結婚式 電報 マナー 祝電。 結婚式の電報マナー!失礼のない祝電を贈るための基礎知識や文例

結婚式に電報(祝電)を送る場合のマナー|宛先・宛名の書き方、いつまでに送ればいいのかを解説

結婚式 電報 マナー 祝電

電報は、電信によって文書を配達するサービス。 現在は、お祝いやお悔やみなど、特別なメッセージを送る際に利用されています。 結婚式や出産祝いなどお祝いのときに送られるものは「祝電」といわれ、今でも多くの結婚式で登場。 新郎新婦が受け取るだけでなく、披露宴中にメッセージが読み上げられたり、飾ってお披露目されたりします。 また、会社の同僚や仕事で取引のある人、また趣味のサークルなど、複数名や団体で送ることも多いです。 しかし、ふたりへメッセージを届けたいという気持ちがあれば、参列していなくても送ってOK! ぜひ積極的に活用し、新郎新婦へ祝福の気持ちを届けましょう。 メッセージ料金+台紙料金、メッセージ料金+台紙料金+配送料金などで構成されることが多いようですが、全て込みで設定されるケースも。 価格に大きく影響するのは「台紙料金」。 これは、上記で紹介した「カード」「フラワー」「ぬいぐるみ」などを指します。 これによって、700円くらいから1万5000円くらいまで、多彩な価格帯が用意されています。 かかる日数は個社ごとに変わります。 例えばA社では19時までの申し込みで当日中の配達が可能ですが、生花など台紙の種類によっては、対応ができないものもあります。 また、 s 式が始まる数時間前に新郎新婦が内容を確認するため、結婚式前日までに届くようにしましょう e。 できるだけ3日前までに手配すると安心です。 2、台紙のタイプやデザインを選びます。 種類や価格帯で検索することも可能です。 祝電にも出産や入学祝いなどさまざまな用途があるので、 s 「結婚式用」から選ぶのが無難 e です。 3、メッセージ文を入力します。 この記事の最後に文例集を掲載している他、各サイトにも豊富な文例があるので、参考にしてもいいでしょう。

