いじめ加害者 親 謝罪しない。 いじめ加害者側の親のリアルな意見

いじめられていることを 親に言えない理由

いじめ加害者 親 謝罪しない

大津中2いじめ自殺事件の判決、加害者3800万円損害賠償支払命令 ニュースの内容はこんな感じ。 大津市で2011年10月、中学2年の男子生徒=当時(15)=が自殺したのは元同級生によるいじめが原因として、遺族が元同級生3人と保護者に計3800万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は19日、元同級生2人に約3700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。 西岡裁判長は「いじめが自殺の原因で、予見可能性はあった」と述べた。 もう一人の同級生について判決は、「一体となって関与していたとまではいえない」として、賠償を命じなかった。 裁判で遺族側は、男子生徒が自殺の前日に「ぼく死にます」との電話を元同級生にかけていた経緯などから、いじめを苦に自死したと主張。 一方、元同級生側は男子生徒に馬乗りになるなど一部の行為自体は認めたものの、いじめではなく、「遊びだった」などと反論。 いじめと自殺の因果関係が大きな争点になった。 訴訟は、遺族が12年2月、大津市や元同級生3人、保護者を相手取り、計約7700万円の損害賠償を求めて提訴。 当初、市側は争う姿勢を示したが、後に自殺との因果関係や過失責任を認めたため、15年に和解が成立している。 大津いじめ事件は、いじめの問題を社会に広く投げかけ、学校に常設の対策組織を置くことを明記した「いじめ防止対策推進法」が成立するきっかけとなった。 出典:headlines. yahoo. jp イジメられた生徒が自殺したのは2011年10月。 イジメられた男の子の母親が 当時顔出しでインタビューを受けていたので かなり印象に残っています。 自殺は自宅のマンションからの飛び降り。 遺言はイジメた3人への 自殺するとのメールのみ。 3人は呼び出されて現場にいましたが 死体を放置して家っています。 当時のいじめの内容はこんな感じ。 日常的に繰り返し「死ね」発言• イスに縛り付けて殴るけるの暴行• 鉢や雀の死骸を食べさせる• 毎日のトイレに呼び出し 長時間監禁に近い状態での暴行• 万引きの強要• 自殺の練習として首にロープをまいて しばらくの間吊るして放置 元同級生のいじめっ子3人とその両親は 「遊びの延長でいじめとは思わなかった」 と最後まで言い続けていました。 匿名掲示板によると弁護士が そう発言するように指示していたとの事。 当時の担任教師は保健体育の森山進。 この状況を把握していて 「やりすぎんなよ」と嘲笑しながら 他の教師や教育委員会に 隠し続けていたとの事。 ここまでひどい状況にもかかわらず いじめ加害者の祖父が警察OBだったため ただの自殺として事件性はないと警察は発表。 インタビューに出ていた母親が 警察に何度も被害届を出していますが 警察は全て受取拒否したそうです。 賠償金支払命令でスッキリ、最低親子とクソ弁護士謝罪しろ、SNSの反応 SNSの反応はこんな感じ。 逃げ得にならんようにしっかりと対応お願いします。 二人に1800万だと少ないと思うけどな。 賠償出たのはよかった。 本当に支払い命令が出てよかったです。 裁判官も警察の非協力や少年法など 多くの問題があって大変だったはず。 亡くなられたお子さんは戻らないけど、とにかく認められて良かった。 主犯の二人は未だに謝罪の言葉がないらしいが、親も子供も顔と名前を出して堂々とそんな発言をしたらいいんだよ。 史上最悪のいじめ事件だよ。 史上最悪のいじめ事件。 イジメ事態はもっとひどい事件も 過去にあったと思いますが、 事件のもみ消しは最悪でしたね。 こういう判決見ていつも思うのは 「本当に払われているのか」ってこと。 額を考えたら長きに亘って払わなきゃ無理だろうけど、滞ったら誰が催促するのか、そして強制力はあるのか。 保護者の責任ということで保護者の財産を処分するにしても、強制的には出来ないのだろうから、意味があるのかどうか。 正直支払い命令に対して 犯人親子は払わないで逃げるつもりでしょう。 法的に強制力がないのが辛いところです。。 