細い竹 駆除。 「細い竹,除草剤」に関するQ&A

竹を枯らす方法、管理方法

細い竹 駆除

竹駆除業者に依頼すると高い! 竹の駆除で一番気になるのが値段(費用)ですよね。 当然ですが作業量によって値段が変わります。 駆除費用について簡単にまとめてみました。 竹の伐採だけなら安い• 竹の伐根まで行うと費用がかかる• 竹の処分にもお金がかかる 今回ご紹介する費用はあくまで目安になります。 業者、作業現場の条件により値段が変わりますのでご注意ください。 (斜面などの悪条件の現場ほど高くなります) 竹の伐採 竹100本(約100平方メートル)あたり5万円~ほど(施工業者、施工場所により変動します) 地上部の竹を切るだけの作業です。 最も簡単な作業なので費用もそんなにかかりません。 ただし、竹は根が残っていると再生するので注意しましょう。 竹は「地下茎」と呼ばれる根で複数本の竹が繋がっていて、根が残っているとそこからタケノコが生えてきて再生します。 1回刈り取っただけでは翌年には元通りになってしまいます。 竹の伐根 竹100本(約100平方メートル)あたり12万円~ほど(現場状況、施工業者によって変動します) 竹駆除で最も大変な作業です。 竹は根が残っていると再生してしまうので、根ごと掘り起こして処分する方法です。 重機を入れて作業することになるので値段が跳ね上がります。 斜面にある竹林や、舗装状況が悪い場所など重機が入れない場合もあります。 悪条件での作業になるほど費用が高くなります。 竹の処分費用 1kgあたり25円~(施工業者によって変動します) 竹は切っただけで終わりではありません。 繊維質で非常に硬いため、処分するのにも費用がかかります。 少量なら燃えるゴミとして出すこともできますが(ほとんどの地域では燃えるゴミ2袋分くらいです)、大量の竹を処分する場合は産業廃棄物扱いになります。 1kgあたり25円というと一見安く見えますが、例えば竹100本分(100平方メートル)処理したとすると4万~5万円程かかります。 竹伐採業者はほとんどの場合、竹の回収作業も行ってくれますが、回収は別料金になりますので注意しましょう。 竹の処分には「」がオススメです(下部で詳しく説明します)。 竹を燃やし、炭化させることで処分します。 煙もほとんど出ないので近隣住民の迷惑になることもありません。 個人でできる!竹の駆除方法 それではいよいよ竹の駆除方法についてご紹介します。 オススメは何といっても除草剤の幹注入です。 除草剤を幹に注入 手間もお金もかからないのでオススメです。 竹の幹に穴を開け、除草剤を原液のまま注入し竹を枯らします。 前述したとおり、竹は根まで枯らさないと翌年再生してしまうのですが、グリホサート系の除草剤を使えば確実に根まで枯らすことができます。 まず、竹にドリルで穴を開けます。 根元から30~100cmの高さで、節から2~3cm下に穴を開けます(節の下部に穴を開けると除草剤が垂れてしまいます)。 コードレスの電動ドリルを使用しましょう。 ドリルは木工用刃を使用します。 穴から除草剤を原液のまま注入します。 除草剤はグリホサート系(根まで枯らすタイプ)を使用しましょう。 か が良いでしょう。 ラウンドアップとサンフーロンは効き目は同じぐらいですが、 の方が断然安いのでコチラがオススメです。 【サンフーロンの規格】(アマゾン商品ページへのリンク)• 除草剤を原液のまま10~20ml注入します。 メーカーHPでは10mlで十分と記載されていますが、効かなかったら二度手間なので少し多めに入れておくのをオススメします。 除草剤の注入にはスポイトを使用します(100均やホームセンターで購入できます。 ) 最後に穴に雨水が入らないようにガムテープで封をします。 これで作業完了です。 半年~1年ほどで竹が完全に枯れます。 枯らしたい竹すべてに除草剤を注入しましょう。 除草剤を注入するシーズンは夏が一番よく効きますが、春・秋でも大丈夫です。 冬は避けてください。 最も水を循環させる夏場が一番良く効きます。 竹を1mの高さで切ると、根が徐々に弱っていって枯れます。 竹を根際で切るとすぐに活動が止まりますが、1mの高さで切るとまだ生きていると勘違いし水分や養分を切り口に向かって押し上げます。 養分と水分は切り口から流れ出てしまうため、自然と根が弱って枯れます。 (除草剤を使わない安全な方法ですが、除草剤注入と比べて確実性に欠けます。 ) 必ず冬場(12月~2月)に作業を行ってください。 冬以外だと竹が枯れない場合があります。 竹を地上1mの高さで切ります。 あとはそのまま放置するだけです。 竹は自身が切られていることに気づかず、水分と養分を切り口に向かって押し上げます。 細い竹なら1年、太い竹なら2~3年で枯れます。 枯れた竹は左右に振るとポキっという感じで簡単に折れます。 枯れた竹を処分して作業終了です。 また、1mで切ることで作業現場が安全になり、怪我が減るのも特徴です。 竹を根際できると、残った株を踏んづけたり、割れた株が靴に刺さったりして怪我の原因になります。 1mで切ることでこういった怪我を減らせるため、作業性に優れた方法と言えます。 切った竹の処分法 前述した通り、竹は処分にもお金がかかります。 そこでオススメなのが「」で焼却処分し、炭にする方法です。 竹を焼く、と聞くと野焼きにならないか心配になると思いますが、「炭焼き」は野焼きになりませんのでご安心ください。 【無煙炭化器の規格】 商品ページ 品名 容量 価格 税込 動画で確認したい方はコチラ。 まとめ• 竹の伐採を業者に依頼すると高額な費用がかかります。 竹は根まで枯らさないと翌年に再生します。 個人で根まで枯らしたいなら除草剤注入がオススメです( が良いでしょう)。 除草剤を使いたくない人は1m切りが良いでしょう。 伐採した竹は処分にもお金がかかります。 竹処分には「」がオススメです。 今回は個人でできる竹駆除の方法をご紹介しました。 業者に竹伐採を依頼すると高額になってしまうので、できるだけ個人で駆除したいですよね。 除草剤の幹注入が手間もお金もかからなくてオススメです。 除草剤を注入した竹は放っておくと腐って倒れるので、時期を見て切り倒しましょう。 伐採した竹の処分には「」による焼却処分がオススメです。 商品ページ 品名 容量 価格 税込.

