お 姉ちゃん だ よ 事件。 美咲ちゃん事件概論: たごさく のブログ

吉展ちゃん誘拐殺人事件

お 姉ちゃん だ よ 事件

概要 [ ] 原作は・の『』で、主人公マリ子は、長谷川町子の姉・である。 誕生までの歩みと、そのこぼれ話を中心にの主演で描いた(なお、マリ子役の熊谷真実は、妹のマチ子役のより年下である)。 1979年の平均視聴率は42. 全156回。 放送が終了してからも年に一度~数度、出演者・スタッフによる「マー姉ちゃんの会」と称する同窓会が開かれている。 本作以降の歴代連続テレビ小説は、通常放送回、総集編とも全ての映像を全話NHKが保存しており、にあるでは作品の一部が一般でも視聴することができる。 本作には主演の熊谷のほか、過去の朝ドラヒロイン経験者の藤田弓子も出演した。 田中裕子は後に「おしん」でヒロインを務めている。 完全版・総集編共にDVDは未発売。 あらすじ [ ] に住む磯野一家は、父、母のはる、長女のマリ子、次女のマチ子、三女のヨウ子の5人暮らしだったが、父を病気で亡くして一家4人でする。 ある日、マチ子がの漫画『』を読んでいる際、「田河水泡先生の弟子になりたい」とつぶやき、マリ子と共に田河のもとを訪ね、マチ子は田河の門下として漫画家デビューを果たす。 終戦後マチ子は疎開先の福岡で、後に国民的名作となる『』の連載を開始する。 スタッフ [ ]• 原作・題字・オープニングイラスト:(「」より)• 脚本:• 音楽:• 演出:北嶋隆• 語り:アナウンサー(最終週月曜放送分にて磯野家を訪れる客として顔出し出演) キャスト [ ]• 磯野マリ子(モデルは):• 磯野マチ子(マリ子の妹・モデルは):• 磯野ヨウ子(マリ子の妹・モデルは):(幼少期 : )• 磯野はる(マリ子・マチ子・ヨウ子姉妹の実母):• 東郷新八郎(マリ子の夫):• 東郷(新八郎の父):• 東郷貴美(新八郎の母):• (マチ子の漫画家としての恩師):• 田河順子(水泡の妻):• 均(水泡の弟子):• 三郷智正:• 智正の母:• 天海朝男:• 酒田大造:• 酒田ウメ(酒田の母):• 君島編集長:• 田畑千代(磯野家お手伝い):• 戸田トミ子(マリ子の親友):• 茜(マリ子の友人):• ウラマド姉妹:、• 牛尾一平:• 牛尾軍平(一平の息子):• 加津子:• 植辰:• 岩村透一郎(はるの兄):• 透一郎の妻:• 校長先生:• ドラマは長谷川町子の半生を綴ったものであったが、は「 長谷川」ではなくサザエさん一家の苗字である「 磯野」が用いられた。 サザエさんを出版していた「 」は、ドラマ作中では「 姉妹出版」と呼ばれた。 しかしこれは姉妹社がその社名に変更する前に実際に使っていた名前である。 マリ子とマチ子が田河水泡の自宅を初めて訪れるシーンではが「 田河」になっていたが、実際には「 高見澤」(田河の本姓)である。 脚注 [ ].

次の

マー姉ちゃん

お 姉ちゃん だ よ 事件

ひとつ疑問なのは、小倉美咲ちゃんのお姉さんになぜ事情を聞かないのか? キャンプ場でもっとも身近にいた事実を話せる証言者です。 妹と一緒に行動もしていただろうし、最後の目撃場面だって親の証言はあてにならず、子どもの証言を親とは別の場所で優しく聞き出せば、何か大事なことを話してくれるでしょう。 この事件の鍵は美咲ちゃんのお姉さんです。 母親がそれを拒否しているって本当ですか? だとしたら母親はやっぱり怪しいです。 子どもがおじさんたちに囲まれ質問される、そんな怖い目に遭わせたくないと思う気持ちもあるでしょうが、何よりも美咲ちゃんを探し出す情報を得るきっかけになるのだから、話を聞くことは見つけ出すことと繋がることです。 それをせずにお姉ちゃんを守り、というのはおかしいです。 美咲ちゃんのために、その場の状況を詳しく説明してあげなさい、何かが見つかるきっかけにもなるから、と言ってお姉ちゃんに話をさせればいいのに。 拒否とは? お姉ちゃんは小学校で友達とかに何か話していないのでしょうかね。 学校内での証言とか、子どもたちからの情報を得たお母様方のリークとかないのでしょうか?ネット上で匿名でもあるのだから、誰か書き込むとか。 周囲が誰も何も言わずに黙っているのが、何か怪しいです。 みなさんはどう思われますか?.

