トイレ タンク 洗剤。 トイレ掃除の基本 ― 場所別の掃除方法と洗剤の使い分けのポイント

【2019年最新版】トイレ用洗剤のおすすめ人気ランキング7選

トイレ タンク 洗剤

トイレタンクの黒ずみ掃除はどうやるの? トイレタンクの黒ずみは、空気中のカビが繁殖したものです。 カビは普段目に見えないのですが、空気中に存在しており、トイレタンクのような普段から水が溜まっていて湿気の多いトイレタンクは恰好の繁殖場所となってしまうのです。 特に、手洗い器のついたトイレタンクだと、手洗い時には手の汚れを流すのですから、水垢や埃以外にも尿汚れもカビにとっては栄養であり、繁殖を助ける要因になってしまうのです。 ですから、トイレタンクを半年くらい放置するだけで中が真っ黒になるのです。 普段からマメな手入れをすれば良いのですが、それをしなかった場合でタンクを初めて掃除しようとするなら大掛かりな掃除を覚悟した方が良いでしょう。 とはいえ、トイレ掃除が好きな人は少ないでしょうし、なるべく簡単に済ませたいものですよね。 そこで、簡単に済ませる掃除アイテムを最初にご紹介します。 トイレタンクの掃除で簡単な方法を試してみました 我が家のトイレの蓋を取ってみると、こんな感じでした。 タンクの中も酷いのですが、蓋の裏側も物凄く汚れがこびりついています。 とりあえず、今回は手元にあった酸素系漂白剤を使うことにしました。 酸素系漂白剤2分の1カップを入れて、 ペットボトル500ml容器に水を入れたものを タンクに沈めて水位を上げて、1時間放置。 ただ、タンク内だけでなく、上の部分や縁の真っ黒も気になったので、タンク内の漂白剤液を歯ブラシにちょっとつけてゴシゴシ擦りました。 歯ブラシだけではきれいに落ちなかったので、メラミンスポンジの激落ち君を使って落としました。 下の写真は1時間後の様子です。 完璧を求めるなら、耐水サンドペーパーの1000~1500番(数字が大きい方が傷がつきにくいです)を使って落とすのが良いのですが、陶器と言えどもコーティングに傷がつくのが心配なので、メラミンスポンジで出来る範囲の汚れだけ落としました。 完璧ではないけど、最初に比べると雲泥の差です。 そして、トイレの蓋の裏側ですが、最初はトイレの床に新聞紙を敷いて、その上に蓋を逆さにして載せて裏側にタンクと同じ酸素系漂白剤液をつけて洗おうとしたのですが、少し漂白剤を振りかけて水を足したところ物凄い汚れが浮いてきて、しかもアンモニア臭が強く発生して、あまりにも酷い状態になったため、急きょお風呂場へ持っていき、一旦洗い流して中性洗剤(バスマジックリン)で再度掃除し直すことにしました。 そして、汚れと格闘した結果、 こんなにきれいになりました。 こちらも完璧ではないけど、水で何度も洗い流したところ、嫌な臭いが完全に無くなりスッキリしました。 【トイレタンク】 縁の汚れはかなり落ちています。 底については写真では分かりにくいのですが、かなりきれいになっています。 【蓋の裏側】 黒カビはもちろんキレイに落ちていますが、全体的に黄ばんでいたのが、びっくりするくらい白くなりました。 タンクを掃除する前は、通常のトイレ掃除で床や便器をきれいにしても、何故かトイレらしい臭いが取れずに気分が晴れなかったのですが、タンク掃除の後は、トイレの独特の臭いが殆どしていません。 子供も気持ちよくトイレに入ることが出来ておりホッとしています。 スポンサーリンク トイレタンクの掃除にカビキラーは使えるの? トイレタンク掃除にはカビキラーやハイター等の塩素系漂白剤を使ってはいけない、とされています。 使ってはいけない、という理由は、塩素系漂白剤が金属やゴムを傷める性質があるからです。 確かに黒カビには効果的ではあるのですが、強い成分であり、長時間浸けると確実に金属やゴムを傷めるため、長期的な視点で考えると塩素系漂白剤は使わない方が良いのです。 (トイレの製造メーカーでも塩素系漂白剤は使用しないようにという見解です。 ) でも、実際には黒カビだからカビキラーやハイターが確実でしょ?と使っている人もいるのですよね。 実際に使っている人に聞いたところ、「使って数分から30分程度であれば大丈夫だから短時間で掃除する」という話でした。 また、塩素系漂白剤をつけたところはキレイに水で流すか、何度も水拭きして完全に落とすことも大切です。 当然自己責任ですし、心配だなあと思う場合は使わない方が良いでしょう。 ですから、トイレ掃除の場合は酸素系漂白剤を使うことになっているのですが、酸素系漂白剤も長時間浸けておくと、やはり金属やゴムを傷める可能性はあるので、浸け置き時間は1時間程度にして、きれいに洗浄することが大切です。 「それでも不満。 もっときれいにしたい!」と考える場合は、中性洗剤による洗浄がおすすめです。 ちょっと手間はかかりますが、中性洗剤なら金属やゴムを傷める心配はないので安心して作業できるし丁寧な掃除なので確実にきれいになります。 この方法は、 1 トイレタンクの止水栓を閉める 2 水を流してタンク内の水を全て出す 3 トイレタンクの蓋を開ける(この時点でビニール手袋を着用すること) 4 スポンジに中性洗剤をつけてタンクの底や壁、フロート等の金具まで丁寧に擦って汚れを落とす 5 止水栓を開けて、水を流してきれいにする という手順で行います。 ただ、トイレの種類によってはタンクと蓋がゴムホースでついていたり、中の金具が複雑な構造になっているので元に戻せるよう注意しながら作業してください。 この方法は、「トイレの構造が複雑で元に戻すのが出来そうにない」と感じた場合にはやらない方が良いでしょう。 (トイレは構造が単純なものから複雑なものまで様々あるのです。 ) さいごに.

