悪魔 ハロウィン。 Halloween ハロウィンの真実とは何か?悪魔崇拝 最大の祝祭を暴露する

【悲報】ハロウィンを祝うと「家族ごと、4世代先まで呪われる」ことが判明! 悪魔の扉開き、不幸連発か… 有名牧師が警告! (2018年10月31日)

悪魔 ハロウィン

10歳の男の子の不審死が先日ありました。 警察はちゃんと時間を取って検証することもなく自殺とすぐに断定したことが非常に不自然です。 10歳の男の子が自分の両手足を縛った上で、首吊り自殺ができるわけがありません。 大人だってできないでしょう。 こんな明らかに自殺ではない状況で警察がすぐに自殺と断定?この事件は非常に怪しい匂いがします。 私が思った可能性は2つです。 ・政治家や有力者など権力絡みの存在がこの事件に関わっている そしてもう1つは・・・ ・ハロウィンに絡む儀式殺人 です。 は?オカルト?都市伝説?何言ってるの?頭大丈夫?と思われたかもしれません。 けれどそんなオカルトでしかない狂った信仰と行為を狂信している存在というのが実際にいるわけです。 悪魔崇拝をするサタニスト(悪魔教信者)。 米国では毎年ハロウィンに児童が行方不明になったり不審死を遂げています。 毎年同じ流れ。 また少し前に日本でも猫が残虐に殺された事件がありました。 勘ぐればキリがないですが、この時期の殺人事件や残虐な事件、失踪がやたら多いのを思います。 ハロウィンの(偽装されていない本当の)歴史と由来をたどればわかりますが、ハロウィンは悪魔を崇拝して生贄を捧げる儀式が発端なんですね。 動物が生贄にされることが多いですが、時に人間が生贄とされ、児童の男の子が特に好まれて生贄として捧げられます。 そして、信じられないけれどそれを実行する存在がいるわけです。 また悪魔崇拝とは違いますが、インドネシアなどでは今現在でもブラックマジックをかけられることがあります。 オカルトと思われていることが、世界では実際にされているわけです。 文献はいろいろありますが、信ぴょう性が高いものとして、まずはキリスト教福音教会の牧師さんのHPから一部を引用します。 日本では ハロウィンが キリスト教にまつわる お祭りだと説明される ケースが ありますが 実際には クリスチャン信仰とは 無縁であるばかりではなく むしろ対立する 恐ろしい悪魔崇拝の イベントなのです。 え!まじっすか? そう! まじっす! 歴史的に言うと ハロウィンは ドルイド教の儀式からくるもの です。 ドルイド教とは、 古代ケルト人の祭り(儀式)で、 人間を生贄にしたり、 焼き殺したりというように 凡そ日本では考えられないような、 恐ろしくおぞましいことが 行われてきたのです。 ケルト人は 死者の神サムハインという 偶像神を迷信として 信じていました。 ケルト人の1年の終りは 10月31日で、 その夜は 死者の霊が家族を訪ねたり、 精霊や魔女が出てきたり、 サムハインによって解き放たれた 死者の霊が生きている者たちと 交わるという迷信がありました。 そして、 そういう霊から身を守る為に 仮面を被り、 魔除けの焚き火を焚くという慣わしが 行われたのです。 ドルイドたちは提灯を手に 通りを練り歩き、 家にやって来ては、 サタンへの捧げ物として 金銭を要求したのです。 実は ハロウィンは、 21世紀の今日も 悪魔崇拝の儀式が 1年の中で最も 盛んに行われる 超危険日なのです。 このことは 欧米の教会関係者の 間では周知の事実です。 知らないのは 日本人くらいかも! ? ハロウィンの日には 悪魔主義者が犠牲をささげ、 魔女(に扮する人々)が 森などに入って 輪になって秘密裏に のろいの言葉を吐いたり 死者のための食事をしたり、 死者の世界のための儀式を するのです。 悪魔主義者にとっては 「祝日」ですが 一般の人々にとっては とんでもない 「危険日」なのです。 悪魔主義者にとっての 「犠牲のいけにえ」とは 馬などの動物だけでなく 女性やこどもが その対象とされること さえあるのです。 欧米の森の中で ハロウインの翌日に 「馬の頭」が 発見されることなどがあります。 そんなばかな・・・ と思う方も おられるかもしれませんが アメリカに行けば あちこちのバス停などには 行方不明の こどもたちの お尋ね写真ポスターが 数十人分 あちこちに 張られているという光景・・・ 私も20年以上前に 米国に行った折に あちこちで見かけましたし それは 今も同じです。 日本だと たった一人の 小学生が 行方不明になれば 大ニュースになって メディアが 大々的に取り上げますが アメリカでは あまりにも行方不明 のこども数が多すぎて 報道されることすら きわめて稀なのです。 ハロウィンについて よく「日本の先祖崇拝のお盆に 似ているお祭りだ」と のんびりと 見なされる方も おられるようですが、 全く異なるのです。 このハロウィンは この世に彷徨う死者を呼び出し、 サタン(悪魔)と交信する為の儀式 として今日も欧米諸国で 現実的に 行われているのです。 