ワークマン 着る こたつ。 売り切れる前に急げ! ワークマンプラスの”着るこたつ”!

【ワークマンやばい】「着るこたつ」「超低価格」ヒーターベストが販売開始直後に売り切れ続出で焦る(2/2)

ワークマン 着る こたつ

日々寒さが募り、着実に冬の足音が聞こえ始めてる。 風邪が流行りはじめ、当編集部でもすでに3名が咳やくしゃみを繰り返している。 寒いのイヤだ~! 震えるような思いは絶対にしたくない~ッ!! という人にぜひともオススメしたい商品がある。 それは、バッテリー装着型の 「ヒーターベスト」である。 秋冬の商品発表会で話題となり、発売後に速攻で品薄になった商品だ。 私(佐藤)は幸い購入することができ、今まさに着用して本稿を執筆しているのだが、 「着るコタツ」という表現がまさにふさわしいベスト。 マジであったか~い! ・実店舗にあった! 2019年9月、同社の新商品発表会で商品が紹介された後、10月初旬にテレビで取り上げられ、発売を待たずにネット上で注目を集めた。 そしてオンラインストアで先行発売されると、すぐに初回分は完売。 次回入荷予定は12月末になっている人気商品だ。 オンラインストアでの発売に出遅れてしまった私は、購入を諦めていた。 ところが! ある日、都内の店舗に行ってみると、あるじゃないか! 買うしかねえ、今買うしかねえッ! ちなみにカラーはブラックとレッドの2色。 レッドはオンラインストアで完売となっている。 ちなみに販売価格は 税込9800円となっている。 ・ベストの仕様 さて、実物を見てみよう。 ベストそのものは撥水加工を施してある。 しかしバッテリーには防水されていないので、雨天での着用時にはバッテリーを濡らさないように注意。 胸元にジッパーのポケットがついており、スマホなどの小物を入れるのに良さそうだ。 右胸にイナズママークのスイッチがある。 これは、3段階の加熱状態をライトで示すインジケータだ。 それと同時に、温度の切り替えスイッチでもある。 右ポケットは2重構造になっており、ケーブルが出ている。 これにバッテリーをつなぎ、電源を入れるとヒーターが温まる仕組みだ。 バッテリーにはACアダプターが付属している。 出来れば、専用アダプターを必要とせず、USB接続で充電できる方式のバッテリーにして欲しかった……。 なお、このバッテリーは、ワークマンの空調服でも共用できるそうだ。 スマートリチウムバッテリーは意外と小さく、ちょうどたばこの箱と同等のサイズ。 2~3時間で満充電、充電可能回数は約500回だ。 連続稼働時間は高温で約5時間、中温で約7時間、低温で約17時間となっている。 ・3段階の温度設定 バッテリーをつないで電源を入れてみよう。 起動時は赤のライトが点灯する。 起動後、5分経過するとランプは白に変わる。 さらにスイッチを押すと、ライトは青に切り替わる。 ・着てみると…… 着用し、ヒーターをオンにしてみると、低温でも十分温かい。 じわりと首元と腰のあたりに温かさが広がる。 ヒーターが入っているのに、かさばる感じがなく、着心地もとても自然。 寒い時期になると腰が痛くなるというデスクワーカーも、外仕事でこれからの寒さが堪えるという肉体労働系でも、どちらでも威力を発揮しそうだ。 オンラインストアでは入荷が少し先になりそうだ。 店舗で探してみた方が手に入るかも。 とにかく人気商品なので、見つけたら即買いだ! 参照元: Report: Photo:Rocketnews24.

