三井住友カード ダブル。 いつの間にか三井住友カードでリアルタイムの利用通知サービスが始まっていた!クレジットカードは不正利用が怖くて…という方に。

三井住友カード「番号を裏面に」の衝撃 「エンボスなし」は業界標準になるか: J

三井住友カード ダブル

国内大手の三井住友カード• 安心・信頼して使える• 最短翌営業日でカード発行• 1,000円利用につき1ポイント貯まる(1P=5円分相当)• ポイントUPモールの利用で最大20倍貯まる 三井住友カードはインターネットから申し込みすると、初年度の年会費が無料になる特典があります。 後ほど詳しく説明させて頂きますが、翌年度以降も年会費が無料または割引になる特典もあります。 三井住友カードはVポイントというポイントプログラムがあり、200円につき1ポイント貯まり、1ポイントは5円分相当として使えるようになっています。 ネットショッピングは三井住友カードのポイントUPモールを経由して買い物すると、最大20倍ものポイントがもらえてお得です。 三井住友カードでは、色々な種類のクレジットカードを発行しています。 三井住友カードの種類 年会費 特徴 1,375円 18~25歳専用、年1回以上の利用で翌年度年会費無料 1,375円 一般カード、海外旅行傷害保険最高2,000万円 1,650円 一般カード、海外・国内旅行傷害保険最高2,500万円 1,375円 女性向け、携帯利用料支払いポイント2倍 RevoStyle(リボスタイル) 永年無料 リボ払い専用、ポイント2倍 エグゼクティブ 3,300円 海外・国内旅行傷害保険最高4,000万円 5,500円 20代専用、国内空港ラウンジ利用、旅行傷害保険最高5,000万円 11,000円 国内空港ラウンジ利用、旅行傷害保険最高5,000万円 プラチナ 55,000円 空港ラウンジ利用、プライオリティパス、コンシェルジュサービス この他にも中国への旅行や出張で使いやすい三井住友銀聯カードや、提携カードとしてANAカード、Peach Card、Amazon MasterCard、京王パスポートVISAカード等など、豊富なラインナップになっています。 様々な企業と提携して発行している提携カードもいいですが、 一番のおすすめはカード名に「三井住友カード」と入る三井住友カードのプロパーカードです。 三井住友カードの特徴• 18歳から25歳専用のクレジットカード• いつでもポイント2倍、入会後3か月間は5倍• WEB申込で初年度年会費無料• 前年1回以上の利用で翌年度も年会費無料• ショッピング補償(最高100万円)• 満26歳以降の更新時にプライムゴールドへ 社会人になったことを機にクレジットカードを持ちたいと思った方に人気があるのは、三井住友カードデビュープラスです。 デビュープラスは18歳から25歳までの方専用のクレジットカードですが、満26歳以降のカード更新時には、三井住友カードプライムゴールドにランクアップして自動的に切り替わります。 プライムゴールドは20代専用のゴールドカードですので、満30歳以降の更新時には三井住友カードゴールドへと切り替わります。 三井住友カードアミティエの特徴• 世界で使えるVISAカード• セキュリティ対策が万全• 一般カードでもステータス性がある• WEB入会で初年度年会費無料• マイペイすリボ登録と年1回の利用で翌年度年会費無料または割引 世界で使えるVISAカード 三井住友カードは国際ブランドがVISAとMasterCardのどちらかを選べます。 世界的に有名なカード及びモバイル決済業界の専門誌であるザ・ニルソン・レポートによると、2015年の世界総取引件数はVISAが55,52%で、全国際ブランドの中で最も使われているとの調査結果が出ています。 VISAは世界中に加盟店があるので、海外旅行にはVISAカードを持って行くと安心です。 国内でもカード払いができるお店でVISAを見かけないことはありません。 クレジットカードを1枚だけ持つなら国際ブランドはVISAが1番おすすめです。 2枚持つ予定なら、1枚はVISAにするといいでしょう。 何にしても、1枚は必ず持っておきたいVISAカードです。 業界最高水準カード不正使用探知システム• 顔写真付きカードも選べる• ネットショッピング認証サービス• ワンタイムパスワード機能 クレジットカードを使う上で、心配なのがセキュリティ面や不正使用という方も多いと思います。 一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、平成29年のクレジットカード不正使用被害額は236. 4億円なんだそうです。 三井住友カードは業界最高水準の不正使用探知システムで、24時間365日、カードの不正使用をモニタリングしてくれています。 万が一、不審な取り引きが疑われるようなことが起きた場合には、その取り引きをストップしたり、会員に直接電話やメールで連絡が取れるまで取り引きを保留してくれます。 これはとても安心ですね。 また、不正使用されてしまった場合でも、会員保障制度によって、60日前から損害を補償してくれるサービスあるので安心です。 