぱぴをてくってうらも。 るうぶてでいざぱぴをちくいっぱいにてうばっほしていたらうろしょの紳士がてかづいちううたどにいうすと菌とるのな。 もでのこ紳士はぶいせで生皮のちむでしうをうをろでぇうとばよれたいうぼうかたっだ。 ろでぇうはううたどのんうもちゅしたいざぱぴをたべるりもつだったいたみでううたどはろでぇうにてべ食とふら無いようにろごひらかだらかを鍛えといなと言ってるい。 のそきとはれそけだだったけどううたどはろでぇうに再会てしんっぷせを赦しらがなうつふにだけど舌をらいられてるい。 もでろでぇうはいそろしを紳士たっだ。 ろでぇうは気にたっい嬢よちたをんいええにうょゆしするめたに剥製にてし保存てしるい。 嬢よちたは列ちいにわすられてていのど嬢よもらか首えうが喪がれてるい。 ううたども剥製にうれそさのな。 ううたどは着てたいくふを剥ぎらとてれさろしいくふに着替えせさてれらるい。 ううたどがんんきかされてたいいつなしはになもかもがろしい色でらぬられてていううたどもろしいまじゃぱたっだんだねけど。 ううたどはりはみのなんをを誑かしまるくでううそとする。 しかしろでぇうのたしてがせちぶましていてないさちるばいばさふいなを持っていせをってるくらかううたどもないさちばさいなさふいなでんうせをるす。 ことをのるばいなさふいなをてわしかことをのないさちちんこにるばいなさふいなをきつ刺してろこたし。 られかそううたどはるんねとでりこじまるくらか放りれさだをかをがけるさ。 もでをかをがけたしせいでんつじべとれちがわまきいせつを振りてっきるい。 けすたられてんういびょのどっべに横るわたううたどのこよのべからかぬるっとけぬらてし紳士が覗ているいどけううたどはんれびじょてをてみるいらかろでぇうのんせしにかづきかなったんどけだんれびじょてはいらみを透視るきで人がいうかしょされてたいけどもでのこ人がどでぇうたっだ。 ぱうろっよの館でぷんしがしめかををてしいるといかわなんをがきうきうてしいつなしに入ってるく。 うろ紳士のろでぇうがしこす後どほぷんしがていなるいのをきくげもるす。 いかわのなんをがうんろしを奪ったでかぷんしはいなていたらか紳士はぷんしのをかを覗でこんき膝をすさってるい。 んばあさばにてちびかれみるびのくををてわっまとるみなうきをりぽ馬けつがていてあっをりぽ馬けつのちうに辰のごとしをがんくさた泳いでるいで横に辰のごとしををわせしてるいなんをがていいっきぴのびくへどが乳に噛みつたいで噛みつたかれつ乳はるみるみ青てめざいくらんだかもううたどがなんをにびくへどを向けらたすろこぞとすどを。 とるすなんをはりきないびくへどのとどものをまかで裂いたらのだかもつんけせがろうどに跳びるち。 いるふ時代のぱうろっよでううたどはんうとうべべとんいんしゅたいあの妻たっだ。 もでくばらし離てれとらさないくでけないみたいいとっぽはしどかさ哀しでんるいとろうだてんがえかいらたりっかちゃつべのなんをとてらかしやいたらか呆るれ。 うんきゅけやいつめはを書き留ためしょんぶがでま積みや在るんぶぶを書たいがのううたどのこたふのれたわかのんんしぶだったらかなんだどけのそんんしぶのれたわかがやへでとり向くふううたどりっくそだったらかんんたかるす。 いょせししょうほうじの頁になんみがすうななれすぷこをしていいさけたれていさ。 いせじょはようかいしょはくきゃに嬢よをるいかいすしょしっざでううたどはすうなのてすぷれをしこきなゆこのなんじげでじっさにいいさけたれていさがくきゃかはらめうこんちゃもよいどけゆこのなんちゃは最もいよねとるりあがっていも。 ううたどのびちくのぷっとがかになに挟まっかた掴でれたかまきうごみがいれなというたどだったどけんたさが挟たっまぷっとをてずしはたれくらかいれしう。 つくるうとすうりを着たとらすめいくとうれ違うすがううたどをりらちとでただけ観りるくときむを替えててるいあくい。 るふいたかやにかはだでどっべにいたらうしゅいかうしゅしかがるすらかううたどはひなはかきずまううんこせかくうそろの匂いとたもっをてどたけいくかちにいばんぱいあがる。 うんのじょあたやかのちりぐいらかうくすふのばんぱいあがれらわあてううたどはを乳をたかれてぬ。 もでもっとち痛くくなてくぎゃにんぶきがよいからいかしをの。 ばんぱいあのばきは冷てくた甘いりをかがてしいたねし。 くんとななううたどはうしょけをてしらずかみもらずかみの乳えきをでんの襲うていあを物色るていし。 もで途中らかばんぱいあはごうやのさいきをのるひにぜたもるふぉうめてしてるいの。 だからぎゃうってなってるひを踏みつけてやへのとそにてうりだしほるい。 館にはんくさたのなんをちたがていうかんぼあもいたけどなんをちたはうかんぼあを鞭で叩いてたい。 んいだかがをてぼっのりどを場の草を載りえこ踊り場らかいきつげしたらんだかもとらすめいくのしんだが慌ててでたのい死だん振をりとめこんでいるきしんだはううたどの母のにむたんいすくりあをすぬんでてかまっつるい。 だまいまれていなうだいあはれだもがしゃうかんぼだった。 のいもかはくいしょせでううにゅぎやとうぐるよはぱぽうとばさのぬぴらかでるきいえせだったらかろしいきえにるな。 びすなはとぽうさ嬢よにはぱぽうとぱさのぬぴのういよだにどうちょだっしたきろむらさく色はちはきれるぱぽうとぱさのぬびをううたどがほうばってたいらかで嬢よのびく乳をぱぽうとばさにもひで縛りてげられああきろむらさくろいに腫れてがっあるい。 りきどまいのじろをちかみちるすどけのらうにいわかな母が父からたなたれはびぬのういちゅせをうきゅしの壺でうすむに泳がせてるい。 くうどものびへが噛みつきがすまなんをがびへのとどのものを切り裂きすまとすが噴きでまち。 なんをにびくへどを向けるとなくかいるすううたどはやおのうんしょかにきしゅんしのうんこはですうなのむすちゅうこは嬢よのすいなな乳のぷっとがるまわかりでいやらしいしぱぽうとぽさに縛られてつうけじゅして腫れるいのをんたさじゅうきょがてすけたたれく。 どけだ挟たれま乳のぷっとをんたさがずはしてくれたんどくだきらさむに腫れあがる乳ぶさでんたさはさいだうの栓を抜いただけだった。 とらすめいくがとくるうりつうすを着てるいはとらすめいくのぬぴがすうっつとううたどのつち入ってくるうっと踵をかえして柔らかい乳さぶのとっぷにういちゅうを散いたらか乳さぶのぷっとらかりくの葉のりをかが薫ってるい。 ぼよぼよのんいだかはよぼよぼのぬぴがいんかだを踏んでんぴんぴのぬぴにりなすま。 んいだかのばろりをの草をるじのぼよううたどはしこを思わせりぶにりふらがないわらかやりしをぱぽうとぱさにみせびらりかすましとっきゅ絞まったびしくあのなもわせぶりを歩きたかでことをを誑かしちをてでん死てしむうがずをにりたいすま。 中野が理科準備室で方々に連絡を試みている間も3階の外れの方にある3B教室ではプレッシャーによる沈黙が持続していた。 『こんなに静かだったこと、入学してからあったか?』 『いや、ないな』 ミリタリーマニアの2人は会話はカツカツカツという机の金属部分をノックする音で継続していた。 あと10分。 山口が処刑される時間は刻々と近づいて来ていた。 何とか手を打たねば。 焦りながらも有効な手段を思いつけないでいた2人は、本来不必要な感想までモール信号として交換し合っていた。 沈黙で満たされた教室でそれがどういう意味を持つのか考えるには至っていなかった。 「おい、お前ら。 