減額されたのは不本意ですが、素晴らしい判決だと思います 「遊びだった」と言わせたクソ弁護士に社会的制裁を望む クソ弁護士。 悪徳弁護士の仕事スタイルが最低過ぎてつらい。 本当に社会的制裁を受けてほしい。 その弁護士を遊びのつもりで死ぬまで殴るのはどうでしょうかね 多くの人が弁護士にも罰を与えたいと 考えている様子。 弁護士と加害者二人、その親を「遊びで」校舎の屋上から突き落とせばいいんじゃないかな?w やる側の気持ちが遊びならいいんだって本人たちが言っているわけだからw 全然いいとは思いませんが 弁護士たちに対する嫌悪感は理解できます。 認められて良かった。 あとは社会的制裁ですね! これも弁護士に対してのコメントでしょうか。 多くの人が弁護士の罰を望んでいます。 子供の責任は親の責任だから当然やね、そんな子供を野に放った責任やね、きっちり賠償しないとね、エンターテイメントでは済まされない、当たり前の判決やね。 子が子なら親も親。 というか親こそ責任を取るべきでしょう。 支払わずに逃げ続ける事案も多いので監視は必要だと思う 親が親権放棄してたら保護者責任も問えなくなるし 親が子を捨てて逃げる可能性は高そう。 と言っても万が一取り立てになれば 行政は親からも回収できるので 逃げても関係ないのですが。 大津中2いじめ自殺事件のいじめっ子親子と弁護士の顔画像と経歴、プロフィール 事件から半年後フジテレビが 加害者の実名を報道していました。 世論に押されて大津市長の越直美が 教育委員会などに事件の再調査を指示。 と言っても最初教育委員会が隠蔽したのも 越直美の指示だったそうですが。。 ちなみに当時フジテレビが公開した イジメ犯人に関する情報はこんな感じ。 黒塗りを薄くすると出席番号が見えます。 2年103番、2年123番、2年130番。 これらの番号はいじめの事実を証言した 生徒の出席番号です。 つまり学校や教育委員会の調査に 生徒は全面協力してイジメの実態を 発言していたにもかかわらず、 教育委員会がそれをもみ消していたということ。 警察内部でも同様に捜査結果を もみ消していたと言われています。 木村束麿呂の顔画像と経歴とプロフィール 名前 木村束麿呂(きむらつかまろ) 年齢 23歳 住所 事件後京都へ転校 学歴 不明 職業 不明 家族 父親:木村真束 母親:当時PTA会長、市地域女性団体連合会会長 イジメグループのリーダー。 小網健智の顔画像と経歴とプロフィール 名前 小網健智(こあみたけさと) 年齢 23歳 住所 小網健市(畑中雅子宅敷地内) 学歴 京都大学医学部卒業 職業 不明 家族 父親:小網健市(京都橘大学講師、北九州予備校山口校講師) 母親:小網美恵(日本バプテスト看護専門学校教諭) 祖父:警察OB 小網健智のおじいちゃんが 事件もみ消しの張本人。 写真も小学校の卒業アルバムのみ。 2回転校したり名前を変えたりして どこかに隠れたようです。 弁護士の顔画像 現在調査中 弁護士の経歴とプロフィール 現在調査中 中学生いじめ加害者に3800万円支払命令についてのまとめ 以上いかがでしたでしょうか? 本日の内容をまとめてみると このような感じです。 大津中2いじめ自殺事件の判決、加害者3800万円損害賠償支払命令 賠償金支払命令でスッキリ、最低親子とクソ弁護士謝罪しろ、SNSの反応 大津中2いじめ自殺事件のいじめっ子親子と弁護士の顔画像と経歴、プロフィール 本日の内容をまとめてみると このような感じでした。 少しでも皆さんの話題作りの お役に立てたらうれしいです。

次の

いじめ加害者の親になったら?謝罪方法やいじめた子供への対処法 [いじめ問題・対策] All About

いじめ加害者 親 謝罪しない

