中国銀行おまとめローン。 中国銀行の住宅ローンを徹底分析(金利・手数料・審査など)

中国銀行(ちゅうぎん)はおまとめローン可能?どのくらい安くなる?|まとめチャオ

中国銀行おまとめローン

審査の甘いおまとめローンが存在しない理由 審査の甘いおまとめローンは存在しません。 おまとめローンは高額融資をする商品であるため、 カードローンやクレジットカードのキャッシングよりも、利用者が返済不能になるリスクが高いからです。 また、おまとめローンでは、貸倒れた場合に被る金融機関側の損失が高額になります。 そのため、おまとめローンの審査は、カードローンやクレジットカードの審査よりも厳しく実施される傾向にあるのです。 審査が甘いおまとめローンを探す人は、「必ず借りれるおまとめローン」「誰でも通るおまとめローン」といった金融機関が存在しないことを覚えておきましょう。 おまとめローンの審査が甘い銀行が存在しない理由 インターネット上の口コミサイトには、「消費者金融よりも低金利な銀行のおまとめローンの方が審査が甘い」という書き込みが多く見られます。 しかし、消費者金融と同様に銀行系のおまとめローンでは、 多重債務者を減らすために、申込者の審査を厳正にしているため審査基準が甘いということはありません。 実際、2018年に金融庁が公表したには、「おまとローンの審査についても、多重債務発生の抑制の観点から必要な改善を促す」と記載されています。 そのため、 おまとめローンであっても、複数社から借金を抱えている人は銀行の審査に落ちる傾向があります。 銀行系のおまとめローンは確かに低金利でお得ですが、審査が甘いということはないので注意しましょう。 おまとめローンの審査に通りやすくなるコツ おまとめローンの審査に通りやすくなるコツは存在します。 審査に通りたい人は、審査が甘いおまとめローンのランキングを参考にするのではなく、下記の方法を実践してみてください。 【審査に通りやすいおまとめローンの探し方】• すでに借り入れしている金融機関におまとめローンの相談をする• 金利が高いおまとめローンを選択する• おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探す• 営利を目的としていない金融機関を利用する• 銀行の不動産担保ローンを検討する 「金利が高い」「おまとめ目的の契約を認めている」といった特徴を持つ金融機関では、おまとめローンの審査に通りやすい傾向にあります。 ただし、 「他社借入金額が総量規制(年収の3分の1)に抵触している」「延滞や債務整理で信用情報に傷がついている」といった人は、おまとめローンの審査に通りません。 他社借入や信用情報の状況に不安がある人は、の記事を参考にしてください。 すでに借り入れしている金融機関におまとめローンの相談をする すでに借り入れしている金融機関に借金の一本化を相談しましょう。 返済実績を積んでいる金融機関であれば、おまとめローンの審査担当者に返済能力を認められやすいからです。 たとえば、おまとめローンで100万円の借金を一本化する場合、申し込み先の金融機関によって下記の対応が想定されます。 【新規でおまとめローンに申し込みした人の場合】 【借入先におまとめローンを申し込みした場合】 新規でおまとめローンに申し込む人は、返済実績がないため、審査担当者に「本当に返済できるのか?」と疑われる傾向にあります。 しかし、返済実績を積み重ねている人であれば、おまとめローンの審査担当者に返済能力を認められやすいのです。 審査担当者から返済能力を認められた人は、借入先で利用限度額が増額されて、借金の一本化に応じてもらえる可能性があります。 審査に通りやすいおまとめローンを探す人は、 延滞などの返済トラブルを起こしていない借入先に借金の一本化を相談してみましょう。 金利が高いおまとめローンを選択する 金利が高いおまとめローンを選択すると審査に通りやすくなる可能性があります。 金利を低く設定している金融機関ほど、貸倒れた場合の損失が大きくなるため、おまとめローンの審査が厳しく実施されるからです。 なお、銀行や消費者金融が提供するおまとめローンでは、下記のように金利が設定されています。 【銀行系おまとめローンの金利】 金融機関 金利(実質年率) 東京スター銀行「おまとめローン」 年12. 9%~14. 9% 第三銀行「おまとめローン」 年9. 8%~14. 8% 【消費者金融系おまとめローンの金利】 金融機関 金利(実質年率) アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」 年7. 7%~18. 0% プロミス「おまとめローン」 年6. 3%~17. 8% アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」 年3. 0%~17. 5% 中央リテール「おまとめローン」 年10. 95%~13. 0% いつも「おまとめローン」 年5. 8%~18. 0% おまとめローンの金利を比較した場合、銀行よりも消費者金融のほうが高い金利が設定されています。 