白黒 パンダ 最終 回。 (白黒パンダ/最終回/動画/最終話/10話やhulu/スピンオフ/番外編/別伝/特別編/特別版無料視聴/見逃し配信/再放送:みどりのブロマガ

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

白黒 パンダ 最終 回

すべての復讐が終わった直輝(横浜流星)は、レン(清野菜名)を利用してしまったことに責任を感じていた。 彼は、春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)を訪ねて謝罪する。 春男は、レンをミスパンダにした直輝に怒りをぶつける。 直輝は、佐島(佐藤二朗)に会いに行く。 あずさ(白石聖)と一郎(きづき)が犯した罪と自分の過ちを背負って生きていくと語る佐島。 直輝は佐島に「自分自身に決着を付けようと思います」と告げる。 神代(要潤)は直輝から、ミスパンダの正体を聞き出そうとする。 直輝は「ミスパンダは、もう現れません」と答えるのだった。 復讐を遂げたにもかかわらず、直輝の苦しみは深まる。 直輝は、自分のしたことが間違っていたのではないかと思い詰める。 そんな中、突然、パンダちゃんねるの配信が始まる。 「どうして…!?」と驚く直輝。 配信の映像には、拘束された神代とミスパンダらしき人物が映っていた。

次の

シロクロパンダ考察(最終回)!直輝とレンリコはどうなる?ネタバレあり

白黒 パンダ 最終 回

マジでいいキスシーンだったよな。 ミスパンダ(リコ)と直輝はお互いに想い合っているのに別れを選びました。 ミスパンダはレンに戻らなければいけないし、直輝はレンを利用していたわけですから引き続き一緒にいることはできませんし、直輝が好きなのはレンではなくミスパンダであるリコだからです。 そして、 最後の別れのときに直輝がミスパンダにキスをするのですが、ほんとーーーーーーに綺麗で切なくて悲しいキスでした。 見返す 直輝がリコのことを本当に愛おしそうで髪にそっと触れて撫でる手、頬を包む優しい掌、涙のサヨナラの言葉、お別れのキス、最後は力強いハグと躊躇しがちな頭ポンポン…手の所作だけで深い愛が伝わって何度も泣く… くんの演技やっぱり最高だよ — まい Maaaiy1283 しかもキスをするまでのさよならの時間が本当に切なくて。 直輝のミスパンダ髪を触る仕草。 ほっぺに手をあてる仕草当。 指の動き。 横浜流星さんの演技力は本当に素晴らしい! もちろん清野菜名さんも素晴らしかったですが、 このキスシーンは横浜流星さんだからこそこんなに感情が伝わる綺麗なものになったのではないかと。 綺麗すぎる。 で、衝撃なのが最後のシーン。 お互いを覚えていない2人がたまたまパンケーキ屋さんで巡り合います。 そして2人別々のテーブルで隣同士に座り、同時にパンケーキにシロップを掛け。。。 目が合う。 とここで最終回は終わります。 特に思い出すこともなく終わったと言うことですね。 これ以上のハッピーエンドはないと思った。 きっと直輝とレンはまた出会って普通に恋をしてパンケーキデートするんだよね。 素敵な終わり方だった。 やっぱり 役者 が演じると命を宿して人の心に残る。 HNAA10263 シロクロ最終回。 ラストは想像出来なかった。 あずさには父がいて、レンにはマスター夫婦がいる。 一番辛い時に直輝の傍にも寄り添う人がいて欲しかった 泣 リコがリコでいる事を望めば、直輝は自分に催眠をかけて記憶を消す事もなかった。 リコと直輝のさよならは切なすぎた。 — でかちゃん larme1129 全員が前を向く私は好きな終わり方でした。 ツラい思いをたくさんしたのに最後まで周りや直樹に優しく寄り添うリコちゃんがカッコ良く素敵でした ラストのシロップ、まんまと『え!? 3 3yanmi 最初の流れでは想像のつかない方向に向かったストーリーでしたが、結局パパの復讐の内容は霞んでしまい、直輝とリコ・飼育員とミスパンダのストーリーとして強く印象に残ったドラマでした。

