キャベツの千切り コツ。 ひと手間でふっわふわ!「おいしい千切りキャベツ」の作り方のコツって?

キャベツの千切り方法!これなら初心者でも失敗なしっ!

キャベツの千切り コツ

千切りキャベツはコツをつかんで練習すれば、案外できるようになります。 ここではそのコツを参考にしてふわふわのキャベツの千切りを参考にしてください。 元来キャベツは身体にはとてもよく、体調を整える野菜の中の一つです。 古代ではヨーロッパなどで、野菜というより「薬草」としてあつかわれ、特に胃腸を悪くした時に調子を良くすることに健康食として食べられていました。 そして現在までに改良され、より柔らかく肉厚の美味しいキャベツとなりました。 今ではおかずからサラダまでいろんなレシピも健康的でふわふわした千切りキャベツは食卓の欠かせないものになっています。 今回はそんな身体にいい千切りキャベツの切り方やスライサーとピーラーの使い方などを紹介します。 ふわふわな千切りキャベツをつくれるように、是非参考にしてください。 まずはじめに4分の1に切るところからはじめます。 そして底を平らにし、扱いやすくするために、いらない芯の部分を切り落とします。 続いて慣れないうちは4分の1になったキャベツの葉の厚みを減らすために、中心の部分をだいたい真ん中あたりで分けて厚みを薄くします。 そして平らにするためにキャベツを手で押します。 ここまで出来たら千切りします。 千切りキャベツの切り方のポイントは、キャベツの切る方向を 垂直に葉脈に対して切ることです。 そのことによって歯ごたえがやわらかくなります。 要するに 線維を断ち切ることです。 包丁を使っての千切りキャベツは「 引き切り」が春キャベツをのぞいて基本的です。 一度にたくさんの千切りをするので包丁の重さで切り落とすようにすることがポイントです。 「引き切り」ではなく押切りにすると手に余分な力がかかって疲れてしまいます。 包丁も少し大きめの方が疲れにくいです。 ゆっくりと丁寧に切っていきましょう。 スライサーとは、キャベツや玉ねぎなどをスライスするための調理器具です。 ここではキャベツの千切り用などのスライサーを使って便利で簡単なふあふあの千切りキャベツの作り方を紹介します。 スライサーを使うまえに、まず、キャベツまるごとを包丁で二つか四つに切ります。 これはキャベツとスライサーの大きさのバランスを考えてのことです。 続いてキャベツの芯をしっかりとります。 これだけで準備は終わりです。 スライサーはワイドタイプのスライサーかキャベツ専用のスライサーをキャベツの大きさやスライサーの幅にあわせて使うようにします。 キャベツの幅を考えてのことです。 要するに「 スライサーの幅を考えて選ぶ」ことです。 それでは、まずは便利で簡単なスライサーでキャベツを千切りにするためのボールを用意します。 ボールとスライサーでの千切りキャベツの作業はをシンクの中で作業すると飛び散ったときに片付ける手間がはぶけます。 続いてそのボールの中でキャベツをスライサーの上に乗せて、キャベツをゆっくり手前から奥にスライドしていきます。 これだけで綺麗に千切りキャベツが出来上がります。 ただし、キャベツが小さくなるにつれて注意が必用です。 手を切らないように、はやめに作業を止めてあとは包丁などで切りましょう。 ピーラーとはこれも、キャベツやじゃがいもなどをスライスするための調理器具です。 ここではピーラーの特徴を生かしたキャベツの美味しい千切りキャベツの作り方を説明します。 ピーラーを使うまえにキャベツを包丁で使いたい分だけ切ります。 ここが特徴です。 ピーラーは少しの量でもたくさんの量でも簡単に使いたい分だけ作れるのが特徴です。 ピーラーもいろいろな種類があります。 芯まで薄切りできるのの字キャベツのピーラーや刃が斜めになっているものなど、使いやすいものを選んでみてください。 また、千切りキャベツ専用ピーラーは、あまり力をいれなくてもスーッと切れやすいのでおすすめです。 ピーラーを使用する前に、キャベツを使いたい分だけ切ったら片手にとって、あとは上から下にあまり力を入れすぎないようにして切っていきます。 ピーラーで切る時は散らかりがちなので大きめのまな板や新聞紙などを下に敷いて切ると良いでしょう。 ピーラーも切りすぎて怪我をしないようにはやめに作業を止めて、無理にピーラーを使用するのではなく、あとは包丁を使いましょう。