今回の記事は 「謝罪」をキーワードに 「我が子が学校でいじめをしてしまった時の対応法」をまとめつつ、その中でも、 「被害者側に謝罪を行うタイミングと謝り方」について詳しく書いていこうと思います。 いじめは学校の中で起きてしまう問題で、ウラを返せば「子ども間の問題」でもあり、 「ウチの子に限ってそんなはずでは...」 「大した事ないんでしょ?」 「子供の事に親が首を突っ込む事は無い」 と軽く考えて 「謝罪のタイミング」を逃してしまい、後から大事になってしまうケースが最近のいじめ問題では非常に多くなってきています。 いじめに限った問題ではな、く多くのトラブルが起きた場合には無実を主張し毅然とした対応をする事と共に、「事実確認」を認めその後の対応をスピーディーに行う必要があります。 謝罪する事 たったこれだけの事であっても、実行に移すまでにかなりの時間を使ってしまう場合ありませんか?? 今回はこの記事を通して、 被害を最小限に抑え、なおかつ時間を掛けずに問題を解決する為の策をいじめの被害を受けた立場から書いていきたいと思います。 この記事を書いている私「はかせ」は我が子がいじめに遭い、解決するまでの2年間を記事としてまとめています。 主に被害を受けた側の視点で記事を書いていますが、他の事例で 知らず知らずの内に我が子が「いじめっ子」になってしまったケースが少なからずある事に気が付きました。 この問題は被害者も加害者も事態が急展開する事があるので、 実際にその立場になった時にどう対応したら良いのか分からない事がほとんどだと思います。 今回の記事で、いじめをしてしまった子やその保護者のお役に立てれば幸いです。 我が子がいじめをしてしまった時、謝罪するベストなタイミングはいつ!? ここでは、我が子が実際に被害を受けた経験を基に 「謝罪するタイミング」をまとめて行きたいと思います。 結論から言うと、タイミングは「学校(先生)から連絡があった後すぐ」が好ましいです。 学校から連絡あってすぐだと、本当にウチの子がやったのかどうか分からないのではないかと思われるかも知れません。 また多くの方は「子供のやった事に親が出て行くのは大げさではないの??」と疑問に思う事も多いと思います。 実際にやったかどうか事実確認が取れていない場合でも、『』でも書いた様に 謝罪をしたからと言ってすぐに「事実」を認めた事にはなりません。 また学校にて「謝罪の場」を設ける事があった場合には「自分の都合ではなく相手(被害者側)」の都合・時間帯に併せて謝罪に向かいましょう。 いたずらに時間の都合を付けようとするとせっかくの「謝罪の場」が台無しになると同時に「謝罪のタイミング」まで失ってしまうでしょう。 相手(被害者側)への謝罪のタイミングが学校から連絡あってから直ぐが良い理由 学校から報告を受けた時点で謝罪をしたからと言って「事実」を認めた事にはなりませんが、 「いじめの事実」を学校の報告で知った事になりますので、そのまま放置しておくと後に裁判などの「大事」になりかねません。 また、いじめに限らず学校生活のなかで何か問題を起こして学校から連絡を受けている状態なら再度問題を起こした場合なども「いじめ」に対する責任を問われかねないでしょう。 なので、学校から連絡があった後出来るだけ早く謝罪の段取りをとる事と我が子へいじめを止めるように指導していく事をオススメします。 相手(被害者側)に誠意が伝わる謝り方 実際にいじめを受けてきた子の親として 「一番誠意が伝わる謝り方」をこの段落でまとめて行きたいのですが、まず始めにどうしてもいじめた側に知ってほしい事があります。 それは、 「いじめた側」よりも「いじめられた側」の方がずっと「いじめられた事」を覚えていて、忘れたくても忘れられない と言うことです。 いじめられたこ事で不登校や引きこもりになってしまっているので、 一度だけの謝罪ではとうてい許されない事を肝に銘じてください。 そして、この事を前提に「誠意ある謝り方」をまとめて行きたいと思います。 まず、 「誠意ある謝り方」として押えておきたいポイントとして• 我が子(いじめをした子)の事で貴重な時間を使ってしまう事に対しての謝罪• 自分たち親も事実を知ったばかりで事実確認をしたいから一緒に学校で事実の経緯を聞く事(ウチの子がやったのかよりも何をやったのかを知る事)• もし事実なら誠心誠意謝りたい事を伝える(今後このような事は絶対にしない事を伝える) 以上の3つを相手側(被害を受けた側)に一番最初に伝えておく事で精神的負担を少しでも和らげる事が出来るハズです。 直接、相手(被害者側)の家に謝罪に行っても良いのか!? そして、 「謝る場所」を何処にするのかについても考えて行きましょう。 地区が同じだったり幼稚園や保育所が同じで「家を知っている場合」には 直接相手の所へ行って謝る方法も考えられますが、この謝り方はあまりオススメしません。 