けやかけ 炎上。 コロナ巡り岡山県は大炎上で島根県は絶賛 明暗を分けたのは言い方か

【けやかけ大炎上】パン屋でべりかと長沢くんが怒られる。

けやかけ 炎上

【2012年12月19日】 新テニプリ最新話でネットが炎上! その理由を考察する ジャンプSQ最新号(2013年1月号)に掲載された新テニプリで ネットが炎上し、話題になりました。 なぜネットが炎上してしまったのか、今回はその原因を探っていきたいと思います。 ……とその前に、 テニプリ最近読んでないわ〜という人のためにおさらいを。 現在、テニプリは 中学生VS高校生編のまっただ中。 レギュラー入れ替えをかけて、リョーマら中学生メンバーと海外選抜組との死闘が繰り広げられているところです。 先月号では、 処刑人 VS 殺し屋の対戦がついに決着。 試合は高校生ペアが勝利するも、高校生ペアの一人が 膝を砕かれてリタイアするという痛み分けの結果に終わりました。 また、相手のラケットの先端部分に強烈なボールを当て、ボールの勢いでラケットを相手の腹に押し込む 「切腹」という物騒な技が登場し、その発想力に 日本中のテニス経験者が戦慄しました。 久々に登場した 鬼先輩の着替えシーンから新展開がスタート。 どうやら次の対戦は鬼先輩のシングルスになるようですが、肝心の試合相手である亜久津が姿を見せません。 彼がそのとき何をしていたのかについてはジャンプSQ本誌でご確認いただくとして…… 亜久津の代わりに名乗りでたのが大阪・四天宝寺中学1年の遠山金太郎。 鬼先輩が高3なので 13歳 VS 18歳のはずですが、 見た目的には13歳 VS 28歳くらいに見えます。 さて、鬼先輩といえば……。 かつて、 2本しかガットを張っていないラケットで中学生メンバーを完封し、挙げ句の果てには 対戦相手の手首を破壊した恐るべきパワープレーヤー。 対する金太郎も、小柄な体に似合わずテニプリキャラ屈指のパワーを誇る野生児ですから、これは久々に パワー VS パワーの正統派テニス漫画が期待できるのではないでしょうか。 そんな 読者の希望と夢をのせて、金太郎の必殺技「超メガトンワンダーデラックス山噴火サーブ」 から試合がスタート! 以前、金太郎は鬼先輩と少しだけ対戦したことがあったのですが、今回の彼はそのときよりもはるかに成長を遂げているようで、なんと鬼先輩から1ゲーム目を先取します。 これには鬼先輩も「まさかここまであの数週間で成長するとは驚きだぜ」とびっくり。 しかし、鬼先輩とて高校生組のレギュラーの一人。 だてに 「地獄の番人」と呼ばれているわけではありません。 必殺の 「鬼の5球打ち」で金太郎に猛攻を仕掛けます。 ……この技、前にも練習で鬼先輩が繰り出したことがあり、そのときはボールを5つ使うことで反射神経を磨く特訓でもしているのかな……と思ったのですが、今回は試合なので当然 ボールは1つです。 となると、この 5球打ちという状況はいったい何が起きているのでしょうか。 もしかしてボールが5つに分裂して見えるとかそういう、 童夢くんでいうところのレインボースパークボールみたいな現象なのかなと思ったのですが…… 金太郎が ちゃんと1球ずつ打ち返しているところをみると、「本物は一つであとは幻」とかそういうわけでもなさそうです。 でもテニスのルール上、ボールは1球しか使ってないはずだし……うーん……それとも打ち返しているんじゃなくて、 1球ずつ幻であることを確認して本物のボールを探しているのでしょうか。 それはそれでどんな動体視力だよって感じですけども。 ……というようなことを考えながら読み進めていると、鬼先輩の5球打ちはさらにその数を増していき、とうとう 10球打ちにまでパワーアップ。 「10球を抱いて眠れ!! 」という すごいのかすごくないのかよくわからないかけ声と共に、テニスボールが金太郎めがけて襲いかかります。 これを気合ですべて返していく金太郎。 すると、金太郎が返したボールが、 テニスコートの真ん中にあるネットをかすめて、 摩擦熱で着火。 炎はそのまま燃え広がり…… 大炎上。 この現象に対して、 「見てないで消火しろよ!」とか 「審判、目の前で火事が起きてるのによく逃げずに座ってられるな!」とかツッコむのは簡単ですが、しかし実際にもし目の前でこんな炎上事件が起こったら、僕なら何もできずにただ口を開けて見ていると思いますね。 だって、 テニスやっててネットが焼失するなんて可能性、普通は微塵も想定できませんもの。 そう考えるとこの観客の反応、 とてもリアルです。 しかしですよ、気になるのは 「なぜネットが炎上したのか」という点です。 たとえ ありえないほどのボールスピードにより摩擦熱が生じたのだとしても、それだけでネットが燃えるものでしょうか。 ……調べてみることにしました。 テニスネットの販売を行なっている「」さんのページによると、ネットの素材は次のようになっています。 [寸法] 幅12. 調べたところによると、ポリエステルは比較的燃えやすい素材であり、着火した後はゆっくり炎が広がる傾向があるのだとか。 また、上布の中に入っているワイヤーはスチールなので燃えず、ネット部分はポリエチレンなので可燃性。 ということは…… 合ってる! 今回のシーン、 "ネットが燃えたらどうなるか"をちゃんとシミュレーションできています。 ということは今回のシーンは別に非現実的というわけでもないのでしょうか。 しかし、そうはいってもテニスボールの摩擦程度で火がつくというのはにわかには信じがたい出来事です。 何かボールに燃えやすい物質……そう、 "油"のようなものが付着していたと考える方が自然ではないでしょうか。 油……。 アブラ……。 そんな風に僕は思うのです。 ……思うのですが、冷静になってみると 別にそんな深く考えるところでもなかったです。 ともあれ、ネット炎上という新展開を見せた新テニプリ。 来月号が楽しみですね。

