春日 イケア。 金沢春日ケアセンター(金沢市) の基本情報・評判・採用

オードリーが壊したIKEAのイス、なぜかAmazonのレビューで高評価が相次ぐ

春日 イケア

この日は、北欧家具販売店「IKEA」の特集を組んでおり、視聴者へのプレゼントとしてIKEA製の「」という名のアームチェアを紹介した。 水卜麻美(みうら・あさみ)アナウンサーが「IKEAからプレゼントです。 超ロングセラーの絶対壊れない椅子に、筋肉自慢の春日さんが挑みます」と紹介。 椅子に腰掛けたオードリーの春日が相方の若林正恭とコントを交えながら、この椅子が日本人がデザインし、30年以上にわたり売れ続けているロングセラー商品であることをアピールした。 若林は「お店で行われている630万回以上のテストに耐えた」と椅子の耐久性に触れ、「これ壊れないということで、春日さん試してみてください」と水を向けた。 すると、春日は上体を大きく揺らして頑丈さをアピール。 若林も春日の体を動かしてサポートして、飛び跳ねるように激しく揺らしてるうちに「バキッ」と音を立てて椅子が壊れてしまい、オードリーの2人も転げ落ちた。 スタジオは笑いと悲鳴で騒然となった。 水トアナは、笑いをこらえながらも「大変申し訳ありません、使い方は正しく守ってください」「正しく使えば壊れませんので、ご安心ください」と、冷静に視聴者に訴えていた。 番組の終了間際、司会の南原清隆に注意を受けた春日は「普通、あんな座り方しないからね。 本当にバカヤローですよ、私はね」と反省しきりだった。 【関連記事】•

次の

ヒルナンデスで春日が壊した「壊れない椅子」 その後IKEAがまさかの張り紙を

春日 イケア

ヒルナンデスの生放送中にIKEAの壊れないはずのイス「POANG」をオードリーが壊してしまった件で、AmazonのPOANGのレビューが荒れている。 といってもなぜか評価は最高評価ばかりだ。 今何が起きているのか真相に迫った。 前回の記事1: 前回の記事2: オードリーが耐久性をアピールするために何度も勢い良くもたれかかり、無茶なことをした背景にはIKEA側のスタッフと事前に打ち合わせしていたからという指摘がある。 ネット上ではここ数ヶ月で「引越し業者は壊れやすいIKEAの家具を保証対象外にしている」という口コミが急速に広がっており、IKEAとしてはその噂を払拭すべく耐久性をアピールしたかったものと思われる。 スポンサーであるIKEAの意向を無視してオードリーが独断であのような暴走をしたとは考えにくく、イスが足元からバキッと折れてしまうのは現場にいたIKEAのスタッフも想定外だったのではないだろうか。 一体何が起きているのだろう。 630万回もの耐久試験をクリアしたと宣伝しておいて一瞬にして壊れたのだから最低評価がつきそうなものだが…。 最高評価をつけたレビューコメントを見てみると、もはや大喜利状態。 すっかりネタとしておもちゃにされてしまっているのであった。 ・テレビ鑑賞用に購入しました!週末はこれに座りながらヒルナンデスでもみるか。 ・いや~この前のヒルナンデスで春日さんとこの椅子壊してしまったんですけどあれは630万1回目の衝撃だったのでセーフでしてた。 ・ネット上では神回として崇められており、春日も大満足です。 IKEAのアームチェア、我が歴史に名を残したということで、星5つを与えようぞよ。 ・春日ちょっと調子に乗りすぎましたエエ。 ごめんなサイドチェスト! ・今までは体重60キロの私が勢いよく座るとさすがに壊れてしまうと思っていましたが、あの春日 +若林 が勢い付けて座っても数回耐えたのでもうこれからは安心してジャンピングお座りができます ・630万回に及ぶ耐久テストで安全が確認されてるだけあって見た目より丈夫です。 ふざけて座りながら飛び跳ねてみたらバキッという音がして倒れてしまいましたが、よく見たら壊れてなかったです やはりヒルナンデスの生放送中に壊れたことでこのイスを知ったという人が多いようだ。 一応、広く商品を宣伝できたIKEAとしては良かったのか悪かったのか。 木が折れるという思わぬハプニングについては、人によって「品質の悪いものをよくみせようとしたIKEAが悪い派」と「無茶をしたオードリーに責任がありIKEAは悪くない派」に分かれている。 あなたは今回のハプニングをどのように受け止めているだろうか。 低価格路線をうりにするIKEAには根強いファンも多く、ネット上ではその存在意義について賛否両論が巻き起こっている。 ニトリファンと大塚家具ファンも入り混じっており、しばらく論争は止みそうもない。

次の

【朗報】オードリー春日、椅子破壊事件のIKEAとついに和解!「壊れた椅子めっちゃ売れたよ」 : はちま起稿

春日 イケア

2月24日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリーが家具ブランド・IKEAの椅子を破壊した。 耐久性が極めて高く、630万回ものテストに耐えたという椅子に対し、オードリーの2人が大暴走。 椅子に座った春日は身体を激しく揺さぶり、若林も春日の動きに勢いを付けた結果、椅子の脚が折れてしまったのだ。 このオードリーの大暴走を受け、ネット上では大盛り上がり。 ユーチューブにアップされた動画は、公開直後に数十万回の再生回数となった。 今回、壊してしまった椅子は、視聴者プレゼント用にIKEAから提供された商品。 きっとオードリーは大目玉を食らうのではと思いきや、 「むしろIKEAの広報は大喜びだったみたいですよ」 と語るのは、IKEA社と関係の深い広告代理店の社員である。 「壊れてしまったことによるネガティブイメージ以上に、絶大な話題性に価値を見出しているんです。 『広告費で換算したら3億円は下らないんじゃないか』と、一連の騒動を大歓迎しているようですね」 これを機に、同番組でのオードリーの悪ふざけがエスカレートするかもしれない。 (白川健一).

次の