次の

【2019年最新版】トイレ用洗剤のおすすめ人気ランキング7選

トイレ タンク 洗剤

水垢には「酸性」の洗剤が効果的ですが、使用には注意が必要 水垢はアルカリ性の性質を持っているので、酸性の洗剤を使用すると汚れを落としやすいです。 酸性の洗剤は水垢以外にも「尿石」や「サビ」を落とす時に使用します。 汚れの落とし方は主に3つあり、「溶かす」「削る」「溶かしながら削る」です。 こちらの記事では2番目の「削る」という方法で掃除をしました。 サンポールの使用はNG。 トイレタンク内に酸性洗剤が入ると傷んでしまうことも 酸性の洗剤といえば、サンポールが有名です。 サンポールはトイレ掃除用洗剤として長年使用されており、手頃な価格で購入することができます。 便器の掃除で活躍する洗剤ですが、トイレタンク上の手洗い場掃除には不向きです。 サンポールで手洗い場を掃除すると洗剤がトイレタンク内部に流れていき、中のプラスチックや金属の部品を傷める可能性があります。 水垢掃除に有効な洗剤ですが、手洗い場掃除では使用しないようにしています。 02:レック おまかせください(洗面台用) 2つ目はレックが販売している「陶器製洗面台用スポンジ」です。 商品パッケージには「洗面台とタンクの水アカ・輪ジミに!」と書かれていました。 洗剤を使用せず、水に濡らしてこするだけで水垢掃除ができます。 「ラベンダーの香り付き」と書かれていますが、香りはあまりしませんでした。 商品パッケージの裏面には特徴や使用方法、使用上の注意点が掲載されています。 「キズを極力おさえる研磨剤(軽石)を使用した、使い捨てタイプの商品です」と書かれていました。 左は研磨面を上にしており、触ってみるとザラっとしていました。 レックの商品も1セットに2枚のスポンジが入っています。 価格はアズマよりもこちらのレックの方が安いです。 トイレタンク蓋・手洗い部分をスポンジ(研磨パッド)で掃除します まずは先にご紹介した「アズマ 研磨パッド」を使って、手洗い場を掃除します。 トイレタンク上の手洗い場を水でしっかりと濡らし、研磨パッド自体も水で濡らしました。 水掃除は手が荒れやすいので、100円ショップで購入したポリエチレン手袋を着用しました。 研磨面を下にして、水垢汚れをこすっていきます。 ポツポツと出ているグレーの汚れは薄っすらと溜まっていた埃です。 薄く小さいサイズの研磨パッドなので、細かい部分も掃除がしやすいです。 トイレタンクの手洗い場の左半分のみを掃除しました。 右半分は遠目から見ても、薄っすらと水垢が付いているのがわかります。 掃除した左半分は指で触ってみると、ツルツルとした状態に。 研磨パッドと水だけで、長年こびり付いていた水垢を落とすことができました。 掃除時間は5分ほどです。 次はレックの冬季用スポンジを使用し、手洗い場の右半分を掃除します。 こちらも掃除前に水で濡らしました。 アズマの研磨パッドよりも厚みがありますが、サイズが小さいので持ちやすいです。 研磨面を下にして、水垢汚れを擦っていきます。 細かい部分も問題なく掃除することができました。 手洗い場の右部分の掃除が完了しました。 レックの陶器製スポンジでもキレイに水垢を削り落とすことができました。 掃除した後、手洗い場に残っている水を拭き取りました。 ザラザラとしていた手洗い場が、ツルツルの状態に。 中性洗剤ではなかなか落ちなかった汚れを簡単に落とすことができました。 【掃除完了】陶器用スポンジで、手洗い場の水垢がキレイに落ちました 写真では少しわかりづらいですが、上が掃除前、下が掃除後です。 掃除前は薄っすらと輪ジミができており、水垢がこびり付いているのが分かります。 掃除後は手洗い場全体の水垢が落ちたことで、明るい印象に。 手洗い場は目に留まりやすい場所なので、キレイになると嬉しい気持ちになります。 掃除自体も簡単で、15分以内で終わりました。 陶器用スポンジは使い捨て商品です。 まだまだ使えそうな状態で少し勿体なく感じます。 1セットに2個入っているので、次回の掃除の時は残っているスポンジを使用できます。 どちらのスポンジも使いやすく、水垢をキレイに掃除することができました。 Amazonで価格とレビューをチェックする• 自宅では年に1回ほどプロのお掃除業者さんにトイレ掃除をお願いしています。 地元の掃除業者さんを探す時は口コミが確認できる「 」を利用しました。 4回ほど利用しましたが、口コミ投稿が不正できない仕組みになっており、業者さん選びの参考になりました。 トイレは便器掃除だけでなく、ウォシュレット分解掃除や天井、壁面、タンクまわりも対象でした。 くらしのマーケットの「トイレクリーニング」に掲載されている共通の作業内容は、「便器・便座・天井・壁面・照明・床・タンクまわり・扉・窓・換気扇(簡易清掃)・ウォシュレット分解掃除・作業場所の簡易清掃」です。 (2019年9月時点).