何故なら被害者側(特にいじめを受けた子)は「あなた方いじめをした側」を許すことが出来ないからです。 実際にいじめをした子(親も)を前にしたら余計に怒りで冷静になれないし、子ども(いじめられた子)の気持ちを考えても「良い謝り方」ではありません。 あなたの気が晴れるとしても相手からしてみれば顔も見たくないと思っているので、怒りだけが先行してまともな話し合いが出来るとは思えません。 電話で謝罪する方法について 相手側が会いたくないのであれば、 電話で謝る方法はどうでしょうか?? これもオススメしません。 何故なら相手側が仕事している為に出られない可能性があるからです。 現在の家庭では「共働き」の家族が多いので、なかなか時間が合わない事多いですよね。 それに相手側の連絡先を聞き出す事も難しいでしょう...。 電話掛けても出なかったから謝罪をしなかったなんて考えていないと思いますが、連絡したからと言って「謝罪した」とは見なされず「放置」と取られてしまいますので注意が必要になります。 手紙で謝罪の気持ちを送る事も同様です。 現段階で一番誠意が認められる謝り方 私「はかせ」の実体験から言うと 「学校に間に入ってもらい、謝罪の場を設ける事」が一番良い対応だと思います。 何故なら相手側(いじめられた側)の連絡先が欲しい場合でも「学校」を通すことで連絡先をもらえる可能性は高くなるからです。 それに「和解」の段取りも学校と一緒に行う事で、 加害者側の対応が誠意のあるものなのかを見届けてくれる事も期待できるでしょう。 もしも、被害者側が加害者側の謝罪を認めてくれなくとも学校が謝罪の場を見ているので「謝罪をした、していない」の言い合いになったとしても学校が保証してくれる場合があります。 本当であれば加害者側が謝罪したかどうか学校が保証しなければならない様な「謝り方」をする方が間違っているのですが、いじめを受けた家族は怒りでそれどころではないので致し方ないでしょう...。 絶対にやってはいけない謝り方 この段落では 「やってはいけない謝り方とそのタイミング」について書いていきたいと思います。 ここで書いた謝り方をしてしまうと、せっかくの誠意のある謝罪をしても逆効果になってしまいますので注意をした方が良いです。 学校から連絡があったのに、気が向いたときに謝罪する 学校から連絡があったのにも関わらず事実確認を優先してから謝罪する事と同じで、自分の気が向いた時に謝罪する事はあってはならない事です。 例えば「相手(被害者側)が謝罪ってうるさいから謝っておけば良いか」と適当に謝ってしまうケースなどがこれに当たります。 これをしてしまうと相手(被害者側)に「謝罪」する理由が自分(加害者側)の自己満足や形だけ整える為と誤解されてしまう可能性が非情に高くなるでしょう。 加害者側がやってしまった事の程度の差があっても、キチンと迷惑を掛けてしまった事に対する責任はしっかりと示さなければなりません。 加害者側に選択権は無く、 今すべき事は「誠意」を示して謝る事です。 決して、適当に対応してはいけません。 自分の都合・タイミングで謝罪する これは冒頭で書いた様に学校で話し合いをする場合「来校するスケジュール」を決める時が当てはまります。 お互い仕事や用事などで学校に来れる時間はそれぞれ違いますから、この日は絶対に行けない日であったりこの日でも良いけど出来れば別な日が良いかなぁと、つい自分の予定中心に決めてしまいがちです。 あくまでも、自分の子供が少なからず迷惑を掛けてしまったのですから日時のスケジュールは絶対に無理な場合を除いて 「加害者側が被害者側に合せる」様にしてください。 大人になってからお互いの時間を合せることはどちらかが妥協しなければなかなか出来ませんので、加害者側が遭わせる様にしましょう。 1度謝罪したのにも関わらず、何回も謝罪する事 この場合は本当に申し訳ないと思ったのかは定かではありませんが、学校の行事などを利用して再度謝りに来る保護者のケースに当てはまります。 また高校などのいじめで「停学」や「退学」を受けた生徒が学園祭などの行事で学校に寄る事もあります。 本来ではあり得ないのですが、普通は学校の行事とかでは近づかないハズのところをワザワザ謝りに来るケースが最近増えてきているようです。 