あん ステ dr。 【レポート】『あんステ』DR「新しい風を吹き込んだ」最新作が上演中! 各々の道を歩んで奏でるアンサンブル【ビーズログ.com】

『あんステDR』元高峯翠役・村川翔一さんの意向によりキャスト変更 流星隊5名のキャストが公開(2019年4月18日)|BIGLOBEニュース

あん ステ dr

ここでは、東京公演の開幕直前の8月30日に、東京・品川プリンスホテル ステラボールにて開催された関係者・マスコミ向けのゲネプロ・囲み会見をレポートします! 終わりと始まり、各々が信じる道へ 物語の始まりは、夏を迎えた夢ノ咲学院。 UNDEADが結成される少し前のこと。 当時、生徒会長だった朔間零は、昔馴染みの蓮巳敬人が自らを利用して学院に革命を起こそうと画策していることに気づいていました。 零は敬人に「自分を上手に使いこなして地下ライブハウスの問題を解決してみせろ」と、従属する条件を提示します。 敬人は零と、当時から零に憧れていた大神晃牙とともに『デッドマンズ』というユニットを結成して、ライブバトルで事態を収束しようとしますが……? 第一幕で中心となるのは、 イベント『追憶*それぞれのクロスロード』をベースにした1年前の春の物語。 UNDEADはもちろん、紅月を結成する前のそれぞれのユニットのメンバーたちの出会いや関係性はもちろん、幼馴染である零と敬人がなぜ道を分かつことになったのか……。 学院の今へと続く、それぞれの終わりと始まりの物語がしっかりと描かれていました。 そして、目指すものはあれど思うように活動できていない2年生の頃の守沢千秋の姿や、仲のいい友人同士である乙狩アドニスと神崎颯馬の出会いなども見どころでした。 第一幕のクライマックスでは、 デッドマンズのライブが! ここではデッドマンズ&鬼龍紅郎による 『Black Ball-Room』という舞台オリジナルの新曲も披露。 見るものすべての心を奪い尽くしてしまうような、迫力あるパフォーマンスで観客を魅了しました。 つづく第二幕、時間軸は再び現在の夏へ。 UNDEAD、 流星隊、 紅月はそれぞれのユニットらしくアイドルとしての活動に励みます。 第二幕は、 イベント『出航!海上の海賊フェス』を基にした物語で、UNDEADと流星隊の現在の姿を中心に描かれていました。 学院で最も過激で背徳的なユニットのUNDEADと、正義を貫くヒーローユニットの流星隊。 方向性がまったく違うふたつのユニットが、同じステージに立つことで互いに刺激になり、グループとしてより高まっていく様子がとても爽やかでした。 後列左より、武子直輝さん、神永圭佑さん、堀海登さん、小西成弥さん、一ノ瀬竜さん、深澤大河さん。 『あんステ』は(初演から数えて)3年間やらせて頂いているのですが、まさか座長までやらせて頂けて、本当に夢みたいな気持ちでいっぱいです。 僕らが3年間やってきたものもありますし、新鮮なキャストのみんなとも力を合わせて、 新しい風を吹き込んだ『あんステ』を皆様に見て頂けたらと思っています。 舞台は2部構成となっていて、一幕は今までのシリーズで演じてきた時系列の1年前のお話です。 ~以来にオカリナを吹きます! とても練習したので、ぜひそこを見ていただきたいです。 アドニスが日本に来てから、朔間零とどう関わってUNDEADになっていくのかを皆さんに見て頂けたらなと思います。 1年前に千秋が頑張っていたからこそ、二幕のみんなにつながるという思いで一幕を闘っているので、ぜひそこを見ていただきたいです。 そして今回、初めて流星隊に舞台オリジナル曲ができました! 歌割りとフォーメーションをとにかく見てほしいです。 