次の

【けやかけ大炎上】パン屋でべりかと長沢くんが怒られる。

けやかけ 炎上

日経ビジネス12月12日号の特集「」では、企業や個人に大きなダメージをもたらすインターネット発の「炎上」の威力とメカニズムを詳報した。 なぜ炎上は発生し、どのように対処するべきなのか。 炎上問題に関する著作がある国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一講師に聞いた。 今年も多くの炎上事案が発生しましたが、特に印象に残っているのはどのケースですか。 山口:ピーシーデポコーポレーションの契約に関するトラブルは大きな問題になりましたが、炎上の社会的影響を示したものだと言えます。 あとは(フリーアナウンサーの)長谷川豊さんの透析患者に対する発言。 あまり大きくはないですが、鹿児島県志布志市がふるさと納税のPRのために作った動画が、特産のうなぎを水着姿の少女に擬人化したことで、いわゆるポルノを連想させるということで炎上したケースもありました。 最近の傾向としては、炎上がわっとネット上で盛り上がっている状況を、マスメディアが積極的に報じるようになっているということですね。 ネット炎上というのはネット上での現象であるにも関わらず、人々の認知経路では最も多いのがテレビ番組という研究があります。 さらに炎上によって企業の株価が下がる原因やタイミングとして、マスメディアの報道があるという実証研究もある。 ネット上だけで騒いでいる段階からテレビや新聞が報じる段階になって、株価などに大きなインパクトを与えるようになっているということですね。 マスメディアが炎上に加担 企業だけでなく、例えば今年、青山学院大学の学生たちがスーパーマーケットでふざけている動画をネットに投稿して炎上するという事案がありました。 私の見ている範囲では、テレビも大きく取り上げることで、結果的に炎上の被害が拡大しました。 若者がふざけた写真や動画をネット上に投稿することがかつてより増えていることもあるかもしれませんが、それ以上に報道する人々や機関が増えた影響が大きいですね。 山口真一(やまぐち・しんいち)氏。 2010年慶應義塾大学経済学部卒、2015年同大学経済学研究科で博士号(経済学)を取得。 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教を経て、2016年より現職。 主な著作に『ネット炎上の研究』(共著、勁草書房)など。 確かに、最近では多くのテレビ番組でいち早く炎上問題を取り上げている印象があります。 具体的な炎上のメカニズムとは、どのようなものなのでしょうか。 山口:よくあるのが、まずツイッターで投稿された炎上の種を見つけた人が、それを否定的に拡散するケースです。 拡散されていくうちに、それに対する書き込みを10回も20回も繰り返す「ヘビーユーザー」が現れて、一気にその炎上が大きく見えてくる。 今度はそれをPV(ページビュー)数を稼ぐためにまとめる「まとめサイト」が出てきたり、ネットメディアが取り上げたりする。 まとめサイトが取り上げる段階で拡散の威力は相当に高くなるのですが、最後にとどめとしてマスメディアが報道します。 そうすると、ネットにそこまで精通していない人々や高齢者までがその事件や問題を知ることになるという流れです。 こうしたメカニズムにあわせて、炎上の件数自体も格段に増えていますね。 かつては年間数十件程度だったのが、現在は年間数百件、定義にもよりますが、1000件以上という統計もあります。 ネットの普及率が一定以上まで高まった上で、さらに2010年から2012年にかけて、スマートフォンやツイッターをはじめとするSNS(交流サイト)が急速に普及した。 ツイッターのようなオープンなSNSが登場したことで炎上が広がり、多くの人が知るメカニズムが出来上がってきたということだと思います。 ただ、裁判になっても市民が思うより遙かに罪は軽い。 ならば、私刑の方が市民にはスッキリ感があるので炎上するのだと私は考えていた。 前都知事問題は「違法では無い」を連呼したことが叩かれる根拠となったと考えているが、「違法でなくとも社会的にNG」という事案は多々ある。 「人を殺してはならない」旨の法律が存在しないことが典型例だ。 誤解が無いように言うと、「人を殺した者は罰する」旨の法律が存在するが、「殺してはならない」が明文化されていないという意味だ。 そういう法律が無いからと、殺人犯が「法は犯していない」と連呼しても誰も納得しないだろう。 私は好きでない単語だが、それをモラルとかマナーなどという単語で表現する人は多いとも思う。 好きで無い理由は、多用する人の誤用が気になるからだが。 今は、記者クラブに代表される政府・企業からの大本営発表やネット炎上がソースと思われる案件を、ニュース番組で多々見る。 