赤ちゃん むせる 原因。 赤ちゃんが「むせる」ときに知っておきたいこと

赤ちゃんがストローでむせる!みんなやっている練習法を徹底解析!

赤ちゃん むせる 原因

赤ちゃんはむせやすい 赤ちゃんは生活の様々な場面で突然むせてしまうことがありますよね。 例えば、 寝ている時などに急に咳き込んでしまったり、これといったきっかけがなさそうにも見えます。 でも、赤ちゃんは未熟なため、大人なら何でもないようなちょっとしたことでむせてしまうのです。 嚥下機能が未熟 産まれてきた赤ちゃんは母乳を飲むのも下手で、すぐにバテてしまいますよね。 それは、 まだ舌や口を上手に使うことができないからです。 それと同じで、 ものを飲み込む嚥下機能もまだまだ未熟なのです。 赤ちゃんは毎日の生活を通して舌や口、喉の使いかたを練習しています。 胃から逆流してしまう 私たちがよく知る胃の形といえば、S字に曲がったひょうたんのような形ですよね。 でも、 赤ちゃんの胃はまっすぐな筒状になっています。 大人の胃のようなひっかかりがないため、胃の内容物が逆流しやすく、むせやすいのです。 また、胃の入り口の筋肉がまだ弱いことも大きな理由になっています。 授乳中に赤ちゃんがむせる理由 生活の中でもっとも赤ちゃんがむせやすいのは、授乳時ではないでしょうか? それも、顔を真っ赤にしてむせていたりと、なかなか激しかったりするんですよね。 まずは授乳時にむせやすい原因をいくつかご紹介します。 母乳の勢いが強い 母乳パットをはずした途端、噴水のように勢いよく母乳が飛び出してしまうことはありませんか? それを赤ちゃんが飲もうとすると、 喉にいきなり母乳が入り込んでしまい、むせてしまうというわけです。 大人でも一度に大量の水分を摂ろうとするとむせて咳き込んでしまいますよね。 特に月齢の低い赤ちゃんの場合一度に飲める量も少ないので、それだけむせやすくなってしまいます。 赤ちゃんの飲み方が原因 最初から哺乳が上手な子もいますが、なかなか上手に飲めない子もいます。 中にはおっぱいを吸う時に完全に息を止めてしまう子や、すぐに疲れ休憩してしまう子もいます。 そのため上手く母乳を取り込むことができず、むせてしまうことがあります。 赤ちゃんが眠いとき 誰でも眠いときはぼーっとしてしまいますよね。 赤ちゃんも眠くなってくると母乳を上手く飲めなくなってしまいます。 特に長時間続けて授乳していると赤ちゃんも疲れ眠くなり、むせやすくなってしまいます。 赤ちゃんがむせにくい授乳の方法 母乳は与える前に前絞り! 授乳をしようと思っておっぱいを出すとカチカチに張っている! ということはありませんか? そういった場合、 赤ちゃんが吸った時に母乳が勢いよく出てきてしまったり、 張りすぎで形が赤ちゃんの口と合わず、そのため上手く吸えずむせてしまう、ということにつながります。 この時にしてほしいのが母乳の前絞りです。 まず、ティッシュやガーゼなどを用意します• 乳輪を軽くほぐすように押して、たまっている母乳を出します• 乳輪から乳糖部分が柔らかくなれば赤ちゃんに与えてOKです 前絞りは赤ちゃんがむせることを防止するだけでなく、乳頭の傷防止にも効果的です。 赤ちゃんがおっぱいを浅く咥えると乳頭に負担がかかり切れたり水泡ができたりしやすいのですが、前絞りで形を整えてあげることでこれを予防しやすいのです。 しかし、前絞りは必ずしなければいけないものではありません。 おっぱいの張りがあまりない方や、赤ちゃんが吸うと分泌される差し乳の方は前絞りせず授乳しましょう。 普段は張りやすい方でも、授乳間隔が短くなった時などあまり張っていない場合は前絞りはなしで良いといわれています。 なぜなら、母乳は出した分分泌されるため、 必要がないのに前絞りをしたり、前絞りをしすぎると余計に張りやすくなってしまう可能性があるからです。 