そのため、おまとめローンでは、銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向にあるのです。 ただし、 審査に通りやすいからといって、金利や返済額を軽減できなければ、消費者金融のおまとめローンを利用する意味がありません。 プロミスやアイフルのおまとめローンを検討する人は、の記事を参考にしてください。 おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探す おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探しましょう。 おまとめ目的の契約を認めていない金融機関では、借金の一本化を申し込みしても審査に通らないからです。 しかし、イオン銀行や楽天銀行などの金融機関では、公式サイトで「おまとめ目的の契約が可能」と明言されていません。 おまとめ目的の契約を認めていない金融機関では、借金の一本化が目的であることを伝えても、融資対象として認められないことから審査に落ちます。 申込前に金融機関の公式サイトにアクセスして、認められている資金使途を確認しましょう。 営利を目的としていない労働金庫のおまとめローンを利用する 営利を目的としていない労働金庫を選択すると審査に通りやすくなる可能性があります。 営利を目的としていない労働金庫は、地域の活性化を目指しており、 銀行や消費者金融とは異なる基準でおまとめローンの審査を実施しているからです。 たとえば、営利を目的としていない労働金庫(ろうきん)では、借金の一本化を目的としたおまとめローンを提供しています。 【労働金庫が提供するおまとめローン】 労働金庫 金利(実質年率) 東北労働金庫 年6. 375% 中央労働金庫 年5. 825%~7. 500% 近畿労働金庫 年3. 900%~5. 500% 中国労働金庫 年2. 500%~5. 000% 四国労働金庫 年5. 100%~ 労働金庫のおまとめローンでは、銀行や消費者金融よりも金利が低く設定されているため、毎月の返済負担の軽減が期待できます。 ただし、 労働金庫のおまとめローンの審査は甘いわけではなく、銀行や消費者金融と基準が異なるだけです。 労働金庫のおまとめローンでは、銀行や消費者金融よりも多くの申込条件が設定されており、申込者の審査が慎重に実施されています。 労働金庫のおまとめローンを利用したい人は、全国労働金庫協会のから、居住・勤務している地域の労働金庫を探してみてください。 銀行の不動産担保ローンを利用する 審査に通りやすいおまとめローンを探す人は、銀行の不動産担保ローンを検討しましょう。 不動産担保ローンであれば、 収入や雇用形態に不安を抱えている人でも、おまとめローンの審査に通りやすいからです。 【借金の一本化を認めている不動産担保ローン】 金融機関 金利(実質年率) 東京スター銀行 年0. 85%~8. 35% 西日本シティ銀行 年6. 8%~14. 5% 住信SBIネット銀行 年2. 95%~8. 9% 関西みらい銀行 年2. 9%~9. 8% 東京スター銀行や住信SBIネット銀行では、不動産を担保として融資を受けられるおまとめローンが用意されています。 不動産担保ローンでは、 不動産の評価額が審査対象になるため、複数社から借金を抱えている人でも審査に通る可能性があります。 担保にできる不動産を持っている方は、自身が持つ不動産を活用して、借金の一本化を検討しましょう。 なお、不動産を活用して借金をまとめたい人は、の記事を参考にしてください。 審査が甘くてもおまとめローン詐欺の業者を利用しない 審査が甘いおまとめローンを探しているからといって、「審査激甘」「誰でも審査に通る」などの甘い言葉を用いる悪徳業者を利用してはいけません。 悪徳業者のおまとめローンを利用した人は、多額の利息や手数料を請求されて、現在よりも返済負担が重くなるからです。 なお、おまとめローン詐欺を働く悪徳業者は、SNSやインターネット広告で利用者を勧誘する傾向にあります。 審査が甘いおまとめローンを探す人は、悪徳業者の甘い言葉に騙されずに、銀行もしくは貸金業者として正式な登録を済ませている金融機関を利用しましょう。 聞きなれない金融機関のおまとめローンに申し込む場合は、金融庁のから、正式な登録を済ませているのかを確認してください。 FP監修者コメント おまとめローンはその名の通り、複数のローンをまとめるためのローンです。 一般的な借り入れよりも高額になるため、金融機関は審査に慎重にならざるを得ません。 どうしてもまとめたいなら、現在、利用している金融機関に相談をしてみましょう。 銀行系は金利が低い分、審査が厳しくなる傾向にあります。 消費者金融会社のおまとめ専用のカードローンの場合は、比較的に審査に通りやすくなります。 しかしながら返済できると認められる必要がありますし、おまとめのカードローンでは、追加で借り入れできなくなります。 できるだけ金利は抑えることは大切ですが、おまとめには慎重に対処する必要があります。

次の

中国銀行でおまとめフリーローンの実力は?審査基準を検証!