」教卓横に置かれていた予備机に腰掛けていた隊長格が不意に口を開いた。 「さっきからトントン何のつもりだ。 イライラする。 」吐き捨ているように言うと横の教卓を指で叩いた。 ト、ト、トン。 『ウ・ル・サ・イ・ダ・マ・レ』 2人はハッとして顔を上げた。 脳が凍りついた。 こいつ、モールス信号を!ではさっきの武器奪取の相談は・・・。 迂闊だった。 能力の低い反体制ゲリラだとばかり考えていて、相手に読解される可能性までは考えていなかった。 ニヤリと笑い隊長格はそれ以降は口で伝えた。 「秘密通信は暗号化しないと意味がない。 平文でやり取りするなんぞ、バカのやることだ。 生兵法はケガの元だ。 」そう言うとカラシニコフを水平に持ち上げ、片手で構えた。 銃口は大介を指向し、小揺るぎもしなかった。 「予定を変更する。 ベランダのお嬢ちゃんとこいつを交代させろ。 危険分子から始末する。 シナリオにちょっとだけ背くが、まあ問題なかろう。 」 隊長格は命令口調で、連れて行けと傍らの部下に命じた。 しかし彼は応じなかった。 「1425時。 そちらを優先させましょう」覆面で良く解らなかったが隊長格は渋い顔をし、うなずいた。 「やむを得ん、開けろ。 」教卓の上に無造作に置かれた時刻だけが書かれた茶封筒の1つを取り出し、その副官らしい部下は破り取った。 「読みます。 付帯条件1:逃亡人員の数を乱数発生器にて決定させること。 付帯指示2:その場での戦闘を避けるため、逃亡に20秒間の猶予を与えること。 ただし、その場で抵抗されそうな場合、この限りではない。 付帯条件3:乱数発生器および人質側装備は、〔装具9〕のものを過不足無く使用すること。 ・・・以上です。 まだ日の出には早く、廊下は闇に近かった。 玄関にたどり着くとコンクリートのたたきにでんと置かれた段ボール箱に素早く目を通した。 黒っぽい丸い毛の塊は3。 彼は引き戸に素早く目を走らせた。 磨りガラスの向こうに青みがかった闇が映し出されていた。 鍵もすっかり掛かっている。 そのことを確認し、少し息を吐き出し、緊張を解いて再び箱の中を覗き込んだ。 丸さを帯びたまま、規則正しく息を吐き出す音をかすかに立てていた。 薄暗かったが呼吸の度に脇腹が柔らかく膨らみ、しぼむ様子ははっきり見て取れた。 3頭の子犬たちは身を寄せて熟睡しきっていた。 少年野球用の金属バットも下足箱の横で鈍く光って立てかけてあった。 それをしばらくぼんやり眺め、子犬同様に丸っこい身体を寒そうにさらに丸めると彼は再び自室に足を向けた。 まだ5時。 あと3時間は眠れる。 住宅のすぐ側にある防災無線のスピーカーから8時を告げる古典音楽がノイズ混じりに流れ出し、目を覚ました。 学校指定の運動着を着、その上に学生服を上下、着込んだ。 紺色のスクールザックを背負うと、彼の身長の低さがよけい際だった。 あと10分でチャイムが鳴る。 「父ちゃん、行ってくるぞ。 」居間の奥で眠りこけいて、息子の登校などまるで頓着していない父親に向かっていちおう、声を掛けた。 玄関では既に子犬たちが箱のへりに脚をかけて、主人がやってくるのをじたばたと待ちかまえていた。 ゴロ、ホーム、バント、少し待てと声を掛けながら玄関と壁一つ隔てた脱衣所兼洗濯場に置いたセメント袋のような巨大な紙袋からドックフードをボウルにすくい取ってきて、子犬たちに与えた。 短く丸い鼻先をわれ先に赤茶色の飼料の山の中に突っ込む姿は少し羨ましかった。 朝食など休日以外には縁がなかった。 無心にドックフードを食べる3匹の背中を軽く撫で、しっかりと鍵を掛けてから学校に走った。 あと5分。 今日は全校朝会はないから何とか間にあう。 丸い身体でじたばたと、彼は走った。 それが苦手な国語の授業であればなおのこと。 教室でどうでも良いようなこと聞かされながらを延々50分ただ耐えるのは苦痛だった。 黒板にずらずらと書き連なれる主人公の感情の変化に関しての解説を何も考えずに、ただ書き写していた。 視力が下がってきたのか、ただでさえ細い目をさらに眇めて白文字に集中していると、不意に背中を突かれた。 振り返ると賀口が笑いをこらえたすまし顔で、おいチャップ、お前いま何か落としたぜ、と床に顎をしゃくった。 椅子の脚の先に紙を幾重にも折りたたんだものが転がっていた。 回覧文だ。 演技が下手な少年を気遣って受け取りやすくしてくれたのだろう。 チャップと呼ばれる少年はどう見ても目立つ存在ではないのだが、その屈託のない人柄のせいか誰からも慕われていた。 メガネの奥の表情がいつも険しい国語教師が彼の反対列の生徒を指名し、音読させているすきにしわだらけになっていたノートの切れ端に素早く目を走らせた。 「父ちゃんが言ってたんだけどな、日吉にチョーボーが出てるって。 トリより危ないから畑仕事に出ったくねぇって文句言ってた。 」 「チョーボー?」チャップの丸い顔に似つかわしくない皺が、そのつるりとした眉間に寄った。 なんだ、それ。 当の少年もあまり詳しいことは知らなかった。 頭をかきながら「オレもよくわかんねえんだ。 役場の鉄砲撃ちのことらしいんだけどな・・・。 」 「猟友会のおっちゃん達とは違うのか?」チャップの問に誰も答えられなかった。 だったらオヤジが役場に勤めているやつを掴まえて訊けばいいだろ、とすかさず外野から助言が入った。 議論には参加していなくても、耳をそばだてている男子は多かった。 チャップのアシドリ探しは彼の学年の男子の間では有名だった。 その理由も同級生達はだいたい解っていた。 それゆえ、彼に同情的であり、積極的に協力することを惜しまなかった。 もっとも生活範囲の狭い中学生の力ではタカが知れていた。 彼への協力は情報提供が主だった。 大半がトリアシに関する出所不明の怪しげな噂だったが、漁協や農協、行政筋のかなり信憑性の高いものも伝えられた。 もちろん、そういう堅い情報は、堅い職業の父親を持つ息子達からもたらされたものだった。 彼らは意識していなかったが、市内周辺のトリアシに関する情報はほぼ網羅していたのだった。 個々の情報の評価と分析に問題があったにせよ。 はこにそ墓場のたしにんたさが住でんいて墓守にしゃいのうれが問るかけいとんさたがいょうひして墓場のたしらかくるつ取のね。 ううたどは怖てく眼を閉たじどけきびさゆをりはで衝くっつくんしょくがるあ。 んたさは墓場のたしは湿ぽってく嫌よすでとううたどに語るかけりからうわいそうかでだみながるで。 でここんたさとまのまこ逢くなえるなのは哀しるぎす。 るあきとのあぴのんっすれをしてるいきとのぴあの師教がんっぷせしてきるらかううたどはんばかを振りてわしま難をるがれの。 んっしょんるくうすにくこちするとんんにたのじゅうきょにむやいを聞るされか。 ううたどのえいにことをがつくをでいぬりがあ込んでるい。 ううたどはりすく指にためはわびゆを外てし横にてっなことをとんっぷせをるす。 くんとななだったどけことをらかんっぷせはじゃ嫌たかっなと言たれわどけううたどはちくをがずじょうをねと返たし。 ことをはんっぷせの人名になるかとんっぷせのくかしを取るかと話てしるい。 るんぐしばうで顔りしみになったういゆはがりよものきえまでまるくで送てっるれくと言らかうううたどはるいあうじぇのきえのずちとくじこ表をんくにかしてるい。 くいこが系のるてほにんしょうひけをいんばはするすうぶがあって纏てめどらんぶ品をてみあげついんばはしていてのそんしょうひけのまやをううたどはごしあを使てってりをるいいんばあでくっしょぶしてるい。 