難しいかもしれませんが、研究をしているような気持ちで、ママと赤ちゃんにちょうど良い加減を探ってみてくださいね。 ちなみに、前絞りの時赤ちゃんが号泣するかもしれませんが、ママは焦らなくても大丈夫ですよ! 「ちょっと待っててね」「今飲みやすくしてるんだよ」と声をかけて、飲みやすいおっぱいを作ってあげましょう。 抱っこの仕方を工夫しよう 横抱き授乳や脇抱き授乳(フットボール抱き)は実践されている方も多いですよね。 赤ちゃんやママのおっぱいの形によってむせてしまう体勢はそれぞれかと思います。 今回は実践している人が少ないと思われる二つの抱き方を紹介します。 1、縦抱き授乳• ソファやいすなどにしっかり座ります。 背中にクッションなどを挟むと楽です• 赤ちゃんを授乳させたい側の太ももに座らせます(赤ちゃんの足でママの太ももを挟むように)• ママの腕は赤ちゃんの背中に回し、後頭部を支えます• 授乳させたい側と反対の手でおっぱいを下から支えます• 赤ちゃんの後頭部を持ち、乳輪部をしっかり咥えさせます コツは、赤ちゃんを引き寄せるようにしておっぱいを咥えさせることです。 首の座っていない赤ちゃんは特に注意して支えましょう。 2、レイドバック法 レイドバック法は縦抱き授乳とよく似ていますよね。 縦抱き授乳からママが上体を後ろに倒し、もたれかかったような姿勢です。 レイドバック法の手順は縦抱きと同じです。 最初にクッションなどを使ってしっかりと姿勢を整えましょう。 縦抱きと違い赤ちゃんがうつぶせの状態になるため、鼻がふさがれていないか注意してください。 授乳は様々な方法をローテーションすると良いといいますよね。 ぜひ、いろいろ試してみてママと赤ちゃんに合う方法を探してみてください。 授乳後はゲップをさせると安心 胃の中に空気が入ってしまうと内容物が逆流しやすくなってしまいます。 授乳後はゲップをさせてあげましょう。 誤嚥性肺炎の心配は? 誤嚥性肺炎 誤嚥性肺炎とは、食べ物や飲み物など異物が気管に入ってしまい起こる肺の炎症です。 むせるというのは、気管に入りそうになってしまったものを戻そうとするため起こるのです。 症状は 高熱が続く、 たんのからむ激しい咳などです。 まれに、夜だけ熱が出ることが続く、37度台の熱が続くといったわかりにくい症状でも肺炎になっていることがあるため、どこかおかしいと感じた時は必ず小児科を受診しましょう。 可能性は低い 誤嚥性肺炎の患者の95%は高齢者で、残りの5%にそれ以外の赤ちゃん~成人までが該当します。 ですから、母乳による誤嚥性肺炎の可能性は低いといっても良いでしょう。 誤嚥性肺炎の予防 誤嚥性肺炎の予防はむせない対策と同じです。 特にむせやすいのは授乳時や授乳後なため、授乳はむせにくい工夫をし、授乳後のあおむけ寝は避け、横向きにしてあげることが大切です。 まとめ 赤ちゃんがむせてしまった時は、体を起こして背中をやさしく叩いてあげましょう。 縦抱き、または眠っている時は横向きにさせると楽になるかと思います。 あまりに激しく咳き込みその後チアノーゼが出たり、ぐったりしている時は迷わず病院へ連れていきましょう。 赤ちゃんとの生活は心配なことがいっぱいですね。 その都度不安や疑問を解消して、安心して育児をしていきましょう。

次の

赤ちゃんがよくむせる原因や試して効果があった対処法、経験談

赤ちゃん むせる 原因