次の

【ワークマンやばい】「着るこたつ」「超低価格」ヒーターベストが販売開始直後に売り切れ続出で焦る(2/2)

ワークマン 着る こたつ

こんにちは、曇りのちアメです。 価格が1万円を切っているというのも人気の理由。 転売屋多いなぁ。 使いもせんのに買うなよな。 ・ワークマンのヒーターベスト、ネットで今日9時から発売になったけど黒は在庫なし。 赤もL、LL、3Lのみ。 欲しい人は急げ! ・ワークマンのヒーターベストほしいい! ・ワークマンのヒーターベスト。 ネットで、買いました。 自分はワークマンのヒーターベストを狙ってます😊またグッバイ諭吉です〜😂 ・ワークマンのヒーターベストを先日買いました。 7店舗に問い合わせしました。 ワークマンは無駄な在庫を抱えない為だと思いますが、定番の作業着や小物と消耗品以外は全て限定生産だそうです。 来年は、今年買えなかった空調服を買おうと思ってます。 この冬の釣りに使えるのかな?最初に行ったワークマンにはもうサイズがなくて断念。 二軒目でちょうど品出ししてた。 サイズ感は小さ目かな。 」の表記も・・.

次の

“着るこたつ”がワークマンから初登場 「価格破壊」を続ける理由を担当者に直撃 (1/2ページ)

ワークマン 着る こたつ

日々寒さが募り、着実に冬の足音が聞こえ始めてる。 風邪が流行りはじめ、当編集部でもすでに3名が咳やくしゃみを繰り返している。 寒いのイヤだ~! 震えるような思いは絶対にしたくない~ッ!! という人にぜひともオススメしたい商品がある。 それは、バッテリー装着型の 「ヒーターベスト」である。 秋冬の商品発表会で話題となり、発売後に速攻で品薄になった商品だ。 私(佐藤)は幸い購入することができ、今まさに着用して本稿を執筆しているのだが、 「着るコタツ」という表現がまさにふさわしいベスト。 マジであったか~い! ・実店舗にあった! 2019年9月、同社の新商品発表会で商品が紹介された後、10月初旬にテレビで取り上げられ、発売を待たずにネット上で注目を集めた。 そしてオンラインストアで先行発売されると、すぐに初回分は完売。 次回入荷予定は12月末になっている人気商品だ。 オンラインストアでの発売に出遅れてしまった私は、購入を諦めていた。 ところが! ある日、都内の店舗に行ってみると、あるじゃないか! 買うしかねえ、今買うしかねえッ! ちなみにカラーはブラックとレッドの2色。 レッドはオンラインストアで完売となっている。 ちなみに販売価格は 税込9800円となっている。 ・ベストの仕様 さて、実物を見てみよう。 ベストそのものは撥水加工を施してある。 しかしバッテリーには防水されていないので、雨天での着用時にはバッテリーを濡らさないように注意。 胸元にジッパーのポケットがついており、スマホなどの小物を入れるのに良さそうだ。 右胸にイナズママークのスイッチがある。 これは、3段階の加熱状態をライトで示すインジケータだ。 それと同時に、温度の切り替えスイッチでもある。 右ポケットは2重構造になっており、ケーブルが出ている。 これにバッテリーをつなぎ、電源を入れるとヒーターが温まる仕組みだ。 バッテリーにはACアダプターが付属している。 出来れば、専用アダプターを必要とせず、USB接続で充電できる方式のバッテリーにして欲しかった……。 なお、このバッテリーは、ワークマンの空調服でも共用できるそうだ。 スマートリチウムバッテリーは意外と小さく、ちょうどたばこの箱と同等のサイズ。 2~3時間で満充電、充電可能回数は約500回だ。 連続稼働時間は高温で約5時間、中温で約7時間、低温で約17時間となっている。 ・3段階の温度設定 バッテリーをつないで電源を入れてみよう。 起動時は赤のライトが点灯する。 起動後、5分経過するとランプは白に変わる。 さらにスイッチを押すと、ライトは青に切り替わる。 ・着てみると…… 着用し、ヒーターをオンにしてみると、低温でも十分温かい。 じわりと首元と腰のあたりに温かさが広がる。 ヒーターが入っているのに、かさばる感じがなく、着心地もとても自然。 寒い時期になると腰が痛くなるというデスクワーカーも、外仕事でこれからの寒さが堪えるという肉体労働系でも、どちらでも威力を発揮しそうだ。 オンラインストアでは入荷が少し先になりそうだ。 店舗で探してみた方が手に入るかも。 とにかく人気商品なので、見つけたら即買いだ! 参照元: Report: Photo:Rocketnews24.

次の