次の

結婚式におすすめ!<電報・祝電>デザイン&メッセージまとめ

結婚式 電報 マナー 祝電

結婚式の祝電は披露するべき?しないべき? 展示や省略などはマナー違反なの? 結婚式に届く祝電は、新郎新婦にとって嬉しいサプライズですよね。 大切な人たちから届いたお祝いの電報は、結婚式で披露してもいいのでしょうか?披露宴やパーティー会場に展示したり、祝電をたくさんいただいた場合、メッセージを省略して名前だけを紹介しても失礼には当たらないのでしょうか? そんな意外と知らない祝電のマナーを紹介します。 どうぞ参考にしてみてください! 目次• 結婚式当日の準備 結婚式でいただいた祝電を披露することは、マナー違反ではありません。 多くの結婚式では、披露宴の最中に「祝電披露」の時間が設けられ、司会者によって読み上げられています。 祝電は結婚式に参加できない人たちが、結婚式当日に届けてくれるお祝いのメッセージです。 その場にはいなくても、披露したときの反響などを伝えると、送ってくれた人たちも喜んでくれます。 ただし、祝電は当日になるまで何通届くのかわかりません。 祝電を披露する場合、詳しい段取りを決めるのは、挙式や披露宴の直前になります。 新郎新婦が当日にやるべきことを見てみましょう。 披露宴の前にやるべき3つのこと 祝電は、披露宴が午前中の場合は前日に、午後の場合は挙式の1~2時間前には結婚式会場に届いているはずです。 披露宴が始まるまでに新郎新婦がやるべきことは、主に次の3つです。 事前に届いた祝電を確認する• 読み上げるタイミングを決める• 読み上げる順番を決める 祝電を披露する場合、実際に読み上げるのは披露宴の司会者です。 しかし、祝電の内容を確認し、披露するタイミングや読み上げる祝電の順番を決めるのは新郎新婦の役割です。 以下、大切なポイントを紹介していきます。 それぞれチェックして、司会者と共有しておきましょう。 祝電の確認ポイントとは? 届いた祝電は、以下の3つのポイントに留意して確認しましょう。 (1)誰が送ってくれた祝電なのか? 祝電を送ってくれた人と新郎新婦の関係がわかるのは、本人たちだけです。 会社関係、友人、親族関係など、あらかじめグループ分けしておくと、披露する際に司会者も紹介しやすくなります。 (2)名前の読み方は? 祝電披露をする際、実は名前を読み間違えるケースが少なくありません。 祝電を送ってくれた人に対して、読み間違えは失礼です。 名前・会社名・肩書の読み方を司会者にしっかり伝えておきましょう。 (3)縁起の悪い言葉はないか? 結婚式にはふさわしくない「忌み言葉」と呼ばれる縁起の悪い言葉があります。 お祝いの式を台無しにしないためにも、祝電の中に以下のような言葉がないか確認しておきましょう。 別れや終わりを連想させる言葉 別れる、終わる、切れる、離れる、戻る、出る、帰る、去る、逃げる、冷える…など 不幸や不吉なことを連想させる言葉 飽きる、落ちる、衰える、消す、捨てる、滅びる、負ける、最後、涙、病気、悪い、死、四…など 再婚や再縁を連想させる重ね言葉 しばしば、たびたび、またまた、重ね重ね、くれぐれ、繰り返し、さらに、再度…など 祝電はいつ披露するの? お色直しの最中やスピーチ・余興の後が一般的 一般的には、新婦(または新郎も)がお色直しのために退場して出席者が歓談や食事を楽しんでいるとき、または、友人や職場の同僚によるスピーチや余興が行われた後で披露されることが多いです。 以下の例を参考に、司会者や結婚式のスタッフと相談してあらかじめ決めておきましょう。 参考例:披露宴の進み方• 新郎新婦の入場• 開宴の辞• 媒酌人または司会者の挨拶• 主賓祝辞• ウェディングケーキ入刀• お色直し• キャンドルサービス• 花束贈呈• 両家代表の謝辞• 以下の例を参考にしてみてください。 参考例:祝電を披露する順番• ただ、披露宴には、時間的な制約があります。 祝電がたくさん届いた場合、すべて読み上げることは難しいでしょう。 「全文」と「名前だけ」に分ける ほとんどの結婚式では、何通かの祝電は全文が読み上げられ、それ以外の祝電は送り主の名前だけを紹介することが一般的です。 これは時間的な都合があるため仕方がないこと。 メッセージ部分を省略したからといって失礼な行為にはなりません。 披露宴が始まる前に「全文を読み上げる祝電」と「名前だけを紹介する祝電」にあらかじめ分けて司会者に伝えておきましょう。 そして、祝電を送ってくれた方々には、できるだけ早く連絡して、電報が無事に届いたことと、感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。 祝電は披露宴やパーティー会場に展示してもいいの? 祝電を展示するのは送った本人にも喜ばれる 結婚式に祝電を送ってくれる人たちは、招待されたけれど、事情があって出席できない人や、招待されてはいないけれど、お祝いの気持ちをリアルタイムで伝えたい人たちです。 祝電が多くの出席者の前で披露されることも、前提のうえで送ってきてくれています。 披露宴やパーティー会場に展示して招待客に見せても、マナー違反ではなく、むしろ喜んでくれるはずです。 お祝いのメッセージやギフトが祝宴を華やかに 今の祝電は、可愛いぬいぐるみやプリザーブドフラワー、シャンパンやワインなどがセットになったおしゃれなギフト付き電報、ゴールドやシルバーの電報台紙など、結婚式にふさわしい華やかなものが多く、見ているだけでも幸せな気分になれます。 お祝いのメッセージやギフトをウエルカムスペースや高砂などに飾って、一生の記念日を祝電で華やかに彩りましょう。 まとめ 結婚式で祝電をどのように扱ったらいいのかイメージしていただけたでしょうか?祝電を披露することも、時間によってはメッセージ全体を省略することも、決してマナー違反ではありません。 お祝いのメッセージやギフトは披露宴やパーティー会場に飾って、幸せな気持ちをゲストと分かち合いましょう。 監修:松本繁美(マナーアドバイザー) 1994年に研修会社エル・ステーションLTD. を設立。 マナーをはじめとして各種企業研修、講演会のプロデュースを手がける。 専門学校の客員講師、雑誌や新聞のマナー記事の監修、TV番組のコメンテーターとしても活躍中。 冠婚葬祭、ビジネスマナーなど、今どきのマナーのデザインに定評がある。 著書・監修『ビジネスマナー講座』『冠婚葬祭暮らしのマナー大百科』 日本文芸社 、『大人のマナー基本はこれだけ』 講談社 、『贈るとお返しのマナー』 主婦の友社 など多数。