母乳、ミルクでむせる場合の原因と対策 1.まだ上手に飲めていない 赤ちゃんが母乳や哺乳瓶を上手に飲めるようになるまでは個人差があり、まだ上手に吸えない場合はむせてしまうことがあります。 そんなときは焦らずに一度授乳を中断して縦に抱き、背中を優しくさすってあげましょう。 落ち着いたら授乳の体勢を変えてみて、赤ちゃんが吸いつきやすい位置を探してあげて下さい。 乳首をしっかり吸えるようになると、徐々にむせることも減っていくと思います。 2.母乳、ミルクの出る勢いが強い 産後は赤ちゃんに吸ってもらうことで少しずつ母乳の生産量が増え、乳腺が開通すると授乳もスムーズになっていきます。 赤ちゃんの吸う力がまだ弱かったり、母乳の分泌が良い場合は、赤ちゃんの飲む量やスピード以上の母乳が溢れ出てむせる原因になります。 その場合は軽く絞ると母乳の勢いが弱くなるので、授乳を始める前に調整してみましょう。 ミルクの勢いが強すぎる場合は、哺乳瓶の乳首の穴を小さいサイズのものに取り換えるなどして様子を見てみましょう。 3.母乳、ミルクを飲みすぎている 月齢がすすんでいても、赤ちゃんが泣いたら「おっぱいかな?」と思い泣くたびに授乳していませんか?実際に、出産後は産院でも母乳は赤ちゃんが欲しがれば欲しがるだけあげて下さいと言われると思います。 その言葉のまま新生児を過ぎてからも頻回授乳をしているお母さんが多いと思いますが、泣いている=おっぱいを欲しがっているとは限らず、それを続けていくと母子ともに辛くなってしまいます。 新生児のうちは1度に飲める量も少なく、授乳の練習も必要なので頻回授乳の必要がありますが,1カ月検診で体重の増えなどに問題がなければ授乳はだいたい2〜3時間おきと決めてみましょう。 新生児を過ぎてからも泣くたびに授乳をしていると、赤ちゃんは反射的におっぱいを吸うかもしれませんが、実はお腹がいっぱいで飲みすぎになっている場合があります。 それがむせる原因にもなっているのですね。 もちろんミルクを飲む量は個人差がありますし、たまたま飲み足りていなくて短時間でまたおっぱいを欲しがることもあるでしょう。 そのような場合を除いては、だいたい2〜3時間の間隔をみて、それ以前に赤ちゃんが泣きだしたときはお腹がすいている以外の理由を探してみて下さい。 暑い・寒い、眠い、かまってほしいなど考えられることはたくさんあるので、授乳のタイミングでなければまずは抱っこで対応し、赤ちゃんの泣いている理由をあれこれと試しながら見つけてあげましょう。 それを積み重ねていくと、実はおっぱいやミルクががなくてもすんなり泣き止めることがほとんどだということに気が付くと思います。 そうしていくうちに、お母さんも赤ちゃんの泣いている理由がだんだんとわかるようになっていきますよ。 4.鼻水が喉に流れ込んでいる 赤ちゃんは頻繁に鼻水が出る子も多いので、授乳の姿勢で横になると鼻水が喉の奥へ流れ込みむせてしまうことがあります。 鼻水が原因だと考えられる場合は、病院で吸ってもらうか、市販の鼻吸い機を使っておうちでケアしてあげても良いでしょう。 また室内の換気をし、湿度を50〜60%に保てるよう注意して、加湿器で乾燥を防ぐなど環境を整えてあげることも大切です。 5.気管に母乳やミルクが入ってしまう 母乳やミルクがうまく食道まで届かず、気管に入ってしまうと自然な防衛反応で咳をして吐き出そうとします。 これは離乳食が始まってから食べ物でもよく起こります。 激しく咳込むと心配になりますが、この場合は自然な反応なので心配はありません。 大人でもこのような経験がありますよね。 この場合も赤ちゃんを縦に抱っこして、落ち着くまで背中をゆっくりさすってあげましょう。 寝ている時にむせる場合の原因と対策 寝ているときにむせてしまう原因は、主に唾液が気管に入ってしまうことにあります。 起きている間もだらだらとよだれが止まらない赤ちゃんもいますよね。 よだれは生後2、3カ月頃から出始め1歳半頃には落ち着いてきますが、個人差があるので2、3歳まで続く場合もあります。 よだれの出る原因 赤ちゃんは口の周りの筋肉が発達していないうえ、脳からの伝達もまだ上手くできないため、口元が緩みやすくなります。 それに加えて、まだ上手に唾液を飲み込むことができないので、口の中にどんどん溜まりよだれが出やすいのです。 