中国銀行おまとめローン

審査の甘いおまとめローンが存在しない理由 審査の甘いおまとめローンは存在しません。 おまとめローンは高額融資をする商品であるため、 カードローンやクレジットカードのキャッシングよりも、利用者が返済不能になるリスクが高いからです。 また、おまとめローンでは、貸倒れた場合に被る金融機関側の損失が高額になります。 そのため、おまとめローンの審査は、カードローンやクレジットカードの審査よりも厳しく実施される傾向にあるのです。 審査が甘いおまとめローンを探す人は、「必ず借りれるおまとめローン」「誰でも通るおまとめローン」といった金融機関が存在しないことを覚えておきましょう。 おまとめローンの審査が甘い銀行が存在しない理由 インターネット上の口コミサイトには、「消費者金融よりも低金利な銀行のおまとめローンの方が審査が甘い」という書き込みが多く見られます。 しかし、消費者金融と同様に銀行系のおまとめローンでは、 多重債務者を減らすために、申込者の審査を厳正にしているため審査基準が甘いということはありません。 実際、2018年に金融庁が公表したには、「おまとローンの審査についても、多重債務発生の抑制の観点から必要な改善を促す」と記載されています。 そのため、 おまとめローンであっても、複数社から借金を抱えている人は銀行の審査に落ちる傾向があります。 銀行系のおまとめローンは確かに低金利でお得ですが、審査が甘いということはないので注意しましょう。 おまとめローンの審査に通りやすくなるコツ おまとめローンの審査に通りやすくなるコツは存在します。 審査に通りたい人は、審査が甘いおまとめローンのランキングを参考にするのではなく、下記の方法を実践してみてください。 【審査に通りやすいおまとめローンの探し方】• すでに借り入れしている金融機関におまとめローンの相談をする• 金利が高いおまとめローンを選択する• おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探す• 営利を目的としていない金融機関を利用する• 銀行の不動産担保ローンを検討する 「金利が高い」「おまとめ目的の契約を認めている」といった特徴を持つ金融機関では、おまとめローンの審査に通りやすい傾向にあります。 ただし、 「他社借入金額が総量規制(年収の3分の1)に抵触している」「延滞や債務整理で信用情報に傷がついている」といった人は、おまとめローンの審査に通りません。 他社借入や信用情報の状況に不安がある人は、の記事を参考にしてください。 すでに借り入れしている金融機関におまとめローンの相談をする すでに借り入れしている金融機関に借金の一本化を相談しましょう。 返済実績を積んでいる金融機関であれば、おまとめローンの審査担当者に返済能力を認められやすいからです。 たとえば、おまとめローンで100万円の借金を一本化する場合、申し込み先の金融機関によって下記の対応が想定されます。 【新規でおまとめローンに申し込みした人の場合】 【借入先におまとめローンを申し込みした場合】 新規でおまとめローンに申し込む人は、返済実績がないため、審査担当者に「本当に返済できるのか?」と疑われる傾向にあります。 しかし、返済実績を積み重ねている人であれば、おまとめローンの審査担当者に返済能力を認められやすいのです。 審査担当者から返済能力を認められた人は、借入先で利用限度額が増額されて、借金の一本化に応じてもらえる可能性があります。 審査に通りやすいおまとめローンを探す人は、 延滞などの返済トラブルを起こしていない借入先に借金の一本化を相談してみましょう。 金利が高いおまとめローンを選択する 金利が高いおまとめローンを選択すると審査に通りやすくなる可能性があります。 金利を低く設定している金融機関ほど、貸倒れた場合の損失が大きくなるため、おまとめローンの審査が厳しく実施されるからです。 なお、銀行や消費者金融が提供するおまとめローンでは、下記のように金利が設定されています。 【銀行系おまとめローンの金利】 金融機関 金利(実質年率) 東京スター銀行「おまとめローン」 年12. 9%~14. 9% 第三銀行「おまとめローン」 年9. 8%~14. 