次の

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

白黒 パンダ 最終 回

そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。 世間では、悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。 そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、さまざまな噂が飛び交う。 ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。 前回で直輝の復讐も終わり、ミスパンダとのバディとも解消と思いきや、リコが一人でぱんだちゃんねるを放送してしまうようですね。 神代さんは拘束されててミスパンダと組んだということでしょうか。 勤めてるテレビ会社に何か仕掛けるのかもしれませんね。 後ろのカラフルなダンサー達が誰か気になりますね。 直輝とミスターコンプライアンスとの関係も前回の話で決着したかに見えました。 ただ、神代としては世間に虚偽の放送をしてしまった落とし前をつけなくてはいけないでしょうね。 このままぱんだちゃんねるでリコと神代で世間にシロクロつけるのも一つの手ですが、直輝はその時どうするんでしょうね。 リコを利用した罪悪感に悩まされるようですが、なかなか立ち直るのは簡単ではないかもしれません。 どう立ち直っていくのか見ものですね。 鬼奴さんのママ役も板についてたんですが見納めですね。 かえでちゃんはもう囲碁カフェでバイトしたらいいんじゃないですかね。 レンには幸せになってほしいんですが、直輝が最後どうするかですね。 くっついて欲しいんですけどね。 まあコアラ男の正体やあずさとの関り、そして佐島源蔵の暗躍はある程度予測できましたが、読めないのはここからです。 直輝はすべてにケリをつけ、レンの親代わりである加賀らに謝罪し、更に神代の追求も避けるところまではわかります。 しかしミスパンダが直輝と関わりなくパンダチャンネルを再開するようです。 しかも神代を捕らえているようです。 残っている謎は本当のレンが死んだ火事の原因くらいですが、それに神代が関わっているとは思えません。 神代とあずさとの間に何かあるのでしょうか。 それにレンは本当にリコには戻らないのでしょうか。 いずれにせよ直輝がどう動き、どんな結末を迎えるのか、まったく予測がつきません。 その顛末が楽しみです。 令和元年の去年はいろいろと芸能界の闇が明るみになった年です。 なのでグレーな現代の真実を暴くというのは、今の時代にあった話かもしれません。 どんな業界にも表沙汰にできない問題というものはありますから、白黒暴くというコンセプトのこのドラマは面白そうだと思います。 あとミスパンダというワードが非常に気になります。 悪人を懲らしめるミスパンダはどういう人物なのか、なぜパンダなのか、どうして悪を退治しているのかなど、いろいろ気になりますよね。 それに飼育員という人物も謎めいています。 ミスパンダと飼育員、これだけ聞けば、悪人を退治するコンビには見えません。 というかどう考えてもふざけてますし、まだ放送されていないので何とも言えませんが、もしかしたらコミカル系のドラマなのかもしれません。 そう思う理由はもう一つあって、それは佐藤二朗さんの存在です。 佐藤さんはコメディ系のドラマに出ている印象が強く、役名がMr. ノーコンプライアンスということも相まって、お笑い系の話なのかなと思ってしまいます。 ただ設定的にはものすごく面白そうなので、いったいどんな話なんだろうとワクワクしています。 アクションシーンもあるみたいなので、清野菜名さんのアクションが見れるかと思うと楽しみです。 そのため悩むレン。 そんなレンの唯一の楽しみは、横浜流星さん演じる医学生の森島直輝と会うことです。 その頃世間では、悪人たちを懲らしめる謎のミスパンダが話題になっていました。 ある時顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、さまざまな噂が飛び交います。 レンは直輝に呼び出されパンケーキの店へ行き、直輝がパンケーキにシロップをかけるとレンの意識は遠のいて…とあります。 何とも気になる内容に、絶対にドラマを見ようと思いました。 それにしても題名が気になります。 パンダがカギとなってきそうです。 そしてイケメン俳優の横浜流星さんが大好きなので、アクションもあると言うことで華麗な回し蹴りを見られるかと期待しています。 第一話ゲストには、和田正人さんと山口真帆さんです。 椿鬼奴さんも出演するので、ここも見逃せないポイントだと思いました。 要潤さんや白石聖さん、山崎樹範さん山口紗弥加さんに佐藤二朗さんも出演し、豪華なドラマを絶対に見ようと思います。 最初のタイトルを見たときはどんなドラマか想像つかない、ギャグ系のドラマかなと思いました。 シロクロとパンダってどんなカケ方してるんだろうと。 しかし、実際のところはしっかりとしたストーリーでお話が続いており、主役のお二人のアクションもキレキレです。 衝撃のラストとはどんな風になるのでしょうか。 全く想像がつかないです。 いい意味で、私の想像はストーリーにいろいろと裏切られてきました。 今回もどのように裏切ってくれるのかを楽しみにしたいです。 ミスパンダ(リコ)<清野奈名>刺してしまった直輝<横浜流星>はどのように動いていくのか、ミスターコンプライアンスにどのように相手していくのかも見どころなのかもしれません。 また、ミスパンダは刺されて生きているのでしょうか。 復活するのでしょうか。 さようならって書いてあるってことは、やっぱり消えてしまうのかなといろいろと想像しながら楽しみにしています。 まとめ 清野菜名さんの魅力は運動神経が素晴らしくてあの美貌という完璧な文武両道タイプという点です。 小学校の頃にオーディションごっこで応募した所から選ばれてファッションモデルや、芸能活動をしていらっしゃるのは彼女の魅力にメディアや雑誌記者が気付いたからだと思います。 外見も中身も魅力があってとても美しい美貌と心をお持ちの方だと思います。 高校入学時に陸上で推薦入学を頂くほどの、陸上選手としての逸材だったそうです。 その道を選ぶか芸能活動を選ぶか本人も悩んだそうですが、やっぱりファッションモデルとか美を見せる道を選ぶ事を決めたというお話しを見て凄い決断力だなと思いました。 そのあとバイオハザードを見て自ら演技指導を受けてアクション力を付けていった努力家でもあります。 ファッションモデルとしてのお仕事がなくなってから女優業に転身しても仕事が上手くいかない日々にオーディションで園子温監督の目に留まっていきなりヒロイン役に抜擢されるという人生一発逆転を勝ち取っています。 演技をやってるときは輝いているという印象がありますがその輝きは彼女が心から楽しいと思える演技を見せているのと、今までの努力から成す魅力に惹かれたんだと思います。

次の