自分たちでもやっていて鳥肌が立つ瞬間が何度もあるので、ぜひ見ていただきたいと思っています。 流星隊らしく熱く楽しく、大千秋楽まで走り抜けたいと思っています。 応援のほど、よろしくお願いします。 流星隊は二幕の色を変える、盛り上げていけるような色になれればと思っています。 歌っているときの表情がすごく魅力的で、 稽古場で見ていた僕と大河くんが泣きそうになったくらい素敵なので、見どころです。 翠くんはゆるキャラのために全力で頑張ります。 毎公演、全力でできるよう体調管理をしっかりしつつ、みんなで最後まで走り抜けられたらと思います。 海賊と海軍という、新たに作って頂いた衣裳をぜひとも皆様に見ていただきたいです。 一幕は(原作イベントストーリーの)『追憶*それぞれのクロスロード』ですので、 朔間零役の小南くんとたくさん話をして作ってきたふたりの関係性をぜひ見て頂けたらと思います。 前作から参加させて頂いて、2年生の頃の敬人くんを少しだけ演じさせて頂きましたが、今回は弱さや信念を持っている部分が多いので、気合を入れて頑張っていきたいです! この舞台を観劇して、何か一つでも心に残ってくれたら嬉しいです。 この三者がユニットとして並ぶとどんな化学反応が起きるのだろうと、最初は考えてもなかなかイメージが浮かばなかったのですが、いざ皆でやってみるといいチームワークでしたし、バランスがいいなと思いました。 このバランスの良さを皆さんに届けて、僕らの楽しさも全部お客様に伝わればいいなと思います。 残り42公演、頑張らせていただきます。 ぜひ映画館で『あんステ』の世界に触れてください。 をご覧ください。 K) 【脚本】赤澤ムック 【演出】宇治川まさなり 【音楽】Arte Refact/角谷和俊 【作詞】松井洋平 【キャスト】 朔間零役:小南光司、大神晃牙役:赤澤遼太郎、羽風薫役:奥谷知弘、乙狩アドニス役:瑛、守沢千秋役:佐伯亮、深海奏汰役:堀海登、南雲鉄虎役:小西成弥、高峯翠役:一ノ瀬竜、仙石忍役:深澤大河、蓮巳敬人役:宮澤佑、鬼龍紅郎役:武子直輝/神崎颯馬役:神永圭佑 【公演日程・劇場】 ・大阪(梅田芸術劇場メインホール):2019年8月22日(木)~8月23日(金) ・東京(品川プリンスホテル ステラボール):2019年8月30日(金)~9月10日(火) ・東京(天王洲 銀河劇場):2019年9月14日(土)~29日(日) 【主催】マーベラス/Happy Elements K.

次の

【レポート】『あんステ』DR「新しい風を吹き込んだ」最新作が上演中! 各々の道を歩んで奏でるアンサンブル【ビーズログ.com】

あん ステ dr

【二幕:海賊フェス】 ・一幕のクロスロードのイメージが「黒」だとすれば、二幕海賊フェスは「白」のイメージ。 海軍のイメージにひきずられている感はある。 海で、日差しが良くて、アイドルたちがきらきら輝いている……。 正直「なんでクロスロードと海賊フェスひとつのステでやるの!?」と思ってしまった部分はありました。 観てみたら海賊フェス最高だった本当にありがとうございます。 解放できていないストーリーたくさんあるからよくわからないけど、アンデのメンバーたちが少しずつ歩み寄り始めたという位置づけのイベントだったのでしょうか。 良き……。 ラストシーンの「一年前はこんな風になるなんて想像してもなかった」のくだりあたりはエモエモのエモですね。 最高でした。 ・二幕メロダ!!!! 最高じゃないですか~!!!! アンデ座長公演では絶対にメロダ聴きたかったのでとても嬉しい。 一幕ではまだUNDEADではなかったから、ここでようやく現在の時間軸に!っていう気持ちになって嬉しかったな。 というか改めて考えると一幕って歌唱シーン少ないね。 