次の

竹を駆除する方法: 9 ステップ (画像あり)

細い竹 駆除

広告 竹を地上高約1mで切って枯らす方法 切ってから半年後の写真 冬の間に竹の地上高約1m付近を切っておくと、半年後にはこの写真のように、吸い上げた 楽天 や水分が竹を切った部分から吹き出してきます。 この竹の種類は真竹だと思います。 地下茎に蓄えた養分を消費してしまって枯れるというのは本当のようです。 竹の切り口から泡のようになって外に出ています。 夏の間に全て出てしまって枯れてしまいました。 よく見ると、竹を切った時に竹が割れているものでは、切り口から泡が出ていません。 これは、1mで切ったことにならないからだと思われます。 確実に竹を枯らすには竹が割れないように切る必要があると思われます。 1年後にはタケノコが出ませんでした。 竹の地下茎は約8m以上も伸びるらしいのです。 いつもは、ここから数メートル先にも竹が生えていたのですが、それも生えなくなりました。 切っていない竹でも枯れたのがあります。 撮影2011年6月 竹を切ってから2年後の写真 この写真が、竹を約1mの高さで切ってから約2年後の写真です。 写真では青竹が2本写っていますが、これは私が竹を利用する為にわざと残したものです。 また、残した竹のうちの一部には枯れている竹もありました。 その他の竹は全て枯れていました。 切った次の年には、小さい笹のような竹は少し生えて来ましたが、すぐに刈り取りました。 もう一箇所、別の場所でも30平方メートルくらいで実験しましたが、竹やぶ 竹林 に戻ることはありませんでした。 元々竹やぶだった訳ではなく、竹が増えてきた所で枯らす実験をしてみた訳です。 撮影2013年4月 現代農業の2019年4月号に掲載されました この上の写真とその記事の内容をアレンジしたものが、月刊誌「現代農業」の2019年4月号に掲載されました。 このページは2013年頃より作成し公開していたのですが、現代農業の編集部の人の目に留まり、竹を枯らす特集記事の中で掲載していただきました。 ありがとうございました。 除草剤を使って竹を枯らす方法 もっとも確実なのは、除草剤を使って竹を枯らす方法です。 まず、電気ドリルを使って、竹の地面から約30から50cmの所へ直径約数mmの小さい穴を開けます。節のある所より少し下側に穴を開けた方が良いでしょう。竹を切る必要はありません。 その穴に100円ショップなどで買った鶴首スポイト等を使って、ラウンドアップやグリホアップなどの除草剤を原液のまま10から30mLを注入します。 ドリルで開けた穴はテープなどで塞いで、水が入らないようにしておきます。 竹が枯れたら枯れた竹を切って処分します。 もし、枯れない場合はこの方法を何度でも行ないます。 出てきた笹や竹の子などはすぐに刈り取ると良いでしょう。 重機で掘り取る方法 平坦な土地でバックホーなどの重機が安く借りられるのなら、竹の根を直接重機で掘り取ってしまう方法が有効です。 早く畑などにしたい場合はこの方法しかありません。 傾斜地では重機を使っても難しいでしょう。 これを人力で行なうのは、竹の根が深くて到底無理です。 最低でも約1mは掘る必要があります。 軟らかい土で、大きな岩などが無ければうまくいきますが、硬い土地や、岩などが多い場合などでは人力では大変な労力で無理です。

