かっぱえんちょー youtube。 カッパえんちょーさんが遂に待望の「オンラインサロン」を開園!簡単な入園方法とちょっと面倒な画像の変え方をまとめました。

カッパえんちょーとは (カッパエンチョーとは) [単語記事]

かっぱえんちょー youtube

YouTubeへの動画アップロードへの規制が加速化 0 2018年9月14日 19時15分 Rolling Stone Japan YouTubeへの動画アップロードへの規制が加速化 写真拡大 動画ストリーミングの巨人、YouTubeが、欧州委員会の票決により加速する新たな著作権法に基づく厳しい法的責任に直面している。 かつては、何でもかんでもあらゆるものをホスティングしていることで有名になったYouTube。 しかしこの動画ストリーミング・プラットフォームのユーザーたちは間もなく、アップされているコンテンツが激減していることに気づくだろう。 欧州では著作権に関する法律の改定が検討され、物議を醸している。 『著作権指令(Copyright Directive)』と呼ばれるデジタル時代に対応した著作権法の改正案が、2018年9月12日、欧州議会で承認された。 ユーザー主体で作り上げられてきたインターネット上のプラットフォームを減退させる可能性のある法律が成立するまで、あと最終投票1回を残すのみとなっている。 著作権指令は、欧州におけるさまざまな業界にまたがるパブリッシングやライセンス関連事項を規制しているが、特に注目すべきは第13条。 YouTube、Google、Facebook等のソーシャルメディア・プラットフォームに対し、ユーザーがアップロードしたデータの著作権違反の責任を負わせる内容だ。 第13条により、プラットフォームを提供する企業は、ユーザーによる著作権違反を防止し、さらに動画が公開される前に著作権侵害を確実に発見するような措置を講じなければならない。 アーティストやレコード・レーベル等の著作権所有者にとっては、(より多くの収入につながる)素晴らしいニュースだ。 「欧州のクリエイティブ業界にとって良い兆しだ」と、第13条を推進した欧州議会のアクセル・フォス議員は投票後に述べている。 もっと悲観的な声もある。 当初より第13条に反対する人たちは、ウェブの世界で独自のカルチャーとして成長してきたミームやリミックスなど、ユーザー主体の創作活動を損なう可能性がある、と主張してきた。 1分間に400時間分もの動画コンテンツがアップロードされているYouTubeにとって、規制強化やコンテンツ監視の厳密化は好ましいものではないはずだ。 「欧州における著作権に関する議論の結果には失望した。 我々はインターネット上のクリエイティブな経済活動への影響を懸念している」と、YouTubeのプロダクト担当役員ニール・モーハンはツイートした。 YouTubeもGoogleも公式な見解は出していない。 2018年9月12日、欧州議会では438票対226票で著作権指令の改正案が可決された。 最終的には、2019年1月に行われる各加盟国による最終投票を経る必要がある。 4人は知人で、「目立ちたくてやった」などと容疑を認めているという。 町田署への取材で分かった。 署によると、送検容疑は3月15日午後10時ごろ、ツイッターに暗闇で人が倒れる様子の動画と、「ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです。 犯人はまだ捕まっていません。 場所は町田市です」とうその投稿をしたというもの。 書き込みを見た人から翌日110番通報があり、署員らが確認したが、そうした事実は確認されなかったという。 投稿はすでに削除されているが、書き込み直後には動画が拡散された。 4人は「こんなにネットで炎上するとは思わなかった」などと供述しているという。 ユーチューバー「渋谷のベッド」投稿で渋谷署捜査 [2019年4月8日21時50分] 渋谷のスクランブル交差点 渋谷のスクランブル交差点 人気ユーチューバー「ジョーブログ」のジョーが3月28日、You Tubeに東京・渋谷のスクランブル交差点の真ん中に放置したベッドの上に寝た動画を投稿した件で、警視庁渋谷署が道交法違反の疑いもあるとみて捜査していることが8日、分かった。 動画は、スクランブル交差点の信号が青のタイミングで、パジャマを着たジョーが寝たベッドを4人の男が持ち上げて走り、スクランブル交差点の真ん中に放置し、眠ることが出来るかに挑戦したもの。 ベッドを置いたところで、気付いた通行人がスマートフォンなどで撮影を始めたため、スクランブル交差点は混雑した。 その後、信号が赤に変わる前に4人は再びベッドを持って、スクランブル交差点から脱出しようとしたが、歩道に達する前に転倒。 布団が散乱し、ジョーも落下する様子を近くのビルからも撮影していた。 ジョーが「誰や落としたん」と大声で叫んだところで、動画は終了。 8日午後9時時点で279万9827回、再生されている。 捜査関係者は「(スクランブル交差点での迷惑行為は)事実のようで捜査をしています」と答えた。 米大陸横断、南米縦断、アマゾンイカダ下りなどの旅動画から、スラム街潜入、麻薬密売組織潜入、右翼街宣車に突撃など世界のディープな部分を紹介する動画や、エロや熱いこと、ただただふざけている動画などを発信しているという。 17年5月には、インターネットテレビ局AbemaTV1周年企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」で、一般公募の3000人の中からオーディションを勝ち抜き、元ボクシング3階級制覇の亀田興毅氏と対決。 3回TKO負けも奮闘したことをきっかけに、同氏の指導を受けてプロテストに合格し、18年元日のデビュー戦で判定勝ち後、引退している。 2万の韓国人ユーチューバーがこんな動画を投稿して、物議を醸している。 「これ自分、食べているの撮っているんだけど、お客さん来る前にこっちに置いといて、お客さん来たらどかしていいですか?」。 30代の韓国人という男は、注文を聞きに来た女性店員に日本語でこう話し、了解を取ったとして動画撮影を続けた。 男は、お好み焼きを食べながら、カメラに向かってしばらく韓国語で話していたが、突然、別の男性店員が注意する声が響いた。 「すみません、他のお客様からクレーム来てるんで、止めていただいてよろしいですか?」 これに対し、男は、「はい」などと答えて頭を下げたが、撮影を止めずにカメラに話し続ける。 その後、注意した男性店員を呼ぶように女性店員に求め、男性店員が現れると、「今のあの言い方って大丈夫なの?」とクレームを付け始めた。 男によると、ドアからバンと出てきていきなり注意する態度がおかしいと言い、撮影のOKは最初に取ったのだから、止めろではなく静かにしてといった言い方になるはずだと主張した。 そして、お金を出している客にあんな言い方はないとして、一時は「俺はタダで食べるよ」とまで言い放った。 店長はその後、注意した男性店員を呼び寄せたうえで、男に対し、動画の配信を止めるように伝えた。 男は、カメラを店内の壁に向けたが、その後も音声は録り続ける。 店長に促されて、店員は、「ドアを強く開けてしまったこととか、態度を強く出てしまったこととかに関しては、申し訳ございませんでした」と男に謝罪した。 すると、男は、自分も日本で店をやって10年以上住んでいるとして、「俺もこういうふうに強くやりたいんじゃない」などと態度を軟化させた。 最後は、男が「ごちそうさまでした」と言って店を出て、店長らも「ありがとうございました」と男を見送っていた。