8% 【消費者金融系おまとめローンの金利】 金融機関 金利(実質年率) アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」 年7. 7%~18. 0% プロミス「おまとめローン」 年6. 3%~17. 8% アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」 年3. 0%~17. 5% 中央リテール「おまとめローン」 年10. 95%~13. 0% いつも「おまとめローン」 年5. 8%~18. 0% おまとめローンの金利を比較した場合、銀行よりも消費者金融のほうが高い金利が設定されています。 そのため、おまとめローンでは、銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向にあるのです。 ただし、 審査に通りやすいからといって、金利や返済額を軽減できなければ、消費者金融のおまとめローンを利用する意味がありません。 プロミスやアイフルのおまとめローンを検討する人は、の記事を参考にしてください。 おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探す おまとめ目的の契約を認めている金融機関を探しましょう。 おまとめ目的の契約を認めていない金融機関では、借金の一本化を申し込みしても審査に通らないからです。 しかし、イオン銀行や楽天銀行などの金融機関では、公式サイトで「おまとめ目的の契約が可能」と明言されていません。 おまとめ目的の契約を認めていない金融機関では、借金の一本化が目的であることを伝えても、融資対象として認められないことから審査に落ちます。 申込前に金融機関の公式サイトにアクセスして、認められている資金使途を確認しましょう。 営利を目的としていない労働金庫のおまとめローンを利用する 営利を目的としていない労働金庫を選択すると審査に通りやすくなる可能性があります。 営利を目的としていない労働金庫は、地域の活性化を目指しており、 銀行や消費者金融とは異なる基準でおまとめローンの審査を実施しているからです。 たとえば、営利を目的としていない労働金庫(ろうきん)では、借金の一本化を目的としたおまとめローンを提供しています。 【労働金庫が提供するおまとめローン】 労働金庫 金利(実質年率) 東北労働金庫 年6. 375% 中央労働金庫 年5. 825%~7. 500% 近畿労働金庫 年3. 900%~5. 500% 中国労働金庫 年2. 500%~5. 000% 四国労働金庫 年5. 100%~ 労働金庫のおまとめローンでは、銀行や消費者金融よりも金利が低く設定されているため、毎月の返済負担の軽減が期待できます。 ただし、 労働金庫のおまとめローンの審査は甘いわけではなく、銀行や消費者金融と基準が異なるだけです。 労働金庫のおまとめローンでは、銀行や消費者金融よりも多くの申込条件が設定されており、申込者の審査が慎重に実施されています。 労働金庫のおまとめローンを利用したい人は、全国労働金庫協会のから、居住・勤務している地域の労働金庫を探してみてください。 銀行の不動産担保ローンを利用する 審査に通りやすいおまとめローンを探す人は、銀行の不動産担保ローンを検討しましょう。 不動産担保ローンであれば、 収入や雇用形態に不安を抱えている人でも、おまとめローンの審査に通りやすいからです。 【借金の一本化を認めている不動産担保ローン】 金融機関 金利(実質年率) 東京スター銀行 年0. 85%~8. 35% 西日本シティ銀行 年6. 8%~14. 5% 住信SBIネット銀行 年2. 95%~8. 9% 関西みらい銀行 年2. 9%~9. 8% 東京スター銀行や住信SBIネット銀行では、不動産を担保として融資を受けられるおまとめローンが用意されています。 不動産担保ローンでは、 不動産の評価額が審査対象になるため、複数社から借金を抱えている人でも審査に通る可能性があります。 担保にできる不動産を持っている方は、自身が持つ不動産を活用して、借金の一本化を検討しましょう。 なお、不動産を活用して借金をまとめたい人は、の記事を参考にしてください。 