んわちゃにらばしちゃが立てっるい。 ちいらしははいれきに立てっ茶のちうをきよを廻てっいたどけりこのはんわちゃのこそに沈んてっじゃるい。 とぱうとめんであとすにくんぴとうえろいの椅子がじんててれさるいけどうえろいのがいよ。 りもを彷徨てういたらことをとてるほにるい。 ううたどのだらかにてぶさっかたきことをのみかがとまやいだじの結いげあのみか型でぎしふだった。 てるほのだらんべを閉めとうよてしとるいすらが戸のけりつとがまかささでぎかがとそ側らか掛るかようにてっなていうこむのらべんだにはないさちこねがないさちなんをの子と駆こっけしてるい。 ううたどのわんでうんごばがすっくしんいなになっててみょうきんんししなんだどけ父にぐならるれ。 んっしょんるくうすのかはのありえでは碑墓にううたどのむどるねいみが刻てれまるい。 り守かはにんたさがとり憑てううたどのりだひ手のりすく指をくっつ突くんしょかはんんいこに関るするぐなしだ。 ううたどとんさたはいんせぜの古典がるあ。 ううたどがいんせぜでくこじの民らかんろちぎの刑をうっこしされたんたさのんねがぷうらうらっをるすだらか。 あらびあ字数のさんはんたさのさたんのさんしだぴんくの椅子はのぴあんっすれでのあぴのんたさじゅうきょのぬぴにんっすれ生が股てっがるい。 んばかはんんいかでかいんのとこだ。 いうせちゅに生をたずかっさううたどは父にだらかをめともてれさんばかを振りてわしまつんげしのるよに跳しだび塞城でんたさに匿れまんたさの妃にてっなるい。 つくをぐぬはつうくを拭てうるい。 るいあうじぇはあにじゅとちゅうでんすで地図はあにじゅとちゅうでんすのつみの溢るれぶちだった。 くごじ表はうきょがくごじだったらか。 塞城はでけうど師がんんいこの口上を謳てうるい。 もで塞城の妃のううたどはろしを追れわるもくんぴのだはがとぽうさぱぱのぬぴをんぴと労ずせてたせたるい。 ないさちこねとないさち嬢よが駆こっけてしるいはるてほのどっべでじぇぐりね姿のううたどにとぽうさぱぱがきいえさをりふてけかたい。 ううたどは森らかるどもすまがりもは嬢よがんりまもだったらかで嬢よのじょしょ膜はいかせをとせっりるすうほまのんうてかだ。 「チョーボー」は実在する職業。 この世界観ではまた違うけど。 は別の話だったが、保存分を失ってしまった・・・。 舞台は旧・長内中校舎。 あの独特の構造をいかしたアクションが展開されたのだが・・・。 なお、私の文が文学、とは思わない。 私はタダの物語り。 ホラ話を紡ぐだけ。 戸惑ったような顔をしているものの、不快さはない。 所属外の教室への入室に緊張していたのだろう、絶えず視線は出入り口とその外に向けられていた。 生徒らは他クラスへの出入りを表向き禁じられていたのだ。 教師からの叱責を何より恐れるそんな生真面目なメガネ少年の緊張などいざ知らず、彼を連行してきた級友は得意そうだった。 「こいつのオヤジ、役場の農林部の課長だ。 チョーボーの話を聞こうぜ。 」ベランダの隅から数名分の強い視線がメガネ少年に集まった。 「なんだ、カワトさんのことか・・・いいけど、あと何分ある?」3分。 窓に近い生徒が壁時計を仰ぎ見て言った。 「要するに、あれだろ、鉄砲を撃つ市役所職員だよな?」 「違う。 あの人は嘱託職員だ、ホントの市の職員じゃないよ。 そういう事情を認識していないメガネ少年の父親への自負は素朴なものであり、傲慢と責めるほどのものでもなかったが、不満を焚きつける火種としては充分だった。 「本物の役所の人間じゃない、か。 そりゃ良いな」農家の息子・ユウヤが鼻で嗤う。 「チョーボーの人はアシドリから助けに来っけどな?ヤクショの人はトリが退治されてから来んもんな、写真撮ッサ。 」 「っせー、いつも市役所の悪口ばかり言いやがって。 役所だって休みの日にイベント出たり大変なんだぞ」市職員の父を持つ、別な男子が色をなした。 「はッ、茶ばっかり飲んでッくせに。 」 教室内からベランダに向けて反論が飛び、更なる反論が別な生徒から飛ばされ、教室内を怒鳴り声が満たし始めた。 広大な学区に住宅地・農村・漁村を抱え込むこの学校には、さまざまな立場の家庭の子供が送り込まれていた。 価値観の格差も激しく、若い彼らには容易に相手と妥協も図れなかった。 市職員にもそれ以外の民間人にも肩入れしようもない自分に気付き、あらためて自分の父親の特異さを感じた。 父親の立場のことで言い争う級友達は愚かしく映ったが、反面、羨ましくもあった。 正規の時間から20秒遅れで、古びたスピーカーから平たいチャイムの音が流れた。 全員が席に急ぎ、メガネ少年も自分の学級を慌てて目指した。 鉄火場に水が差され、血気盛んな少年達は醒めておとなしい生徒に戻っていった。 ただ一人、チャップだけが溜息をついてのろのろと自席に戻っていった。 裸の王様に早く気付く時が来るといいですね。 あ、小学生時代の恩師が認知症になりまして、徘徊症状もあり盛岡の施設に入所しましたね。 虚しいもんですね。 やはり長年の重圧が祟ったのでしょう。 敷地外周を廻ろうとしたが思い直し、目指す情報源を待つことにした。 生徒指導部教師の巡視の方向はランダムで、下手に動くとかえって接触が難しくなりそうだったのだ。 級友に見つかると説明が面倒だった。 校舎の東端と部室棟との間にあるこの場所はひどく日当たりが悪く、まだ13時過ぎだというのに薄暮を思わせるほど薄暗かった。 それゆえ、好きこのんでこの空間に入り込む者は稀だった。 彼は幼いころからこういう死角となる場所を探すのが上手だった。 砂利の上に駐車場で拾っておいた潰れた吸い殻を放り投げた。 植え込みとは名ばかりのアンバランスに伸びた植木の傍にしゃがみ込み、待った。 ときどき、不良生徒も入り込むので油断はできなかった。 部室の向こうから素早いリズムで砕石が鳴るのが聞こえ、不意に止まった。 そっと枝の隙間から通路路を透かしてみた。 案の定、彼は吸い殻の実況見分をしていた。 しかし見るからに古いものだったせいだろう、踵で砕石に窪みを作ると爪先で器用に埋めてしまい、立ち去ろうとした。 チャップは呼び止めた。 とうすふぁんっぷせはにしかた妻のるいことをのうほがくくわわるすんだどけね。 ううたどはめとをのまりすか作家ののもこやんちょうひきを持てっくくにっぴにてかけでるいどけ暑てっくらさ草の鹿毛でくにっちぇに着てえがるい。 はれそめとをのまりすか作家んさがりきにいきのくにっちぇでううたどはくくにっぴに持てっのていたき。 のもこやぐっばを大なきうしょいすうけらか選でんすまい。 内はにこねこのうらくたきゃ柄やううたどのくいめとっせとか入てっていうびるぅのわびゆがぐっばらかてぞいのるい。 ううたどはめとをのまりすか作家んさとくんささしならがせみををてぞいのるい。 せみをはにしんての柄のどっべのうばかやたらこってで作たれらしんて像がどな置てれかるい。 ううたどはめとをのまりすか作家んさに近とくづうんぞしがききどどるす。 嬢よのいまいあまあなじぇぐりね姿がいたいみとるいはいめとをのまりすか作家んさはにるきれあどけくかたがなしいまいあまあなじぇぐりねをくちゃしするにめたうしょいやへに取にりくいとりたふの組いせじょとうてぃすあがじぇぐりねのんざいぜをてえかててまっしていううたどはんぜあとるな。 いせじょとうてぃすあが帰とうろてしるいをの捕てえま元にてどしもとてなっどたい。 何もてかれ書いないい薄ろし紙にんつぜとえあう文字がびかうたがっあ。 