バイト 所得税 引 かれる。 所得税はいくらからかかるのか?所得税の壁についても徹底解説!

源泉徴収って何? バイト代から引かれた所得税が戻ってくる手続きとは│タウンワークマガジン

バイト 所得税 引 かれる

源泉徴収とは何? バイト代から引かれた所得税が戻ってくる手続きは バイトの給与明細を見たとき、「源泉所得税」が引かれていることに気付いたことはないだろうか。 扶養範囲内で働いているはずなのに、何故税金が引かれているの? 後で何か手続きが必要なの? などの、バイト代から引かれた所得税について解説する。 源泉徴収の仕組み 源泉徴収とはバイト先がバイト料を支払うとき、毎月その収入金額に応じて所得税を天引きすること。 そもそも、所得税はその年1年間の収入に対してかかる税金だが、その年の収入は12月31日にならないとわからないし、年末に1年分の税金をまとめて払うのは負担がかかる。 そのため、毎月その収入金額から概算で出した所得税を天引きしておくのだ。 あくまで概算による税金の前払いのため、後で清算をする必要がある。 所得税は、1年間の収入が103万円以下の場合はかからない。 つまり、月平均85,000円だと所得税はかからない計算になる。 しかし、バイト代が毎月同額とは限らない。 8万円の月もあれば、9万円の月もあるだろう。 たとえ1年間の収入が103万円以下であっても、その月のバイト代が9万円だと源泉徴収される。 所得税が戻ってくる手続きとは 月の平均収入が85,000円以下なのに、源泉徴収されている場合、手続きをすれば所得税が戻ってくる。 バイト先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しているかどうかで、手続きが異なる。 ・提出している場合 バイト先が年末調整し、多く払いすぎた税金を返金してくれる。 ・提出していない場合 バイト先は年末調整を行わない。 そのため、自分で確定申告をする必要がある。 確定申告には、年末にバイト先から発行される「源泉徴収票」が必要だ。 税務署に源泉徴収票を持っていくと、一緒に確定申告書を作成してくれる。 バイトを掛け持ちしている場合は、バイト代の合計が103万円を超えるかどうか、また源泉徴収されている金額があるかどうかで手続きが異なる。 詳しくは、以下リンクでチェックしてみよう。 しかし、年末調整や自身で確定申告をすれば戻ってくる。 確定申告は面倒と感じるかもしれないが、税務署のスタッフに聞きながら手続きすれば、それほど難しくない。 例年、2月の中旬から3月の中旬までが確定申告の受付期間となっているので、年末調整がされていない場合は国税庁のホームページで期間を確認してから申告に行ってみよう。

次の

アルバイトの「所得税」について。「確定申告」で税金を取り戻す方法とは?【専門家が解説】|DOMO+(ドーモプラス)