ラストのたたみかけくらいか。 ・そしてその次は……紅月の「薄紅色の約束」!!!!!! わーーーーーステでこれ聴けるなんて……!今回のDRは結構回数見たはずなのに、毎回メロダで沸きすぎて一度ペンラを消してしまい毎回わたわたしながらペンラつけてましたね。 なぜ二幕唯一の推しの歌唱シーンを毎回忘れてしまってたんだろう。 笑 薄紅色の約束、イントロ?というか、メイン入る前の短いサビみたいなところがすごい好きなんですよね……歌いだしの部分の、伴奏が薄いところの伴奏がすごい好きなんですよ。 これ伝わるのか?なんかちょっと懐メロっぽくもあるよね。 このシーンではつい颯馬ばっかり見てしまったな。 颯馬くんの声可愛い。 あとやっぱりユニット衣装から見えるにょきっとした白い腕がすごく綺麗。 DRの颯馬本当に好きだったな……。 なんでこんなに好きなのかは自分でもわからない。 スタステ1stの紅月のパート以上にステの颯馬は好きになっちゃったな。 それもそれでどうなの?この歌唱シーンはひらひらした布を使っていたのもとても素敵でしたね。 (ちょっとだけ神楽耶の華を思い出して泣いた) ・「その、……名前は?」紅郎くん真面目か? ・ついに来た流星隊の出番~!!!あいうえお作文可愛かったね。 薫くんが毎回「お」を考えてくれるのもかわいかった。 あれ?これアンデの曲の前だっけ?順番忘れてしまった。 一幕も晃牙くんのソロがあったね。 あれはライブハウスで奮闘してる晃牙くんのパートとしては良い入り方だったね。 奏汰くんも海の話だったからかな。 とても癒しでしたね……ステの照明、4人のダンス、そして何より奏汰くんの歌声。 いつもその二人ばっかり見ちゃう。 オリジナルの声もかなり癒し系だけど、ほりかいとくんの声もめっちゃヒーリング効果あるのでは……? ・その後零さんが見つかって、 ・ここでエコクイズだっけ?これよく毎回違うのできるよね~。 少なくとも自分で観た7回?は全部違ったような気がする!そして花道にいる時間が長い長い。 最前列の前の通路であれだけ長時間やってくれるの珍しくない……!?個人的には好きだけど、あれ1階席のほとんどの人から見づらくない?笑 そのぶん2階席3階席からはめちゃくちゃ見やすいけど。 くんがお客さんにクイズの回答聞いて、絶対違うのにお客さんのこと信じてそれにするのとかめちゃくちゃ可愛かったですね。 くん可愛い……。 でも肝心のクイズ全然覚えてないよ!笑 日によって、普通に豆知識系のものからありえないものまで幅広く取り扱っていた気がします。 回答がタピオカの日とかもあった。 (エコクイズ?) ・二人のわちゃわちゃが終わると、今度は薫くんが!ステラでは舞台横の下手側出入口から、銀劇では1階下手後方扉から来てました。 オーダーで2人指名してたから時間の問題?あと薫くんのロマンティックエコクイズはもはやエコでもなんでもないよね。 ・この後、ついに海軍衣装の流星隊!!!!!鉄虎と忍ちゃんかっわいいいいいい!!!!!!あとゆるきゃらでテンションあがる翠くんも可愛い!流星隊1年本当に可愛すぎる……!!! ・歌唱1曲目は「GROWING STARRY DAYS」。 この曲、流星隊には珍しくゆっくりとした曲調で好きだなって思ってたんですけどまさかステで聴けるとは!……今回の感想こればっかりだけど、なんとなく選曲が意外なものが多かった気がします。 この曲もサビの振りが可愛かった~~。 ステの流星隊って本当に流星隊だよね(?)。 あとすごい爽やかな曲調で……鉄虎くんのパートで歌声がすごい好きなパートがあったんだけど歌詞が思い出せない。。。 改めて思うんですけど、ステのオリジナル曲ってめちゃくちゃ夢ノ咲学院のアイドルって感じしない……?