次の

笹(ササ)の駆除方法

細い竹 駆除

広告 写真奥の竹は枯れました。 しかし、手前の竹は枯れていませんね。 よく見てみると、葉っぱの付いている部分から下は枯れていないのでした。 葉があれば養分が行き来して枯れないわけです。 さっそく葉をむしりとっておきました。 これで枯れるでしょう。 途中で切るだけでなく、葉も取るか、葉の出ている節の下で切ればうまくいくことがわかりました。 先端に葉がないと、栄養分が作られません。 水分が葉から蒸発するために、根から水分が上がってきますが、葉がないと水を吸い上げることが出来ません。 竹の根まで枯らす このように切った竹を放置しておくと、下の写真のようになります。 力を加えなくても、枯れた竹は根元から抜けてしまいます。 もし、この竹を根元から切っていたら...根の部分は枯れないので、歩いていると足を取られてしまい、危険です。 また、新たな竹が、根から生えてくる可能性もあります。 竹は根まで枯らしておくに越したことはないです。 春に芽を出した竹を駆除する方法 上はすでに成長した竹を枯らす方法ですが、春に芽吹いた竹は別の方法でうまく駆除できます。 5月ころ、タケノコが育って、3mくらいまで伸びたところを見計らって、途中から切ります。 この頃の竹はまだ柔らかいので、手で持って揺らすと、途中でポキリと折れてくれます。 道具を使わずに切れます。 重要なのは折る時期です。 早すぎると後から補充のタケノコがたくさん出てきてしまうため、再び折る作業をする羽目になります。 タケノコの出る時期を過ぎて、かつ成長しきらないタイミングを見計らって折ると、最も作業効率が上がります。 地上に残っている部分はまだ柔らかいので、放置しておいてもすぐに腐ってくれます。 竹の保存方法 竹はたくさん取れるのでなにも考えず、そのまま利用していましたが、最近は切った後、灰を塗っておくことにしています。 そのままだと、竹の内部の水分が外へ出ず、腐ったり虫が入りやすくなります。 灰のアルカリ成分で竹表面の油を取り除くと内部の水分が外に出るようになり、乾燥して長持ちします。 方法は、灰に水を混ぜて泥状にし、ゴム手袋ですくい取って、竹にこすりつける。 ふき取りは面倒なのでそのまま保管。 適当な方法ですが、かなり効果があります。 油抜きはバーナーであぶって布でふき取ったり、煮たりする方法もあります。 採った竹は小屋の軒下に作った保管棚において保存しています。 この 楽天 は竹藪の近くにあるので、移動の手間が省けます。 以前は家まで結構な距離を運んでいました。 広告 竹の伐採時期 本やネットで調べてみると、秋口から冬の間(年を越す前)って書いてある場合があります。 私の場合は、冬に採っています。 なぜかというと...周りの木の葉が落ちて採りやすいからと安全性の面からです。 暖かい間はマムシが出るし、オオスズメバチも出ます。 暖かい間にはあまり竹やぶに近づかない方が得策です。 竹藪ではオオスズメバチの巣に注意 秋はオオスズメバチの活動シーズンなので、竹やぶにはあまり近づかないことが賢明です。 オオスズメバチは、好んで竹やぶの地中に巣を作ります。 竹の根が地中を這っているので、巣を作りやすいのかもしれませんね。 竹やぶを歩いていて、オオスズメバチがカチカチという音を立てながら 近づいてきたら...これは警告なので静かに逃げましょう。 警告の後は集団で襲いかかってきます。 用がないであれば、竹やぶには近づかないことです。 最終更新日: 2019-03-04 08:16:31.

次の