バイト 所得税 引 かれる

この記事をザザっと確認• アルバイトの学生でもほとんどの人が源泉徴収されている アルバイトとはいえ、 給料をもらう際にはほとんどの人が源泉徴収されています。 例え、高校生であろうと、主婦であろうと源泉徴収されています。 源泉徴収というのは、予め所得税を差し引いてアルバイト代を渡しているということです。 ですので、 確定申告(還付申告)をすることで、払いすぎていた、というか本来は払う必要のなかった所得税が返ってくることになります。 そして、 サラリーマンの場合は、会社が年末調整をしてくれるため、払いすぎていた分は戻ってきます。 しかし、アルバイトの年末調整は必須ではないので、やってくれない会社がほとんどだと思います。 さらに、税金についての教育なんてほぼ皆無の日本ですから、高校生・大学生をはじめ多くの アルバイトのみなさんの所得税は払いっぱなしになっているということです。 もちろん税務署が税金納めすぎですよーなんて親切に通知してくれるはずもありません。 還付申告は完全な自己申告制なんです。 でも、払っていない分については張り切って通知してきます。 掛け持ちでやっている人は確定申告が吉です! アルバイトの人の分も年末調整をしてくれる会社はありますが、 年末調整は1つのところでしかできません。 なので、掛け持ちでアルバイトをしている場合は、 確定申告をすることでほぼ確実に払いすぎた税金が戻ってきます。 年末調整してあるのか?という方は 自分の分を会社が年末調整してくれるかよくわからない、という方もいるかと思います。 年末調整してくれるかどうかは、けっこうカンタンにわかります。 この扶養控除申告書を会社に提出していれば、年末調整してくれます。 ただし、この 扶養控除申告書は1ヶ所にしか提出できないので注意してください。 これが、アルバイト掛け持ちの人は会社が年末調整してくれない理由です。 してくれないっていうか、できないんです。 ただし、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をアルバイト先に提出していると、月給87,000円未満なら源泉徴収されません。 また、アルバイト代が日払いで契約期間が2ヶ月以内の短期のアルバイトの場合、日額9,300円までは源泉徴収されません。 実際に、自分のアルバイト代からいくら源泉徴収されているかは、給与明細を確認してみてください。 また、年明けくらいに源泉徴収票をアルバイト先でもらうと思います。 こんなのです。 ここに、支払金額・源泉徴収税額がのっていますので自分の年収・源泉徴収で納めた額がわかります。 もし、アルバイト先から源泉徴収票をもらっていない場合は、必ずもらいましょう。 また、複数のアルバイトを掛け持ちしている方は、すべてのところから源泉徴収票をもらってください。 でないと、確定申告をする段階で困ります。 いくら税金が返ってくるかは、年収次第 源泉徴収された所得税は、年収によっては、確定申告(還付申告)をすることで返ってきます。 大手チェーン店などでアルバイトをしたことがある方は、年末になると突然シフトが減る主婦の方とかいませんでしたか?あれば、まさに自分の年収を調整するためにシフトを減らしているんです。 年収103万円と130万円という数字はなんとなく聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 では、この 103万円と130万円でどのように税金が変わるのか、紹介します。 年収103万円の壁 まず、年収103万円の壁ですが、この数字は、納税者ならだれでも受けることができる基礎控除38万円と、給与所得者が受ることができる給与所得控除65万円を足した数字です。 つまり、この基礎控除と給与所得控除はアルバイト代(給与)をもらうと自動的についてくる控除なのです。 また、年収103万円以下であれば、扶養家族(ほとんどの場合「父」の扶養家族)になりますので、家族の方が払う税金も安くなります。 目安としては、 月収で85,000円以下であれば大丈夫です。 年収130万円の壁 もうひとつ、年収130万円の壁というものもあります。 これは、勤労学生控除の対象になるかならないかの壁です。 勤労学生控除とは、「学生で合計所得金額が65万円以下で、しかも勤労に基づく所得(給与所得)以外の所得が10万円以下であること」が条件で、27万円控除を受けることができます。 なかなかわかりにくい条件ですが、給与所得だけの学生の場合は、給与の収入金額が130万円以下であれば給与所得控除65万円を差し引くと所得金額が65万円以下となるので控除を受けられます。 そして、学生といっても、次のどれかに当てはまると大丈夫です。 学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など• 国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の課程を履修させるもの• 職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの しかし、103万円を超える場合は扶養家族ではなくなるため、家族の方が払う税金は少し多くなります。 また、年収130万円の 目安は月収108,000円以下です。 年収130万円を超えた場合 年収130万円を超えてしまった学生のみなさんは、扶養家族でもなくなり、勤労学生控除も受けられなくなるので、所得税を納める必要があります。 といっても、基本的には源泉徴収されているので、追加で所得税を納めることはほぼありません。 まとめると 年収と扶養とか税金の関係はこういうことです。 ~103万円 103~130万円 130万円~ 税金 0円 0円 かかる!! 親の扶養に入る OK 無理!! 確定申告して所得税を返してもらう やっと本題です。 アルバイトをしている学生で所得税が返ってくる場合は、次の2つをクリアしていることが大前提になります。 確定申告に必要なもの• 源泉徴収票• 判子(シャチハタは不可)• 自分の口座番号がわかるもの(通帳を持っていけばまちがいなし) です。 これらを持って、税務署に行けば、あとは、言われたとおりに書類を作成して完了です。 そして、還付申告のいいところは、いつ申告に行っても構わないというところです。 巷でよく見かける3月15日までというのは、税金を払うほうの方の期限なんです。 ですので、 2月15日~3月15日の忙しい期間を外せば、税務署はいつも以上に丁寧に教えてくれます。 還付申告は過去5年分までできます この記事を見て、「マジで???昔のバイト代から引かれた税金、取り返してない…」という方も、 過去5年分は取り返せます。 ただ、注意点は、5年分とはいえ、例えば2020年の1月に還付申告できるのは、2015~2019年分だということです。 税金を払うほうの確定申告は、年が明けてからなんですが、還付は年内にやらないといけないところに注意してください。

