ぼく と ニケ 読書 感想 文 書き方。 【感想文の書き方】2019年高学年向け課題図書「ぼくとニケ」

読書感想文の書き方 構成とコツ【中学生・高校生】コピペOK

ぼく と ニケ 読書 感想 文 書き方

ポイント1:あらすじは全体の1割が目安 読書感想文は「感想文」がメインですので、あらすじは短く簡潔にまとめるのがポイントです。 全体の1割程度を目安にしましょう。 ポイント2:あらすじはオープニングの後に入れよう 読書感想文のあらすじは、「ここに入れないといけない」というルールもありませんが、オープニング(書き出し)の後に続けて入れるとスムーズな流れになります。 読書感想文を書くときに「何をどこに書いたらいいか分からない」という人は、以下のように4つに分けてまとめると、簡単に書くことができます。 オープニング(本を選んだ理由やきっかけなど)• あらすじ• 感想(心に残ったことなど)• エンディング(本を読んで自分の気持ちの変化など) ポイント3:あらすじを5W1Hで整理する あらすじのまとめ方のコツは、5W1Hを使って本の内容を整理することです。 When(いつ)• Where(どこで)• Who(誰が)• What(何を)• Why(何のために)• How(どのようにした) これら5W1Hの質問の答えをまとめたものがあらすじとなります。 6つ全てを書く必要はありませんが、「誰が」と「何を(した)」は特に大事な部分ですので、この2つを中心に本の内容をまとめます。 自分の考えたことを文章にするのが難しい子供は、親が口頭で質問して答えを導き出してあげるといいでしょう。 ポイント4:あらすじは時系列で書く 5W1Hの答えがそろったら、次はそれらを時系列(起こった順)に並べていきましょう。 本のストーリーの進行に沿って、道筋を立てながら話の内容を簡潔に説明します。 例として、太宰治の「走れメロス」のお話の内容を時系列で確かめましょう。 時系列 出来事 1 メロスは王に意見し捕らえられた 2 王はメロスの処刑を決めた 3 メロスは妹の結婚式に参列するため王に処刑の猶予を願い出た 4 人間不信の王は、メロスの親友を人質に差し出すことで願いを受け入れた 5 メロスは親友との約束を守るため苦難を乗り越え、必死に走り続けた 6 メロスは約束の日没直前に王の元に戻った (より作成) あらすじを上手にまとめるコツは、大胆に削ることです。 詳しく書きたいところは、「感想」の部分に自分の感想を交えて書きましょう。 ポイント5:あらすじでネタバレしない 読書感想文のあらすじは、読み手の興味を引くように書くのがポイントです。 ですので、主な場面は入れますが、結末は書かないようにしましょう。 このことを意識して書いた「走れメロス」のあらすじの例を見てみましょう。 「走れメロス」のあらすじ 暴君ディオニス王の怒りを買ったメロスは、妹の結構式に参列するため、3日間の処刑の猶予を願い出る。 人間不信の王は、親友セリヌンティウスを人質に差し出すことを条件にメロスの申し出を認めた。 帰路、数々の苦難に遭いながらもメロスは、親友との約束を果たすため、命をかけて走り続ける。 (出典元:) 読書感想文を読んだ人が、自分もその本を読んでみたいと思うようなあらすじが書けるようにチャレンジしてみましょう。

