アウディ rs3 セダン 中古。 S3セダン(アウディ)の中古車一覧(全国)

S3セダン(アウディ)の中古車一覧(全国)

アウディ rs3 セダン 中古

RS 3はセダンがイチオシ!? 2017年モデルでマイナーチェンジされ、同年秋から日本でもデリバリーが開始された。 今回乗ったのは、まずセダンから用意された日本仕様の試乗車である。 おさらいすると、先のマイナーチェンジでのハイライトは、虎の子(?)の5気筒2. 5リッターエンジンが367psから400psにパワーアップしたことである。 最大トルクも465Nmから480Nmに向上した。 新世代プラットフォームでデビューしたRS 3が日本にやってきたのは、2015年秋。 RS 3に対抗して、A45はパワーを360psから381psに上げ、モデル名の由来でもあった450Nmのトルクも475Nmに引き上げて、現在に至る。 A3シリーズは5ドアハッチの「スポーツバック」に人気が集中しているのかと思ったら、日本では「セダン」が4割近く(2017年)と健闘している。 踏めばスゴイが平熱は低め セダンだから、パッと見、派手さはないものの、よく見れば、たしかにRS 3である。 大きなシングルフレームグリルのなかも、両サイドの低い位置に開くインテークも、メッシュ部分はダミーではなく、すべて貫通している。 フォーシルバーリングスのなかも目の詰んだメッシュだ。 貪欲に走行風を取り入れようという魂胆である。 リアバンパー下の左右からは、極太のテールパイプが顔を出す。 19インチのアルミホイールや、そこからのぞく赤いブレーキキャリパーも、「即ニュルブルクリンク走行可」の迫力だ。 だが、走りだしたRS 3に、レーシングライクと感じるような荒さは、みじんもない。 エンジンも、踏めばスゴイが、平熱は低い。 ダイナミックモードを選んでも、音がとくべつレーシーになるわけではない。 ハイパフォーマンスよりもまずハイクオリティーで訴える仕立てのよさは、最近のアウディRSモデルすべてに共通するキャラクターである。 実際よりもさらにコンパクトに感じる 1年半前に乗った367psのスポーツバックと、オールアルミ化された400psエンジンのセダン。 正直言ってエンジン単体の違いは、よくわからなかった。 だが、このRS 3セダンは、以前乗ったスポーツバックより40kg重い。 ボディー全長は約13cm長い。 にもかかわらず、367psのスポーツバックよりも乗っていてさらにコンパクトな印象を受けた。 パワー/トルクの向上がキビキビ感を増して、ボディーをいっそう小さく感じさせたのだと思う。 実際、RS 3セダンで一番うれしいのは、このコンパクトさである。 運転していると、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」より小さく感じる。 ギュッとコンパクトだから、400psもこわくない。 デジタル計器盤にはパワー/トルクメーターがあり、パーセンタイルで現在発生中の出力とトルクを教えてくれる。 街なかだと、宝の持ち腐れメーターにほかならないが、サーキットランでは努力目標の指針になりそうだ。 歴40年を超えるアウディ5気筒の最新バージョンは、ツッコミどころのない出来である。 5気筒といわれてみると、回転フィールに4気筒より多少、噛み応えがあるような気がするが、4気筒に対する3気筒のような大きな差はない。 ただ、撮影のときに動かしていると、クルマ好きのKカメラマンが「けっこうガチャガチャいいますね」と言った。 Sトロニックのギアノイズだ。 この400psユニットを初めて搭載した「TT RSクーペ」に乗ったときも、スロットルのオンオフで変速機からコツコツと音が出ることがあった。 そこまでではないが、今回の試乗車でもデュアルクラッチ変速機がたまに自己主張することがあった。 クワトロ4WDシステムはプロペラシャフトの後端に電子制御式マルチプレートクラッチを備えたタイプを採用する。 フロントフード下には2. 5リッター直5エンジンが横置きされる。 ほとんど隙間がないほどぎっしりとパーツが詰まっている。 「A3セダン/スポーツバック」と比べるとエンジンルームの内部があまりに狭くなっているためか、「RS 3セダン」ではバッテリーの設置場所がエンジンルームからラゲッジルームへと変更されている。 ラゲッジルームの容量は315リッター。 トランクスルー機構を備えている。 約340kmを走って、燃費は9. いつもより多めに走った山道では、パワー/トルクメーターを参考にガンバったことを思えば、ワルくないと思う。 全長4480mmといえば、「カローラ」のセダンより8cm大きいだけである。 全幅は1800mmあるが、車内にいると、正味の広さはそこまで感じない。 そのコンパクトなセダンボディーに400psの2. 5リッター5気筒20バルブ ターボを積んだのが、RS 3セダンである。 この数値が4秒をきるとスーパーカーだと個人的には認識している。 ということは、スーパーカーにほぼ近いコンパクトセダンである。 それなのに、RS 3セダンはレーシングカーのように激しくもなければ、スーパーカーのように派手でもない。 価格は785万円。 クルマの酸いも甘いもかみ分けた、粋(いき)なクルマ好きのクルマだと思う。 2013年以来の現行A3には、フルチェンジも迫っている。 それをベースにした次期RS 3の登場には時差があるだろうが、電動化の流れのなかで、果たして5気筒エンジンの処遇はどうなるのか。 6km 使用燃料:36. 8リッター(ハイオクガソリン) 参考燃費:9.