なんだ? 欧米のように クリスチャンの国でも 悪魔を崇拝しているのか? 実は 欧米において 本当に聖書の神様を信じていて イエスキリストが十字架で 自分の罪のために 死んでよみがえったことを 信じて 毎週日曜に礼拝に出ている人は 実は 少数なのです!!! ・・・ 悪魔悪霊というのは 『儀式』や『形』、『音』などによって まねきよせることが可能とされます。 ですから 安易に 意味も分からずに それらを真似ると、 取り返しのつかない 事態に至ることもありえます。 話は戻って このドルイド教の大きな祭りが ハロウィーンの起源と されているのです。 オカルト関係者の間では 10月31日の その祭りは 偶像神の名前を使って 「サムハイン」とも 呼ばれているようです。 それは悪霊に 捧げられた いけにえに免じて その城のその他の 内部の人間が その夜殺されるのを 防ぐと見なされたようです。 ドルイド僧の要求が 彼らの気に入ったもので 答えられないと どうなるかというと, Hex(Hexagram)が 入り口のドアに書か れたそうです。 アメリカから帰国する日本人の方々は, 最近,ハロウィーンの日に 子供が多数殺されるので, 次第にやめられている報告を しているようです。 (注:生贄儀式は ハロウィーンの前日に行なわれるそうです。 通常は女性が生贄になるそうです。 悪魔崇拝者の中では 生贄になることは大変栄誉あることと になされるそうで 本当に とんでもないことです・・・。 ですから Trick or Treatとは、 お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ。 といって 子どもたちが ご褒美をもらうほほえましい習慣です・・・ という類の 話しは 表向きの宣伝で 真似事でも しないようにしましょう! 欧米では そのようにして 玄関先で お菓子をもらった子どもたちの お菓子の中に毒物や 鉛、覚醒剤などが 混入されてしまい 食した子どもたちが 大変な悲劇に 見舞われるということが 報告されているほどです。 かぼちゃを くり貫いて おっかない表情の お面をかぶって 歩くというならわしも 「悪霊除け」の 儀式だというふうに 日本では 教えられる事が あり 「魔よけ」なら 節分と 変らないからいいじゃないか と楽天的に 微笑む方が いらっしゃるかもしれませんが とてつもなく危険です。 実際は いけにえの 動物や 子どもや女性の 頭蓋骨を 用いてしまう例さえも 報告されているのです。 ハロウィン は 収穫感謝祭だよ~ 「悪霊除け」のお祭だよ~ (秋田のなまはげのように) などとという宣伝をして 商業ベースで ハロウィングッズを 売る方々が おられますが きっと その裏に隠された 恐ろしい意味を知ったら 賢明な店長さんは 商品を取り除くに 違いありません。 ハロウインは 「悪霊」を除く祭ではなくて 「悪霊」を招きこんじゃう祭 なのですから 皆さん、本当に 気をつけましょう。 とてつもなく危険です。 原発放射能が 目に見えない危険の代表と 言われる今日ですが 「悪魔、悪霊」は 目に見えない危険性をはらんでいる という点では、 セシウム134、137や 今回横浜でも検知されたストロンチウムや また最毒物質といわれるプルトニウム以上に もっともっと危険なのです!!! 人間の体や心だけでなく 霊さえも蝕んでしまう 可能性があるからです。 「なんで そんなに ハロウィンのことで 長々と危険視するの? あまりにも 過剰反応じゃない? ハロウイングッズを売っている お店の営業妨害じゃない? 風評被害で ハロウィングッズが 売れなくなったら どうしてくれる! 営業妨害じゃないか! 」 と反応される方が もしかしたら おられるかもしれませんが 私は ある程度 一般の方々以上よりは ちょっっぴりだけ この問題についての 危険性を 知らされた者として まだ知らされていない 方々特に 子どもたちと その親御さんたちには 知らせる義務が あると感じましたので 書かせていただきました。 知っていて 知らせないことの方が よほどの罪だと 思うからです。 放射能の専門家が 放射能の危険性を 知らせないでは おられないように・・・ 私は ハロウインの 専門家とまでは いえませんが・・・ 聖書には 次のように書いています。 悪魔に機会を与えないようにしなさい。 (新約聖書 エペソ4:27) もちろん ハロウイン以外にも 悪魔に機会を 与えてしまうことが ありえます。 (たとえば、人を赦さないで、恨み続けるとか、・・・・) ・・・ 私が30代のころ 英国の神学校に 留学していた頃 その神学校は ニューフォレストという 国立公園の森の一角に あります。 その森の奥で 毎年 ハロウィンの時期になると 魔女(いわゆる悪魔崇拝者)が集まって 円く環になって 火を燃やして いけにえ{何のいけにえかわかりませんが) をささげるということを聞かされて 「そんな、ばかな! 