また、赤ちゃんはなんでも口に入れたがるので、より唾液の分泌が増えていきます。 そのため、睡眠中でも唾液がうまく処理できずに気管に入り、むせてしまう原因になります。 寝ているときにむせてしまったら? 何度も咳込んでしまう場合は、頭の下に座布団を敷くなどして上半身の位置を少し高くして寝かせてあげましょう。 乾燥が原因の場合もあるので、水分補給をしたり寝ている間も湿度が適度に保たれるよう寝る前に設定しておきましょう。 また、鼻水がでている場合は仰向けに寝ていると鼻水が喉に落ちやすくなりむせてしまいます。 そのせいで十分な睡眠が取れていない状態が続くときには、病院を受診しましょう。 おわりに 授乳だけでも夜中に何度も起きる中、さらに赤ちゃんが寝ながら咳込んでいるとお母さんは心配で休まる時間がありませんよね。 体のつくりが未熟な赤ちゃんがむせるのはよくあることで、ほとんどの場合は成長していきながら解決するものなので心配はありません。 しかし、中には気管支炎や喘息などの可能性もあるため、授乳中や睡眠中に関わらず激しく咳込むことが続いていたり、顔色が悪い、ぐったりしているなど普段と違う症状がある場合は早めに受診しましょう。 赤ちゃんも、母乳やミルクがしっかり飲めて睡眠も十分に取れていればご機嫌な時間が増えるので、母子ともに安心してゆったりとした時間が過ごせますね。 軽い症状でも心配な場合は検診の際に医師に相談してみると良いですよ。 コメント:• 関連記事一覧.

次の

赤ちゃんがよくむせる原因や試して効果があった対処法、経験談

赤ちゃん むせる 原因

むせるってどういうこと? むせるというのは生まれた時から身に付いている防御反応なのです。 飲んだり食べたりしたものが、食道ではなく気管に入ってしまった時に、身体はそれを押し出そうと、むせて吐き出そうとします。 これは体本来の自然な反応の1つです。 赤ちゃんがむせると心配になりますが、これは体を守ろうとして起こる防御反応なのです。 赤ちゃんが母乳やミルクでむせる6つの原因 赤ちゃんが母乳やミルクでむせるのにはいくつかの原因があります。 大人の胃はS 字状になっていますが、赤ちゃんの胃はまっすぐに近い形をしています。 胃の形がまっすぐに近いため、胃の内容物が戻ってきやすいのです。 また赤ちゃんがむせてしまうのには胃は形だけでなく、胃の入り口部分の筋肉である噴門部の括約筋が弱い事にも関係があります。 胃の入り口を締める筋肉が未発達のため、入口がゆるく胃の内容物が戻りやすいのです。 胃の内容物が戻ると、それを吐き出そうと、赤ちゃんはむせてしまうのです。 胃の中の空気を上手に自分で出せないから 赤ちゃんは授乳やミルク後に、背中をトントンしてげっぷを出させてあげる必要があります。 これは赤ちゃんが母乳やミルクと一緒に空気を飲んでしまっているからと、自分自身で上手にげっぷを出すことができないからです。 3~4ヶ月ごろにはミルクや母乳を上手に飲むことができるようになるため、げっぷも少なくなります。 さらに5ヵ月頃には、寝返りやお座りなど赤ちゃん自身が動いている内にげっぷが自然とでるようになります。 赤ちゃんはげっぷとともに、ミルクや母乳を吐き戻してしまうことがあります。 吐き戻しによってむせることは赤ちゃんの内はよくあります。 げっぷが上手にできるようになるまでは、ママ達が背中をトントンしてげっぷを出させるなどのサポートをしてあげましょう。 飲むのが下手だから 赤ちゃんは、この世に生を受けてまだ数カ月です。 母乳やミルクを上手に飲んでいるように見えますが、まだまだ未熟なのです。 ミルクや母乳に夢中になるあまり息をし忘れることがあります。 そもそも大人は水分を飲む時に息を止めて飲みますよね。 ですが赤ちゃんは器用に息をしながらミルクや母乳を飲んでいるのです。 