審査が甘くてもおまとめローン詐欺の業者を利用しない 審査が甘いおまとめローンを探しているからといって、「審査激甘」「誰でも審査に通る」などの甘い言葉を用いる悪徳業者を利用してはいけません。 悪徳業者のおまとめローンを利用した人は、多額の利息や手数料を請求されて、現在よりも返済負担が重くなるからです。 なお、おまとめローン詐欺を働く悪徳業者は、SNSやインターネット広告で利用者を勧誘する傾向にあります。 審査が甘いおまとめローンを探す人は、悪徳業者の甘い言葉に騙されずに、銀行もしくは貸金業者として正式な登録を済ませている金融機関を利用しましょう。 聞きなれない金融機関のおまとめローンに申し込む場合は、金融庁のから、正式な登録を済ませているのかを確認してください。 FP監修者コメント おまとめローンはその名の通り、複数のローンをまとめるためのローンです。 一般的な借り入れよりも高額になるため、金融機関は審査に慎重にならざるを得ません。 どうしてもまとめたいなら、現在、利用している金融機関に相談をしてみましょう。 銀行系は金利が低い分、審査が厳しくなる傾向にあります。 消費者金融会社のおまとめ専用のカードローンの場合は、比較的に審査に通りやすくなります。 しかしながら返済できると認められる必要がありますし、おまとめのカードローンでは、追加で借り入れできなくなります。 できるだけ金利は抑えることは大切ですが、おまとめには慎重に対処する必要があります。

次の

中国銀行でおまとめフリーローンの実力は?審査基準を検証!

中国銀行おまとめローン

カードローン コ・レ・カ• 最短即日で審査回答• 専業主婦・パート・アルバイトの方も申し込み可能• 200万円まで所得証明書不要で借り入れOK• 融資最高額:500万円• 金利:5. 収入証明書不要利用額: 200万円• 預金口座:必要• 審査時間: 最短即日• インターネット経由・電話・FAXで審査申し込み• 審査結果連絡後、無事通過していれば窓口にて正式な申し込み手続き• 契約手続きが終わり次第、利用開始 審査申し込み インターネット経由・電話・FAXから申込みを行うことができます。 電話やFAXは銀行の営業時間にも左右されますので、お急ぎの場合にはインターネット経由で申し込むのがいいでしょう。 なお、電話での申し込みが可能なのは、中国銀行のキャッシュカードを所有している場合に限られます。 また、申し込みは中国銀行の口座を所有していなくても、行うことが可能です。 ただし、その場合には契約の為に来店する際に、中国銀行の口座を開設する必要があります。 契約手続き 無事審査に通過していた場合は、中国銀行の本支店にて契約手続きを行います。 契約の際に必要な書類に関して 契約の際には、本人確認書類・普通預金口座の届出印及び健康保険証が必要となります。 本人確認書類として利用できるのは、運転免許証・パスポート・個人番号カード・顔写真付きの住民基本台帳カードのいずれかです。 また、申し込み金額が200万円超の場合には、本人確認書類と併せて源泉徴収票や課税証明書等の収入証明書類が必要になります。 利用限度額200万円超で申し込みを行おうと思っている場合には、あらかじめ収入証明書類を準備しておくのがいいでしょう。 利用開始 窓口で契約の手続きを終えれば、カードローンの利用が可能です。 なお、そのまま窓口で借り入れを行うこともできます。 申込み条件• 申し込み時の年齢が満20歳以上、満65歳以下の方• 申し込み者本人または、配偶者に安定して継続的な収入のある方• 保証会社として、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社もしくは中銀カード株式会社の保証が受けられる方 申し込み条件は非常にシンプルで、多くの人が利用できる可能性のあるカードローンとなっています。 専業主婦・パート・アルバイトの利用 申し込み条件が「安定して継続的な収入のある方」となっているので、パート・アルバイトの方でも借り入れを行うことは可能です。 また、専業主婦の方でも、配偶者の方に安定して継続的な収入があれば、利用することができます。 年齢と更新に関する注意 初回の契約以降は、1年ごとに再審査の上で自動更新する形をとっていますが、満70歳の誕生日の翌月以降は、借り入れは出来ずに返済のみの利用となります。 