次の

年金から何が引かれる? 年金振込額が毎月変わる: tak

バイト 所得税 引 かれる

高校生でもバイトで税金が引かれるの? 年収103万円の壁とは 高校生の諸君、給与明細を見て「税金がひかれている!」と驚いたことはないだろうか。 年収と税金の関係は自分自身の問題だけではなく、親の税金にも影響を与える可能性がある。 ここでは税金と年収の関係と、扶養の仕組みについて解説しよう。 住民税は年収93~100万円、所得税は年収103万円を超えるとかかる 税金が引かれるかどうかは年齢に関係なく、あくまで収入があるかどうかで判断する。 高校生でも収入によっては税金がかかるし、中学生や子役の子どもであっても働いて収入を得ていれば同様だ。 ここでいう「税金」とは、国に納める「所得税」と地方自治体に納める「住民税」を指す。 所得税と住民税では税金の対象となる金額が異なり、所得税は年収103万円を超えると税金がかかる。 住民税は地方自治体ごとに異なり、年収93万円~100万円から税金の対象となる。 住民税・所得税ともにかからなくするならば年収93~100万円以下を、所得税のみかからないようにするならば103万円以下に収めるといいだろう。 支払額の目安として、住民税は100万円以下であれば数千円程度、100万円を超えて103万円以下でも1万円前後となる。 また、働いている学生には勤労学生控除がある。 これをバイト先に申請しておくと、年収130万円までは所得税はかからないが、103万円を超える時点で親の扶養からは外れてしまうので注意が必要だ。 気をつけたい「年収103万円」の壁 年収103万円を超えると、所得税と住民税の両方がかかる。 そのうえ、親の扶養からも外れてしまう。 ここでは、親の扶養から外れたときにどうなるかを説明しよう。 親など、家族を養う立場にある人には扶養控除という税金の仕組みがある。 これは年間の合計所得金額が38万円以下の親族(アルバイトをして給料をもらっている子どもがいる場合は、その子供の給与収入が年収103万円以下)がいる場合は、所得税や住民税の対象となる収入からその分を控除し(税金の対象となる金額を少なくし)、税金を安くするというもの。 つまり、子どもが年収103万円を超えると親は控除が減ってしまい、税金が増えてしまうのだ。 所得税の扶養控除は38万円、住民税の扶養控除は33万円である。 例えば、所得税率が10%とすると、所得税で38,000円、住民税で33,000円、合計71,000円も親の税金が増える。 頑張ってバイト量を増やし、年収103万円を105万円にしても親の税金が7万円増えてしまってはもったいない。 再び扶養に入るには、翌年の年収を103万円以下に調整する必要がある。 まとめ 一見難しい響きの「税金」の話。 仕組みを理解するのは難しいけれど、「年収103万円以下」を頭に入れておけば、親の負担になることはないはず。 稼ぎすぎには気をつけながら、アルバイトライフを楽しもう。

次の