今の時代に 魔女だとか 悪魔崇拝とか そんなこと まじでやっている人が いるわけがない! まして 冬も近い寒い時期に 森の中に 集まるなんて・・・」 そう初めは思っていたのです。 その神学校は 9割以上が 英国人学生で 日本人学生は 創立以来 私が 第一号ということもあって 事前に地域の情報も 良く知らされていませんでした。 しかし 実際に その秘密儀式の 痕跡を 他の学生と発見した時の 驚きは大きなものでした。 悪魔に向かって 拝む人って この地上に まじでいるのだ! 背筋が 冷たくなることを 覚えました。 しかも そのニューフォレストに 集まっている魔女たちが 毎年ハロウインで 呪う(願う)項目の 一つに 「キリスト教の 神学校がのろわれて つぶれること」 があげられていることを 知ったときは まさに これは 霊的なテロ行為か! とさえ思いました。 もちろん その神学校は 今も 全知全能の神のみ名で守られ 主イエスの十字架の血潮という 万全の守りの中にあって 栄えていますが それでも ハロウインの数日前から クリスチャンたちは 断食をしたりして 霊的な戦いの祈りに 備えるのです。 私も そうしました。 そして ハロウイン前夜には 私たち神学生は 近郊の中心都市 ボーンマスの 中心街に出て行き 賛美歌を歌い 聖書の言葉を 宣言して イエス様のドラマを 路上で パントマイムで 道行く人々に 披瀝するということを しました。 私は 1年の時に このパントマイムで 十字架にかけられ 復活する イエス様役を おおせつかりました。 まだ語学力が 十分でない 私にとって パントマイムは臆せず できるものでした。 これから 10月の末にかけて 悪魔崇拝者たちが 全世界の あちこちの森に集まって いけにえを捧げたり 神や神にしたがって生きようとする 人々へののろいの儀式を 準備します。 表面的には 楽しそうなイベントですよと見せて 実は 殺人やのろいの儀式が 行われる このような習慣が 日本に 入り込まないようにと 祈るばかりです。 私たち日本人は ハロウインにしても 原発にしても 海外から 何かを 導入する時に それが 果たして 国民の生活にとって 有益か有害か ということを 熟慮して 判別することなく 安易に 取り入れてしまうことで 大変なリスクを 負うことになってしまいます。 海外の人々から 「日本人は儲かりさえすれば 何でも(危険であろうと、有害であろうと) 導入する愚かな国民」と 思われない賢明さを もちたいものです。 私たちは 悪魔、悪霊と言う存在があって ハロウインのような機会を とおして人間に 悪さをしようとしていることを 知って警戒するものでありたいと 思います。 こちらも。 そろそろハロウィンの季節がやってきましたが、今年も懲りずにこんな投稿をしてみたいと思います。 中には怒ったり嘲笑する人もいるでしょう… Posted by on 真偽不明で、都市伝説とされていることではありますが、こんな記述もありました。 少し前に阿修羅の投稿にこんなモノがありました。 かつて山口敏太郎が監修した妖怪ムック「妖怪草子」(ヒールザワールドインスティテュート)にて、格闘家・佐竹雅昭氏にインタビューしたことがある。 このとき佐竹氏とマネージャーから聞いた話が不気味であった。 佐竹氏とマネージャーはk-1引退後、世田谷区で事務所にする物件を探していた。 するといい感じの屋敷があった。 「ここを見てみよう」 と二人で不動産屋さんの案内で室内を見て歩いた。 すると二階につながる階段にて異様な空気におされた。 ようよう二階に上がってみると、魔方陣が床に描かれており、明らかに黒魔術をやった形跡があった。 あのテレビで出てくるトップ、悪魔崇拝者だったんです。 このネット上の噂の真偽は佐竹氏にでも聞かないとわからないが、世の中で非常識なまでに成功し上り詰めるには、黒魔術の力を借りる人がけっこう居るらしいと聞いた事がある。 白魔術よりも黒魔術は圧倒的な効果を持ち、現世利益に多大な力を発揮するとも。 しかし黒魔術は何故に黒魔術かと言うと、まず生け贄に血が求められる場合が多い。 呼び出すものは無論悪魔である。 そして、願う事と言えば公には出来ない、理不尽で身勝手な要求が殆どだ。 無理難題を聞いてくれる何でも屋、ブラック企業みたいなものである。 そこでお願いしまくれば、まず生け贄だけでは済まないだろう。 顧客の魂も狙われる、もとい、そこの顧客になってる事自体、もうとっくに何かを売り渡しているのだろう。 彼らの魂にはもう普通では消えない印がつけられている。 そんな取引を恐ろしいと思うよりも、現世で罪の償いをする事を恐れてしまった彼を気の毒に思う。 あくまで「都市伝説」とされてることのみですが、東電幹部や政府がこれまでしてきたことの鬼畜ぶりは、「国賊」という言葉だけでは済まないレベルの、こういうことまで疑ってしまうくらいの非道さです。 