ライター ナミ。 パチンコライターの金銭事情 規制厳しく「稼げる時代ではない」

パチンコライターナミ MEDAL NUDE

ライター ナミ

・パチスロの新台解説や攻略法などを専門誌に執筆する「パチンコライター」という職業。 いまやその活動範囲は誌面にとどまらず、地上波やCS放送の専門番組に出演したり、パチンコ店での実戦取材に呼ばれたりと、タレント並みに幅広い。 そこで、最近、グラビア撮影にも初挑戦している「DMMぱちタウン」専属ライターのナミさんに、知られざるパチンコライターの世界を語ってもらった。 もともと母がパチンコ好きで、私もゲームセンターのコインゲームなどで遊び方は知っていたので、割とすんなりホールにも入ることができました。 でも、ゲームセンターと違って、パチンコは大きなお金をかけないと当たらないこともあるので、最初はドキドキでしたね。 コンビニのアルバイトで稼いだお金や、貯めていたお年玉などを握りしめて、1万円を投資するたびにヒリヒリした感覚がありました。 初めて打った時に、少ない投資額でたくさん勝ったんです。 それからすっかり味をしめちゃった感じです(笑い)。 大学の授業がない日は、朝から晩までパチンコ店にこもることもしょっちゅう。 当時、付き合っていた彼は、まさか私がパチンコ店に通っているとは知らず、ある日、彼の実家にお土産を持って遊びに行ったら、その紙袋の中にパチンコ玉が転がっていて……。 「これ、何?」と言われたこともありました。 結局、その彼とは別れちゃいましたけどね。 多いときで年間200万円ぐらい負けた年もあったと思います。 コンビニバイトの他にも、日払いで給料をもらえる秋葉原のメイドキャバクラなどでも働きましたね。 でも、結局、そのお金を持って翌日にはまたパチンコに行く生活でした(笑い)。 ナミ:1年間だけ事務仕事をしました。 でも、あまり仕事は楽しくなかったし、会社帰りにパチンコに行っても長い時間打てなかったので、ストレスは溜まる一方でした。 それで、会社はスパッと辞めて、パチンコ店でコーヒーを配る「コーヒーレディ」の仕事を2年ほどやりました。 毎日パチンコ台を見られる仕事だったので、それはそれは楽しかったです。 パチンコライターになろうと思ったのも、自然な流れですか? ナミ:じつは人前に出るのがあまり好きなタイプではなかったんです。 当時からビワコさんやヒラヤマンさん、かおりっきぃさんなど有名なパチンコライターさんが活躍していることは知っていましたが、仕事として自分がやることになるとは思っていませんでした。 たまたま、友達が読んでいたパチンコ専門誌にライター募集の告知が載っていて、勧められるがままに応募しただけなんです。 事前に勝率の高い台を選ぶにはどうしたらいいかの「立ち回り」方を勉強したり、「止め打ち」などの専門用語を覚えたりもしたのですが、そんな専門的な審査はほとんどありませんでした。 単純に人物像やパチンコライターになる意気込みを見られた感じです。 ライターの仕事自体は1文字数円の世界で、ページ全体の構成やレイアウトまで作ってはじめて一人前と認められる仕事。 とても書くだけでは生活できなかったので、はじめて2年ほどは催事会場やパチンコ店などでコンパニオンの仕事もしていました。 それでも、パチンコ店の実戦取材に呼ばれたり、テレビの仕事などが徐々に増えたりしているのが収入的には大きいですかね。 2011年にパチンコ店のイベント規制があり、「今日は〇〇の台が熱い!」とか「出玉大還元します!!」といった派手な宣伝が禁止された代わりに、私たちのようなパチンコライターを呼んで集客しようとするホールさんが増えて、パチンコライターの収入も増えたんです。 有名なライターさんは、1本2桁万円のギャラをもらっていると聞いたことがあります。 ただ、いまはパチンコ業界もますます規制が厳しい時代ですし、そこまでライターが稼げる時代ではなくなったと思います。 でも、私は純粋にパチンコが大好きですし、今後もパチンコの魅力を皆さんにお伝えしていきたいです。 その他、プライベートで3日は打っているので、結局1週間のほとんどはパチンコ店にいますね(笑い)。 新台は自分の好みかどうかにかかわらず、まんべんなく打っておかないと、急にテレビなどに呼ばれたときに解説できないので、プライベートで行く日も、いろんな台の研究はしています。 昔に比べて悪い台で粘って大負けすることは少なくなりましたし、負けて大泣きするなど感情的にならなくなったのも、パチンコライターになって良かった点ですね。 ナミ:そうなんですよ。 今年はセミヌードのデジタル写真集を出しましたし、来年は際どいポーズが満載のイメージDVDも発売する予定です。 じつは私、ヘンな意味じゃなく「脱ぎたい願望」があったんです(笑い)。 こういう私の姿もたくさんの人たちに知ってもらって、またパチンコファンがたくさん増えたらいいなと思っています。 【プロフィール】なみ/1987年6月20日生まれ、東京都出身。 2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格しデビュー。 2018年よりDMMぱちタウン専属ライター。 『恋するパチスロリーグ』(MONDO TV)にレギュラー出演中のほか、『激! 今夜もドル箱』(テレビ東京、火曜深夜1時〜)などで活躍中。 2019年はライターからグラビア界にも進出し、デジタル写真集『MEDAL NUDE パチンコライターナミ』を発売。 2020年2月25日にはイメージDVD『ナミとのデート』(エアーコントロール)も発売予定。 外部サイト.