次の

カッパえんちょーさんが遂に待望の「オンラインサロン」を開園!簡単な入園方法とちょっと面倒な画像の変え方をまとめました。

かっぱえんちょー youtube

毎回から入ってyoutube動画を見てください。 かっぱえんちょー園長もそうおっしゃってます。 かっぱえんちょーは面倒でなければTwitter登録も薦められています。 自分の犯した罪を身近な大切な人たちが大変なことになる人が結構いるってこと。 適当なことをした人はその結果が返ってくる。 因果応報・・・・ それっ!私は超同感です。 こういうところもカッパえんちょー先生大好きです! 偽物は見ないで必ずから入ることが大切です! youtube動画はコミュニティでみんなと作り上げているつもりでいるとおっしゃっているカッパえんちょー! ずっと応援します! 「いつまで続くのかわからない。 チャンネルが終わったら、一旦終了という予定でいる。 」 と言われましたが・・・・・ ショックですが、プライベートのオンラインサロンで続きが見られるとのこと!! 現在は準備中だそうですので、待ち遠しい!! 近日中、まもなく!だそうです! FXとかも始められるそうです。 こちらはあまりわかりませんが、えんちょーのトークが聞けるのは楽しみです。 行方不明はちょっと・・・・ カッパえんちょーはもともと政治に興味があったわけではないそうです。 新聞も毎日読むわけではないとのこと。 それがレーダー照射問題あたりからいろいろとり国に対してコメントするようになったんだそうです。 そりゃそうだよね! レーダー照射問題は日本国民がかなり怒ったもんね!共感する人も多数だったと思います! というかレーダーだけじゃない!!って思ってた人が、この問題を皮切りに怒りを爆発させていった。。。。 という感じでしょうか) カッパえんちょーはそれ以降動画をアップさせながら、コミュニティを作り上げることが楽しいなって感じるようになってyoutubeを始められたそうですよ! 今後のえんちょーの動向も注目です!.