勝俣 恒久(かつまた つねひさ、1940年3月29日 — )は、東京電力の第10代代表取締役社長、福島第一原発事故当時の代表取締役会長である。 電気事業連合会会長、日本原燃株式会社会長、日本原子力発電取締役などを歴任した。 東電OL殺人事件では被害者女性の直属の上司であった。 これによれば、東京電力にまつわる数々の不審死があるらしい。 さもありなん、東電社長だった清水は、「悪魔主義者」だったわけだからナ。 黒魔術の儀式を実際に行っているという話である。 メーソンですナ。 ちなみに、メーソンやら洗脳が深くなると、「目が飛ぶ」(目はロンパリになる)と言われている。 東電の元会長、勝俣恒久の目の奥に悪魔を見てしまうのは私だけであろうか。 あれだけの事故を起こしておいて、良心の呵責に耐えかねるといったようなそぶりは全くないのだ。 自分自身は悪くないどころか、正しいとさえ思っている節がある。 善悪をひっくり返した悪魔的価値観を持っているのだ。 悪魔主義なんて日本には関係ないと思っていたら、足元からひっくり返される。 原発反対だけでは原発問題は解決しないのである。 これが単なる妄想でも、私にも確かに悪魔のように見えます。 顔が悪魔そのもの。 人間の心を持っているとは思えません。 事実は小説よりも奇なり、の世界。 この状況で自殺と断定って闇深すぎでしょ 「小4男児が首つった状態で死亡、死因は窒息死か」TBS News i — すずかのおっさん szuuuuy 少4男児、両手足を縛って全裸で首吊り自殺。 寝屋川の中1殺人の山田容疑者の情報も途絶えたね。 — 狼たちは知っている wolvesknow まあちょっと調べればわかるのですけど、ハロウィンって生贄殺人するケルトの儀式なわけですし、男の子だとですね、アレイスター・クロウリーは生贄は頭のいい穢れなき男の子がいいって言ってるんですよね。 あとはホモも含めて全て揃ってると考えて間違いないかと。 — 魔法使いハンターねこた 限定復帰ちう lakudagoya こりゃ儀式殺人ですね。 ハロウィンでは儀式殺人が必ず行われると言ったクリスチャン陰謀論者がいましたけど、本当なのでしょう。 — 魔法使いハンターねこた 限定復帰ちう lakudagoya 怖いお祭りです! アメリカでハロウィンの後、子どもの連れ去り事件や行方不明が相次いでいるという記事を読んだ事があります。 どう考えても何か儀式的な手順としか思え無いし : この事件の前に動物虐待のニュースが幾つかあったけど、これもいつものパターンなんだよね。 不思議不思議。 なるほど。 — 狼たちは知っている wolvesknow あくまで1つの憶測/妄想に過ぎないと言えばそれまでですが、素人が見ても明らかに自殺ではなく他殺であろうとわかる状況で、早々と自殺と断定する不自然さ。 ハロウィン絡みとはまったく関係がないとしても、何かしらの「闇」があることだけは確かと思われます。

次の

【悲報】ハロウィンを祝うと「家族ごと、4世代先まで呪われる」ことが判明! 悪魔の扉開き、不幸連発か… 有名牧師が警告! (2018年10月31日)

悪魔 ハロウィン

今日は日本ではお盆休みの真っ只中なので、多くの人たちが神社仏閣に行って偶像を拝んでいることでしょう。 その偶像が、人間の生贄を要求する「悪魔」であることも知らずに。 ここ最近は、日本でも「ハロウィン」を盛大にお祝いするようになりました。 特にディズニーランドでは10月31日には華やかに「ハロウィン」をお祝いするそうです。 ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、「ハロウィン」とはもともと古代ケルト人の行っていたお祭りです。 そして、そのお祭りは明らかに「悪魔崇拝」でした。 京都の「祇園祭」がもともと悪魔崇拝だったという話はなかなか信じにくいかも知れませんが、「ハロウィン」が悪魔崇拝だったというなら、少しは頷けるかも知れません。 何せ、「ハロウィン」では魔女とかお化けとか怪しげなものばかりが登場しますからね。 では、なぜ「ハロウィン」が悪魔崇拝儀式だったと言えるのか。 今日はその理由をざっと簡単にお話したいと思います。 先ず、以下の記事をご覧下さい。 ----------------(以下、こちらから転載) ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。 もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。 カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。 古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン、サワーン、サーウィンまたは、サウィーン、サーオィン、サムハイン)祭であった。 ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。 したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。 アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。 ----------------(転載ここまで) このように「ハロウィン」とは、古代ケルト人たちが行っていた「サウィン祭」、「サムハイン祭」に起源があると言われています。 で、この「サムハイン祭」を執り行っていたのが「ドルイド」と呼ばれる祭祀一族でした。 ----------------(以下、から転載) 「サムハイン祭」とは「サウィン (Samhain) 」と書き、本来は古代ケルトで生まれた「ドルイド教」と呼ばれる宗教の暦で、新年の始まりである「冬」の季節の一日目である十一月一日を迎える祭なのです。 ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、「サムハイン」は日が長い「夏の終わり」を意味する言葉で、日没は新しい日の始まりを意味していました。 そのため、この十月三十一日は一年の終わりと共に夏の収穫を祝う意味もありました。 そうして始まる「サムハイン際」はドルイドの祭司達が、火を焚き、収穫された作物や動物などを与えてくれた神様に捧げたり、火の周りで踊って、今から太陽の季節(夏)が過ぎ去り、暗闇の季節(冬)が始まった事を示すのです。 そのため、祭典では火が大きな役割を持っていました。 村民達は牛の骨を炎の上に投げ込んで火が燃え上がると、村人達は他の全ての火を消して、各家族は厳粛に、この共通の炎から炉床に火をつけました。 アイルランドでは今でも、世俗的なハロウィンに参加するとともに、伝統的な方法で「サウェン祭」を祝って毎年ハロウィンの夜には何百もの火が点けられている所もあります。 ----------------(転載ここまで) 「火」とか「牛の骨」とか、どこかで聞いたことがあるようなキーワードがいくつも出てきましたね。 そうです。 この「ドルイド教」は明らかに「ゾロアスター教」や「バアル(牛頭神)」などと共通点があります。 しかし、これについてはまた後ほどお話します。 先ずはこの「ドルイド」と呼ばれる人たちが、どんな人たちだったのかを見てみましょう。 ----------------(以下、から転載) 本日はそのケルトで祭事を始めとして、多くの役割を担っていた「ドルイド」について紹介したいと思います。 スピリチュアルな世界では、ドルイドというと祭祀(さいし)を行ったり、呪術を使ったりしている人…というイメージが強いのですが、実はドルイドの仕事というのはかなり幅広く、天文学や医学、さらには政治的な指導をしたり、争いごとの調停までしていたと言われているのです。 現在の仕事にするとヒーラー兼占い師兼天文学者兼医者兼政治家兼裁判官兼弁護士といった感じでしょうか? ドルイドという名前は「Daru-vid」から来ており、Daru が「樫の木」を、vid が「知識」をあらわすことから、「樫の木の賢者」とも言われていますが、ドルイドが行っていた多くの役割を見ると、賢者と呼ばれるのも納得できます。 それだけの知識があったためか、ドルイドは非常に強い権力を持っており、多くの人たちの憧れだったそうです。 しかしながら、ドルイドになるためには最低でも 10年以上はかかる長い修行が必要なだけでなく、適正が無い者はすぐに家へ帰されたと言われていますので、とても狭き門だったのです。 ドルイドは森や植物を特に重要視しており、樫の木の下で儀式を行ったりしていたので、ドルイドの神殿は森自体だったという説もあるほどですが、以前にも紹介したようにヤドリギは、そんな植物の中でも特に重要なシンボルだと考えていました。 森や木々を重要視するというのは、日本人的な感覚に近く、その宗教観も魂が転生したり、因果応報があったりと、比較的馴染みやすいものが多いのですが、そんな森と調和した癒しに溢れた雰囲気のドルイドにも怖い面は存在しています。 それは生贄(いけにえ)の儀式。 ドルイドはいくつかの儀式で生贄を捧げたり、敵の首を切り落としたりするなども行っていたといわれています。 ドルイドの生贄の儀式は、犠牲者をじわじわと殺していくようなものが多く、生贄が倒れたときの姿勢や、こぼれた血の量などで吉凶を判断したとされています。 ドルイドの生贄の儀式で最も有名なものが「ウィッカーマン」と呼ばれるもの。 これは、木で作られた巨大な人形の檻の中に、多くの犠牲者を詰め込んだ上で火にかけるというもの。 そのインパクトある姿は2度も映画の題材にされるほどでした。 