次の

「ぼくとニケ」読書感想文の書き方の例文

ぼく と ニケ 読書 感想 文 書き方

php on line 1141 みなさん、こんにちは。 作文講師の菅野恭子です。 学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。 今回は、高学年向けの課題図書「ぼくとニケ」を読んでの感想文の書き方を解説します。 Contents• 「ぼくとニケ」はこんな本 ある日、子猫を飼うことになった主人公のぼく。 なぜかというと、幼馴染の仁菜に自分の代わりに飼ってくれと頼まれたから。 仁菜の家では、お母さんが猫嫌いのため、飼うことができないのです。 仁菜は学校をずっと休んでいて、ぼくとの関係も、無邪気な子ども時代とは違って、なんとなくぎこちない。 ニケという子猫の成長を通して、子どもから大人へと変化していく時期の心模様や、命の大切さなど、ぼくは様々なことに気づきます。 筆者は獣医師ということもあり、子猫の描写がリアルで、目の前に猫がいるかのようにイメージがわきます。 「ぼくとニケ」はこんな子におすすめ• 猫が好きな子• 猫を飼っている子• 親の言うことを小さいときのように受け入れられなくなってきた子• 学校へ行くことに疑問を持っている子• 人の目が気になる子 他にも多々ありますが、とにかく、猫が好きな子や猫を飼ってみたい子には間違いなくお勧めできる一冊です。 どんな流れで書いていくか 通常の感想文の書き方どおり4つのまとまりを作っていきましょう。 学校では、はじめ・なか・おわりという3つのまとまりで書くよう指導されているかもしれません。 その場合は、なかの部分を二つに分けて書く意識で書くとよいでしょう。 4つのまとまりは、つぎのようにしましょう。 本を読んでいちばん印象に残った部分をとりあげる• 印象に残った部分と似た体験を書く• もうひとつの似た体験または家族や友人に聞いた話を書く• 全体のまとめ では、それぞれ詳しく説明していきます。 おおまかな流れはこのように4つのまとまりに分けて書くとよいですが、内容に関しては真似する必要はありません。 いちばん印象に残った部分をあげてみよう ぼくとニケは、221ページまであります。 かなり長い物語ですので、一文だけ選ぶというのは難しいですね。 ある程度の要約力が必要になってきます。 たとえば、• 私がいちばん印象に残ったのは、みんなでニケと過ごした最後の場面です。 私がいちばん心に残ったのは、仁菜が、周りの目線など気にしない強い子だということです。 私がいちばん印象に残ったのは、生き物を飼うことには責任を伴うということです。 このように、印象に残った場面を要約してみましょう。 心に残る場面は多々あると思いますので、読む際に付箋を貼っておきましょう。 付箋に、重要度がわかるよう印をつけておくのもおすすめです。 その重要度に応じて、自分がどんな話題にひかれるのか、把握できると思います。 たとえば、子猫のニケの表紙にひかれて読んでみたのに、付箋が貼られている場所は、ぼくと仁菜のやりとりのシーンばかりだ、ということもあるでしょう。 2.いちばん〇〇と同じような体験をしたことを書く さっきの段階で、書きたいことの中心を決めることができました。 ここでは、いちばん印象に残った部分と同じような自分の体験を書いていきます。 子猫を拾ってきたことがある• 猫を飼いたいと思っているけれど、まだ許してもらえない• 実際に猫を飼っていて、責任をもって世話している最中だ• 成長とともに、両親と意見が食い違うことが多くなってきた などなど。 「ぼくとニケ」には、高学年の子どもたちが遭遇することや共感することがたくさんでてきますので、似た体験は探しやすいと思います。 3.もうひとつの似た体験または聞いた話を書く さて、似た体験をひとつ書くことができました。 つぎは、もうひとつの似た体験を書くか、または、両親や兄弟、友人から聞いた話を書いてみましょう。 母も子どものころ猫を拾ってきて飼ったことがあるそうだ• 父は、やはり高学年のころ、両親に反抗したくてたまらなかったそうだ• 友達は、飼っていたペットを亡くして、とても悲しんでいた などが考えられそうです。 身近な人と「ぼくとニケ」の内容を話してみて、出てきた話題から聞いた話を見つけてみましょう。 4.最後は全体のまとめ どんなところに惹かれるかは読んだ人の数だけあります。 「ぼくとニケ」を読んで、この本のテーマはなんだと思いますか? そのテーマにちなんだ「わかったこと」でまとめるとよいですね。 たとえば、生き物の命の大切さだと思ったら、 「ぼくとニケ」を通して、改めて生き物を飼うには、責任が必要だとわかった。 猫を飼うことに反対する両親の気持ちも理解できた。 両親に、責任を持ってペットを飼えるようになったと認めてもらえるよう、きちんとした生活をしていきたい。 そして、猫を飼う夢が叶ったら、しっかりお世話をしたいと思っている。 こんなふうにまとめてみましょう。 (一例です) 「ぼくとニケ」感想文の参考例 私は、もうずっと猫を飼いたいと思っている。 子どものころから猫が好きで、友達の飼っている猫を、自分の猫のようにかわいがっている。 だから、かわいい子猫の表紙が目に入ったときに、どうしてもこの本を読んでみたいと思った。 猫が好きな私にとって、印象に残る場面は山のようにあるが、その中でもいちばん心に残ったのは、みんながニケとともに過ごした最後の場面だ。 もうすぐニケの命が消えてしまう。 安楽死を選ぶのか、どうするのか、読んでいるあいだ気が気でなかった。 家に連れて帰って、一緒に過ごすことになったところで、涙が止まらなくなった。 自分では飼ったことがないものの、おばあちゃんの家ではタマという猫を飼っていた。 小学生の3年生ころまでは、夏休みや冬休みはずっとおばあちゃんの家で過ごしていた。 両親が共働きなので、いちばん安心に過ごせるおばあちゃんの家に送り込まれていたからだ。 ひとりでおばあちゃんの家に行く楽しみは、タマと遊ぶことだった。 タマのほうは、それほど私のことを好きではなかったようだが、私はタマが大好きだった。 相手にされないのに、いつもタマにちょっかいを出したり、じっと動きを眺めたりしていた。 そのタマが死んだのが、去年のことだ。 おばあちゃんからの電話で、タマが死んだことを知った。 まだ、身近な人の死を経験したことのない私にとって、大好きなタマにもう会えないことが、こんなにさみしく悲しいものだと初めて理解した。 だから、たとえ今夜死んでしまうとしても、ニケとともに過ごしたいという気持ちが、痛いくらいにわかった。 私に猫を飼うことを許してくれない母は、こんな話をしてくれた。 母は子どものころ、犬が飼いたくて、ねだりにねだって犬を飼ったそうだ。 そのときは、毎日散歩に行くのと餌をやることを条件に飼うことになったらしい。 でも、友達と遊ぶことや、朝は眠いと言っては、お世話をすることをさぼってしまった。 結局、お世話をするのは祖母の仕事になった。 その犬が死んだのは、母がすでに家を出てからだったそうだか、とても後悔したという。 約束も守らずに平気でいたことが、とても悔やまれたのだと。 生き物を飼うということは、命を預かるという責任がある。 病気になるかもしれないし、私の家のように家族みんなが留守がちの家では、さみしくてストレスがたまるかもしれない。 おもちゃじゃないのだから、そう母は言う。 だから、私が、自分の身の回りのこともひとりできちんとできるようになり、さらに、生き物の面倒をみられるようになったら、飼うことを許すつもりだと。 この本を読んで、生き物の命の大切さはずっしりと心にせまってきた。 また、責任を持って飼わなくてはいけないこともよくわかった。 母が言うことも、そのとおりだなと納得できる。 自分自身の生活をきちんとして、いつ猫が来てもしっかりお世話ができる余裕を持ちたい。 一日も早く、猫との生活ができる日が来るよう、がんばりたい。

