ケン ドリック パーキンス。 ケンドリック・パーキンス、「カリーvsハーデン」に持論「ハーデンは完璧なオールラウンダー」(NBA Rakuten)

ケンドリック・パーキンス

ケン ドリック パーキンス

ケンドリック・パーキンスの評価について サンダーのパーキンスについて伺います、スタッツだけみると平凡で体格もセンターとしては小さいくらいだと思いますが、 評価は悪くない というか割と高いですよね。 理由は何でしょうか? ・スクリーンやゴール下でのぶつかり合い等、数字に見えない貢献が素晴らしい ・プレースタイルがアンセルフィッシュでチームプレイヤー ・ハワードやバイナム等体格でまさるトップセンターにも、ある程度守備面で対抗できる あたりでしょうか?スタッツだけみると、中堅かそれ以下に見えるのですが・・・ 補足マーク・ガソルをスケールダウンさせたような感じですかね?ひと昔前のマークですが、マークは今はスタッツも凄く良くなってしまったので比較しにくいですが 自分で書かれてる通りだと思いますよ セルティックス時代シャックやハワードとマッチアップしてそれなりの成果があってから評価が上がりましたよね(まぁやられる場面も結構あったけど) リーグトップクラスのCとマッチアップしても簡単にパワー負けせずディフェンスとリバウンドに力を注いでくれるというのが彼の価値です。 多少サイズが足りなくても幅でカバーしてますしね…ただオフェンス面はそれほど評価できないかな、ミルサップやブレアみたいにスクリーンや合わせの動きが上手いわけでもないしK・トーマスみたいに中間距離のジャンプシュートを狙えるわけでもない…チームに必要とされるタイプの選手だけど彼の契約は結構割高だと思いますよ サンダーにはカンザス大の同じく守備型センターのコール・オルドリッチがいるんであんな大型契約しなくてもよかったんじゃないかなと思ってます。 --------------- チームに溶け込めるという点では共通してるけどマーク・ガソルとパーキンスとでは全くタイプが違いますよ パーキンスは上記の通りですがマークはオフェンスでの基点になれる選手です。 ポストアップから得点することも味方にパスを捌くこともできるオフェンス面でも非常に価値の高い存在です。 スキルが高く柔らかいムーブやフックシュートも打てるし外からジャンパーも狙うことができるだけの能力を持ってるんでマークをスケールダウンしてもパーキンスにはならないかな…タイプ的には往年の名選手ディバッツにどことなく似てるかも、マークは現在Cで五指に入る選手だと思いますよ 自分もスタッツはよく調べたりしますけど実際のプレーぶりを見たほうがその選手がどういう選手なのかがわかります。 ちなみにマーク・ガソルをスケールダウンさせたら…たぶんアーロン・グレイみたいな選手になると思います 変に出しゃばらずにゴール下を守ってくれるからです。 まさに縁の下の力持ちです。 デュラント・ウエストブルック・ハーデンといて、更にパーキンスまでボールをたびたび要求していたらチームとして上手くいきません。 そういうことなく、スクリーンなどでオフェンスに貢献し、ハワードを筆頭にゴール下でごりごりくるタイプのプレイヤーをしっかり守ってくれます。 サラリーがもう少し安くて、熱くなりすぎて無駄なテクニカルをコールされるのさえどうにかなってくれればサンダーの優勝のためには必要なプレイヤーだと思います。 スタッツだけで見ればパーキンス、ボーエン、優勝時のフィッシャーなどはなぜにスターターなの?ってくらい低いです。 しかしながら彼らを欠いての優勝は難しかったたろうなと思わせてくれるくらいの貢献をしています。 私の好きなバティエーも同じタイプです。 スタッツだけみればたいしたことないですが、彼を欲しくないチームはないと言ってもいいようなプレイヤーです。 結局は5人+ベンチのバランスが大切であり、更にサラリーに一定の制限がある以上は自分の役割を忠実に果たし、チームにとって確かなプラスになるプレイヤーは高く評価されるのだと思います。 野球で例えるなら4番でエースだけでなく、あまり打撃はよくなくても守備の上手いショートはチームにとってプラスだということです。