すでにドルイドとその信仰はほとんど失われてしまっていますが、ケルトの神秘的な知識はスピリチュアルな人の間では多く伝えられ、森や木々といった大自然のエネルギーを扱うことから好まれていますが、その裏には、非常に原始的な儀式も行われていたことを忘れてはいけないと思います。 ケルトの聖地などを訪れた際はそういったことにも少し注意を向けてみると、新しい何かが見えてくるかも知れませんよ。 ----------------(転載ここまで) はい。 出ました。 このように「ドルイド」とは、生贄儀式を行うカルト集団だったというわけです。 ちなみに、「ウィッカーマン」とは以下のようなものです。 このように人間の形をした檻をつくり、その中に沢山の人を詰め込んで火をつけて焼き殺し、悪魔の生贄として捧げていたわけですね。 とても人間のやることとは思えません。 さらに、「サムハイン祭」では「火」が大々的に使われるわけですが、その理由はやはり「ドルイド」たちが「火の神」を崇めていたからです。 ----------------(以下、から転載) ドルイド教には元々悪魔凶的要素があり、火の神エルフィンが大地から出てきて犠牲を欲しています。 ドルイド教の音楽を現代のロックなどの起源だとする人もいますが、これはあながち間違いではないでしょう。 トリートは要求ですがその真の姿は生贄になり、ニンゲンの脂肪で作られたジャックオーランタンを使用します。 ----------------(転載ここまで) 「火の神」が出てくる時点で、またしても拝火教の「ゾロアスター教」との接点が思い浮かびますね。 なので、彼らはこの「火の神エルフィン」だけでなく、他の神々も崇めていました。 その神の一つに「ベル」という神がいます。 現代でも「ドルイドベル」なんてものが売られていますが、その「ベル」のことです。 〈ドルイドベル〉 「鈴」だから「ベル」というわけではなく、「ベル」という神様の名前が、その後、「鈴」という意味を持つようになったと考えるべきでしょう。 ----------------(以下、から転載) 5月1日は、古代ケルト人達が、女神とその子ベルを祝うベルテーンの祝祭日です。 この日には、村娘の中から一人、女王が選ばれます。 それをメイクイーンと言います。 イモの名前にもなっていますね。 ベルとは、カナン(フェニキア)人の信仰する最高神バアルの事です。 ユダヤ・キリスト教では悪魔とされ、ベルゼブブなどと呼ばれたりします。 角を持つその像を拝む儀式は、キリスト教徒からは悪魔の儀式に見えたでしょう。 古代ローマ人によると、南仏のプロヴァンス、ブルゴーニュ、北イタリアに、ベル神を祭る社があった。 なぜ、中東の神バアルが西欧まで祭られていたかと言うと、カナン人達が、ギリシア・ローマが栄える以前に、地中海全域に植民地を持っていたからです。 彼らはそこの土着民達に、バアルを信仰するように広めました。 イギリスなどにも伝わったと思われる。 これは秋に行われるハロウィンと同じく、春に行われる魔女のお祭り(サバト)です。 この夜は かがり火を焚き、一晩中(乱交など)乱痴気騒ぎをします。 儀式の為に、子供をさらったり、それを殺して食らったりもしました。 アステカ文明でも、生贄を捧げ、内臓を食らったりしていました。 ----------------(転載ここまで) このように「ベル」というのは、実は「バアル」のことでした。 ウィキペディアにもこうあります。 「バアルは、カナン地域を中心に各所で崇められた嵐と慈雨の神。 その名はセム語で「主」を意味する。 バールや、バビロニア式発音のベール、 およびベルとも表記される。 詳しくは以下のリンクをご参照ください。 やはりどこからどう考えても、「ドルイド教」と「ゾロアスター教」は全く同じ宗教のようです。 ----------------(以下、から転載) ドルイドとピュタゴラス派(ギリシャの哲学者集団。 詳しくは)には類似点が数多い。 (その類似点として)、霊魂不滅観、数学的知識に基づく幾何学文様の多用、人身御供でなく動物の供犠、天文学の知識、学問の体系化と教団的組織的教育、口伝による長期間教育、白衣の着用、政治家・司法家としての役割などがあげられる。 こうした宗教・知識・行政司法の三重の権威は強大で、おそらく古代メディア王国(ペルシャ前8~前6世紀)の「マギ=賢者」だけがこれに匹敵するだろうという。 (註 :マギとは「ゾロアスター教」の神官のこと。 ----------------(転載ここまで) で、この「ドルイド教」や「ゾロアスター教」を信じるプロの悪魔崇拝者たちが、その後「秦氏」と名乗って、この日本にも「バアル」などの悪魔を持ち込み、「スサノオ」などの日本名をつけて普及させていったというわけです。 さらに言うなら、「ハロウィン」が催される「10月31日」は「大正天皇」の誕生日です。 といっても、「大正天皇」の本当の誕生日は「8月31日」。 しかし、なぜか夏休みを祝日にするのは相応しくないという話になったらしく、無理やり「10月31日」を祝日としたそうです。 (もちろん、この日が祝日とされたのは大正時代だけです。 