一般カードでもステータス性がある 三井住友カードは、スタンダードな一般カードでもステータス性があります。 クレジットカードの種類には、銀行系、信販系、流通系などがありますが、中でも銀行系のクレジットカードは発行元が銀行なだけに、しっかりしているカードブランドという印象がありますね。 信販系や流通系のクレジットカードよりも、銀行系のカードのほうが審査が厳しめとも言われています。 銀行系クレジットカードを持っている方は、その厳しい審査にも通るほどの信用があるということです。 三井住友カードは2017年に創業50周年を迎えた老舗のカード会社です。 知名度や信頼においては、誰もが認めるステータス性を感じますし、カード会員へのサービスも一流です。 WEB申込• 郵送申込 申込方法はWEB申込と郵送申込の2通りありますが、郵送申込では初年度年会費無料の特典が付きません。 入会申込書ご請求によるお申し込みの場合、初年度年会費無料となりません。 入会申込書に記載の年会費となります。 ネットで資料請求できる環境があるなら、そのままWEB申込することをおすすめします。 WEB申込にかかる時間は10分程度です。 審査に通れば1週間ほどでカードが送られてきます。 () マイペイすリボ登録と年1回の利用で翌年度年会費優遇 三井住友カードはWEB申込で初年度年会費無料になりますが、条件を満たせば翌年度以降も無料で使い続けることができます。 三井住友カードのマイ・ペイすリボは、通常のリボ払いとは少し違って、リボ登録しても毎回1回払いにすることができるね。 しかも、年会費無料の条件にはリボ払いを使わないといけないことにはなっていないから、上手に利用すると年会費を無料にできるよ。 三井住友カードのマイ・ペイすリボ払いとは? マイ・ペイすリボはあらかじめ支払う金額を設定して、超えた部分だけリボ払いになる支払方法です。 例えば、毎月の支払金額の設定を1万円にしたとします。 9,000円の買い物では通常通り9,000円の支払いになりますが、10万円の買い物をした場合には、設定金額1万円を超えた9万円分は、翌月に繰り越しとなってリボ払いになります。 設定金額は自分で増やしたり減らすこともできます。 マイ・ペイすリボは、自分のペースに合わせて支払金額を変更できるサービスです。 その設定金額を高めに設定して毎回一括払いで支払うようにしておけば、マイ・ペイすリボの登録をしておきながらリボ払いを全く使わないということができます。 私の利用限度額で説明すると総利用枠は50万円ですが、リボ払い利用枠は30万円になっています。 マイ・ペイすリボの設定金額はリボ払い利用枠上限の30万円にしておいても、30万円使わなければ毎回一括払いになります。 マイ・ペイすリボの登録をして設定金額を高くしておけば、リボ払い登録をしながらリボ払いは利用しないで通常通りカードが使えます。 このお得な方法を使えば、ずっと年会費無料で使い続けることができます。 1,000円につき1ポイント貯まる• 1ポイント=5円分相当• ポイント還元率0. 454~1. 0% 貯まったポイントを全国50万店以上で使えるVJAギフトカードに交換すると考えると、5,000円分の商品券の交換には1,100ポイント必要です。 454%ですので、 クレジットカードの還元率としては普通よりも低いです。 ポイント還元率目的のクレジットカードをお探しの方にはおすすめできません。 三井住友カードのワールドポイントは、交換レートが下がらずに1P=5円分相当として交換できる楽天スーパーポイントやdポイントへの交換がおすすめです。 それでも還元率は0. 5%ですので、やはり還元率は低いです…。 より多くのポイントを貯めるためには、ポイント最大20倍のポイントUPモールを使うことが鉄則だね。 () 勧誘の電話やDMが来る これは敢えて挙げるならのデメリットになりますが、 三井住友カードの会員になると、勧誘の電話やダイレクトメールが来ることがあります。 つい先日も「キャッシング枠を増枠しませんか?」と電話がありました。 その他にも、マイ・ペイすリボの登録の誘いや保険の勧誘のDMが来ました。 勧誘されても必要ない場合には断ればいいだけのことですが、なかなか断れない性格の方にとっては困ったデメリットです。 勧誘がわずらわしいと感じる場合には、WEB会員サービスや自動音声応答サービスからダイレクトメールやセールス電話を止めることができます。 WEB申込はカードの発行が早いだけではありません。 インターネットからの入会は、初年度の年会費が無料になる特典が付いてきます。 郵送申込は書類のやり取りに時間がかかるので、カードが手元に届くのは書類を返送してからさらに2~3週間経ってからのことです。 カードを手にするまでに、約1か月みておく必要がありますね。 ちなみに、WEB入会で初年度年会費が無料になるのは、デビュープラス、三井住友カード、三井住友カードA、アミティエ、プライムゴールド、ゴールドです。 三井住友カードは初めての1枚をお探しの方や、ある程度のステータスを求めている方にとってもおすすめの1枚です。