次の

トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器・床・見落としやすい場所のお掃除方法

トイレ タンク 洗剤

2020年6月3日 更新• もしかすると、その原因はトイレタンクの汚れかもしれません。 トイレタンクをはじめて掃除する人や、手間をかけずにきれいにしたい人には、トイレタンク用洗浄剤がおすすめです。 タンクの洗浄剤は、小林製薬などのメーカーからさまざまな種類が販売されていて、ドラッグストアや通販でも購入できます。 しかし、どれが自宅のトイレに適しているかわからないという人もいるでしょう。 そこで今回は、タンク用洗浄剤が使えるトイレの見分け方や洗浄剤の種類、簡単で手間いらずなのに効果が高いと人気のおすすめのトイレ洗浄剤を紹介します。 出典: 常に水が溜まった状態のトイレタンク内は、カビや雑菌の温床となりやすい場所。 カビが混ざり込んだタンクの水を流すと、便器の黒ずみの原因になってしまいます。 便器を掃除しても黒ずみやすい、タンクから嫌な臭いがする場合は、原因の元となるタンクの掃除が必要不可欠です。 しかし、トイレタンク内は複雑な構造のため、目に見える部分はキレイにできても、中蓋やケースの裏側までは行き届かないことがあります。 また、使用する洗剤の種類や方法によっては、細かい部品を傷つけてしまう可能性も。 その点、トイレタンク用の専用洗剤ならば、設置もしくは投入するだけで洗浄成分が汚れを剥がしてくれ、汚れの防止にもなります。 タンク用のトイレ洗浄剤は常時設置しておくタイプと、掃除のタイミングで投入するタイプの2つが主流。 効果や家庭の掃除の方法などで選びましょう。 出典: 「ブルーレットおくだけ」のようなトイレタンクの手洗い管に設置するものや、タンクの中に吊り下げておくものがこれに当たります。 水を流すタイミングで自動的に薬剤がタンクに流れるので、手間を省けるのが魅力。 専用ケースに入っているものが一般的ですが、ケースなしの固形の薬剤を投入すると10日から2週間かけてゆっくり溶け出し、効果を発揮するものもあります。 汚れの程度に応じて頻度を上げたり、量を調節できるものも便利。 固形状のものや顆粒をタンクに入れて数時間放置するつけ置きタイプや、投入すると泡が出て汚れや菌を分解するものもあります。 トイレ掃除のタイミングで投入を習慣化すれば、きれいなトイレをキープできます。 出典: ここで注意しておきたいのは、市販のトイレの洗浄剤を使えないトイレタンクがあるということ。 温水洗浄便座は、水の接続方式によって2種類に分かれます。 1つ目は、止水栓からタンク用水と洗浄水を分岐させている水道直圧式と呼ばれるタイプで、こちらは洗浄剤を使用することができます。 もう1つはポンプ給水式と呼ばれ、専用のポンプつき給水ホースをタンクに入れ、タンクから温水洗浄便座に給水するタイプです。 ポンプ給水式の場合は、タンクの水がおしりの洗浄水にも使われるため、洗浄剤は使えません。 洗浄剤はタンクの種類と使用方法をよく確認してから購入しましょう。 出典: 専用洗剤を使わずに掃除する場合、または常時設置するタイプの専用洗剤を使う場合には、使用前にタンク掃除をするのがおすすめです。 その場合の基本的な掃除法方法を紹介します。 トイレの止水栓を止める• タンクの蓋を外す• 中蓋を外す• タンク内の汚れに洗剤をかけ、歯ブラシなどで汚れをこすって落とす トイレ用中性洗剤がおすすめ• タンクの蓋と中蓋を洗う 大きい中蓋は、お風呂場で洗剤とブラシを使って擦り洗いし、シャワーでよくすすぐ• 蓋はカビ防止のためよく乾燥させてから設置 出典: タンク内の黒カビ落としには、「カビキラー」や「トイレハイター」などが良いのではと思いがちですが、これらの塩素系漂白剤は、タンク内の掃除の使用にはおすすめできません。 