なぜ夏休みに祝日を作ってはいけないのでしょうか。 しかも、なぜ一ヶ月でなく、二ヶ月も後に移したのでしょうか。 きっと悪魔崇拝者どもが「サムハイン祭」の日にどうしても悪魔崇拝儀式を行いたかったので、「大正天皇」の誕生日を無理やり「8月31日」から「10月31日」に移したわけでしょう。 ちなみに、「大正天皇」が死んだのは「12月25日」のクリスマス。 これまた悪魔「ミトラス」の誕生日と言われる日です。 実はクリスマスはイエス・キリストの誕生日なんかではないのです。 詳しくは以下のリンクをご覧下さい。 このような点から見ても、天皇と悪魔崇拝には密接なつながりがあることは明らかです。 ということで、「ハロウィン」がアメリカからやってきた最近流行のお祭りだと思ったら大間違いです。 「ハロウィン」とは古代から伝わる由緒正しき「悪魔崇拝儀式」なのです。 そして、そんな邪悪なお祭りを、彼ら悪魔崇拝者どもは我々庶民の間にまで広く滲透させようとしているわけですね。 続々と恐ろしい事実が明るみに出てきて衝撃を受けています。 人柱のことは話には聞いていましたが、ウィキペディアにまで堂々と書かれているとは思ってもいませんでした。 まさか世界各地でこれほど日常的に生け贄儀式が行われているとは。 徳川家康の件も衝撃的でしたし、今回のウィッカーマンも衝撃を通り越して、マンガの世界としか思えません。 しかし、日本でも当然のように生贄儀式を行う者がいた以上、しかも彼らとドルイドが同じ人種の人間たちである以上、誰もこの話を出鱈目と言うことはできませんね。 それにしても、祇園祭やハロウィン等を通して、一般庶民にも悪魔のお祝いをさせるというのは何とも悪質な蛮行です。 そこに参加する庶民には何の罪もありませんが、その庶民の姿を見て喜んでいるイルミナティのことを思うと心が痛みます。 我々はもっとこれらの事実を人々に知らしめなければならないと痛感しました。 今日も更新ありがとうございます。 人気記事• - 717,645 views• - 515,064 views• - 434,297 views• - 377,356 views• - 375,346 views• - 375,321 views• - 329,350 views• - 315,887 views• - 312,394 views• - 311,129 views• - 291,036 views• - 275,728 views• - 256,984 views• - 256,586 views• - 255,145 views• - 254,217 views• - 247,172 views• - 245,203 views• - 239,122 views• - 235,303 views.

次の

ハロウィンは悪魔崇拝が起源?ケルト人のドルイド教とは?

悪魔 ハロウィン

【一般説】ハロウィンの由来や起源 ハロウィンの由来や起源として一般的に有名なのが、 ケルト人の収穫祭が起源というもの。 ケルト人とは、今のアイルランド地方に住んでいた民族で、彼らは10月31日を1年の終わり、11月1日を今でいう新年と考え、その1年の終わりにあたる10月31日には、収穫祭が行われ、その夜になると先祖の霊が帰って来ると信じられていました。 そして、先祖の霊が帰って来る時と一緒に、悪霊も一緒に帰ってきてしまうと信じていたケルト人はその悪霊を祓う意味も込めて、ある種の宗教的なお祭りを行っていました。 それが、今のハロウィンの原点と言われています。 ハロウィンで仮装する理由 ハロウィンでは、仮装をすることが知られていますが、その理由は、上で書いた悪霊と関係しています。 ケルト人は悪霊が来た際、現生に生きる人たちの魂が連れていかれると考えていました。 そこで、悪霊が来た時には、人間でない恰好をすることで、悪霊に仲間だと思わせたり、また、悪霊側が人間を恐れて逃げ出すために仮装するようになったと言われています。 これに関しては、諸説ありますが、どの説でも、 悪霊から身を守るためという点では共通しています。 ハロウィンでカボチャが使われる理由や起源 ハロウィンでは、カボチャをお化けの形にくり抜き、その中にロウソクを灯したランタンが使われます。 この習慣にも理由や起源があります。 ハロウィンというのは、悪霊祓いの儀式としての意味もあるというのは上でも書きましたが、その儀式とは別に、アイルランド地方では昔から伝承された話があります。 それが、 ジャック・オー・ランタンと呼ばれるもの。 このジャック・オー・ランタンの話の中で、「カブ」を切り抜きその中に火を灯すという内容が出てきます。 それがハロウィンの儀式と混ざり、また、多くのアイルランド人がアメリカに渡り、アメリカで一般的な「カボチャ」が「カブ」の代わりに使用されるようになったというのが、最も一般的な説です。 