次の

インビテーションなしで持てる?三井住友ビジネスカードfor Owners(プラチナ)を解説

三井住友カード ダブル

これ、クレジットカードは不正利用が怖くて…という方にとって非常に有り難いサービスなんですが、楽天カードをはじめ、多くのクレジットカードでは利用から1~2日経過後にメールが届くほうが普通なんですよね。 利用通知が届くのは一般的に1~2日後 カード利用内容を詳しく確認できる「カード利用お知らせメール」は、ご利用店舗からお客様のご利用情報が弊社へ到着した最短2日後にメールにてご指定のメールアドレスへお届けします。 それゆえ、不正利用に気付いたときにはすでに48時間以上が経過し、その間に10万、20万といった大金を使われてしまう可能性だって充分にありえる話。 それじゃちょっと不安、そう思う方も多いのではないでしょうか?• 三井住友カードの利用通知サービスについて: リアルタイム通知がいつの間にか開始: では、リアルタイムで利用通知が届くサービスは存在しないのか…というと、丸井系のクレジットカードであるエポスカードではすでに実装済み。 しかし、それ以外のクレジットカード会社では楽天カード同様に1~2日遅れでメールが届くことが普通だったんですが、そんな中、大手カード会社のひとつである三井住友カードがいつの間にかリアルタイム通知に対応したようなんです。 ご利用通知サービス カードをご利用いただいた際に、ご利用内容をメールおよびアプリでのプッシュ通知でリアルタイムにお知らせするサービスです。 早速、どのくらい早く利用通知が届くのか、試しに使ってみました。 利用通知メールが届く速度について: 気になる結論は…というと、なんと利用から1分で利用通知メールを受信。 疑い深い方のためにその証拠を画像で貼り付けておきます。 まずは利用日時の証拠画像です。 Yahoo! totoで300円分のくじを購入した時間 続いて三井住友カード側から届いた利用通知メールの時間を添付。 三井住友カードから利用通知が届いた時間 ご覧のように三井住友カードを利用した時間がきちんと刻印されているだけでなく、利用時間からわずか1分後にメールを受信していることがわかります。 うーん、これはリアルタイム受信と考えてもまったく問題ない時差。 従来、1~2日かかっていたことを考えると大幅な改善といえることでしょう。 自分が使ってない通知が届いたら即通報可能: 念のため、リアルタイムで利用通知が届くメリットをまとめるとこんな感じ。 不正利用に気付きやすい(1~2日前だと利用したかどうかの記憶が曖昧になりがちだが、リアルタイムなら使っていないことが即座にわかる)• 不正利用されたとわかったらすぐにカード会社に通報できる(カードを利用停止するなどすればそれ以降の不正利用を防げる)• 補償を受けやすい(不正利用されたときにどこに居たのかを伝えやすくなるため、自分が使っていないことを証明しやすい) このようにリアルタイムで不正利用に対応できるメリットは計り知れないので、『クレジットカードは不正利用が怖くて…』と思っている方こそ、三井住友カードを作るのがおすすめと言えますね。 以上、いつの間にか三井住友カードでリアルタイム通知サービスが始まっていた!クレジットカードは不正利用が怖い方に…という話題でした。 すでに保有中の方はVpassからサービス開始をどうぞ。 参考リンク: この他にも三井住友カードには様々な不正利用対策が完備。 最近だと人工知能(AI)を利用した不正利用検知にも取り組んでいるようなので、クレジットカードに怖さを感じている方は三井住友カードがおすすめですよ(詳細については下記記事を参照)。 cardmics.