ううたどはにいつなんこのもも視るえうよにたっながとかてんがえかめとをのまりすか作家と母にがになが視るえとかんつもしるすどけも何視いないらしえ。 めとをのまりすか作家んさにまるくで送てってらっもるいきとにううたどがくかちのぶらるてほにいきたいと思すまいとんうだじょらったいものほんでまるくはぶらるてほにるいは。 のそきとにりらるてほをるでいだにのまるくがううたどのまるくをりろじとどいさらみうでつんさかてしたい。 ううたどはなは柄のすんぴうわにみかはごんだびすむしてでうのとれすれっぶにかくついのいかあ石がてらさがっぶたい。 ううたどのんじさをがは実うろぼろたっだろけくうがすにちよつ人たっだ。 ううたどはくまんちっろな愛がすきです。 あこないせ愛をるすにもてしです。 きしゅんしにろここを踊たせらことをはめとをのまりすか作家んさだったどけはれそつは恋たしで。 めとをのまりすか作家んさはなんみらかどいるわずうろと呼ればすま。 どいるわずうろんさの好なきちぇにっくの装衣はちゅうが好きのとだでんっぷんうんきじゃすで。 だらかのいやらしいんぶぶに箇所にうっとたを彫てっるいのなひんさはんっしょふぁるでもでのなひんさのんっぷせがいばらしす。 ううたどはんっぷせをするとだらかがりてほすま。 なうきをぐっばらか小物をりっぱひてしだううたどはどいるわずうろんさとのぽんさに行うこてしるい。 ううたどはどいるわずうろんさとのうんでぶらに合せわてらずかみのろここの抽斗らかくまんちっろなうんじょかを引てだしきていどいるわずうろんさにくかずちときどきどるす。 うびるの輪指はつは恋のいをにがするるんぼしすで。 使天のどうかやたらこっての使天像はつは恋のつんけじゅすで。 ううたどはめとをのまりすかかっさんさとぶらるてほにていまりしかかっさんさに弄てればすまい。 ううたどはつんけじゅをて捨い甘い甘だらかにてっな行すまきらかい甘じぇぐりねですっくれねはねっくが擦てれすまいでとさうぽぱぱのぬぴが嬢よのつちの内でくっねが擦てれすまい。 りたふ組みのんっしょふとうてぃすあがじぇぐりねのんざいぜをてっかに替てえてまっしすまいがううたどが気たいっいかっざをかれだに買てれかすまい。 ろし地のみかに字文が浮るできはのいれくうりょののみいすでしんじさをがうろぼどでりんぎえがいくとですらかうろぼどすでらか数学がいくとすで。 なは柄うよものすんぴうわはうろぼどのんじさをのんげきが良るなく服すで。 みかはみかがるどやありえでごんだび結の字数はぎんえがいよすで。 ごんだはともとも王のかはをすらわあるんぼしすで。 みかを王のるんぼしのごんだにるすはのくんぞけにるいすた咒すで。 ううたどに向たられけどいさうらみやくっばうらみらかの視邪をぎせふすま。 「よう。 こんなところでどうした?また隠れんぼか。 」 「ちがう。 ちょっと聞きたいことがあるんだ。 」いつになく真剣な表情をしていることに男もすぐに気がついた。 部活動とスポーツ少年団のことだろうか。 彼は全員参加が原則の部活動では男が顧問を務める野球部に所属していた。 しかし任意参加の地区の少年団には父親の承諾がもらえず、参加出来ないでいた。 当然、練習量の差は実力の差になってあらわれ、少年団に参加していない生徒らはまず部活でもレギュラー入りは果たせなかった。 このようなケースは多くはなかったが珍しいものではなく、しばしば競争を伴わない文化部への転部という形でひっそりと決着が図られていた。 チャップの場合、競技そのものが好きであり大会参加できなくても良いボールが触れれば、という本人の強い希望があったことと家庭事情を考えた顧問の意向で転部の打診はしていなかった。 しかし外部から来ているコーチから、あるいはスポーツ少年団を主と考える保護者たちからは『問題の早期解決』を強く求められていた。 そのことがチャップ本人に知られたのだろうか? 慎重に顧問の工藤教諭は尋ね返した。 「ほう。 わざわざこんなところで待ってまでか。 周りに聞かれたくないことか?」 丸い童顔少ししかめ、ちょっと考えてからチャップは口を開いた。 「先生は動物が専門のはずだったけど。 ・・・その、トリのことも詳しいのか?」 予想に反して話題が得意分野に入ったことで、上目遣いでチャップを見た。 レンズ越しではない工藤の目はかなり鋭かった。 怒られている訳ではなかったがやや緊張した。 「トリ、か。 「翼竜。 アシドリの生活が知りたい。 」チャップの眼光は工藤に劣らぬほど輝いていた。 堤防からその海に突き出している分譲地は、さながら埋め立て地のように景観を損ねていた。 田の上から垂直に突き出したコンクリートの護岸は防波堤のように不自然だ。 その上にそそり立つ新しめの民家も青々とした稲と奇妙なコントラストを生み出していた。 ふだんの仕事場である湾内と奇妙なところが似ていて、川渡は無意識に溜息をついていた。 「おう、兄ちゃん。 」猟友会の会長は耳が良い。 「その大砲しょって歩くのは疲れっぺ?」 「まあ。 ふだんは船で動いてますから。 それにいつもは上を見ながらだし・・・。 」負い革を背負い直しながらぼそぼそと川渡は応じた。 「正直、アシドリ相手に鳥防のおれが必要なのかどうか?あっちのほうが飛ぶでしょう?」誇らしげにライフルを担いだ猟友会員を目で示した。 「まあ、な。 弾を飛ばすだけならたしかに飛ぶが・・・こうも家だらけだとな。 」別な猟友会員が声をひそめて言った。 「また2キロ先の屋根に穴を開けたら新聞沙汰だしな。 背は人間よりも大きく、しかも脚も速い。 スリムなスタイルと天然のカモフラージュが施された体毛のせいで、林に入れば簡単には見つけられない。 運良く追い詰めたとしても短距離であれば飛行できる個体もいる。 飛行中の動物をライフルで撃つのは流れ弾の危険が高すぎて、法で禁止されていた。 しかし、追い詰めていた獲物がいきなり空を舞えば反射的に撃ってしまうのが狩人の本能だ。 民家を誤射してしまった事故もそういうものだった。 そういう意味では射程が100m程度しかない散弾銃は扱いやすい飛び道具だった。 ふだんは湾内の空港を翼竜から守っている鳥防たちが農林水産課から特大の散弾銃を支給されていることもこれに関係していた。 万が一、旅客機に当たってしまっても散弾であれば大した被害にはならない。 強力なライフルでは翼竜を墜とし、突き抜けて飛行機まで撃墜しかねなかった。 会長は赤い鼻を鳴らした。 リードの先の赤毛の猟犬がちらっと主を見た。 「ふん。 どうせアシドリ相手じゃ、遠射はきかん。 出たとこ勝負の接近戦だべ。 散弾銃で片が付く。 10番の兄ちゃん、頼りにしてっぞ。 じゃ、次はあそこだ」そう言い放つと、眼前の稲の海の一角を指さした。 海の中のジャングルの孤島ならぬ、それは雑木が生い茂り林のようになってしまった休耕田だった。 男と犬の集団がどやどやと堤防から田に下りていった。 んうぃくににながといんぽかのなと思てっるい。 とんてすこのいすぴえとゆかしよになって階下のうるこにばを覗ているいとしっこひうんたせのしゃうぎょがうぎょさ服たがすでらめかのずんれを廻てしたいらかを見けつてううたどは怪いしと見てっはるいとことをはうちゅとらか服を着えがて変装てしるい。 もでことをはとんてすこのうっこじんいいで怪いし人はでたかっなんどけねど。 ううたどが歩ているいとろく塗のりまるくが近いずてろしう席にあにじゅるいすくうはのつんぱきのんうねしょとあばをんさが載てっるい。 