ワイドショーは面白おかしくが目的なのでまだ納得するが、報道番組でも多用されているところが、マスメディア自体の能力低下の照査であり、かつ彼らも薄々は自覚しているところに本来の問題点があるのだとも思う。 あちこちにまとめサイトを立ち上げる、複数のアカウントを使いまわすなどをしても 一般参加者が興味を持たず素通りしてしまえば、一本木が燃えているようなもので 森に炎上する事はありません。 木が一本燃えてるだけの状態を炎上と呼ぶのなら、それは仕掛けも効くでしょうが 例として挙げれた物は、特定のサイトだけに留まらなかったものではないでしょうか? また炎上につきものの身元特定や住所特定、エンブレムパクリなどでいえば過去の 膨大な作品群パクリ元の特定などは、知恵の持ち寄りでないと、とうてい特定の 仕掛け人に手におえるとは考えらえません。 なお、どういった状態を炎上と呼ぶかは、明確に定義されたのを見た事がありません。 これに対する認識の差は明確にあると認めます。 イギリスにゆかりのある方が「誇りある大英帝国の姫の名を使うなんて言語道断」とお怒りになるならまだ分かる。 一体どんなモラルに抵触し、誰が不利益を被るのか?抗議の大意が全く理解出来ませんでした。 エンブレム問題なんかは(真異は未だ不明ですが)、仮に何かをパクり拝借したとすれば国の誇り・威信にも関わるから声を上げていい事案だったと思いますが… 確かにモラルハザード事案は一向に減る方向にないし、個人の意見・主張が届き易くなったのも良い事です。 しかし、正論と思える大勢について対象を叩き、中身を理解せぬまま正義を振りかざし颯爽とした気分になるバカも多いのも事実。 それとマスコミはネットの話題を報道する際には、きちんと自前の取材で検証してからにして欲しいですね。 確かにマスコミ自体の体力が低下しているのでしょうね。 あたかも「私達の取材ではないのですが、インターネット上では…」と万が一誤報であった場合のニュースソースに対する言い訳前提の報道としか見えません。 当然テレビ報道等がいわゆる炎上を拡大させる可能性があることを意識した上で… 炎上の輪に加わりたのではなく真実を客観的に伝えて欲しい、この一点だけを求めている人の方が圧倒的に多いと思います。 そういったニーズに対して既存のマスコミが今その存在価値・存在意義を問われている時期なのかも知れませんね。 コメント欄を見る限り誤解している人がかなりいそうです。 しかし、大量の書き込みは0. だから炎上は多くの人の賛同などとは無関係に起きます。 その事実を分っていないマスコミの人達が安易にテレビや新聞で炎上を取り上げて、火に油を注いでいるわけです。 これは正直驚きました。 しかし、よく読むと中間管理職のように書いています。 社会的地位があるという言い方もできますが、中間管理職といえば権限が限定的でストレスがかかる職といういう印象が強いです。 ようはネットでウップン晴らしをしている中間管理職が多いということでしょう。 書いた人の気持ちが傷つくということでしょうか。 それとも都知事のような重要ポストが職を追われるということでしょうか。 ターゲットによって理解の仕方が全然変わってくるように思います。 例えばメディアは話題性がありさえすれば、とりあげすぎたり、さらに大げさに報道するのは習性というか彼らの営利活動の延長線上の話だと思うのですが、それで被害が出るということであればまあ、それは理解できます。 でも、それがネット炎上の被害かといわれると違うような。 ネット炎上がきっかけでマスメディアの被害にあったということであって、直接的にはネット炎上の被害ではない。 マスメディアの被害は元々あちこちにあるもので、それはネット炎上の被害と一緒にするような話ではないように思います。 バカじゃないの。 有名人やライバルを陥れるために冤罪をかけて炎上させるヤツは十年も二十年も前からいます。 新しい価値観もなにもない。 「真実後の世界」と、言葉は新しく語られていますが、その現象事態はすごく古くからの歴史がある悪事。 ただ、情報化で手口があからさまになってきただけ。 南京大虐殺だって冤罪ですよ。 でっちあげの悪事について、加害者どもは反省が足りんとかいうわけですよ。 価値観の賛同者? とんでもない、ただのバカの群れ。 その価値観へ賛同する人が少なければ、そもそも炎上しません。 リアルタイムで異議申し立てへの賛同が反映されて拡散する事が悪い事なのでしょうか? 少なくとも、喜んで参加してるのか動員をかけられて嫌々参加してるのか分からない旧来型のデモ行進に較べれば、遥かに参加者の意思が反映されてるといえるでしょう。 確かに汚い言葉を使う人もありますが、鉦をならして町を練り歩く古臭いデモでも汚い言葉を発してる人っていますよね。 証拠がネット上に残るだけネット炎上の方が潔いとも言えます。