お腹が空いているあまり、勢いよく飲んでいると息をし忘れることが赤ちゃんにはあるのです。 また赤ちゃんは、飲んでいると眠たくなってしまうこともあります。 大人であれば、飲むのをやめて寝るものですが、赤ちゃんは寝ながら飲んでしまうことも。 寝ながら飲めばむせてしまうものですよね。 まだまだ生まれたばかりですから、上手に飲めるようになるには少しばかり時間が掛かります。 心配ですが、上手に飲めるようになるまで見守ってあげましょう。 ミルクや母乳の勢いが強いから ミルクや母乳の出方の勢いが強いと、赤ちゃんの飲むスピードの追いつかず、赤ちゃんがむせてしまうことがあります。 いわゆる溺れているような感じに近いと言えます。 母乳やミルクの出方の勢いを調節してあげる必要があります。 鼻が詰まっているから 赤ちゃんはミルクや母乳を飲みながら呼吸をしています。 これは赤ちゃんにしかできないことです。 ですが、鼻が詰まっていると、息ができないため、むせやすくなります。 また赤ちゃんは、鼻腔が狭く、分泌物も多いため、鼻が詰まりやすい事も原因に挙げられます。 飲み過ぎているから 赤ちゃんには、生きていくためには必要な反射が備わっています。 赤ちゃんの口周りを指で触れると赤ちゃんは、口をあけて探そうとします。 これは「探索反射」といいます。 そして口に触れるものに吸いつこうともします。 これは「吸啜(きゅうてつ)反射」といいます。 これらの反射から、もう十分にミルクや母乳を飲んだ状態であっても、欲しがっているように見えることがあります。 母乳の場合は飲んだ量が分かりにくいために、あげ過ぎてしまうこともあるのです。 また赤ちゃんの満腹中枢は未発達です。 飲み過ぎているとむせたり、吐いたり、うんちをたくさんしたりして自然と調節します。 満腹中枢が十分に発達する4ヶ月ごろまではよくあることなのです。 赤ちゃんが母乳やミルクでむせる時の7つの対処法 赤ちゃんが母乳やミルクでむせる原因はわかりましたが、できれば赤ちゃんがむせないようにしてあげたいものです。 そして赤ちゃんは胃の中の空気を上手に出す事が出来ません。 ママやパパが、赤ちゃんが胃の中の空気を出しやすいようにお手伝いしてあげましょう。 胃の中の空気を出すためには、立て抱きで背中をトントンと優しくたたいてあげましょう。 10分程行っても上手く出ない時には、無理矢理出そうとしなくても大丈夫です。 ただ、飲んでしばらくは頭側を少し起こしておいてあげるのが良いでしょう。 傾斜枕やタオルを頭の下に入れ、頭側を起こしてあげるようにするのもいいですよ。 哺乳瓶のメーカーや、使用している乳首の種類によっては、赤ちゃんの哺乳力以上にミルクが出ている場合があります。 乳首の種類が適切かどうか今一度確認してみましょう。 また使用する乳首には使用する赤ちゃんの月齢目安が表示されています。 月齢はあくまでも目安なので、むせることが多い時には乳首のサイズを一段階ステップダウンして様子を見てみるのもいいでしょう。 圧を抜いてあげることで、母乳が勢いよく出ることを防げます。 また圧抜きは、ママの乳首が切れてしまうのを防ぐ効果もあります。 母乳を清浄綿で拭く時に軽く絞ってみましょう。 その姿勢が「レイドバック法」という授乳姿勢と言います。 レイドバック法では、ママが背中を少し倒し後ろにもたれかかるように座ります。 赤ちゃんをママの体の上に縦に乗せ、授乳します。 このレイドバック法での授乳は、母乳の出る勢いを緩やかにできるほか、ママが背にもたれて授乳できるため、慣れると授乳の負担を減らすことが出来ます。 これは痰が上手に切れない時も同様です。 赤ちゃんは大人のように鼻水をかむことができません。 鼻風邪を引いているときには、こまめに鼻水を吸引して挙げるようしましょう。 