伝わるかなこれ。 Black-Ball roomも最高だしな。 カッコいいのにめちゃくちゃ閉塞感があって好き。 それでこの流星隊の曲。 白い海軍服と、太陽と海~みたいな感じが似合う大変爽やかな曲で……最高ですね!(サビが思い出せないのが悲しすぎるんだけど……サビ以外はだいぶ思い出してきたのにな はやく音源化してくれないかな)ステの曲、メロディもいいけどアレンジも歌詞もすごくよくて、作詞作曲とか見てみたらアプリ本編の楽曲作られてる方が多いんですよね。 シンギンの作詞は松井神だったりとか。 (余談ですが松井神は松ステの作詞とかもやってらっしゃるので本当にわたしの沼に関わりすぎていて本当に神。 紅郎くんのソロの作詞も松井神) ちょっと脱線しました。 ・それでその次が海賊フェス開幕、だったよね。 薫くんが一人でDistructionRoad。 檻に捕らえられてる二人が「そこは俺のパート……!」とか言うのが可愛い。 くんが檻を曲げて脱出するけど、1回だけ鉄の棒が抜けちゃったことがありましたね。 くん力持ちだから仕方ないね。 そして薫くんが一人でイキイキと踊ってるのもそれはそれで可愛いんだよなぁ~。 薫くんダンスうますぎでは。 今回のDRでは薫くんの魅力がめちゃくちゃ出ていたと思います。 記者会見かなにかで言っていたけど、薫くんはいままでで一番セリフが多かったと。 確かに一幕でも話を回す感じの立ち位置だったし、一幕と二幕のつながりも薫くんだったもんね。 アプリでも過去作でも薫くんはそこまで推しではなかったのですが、今回は良い役だな~と思ってみてました。 零様や晃牙くんがメインのように見えて目が行きがちだけど、薫くんにとってもとても意味のある公演だったのだと思います。 (誰目線?) ・朔間先輩が合流して4人での海賊フェス。 曲はDistructionRoad。 ここで公演名の曲が来るのエモいですね~~~。 さっき晃牙くんが「俺のパート……!」って言ってたところ、ちゃんと歌えてよかったね。 (カワイイ) ・UNDEADと流星隊の合同曲。 ステでこういうのあるんだ~~~!?と感動しました。 しかも割と対極のイメージの2ユニット。 2番の冒頭のところが特に好きですね。 アンデと流星隊で同じパートを1人ずつで歌ってるのも良い。 いやほんと…めちゃくちゃ良い曲……夢ノ咲学院のアイドルたちの陽のパワーが詰まっている感 ほんとに素晴らしい……一幕に比べてほぼずっとライブパートの二幕、そのトリとなるのがこの曲、っていうのがめちゃくちゃ良いですね。 これも音源化しないのかなぁ?MoMのオリジナル曲はどうなんでしたっけ。 ・颯馬がキャプテン喜怒哀楽だった旨のシーン。 キャプテン喜怒哀楽のポーズはだいたい歌舞伎の見栄みたいなポーズだったんだけど、一回だけ右手をピシっと上に挙げて直立、みたいなポーズの日があったんだよね。 あれはなんだったんだ?(この後のBBQのシーンでも、この日は翠くんちゃんと同じ直立ポーズやってた。 すごいな~) ・そしてラストの激エモ打ち上げBBQシーン。 もうこれ…何回見ても目が足りないっていうか……正直なところを言うと、鉄虎くん周りの流星隊1年しかほぼ見てなかった……(他に見どころ沢山あるんだろうなと思いつつ……)お肉とか野菜とか食べる鉄虎くんと忍ちゃんキャワイイ~~~。。。 !隊長がお肉持ってくると鉄虎も忍ちゃんも避けるんだよね。 なぜ!?忍ちゃんはお肉置かれたりしてたけど。 その後、くんがお肉の番してるところに鉄虎くんが「俺がやりますッス!」みたいな感じでトング受け取って裏返したりしてるんだけど、鉄虎くんにBBQの火の番とかさせて大丈夫か……?と毎回心配になってました。 