被害を受けた方としてはもう関わり合いたくないのが本音なので絶対に止めてください。 本当に申し訳ないと思っているのであれば、 1回だけ本気で謝罪すれば大丈夫です。 「やらないと自分がやられてしまう...」と言い訳を入れる 今までのいろんな判例と実体験を基に調べてきた中で、ほとんどの加害者側の家族が被害者側に当てた謝罪の内容に共通する事は 「やらなければ自分がやられてしまう」といった言い訳があると言う事です。 「ここでみんなと同じ様にしなければ、こっちもやられてしまう」 「やられないようにする為にせざるを得なかった」 このような言い訳を言うケースが非常に多いです。 被害者側の要求としては、言い訳が聞きたいのでは無く「しっかりと自分の言葉で話した謝罪」が聞きたいので 絶対に言い訳は止めてください。 むしろ、被害者の痛みを一番知っているハズなのに加害者側に回ってしまったことは、どんな理由があったにせよ許されるものではありません。 キチンと被害者側に謝罪をするのであれば「言い訳」は絶対に言ってはいけません。 学校から連絡があった時点で直ぐに謝る事が早期解決の第一歩! 今回の記事は 「謝罪」をキーワードに 「我が子がいじめをしてしまった場合の対応法」をまとめて、その中でも、 「被害者側に謝罪するタイミング・謝り方」について詳しく書いてきました。 今回具体的な内容として、• 学校から連絡あった後すぐに謝罪をする事• 学校に間に入ってもらい謝罪の場を作ってもらう事 を挙げさせてもらいました。 また「誠意ある謝り方」として3つのポイント• 我が子(いじめをした子)の事で貴重な時間を使ってしまう事に対しての謝罪• 自分たち親も事実を知ったばかりで事実確認をしたいから一緒に学校で事実の経緯を聞く事(ウチの子がやったのかよりも何をやったのかを知る事)• もし事実なら誠心誠意謝りたい事を伝える(今後このような事は絶対にしない事を伝える) を押えつつ、加害者側からアクション出来る唯一の解決策である「和解策」を学校に協力してもらって有効に活用していく事をオススメしています。 「学校から連絡あった後すぐに謝罪する事」を実践すれば、相手側に誠意を見せる為の他に• 自らの謝罪のタイミングを逃さない事• 被害者側に怒りの原因をこれ以上増やさない様にする事 以上2つの目的もあります。 自ら(子供)がやってしまった事に対するケジメを付ける為、問題の解決策である「謝罪や和解」を確実に成功させる為に「謝罪のタイミング・誠意ある謝り方」をまとめてきました。 我が子が「いじめ」をしてしまったら、まずは相談!! この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。 この記事を読んでいるあなたは今現在わが子いじめを誰にも相談できずに悩んでいる、もしくは「別に放っといて大丈夫」と思っていても気になって検索して見ている事だと思います。 実は、今この時間も被害に遭われたご家族は怒り心頭で、もしかすると弁護士に相談して対策を取っているかも知れません。 そこで今回このサイトでは被害に遭われたご家族の方だけで無く 「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない」という「いじめてしまった側の相談」も随時相談を受け付けております。 今回は視点を変えて、「いじめをしてしまった場合」の学校との話し合いや対応の仕方について「いじめ被害者側」の立場からアドバイスをしています。 我が子がいじめをしてしまい、これからどうして良いのか分からない• 学校の話と相手の話が食い違っている• 我が子がやったとは思えない• 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい! など、私たちの経験を基に少しでもお役に立てれば幸いです。 宮城県在住の いじめ解決専門家で、 「ひまわり行政書士事務所」を運営しています。

次の

いじめが解決した後の加害者との対応

いじめ加害者 親 謝罪しない