次の

とと姉ちゃん

お 姉ちゃん だ よ 事件

昨年12月14日午後7時ごろ、愛知県一宮市のマンションの一室で、この部屋に住む無職・立松巧次さん(48)と小学5年生の巧丞くん(10)が遺体で発見された。 捜査関係者によれば「居間で2人が並んで倒れていた」という。 同日に匿名の女性から「連絡がとれないので、見に行ってください」と通報があり、訪れた警察官が発見した。 状況から、親子とみられるが、室内に残されていた遺書から、「巧丞くんも死を覚悟していたようだ」と全国紙記者は指摘する。 『週刊女性』が取材をする中で、3通の遺書が残されていたことがわかった。 そこには、巧次さん、巧丞くん親子の、死ぬ覚悟と悔しさがつづられていたという。 その詳細は後述するとして、まずは死に至るまでの親子の足跡を追う。 父子が死亡現場のマンションに引っ越してきたのは、'13年10月のことだった。 巧次さんは無職で、精神的・身体的な病を抱えて働けず、生活保護を受給していた。 居住マンションも、困窮者支援団体が提供したものだった。 同じマンションに住む50代の男性が、父子の様子を明かす。 「お父さんは丁寧に話す方でしたよ。 親子の仲はよさそうでしたね。 一緒に自転車のパンクを修理したり、出かけたりしていましたよ」 70代の男性は、 「昨年の春ぐらいまで、お姉ちゃんもいたんだけど、最近は見なくなったな。 付き合いもないから全然わからんけど」 と不思議そうに語った。 病気がちの父親と小学生の男子児童。 体調不良で養育が難しいと感じた父親が、一宮児童相談センター(以下、児相)に最初に長男を預けたのは、'14年11月のことだった。 児相の担当者が振り返る。 「そのときから昨年の9月まで計8回、巧丞くんを保護しています。 8回も保護するというのは、ほとんどないんですよ。 施設へ預けることを考えては、という話もしましたが、お父さんが拒絶したんです」 保護した回数だけを見ると、親子関係が悪いと思いがちだが、実はそうでもないことが取材から浮かび上がった。 前出・児相担当者が続ける。 「8回のうち7回は、単純に親子ゲンカが原因です。 嘘をつく、勉強をしないことをお父さんが厳しく叱る。 最初の依頼も、精神的な負担から、イライラして接してしまうからということで相談があったためです」 と状況を説明する。 しかしながら「身体的、精神的な虐待、ネグレクトのような育児放棄もありませんでした。 家から追い出すのはどこの家にでもあることで、あくまで親子ゲンカの仲裁に入り、親子関係の手助けをしていた」と、児相が強制保護しなければならない多くの子どもらが置かれているような逆境に、巧丞くんがいたわけではないという。 児相関係者は、こんな巧丞くんの言葉を明かす。 昨年夏あたりから、巧丞くんの親権争いが起こった。 巧次さんが巧丞くんを最後に児相に預けたのは、昨年9月6日のこと。 「親権問題でもめているという相談を受けました。 ゴタゴタしているし、気持ち的にも余裕がないので落ち着くまで預かってほしいと。 この日が2人を見た最後だと児相担当者は言う。 「巧丞くんが父親のところに帰る意思を示したんです。 2人ともなんだかうれしそうでしたけど、こんなことになるとは……」 2人が遺体で発見される5日前、巧丞くんが通う小学校では、校長面談が行われた。 「お父さんと巧丞くん2人と面談をし、転校するかもしれないという相談を受けました」 おかしな様子はなかったと校長は言う。 だが、不穏な影がそこにはあったのだ。 巧丞くんが、教室の自分の机の中に、メモを残しているのを担任が目撃。 同日中に校長へ報告したという。 校長は、もう手元にないため明確に答えることができませんが、と断り、 「気持ちとしては一緒に卒業したかった、ということが書かれていましたね。 転校の話をしていたので、気持ちは一緒にいるという意味だと思いました」 そのメモを見たという人物は、そこに書かれていたある言葉にSOSを感じたという。 見逃しが悔やまれます」 面談後の週明け12日の月曜日は欠席の連絡があり、その翌日は無断欠席。 14日に遺体が発見された。 前述のように自宅には、3通の遺書が残されていた。 全国紙記者が明かす。 「2通は巧次さんと巧丞くんの思いをパソコンで打ったもので、もう1通は巧丞くんの自筆のもの。 父親は、親権を争ったことへの不満をつづり、巧丞くんには生きろと伝えたが、巧丞くんの強い意思から、一緒に連れて行く、という旨も記されていました。 パソコンで打った巧丞くんの遺書は、父と離れることが嫌だという思いがあふれる内容でした」 巧丞くんの自筆の遺書には、親権争いに巻き込まれないように父方の祖父母と養子縁組した姉への思いが、つづられていたという。 「お姉ちゃんが希望の星、お姉ちゃんに僕の人生をあげるということと、学校に対しても、転校してきた僕を世話してくれてありがとう、ということが書かれていました」 わずか10歳で終えた命。 テストでこんな結果が出たと児相担当者が明かす。 「巧丞くんの知能テストは、まれにみる高い数値だったんです。 自分で自分の人生を切り開いていける力がある子でした。 それだけに残念です」 巧丞くんの姉は12歳。 弟の死を、姉への思いを受け止めるには幼すぎる。 外部サイト.

次の