次の

感想文の書き方 課題図書「奮闘するたすく」で感想文を書くなら

ぼく と ニケ 読書 感想 文 書き方

読書感想文の書き方 どんなことにもやり方や攻略法があるように、読書感想文にも『書き方』があります。 まずは読書感想文の書き方について、全体的に分かりやすく解説していきます。 年齢にふさわしい内容の本を選ぶ 読書感想文を書くためには、まず、何の本について書くかを決める必要があります。 本を選ぶ際には、「 子供に年齢にふさわしい内容かどうか」について考えてみてください。 年齢と比べてあまりに幼すぎる内容だったり、逆に難しすぎたりすると、子供が読書感想文を書くことに飽きてしまうかもしれません。 子供の年齢に合う本にはどのような種類があるかは、インターネットや書店などで公開されているので参考にしてみてください。 cocoiroでも下記の記事で年齢別におすすめの本を紹介しています。 題名は簡潔に分かりやすく 読書感想文の題名は、「簡潔に」「分かりやすく」を意識してシンプルに書きましょう。 具体的なテクニックとして本のタイトルや著者名、登場人物名を入れる方法や、本のテーマを題名に書いてしまう方法などもあります。 また、読書感想文の題名は最初に書いて終わりではなく、読書感想文を書き終わった後に書いた内容と題名に相違がないか照らし合わせてみると、より良い題名に仕上げることができます。 題名の書き方についてさらに詳しくはこちらの記事で解説しています。 伝わりやすい構成にする 読書感想文を書く際にはいきなり原稿用紙に書き始めるのではなく、メモ帳やノートなどを使って、あらかじめ全体の構成を練っておくことがおすすめです。 最初に構成を練っておくと、書いているうちに話があちこちに飛ぶということが少なくなくなり、論理的な読書感想文に仕上がります。 論理的な読書感想文は内容が理解しやすく、主張や感想も明確なため評価も高くなるでしょう。 また、あらかじめ構成が決まっていれば書く内容に悩んで筆が止まることがなくなり、結果的に早く書き終えることができます。 読書感想文の構成にはいくつかパターンがありますが、以下の4段構成がおすすめです。 書き出し• あらすじ• メインテーマ• 締めくくり 書き出しにはパターンがある 題名と名前を書き、構成を決め、いざ書き出そうと思っても、最初の1文字が出てこないという経験をしたことはありませんか? 読書感想文に限らず、作文でも小論文でも、『書き出し』に悩む人は多いと言われています。 この「書き出し方が分からない」という問題には、 書き出しのパターンを知るというアプローチ方法がおすすめです。 読みやすい読書感想文の書き出しにはいくつかのパターンがあり、そのとき題材にした本や読書感想文の内容に合わせてパターンを使い分ければ、何もないところから書くよりも簡単に書き出しを書き始めることができます。 読書感想文の書き出しパターンについてはこちらの記事で解説しています。 印象に残る締めくくりにする 構成で決めたことを書き終わったら、読書感想文の締めくくりに入りましょう。 読書感想文の締めくくりでは、「 その本を読んで何を感じ、何を伝えたかったのか」ができるだけ読者の印象に残るように書くことがポイントです。 具体的なテクニックとしては、その本を読んで学んだことを明言したり、自分と照らし合わせてどのように解釈したかを書くと良いでしょう。 他にも読書感想文の締めくくりを書くテクニックはいくつかありますので、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 読書感想文で書く内容の考え方 読書感想文の書き方を理解したあとは、書く内容の考え方を身につけてみましょう。 書く内容というのは、感想文を構成する1つひとつの要素とも言えます。 書き方が分かっても、この要素が少ないと内容の薄い読書感想文になってしまいます。 それでは、読書感想文をコンクール入賞作品を例に使用してご紹介します。 本を読んだ理由・きっかけ 書き出しでは、その本を読もうと思った理由やきっかけを考えましょう。 