奥浜名湖 クロダイ 釣りポイント。 人生初チニング1投目で奇跡的ヒット 47.3cmクロダイ手中【奥浜名湖】

2019年04月21日(日曜日)|クロダイ・チヌ(ウキダンゴ釣り)|静岡県

奥浜名湖 クロダイ 釣りポイント

ビギナーズラック発揮 (提供:週刊つりニュース中部版 立山和良) 都田川河口へ移動 この1匹で、「チニングも意外に面白いんじゃない」と写真に収めた後、リリースして次を狙った。 しかし反応はない。 堤防上を移動しながらキャストを繰り返したが、その後1時間ほどは全く反応なし。 これ以上粘ってもと思い、ポイントを移動することにした。 5分ほど走って都田川河口へ到着。 すぐにタックルを持って先端へ向かってキャストを繰り返すが、こちらはラインやワームに海藻が付いて釣りにならない。 30分ほどでこのポイントに見切りをつけ、舘山寺方面に向かった。 しかし、ここぞと思うポイントを攻めてみたが全く反応がなく、午後3時ごろロッドオフ。 今後の展望 途中、エサ釣りのアングラーがいたので状況を確認。 すると40cm弱のクロダイを1匹仕留めており、話を聞くと、「そろそろ乗っ込みのクロダイが釣れるのではと来たが、この1匹だけ。 水温が下がったのか、今日は食いが渋かった」とのこと。 当日はまさにビギナーズラック、交通事故的な1匹だったが、奥浜名湖のクロダイはこれからが本番のようだ。 次回天候を見ながら再度挑戦したいと思っている。 <週刊つりニュース中部版 立山和良/TSURINEWS編>.

次の

【チニング爆釣ポイント】奥浜名湖ポイント尾奈【覚え書き】

奥浜名湖 クロダイ 釣りポイント

都田川河口の場所情報(奥浜名湖) アクセス 静岡県浜松市北区細江町気賀周辺 釣れる魚 クロダイ、キビレ、シーバス(セイゴ)、うなぎ、ハゼ トイレ なし 駐車場 駐車スペース有り 静岡県浜松市北区細江町にある都田川河口、細江大橋付近の堤防沿いが釣り場ポイントになっていて、奥浜名湖の中では大型の釣果が出る場所で比較的穴場になっている釣り場です。 アクセスは三ケ日側、浜松市内側からも気賀関所(北区役所)を目指していくと分かりやすく、県道49号からは細江大橋手前にあるコンビニ(セブンイレブン)がある信号を橋側に曲がり、細江浄化センター付近が駐車スペース。 国道362号からは「下気賀」信号交差点を細江大橋側に曲がり細江浄化センター手前を左折して駐車スペースにいけます。 細江浄化センターの横にいける道が少しわかりずらいので、曲がる場所を画像を使って説明! 細江大橋からの釣りは禁止! 県道49号側(セブンイレブン)から細江大橋を渡ってすぐに右折できる場所があるので、ここを進んでいくと細江浄化センター横の駐車スペースにいけます。 国道362号側からは細江大橋手前の左折できる所を曲がります。 初めて行く人は少しわかりづらいですが、細江浄化センターを目印に! 駐車スペースは細江浄化センターの横の道路になるので、入り口の門前には絶対にとめないように注意!道路は車2台がすれ違える道。 真っ直ぐ歩いていくと堤防沿いに出れますが、堤防沿いは車が通れないので注意! 都田川河口の釣り場所ポイント情報 河口付近の川はかなり幅があり流れも比較的穏やかで、堤防下に降りて行ける階段があります。 堤防下の手前は水深があまりなく、ちょい投げ、ブッコミ仕掛け、遠投がおすすめで、エサ釣りでもルアーでもキビレ、クロダイ、シーバスが狙えます。 人気ポイントになっているのが橋の下付近と、堤防を真っ直ぐ(河口側)いった先端部分。 先端付近から投げ仕掛けだと根がかりしやすいポイントもあるので注意!夏の夜は先端付近で電気浮きが並ぶ事もあり、浮き釣りで比較的夜の釣果が多い場所です。 都田川と浜名湖が繋がる河口付近では小型船で釣りをする人もいるほどで、シーバス、クロダイ、キビレ狙いならおすすめ!ファミリーなどには少し向いていない釣り場で、ルアーマンには比較的人気な釣り場ポイント! 付近の釣り場は、ここから少し上流にあるみおつくし橋周辺があるので釣果でない時は移動も有り。 比較的地元の釣り人が多いと思いますが、奥浜名湖の釣り場としては大型の魚が狙えるのでおすすめです。 都田川河口細江大橋周辺で釣りをして釣果結果あればコメントよろしくお願いします!.

次の

浜松・浜名湖の釣り情報/シーズン別・釣果とポイント

奥浜名湖 クロダイ 釣りポイント

結果は爆釣 1時間ほどで 40cm 38cm 30cm と3匹。 (全てキビレでした) 読み通りのウハウハで気持ちいのいいまま帰るにつきる! 考察 だいたい台風中は魚も身を寄せ合って逃げていることがほとんど。 その台風がさった後は、魚も喰いっ気があるもんです。 そんな活性が高い時はベイトを追って浅瀬にやってきます。 その浅瀬に溜まったベイトにアタックをかけているわけですね。 なので、ベイトが溜まっていたらチャンスです。 (コンデジでは映らない・・・) 実際にライトを当てると波紋ができるほどのベイトが溜まっており、釣り中はずっとガポンガポンと捕食音が聞こえてました 夏場のシーズンは海中温が高いことで釣りにくくなる場面が多いため、雨による水温低下は釣果に繋がりやすいです。 しかし、 クロダイは海水域を好むため、雨が入り汽水域が増えるとめっきりバイト率が下がります。 爆釣ポイント ずばり 線路前 ウィーディングしていくことをお勧めします。 いくら接岸しているとはいえ、狙えるスペースが限られてしまう。 奥浜名湖の釣り では ウェーディングはほぼ必須と言えるでしょう ウェーディングとは水の中をチャプチャプ入っていくあれです。 ウェーディングもむやみやたらにしても意味がないので地形変化を狙うといいでしょう。 地形変化を知るにはボトムの質・沈んでいるものになります。 そといこでは 初めての場所ではやはりボトムを知るためにベイトタックルで情報を得るようにしています。 そといこの使うベイトリールは.

次の