次の

パチンコライター・ナミ 自粛明けのホールで打つべき機種は|ニフティニュース

ライター ナミ

パチンコライターとして活躍中のナミが、DVD「ナミとのデート」 エアーコントロール 発売記念イベントに出席。 囲み取材に応じたナミが、グラビアDVDデビューのきっかけや、今後の目標などを語った。 元々水着になるのが好きだったので、すごくありがたいお話で、そこからこちらのDVDに発展しました。 グラビア活動は楽しいです…けど、体形維持って難しいなと。 なかなか維持できないですね」と苦笑い。 周りの反響について「『 デジタル写真集について メダルでよく隠れたね』って 笑。 『よく足りたね』って言われました」と笑顔で報告。 期待してください 笑。 もうちょっと生々しいものも撮りたいかなと思います」と、次回作以降に向けてかなり意欲的な様子。 ちなみに憧れのグラビアアイドルは岸明日香とのこと。 「パチンコ番組共演しているんですけど、かわいらしくてスタイルもすごくて」と尊敬のまなざしを。 (ザテレビジョン).

次の

「脱ぐことに抵抗はありません」美人パチンコライター・ナミ、温泉旅館でデート!

ライター ナミ

経歴 [ ] 卒業後、一般企業に就職するが1カ月で退職。 興味本位から応募し合格。 に「 るる」としてデビュー。 には『パチンコ攻略マガジン』を辞める。 辞めるに際し公式ブログで会社への不信が要因であると告白していたが、後に該当ブログを削除している。 2018年、及びでDMMぱちタウン専属ライターとなった事を発表。 「 冨樫マリア(とがし まりあ)」として活動を始めるが、自身で命名したにもかかわらず馴染めないとしてツイッターでアンケート投票を行い、4カ月ほどで「 ナミ」に改名。 ネット動画や専門チャンネルなどへの出演が主な活動だが、には『』()にが掲載された。 人物 [ ]• 大の・好きで、かなりのである。 また過去にはを約200冊所有していた事もあったという。 自宅でを飼っている。 海物語シリーズの「ズゴンくん」の人形を相棒として持ち歩いている。 海が好きで、よく海へ遊びに行くことが多い。 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• エハラマサヒロのパチバラ 25, 26(2015年、)• (2016年 - 、) - 指南役で不定期出演• パチマガGIGAWARSシーズン13(2016年 - 2017年、)• 204(2016年10月、)• 126, 127, 130, 131, 134, 135(2017年、パチ・スロ サイトセブンTV)• (2017年10月 - 2018年9月、) - 休養により途中降板• (2019年9月 - 、MONDO TV)レギュラー イベント [ ]• パチスロサミット2017• DMMぱちタウン4周年ファンフェスティバル• PACHI EVA FES 2017• 「パチスロ 新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2」感謝祭• みんなのパチンコフェス 2019 WEB配信 [ ]• ナミのキュワキュワガチ実戦(DMMぱちタウン)• ぱちんこスナック るるみん()• SANYO海日和 るるマリンちゃんのスペシャルグラビア()• パチマガスロマガちゃんねる(スロさんぽ,うみかつ) 作品 [ ] DVD• ナミとのデート(2020年2月25日、エアーコントロール) 写真集• 週刊ポストデジタル写真集「MEDAL NUDE パチンコライターナミ」(2019年9月23日、小学館) 雑誌• 週刊ポスト 2019年10月4日号(小学館) - グラビア「確変SEXY」• 週刊ポスト 2020年2月7日号(小学館) - インタビュー「令和のパチンコはここまで進化した 美女パチンコライター座談会」 脚注 [ ]• 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] 2020年4月11日. 2020年4月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - 旧公式ブログ(2018年6月16日 - 2019年6月11日)• (2019年6月11日 - ).

次の