今回の記事は 「謝罪」をキーワードに 「我が子が学校でいじめをしてしまった時の対応法」をまとめつつ、その中でも、 「被害者側に謝罪を行うタイミングと謝り方」について詳しく書いていこうと思います。 いじめは学校の中で起きてしまう問題で、ウラを返せば「子ども間の問題」でもあり、 「ウチの子に限ってそんなはずでは...」 「大した事ないんでしょ?」 「子供の事に親が首を突っ込む事は無い」 と軽く考えて 「謝罪のタイミング」を逃してしまい、後から大事になってしまうケースが最近のいじめ問題では非常に多くなってきています。 いじめに限った問題ではな、く多くのトラブルが起きた場合には無実を主張し毅然とした対応をする事と共に、「事実確認」を認めその後の対応をスピーディーに行う必要があります。 謝罪する事 たったこれだけの事であっても、実行に移すまでにかなりの時間を使ってしまう場合ありませんか?? 今回はこの記事を通して、 被害を最小限に抑え、なおかつ時間を掛けずに問題を解決する為の策をいじめの被害を受けた立場から書いていきたいと思います。 この記事を書いている私「はかせ」は我が子がいじめに遭い、解決するまでの2年間を記事としてまとめています。 主に被害を受けた側の視点で記事を書いていますが、他の事例で 知らず知らずの内に我が子が「いじめっ子」になってしまったケースが少なからずある事に気が付きました。 この問題は被害者も加害者も事態が急展開する事があるので、 実際にその立場になった時にどう対応したら良いのか分からない事がほとんどだと思います。 今回の記事で、いじめをしてしまった子やその保護者のお役に立てれば幸いです。 我が子がいじめをしてしまった時、謝罪するベストなタイミングはいつ!? ここでは、我が子が実際に被害を受けた経験を基に 「謝罪するタイミング」をまとめて行きたいと思います。 結論から言うと、タイミングは「学校(先生)から連絡があった後すぐ」が好ましいです。 学校から連絡あってすぐだと、本当にウチの子がやったのかどうか分からないのではないかと思われるかも知れません。 また多くの方は「子供のやった事に親が出て行くのは大げさではないの??」と疑問に思う事も多いと思います。 実際にやったかどうか事実確認が取れていない場合でも、『』でも書いた様に 謝罪をしたからと言ってすぐに「事実」を認めた事にはなりません。 また学校にて「謝罪の場」を設ける事があった場合には「自分の都合ではなく相手(被害者側)」の都合・時間帯に併せて謝罪に向かいましょう。 いたずらに時間の都合を付けようとするとせっかくの「謝罪の場」が台無しになると同時に「謝罪のタイミング」まで失ってしまうでしょう。 相手(被害者側)への謝罪のタイミングが学校から連絡あってから直ぐが良い理由 学校から報告を受けた時点で謝罪をしたからと言って「事実」を認めた事にはなりませんが、 「いじめの事実」を学校の報告で知った事になりますので、そのまま放置しておくと後に裁判などの「大事」になりかねません。 また、いじめに限らず学校生活のなかで何か問題を起こして学校から連絡を受けている状態なら再度問題を起こした場合なども「いじめ」に対する責任を問われかねないでしょう。 なので、学校から連絡があった後出来るだけ早く謝罪の段取りをとる事と我が子へいじめを止めるように指導していく事をオススメします。 相手(被害者側)に誠意が伝わる謝り方 実際にいじめを受けてきた子の親として 「一番誠意が伝わる謝り方」をこの段落でまとめて行きたいのですが、まず始めにどうしてもいじめた側に知ってほしい事があります。 それは、 「いじめた側」よりも「いじめられた側」の方がずっと「いじめられた事」を覚えていて、忘れたくても忘れられない と言うことです。 いじめられたこ事で不登校や引きこもりになってしまっているので、 一度だけの謝罪ではとうてい許されない事を肝に銘じてください。 そして、この事を前提に「誠意ある謝り方」をまとめて行きたいと思います。 まず、 「誠意ある謝り方」として押えておきたいポイントとして• 我が子(いじめをした子)の事で貴重な時間を使ってしまう事に対しての謝罪• 自分たち親も事実を知ったばかりで事実確認をしたいから一緒に学校で事実の経緯を聞く事(ウチの子がやったのかよりも何をやったのかを知る事)• もし事実なら誠心誠意謝りたい事を伝える(今後このような事は絶対にしない事を伝える) 以上の3つを相手側(被害を受けた側)に一番最初に伝えておく事で精神的負担を少しでも和らげる事が出来るハズです。 