てん ち む 主演 映画。 『いだてん』W主演でセリフ量に大差 勘九郎「阿部さんは1回で僕の24回分」

永瀬廉主演映画『弱虫ペダル』にジャニーズJr.の井上瑞稀ら出演!(TOKYO HEADLINE WEB)

てん ち む 主演 映画

司会を務めた俳優の阿部サダヲさんから「(演技が)うまいですよね」と褒められた松岡さんは、阿部さんが出演しているNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」への出演意欲を語った。 「いだてん」は、 2013年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あまちゃん」の宮藤官九郎さんが脚本を手がけている。 「あまちゃん」でアイドルグループ「GMT47」のリーダー入間しおり役を演じた松岡さんは「『いだてん』には『あまちゃん』ファミリーも出ていて、私も『あまちゃん』出身でして。 『いだてん』の第2弾キャスト発表のときに(自分が)いなかったものですから。 (『いだてん』の)プロデューサーさんに『私は第何弾でしょうか』ってメールしたんです。 そうしたら『第10弾だ』って。 それは(2020年放送予定の大河ドラマ『麒麟がくる』で描かれる)明智光秀が始まっちゃう」と直談判していたことを明かした。 さらに松岡さんは、阿部さんに「どこか(役の空きが)ありますか? 直接交渉です。 どうか」と頼み込み、阿部さんを困惑させていた。 また、松岡さんは、阿部さんに「地元が近いんですよね。 娘さんと一緒に歩いている姿を5度ほど見ました」と明かした。 阿部さんが「(松岡さんが近所に住んでいたことは)うわさに聞いたことがあります。 どこの小学校だったかとか。 どこが実家だって知っていますよ」と話すと、松岡さんは「えっ?」と驚いていた。 ブルーリボン賞は、在京スポーツ新聞7社の映画担当記者で構成される東京映画記者会が制定する映画賞。 主演男優賞を舘ひろしさん、主演女優賞を門脇麦さん、助演男優賞を松坂桃李さん、助演女優賞を松岡さん、新人賞を南沙良さんが受賞し、授賞式に出席した。 司会は阿部さんと女優の新垣結衣さんが務めた。

次の

映画『青くて痛くて脆い』公式サイト

てん ち む 主演 映画

司会を務めた俳優の阿部サダヲさんから「(演技が)うまいですよね」と褒められた松岡さんは、阿部さんが出演しているNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」への出演意欲を語った。 「いだてん」は、 2013年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あまちゃん」の宮藤官九郎さんが脚本を手がけている。 「あまちゃん」でアイドルグループ「GMT47」のリーダー入間しおり役を演じた松岡さんは「『いだてん』には『あまちゃん』ファミリーも出ていて、私も『あまちゃん』出身でして。 『いだてん』の第2弾キャスト発表のときに(自分が)いなかったものですから。 (『いだてん』の)プロデューサーさんに『私は第何弾でしょうか』ってメールしたんです。 そうしたら『第10弾だ』って。 それは(2020年放送予定の大河ドラマ『麒麟がくる』で描かれる)明智光秀が始まっちゃう」と直談判していたことを明かした。 さらに松岡さんは、阿部さんに「どこか(役の空きが)ありますか? 直接交渉です。 どうか」と頼み込み、阿部さんを困惑させていた。 また、松岡さんは、阿部さんに「地元が近いんですよね。 娘さんと一緒に歩いている姿を5度ほど見ました」と明かした。 阿部さんが「(松岡さんが近所に住んでいたことは)うわさに聞いたことがあります。 どこの小学校だったかとか。 どこが実家だって知っていますよ」と話すと、松岡さんは「えっ?」と驚いていた。 ブルーリボン賞は、在京スポーツ新聞7社の映画担当記者で構成される東京映画記者会が制定する映画賞。 主演男優賞を舘ひろしさん、主演女優賞を門脇麦さん、助演男優賞を松坂桃李さん、助演女優賞を松岡さん、新人賞を南沙良さんが受賞し、授賞式に出席した。 司会は阿部さんと女優の新垣結衣さんが務めた。

次の

「目標30億円!」が恥ずかしい… 2018年“大爆死映画”ベスト3!

てん ち む 主演 映画

(C)まいじつ 2018年もさまざまな映画が大ヒットして社会現象を巻き起こしたが、一方でひっそりと大コケした映画も数知れず。 まずは、9月14日公開の『欅坂46』平手友梨奈主演の映画『響-HIBIKI-』。 興行収入は6億円にも届かない程度だったという。 「『響』が爆死と言われる原因は、期待値・宣伝費と割にあっていないからですね。 大人気コミックの実写化で、平手の脇に北川景子や小栗旬など大物を起用したのにこの数字は、あまりにもお粗末。 全国296館で上映していたという規模を考えると、最低でも10億円はいきたかったはずです」(映画誌記者) 吉岡里帆と阿部サダヲのダブル主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! 』(10月12日公開)も、爆死をしたと評判だ。 何と公開初週の映画興行収入ランキングで、トップ10圏外の12位スタートを記録している。 「興行収入は、公開から最初の土日で3000万円程度だったそうです。 公開規模は214スクリーンと、中規模程度ではありますが、少なくとも5億円程度は見込んでいたはず。 この大コケにより、吉岡はドラマでも映画でも連続失敗したことになり、後がない状況にまで追い込まれてしまいました」(同・記者) 福士蒼汰の爆死っぷりが圧巻! そして、今年最もコケた映画は、福士蒼汰主演の『曇天に笑う』(3月21日公開)だ。 同作は、公開初週の映画興行収入ランキングで、トップ10圏外の11位スタート。 しかしフタを開けると、オープニング5日で興収1億1500万と、最終興収は5億円にも満たないペース。 福士は今年主演した映画『BLEACH』『旅猫リポート』もコケており、18年に俳優として終わった感がありますね」(同) とはいえ、映画がコケるかヒットするかは、主演俳優のせいだけではない。 良い作品に巡り合い、2019年は名誉挽回してほしいものだ。

次の