ううたどとしょっいに歩ていたいすらくといめのりとひとつんぱきのんうねしょがご双のいうだきょいしらでつんぱきのんうねしょはうりはうったぽだったいたみで事を知いならいううたどは飲みめこくな前事にいつめせれさいなのはうんよしされていないらかとだううたどはげしょるえか。 んっしょみうくうすの門のらびとが閉めるれらんんぜすにううたどは門をりすてけぬるい。 んっしょみるくうすのつうしきょでご双のにあのうほと話してっあうぎょじを抜てけかずしに話しがるきでろことを探すろことがをでびのういぞえにてでてきたいどけ画面のううたどは顔がここぼでだった。 をでびのえまで座るちとたひが隅こっらか縦にんらなで順にすんだをらながし横に掃てけてっいこそらかううたどの顔がとっぱ映ると食べれきいなうよとんめがで訴るえ。 ご双のにあがんいだかの踊ばりでむがしゃだんこううたどをいんぱしてし覗きんこでるい。 踊ばりはでちくどまが空ていていうほしょ箋が出さるれかどけだううたどはにろいろいなりすくとないさちしゃうちゅ器をとうほしょてし貰てっるいううたどはとかうすの裾をじはじはと摘んまでるくっとぶすむ。 ご双結のにあが言はにう消むごしをううたどにげあようと考たえけど今での使てったまっしいしらかううたどはんぶじで買らかうと言てっ踊ばりらか階のたしを覗むこきととうあなえりぬがんくさたへかにてかっかたい。 るりあはんた眼でくなくふ眼で推移すまし。 んっしょみうくうすの閉るまれすれすのううよつ門をりをとけ抜すまがいかせのるらゆあ間きすはるりあのうりっきとな間きすでしっこひうんたせのいせ服を着てずんれを廻てしことををきくげもしううたどはことをを怪んしですまい。 もで服を着えがてうんそへしてるいのはび人とんてすこのうっこじんいいだったんだどけね。 いかせはるんぼしでてきでているんぼしはのもきで着るえがとこのるきでのときだったんだどけ着えがたれらるんぼしはいうぐだんなどけんいだかの踊り場に絵がてかっかていんいだかは折り返しでいうぐのるんぼしのうなろじあでんいだかの踊り場はいかせのてべすがいたがうによって折り返れさ着えかせてれらるいでのじゅもふらうかを暴ばけいぐうのあぽりあが転りが出すま。 ごたふの兄が消しむごをるげあとううたどにんいあてしてすまいが消しむごはんんしにを防ぐむご品製でううたどがとかうすの裾のしはをはじと結でん恥のわう塗りでとかうすのすまい。 のじはとじはを結ぶと袋にりな嬢よがとぽうさぱぱのぬぴに被るせごちえの茎芋をめみあに編だん袋でんいぶせのんぽにさが嬢よの土の内で溶けしだて嬢よにぬもいええんいかかをしたらも嬢よはじはのわう塗りでりたあずまわかてがっよいましすま。 とかうすは性のとうすかのんいだかでうんてぃぱはうんこらううてぃぱすで。 ゴチャゴチャし過ぎ。

次の

♤♧久慈市のきてきて文学教室♡♢

オオカミ くんに は 騙 されない 歴代 オオカミ

)は、からインターネットテレビ局、で配信されるのである。 「ガチで恋愛をしたい女子高生」を主人公に、男性陣を顔合わせ、デートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかける恋愛ドキュメンタリー番組。 スタジオMCは、。 シーズン2から、シーズン3から応援ゲストとして、シーズン7からMCとしてが加わる。 概要 [ ] 恋がしたい女子高生たちと男性陣を顔合わせ、デート模様を追う恋愛リアリティーショー。 番組キーカラーとして赤が用いられ、序盤に何らかの赤いプレゼントが男性陣から女性陣にプレゼントされるミッションが課せられる。 番組を通じて実際に交際に発展するカップルもおり、地上波など他番組で紹介されることもある。 2018年2月期AbemaTV視聴ランキング3位(オリジナル番組1位=それぞれシーズン3第5回)。 ビデオランキング1位(シーズン3第2回)。 3月期ランキングでもそれぞれ1位を記録(シリーズ3最終回、および第7回)。 AbemaTVでの人気を受け、2018年9月22日、29日と2019年8月19日にはで第4シーズン再編集版を放送する。 2019年7月14日から男女が逆転した「オオカミちゃんには騙されない」を配信開始。 2020年1月5日から"オオカミちゃん"シリーズ第二弾となる『月とオオカミちゃんには騙されない』が放送される。 おもな追加ルール [ ] 投票制度 [ ] シーズン3「真冬の~」以降は視聴者投票により脱落者を決める「オオカミくん投票」ルールが設けられ 、ここでも赤い月が演出される。 シーズン4「太陽と~」以降は白い花火が打ちあがると脱落ではなく、赤い花火が打ち上がった人物が脱落となる。 シーズン5では脱落してほしくない男子1名を視聴者で選ぶ「落ちないで投票」も実施。 出演者同士の連絡 [ ] 番組スタッフ側で出演者の集団デート日を設けドキュメント撮影を行うが、出演者同士がOKならば、相互に連絡を取ることもデートすることも可能であった。 シーズン4以降3話は出演者同士の連絡に番組独自のグループLINE「太陽と月LINE」を使用開始。 太陽LINEを使用すると全員に送信され、月LINEは特定の個人にしか内容は送信されない(送・受信名は表示)。 共同作業 [ ] シーズン4は舞台が「ひと夏だけの秘密基地」に移され、これまでのデート日に加え期間中は共同作業でほぼ連日顔を合わせることとなる。 視聴者投票による脱落制度は継続。 秘密基地では2か月以内に巨大アートを完成させなければ告白機会が奪われるミッションが加わり 、外出デートなど巨大アート制作から離れる行為は疑われやすくなる。 シーズン5でも前回に引き続きジャイアントペーパーフラワーを2か月で制作する共同作業が課せられ、未完成の場合は番組終了となる。 以降も後述のように出演者を拘束させ、ゲーム性を高める要素として取り入れられている。 シーズン タイトル 共同作業 備考 シーズン4 太陽とオオカミくん 巨大アート 製作期間の2ヶ月のうちに完成させないと、全員が告白の権威を失う。 未完成の場合、その時点で番組は終了 シーズン5 白雪とオオカミくん ジャイアントペーパーフラワー 製作期間の2ヶ月のうちに完成させないと、全員が告白の権威を失う。 未完成の場合その時点で番組は終了。 視聴者投票で落選も出ず、投票結果も発表されない シーズン6 オオカミちゃん カフェ作り 製作期間の2ヶ月のうちに完成させないと、かずまが留学のため最終告白の時、一人かけてしまう可能性がある シーズン7 月とオオカミちゃん アパレルショップ 製作期間の2ヶ月のうちにオリジナルデザインのハンドメイドの服を100着完成に満たない場合、その時点で番組は終了。 視聴者投票で落選も出ず、投票結果は無効となる 出演者 [ ] スタジオキャスト(現在) [ ] VTRを見ながら随時コメント。 回によっては冒頭とエンディングのみの場合もある。 ( - )-MC シーズン7の月とオオカミちゃん第3回放送より産休に入る(2020年ー、)• (2017年 -、)• (2017年 - 、)-シーズン2の真夏から参加 応援ゲスト• シーズン7の月とオオカミちゃん3回放送より、産休に入った横澤夏子の代わりに代理MCを務める。 (2020年ー、) スタジオキャスト(過去)• (第5回、2017年3月18日) オオカミちゃんには騙されない• 第1回ー第2回、2019年7月14日-21日)• 第3回、2019年7月28日)• (第7回、2019年8月25日) 月とオオカミちゃんには騙されない• (第3回ー第4回、2020年1月19日ー26日)• 今田美桜(第5回、2020年2月2日)-オオカミちゃん、第3回に続き、2度目のゲスト登場となった。 