少し後に千秋がきて、鉄虎くんからトング奪い取って、お前たちは座って食べてろ!みたいにしてあげるんですよね。 隊長~~……!!!このやりとりめっちゃ可愛すぎませんか。 シンギンの衣装がまさかの二幕の海賊衣装で新鮮だった! シーンを思い出しながらザーっと書いてしまいました。 公演期間思い出すな~! DR、チケット申し込みの段階では、正直推しメインの公演じゃないし1回でも観られればじゅうぶんかな……とか思っていたのですが、そう思っているときに限って先行で結構チケットおさえられるし、気が付いたらチケットめちゃめちゃ増やしていて、やりすぎたか?とか思っていたんだけど、蓋を開けてみれば何度見ても本当に楽しめる素晴らしい公演でした。 めちゃくちゃ楽しかったなぁ。 前にも書いたけど、一幕が芝居メイン、二幕がライブパートメインって言う構成もすごくよかったのかも。 公演前はクロスロードと海賊フェス一緒にやるのってどうなの?とか思ってたけど、結果的にこの構成がすごくよかった!本当に楽しい公演期間でした。 せっかくなのでチケット申し込み履歴も書き残しておきます。 もともと結構とれてたのになんで続々と増やしちゃったんだろう?笑 通うだけの価値のある公演でした。

次の

『あんステDR』クロスロード版キービジュアル公開

あん ステ dr

【二幕:海賊フェス】 ・一幕のクロスロードのイメージが「黒」だとすれば、二幕海賊フェスは「白」のイメージ。 海軍のイメージにひきずられている感はある。 海で、日差しが良くて、アイドルたちがきらきら輝いている……。 正直「なんでクロスロードと海賊フェスひとつのステでやるの!?」と思ってしまった部分はありました。 観てみたら海賊フェス最高だった本当にありがとうございます。 解放できていないストーリーたくさんあるからよくわからないけど、アンデのメンバーたちが少しずつ歩み寄り始めたという位置づけのイベントだったのでしょうか。 良き……。 ラストシーンの「一年前はこんな風になるなんて想像してもなかった」のくだりあたりはエモエモのエモですね。 最高でした。 ・二幕メロダ!!!! 最高じゃないですか~!!!! アンデ座長公演では絶対にメロダ聴きたかったのでとても嬉しい。 一幕ではまだUNDEADではなかったから、ここでようやく現在の時間軸に!っていう気持ちになって嬉しかったな。 というか改めて考えると一幕って歌唱シーン少ないね。 ラストのたたみかけくらいか。 ・そしてその次は……紅月の「薄紅色の約束」!!!!!! わーーーーーステでこれ聴けるなんて……!今回のDRは結構回数見たはずなのに、毎回メロダで沸きすぎて一度ペンラを消してしまい毎回わたわたしながらペンラつけてましたね。 なぜ二幕唯一の推しの歌唱シーンを毎回忘れてしまってたんだろう。 笑 薄紅色の約束、イントロ?というか、メイン入る前の短いサビみたいなところがすごい好きなんですよね……歌いだしの部分の、伴奏が薄いところの伴奏がすごい好きなんですよ。 これ伝わるのか?なんかちょっと懐メロっぽくもあるよね。 このシーンではつい颯馬ばっかり見てしまったな。 颯馬くんの声可愛い。 あとやっぱりユニット衣装から見えるにょきっとした白い腕がすごく綺麗。 DRの颯馬本当に好きだったな……。 なんでこんなに好きなのかは自分でもわからない。 スタステ1stの紅月のパート以上にステの颯馬は好きになっちゃったな。 それもそれでどうなの?この歌唱シーンはひらひらした布を使っていたのもとても素敵でしたね。 (ちょっとだけ神楽耶の華を思い出して泣いた) ・「その、……名前は?」紅郎くん真面目か? ・ついに来た流星隊の出番~!!!