私本当は目撃したんです。 「娘の交通事故」

天狗の目撃情報あつめてみた

私本当は目撃したんです

その日、私は、友人の晴れ姿を祝おうと、結婚式に向かっていました。 息子を愛してやまない姑が暴走して、ゲストはドン引き、新婦が号泣する、不幸な結婚式になるとも知らず・・・。 友人Aは、社交的で快活な素敵女子。 Aが20代の頃、職場で出会ったBは、30代前半、高学歴で高収入。 某イケメン俳優に似た爽やかなルックスで、文句のつけようがない男性でした。 ただ一つ、バツイチという点を除けば。 それでも、元妻との離婚理由が、すれ違い生活だと聞いて、Aは結婚に踏み切ります。 約1年かけて、AとBが準備した結婚式は、豪華ホテルに200名のゲストを招く盛大なもの。 ところが、挙式会場に到着した途端、異様な光景に唖然としました。 Bのお母様、姑が真っ白なワンピースを着て、親族席でグスグスと泣いているのです。 バツイチ息子が、ようやく幸せをつかんで、感動しているのかな? それとも結婚に反対して、嫌がらせで白い服を着ている? もう姑から目が離せません。 新郎Bの登場に、涙を拭きながら笑顔を見せた姑ですが、バージンロードを歩く新婦Aを睨み付ける・・・。 そして新郎新婦誓いのキスの瞬間は、こらえきれなかったのか、ヒイヒイと悲鳴のような泣き声が響きわたりました。 披露宴会場に移動してからも、姑の暴走は続きます。 目のふちを赤く腫らした姑は、ゲストの皆さんに、挨拶とお酌をしてまわりながら、息子の自慢バナシを始めるのです。 「Bは、幼い頃から賢くて、神童と評判だった」 「昔から優しい子で、母の日や誕生日には必ずプレゼントを贈ってくれる。 初任給で海外旅行に連れて行ってくれたのよ」 「今でも毎日LINEで話しているし、Bのことはなんだって知っている」 とまどうゲストの様子に気づかず、姑の自慢は止まりません。

次の

私の両親 |近●相● 禁断の世界|親の性行為目撃談|ネットで見つけた!素人の超エ口い本当にあった体験談!

私本当は目撃したんです

その日、私は、友人の晴れ姿を祝おうと、結婚式に向かっていました。 息子を愛してやまない姑が暴走して、ゲストはドン引き、新婦が号泣する、不幸な結婚式になるとも知らず・・・。 友人Aは、社交的で快活な素敵女子。 Aが20代の頃、職場で出会ったBは、30代前半、高学歴で高収入。 某イケメン俳優に似た爽やかなルックスで、文句のつけようがない男性でした。 ただ一つ、バツイチという点を除けば。 それでも、元妻との離婚理由が、すれ違い生活だと聞いて、Aは結婚に踏み切ります。 約1年かけて、AとBが準備した結婚式は、豪華ホテルに200名のゲストを招く盛大なもの。 ところが、挙式会場に到着した途端、異様な光景に唖然としました。 Bのお母様、姑が真っ白なワンピースを着て、親族席でグスグスと泣いているのです。 バツイチ息子が、ようやく幸せをつかんで、感動しているのかな? それとも結婚に反対して、嫌がらせで白い服を着ている? もう姑から目が離せません。 新郎Bの登場に、涙を拭きながら笑顔を見せた姑ですが、バージンロードを歩く新婦Aを睨み付ける・・・。 そして新郎新婦誓いのキスの瞬間は、こらえきれなかったのか、ヒイヒイと悲鳴のような泣き声が響きわたりました。 披露宴会場に移動してからも、姑の暴走は続きます。 目のふちを赤く腫らした姑は、ゲストの皆さんに、挨拶とお酌をしてまわりながら、息子の自慢バナシを始めるのです。 「Bは、幼い頃から賢くて、神童と評判だった」 「昔から優しい子で、母の日や誕生日には必ずプレゼントを贈ってくれる。 初任給で海外旅行に連れて行ってくれたのよ」 「今でも毎日LINEで話しているし、Bのことはなんだって知っている」 とまどうゲストの様子に気づかず、姑の自慢は止まりません。