塩素系の洗剤、または「サンポール」などの強い酸性洗剤の使用は、タンク内の樹脂やゴムでできた部品を加水分解によって劣化させることがあります。 1回の使用ですぐに劣化するというわけではありませんが、細かい部品の消耗を早め、結果的に破損や交換の必要になることも。 中蓋などの黒カビがひどく、部分的にでも塩素系を使いたい場合は、洗剤を直接吹きかけるのではなく、つけ置きにし30分以内に引き上げてよくすすいでください。 タンク用のトイレ洗浄剤選びの注意点と使用方法を踏まえ、ここからはさまざまなトイレのタイプに適したおすすめの洗浄剤7選を紹介します。 出典: トイレ洗浄剤といえばこれ、と思い浮かべる人も多い「小林製薬 ブルーレット」シリーズの、「おくだけ除菌 EX」。 タンクの手洗い部に置くだけの簡単設置が便利です。 黒ずみの原因となるタンク内の菌の発生を抑え、使うほどに掃除が楽に。 また、洗浄・防汚成分が泡立ちながら汚れを洗い流し、表面をコートしてくれるので、便器に汚れがつきにくくなります。 タイミング 常時設置• 効能期間 1ヶ月 出典: 「小林製薬 ブルーレット」から、タンク内に投入するタイプの定番「ドボン」。 「カビによる黒ずみが消え、トイレ掃除の回数が減る」などと、口コミでも洗浄力の高さが評判で、リピーターも多数。 流れる水の色は無色なので、尿や便の状態もよくわかり安心です。 投入の際には、薬剤が排水口をふさがないように、給水口とは反対側の隅の方に入れましょう。 タイミング 常時設置• 微生物の酵素がタンク内のぬめりや便器の汚れをしっかり分解し、付着物の生成も抑えてくれるので排水管のつまり防止にも役立ちます。 強い香りでごまかさない実力派。 浄化槽や合併浄化槽には、汚れをきれいにしてくれる微生物が存在しますが、それらに悪影響を与えることなく、より一層活性化するので安心して使用できます。 タイミング 常時設置• 効能期間 1ヶ月 出典: 安心安全な素材と釜炊きにこだわって作り続けている「木村石鹸」。 「木村石鹸」のトイレタンク洗浄剤は、合成界面活性剤不使用で、人と環境に優しい商品です。 成分は炭酸塩、硅酸塩、過炭酸塩などで、トイレの汚れに効果を発揮するアルカリ性。 顆粒をタンクに1包入れて2時間以上放置するだけで、汚れや黒ずみをしっかり落とします。 タイミング 掃除のときに投入• 粉状の洗剤をタンクに投入して放置するだけで、モコモコ泡がトイレタンクの水垢汚れをすっきり落としてくれます。 モコモコ泡は、便器の水たまり部の汚れや黒ずみ、除菌にも効果的。 使用頻度は10日に1回程度が目安で、3回分入っています。 タイミング 10日に1回• 掃除とともに除菌ができるのも嬉しいポイントです。 口コミでも「石鹸成分なので安心して使用できる」「楽に良く落ちる」などと成分や洗浄効果に高い評価を得ています。 エコなパッケージもおしゃれと人気。 頑固な汚れには2包投入すると効果的です。 主成分は酸素系漂白剤 過炭酸ナトリウム で人にも環境にも安心な素材ですが、泡タイプで洗浄パワーも十分。 悪臭や黒カビの原因となるタンク内の雑菌や水垢をしっかり分解・除菌します。 洗面所のインテリアになじむ、シンプルでナチュラルなホワイトのパッケージも素敵です。 汚れがひどくなってからトイレハイターなどで対処すると、トイレの故障につながることも。 タンク用のトイレ洗浄剤で、手間なく簡単に、普段からトイレの清潔さをキープしましょう。 タンク用洗浄剤の選び方は、トイレの種類や掃除の仕方、頻度によっても変わりますので、記事を参考に適したものを選んでください。 おしゃれなトイレブラシはこちらから 使い捨てできるトイレブラシはこちらから• キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の