次の

包丁やスライサーピーラーでキャベツを千切りにするコツ

キャベツの千切り コツ

千切り(カット)キャベツの水分をキッチンペーパーで、しっかり取り除く• ジップロックに薄く広げて入れ、密封して保存 冷凍保存は手軽なのはもちろん、 賞味期限も最長1ヶ月持つので、冷蔵保存に比べて格段に長持ちするといえます。 ただし 解凍後は切った直後や冷凍保存時のようなシャキシャキ感が失われるので、生食には向きません。 冷凍保存したキャベツは炒め物やスープなど、加熱調理して使いましょう。 賞味期限こそ長い冷凍保存ですが、保存後、時間が経てば経つほど味の劣化が激しくなります。 少しでも美味しい状態で食べたい方は、保存後は早めに解凍して使い切るように心がけてくださいね。 千切りキャベツを新鮮なまま長持ちさせるコツ カットキャベツは炒め物にしたりスープに入れる使い道がありますが、千切りキャベツは基本生食になるので冷凍保存は避けたいですよね。 レモン汁大さじ1(お酢でも可)を水を張ったボウルに入れ、千切りキャベツをくぐらせる• キッチンペーパーで水気をよく切り、そのままタッパーに入れて冷蔵庫で保存 レモン汁を用意する手間はかかりますが、この保存方法を実践すればキャベツの断面が傷む原因となる酸化を防げます。 賞味期限は水に浸けた時と同じく最長3日ですが、栄養が流れ出さず変色も防げるので、美味しそうな見た目を維持できる保存方法といえます。 千切りキャベツは食べ方もドレッシングやマヨネーズなど酸味の強いものをかける場合が多いので、レモンの酸っぱさは気にせずに使えますよ! まとめ 千切りキャベツ・カットキャベツの賞味期限は、冷蔵保存で最長3日、冷凍保存で最長1ヶ月持ちます。 冷蔵保存は3パターンの保存方法があるので、保存するキャベツの量や保存後の使い道に応じて使い分けましょう。 ちなみに保存した千切りキャベツ・カットキャベツを使う際、以下のような異変があれば賞味期限内でも傷んでいる可能性が高いです。 酸味のある臭いがする• 黒く変色している• どろっと溶けている 傷んだ野菜は美味しくないですし、おなかを壊す原因にもなるので、食べずに処分してくださいね。

次の

キャベツの千切りのやり方!細くするコツ!ピーラーで人気のものも紹介!

キャベツの千切り コツ

キャベツの千切りどうしてる?というコメントを頂いたので、 櫻田のキャベツ千切り方とポイントをご紹介。 2年前までは包丁で切っていましたが、今はスライサーです。 早いしキレイ。 包丁修行はほどほどに、道具でラクしましょう。 キャベツはスライサーの歯の大きさに合わせて切ます。 重要なのでもう一度言います。 キャベツはスライサーの歯の大きさに合わせて切ます。 さらに、この方向に乗せるのが大切。 (なんと説明していいか分からん) キャベツが分解するとスライスしにくくなるので、これがベスト。 一番外の葉っぱが全てを覆っている感じで。 2枚だと乱れてやりにくくなります。 あと、芯は大き目に取っておいてね。 ここは好みで。 細さは好みで合わせて見て下さい。 スライサーの裏側に調整機能が付いていますので簡単。 櫻田はソースがよく絡む細めが好き。 大体このくらいの位置に調整 持つ部分が薄くなってくるとやりにくくなります。 そのままの状態からつまみ上げる感じでたたみながら、 できるところまでスライスします。 櫻田は手袋しているのでけがをすることはありませんが、 指をスライスすると結構シャキーンと行くらしいので、諦めも肝心。 残ったらもったいないので包丁で千切りしてあげましょう。 千切り作業は飛び散りますので、シンクの中でやると気分的にラクです。 ま、ふきんでさっと拭けばいいだけですが。 最初キャベツはさっとしか洗えないので、ここで軽く洗っておきます。 水にさらすのは2,3分。 水を切ってざるへ。 ラーメンの麺の水切りの要領で、上下に振ってしっかり水を切ります。 ざるの底に水が溜まるので、水を切った後にキッチンペーパーを敷きます。 水分が飛びやすいように広げます。 櫻田はご飯の準備の最初にやるので、 冷蔵庫に入れている間に、残った水分でシャキシャキになってます。 アーカイブ• Thanks Stat• Total quant of thanks: 10464.

次の