なお、再審査を行った際に、信用情報等に問題があった場合には、借り入れができなくなる可能性もあります。 借入・返済の方法 借り入れ 借り入れは中国銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMを利用して行うことができます。 利用するATMの種類や時間帯によっては、所定のATM手数料が必要になります。 借入限度額 中国銀行「カードローン コ・レ・カ」では、最高500万円の借り入れが可能ですが、500万円で希望を出しても、希望が必ず通るというわけではありません。 審査の結果、借り入れ可能額が希望している金額に届かない可能性があることも、考慮に入れておきましょう。 金利 借入限度額によって、適用される金利は異なります。 金額ごとの適用金利は以下の表の通りです。 借入限度額 適用金利 10万円~90万円 14. 借入限度額 適用金利 10万円~90万円 8. また、約定返済以外に、随時返済を行うことも可能です。 手持ちのお金に余裕があるような場合には、随時返済を適宜行っていったほうが、最終的な総返済額は少なくなる場合が多いです。 無理の無い範囲で計画的な返済を行っていきましょう。 各回の返済金額 各回の約定返済金額は、前日の借入残高によって決まります。 借入残高と返済金額の関係は以下の表の通りです。 前日の借入残高 返済金額 1万円以下 借入残高全額 50万円以下 10,000円 100万円以下 20,000円 150万円以下 30,000円 200万円以下 40,000円 300万円以下 50,000円 400万円以下 60,000円 500万円以下 70,000円 カードローン i-コ・レ・カ 主な特長• インターネットで手続き完了• 書類・郵送・来店不要• 申込費・年会費無料• 少額から利用可能• パート・アルバイト・主婦でもOK 対象• 満20歳以上満65歳以下の方• 安定継続した収入のある方(個人事業主不可)• 保証会社の保証が受けられる方• 中国銀行の普通預金(総合口座を含む)のキャッシュカードを持っている方 中国銀行で他のカードローンを契約している場合には利用できないので、カードローン コ・レ・カと同時に利用することはできません。 融資利率 年14. 5% 返済額・返済方法 毎月の返済額は1万円から(借入れ残高50万円以内の場合)。 (1)毎月8日に、前日の借入れ残高に応じて指定口座から自動引落し。 なお、利息は毎月8日に前1か月分を借入れ残高に組入れ。 (2)ボーナス時などに任意の金額を直接カードローン口座にご入金いただく随時返済も可能。 担保・保証人 不要。 中銀カード株式会社またはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証。 カードローンミニ 主な特長• 総合口座にセットできる• 新たに通帳を作る必要なし• 少額の借り入れが手軽• パート・アルバイト・個人事業主・主婦でもOK 対象• 満20歳以上満65歳以下の方• 安定継続した収入のある方• 保証会社の保証が受けられる方 使いみち 自由(事業性の資金は不可) 融資限度額 10万円・30万円・50万円 利用期間 3年(原則自動更新) 融資利率 年10. 00% カードローンミニとセットする口座のある営業店で中国銀行の指定する取引きをしている場合は、融資利率が各項目ごとに0. 5%、最大1. 5%優遇される。 優遇条件• 中国銀行の口座で給与振込または年金振込を利用• 公共料金(3種類以上)の自動支払い、DREAMe-W、DREAMe-S、JCBもしくはVISAの中銀カード、のいずれかを利用• 毎月1万円以上の自動振替による財形預金、積立定期預金、30万円以上の定期預金のいずれかを利用 返済方法 随時返済。 いつでもご都合のよい金額を総合口座に入金。 利息は年2回3月と9月の所定の日に預金口座から引落し、または貸越残高に組入れ。 担保・保証人 不要。 中国銀行指定の保証会社が保証。 ATMカードローン ATMカードローンは、利用対象者があらかじめ中国銀行によって選定されています。 