直接、相手(被害者側)の家に謝罪に行っても良いのか!? そして、 「謝る場所」を何処にするのかについても考えて行きましょう。 地区が同じだったり幼稚園や保育所が同じで「家を知っている場合」には 直接相手の所へ行って謝る方法も考えられますが、この謝り方はあまりオススメしません。 何故なら被害者側(特にいじめを受けた子)は「あなた方いじめをした側」を許すことが出来ないからです。 実際にいじめをした子(親も)を前にしたら余計に怒りで冷静になれないし、子ども(いじめられた子)の気持ちを考えても「良い謝り方」ではありません。 あなたの気が晴れるとしても相手からしてみれば顔も見たくないと思っているので、怒りだけが先行してまともな話し合いが出来るとは思えません。 電話で謝罪する方法について 相手側が会いたくないのであれば、 電話で謝る方法はどうでしょうか?? これもオススメしません。 何故なら相手側が仕事している為に出られない可能性があるからです。 現在の家庭では「共働き」の家族が多いので、なかなか時間が合わない事多いですよね。 それに相手側の連絡先を聞き出す事も難しいでしょう...。 電話掛けても出なかったから謝罪をしなかったなんて考えていないと思いますが、連絡したからと言って「謝罪した」とは見なされず「放置」と取られてしまいますので注意が必要になります。 手紙で謝罪の気持ちを送る事も同様です。 現段階で一番誠意が認められる謝り方 私「はかせ」の実体験から言うと 「学校に間に入ってもらい、謝罪の場を設ける事」が一番良い対応だと思います。 何故なら相手側(いじめられた側)の連絡先が欲しい場合でも「学校」を通すことで連絡先をもらえる可能性は高くなるからです。 それに「和解」の段取りも学校と一緒に行う事で、 加害者側の対応が誠意のあるものなのかを見届けてくれる事も期待できるでしょう。 もしも、被害者側が加害者側の謝罪を認めてくれなくとも学校が謝罪の場を見ているので「謝罪をした、していない」の言い合いになったとしても学校が保証してくれる場合があります。 本当であれば加害者側が謝罪したかどうか学校が保証しなければならない様な「謝り方」をする方が間違っているのですが、いじめを受けた家族は怒りでそれどころではないので致し方ないでしょう...。 絶対にやってはいけない謝り方 この段落では 「やってはいけない謝り方とそのタイミング」について書いていきたいと思います。 ここで書いた謝り方をしてしまうと、せっかくの誠意のある謝罪をしても逆効果になってしまいますので注意をした方が良いです。 学校から連絡があったのに、気が向いたときに謝罪する 学校から連絡があったのにも関わらず事実確認を優先してから謝罪する事と同じで、自分の気が向いた時に謝罪する事はあってはならない事です。 例えば「相手(被害者側)が謝罪ってうるさいから謝っておけば良いか」と適当に謝ってしまうケースなどがこれに当たります。 これをしてしまうと相手(被害者側)に「謝罪」する理由が自分(加害者側)の自己満足や形だけ整える為と誤解されてしまう可能性が非情に高くなるでしょう。 加害者側がやってしまった事の程度の差があっても、キチンと迷惑を掛けてしまった事に対する責任はしっかりと示さなければなりません。 加害者側に選択権は無く、 今すべき事は「誠意」を示して謝る事です。 決して、適当に対応してはいけません。 自分の都合・タイミングで謝罪する これは冒頭で書いた様に学校で話し合いをする場合「来校するスケジュール」を決める時が当てはまります。 お互い仕事や用事などで学校に来れる時間はそれぞれ違いますから、この日は絶対に行けない日であったりこの日でも良いけど出来れば別な日が良いかなぁと、つい自分の予定中心に決めてしまいがちです。 あくまでも、自分の子供が少なからず迷惑を掛けてしまったのですから日時のスケジュールは絶対に無理な場合を除いて 「加害者側が被害者側に合せる」様にしてください。 大人になってからお互いの時間を合せることはどちらかが妥協しなければなかなか出来ませんので、加害者側が遭わせる様にしましょう。 1度謝罪したのにも関わらず、何回も謝罪する事 この場合は本当に申し訳ないと思ったのかは定かではありませんが、学校の行事などを利用して再度謝りに来る保護者のケースに当てはまります。 