次の

結婚式の電報の句読点について

結婚式 電報 マナー 祝電

結婚式の電報の句読点について 社会人になるとなかなか教えてもらえないのが祝電の文章作法です。 文面そのものはお祝いの気持ちをそのまま伝えればいいのですからそれほど迷うことはありませんが、意外と悩むのが句読点の打ち方でしょう。 結婚式にかぎらず、電報では基本的に句読点を打たないのがマナーとされていますが、その理由を正確に説明できる方は意外と少ないかもしれません。 祝電の句読点のマナーにくわえ、スピーチでもおさえておくべき忌み言葉のルールについてもまとめました。 句読点は使ってはいけない? 原則として、日本では電報の文面に句読点を打つのはマナー違反とされています。 これは、末永くつづくはずの結婚生活に区切りをつけてはいけない、という一種のジンクスのようなものであり、「言霊」というものの力を強く信じる日本特有の風習であるともとらえることができます。 初期の時代には句読点どころかスペースさえも使われておらず、最低限の改行によって文意をととのえるスタイルがとられていました。 現在では単語の区切りを表すためにスペースが使われることが多く、昔のように「電報は読みにくい」というイメージは薄れつつあります。 余談ですが、英文の祝電でも区切り方のマナーがあり、単語をスペルの途中で区切ることがないように単語の先頭で改行する、という方法がとられます。 句読点の扱いは祝電にかぎらず、弔電などでも共通するマナーなのでぜひともおさえておきましょう。 句読点の変わりはどうすれば良い? 英文と違い、単語をスペースで区切る習慣のない日本では電報でも単語の区切り方に悩むことがあります。 句読点で句切ることは原則としてマナー違反なので、日本においてはスペースやかぎ括弧、行間をうまく活用して読みやすくする工夫がとられます。 また、一般的な文章のように段落の先頭を空けることもマナー違反です。 いわゆる段落ごとの字下げを行うことなく、2、3行ごとに細かく改行を入れ、行間を多くとることによってひとつひとつの文章が読みやすくなり、全体としてすっきりした印象になります。 最近では祝電の作法ミスなどを自動で修正してくれるサービスもありますので、細かいマナーが把握しきれずに不安な方はこれらのサービスを利用してみるのもおすすめです。 ただ、最近は冠婚葬祭のマナーも簡素化されてきており、改行や句読点の打ち方についてのマナーについても少しずつ変わりつつありますので、ひとつの目安として覚えておく程度でちょうど良いかもしれません。 その他にも使っていけない言葉 日本には古来から「忌み言葉」という伝統があります。 忌み言葉とは忌まわしい言葉からきており、結婚式の祝電やスピーチで使ってはいけないボキャブラリーがあらかじめ決められています。 結婚のお祝いにおける忌み言葉としては、割る、返す、戻る、終わる、割れるなどがあり、いずれも一生のうちで一度しかない結婚生活を繰り返すイメージが連想されるため、祝電やスピーチではさけるべきだとされています。 文章の流れ上どうしてもその種の言葉を盛り込みたい場合は、忌み言葉にならないボキャブラリーに言い換えるか、祝電であればたんにひらがなに置き換える、という方法などが用いられています。 祝電にはあまり使われませんが、映画を表す「シネマ」も忌み言葉のひとつであり、大正から昭和時代にかけては「キネマ」と言い換えられていた歴史があります。 まとめ 祝電やスピーチでは句読点の打ち方に配慮しなくてはいけません。 単語の区切りにはスペースやかぎ括弧を使うのがマナーであり、これは「ふたりの結婚生活にピリオドを打たない」というジンクスからきています。 忌み言葉にも気をつける必要があり、割れる、返す、終わる、などのボキャブラリーは祝電やスピーチでは使わないように文面を組み立てていきましょう。

次の