次の

三井住友VISAカードで最大20%還元キャンペーン中ですよ

三井住友カード ダブル

三井住友カードは、キャッシュレス決済のリーディングカンパニーとして、お客さまの安心・安全を第一に考え、業界最高水準の不正検知システムを用いて24時間365日体制でカード取引のモニタリングを実施しております。 昨今、キャッシュレス決済には高度なセキュリティ管理が求められており、従来のモニタリングに加えて、VisaNet通過時にVisaの不正検知システムであるVRMを導入することで、お客さまのより安心・安全で快適なキャッシュレスライフの実現を目指してまいります。 カードを使うたびに通知が届く安心・安全のご利用通知サービス、「海外」・「インターネットショッピング」・「すべてのカード利用」の区分で利用停止のオンオフ設定が可能な安心のセルフコントロール機能、スムーズ&セキュリティ面も安心なオートログイン機能等があります。 また、Visaは、決済エコシステムを保護するため、日々セキュリティの確保に努めており、リスク関連の製品・サービスを提供することで、カード会員・加盟店・金融機関等が不正を未然に防ぐことができるよう支援しています。 VAAやVRM以外にも、Visaのタッチ決済、Visa Secure、Visaトークンサービス(VTS)、CyberSource社の Decision Manager(DM)等の様々なソリューション等を通し、決済シーンにおける利便性の向上と不正取引の排除のための取り組みを継続して実施してまいります。 三井住友カードについて 三井住友カードは、日本におけるVisaのパイオニアとして、またキャッシュレスのリーディングカンパニーとして、事業者・利用者双方の「お客さま起点」でキャッシュレスへの課題解決を目指しています。 事業者向けには、2019年10月に事業者が抱えるキャッシュレス決済の不自由さの解決として、次世代決済プラットフォーム「stera」を発表するとともに、事業者が抱えるデータ活用やマーケティングの課題の解決として、保有する膨大なキャッシュレスデータを統計化し、取引先さま等に対するデータ分析支援サービス「Custella」を同年10月より提供開始しております。 また利用者起点に関しましても、キャッシュレスの急速な普及に伴い様々な決済手段が乱立するなか、実際にキャッシュレスをご利用されるお客さまが「安心・安全」・「便利」・「お得」を実感できるキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供しております。 詳しくは、をご覧ください。 Visaについて Visaは、電子決済の世界的リーダーです。 Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。 Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。 Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。 世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。 詳しくは、(英語サイト)またはwww. visa. jp(日本語サイト)をご覧ください。

次の