オープニング映像やスタッフロールではフルネームだが、それ以外では愛称が使用される。 名前や職業など下記記述は原則番組出演当時のもの。 ケンケン モデル しゅう モデル レン K1ファイター 長田翔恩 ショーン モデル、俳優 しゅんじ 俳優 途中までの参加者 土屋怜菜 れいぽよ モデル 前回に引き続きの出演。 毎週土曜22:00から22:30。 全7回。 毎週日曜22:00から22:30。 初回配信はAbemaSPECIAL 2チャンネル、第4回のみ編成都合によりAbemaGOLDで初回配信。 真夏のオオカミくんには騙されない(シーズン2) [ ]• - 、全10回。 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 - 、全9回。 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 メンバーの数は9名 男子5人、女子4人 サブタイトル 番外編 #1 45分 冬にはじまる恋のdrama 第1. 5話(1)「笑いが僕の生きる道」(木佐編) (2)「オオカミそれともウサギ?」(あさや編) #5 1時間 脱落直前!最後デートで全員告白1時間SP 第5. 5話「誰も知らない私の想い」(あや編) #9 1時間 最終回1時間SP!涙と衝撃のラスト... 5話「真冬の終わり、春のはじまり」 太陽とオオカミくんには騙されない(シーズン4) [ ]• 2018年7月29日 - 10月14日、全12回。 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 メンバーの数は9名 男子5人、女子4人 サブタイトル 番外編 #1 2018年7月29日 1時間 太陽が連れてきた夏の恋 第1. 5話 かいせい編 #3 8月12日 45分 灼けつくヤキモチ 第3. 5話たくま編 #5 8月26日 1時間 さよなら3つの恋 第5. 5話きいた編 #6 9月2日 50分 脱落直前!男子の裏側大公開SP&総集編 第6. 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 配信はAbemaSPECIALチャンネル。 毎週日曜22:00から22:30。 総合演出:東考育(1)、鈴木隆司(5 - 7)• ディレクター:鈴木隆司(1 - 4)、橋村知暁(1)、藤田慎一(2)、佐藤宗明(2)、宇都浩一郎(3)、池田一葵(4)、保坂秀司(4)、宮本剛(4 - 7)、大島明(6、7)、永田一行(6)、筏津英一(7)、伊藤綾乃(7)• STディレクター:藤田慎一(3)• 応援:竹村悠(1)• キャスティング:藤村恵子(1 - 3)• プロデューサー:横山祐果(AbemaTV、1 - 7)古賀吉彦(AbemaTV、1 - 3)津田環(テレビマンユニオン(1)東考育(テレビマンユニオン、2 - 7)竹村悠(テレビマンユニオン、2、3、5 - 7)神山健一郎(テレビマンユニオン、2 - 6)月岡愛里(AbemaTV、3、4)、杉山未帆(AbemaTV、4 - 7)、山西雄大(5)、伊藤彰汰(AbemaTV、5 - 7)、竹内庸祐(AbemaTV、6、7)、桑野俊一 AbemaTV、7 、浜崎元希 AbemaTV、7• 製作プロデューサー:飯笹雅之(7)、三手かりん(7)• オープニング制作プロデューサー:佐々木規紀(1 - 4)、横倉雄也(5 - 7)• オープニング演出:(1 - 7)• メインビジュアル撮影: 6、7)• 制作協力:• 制作著作: オープニング曲 [ ]• 「オオカミくん」シリーズ「Once I was a cat」Suffer City• 「オオカミちゃん」シリーズ 「Nothing but Mine」Parellite 主題歌 [ ]• シーズン1-3「あたしを彼女にしたいなら」(RECO RECORDS) - 4以降は挿入歌• シーズン4「」 (トイズファクトリー)• シーズン5「コイワズライ」• シーズン6「アルクアラウンド」サカナクション• シーズン7「Let Go」 挿入歌 [ ]• シーズン4 第7話「眠り姫」SEKAI NO OWARI• シーズン6「Lights」防弾少年団• シーズン7「ROOFTOPS feat. 藤原聡 」KERENMI エンディングテーマ [ ]• シーズン2「君のとなり」Dream Ami()• シーズン3「drama」() 関連作品 [ ] いずれも、本作が企画・原案。 著者は石沢うみ。 講談社コミックス別冊フレンドより既刊2巻。 著者は深海ゆずは、イラストは。 全1巻。 脚注 [ ] []• 新R25 2017年12月19日. 2018年3月16日閲覧。 AbemaTIMES 2017年6月20日. 2018年3月16日閲覧。 モデルプレス 2017年11月1日. 2018年3月16日閲覧。 モデルプレス 2018年2月17日. 2018年3月16日閲覧。 株式会社サイバーエージェント 2018年3月 9日. 2018年3月21日閲覧。 株式会社サイバーエージェント. 2018年4月6日閲覧。 日本語. AbemaTIMES. 2018年4月20日閲覧。 日本語. AbemaTIMES. 2018年9月20日閲覧。 株式会社サイバーエージェント(2019年8月13日作成). 2019年8月13日閲覧。 プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo. 1|PR TIMES. 2019年2月8日閲覧。 AbemaTIMES 2019年6月21日. 2019年6月21日閲覧。 モデルプレス 2018年3月11日. 2018年3月16日閲覧。 ニフティニュース. 2019年1月17日閲覧。 AbemaTIMES 2017年4月3日. 2018年3月16日閲覧。 Entame Plex 2018年2月25日. 2018年3月16日閲覧。 Instagram. 2018年7月15日閲覧。 TV LIFE. 2018年7月31日閲覧。 芸名が短い場合など、愛称設定のないキャストもいる• AbemaTIMES 2018年3月12日. 2018年3月16日閲覧。 2019年12月16日閲覧。 2019年12月16日閲覧。 テレビマンユニオン. 2018年3月16日閲覧。 テレビマンユニオン. 2018年3月16日閲覧。 AbemaTV. 2018年10月13日閲覧。 シーズン4ではスタジオ場面での挿入歌として使用• 日本語. BARKS. 2018年7月20日閲覧。 AbemaTIMES 2019年7月5日. 2019年7月6日閲覧。 別冊フレンド公式サイト. 講談社. 2019年6月21日閲覧。 Inc, Natasha 2019年3月13日. コミックナタリー. 2019年6月21日閲覧。 角川つばさ文庫公式サイト. KADOKAWA. 2020年1月11日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

白雪とオオカミくんには騙されない8話 つばさの神対応にmihoroとあやのが?