次の

本当にいた!私の目撃したモンスターペアレンツ

私本当は目撃したんです

野ション等の情報をお願いします。 投稿内容に関する御意見はまでお願いします。 マナー・モラルを守った投稿にご協力ください。 悪戯系を含む投稿は 厳禁です! 削除対象とします。 【警告】 悪戯系(射精したり、精液をかけたり他)の投稿の禁止と 上記にも表示しているのに守っていない人がいます。 これからは削除だけでなく、相応の処理もさせていただきます。 悪戯かどうかは管理人の独断で決めます 昔の話だけど書いてみることにしました、僕は塾に行っているから帰りが 夜9時ぐらいになるんだけど、普通に帰ろうとしてたら、同じ学校の 子が いた、その子もここの塾で6年生の同じクラスの子だった、なゆさていう名前 の子、学校の制服着てました、なんかなゆさがもじもじしてたから、どうしたのと聞くと、私トイレ行きたいと言いました、僕は塾のトイレですれば? と言いましたが塾は洋式トイレがないらしく、しずらいらしい 僕は、なゆさにおしっこを我慢させようと思い、一緒に近くの公園の 障害者トイレになゆさを入れた、僕も入ったするとなゆさが、一人でするからいいよときれられました、もちろん僕は従うことはなく、トイレの 鍵を閉めてなゆさが逃げないようにしました、なゆさが、ねえ気持ち悪い 私本当にトイレ我慢してるのだからやめてよと涙目で言ってきました なゆさのことが実は少し気になっているので、興奮しました なゆさのはランドセルをもっていたので、僕がランドセルの中見せて、そしたらもう僕帰ってあげると嘘をつきました、そしたらなゆさが、いいよ でも早く見てと言ってランドセルをくれました、中を見ると教科書と筆箱 宿題が入っていました、するとなゆさが、やばい漏れちゃうよーと言いました、僕の前でしてと言いましたすると、ヤダ何であんたの前でしないとならないのと言ってきました、僕がたちしょんしてと言うと 私女の子だからできないあとスカート汚れちゃう すると限界なったのか、スカートの中からブルマ 黒いやつ を脱ぎました するとしゃがみましたパンツはすみっコぐらしのパンツでした そしてなぜか立ち上がり泣きだしましたよく見てみるとパンツ着たまま 漏らしてました 今回は私と友達が漏らした話を書きます 私は私立に行っているため制服での登校です 今日は放課後に友達の山田理乃ちゃんと、外に落ちている、もので 何か作ろうという約束をしてました、二人で遊んでいると、何人かの男子が来て追いかけてきました、私たちは、やめてとでかい声を出しました ですが男子追いかけてきたので逃げましたそして隠れていると、トイレに行きたくなりました、学校のトイレに行くことにしましたが 男子にばれると恥ずかしいので隠れていくことにしましたが 友達の理乃ちゃんが私も行きたいと言ったので一緒に行くことにしました 男子がきたので、私たち今からトイレ行くからあっち行けと、でかく言いました、男子がついてくるので早く女子トイレに行こうとしましたが 男子が私の髪の毛を押さえてきました、私は痛いからやめてあと、トイレ行きたいのだから何もしないで!と言いました ですが男子が理乃ちゃんのことを叩きました、理乃ちゃんは泣いてしましました、私は何で叩く必要があるの、私たちは今トイレに行きたいの 漏れたら、あんたたちのせいにするからと強く言いました そして理乃ちゃんのスカートからおしっこが出てました 男子が、あ。 理乃が漏らしたwと笑ってました、そして4年なのに馬鹿じゃねぇのと男子が言いました、私はもういい加減にしてよ、理乃ちゃん漏らしちゃたじゃん、どうするのと強く言いましたが今度は私が男子に けられました、私は痛くて泣いてしましました そして私のスカートの中からもおしっこが出てきました すると男子が佳代も漏らしたwwと楽しんでいました 私はただ泣くことしかできませんでした 小学時代にあった野ション 時は私が小学5年になったばかりでした。 