また鼻水が長引く時には小児科を受診してお薬を貰うようにしましょう。 赤ちゃんが自分自身でお腹いっぱいだと感じるにはそれだけの時間が必要なのです。 もしも生後4ヶ月未満で飲み過ぎを疑われる場合には、以下の事を試してみましょう。 ミルクや母乳を飲んでお腹いっぱいになり、眠たくなった時に、乳首を口から外されると探して泣きだしてしまうこともあります。 その姿が、ミルクや母乳が足りていないのかのように見え、足してしまうこともあるかと思います。 本当に足りなくて欲しがっているのか、ぐずりから 乳首をさがしているのかよく見極めてみましょう。 哺乳瓶の種類によっては、吸う力をそんなに必要としなくても出てくる乳首があります。 哺乳瓶は月齢に合わせて選ぶことが大切です。 また赤ちゃんの哺乳力によっては月齢通りの乳首では合わないこともあります。 赤ちゃんの個性に合わせて乳首を選びましょう。 ミルクを飲む時には、10~15分程度の時間で飲みきれるのが理想とされています。 これより早いと飲み過ぎや、飲み足りなさを感じることや、これよりも長いと疲れて飲みきれないことがあります。 哺乳瓶の乳首穴には丸、クロス、ワイ(スリー)があります。 赤ちゃんに合わせて変えていくようにしましょう。 授乳やミルクを飲ませる時には、赤ちゃんの頭が下がらないように気をつける必要があります。 赤ちゃんの頭がしっかりとあがるように抱くようにしましょう。 赤ちゃんがむせる時には、以上の7つに当てはまっていなか気を付けてみましょう。 赤ちゃんが離乳食でむせる3つの原因と対処法 生後5ヵ月になると離乳食がスタートします。 この離乳食でも、むせてしまう子は多くいます。 ですが、離乳食ではごっくん期とあるように「飲み込む」練習をします。 飲み込む事、母乳やミルクではない初めての食感や味にまだまだ不慣れなのです。 上手にできるようになるまでまだ少し時間が掛かるでしょう。 離乳食でむせる時には離乳食が月齢だけでなく、赤ちゃん個人の食べる能力に合っているかを確認してみましょう。 たとえば、おかゆのとろみは十分か、食べ物の大きさは適当か、柔らかさや固さは丁度良いかなどが挙げられます。 おかゆのとろみや、食べ物の大きさや固さは、ステップダウン、ステップアップして様子を見るようにしましょう。 離乳食が進むにつれて、ストローやコップなどで液体を飲む練習もしていきますよね。 お茶などのサラサラとした液体は赤ちゃんにはむせやすいものです。 スパウトは生後5ヵ月頃~、ストローは生後8カ月頃~スタートするのが目安です。 赤ちゃんからすると乳首とは違った感じになるため、思いのほかいっぱい出てむせたり、反対に全く上手に飲めなかったりすることもあります。 スパウトやストローを使用してむせる時には以下のことを確認してみてください。 上記の4つをクリアしていてもむせてしまうときには、ストローであれば紙パック飲料で、ママが箱を軽く押してあげ練習するのも良いでしょう。 スパウトであれば、哺乳瓶に戻してあげてもいいですし、ママがサポートしながらコップからスタートしてみても良いでしょう。 赤ちゃんがむせるその他の原因と対処法 赤ちゃんがむせる原因はいくつかありますが、その原因は成長によって変化していきます。 よだれでむせる 中には、よだれが原因でむせることもあります。 赤ちゃんは生後3ヵ月頃~よだれの分泌が多くなります。 すると多くなったよだれは常に口の中にある状態のこともあります。 よだれがたくさん口の中に入っている状態で横になるとむせてしまうことがあります。 また赤ちゃんは成長過程で、こぶししゃぶりや指しゃぶりをします。 この時に自分の手を奥までつっこみすぎてむせてしまうこともあります。 よだれの分泌が増えることでむせてしまう場合は、心配しなくても大丈夫です。 気になる時は寝かせるときに頭にタオルや枕などで緩やかな傾斜を付けてあげると良いでしょう。 