オオカミ くんに は 騙 されない 歴代 オオカミ

6月29日の放送は、「~先祖はか 謎の写真~」と題して、のを探る。 鶴田の母方の先祖には、の隊士がいたという。 幕末に撮られた写真もあるが、詳しいことは分からなかったとのこと。 今回、その人物はで、主君を守るために入り、最期は切腹したという人生が明らかになる。 一方、父方のは、大分・別府。 明治の初め、4代前・高祖父が、ある理由で武士の家から出家。 その後、網元になり、さらにはを始めたという。 力強く生きた先祖の姿に、鶴田は驚いてばかりで……。 、に開眼?「なんか畑にしておけばいいのよ」と『夜の巷を徘徊する』 、で中居正広を焦らせる「ばっさー、なんで今日なの!(笑)」 山下智久、ピンチを亀梨和也に救われたエピソードを披露『クイズ!その時スーパースターは?』 いとうあさこ、セレブ女子校の先輩・かたせ梨乃と酒を片手に言いたい放題!? 『節約旅』 葉山で自給自足生活を送る謎の外国人、朝日奈央を呼び出し!? 『沸騰ワード10』... - 2日前 の、次長課長のらがMCを務める『じっくり聞い~(秘)報告~』(、のココだけのSP」と題してが放送された。 仕事で行ったでをしたというのは、はんにゃ・。 三桁ほど負けていて、でを何本も吸っていたという。 このままでは埒が明かないと「(での)三桁を置いた」と振り返った。 は、9に近い方が勝ちなのだが、がをめくると8だった。 この時点で、金田は9かに持ち込む8を出さないといけないため、大勢いたオーディエンスも「オーマイガー」と頭を抱えたという。 この時点で勝ちの9か負けの10のどちらかとなる。 フォーサイドの隣のマークが1つあったら9、2つあったら10ということもあり「(マークを吹き飛ばしたいという理由から)願掛けでフーフー吹いたら、近くに置いてた灰皿の灰がブァーって……。 で、嘘みたいにがめくれて、それが10だったんですよ」と一瞬で数百万円がゼロになってしまったと振り返った。 しかし、その場にいたディーラーやオーディエンスからは爆笑を取り「芸人生活で一番ウケました」と話した。 セクシー女優の小島みなみは芸人の噂話を暴露。 ある芸人が、SNSのダイレクトメッセージを使って共演者にメッセージを送っているという。 その男性芸人は、一緒に食事をした後、ホテルや自分の家に呼ぶらしく、あるセクシー女優が家についていくと「顔におしっこをかけられたそうです。 (同じ芸人からの被害者が)2人います」と小島。 名倉が「例えば誰ですか?」と問うと、スタジオに衝撃が走る人物だったようで、全員が大慌て。 サブMCの熊切あさ美も「イメージがなかった……」とこぼした。 河本は最後に「彼はセクシー女優で懲りないんですね」とヒントを出してスタジオを笑わせていた。 関連リンク マツコ、家庭菜園に開眼?「毛利庭園なんか畑にしておけばいいのよ」とアドバイス『夜の巷を徘徊する』 本田翼、初回収録欠席で中居正広を焦らせる「ばっさー、なんで今日なの!(笑)」 山下智久、ピンチを亀梨和也に救われたエピソードを披露『クイズ!その時スーパースターは?』 いとうあさこ、セレブ女子校の先輩・かたせ梨乃と酒を片手に言いたい放題!? 『節約旅』 葉山で自給自足生活を送る謎の外国人、朝日奈央を呼び出し!? 『沸騰ワード10』... 6月25日の放送は、徘徊を自粛して、でを実施した。 スタジオに入り、音楽が流れていることに気づいたは、「何これ?」と尋ねる。 から、のにBGMを選曲してもらったことを説明されると、「今のは登場(曲)なの? 合ってなかったろ」と。 4月ので見た1960年のが好評だったことから、今回もが最近、見つけたという1961年にから撮影された銀座の映像を見ることに。 1967年までは銀座にもが走っていたなど、現代との違いを見比べた。 次に、視聴者からおすすめされた、に表示されたGoogleの場所がどこかを当てる「Geo Guessr()」に挑戦。 を徘徊したり、をしたりしてヒントを探った結果、わずか16mの僅差でスタート地点の場所を当てた。 続いて、選んだ2つの年を比較して、土地の値段がどれだけ上下したか3Dグラフで表示されるWebサイト「あなたの街の地価は?」を閲覧。 1983年と1992年のバブル期の地価増加率を見ると、錦糸町が日本で一番地価が上がった地域であることが判明した。 また、には昨年、徘徊中に立ち寄ったおもちゃのデザイン会社から送られた、新作の「そうめんスライダー カスタム」がセットされており、流しそうめんを体験することに。 同じく昨年、徘徊した園芸店から送ってもらった家庭菜園セットを使い、比較的早く収穫ができる小松菜をプランターに植える作業を行った。 園芸店の社長からのメッセージに、「小松菜は発芽率がよく収穫までが早い。 厳寒期を除けばほぼ1年中栽培できる」と記載されていたため、「やっぱりテレ朝に埋めなさい。 (テレビ朝日の前の)毛利庭園なんかハイカラにしておかないで畑にしておけばいいのよ、きたるべき経営困難な時期に向けて」と助言。 インターネット上では、「で色々働かされるww」「テレワーク収録でも結構楽しめるな」「徘徊していないのに、めちゃくちゃ面白い。 さんの地図好き垣間見れるのも好き」といった声が上がっていた。 関連リンク いとうあさこ、セレブ女子校の先輩・かたせ梨乃と酒を片手に言いたい放題!? 『節約旅』 葉山で自給自足生活を送る謎の外国人、朝日奈央を呼び出し!? 『沸騰ワード10』 パーフェクトな執事・上川隆也の隙をついて奥様が誘拐!? 『西園寺の名推理』 山中伸弥教授「5年後には絶対終わっている」新型コロナウイルスとの付き合い方を語る『サワコの朝』 YOU、パジャマに革ジャン姿で安達祐実の前にあらわれ…『捨ててよ、安達さん。 - 3日前 DMMGAMESは本日(2020年6月25日),PlayStation4「:フロム・ジ・アッシュ」を発売した。 これを記念して公式Twitterでは,さんのでは、一般の人は聞いたことがないが、特定の業界内で話題にのぼっているなを。 が日本・世界を駆け巡り、半年後にになる「流行の源泉」を紹介する。 MCは、()、が務めており、は、()、、カズレーザー(メイプル超合金)、出川哲朗、高橋茂雄(サバンナ)、ゆきぽよが出演する。 激辛や肉、プラモデルなどある食材やモノに異常な愛情を燃やすに密着する「取り憑かれた」。 今回は、これまでも反響を呼んできた「立ち食いに取り憑かれた」佐藤。 川田裕美に代わり、人気ドラマで主演を務めた女優が新たな立ち食い友達候補として登場し佐藤も大興奮する。 続いて「街の変わり者」には、これまで番組で密着してきた「葉山で自給自足生活を送る謎の外国人」マイケルキダが登場。 今回、新たにあるものを作りたいと呼び出しがかかり、朝日が取材する。 関連リンク A. C-Z・塚田僚一、初のキスシーンに挑戦!かまいたち山内は私物を勝手に売り飛ばされる!? 『ウケメン』 小関裕太&なにわ男子・大西流星、愛犬や愛猫とのおうち時間動画を公開! オードリー若林、22歳・藤田ニコルに感心「自分は牛丼食ってタバコ吸ってるだけだった」 山崎育三郎、オーディションに向けて気合い!窪田正孝は作曲そっちのけで…『エール』 道端に下着を干す!? 3浪美人芸大生が『家、ついて』に再登場「今まで誰も見ていないものを…」... - 6日前 6月23日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、23:59~)は、マキシマムザホルモン・ナヲ、が出演する。 テーマを選出し、MCのとフットボールアワー・後藤輝基らと共に、を繰り広げる。 この日の企画は、「マキシマムザホルモン・ナヲ&がマネしたくなる事SP」。 エイトブリッジ・別府ともひこが紹介するのは、家でもできる。 果たして、そのお味は……? また、が話題のプラス・マイナス・岩橋良昌は、を伝授する。 さらに、ナヲが思わずでしたくなるを披露したのは?そのほか、「最新AI技術で西洋のに顔を加工!」「信濃岳夫&金原早苗の顔面体操」「話題のリアル間違い探し」などが登場する。 『ウチのガヤがすみません!』 小芝風花が中村倫也へ哀しすぎる告白…ネットでは「切なすぎて辛すぎてもらい泣き」『美食探偵』第8話 指原莉乃、Iカップグラドルのキツキツな挑戦に拍手「こんなに感動するの24時間テレビ以来」 滝沢カレン「感情なしのヒヨコが飛んでるスタンプ」を送ったらメールを終わらせたいサイン ジャニーズWEST、NHKホールから生パフォーマンス!『うたコン』に初登場... - 2日前 と(麒麟)がMCを務める『麒麟がくるまでお待ちください 戦国名場面スペシャル』(NHK総合)が、6月28日(日)20時から放送。 この日は、に、、、31周年を迎え、新たなを切ったDREAMS COME TRUEのリーダー・中村が大泉との対談で、の現在・過去・未来、そして最新曲にかける思いや50周年に向けた展望を語る。 