具体的な「」の話や、ジャック・オー・ランタンとはまた別の起源 新説 については下記リンク先の記事で詳しく書いているので、そちらを参考にしてみてください。 2017-09-28 03:14 ハロウィンの語源 ハロウィンは英語で「 Halloween」と書きます。 この語源については諸説あり、有名なものが二つあります。 ケルト人たちが行ったいた「サウィン祭り」が世界に広く伝え広がるうちに訛り、ハロウィンになったとする説。 他にもいくつか説はありますが、あまり一般的ではない上、現代人の無理な解釈のようにも思えるので 笑 、ここでは割愛します。 【新説】本当は恐ろしいハロウィンの起源や由来 ハロウィンは、上でも書いたようにアイルランド地方に住んでいたケルト民族の伝統的なお祭りが始まりと言われています。 そのケルト民族が信仰していたと言われているのが、「 ドルイド教」と呼ばれる宗教。 ドイルド教とは: ケルト民族の生活の中心とも言える宗教で、その中心にはドルイドと呼ばれる特権階級の人間が存在。 ドルイドは宗教的な面以外にも、政治における助言や、公私に関わらず争いごとの調停、更には、呪術師や天文学、医学など、あらゆる分野で強大な権利を持っていた。 そして、昔から伝わるお祭りごとは、元をただせば宗教的な意味合いが強く、ハロウィンも例外ではなく、ドルイドたちが祭りを執り行っていたと言われています。 さて、ここまでであれば、怖い話でもなんでもなく、上で書いた一般説にドルイド教が加わっただけのなんてことはない話なんですが、問題はここからです。 一般説では、ハロウィンの際に仮装をしたりするのは、上でも書いた通り、一年の区切りである10月31日に先祖の霊にくっ付いてやって来る悪霊から身を守るためでした。 …ですが、もしドルイド教が、 これとは全く逆の思想を持っていたとしたらどうでしょう。 上でも書いたように、ドルイドというのは、特権階級であり、宗教的な面だけでなく、ありとあらゆる社会的な面で権力を持っていました。 しかし、彼らにはそれとは別の裏の顔があります。 それが、 生贄の儀式 ドルイド教には、人間や家畜などを生贄として捧げる文化があり、その方法も多岐に渡りました。 中には、現代人である我々からすると考えられないほど残虐なものもあり、一番有名なのが、「 ウィッカーマン」と呼ばれる生贄の方法で、これは、巨大な編み細工の像を作り、その中に所狭しと人間や家畜を詰め込んでいき、その像に火を放ち生贄にするという方法。 想像するだけでも恐ろしいですが、実際にこのような方法で生贄をささげていたわけです。 では、彼らドルイドたちは一体、何に対して生贄を捧げていたのか。 ここが一番重要な点で、彼らが生贄を捧げていた対象は…なんと、 悪魔だというのです。 ドルイド教は悪魔を崇拝していたというのが、今では一般的な見解として知られています。 勿論、神と悪魔というのは、完全に区別するのは難しいですが、人間を生贄に捧げる対象としては、神様というよりは、悪魔と考える方が妥当な気がします。 と、なると 一般説のハロウィンの起源に大きな疑問が沸いてきませんか? 一般説のハロウィンでは、悪魔から身を守るために仮装をしたりするというのは上で書きましたが、ドルイド教にとって、悪魔は人間の生贄を捧げてまで崇拝するべき対象として認識されていました。 それなのに、一方では、悪魔から身を守るための祭りが存在するというのは、不自然でしょう。 むしろ、こう考える方が自然です。 「 ハロウィンは、悪魔を崇拝するための祭り」 これが、ハロウィンの起源の新説です。 これに関しても、新しい説を考えれば、別の意味が見えてきます。 これをハロウィンを悪魔を崇拝する祭りであると考えると、全く別の考え方が出来ます。 ハロウィンの起源に関するまとめ さて、ここまで、ハロウィンの一般的な起源や由来、そして、それとは全く真逆のハロウィンの起源や由来について書いてきました。 一般説の方は非常に子供向けで、子供にハロウィンの由来や起源を聞かれた時には是非教えてあげて欲しいと思うような「キレイ」な内容です。 …が、本来、 人間の歴史や行いと言うのはむしろ残酷なものが大半です。 実際に、歴史を振り返ってみればよく分かります。 実際に、中国の歴史書なんかは、新しい王朝が生まれる度に、歴史が歪曲され、書き換えられることは有名です。 それと同じように、ハロウィンにも元々は現代人の我々からすると理解出来ないような、生贄の文化や儀式のための祭りごとであったのが、今では現代風にアレンジされた、というのが、新説として存在します。 ですが、どちらを信じるかはともかく、現代のハロウィンにはもう宗教的な意味合いはなく、英語で言うところの、フェスティバルのような扱いになっているので、信じたい方を信じる方が、ハロウィンを楽しむ上では重要だと個人的には思います 笑 是非、それらを踏まえた上で、しっかりハロウィンを楽しましょう!HappyHalloween! カテゴリー• 147• 133• 128•

次の