そのため、人によっては申し込みができない場合もあります。 選定の基準は公開されていませんが、利用可能な人はATMの操作画面に、「カードローン申込」というボタンが表示されているので、そこで判断することができます。 借入限度額も事前に決定されており最大で90万円ですが、契約日と翌営業日は、事前に決定されている限度額に関わらず10万円までしか借り入れることができません。 また、カードローンの返済用口座で、公共料金等の口座振替を利用している場合、残高不足で口座振替ができない時には、不足分の金額がカードローンから自動的に融資されるため便利です。 その他のローン ちゅうぎんクイック住宅ローン ちゅうぎんクイック住宅ローンでは、変動金利型・長期固定金利型およびバランス・プランの3つの中から金利型を選択することが可能です。 変動金利型 変動金利型では、6か月・3年・5年・10年などから一定期間だけ金利を固定することが可能です。 金利見直し時には再度固定期間を設定することもできます。 また、住まーと!プランを利用することで、金利を引き下げることも可能です。 また、ちゅうぎんの「ポイントサービス」で一定以上のポイントを貯めており、中国銀行の指定する取引項目を利用していると、最大で1. ただし、金利優遇を受けるために満たすべき条件は少しややこしいので、分からない場合にはちゅうぎん住宅ローンセンターや窓口で確認するといいでしょう。 長期固定金利型 長期固定金利型には、完済までずっと金利が変わらない「全期間固定」と、「段階金利」の2つのタイプがあります。 全期間固定タイプでは、「15年以内」「15年超~20年以内」「20年超~25年以内」「25年超~30年以内」「30年超~35年以内」から、期間を選択することができます。 段階金利では「当初10年間」と「11年目から完済まで」の2段階で金利が切り替わります。 ライフプランや資金・返済計画と照らし合わせながら検討することで、最も適した金利タイプを選択することが可能です。 バランス・プラン バランス・プランでは、金利タイプを組み合わせながら利用することができます。 金利の低い時には変動金利型で低金利の恩恵を受けて、返済額を確定させて返済計画を安定させたいときには固定金利にするなど、人生設計に合わせてカスタマイズすることができるローンとなっています。 各種保険 中国銀行の取り扱う住宅関連のローンでは、後ほど紹介する「ちゅうぎん定期借地権付住宅ローン」「ちゅうぎん機構買取型住宅ローン(フラット35)」を含めて、様々な保険を利用することが可能です。 団体信用生命保険は最もオーソドックスなものの他に、「リビング・ニーズ特約およびガン診断保障特約付団体信用生命保険」「3大疾病保障特約付団体信用生命保険」「11疾病団体信用生命保険(リビングニーズ特約付・生活習慣病団信)」「ワイド(引受条件緩和型・リビングニーズ特約付)団体信用生命保険」と様々なバリエーションの中から、健康状態等と照らし合わせて最も適する保険を選ぶことができます。 また、病気やケガで就業不能になった場合に、保険金という形で住宅ローンの返済をサポートしてくれる、債務返済支援保険を利用することもできます。 ただし「ちゅうぎん機構買取型住宅ローン(フラット35)」は債務返済支援保険利用の対象にならないので注意が必要です。 ちゅうぎん定期借地権付住宅ローン 定期借地権付の土地に住宅を建てる方は、こちらのローンを利用することになります。 金利はちゅうぎんクイック住宅ローンと同じく、変動金利型・長期固定金利型およびバランス・プランの3つから選択することが可能です。 ちゅうぎん機構買取型住宅ローン(フラット35) ちゅうぎん機構買取型住宅ローン(フラット35)は、住宅金融支援機構がバックアップする、長期固定金利の住宅ローンです。 月々の返済金額が変わらず返済計画が立てやすいため、利用しやすいローンとなっています。 住宅ローン利用者様専用フリーローン 中国銀行の住宅ローンを利用している方であれば、無担保かつ低金利の本ローンの利用が可能です。 来店不要で申し込みが可能で、最大500万円の融資が最長15年間受けられる、とても便利なローンです。 また、本ローンを利用している間に住宅ローンを完済してしまったとしても、本ローンの返済には影響はありません。 