あいうえお作文可愛かったね。 薫くんが毎回「お」を考えてくれるのもかわいかった。 あれ?これアンデの曲の前だっけ?順番忘れてしまった。 一幕も晃牙くんのソロがあったね。 あれはライブハウスで奮闘してる晃牙くんのパートとしては良い入り方だったね。 奏汰くんも海の話だったからかな。 とても癒しでしたね……ステの照明、4人のダンス、そして何より奏汰くんの歌声。 いつもその二人ばっかり見ちゃう。 オリジナルの声もかなり癒し系だけど、ほりかいとくんの声もめっちゃヒーリング効果あるのでは……? ・その後零さんが見つかって、 ・ここでエコクイズだっけ?これよく毎回違うのできるよね~。 少なくとも自分で観た7回?は全部違ったような気がする!そして花道にいる時間が長い長い。 最前列の前の通路であれだけ長時間やってくれるの珍しくない……!?個人的には好きだけど、あれ1階席のほとんどの人から見づらくない?笑 そのぶん2階席3階席からはめちゃくちゃ見やすいけど。 くんがお客さんにクイズの回答聞いて、絶対違うのにお客さんのこと信じてそれにするのとかめちゃくちゃ可愛かったですね。 くん可愛い……。 でも肝心のクイズ全然覚えてないよ!笑 日によって、普通に豆知識系のものからありえないものまで幅広く取り扱っていた気がします。 回答がタピオカの日とかもあった。 (エコクイズ?) ・二人のわちゃわちゃが終わると、今度は薫くんが!ステラでは舞台横の下手側出入口から、銀劇では1階下手後方扉から来てました。 オーダーで2人指名してたから時間の問題?あと薫くんのロマンティックエコクイズはもはやエコでもなんでもないよね。 ・この後、ついに海軍衣装の流星隊!!!!!鉄虎と忍ちゃんかっわいいいいいい!!!!!!あとゆるきゃらでテンションあがる翠くんも可愛い!流星隊1年本当に可愛すぎる……!!! ・歌唱1曲目は「GROWING STARRY DAYS」。 この曲、流星隊には珍しくゆっくりとした曲調で好きだなって思ってたんですけどまさかステで聴けるとは!……今回の感想こればっかりだけど、なんとなく選曲が意外なものが多かった気がします。 この曲もサビの振りが可愛かった~~。 ステの流星隊って本当に流星隊だよね(?)。 あとすごい爽やかな曲調で……鉄虎くんのパートで歌声がすごい好きなパートがあったんだけど歌詞が思い出せない。。。 改めて思うんですけど、ステのオリジナル曲ってめちゃくちゃ夢ノ咲学院のアイドルって感じしない……?伝わるかなこれ。 Black-Ball roomも最高だしな。 カッコいいのにめちゃくちゃ閉塞感があって好き。 それでこの流星隊の曲。 白い海軍服と、太陽と海~みたいな感じが似合う大変爽やかな曲で……最高ですね!(サビが思い出せないのが悲しすぎるんだけど……サビ以外はだいぶ思い出してきたのにな はやく音源化してくれないかな)ステの曲、メロディもいいけどアレンジも歌詞もすごくよくて、作詞作曲とか見てみたらアプリ本編の楽曲作られてる方が多いんですよね。 シンギンの作詞は松井神だったりとか。 (余談ですが松井神は松ステの作詞とかもやってらっしゃるので本当にわたしの沼に関わりすぎていて本当に神。 紅郎くんのソロの作詞も松井神) ちょっと脱線しました。 ・それでその次が海賊フェス開幕、だったよね。 薫くんが一人でDistructionRoad。 檻に捕らえられてる二人が「そこは俺のパート……!」とか言うのが可愛い。 くんが檻を曲げて脱出するけど、1回だけ鉄の棒が抜けちゃったことがありましたね。 くん力持ちだから仕方ないね。 そして薫くんが一人でイキイキと踊ってるのもそれはそれで可愛いんだよなぁ~。 薫くんダンスうますぎでは。 