また高校などのいじめで「停学」や「退学」を受けた生徒が学園祭などの行事で学校に寄る事もあります。 本来ではあり得ないのですが、普通は学校の行事とかでは近づかないハズのところをワザワザ謝りに来るケースが最近増えてきているようです。 被害を受けた方としてはもう関わり合いたくないのが本音なので絶対に止めてください。 本当に申し訳ないと思っているのであれば、 1回だけ本気で謝罪すれば大丈夫です。 「やらないと自分がやられてしまう...」と言い訳を入れる 今までのいろんな判例と実体験を基に調べてきた中で、ほとんどの加害者側の家族が被害者側に当てた謝罪の内容に共通する事は 「やらなければ自分がやられてしまう」といった言い訳があると言う事です。 「ここでみんなと同じ様にしなければ、こっちもやられてしまう」 「やられないようにする為にせざるを得なかった」 このような言い訳を言うケースが非常に多いです。 被害者側の要求としては、言い訳が聞きたいのでは無く「しっかりと自分の言葉で話した謝罪」が聞きたいので 絶対に言い訳は止めてください。 むしろ、被害者の痛みを一番知っているハズなのに加害者側に回ってしまったことは、どんな理由があったにせよ許されるものではありません。 キチンと被害者側に謝罪をするのであれば「言い訳」は絶対に言ってはいけません。 学校から連絡があった時点で直ぐに謝る事が早期解決の第一歩! 今回の記事は 「謝罪」をキーワードに 「我が子がいじめをしてしまった場合の対応法」をまとめて、その中でも、 「被害者側に謝罪するタイミング・謝り方」について詳しく書いてきました。 今回具体的な内容として、• 学校から連絡あった後すぐに謝罪をする事• 学校に間に入ってもらい謝罪の場を作ってもらう事 を挙げさせてもらいました。 また「誠意ある謝り方」として3つのポイント• 我が子(いじめをした子)の事で貴重な時間を使ってしまう事に対しての謝罪• 自分たち親も事実を知ったばかりで事実確認をしたいから一緒に学校で事実の経緯を聞く事(ウチの子がやったのかよりも何をやったのかを知る事)• もし事実なら誠心誠意謝りたい事を伝える(今後このような事は絶対にしない事を伝える) を押えつつ、加害者側からアクション出来る唯一の解決策である「和解策」を学校に協力してもらって有効に活用していく事をオススメしています。 「学校から連絡あった後すぐに謝罪する事」を実践すれば、相手側に誠意を見せる為の他に• 自らの謝罪のタイミングを逃さない事• 被害者側に怒りの原因をこれ以上増やさない様にする事 以上2つの目的もあります。 自ら(子供)がやってしまった事に対するケジメを付ける為、問題の解決策である「謝罪や和解」を確実に成功させる為に「謝罪のタイミング・誠意ある謝り方」をまとめてきました。 我が子が「いじめ」をしてしまったら、まずは相談!! この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。 この記事を読んでいるあなたは今現在わが子いじめを誰にも相談できずに悩んでいる、もしくは「別に放っといて大丈夫」と思っていても気になって検索して見ている事だと思います。 実は、今この時間も被害に遭われたご家族は怒り心頭で、もしかすると弁護士に相談して対策を取っているかも知れません。 そこで今回このサイトでは被害に遭われたご家族の方だけで無く 「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない」という「いじめてしまった側の相談」も随時相談を受け付けております。 今回は視点を変えて、「いじめをしてしまった場合」の学校との話し合いや対応の仕方について「いじめ被害者側」の立場からアドバイスをしています。 我が子がいじめをしてしまい、これからどうして良いのか分からない• 学校の話と相手の話が食い違っている• 我が子がやったとは思えない• 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい! など、私たちの経験を基に少しでもお役に立てれば幸いです。 宮城県在住の いじめ解決専門家で、 「ひまわり行政書士事務所」を運営しています。

次の