ポケモン ソード シールド 育成 論。 【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ドータクンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード シールド 育成 論

エースバーンの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお 特性 もうか HPが3分の1以下で ほのおタイプの技が1. とびひざげりを採用することでカビゴンやバンギラスなど、ほのお技だけでは倒しづらかったポケモンも突破しやすくなります。 性格は攻撃を上げるいじっぱりでも問題ありませんが、先制で攻撃しやすくなるようきが無難です。 おすすめ技構成 フレアドライブ 高火力のほのお技で命中が100なので外す心配がありません。 とびひざげり ノーマルやあくなど、ほのお技で対応し辛い敵に対して刺さりやすいです。 ふいうちを使う場合は相手の型からある程度技を読む必要があるので注意しましょう。 しねんのずつき アイアンヘッド タイプ補完として必要な場合は採用するのもいいでしょう。 基本的には素早さを活かして上から殴る型なので持ち物はいのちのたまで火力をアップさせるのがおすすめです。 しかし、耐久力が心もとないので、万が一素早さで負けても1度だけ耐えられるきあいのタスキ を持たせるかこらえるを覚えさせるのも一つの手です。 特性のもうかを活かしたい場合はHPが4分の1以下で火力が上がるチイラのみを持たせましょう。 命中が90ですが反動を受けません。 フレアドライブは命中が100ですが体力が削られてしまうので、 きあいのタスキを持たせる場合はかえんボールの方が安定でしょう。 とびひざげり 確定技 ほのおタイプの弱点であるいわタイプに刺さる格闘技です。 いかりのまえば 当たれば確実に体力を半分にすることができるので耐久の高いポケモンや相性の悪いポケモンに対してごり押しすることができます。 とんぼがえり ダメージを与えつつ他のポケモンに変更することができます。 ランクバトルでも技の採用率は高め。 エースバーンの対策・弱点 麻痺が有効 エースバーンは物理アタッカーとしての採用が多いため、行動を制限できる麻痺が非常に機能します。 ただし、エースバーンはほのおタイプのため、鬼火などによるやけどは効かないということは留意しておきましょう。 攻撃ダウンを活用しよう エースバーンは攻撃に特化しているため、攻撃をダウンさせる変化技が効果的です。 いかくであれば場に出しただけで攻撃を下げることができるので、相手の編成からエースバーンの順番を読んだ場合はうまく活用していきましょう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ギャラドス ・いかくによりAを下げられる ・たきのぼりで確1を取れる 水ロトム ・ハイドロポンプで確1を取れる ・一方的に有利を取れる ドヒドイデ ・水属性かつ防御が高いため技を受けやすい ・水技で弱点を突ける ヌオー ・耐久しつつダメージを与えられる ・エースバーンはヌオーへの有効打が少ない エースバーンの与ダメージ計算 フレアドライブ エースバーンの攻撃の個体値が31、努力値が252、もうか発動時のフレアドライブで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 とびひざげり エースバーンの努力値が252、持ち物がいのちのたま、特性がリベロでとびひざげりを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の

【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン ソード シールド 育成 論

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 高い攻撃と並以上の耐久・中速程度の素早さを持つ バランスの良いアタッカー寄りのポケモンです。 夢特性の「グラスフィールド」によって草技の威力が1. 3倍になり、高い攻撃性能が更に伸びるだけでなく毎ターンの回復で実質的な耐久も上昇しているのでどのような運用でも活躍させやすくなっています。 技範囲も非常に豊富で、タイプで止まりづらいというのもアタッカーとして優秀な点です。 半減相手でもダメージを与えやすく、「はたきおとす」がある事から どんなタイプの相手にも一定以上の仕事をこなす事が出来ます。 「ドラムアタック」によって 素早さを下げた場合は最速ドラパルトも抜けるので、こだわりスカーフ以外のほとんどのポケモンの上を取って次の行動を行う事が出来ます。 ゴリランダーが倒されてしまう場合でも「ドラムアタック」で素早さを下げたり「はたきおとす」で相手の持ち物を無効化したりと後続の味方が動きやすくなるような働きを行えます。 上記に挙げた候補技以外にも「10まんばりき」「ビルドアップ」「ちょうはつ」「とんぼがえり」など使い勝手の良い技が多い他、ダイマックスアタッカーとしての運用を見据える場合は「アクロバット」を採用して「ダイジェット」を使用可能にする事で抜きエースとしても使用可能です。 「ダイフェアリー」や「ダイサンダー」によってフィールドが書き換えられてしまった場合は火力上昇の恩恵が受けられないので注意して運用しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ミロカロスの育成論と対策

ポケモン ソード シールド 育成 論

もくじ• フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、みず、かくとう 耐性 「0. 特性もかなり面白いですし、専用技もなかなか便利ですね。 一撃必殺技「じわれ」も覚えますし、出てこられたら嫌なポケモンだと思いますよ。 マイナー感はありますけどね 笑 マッギョ ガラルのすがた の育成論 特性 【ぎたい】 フィールドの状態にあわせて、自分のタイプが変化する。 フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、みず、じめん、かくとう 耐性 「0. タイプ一致ではないものの、確実にじわじわとダメージを入れられ、交代を封じられるのは地味に強いです。 基本的には 有利な相手に後出しをしていき、交代読みで「とらばさみ」を入れていくのがおすすめです。 ほぼ確定で後攻から動くので、先制技の「ふいうち」は有効です。 普通に倒せないポケモンであれば、 一撃必殺の「じわれ」を狙っていく。 後は火力を求めて「じしん」を採用し、相性のいいポケモンを狩っていきましょう。 特性「ぎたい」もダイマックス環境だと発動しやすいので、上手く活かしていきましょう。 まとめ かなり面白い動きができるポケモンなので、ネタ枠でしかないと侮るのは危険です! レートでそこまで見かけることもないですし、マッギョ対策が出来ていない方も多いです 笑 相手を選んで活躍するポケモンなので、常にパーティに入れるのはおすすめしませんが。

次の