次の

『イッテQ』炎上中の手越祐也“リモート出演”に「自粛させろよ…」

けやかけ 炎上

ツイッターの反応 最後のコント失礼すぎるだろ。 — Kentaro 1217antlers なんだろうな、一回メンバーもスタッフも全員考え直した方がいいのでは、? アイドル4年?やってて今だに返事一つできないアイドルが許されてるのが正直理解に苦しむ。 それに今回は廣瀬さんに対して余りにも失礼な気がする。 真剣に叱ってくださった廣瀬さんのお言葉をもっと考えた方がいいと思う。 欅坂が大好きですがあれは流石にまずいと感じました。 すみません。 MCがそこでふざけてはダメ。 本当に残念です。 2人のロケの後誰一人として返事しなかったり、MCの方も廣瀬さんをネタにしてしまっている…この放送を機に変わってください。 遅すぎるとは思いますが、頑張って変わってください。 廣瀬さんに本当に失礼。 せっかく良い回だったのにもったいないわ。 諦めたんなら辞めて頂きたい。 笑いにするか、真面目にするかはハッキリして、笑いにするなら茶化さずにすべきだったと思います。 もともとの原因は梨加となーこのひどさだったのはわかりますし、メンバーも臨機応変に対応できるようになってほしいとは思いますが。 いずれにしても廣瀬さんに対しては申し訳ないですね。 メンバーに対して思うところがあったとしても、事実を捻じ曲げた訳でもない以上、例え荒れると分かっていようと放送した制作側に責任を問うのは筋違いでしょう。 撮影に協力してくれた廣瀬さんの手前もあるでしょうし。 まさか逆ギレしたヲタが廣瀬さん叩きに走るとまでは予想外だったでしょうけど。 要は二人が返事をすれば良かっただけなんです。 誰でも出来る事だし、子供の頃から普通に教えられる事だし、事前に返事をするように言われてもいたし、怒鳴られる前に一度注意もされていますから。 それ以外に責任を問われるべきなのは、異常なまでに民度の低いヲタでしょうね。 「今回の事を真摯に受け止めて、今からでも成長してほしい」外野から何を言われてもそういう気持ちで言葉を飲み込むべきところ、つまらない反論で火に油を注ぎ、挙句パン屋さんの評価を下げたり逆に正義気取りで食べてもいないパンに星をつけたり。 カテゴリー• 5,279• 2,970• 2,053• 1,460• 1,019• 692• 4,522• 358• 739• 494• 612• 665• 575• 1,005• 498• 366• 700• 1,435• 550• 682• 653• 470• 1,716• 853• 341• 787• 1,110• 1,185• 100• 102• 109• 271• 156• 135• 221• 160• 355• 205• 314• 194• 593• 528• 411• 308• 265• 167• 195• 251• 164• 483• 188• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の