次の

ケンドリック・パーキンス「ザイオンはプレッシャーを感じてない」

ケン ドリック パーキンス

日本では、身長の表示がセンチですが、アメリカではフィートとインチです。 1フィートは約30. 48センチ、1インチは約2. 54センチです。 日本なら、183. 5センチというように、0. 5間隔で表示しますが、アメリカは、0. 5インチでは表示しないで、インチおきです。 そこで、同じ身長の人でも、2. 5センチ近くの差が出てきます。 日本のセンチの表示は、実際に選手の身長を、センチで計っているのではなくて、登録されている身長をセンチに換算しています。 206センチというのは、6フィート9インチを換算していて、208センチは、6フィート10インチを換算しています。 実際には、2フィート9. 5インチの人がいるはずですが、そういう登録の仕方をしないので、NBA選手に関する、日本の資料をご覧になったら、207センチという人はいないはずです。 NBAの選手は、身長をごまかしている人が結構います。 クリス・ポールは、6フィートで登録なので、日本の資料では、183センチとなっていると思いますが、実際に6フィートは無いそうです。 他にも、PGで6フィートという人は、さばよんでいる人が多いです。 又、PGで6フィート3インチなら大きい方なので、まず間違いなく正確ですが、SGで6フィート3インチだと、ごまかしている可能性が高いです。 1インチ間隔なので、アメリカ人の感覚なら、たった1インチごまかしているだけですが、日本人だと、センチになおすので、少なくても2. 5センチをごまかしていることになります。 ドワイト・ハワードは、6フィート11インチで登録していますが、実際には11インチなく、むしろ10インチに近いそうです。 逆に、マーク・ガソルとアンドリュー・バイナムは、共に7フィート丁度で登録ですが、実際には、7フィート1インチに近いそうです。 登録の身長だけ見たら、ハワードとバイナムの身長差は1インチ、2. 5センチですが、実際には、5センチ近くあります。 前置きが長くなりましたが、パーキンスはセンターなので、6フィート10インチは、ごまかしている可能性が高いです。 ごまかしていなくて、実際には、6フィート10インチを、すこし切っている可能性があります。 パーキンスは、センターなので、0. 5インチ程度は勿論、1インチ以上ごまかしている可能性もあります。 逆に、デュラントは、6フィート9インチの登録でも、実際には、それより高い可能性があります。 デュラントは、SFなので、身長を高くごまかす必要がないです。 デュラントは、6フィート10インチに近くて、パーキンスは、6フィート9インチに近いという可能性もあります。 パーキンスとデュラントは、全く同じ身長か、デュラントの方が、僅かに高い可能性がある訳です。 NBAの選手は、登録の身長が同じなのに、明らかに違ったり、デュラントとパーキンスの様に、登録では低い人の方が、実際には高いということが、よくあります。 それに、立ち方によっても、違ってくると思いますよ。 ぶっちゃけ明確な基準となるものが無いので、実際の身長は選手達自身や関係者くらいしか判らないと思います。 別にバスケに限らずですが、身長や体重なんてサバ読んでるのが当たり前ですから、誰々と誰々を比べて何cmくらい高そうとかそれくらいしか言えないですね。 下の回答者サンが仰ってる例以外だと、例えばコービーとかは登録では198cmになってますが、実際には201cmという話もあります。 じゃあ例えば登録が203cmのレブロンとかと並んでる姿を見ると、とても2cmしか差が無いようには見えず、明らかに登録通り5cmは違います。 じゃあレブロンが実際は206cmくらいあるのかというと、そのデュラントよりは確実に低いですし、レブロンと同じ203cm登録のカーメロと並んでも高さは変わらなく見えます。 この通りキリが無いんですよ。 誰が真実か嘘なのかなんてサッパリ判りません。 アメリカだとcmでは無くインチ法を用いてるのも要因の1つなのかも知れませんが、日本でもサバ読みくらい普通です。 一般人ですらサバ読む人はいるだろうに、サイズで少なからず評価が変わってくるスポーツ選手なら尚更そうなって来るもんです。

次の

ケビン・デュラントとケンドリック・パーキンスが並んでいる写真を見たらデ...

ケン ドリック パーキンス

詳細は「」を参照• 1985 - - アメリカの女優• 1970 - - アメリカの俳優、映画監督• 1990 - - イギリスの女優• 1984 - - アメリカの選手()、通算81勝• 1950 - - イギリスの• - カナダのプロレスラー• 1992 - 2017 - ブラジルのサッカー選手()• 1740? - 1794 - アメリカの軍人• - アメリカの• 1983 - - アメリカの野球選手()、選出、通算1700安打以上• 1979 - - アメリカのプロレスラー 男性名 [ ]• 1995 - - アメリカの選手()• () 1997 - - アメリカの選手()• 1984 - - アメリカのバスケットボール選手()、通算4214得点• 1987 - - アメリカのラッパー 関連項目 [ ]• このページは 人名(人物)のです。 同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。 お探しの人物の記事を選んでください。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。

次の