次の

アウディ RS3セダン 価格・車種カタログ情報

アウディ rs3 セダン 中古

24時間緊急サポートサービス 故障などの予期せぬトラブルに、365日24時間体制で対応。 全国ネットワークを最大限に活用し、応急処置のアドバイス、出張応急修理や牽引搬送等を迅速に行います。 Audi認定中古車のメンテナンスプログラム より安心、より安全なメンテナンスを5年目まで延長。 法定点検や、メーカー指定点検などを長期で行い、常にベストコンディションでドライビングをご堪能いただくためのプログラムです。 Audiには、新車登録日から3年以内の車両に「Audi Freeway Plan」というメンテナンスプログラムが適用されます。 Audi認定中古車では、そのメンテナンス期間を有償にて延長するための2つのプログラムが用意されています。 あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 100. 0 Build 20200629054141 Frontend 100. 0 Rendertime 20200717151606 StaticVersion 20200629054141 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 100. 0 Build 20200629054141 Frontend 100. 0 Rendertime 20200717170108 StaticVersion 20200629054141 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 定められた試験条件のもとでの値です。 実際の走行時には、使用環境 気象、渋滞等 や運転方法 急発進、エアコン使用等 に応じて燃料消費率は異なります。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

アウディ RS3セダン 2.5 4WD 2018年 0.6万キロ (神奈川県) アウディ 湘南

アウディ rs3 セダン 中古

アウディ RS3 スポーツバックとは? アウディ RS3 スポーツバックは、ドイツの自動車メーカーアウディが販売している5ドア車です。 アウディは、A3と呼ばれるCセグメント(全長が4,200mmから4,500mm)車の高性能バージョンとしてS3をラインナップに加えています。 そしてさらに最高367PSの最高の動力性能を持つアウディ RS3をリリースしました。 アウディのスポーツ部門を担当するAudi Sport GmbHが、RSシリーズを製作しています。 日本仕様車は、今のところスポーツバックと呼ばれる5ドアのみのラインナップですが、近いうちにマイナーチェンジし、も導入される予定です。 現行アウディ RS3 スポーツバックのパフォーマンスは、クラスを超越したモンスターマシンと呼ぶにふさわしい凶暴なものです。 フォルクスワーゲン ゴルフには高性能バージョンのGTIがあり、BMW 1シリーズも、M135iなどのスポーティなCセグメント車を販売しています。 アウディの場合は、よりスポーティな上位モデルとしてAの上にSを位置付けています。 アウディ S3は他社のスポーツグレードに対抗できるモデルのはずでした。 しかし、2013年にメルセデス・ベンツがA45 AMG 4MATICを販売しました。 Cセグメントのとして、2リッター4気筒は365PSと当時最高のを誇り、45. 6秒とこれまでの常識を覆すモンスターマシンだったのです。 アウディは、Sの上位にRSと呼ばれる完全なスポーツ志向のグレードが存在していました。 Cセグメントでの初のRSシリーズを、メルセデス・ベンツ A45 AMG 4MATICに対抗するために開発したのがアウディRS3なのです。 スポーツバックと呼称される5ドアの形状は、から斜めに傾斜したラインによって実用性とスポーツ性の中間イメージを形成しています。 RS3で特徴的なのは、アルミによって隈取りされたバンパー部分にまで広がるフロントグリルと、19インチのタイヤサイズに対応するために、張り出したフェンダーです。 他には専用のスポイラーや、RS3ロゴなどで通常のA3やS3と差別化を図っています。 