次の

【日韓断交】「安倍は早く何とかしろ!」韓国の悲痛な叫びが日本人には心地よい(笑) ニココメ

かっぱえんちょー youtube

もくじ• まずはスマホやパソコンの音量がミュート(消音)になっていないか確認する 初歩的なことですが、誤って操作してしまい、スマホやパソコンの音量がミュート(消音、音量が0の状態になっていること)になっていないか確認すべきです。 まずはスマホやパソコンの音量がミュートになっていないか確認しましょう。 iPhoneの場合の確認方法 iPhoneの場合は、端末の側面にある「音量ボタン」を押すと音量がミュート(消音)になっていないか確認することができます。 iPhoneの音量がミュート(消音)になっている場合は、上記のように表示されます。 音量がミュートになっていた場合は、「音量ボタン」を操作して音量を上げてみてください。 Androidスマホの場合の確認方法 Androidスマホの場合は、端末側面の「音量ボタン」を押すと、画面上部に「クイック設定パネル」が表示されます。 (Androidスマホの「音量ボタン」がどのボタンなのかについては、機種によって違いがあります。 自分が使っているAndroidスマホの取扱説明書で確認してみてください) 「クイック設定パネル」の右側にある「V字」のところをタップします。 「V字」のところをタップすると、「クイック設定パネル」が拡大され、「通知音と着信音の音量」、「メディアの音量」、「アラームの音量」を確認できるようになります。 Androidスマホでは、YouTubeなどのアプリの音量は真ん中の「メディアの音量(演奏楽譜のアイコン)」で確認できます。 「メディアの音量」がミュート(消音)になっていた場合は、スライダーを右に移動させて音量を上げてください。 パソコンの場合の確認方法 パソコンの音量については、画面右下の「スピーカーのアイコン」をクリックすると、音量がミュート(消音)になっていないか確認することができます。 「スピーカーのアイコン」は、ちょっと小さいので注意してください。 「メガホンのアイコン」をクリックすると、ミュート(消音)が解除されます。 パソコンの場合は、ワンクリックでミュート(消音)にできるため注意が必要です。 本人にそのつもりがなくても、誤って「メガホンのアイコン」をクリックしてミュート(消音)していないか確認しておきましょう。 自宅で家族とパソコンを共有している、職場で同僚とパソコンを共有しているなどの場合、自分がミュート(消音)に切り替えていなくとも、他の人がミュート(消音)に切り替えてしまう可能性があるので注意してください。 YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認する スマホのYouTubeアプリ自体は音量を調節できませんが、パソコンのYouTubeは音量を調整できるようになっています。 パソコンの場合は、YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認してみてください。 YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認するには、音量ボタンにマウスカーソルを合わせるだけでOKです。 YouTubeの音量がミュート(消音)になっていた場合は、スライダーを右にスライドして音量を上げてください。 動画に問題がある場合 視聴者側には全く問題がなく、動画に問題があって音が出ない場合もあります。 音源などが著作権に違反している場合、YouTubeの運営側が音源をカットしていることもあります。 また、YouTubeは動画投稿サイトなので、動画の投稿者が音源の編集をミスって動画をアップロードした場合に音が出ない場合もあります。 YouTubeを見ていて音が出ないときは、他の動画も確認して、音が出ているか確認してみてください。 YouTubeの運営から音源をカットされている場合と動画の投稿者がミスをした場合は、視聴者側はどうしようもありません。 スマホを再起動してみる スマホでYouTubeを視聴しているときに、稀に音が出なくなるときがあります。 スマホで何らかの不具合があり音が出ない場合は、スマホを再起動してみてください。 Androidスマホの場合は、「電源ボタン」を長押しすると「メニュー」が表示されるので、「再起動」をタップしてください。 「再起動」をタップすると、自動的にスマホの電源が切れた後に、スマホが再起動します。 iPhoneの場合は、「電源ボタン」を長押しすると上記のような画面が表示されます。 スイッチを右へスライドして、一度電源を切ります。 完全にスマホの電源が切れたのを確認したら、再度電源ボタンを長押しして、スマホを再起動してみてください。 スマホの再起動には、メンテナンス効果があり、軽微な不具合ならこれで修正される可能性があります。 YouTubeのアプリを最新のバージョンに更新しておく スマホで使っているYouTubeのアプリは、できるだけ最新のバージョンにアップデートして使うようにしてください。 できるだけ最新のバージョンを使うことで、アプリの不具合を回避できる可能性も高くなるかと思います。 便利なのが、スマホ内のアプリを自動的にアップデートするように設定しておくことです。 (YouTubeアプリのみならず、スマホ内の全てのアプリを自動的にアップデートできるようになります) iPhoneの設定方法 iPhoneで、アプリを自動でアップデートするように設定するには、 iPhoneの「ホーム」画面を開き、「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。 「iTunes StoreとApp Store」の画面が表示されます。 この画面で「アップデート」の項目をオンにすると、アプリを自動でアップデートするようになります。 Androidスマホの設定方法 Androidスマホで、アプリを自動でアップデートするように設定するには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「GooglePlayストア」のアイコンをタップします。 「GooglePlayストア」のアイコンを開いたら、画面左上にある「ハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)」をタップします。 「メニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。 「GooglePlayストアの設定」画面が表示されるので、「アプリの自動更新」をタップします。 「ポップアップのメニュー」が表示されるので、「常に自動更新するかWi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」を選択します。 (常に自動更新するを選択してもいいですが、経済的なメリットを考えると、「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」を選択したほうがお得です) アプリの自動更新の項目が、「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」になればOKです。 これでWi-Fiに接続されている間は、アプリが自動的にアップデートするようになります。 関連記事.

次の