当初の返済計画通りに返済を行うことが可能です。 リフォームローン リフォーム関連の様々な使途に利用できるのが、本ローンです。 担保や保証人不要で利用できるので、最短即日で審査結果が分かるというスピーディさも魅力です。 最大融資金額は1,000万円で、最長融資期間は15年となっていますが、資金使途が他金融機関リフォームローンの借り換えの場合には、借り換え対象ローンを過去6か月の間に延滞していないことが条件となります。 空き家解体ローン 本ローンは、空き家の解体や居住予定のない空き家の取り壊しなどに利用することができます。 最大500万円・最長7年の借り入れが可能で、空き家問題に対する認知が広まり、地域の活性化に今以上にスポットライトが当たるようになるにつれ、より利用数が増加していくであろうローンとなっています。 教育ローン(証書貸付型・カードローン型) 中国銀行のカードローンには「証書貸付型」と「カードローン型」の2つのタイプがあります。 証書貸付型は、幼稚園生や小学生から社会人にいたるまで、子供・本人の教育・学習に関わることであれば、幅広い資金使途が認められています。 審査結果は最短即日で分かり、仮審査後にキャンセルもできるので、とりあえずまずは申し込んでみるというスタンスでも大丈夫です。 最大融資金額は1,000万円で、最長融資期間は14年となっており、元金返済の据え置きも可能です(14年は据え置きを利用した場合の最長期間)。 カードローン型は、子供の教育に関する費用にだけ利用が認められており、申し込み者本人の学習のためには利用することができません。 資金が必要な時に都度借り入れを行うことができるため、利便性に優れており借り過ぎも防ぐことができます。 融資限度額は、融資対象の子供が入学・在学するのが高校の場合は100万円、短大もしくは専門学校の場合は200万円、大学以上の場合は300万円です。 融資期間は最長で11年ですが、医学部など特別な履修期間が必要な場合には13年となっています。 マイカーローン 本ローンは、自動車・バイクの購入や運転免許取得費用など、自動車に関わるあらゆることに利用できます。 新卒の就職内定者の人でも利用できるので、就職に向けて免許を取得する、自動車を購入する、といった利用法も可能です。 また、以下の条件を満たすことで、適用金利が優遇されよりお得に利用することができるようになります。 中国銀行の口座を利用して給与受取もしくは公共料金の支払いを行っている• 中国銀行で住宅ローンを利用している• エコカーの購入• インターネット申し込み 1. おまとめフリーローン 他金融機関のローンのおまとめに利用できるのが、本ローンです。 ローンを多数抱えている方であれば、「返済日を1つにまとめることができる」「月々の返済額を減らすことができる」などのメリットを享受することが可能となっています。 ただし、おまとめローンの利用に際しては、おまとめローンの利用前後で返済に関して「何がどう」変わったかをきちんと把握しておくことが非常に重要です。 目的ローン ショッピングや旅行、結婚などのイベント用の費用として利用できるのが本ローンです。 資金使途が分かる書類が用意できて、中国銀行が許可すれば、上記以外にも様々な用途に利用することができます。 また、「ちゅうぎんポイントサービスに加入しており、ポイントが50ポイント以上貯まっている」「中国銀行で住宅ローンを利用している」などの項目を満たすことで金利が優遇され、さらにお得に利用することができるようになっています。 医療向けローン 手術や入院など、医療関連の費用に利用できるのが本ローンです。 最大融資金額は500万円で、最長融資期間は7年となっています。 年金受給者向けローン「シニアの力」 セカンドライフをより充実したものにするために利用できるのが、本ローンです。 申し込み時の年齢が満65歳以上満70歳未満で、中国銀行の口座で年金振込を利用している人と、利用対象者はかなり限定されますが、一般的なカードローンやフリーローンを利用できないような方でも、利用できるような条件設定となっています。 関連ニュース 株式会社中国銀行は、株式会社と個人向け無担保ローン保証業務提携をしました。

次の