また、数々のも。 NHKに残るや迫力のを公開する。 、をに救われたを披露『!その時スーパースターは?』 いとうあさこ、セレブ女子校の先輩・かたせ梨乃と酒を片手に言いたい放題!? 『節約旅』 葉山で自給自足生活を送る謎の外国人、朝日奈央を呼び出し!? 『沸騰ワード10』 パーフェクトな執事・上川隆也の隙をついて奥様が誘拐!? 『西園寺の名推理』 山中伸弥教授「5年後には絶対終わっている」新型コロナウイルスとの付き合い方を語る『サワコの朝』... - 2日前 が、6月29日(月)21時から放送されるとかまいたち(山内健司・濱家隆一)がMCをつとめる『! その時は? 』(日本テレビ系)に亀梨の素顔を知る人物として出演することがわかった。 のが実現した。 同番組は、各界のが、実際にとった「驚きの行動」や「」を実際の映像を交えてで出題し、が予想してに挑戦するというもの。 として、()、、、が出演するほか、、、とにかく明るい安村、ノブ(千鳥)、、、本田望結、本田紗来がVTR出演する。 特別企画第1弾では、MCの亀梨、かまいたちの人生を変えたとの出会い、エピソードからもが出題されることが決定し、亀梨自らその再現VTRに出演することが伝えられていた。 今回、特別企画第2弾として発表されたのは、亀梨と親交の深い山下のサプライズ出演だ。 スタジオでは、突然の山下登場に、亀梨は「まじか!」、濱家は「本物!? 」と驚きを隠せない。 さらには、バーチャル山下から亀梨に、ライブでしかやらないパフォーマンスを無茶ブリする場面も。 また、2005年に放送されたドラマ『野ブタ。 をプロデュース』で共演した際にユニットを結成した2人。 その際、山下がピンチの時に亀梨に助けられたエピソードを紹介する。 2年前、山下がソロアルバムを制作していた時のこと。 締め切りまであと1日というのに作詞に行き詰っていた山下は、気分転換のために1人でバーを訪れた。 するとそこで偶然にも亀梨と遭遇! ダメもとで亀梨に作詞の相談をすると、その場で協力を快諾。 山下が悩んでいたところに亀梨がポジティブな要素を入れて曲を作り上げることができたという。 この時のことを、山下は「切羽詰まっているときに救世主が現れた」と感謝。 出来上がった曲「Dancer」の作詞者には亀梨の名前も入れられた。 そして2年前、山下はツアー最終日で「Dancer」を披露。 するとステージにサプライズで亀梨が登場し、2人が協力して作った曲をデュエットして会場のファンを沸かせたのだった。 他にも、番組では中学時代の貴重な写真を紹介しながら、山下だけが知る亀梨のプライベートでの意外な素顔も紹介する。 関連リンク いとうあさこ、セレブ女子校の先輩・かたせ梨乃と酒を片手に言いたい放題!? 『節約旅』 葉山で自給自足生活を送る謎の外国人、朝日奈央を呼び出し!? 『沸騰ワード10』 パーフェクトな執事・上川隆也の隙をついて奥様が誘拐!? 『西園寺の名推理』 山中伸弥教授「5年後には絶対終わっている」新型コロナウイルスとの付き合い方を語る『サワコの朝』 YOU、パジャマに革ジャン姿で安達祐実の前にあらわれ…『捨ててよ、安達さん。 - 3日前 が誇る大食いたちが、さまざまなを食べ尽くす「デカ盛り」(6時55分より放送)。 の食べまくり2時間をお届 界最強のこと小野かこ・あこ姉妹が、となる12kg! 肉の山盛りこと「つけ麺」に挑戦した。 かこ・あこ姉妹とMCを務めるカミナリ・石田たくみが戦いの場として訪れたのは、デカ盛りつけ麺がSNSで話題となり、多くのが来店している「」(東京・)。 早速、完食者ゼロ、のデカ盛り「つけ麺」が登場! 「いろんな意味で!」と語るのは店主の野村さん。 お寿司の桶に盛られた大量のつけ麺...。 そのデカさに驚くかこ・あこ姉妹は、つけ麺の後ろに隠れ、思わずひょっこりはん! 規格外のサイズを誇る「つけ麺」。 つけ麺としては日本最高峰となる標高30cm、は12kg。 山の土台となる8kgの麺は超極太自家製麺だ。 盛りつけた麺の山頂には雪化粧ならぬ"ネギ化粧"。 すそ野は14個の煮卵、16個の餃子、トロトロの自家製チャーシューからなる"トッピングの樹海"。 大きさは通常サイズのつけ麺の24人前、濃厚とんこつをはじめとする3種のつけ汁でいただく。 かこ・あこ姉妹による"やりすぎなつけ麺チャレンジ"をリモートで見守るカミナリ・竹内まなぶと朝日奈央もその大きさに驚き! 制限時間は60分でつけ汁まで完飲すること。 3人一緒に挑戦することができ(今回はかこ・あこの2人)、見事勝利すれば、1万円の代金がただになる上、賞金6000円をゲットすることができる。 いよいよチャレンジト! かこ・あこ姉妹の作戦は、まずチャーシューや餃子などアゴが疲れそうな具材、すなわち"樹海トッピング"を食い尽くすこと。 開始2分で約半分のトッピングを食べた2人は大量の麺に着手。 店主いわく「最大限の太さ」という極太麺は、通常の麺の3倍! 太さ6mmのモチモチ麺だ。 そして姉のかこが、ネギの山に隠れた丸々1本の巨大チャーシューを発見! 長さ27cm、直径8cm、重さ1kgの巨大肉の塊は圧巻。 するとここで、「(チャーシューは)ご家庭だとタコ糸などを使わず、炊飯器を使用すると短時間で簡単にできます」とまなぶの料理メモが炸裂 笑。 巨大なチャーシューを体感してもらうため、リモートで応援していた朝日のもとにも同じチャーシューが到着。 トロトロのチャーシューにかぶりつく。 「父と兄もよく食べるので、月の食費がマックスで80万円になったこともある」と語るかこ・あこ姉妹。 まなぶと朝日は思わず驚きのシェーポーズを!20分を経過したところで、2人とも1杯目のつけ汁を完食。 そして桶の底が見えてきた! このスピードにさすがのご主人も「早いですね」とコメントするが、「(極太麺が膨らんでくる)残り30分からが勝負です!」とまだまだ余裕を見せる。 通常の挑戦者の場合、開始30分を経過したところで超極太麺が水分を吸収して肥大化。 胃の中で膨張し、お腹を圧迫する。 この現象により、ほとんどのが箸を止めてしまうというが、その30分が経過したところで約7kgを完食し「お腹はまだ4分目」というかこ・あこ姉妹。 いったい2人の胃袋はどうなっているのだろうか。 「麺が増えるので、これまで挑戦したデカ盛りメニューの中で一番ヘビー」と妹のあこ。 過去最大の難敵である「つけ麺」だが、誕生のきっかけは話題作りだった。 それが高評価を得て、狙い通りSNSなどで拡散され、が押し寄せるようになったという。 35分を経過したところで、温存していた特大の1kgのチャーシューに着手する2人。 恐るべき... - 4日前 マキシマムザホルモン・ナヲとが、6月23日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、23:59~)に出演。 知られざる会の裏話を明かす一幕があった。 ゲストはその中から数組のを選出し、MCのとフットボールアワー・後藤輝基らと共に、を繰り広げる。 ナヲとは同じ東京・市出身。 そんな出身のが集まる「会」で親交があるという。 は「みなさんご存知か分かりませんが、なんですよ」と。 後藤は「知っていますよ」とつつ「あれだけ大々的に(と)帽子に書いている人いないでしょ」と彼が良くかぶっている帽子をて笑いを誘った。 同じくに来ていた出身のフワちゃんらも含めてご飯会をしたと明かし、ナヲも「楽しかった」と回顧。 会が終わり、また集まる約束をしたのちに店を出ると「付きの超デカい車が停まっていて、さすがさん違ぇーな」と思ったそう。 ロールスロイスだったそうで、は「うーん。 ナヲいわく「まさかの(会に参加した)ローランドの車だった」と明かしてスタジオを驚かせた。 =治安の悪いヤンキーのイメージがあるが「本当は親しみやすい」というところから集まった会だとフワちゃん。 今回は、思わずマネしたくなることSP。 一流中華レストランで3年修行した経験があるエイトブリッジ・別府ともひこが、リモートでナヲに本格中華「絶品麻婆麺」をレクチャーすることに。 しかし、彼はド天然で有名。 「中指の爪くらいのニンニクとショウガと豆板醤を入れてください」「醤油は耳の半分」「ごま油をホクロ5個分」などと指示をし、スタジオを笑わせた。 最後に、隠し味に柿の種を入れた麻婆麺を試食したナヲは、食感を楽しみつつ「うまっ!」と絶賛していた。 関連リンク 最上もが、摂食障害の人たちの「これだけは知ってほしい」に迫る! 『やりすぎ都市伝説 緊急SP』放送決定!関暁夫からも衝撃メッセージが到着 EXIT、乃木坂46山崎怜奈が初登場!生放送で東大生にクイズで挑む視聴者参加型企画を開催『東大王』 起業家・孫正義が見据える世界とは?『ネット興亡記』最終話 アイドル時代のお宝グッズも…3時のヒロインの不用品はいくらに!? 緑川静香が徹底検証!...

次の