文末 かしこ。 「かしこ」の意味と使い方は?ビジネス文書やお手紙の構成

文末 かしこ

スポンサードリンク 男性が使ってもOK? この「かしこ」、普通は男性は使いませんよね。 辞典やネットで調べても必ず「 女性」と書いてあります。 ・・・・・・・ 古くは平安時代中期。 このころに ひらがなが使われ始めます。 そこで男性達は「 ~候 そうろう 」という文を書くようになりました。 後に候文と呼ばれるようになります。 これに対して女性はひらがなが多めの柔らかいタッチの文を書くようになりました。 そして締めくくりにひらがなで 「 かしこ」 と敬意を表わす言葉を書くようになったのです。 これと逆に男性は、男らしさの象徴のように漢字が多めの文を書き、 最後に「 恐惶謹言」という言葉で最後を締めくくりました。 「 恐惶謹言」 そんなの読めねぇよ! と突っ込まれそうですが、 これは「 きょうこうきんげん」と読みます。 意味は「かしこ」とほぼ一緒で「おそれながら謹んで申し上げる」です。 当時の男性は好んでこの「恐惶謹言」を使いました。 つまり、 Sponsored Link まとめ 「かしこ」という言葉、丁寧な上に使い勝手もよくて、女性にとっては便利な言葉です。 当然ビジネスの場においても、手紙を出す際に使うことができます。 この美しい大和言葉、「かしこ」がひらがなという時点で 女性らしさを感じますし、手紙を出された方がどんな感じでこの手紙を書かれたのかが目に浮かぶようです。 英語では決してこのような表現はありません。 身に美しいと書いて躾 しつけ という漢字になります。 いろんなことが簡略化されてきている現代において、自分の身に美しい作法を覚えるということが必要な時代になってきたのではないでしょうか。 かしこ。 おっと。 私は男でした 恐惶謹言。 今回は以上です。 ご参考になりましたら幸いです。

次の

文末 かしこ

この記事の目次• 意味は、「恐れ多い」「かしこまり申し上げます。 」です。 これを文末につけることで「これで文章は終わりです。 」ということを表しています。 また、「可祝(かしく)」と表すこともでき、「これで失礼いたします」という意味も持っています。 そこで、文末に 「絶対にひとに見せないでください」という意味で、「あなかしこ」と付け念押しをしました。 これが、文末に「かしこ」を使う由来になったという説もあります。 手紙には、ある程度の決まり事があるので、きちんと押さえておきたいところですよね。 「かしこ」は女性のみが使う言葉で、一般的に目上の人に、私用の手紙で使うことが多いです。 カジュアルな印象を与えてしまうため、 ビジネスなどの公的な文章に、使うのは避けます。 「かしこ」を使う場所は、もちろん文末ですが、頭語に「拝啓」を使うと、結語には「敬具」を使うというような、ペアにすべき言葉はとくにありません。 「拝啓」「前略」などのどんな頭語でも、組み合わせて使うことができます。 さらに、頭語なしで、いきなり季節の挨拶から入っても、文末に使うことができ、厳しい決まりごとはなしです。 「あらあらかしこ」「あなかしこ」と言ったレパートリーもあり、便利に使える言葉です。 (例文) 拝啓 雪が舞い散る、寒さが厳しい季節になりました。 皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか? 先ほどは、大変結構な、お品を頂戴いただきありがとうございます。 お心遣いに、心から感謝いたします。 まだまだ、寒さは続きますので、どうかご自愛ください。 男性は「恐惶謹言」「謹厳言上」を使う ちなみに、現在では、男性は「かしこ」の代わりに 「敬具」「敬白」「謹言」などを結語に使います。 では、昔はどうだったのでしょうか。 「かしこ」は平名のため、手紙に漢字を使う男性は、使いません。 代わりに使う表現は「恐惶謹言」「謹厳言上」などで、意味は同じなのですが、何とも硬い表現です。 上下関係の強い社会で男性が生活していたことが感じられますね。 対して、女性は男性よりは上下関係を気にしない傾向がありました。 平仮名には、かわいらしさ、女性らしさが感じられる言葉として使われていて、それが今でも残っているのですね。

次の

かしこみかしこみの意味は?祝詞「恐み恐みももうす」の正しい使い方も解説

文末 かしこ

前略 先日はご丁寧なお手紙ありがとうございました。 お力になれず申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきたいと思います。 ますますのご活躍をお祈りしつつ、取り急ぎお返事まで。 草々 このような感じですね。 前略の後は 時候の挨拶は省略し、いきなり本題へと入っています。 そして最後に「草々」という言葉を入れて文章を締めくくります。 使い方としてはそれほど難しいことはないと思うので、機会があれば使うようにしてください。 スポンサードリンク 頭語と結語の種類や組み合わせ 手紙の書き出しで使われる前略の結びは草々なのか、早々なのか。 また敬具やかしこといった結語は使えないのかなど、例文も見ながらまとめましたがいかがでしたか。 ちなみに、頭語と結語の種類や組み合わせですが、一覧にしてまとめて見ると全体が見れてわかりやすいと思います。 手紙の種類 頭語 結語 一般的な手紙 (往信) 拝啓 拝呈 啓上 一筆申し上げます (女) 敬具 敬白 拝具 かしこ (女) 一般的な手紙 (返信) 拝復 復啓 お手紙拝見いたしました (女) 敬具 敬答 かしこ (女) お返事まで (女) 丁寧な手紙 (往信) 謹啓 謹呈 恭啓 謹んで申し上げます (女) 謹言 謹白 敬白 かしこ (女) 丁寧な手紙 (返信) 謹復 謹答 お手紙謹んで拝読いたしました(女) 謹言 敬白 かしこ (女) 急ぎの手紙 急啓 急白 急呈 取り急ぎ申し上げます (女) 敬具 不一 不備 かしこ (女) 初めての手紙 謹啓 拝啓 恭啓初めてのお便りを差し上げます (女) 謹言 敬白 敬具 かしこ (女) 前文省略の手紙 前略 冠省 略啓 前略ごめんください (女) 草々 早々 不一 かしこ (女) すぐ再び出す手紙 再啓 再呈 追啓 重ねて申し上げます (女) 謹言 敬白 敬具 拝具 かしこ (女) *(女)は女性の言い回し このように手紙の種類によって頭語と結語を使い分けてもらうといいと思います。 結語の「かしこ」は女性特有の言い回しで、どのケースでも使えるので便利ですが、それでもビジネスの場面などはふさわしくないと思うので気を付けて下さい。

次の