私の小学校は制服で、当時には夏服の姿でした。 突然トイレが行きたくなりましたが、やっと見つけたトイレか故障で止められていました。 その公園は山の下の所で、人もあまり居なく、トイレの後ろはすぐに山だったのでここでしようかと思いました。 適当な所に立て、パンツを下ろしました。 当時に生理を始め、パンツには生理ナプキンが付いていて、「これはマジで見られたくない」と思いながらしゃがみました。 あそこから真っ黄色なおしっこがしゅぃぃいーしゅぃぃいーと出てました。 30秒から1分ほど続けておしっこが出ました。 誰かに見られたらダメ、と心配しましたが、誰もいなくて良かったと思いました。 拭くのはポケットの中にティッシュがあったのでそれであそこを拭いてゴミ箱に捨てました。 かなり臭ってるので少し心配しましたが、誰かに見られなくて良かったなと思った瞬間でした。 男子の立ちション 今日、奈良のとある公園に遊びに行っていました。 小学5年の同級生4人でかくれ鬼ごっこをしていました。 二回戦目で俺と一人の友達が鬼になったのですが、友達が「おしっこしたい」と言い出して、「トイレならあそこ」と言おうとしたのですが、友達は、「そこで立ちしょんするわw」と言ったので、面白がって俺もついていきました。 公園から離れた人など来ないようなところにあった石におしっこし始めました。 出し始めたときに、運悪く通りすがりのおじさんがこちらへ向かってやってきました。 友達はそれに気づいてまだ出ている途中なのに一気にズボンを上げました。 その後「ちょっとちびった」と言ってパンツを脱いでノーパンで続けていました。 従兄弟と 1月1日は親族全員で祖父の家に集まってご飯を食べたり、 ちょっとした、ゲームをやったりする。 俺は、俺の従兄弟を可愛いなと思っていた。 結構仲良くて、普通に手も繋げる仲だった。 他の従兄弟と遊んでいると、トイレにいった。 こっそりついていって入るところを見た。 鍵をかけていなかったので、少し覚悟してドアを開けた。 もうおしっこは出始めていて ぷしゃああああああああああああああああああああああああああ しゃあああああああああああああああああああああああああああ って勢いよく出てた。 毛は処理してなくて生えたまんまだった。 叩かれるとか思ってたけど、ただ驚いただけで、きゃあ!とか叫んだりはしなかった。 あんまり見ないでwって言われたけど、見たいもんは見たい。 しゃああああああああああああああああああああああああああああしゅいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい そのあと話あって今日は泊まることにした。 皆が帰ると、寝る準備のために風呂にはいることになった。 祖父にばれないように二人で一緒にはいった。 続きはまた今度 生理ナプキンにおしっこ 一時期英語の時間に忘れ物をしたといって抜け出し、 クラスの女子の生理ナプキンを集めていた。 そのうち汚物いれも漁るようになった。 ナプキンに付いた経血の位置からその子のワレメが前付きなのか後ろ付きなのかもわかった。 ある時気づいた。 毎日数人の女子が、経血ではなく、 黄色いおしっこだけをつけて出す子がいることに、、、、、 一人目は和紗後ろ付きで、おしっこは真下に勢い良く出る。 一日観察していると三時間目の終わり少し前を抑えた。 休み時間にいくと思いきや友達と話ながらすごしそのまま四時間目 しばらくすると、和紗が少し力んだ表情をしたあと、ほっとちからを抜いた。 耳を澄ませると、 じゅううううううううううううううううううううううううううう っておとがした。 顔が赤くなって回りをキョロキョロしていた。

次の