寝ている時にむせるのは… 赤ちゃんが寝ている時にむせるのには原因がいくつかあります。 ミルクや母乳が戻ってしまい、むせたのなら、飲み過ぎか、げっぷがちゃんとでていないなどが挙げられます。 飲み過ぎていないか、げっぷは十分かを確認してみましょう。 それにもあてはまらない場合には、赤ちゃんの胃が未熟なことが原因かもしれません。 噴水のように大量に吐くというような事がなければ、成長するにつれてむせることは治まるでしょう。 鼻水が出ているのであれば、鼻水をこまめに吸引し、必要に応じて小児科に受診する方が良いでしょう。 むせている時の対処法5つのステップ 赤ちゃんがミルクや授乳中、離乳食中にむせたら以下の事をしましょう。 そんな姿を見たらママはびっくりしてしまいますが、まずは落ち着きましょう。 むせている時は、ミルクや母乳、離乳食などが出てきやすいように、赤ちゃんの上体を起こしてあげます。 それから声を掛けながら、背中を優しくトントンしてあげましょう。 むせるのが終わって落ち着いたら、ミルクや、母乳、離乳食を再開しても大丈夫ですよ。 赤ちゃんはいつまでむせる? 赤ちゃんがむせることが多いと心配になりますが、赤ちゃんがむせなくなるのには、成長が関係していします。 赤ちゃんは日々成長しています。 昨日出来なかったことが今日はできるようになる程、成長の速度は早いものです。 むせることが多いと心配になります。 病気などの異常が無い場合には、ゆっくりと成長を見守ってあげましょう。 もしかして「誤嚥性肺炎」と思ったら… 赤ちゃんがミルク・授乳中や離乳食中にむせると心配になるのが「誤嚥性肺炎」にならないかと言うことです。 誤嚥性肺炎とは、食べ物などが食道でなく間違えて気管に入りそのまま肺に入ることで肺炎を起こしてしまう病気です。 口の中は細菌が多いため、細菌がついた食べ物や飲み物が肺に入ると肺炎になってしまうのです。 むせることで、食べ物などが気管から全て出てしまえば大丈夫なのですが、気管から出せず肺に入ってしまうと起こります。 誤嚥性肺炎では発熱、咳、痰などの症状が現われます。 胸部レントゲンをとることで誤嚥が分かります。 もしも誤嚥性肺炎が疑われるときには、速やかに受診しましょう。 赤ちゃんがむせる!病院に掛かる目安は? 赤ちゃんがむせることが多いと不安になりますよね。 あまりにも頻繁にむせる時は、赤ちゃんはもしかして病気の可能性があります。 「むせる」以外にも他に症状が無いか注意深く様子を見てみましょう。 ・機嫌が悪い ・ミルクや母乳を何度も吐く、もしくは大量に吐く ・熱・咳・鼻水などの症状がある こういった症状がある場合には、病気が原因でむせている可能性もあります。 心配な時は、病院を受診しましょう。 上手な病院の掛かり方 あまりにも頻繁にむせて病院を受診しようと思った時には以下の事をまとめてみましょう。 むせるようになったのはいつからなのか、むせた時には、どの程度激しくむせるのかを知っておくと受診した際に診断の材料となります。 悩んだ時には 小児救急でんわ相談では小さな子供の病気への対処や診察を受けた方がいいのかなど、悩んだ時に小児科医や看護師に相談することができます。 まとめ 赤ちゃんがむせると心配になってしまいますよね。 むせた時には、焦らずに赤ちゃんの頭を起こして声を掛けながら背中を優しくトントンしてあげましょう。 赤ちゃんはまだまだ未熟な状態です。 ミルクや母乳でむせることも多くありますし、ミルクや母乳が上手に飲めるようになったかなと思うと、今度は離乳食が始まります。 そして初めてのミルクや母乳以外の食べ物に対しても赤ちゃんはやはり上手にはできません。 上手にできるようにママや周りの大人たちがサポートをしてあげることでむせることを減らすことができるでしょう。

次の