今回のDRでは薫くんの魅力がめちゃくちゃ出ていたと思います。 記者会見かなにかで言っていたけど、薫くんはいままでで一番セリフが多かったと。 確かに一幕でも話を回す感じの立ち位置だったし、一幕と二幕のつながりも薫くんだったもんね。 アプリでも過去作でも薫くんはそこまで推しではなかったのですが、今回は良い役だな~と思ってみてました。 零様や晃牙くんがメインのように見えて目が行きがちだけど、薫くんにとってもとても意味のある公演だったのだと思います。 (誰目線?) ・朔間先輩が合流して4人での海賊フェス。 曲はDistructionRoad。 ここで公演名の曲が来るのエモいですね~~~。 さっき晃牙くんが「俺のパート……!」って言ってたところ、ちゃんと歌えてよかったね。 (カワイイ) ・UNDEADと流星隊の合同曲。 ステでこういうのあるんだ~~~!?と感動しました。 しかも割と対極のイメージの2ユニット。 2番の冒頭のところが特に好きですね。 アンデと流星隊で同じパートを1人ずつで歌ってるのも良い。 いやほんと…めちゃくちゃ良い曲……夢ノ咲学院のアイドルたちの陽のパワーが詰まっている感 ほんとに素晴らしい……一幕に比べてほぼずっとライブパートの二幕、そのトリとなるのがこの曲、っていうのがめちゃくちゃ良いですね。 これも音源化しないのかなぁ?MoMのオリジナル曲はどうなんでしたっけ。 ・颯馬がキャプテン喜怒哀楽だった旨のシーン。 キャプテン喜怒哀楽のポーズはだいたい歌舞伎の見栄みたいなポーズだったんだけど、一回だけ右手をピシっと上に挙げて直立、みたいなポーズの日があったんだよね。 あれはなんだったんだ?(この後のBBQのシーンでも、この日は翠くんちゃんと同じ直立ポーズやってた。 すごいな~) ・そしてラストの激エモ打ち上げBBQシーン。 もうこれ…何回見ても目が足りないっていうか……正直なところを言うと、鉄虎くん周りの流星隊1年しかほぼ見てなかった……(他に見どころ沢山あるんだろうなと思いつつ……)お肉とか野菜とか食べる鉄虎くんと忍ちゃんキャワイイ~~~。。。 !隊長がお肉持ってくると鉄虎も忍ちゃんも避けるんだよね。 なぜ!?忍ちゃんはお肉置かれたりしてたけど。 その後、くんがお肉の番してるところに鉄虎くんが「俺がやりますッス!」みたいな感じでトング受け取って裏返したりしてるんだけど、鉄虎くんにBBQの火の番とかさせて大丈夫か……?と毎回心配になってました。 少し後に千秋がきて、鉄虎くんからトング奪い取って、お前たちは座って食べてろ!みたいにしてあげるんですよね。 隊長~~……!!!このやりとりめっちゃ可愛すぎませんか。 シンギンの衣装がまさかの二幕の海賊衣装で新鮮だった! シーンを思い出しながらザーっと書いてしまいました。 公演期間思い出すな~! DR、チケット申し込みの段階では、正直推しメインの公演じゃないし1回でも観られればじゅうぶんかな……とか思っていたのですが、そう思っているときに限って先行で結構チケットおさえられるし、気が付いたらチケットめちゃめちゃ増やしていて、やりすぎたか?とか思っていたんだけど、蓋を開けてみれば何度見ても本当に楽しめる素晴らしい公演でした。 めちゃくちゃ楽しかったなぁ。 前にも書いたけど、一幕が芝居メイン、二幕がライブパートメインって言う構成もすごくよかったのかも。 公演前はクロスロードと海賊フェス一緒にやるのってどうなの?とか思ってたけど、結果的にこの構成がすごくよかった!本当に楽しい公演期間でした。 せっかくなのでチケット申し込み履歴も書き残しておきます。 もともと結構とれてたのになんで続々と増やしちゃったんだろう?笑 通うだけの価値のある公演でした。

次の