ピラー・フロントグリル・スポイラーとは アウディ RS3スポーツバックの重要事項3:内装 アウディ RS3の内装は、RS3専用のデカールの入ったステアリングやシフトレバーがオーナーの気分を盛り上げます。 2眼メーターに、センターディスプレイ、クロームによって縁取りされた内装など、コンパクトなCセグメント車にしては高級感があります。 RS3専用スポーツシートは、ホールド性のある左右を支える張り出しのあるタイプで、峠やサーキット走行に適したものです。 380リッターの容量を誇るトランクルームも、実用性の高さを感じさせます。 そもそもCセグメントって?という方はこちら アウディ RS3スポーツバックの重要事項4:スペック エンジン種類 直列5気筒 排気量 2. 1,560kgの重量に、2. 5リッター直列5気筒のは367PS、トルクは47. 6kgfとオーバースペックともいえるを与えられています。 3秒とスポーツカーも真っ青な加速です。 S3でも290PSなので、77PSもの出力アップされたエンジンに、より強化されたクワトロ()の足回り、実用性もあるコンパクトなボディなどホットハッチとしての要素がこれでもかと盛り込まれています。 は、7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)です。 ホットハッチとは デュアルクラッチトランスミッションについてくわしく アウディ RS3スポーツバックの重要事項5:試乗評価 先日、アウディRS3試乗しました。 今の日本車には無い車なので。 強いて言えばWRXやレヴォーグなどでしょうが、 吊るしでゼロヒャク4秒、更に上の加速は比べ物になりません。 前車はE90M3ですが、直線加速は今の方が上ですね。 【良い点】 安直と言う意味での走り全般。 この手のモデルとしては 乗り味も望外に良い。 可変ダンパーさまさまです。 【悪い点】 アウディ全般だがオプションが少ない。 インテリアは前車と比較しても明らかに劣るため、本国オプションを取り寄せて付ける事になった。 レザートリムやカーボンパネルくらいはオプション設定して置くべき。 出典: 2. 5リッター5気筒ターボは、低速から力強いトルクで加速するようです。 は硬めですが、不快に感じるレベルではないようです。 アウディ RS3スポーツバックの重要事項6:実燃費 RS3の2. 5リットルターボ、367psのスペックで実燃費13. アウディ RS3スポーツバックの重要事項7:維持費 アウディ RS3の年間維持費を計算してみます。 自動車保険が4万5,000円、重量税が1万6,400円、自賠責保険が1万2,260円で、任意保険を年間7万円とします。 年間8,000km走行するとして、ハイオクリッター130円として11万5,556円のガソリン代がかかり、駐車場代12万円、オイル交換6,000円、車検と修理費用に6万円で合計44万5,216円の年間維持費がかかります。 アウディ RS3スポーツバックの重要事項9:マイナーチェンジ アウディ RS3は、スペックを向上させたマイナーチェンジが今年に控えています。 そして、待望のモデルが追加されます。 スポーツバックにも2. 5リッター直列5気筒エンジンが改良され、が400PS、トルクが48. 9kgfと現行モデルより向上します。 他には、アルミ合金製のクランクケースの採用などにより、重量を26kgも削減しています。 発売日は2017年8月頃になる予定です。 セダンについては3月28日より予約開始で7月頃販売するようです。 アウディ RS3 セダンの最新情報はこちら! アウディRS3はスーパーカー並みの激辛ホットハッチ! アウディRS3の公式イメージムービー アウディ RS3は、ライバルであるメルセデス・ベンツA45 AMG 4MATICに対抗するモデルとして生まれました。 その動力性能は、367PSとCセグメントの車としてはスーパーカー並みのモンスターマシンです。 RSシリーズの中でもコンパクトなサイズなのに対し、強力なエンジンによる走りのパフォーマンスは群を抜いています。 足回りは硬めですが、不快ではなく、380リッターの容量のトランクルームなど実用性もあります。 夏頃のマイナーチェンジにより、さらに過激なマシンとして登場するRS3に今後も期待です。 アウディの新型車やモデルチェンジ情報一覧 アウディのスポーツカー限定ランキング アウディRS3のライバル車についての記事はこちら.

次の