「タイトルがおもしろそうだったから」「表紙の絵がかわいらしかったから」「自分の好きなこと・興味のあることに関する内容だったから」「先生や親からおすすめされたから」など、簡単な理由でかまいません。 以下の段落では、小中学校、高校に分けて例文を掲載します。 小学生の読んだ理由例 私は本屋でぐうぜん、この本を見つけました。 なんで子供が子育てなんか、と思うかもしれません。 この本にマンガが入っていなかったら読んでいなかったかもしれません。 でも今、読んでよかった、と思っています。 だって、親の気持ち、友達の気持ちがよく学べたからです。 (引用元:) 中学生の読んだ理由例 私がこの本を見つけたとき、帯の「大切な忘れ物を届けに来ました」という言葉が私の目を引きつけました。 大切な忘れ物とはいったいどういうことなんだろう。 そう思ったとたん、自分はとても大きな忘れ物をしているのではないかという気持ちになりました。 このコンクールに応募することは決めていましたが、どの本にするのか決めていなかったところにとても大きな課題が目の前に現れたようでした。 私は迷わずこの本を読む事に決めました。 (引用元:) 高校生の読んだ理由例 私は、高森顕徹夜さんの『光に向かって123のこころのタネ』という本を読みました。 理由は、「こころのタネ」とはどんなことなのか気になったからです。 (引用元:) 本のあらすじを簡潔にまとめる 読書感想文の読み手が本の内容を知っているとは限らないので、主人公の性格や特徴、出来事、そのほかの登場人物などを含め、本のあらすじを紙に書き出します。 ただし、あくまでも感想文なので、あらすじは短く簡潔にまとめるようにしましょう。 「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって・どのように」を子供に意識させて書かせるようにし、本の内容から得た印象も書くといいでしょう。 小学生のあらすじ例 この物語は、幼なじみの小学五年生秋山璃在と飛鳥井渡のもとへ川上サジという転校生がやってくることから始まる。 それまで微妙な距離があったリアルとアスカだったが、サジのおかげで、二人の距離は縮まっていく。 そしていろいろな出来事を乗り越えながら三人は絆を深めていった。 (引用元:) 中学生のあらすじ例 「シルヴィ以後」の生活は、ジュールずには辛く悲しい日々だった。 シルヴィが、奈落の淵にいくのを止められなかったことで、自分を責め続けるジュールズ。 (中略)深い悲しみの淵からジュールズを救ったのは、最愛の妹を守ろうとするシルヴィの強い想いだったのだ。 (引用元:) 高校生のあらすじ例 浅川は、朝鮮にいる兄からの手紙の「朝鮮には不思議な温かさのある焼き物があり、それを見ると、無性にお前に会いたくなる。 」という言葉に惹かれ、(中略)だが、浅川は、価値が全くないと世間が見向きもしない白磁の美しさに一目ぼれし、白磁の世界にのめりこんでいく。 (引用元:) あらすじの書き方についてはこちらの記事でも例文つきで解説しています。 最も印象に残っていることを思い出す 「おもしろい・楽しい・悲しい・怖い」など本を読んで最も強く感じたことや、好きな場面やセリフ、感動したことや共感したこと、気になったことなど、最も印象に残っていることや最も心に残っていることをその理由とともに書きましょう。 小学生の印象に残っていること例 ぼくが一番心に残っている場面は、林間学校でのバクロ大会の場面だ。 リアルが抱えてきた過去やサジの秘密、アスカの今の思い……三人はそれぞれ本当の自分と向き合い、それを打ち明けることができた。 「おまえがそんなにすごいやつじゃなくたって、ぼくたちはリアルのことがちゃんと好きだよ」 アスカが言ったこの言葉がぼくの心に強く響いた。 (引用元:) 中学生の印象に残っていること例 本を読み終えて、静かに目を閉じた私の心に浮かんだのは、「今」を精一杯生きるという言葉だった。 (引用元:) 高校生の印象に残っていること例 最も印象に残った言葉がある。 浅川の人柄に影響を与えたと考えられ、浅川がまだ幼い頃に祖父に言われた次の言葉である。 (引用元:).

次の