ハイキュー 383。 ハイキュー!!【最新383話ネタバレ】世界と戦う

【ハイキューネタバレ383話最新話確定速報】佐久早のスパイクの攻略法と他選手の活躍は?|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー 383

384話はロメロ率いるアトラーズと日向達ブラックジャッカルの激烈一閃が繰り広げられる。 速攻攻撃 試合は星海のサーブから始まる。 ボールは繋がれ最後にレフトでロメロに回る。 ブロックアウトに警戒しなくてはだし、上から叩き落とす可能性もある中ロメロは日向の前に落としてきた。 確かに目の前に落とした球だったが素早くスッと前に出て忍者のように球を上げた。 その球を速攻でアドリア・トーマスがアタックを決め得点に繋げた。 得点が入り、ブラックジャッカル5点、アドラーズ7点となる。 怒涛の連続得点 サーブはブラックジャッカル大型ルーキー佐久早、気持ち悪いほど回転のかかった球でサービスエースをとる。 ここでブラックジャッカル6点、アドラーズ7点と一点差に。 2回目のサーブはロメロと平和島の間に。 今度も強烈なサーブをかますが、なんとか上げる。 牛島が星海にラストを繋ぐ。 星海は一瞬の判断で誰も居ない左後ろ端を狙う。 だが日向に塞がれてしまう。 ラスト木兎が決め、3点連続での得点を決め遂に同点まで追いつく。 最強のおとり 佐久早3回目のサーブはネットに引っかかってしまう。 アドラーズが8点になった今最初のTO。 そこでロメロが神妙な面持ちで話し出す。 まさかあの人は忍者翔陽ではないかと。 だがチームメートは何のことか検討もつかない様子でロメロを見つめる。 ロメロは興奮しながらなぜ分からないと力説し出す。 ロメロの息子が言うには翔陽の競技を見てまるでビーチバレーをしてると大騒ぎをしていたそうだった。 それを聞きさっきのレシーブの事だとトビオは気付いた。 日向はただレシーブが上手いだけでなく、ロメロがしたフェイントも星海が狙ったエンドラインも日向が誘導していたのだった。 守備の選択肢を何個か見せて、ここを守と相手に見せておいてその反対を狙っていた。 日向は自身をおとりに使っていたのだ。 最強のおとり第二形態へ。 「ハイキュー!! 」最新刊や単行本を無料で読む方法 「ハイキュー!! そんなあなたにご紹介したいのが、 「ハイキュー!! 」最新刊や単行本が無料で読める理由 ・無料トライアルに登録しただけでもらえる600ポイントで最新刊や単行本が無料で読める! U-NEXTをオススメする理由 1.無料トライアルに登録するだけで600ポイント(600円分)もらえる! 2.その600ポイントを利用して最新刊や単行本が無料で読める! 3.無料トライアル期間(31日間)であれば解約しても料金は1円も発生しません! 4.アニメが見放題の作品が多数用意されている! 5.月額契約だと、毎月1,200ポイント(1,200円分)もらえる! 31日間無料トライアルに登録するだけでもらえる600ポイントを利用して 「ハイキュー!! 」の最新刊や単行本が無料で見られるお得なサービスをU-NEXTが開催中なので 是非、このキャンペーン中に登録してみてください! U-NEXTなら「ハイキュー!! 384話の最新話ネタバレに関するツイート ハイキュー!! 384話の最新話ネタバレ確定情報を紹介しましたが、読者のみなさんの感想や期待度、予想や考察はどの様な評価や評判がなされているのでしょうか? ツイッターから「ハイキュー!! 」に関するツイートなど集めてみました! 【ナンジャタウン】「ハイキュー!! 百鬼夜行 in ナンジャタウン」3月13日~開催! 本日はナンジャタウンオリジナルイラストを全体公開です。 宮、星海、佐久早も妖怪の姿で登場します! そして、ジャージ姿の描き下ろし等身イラストは3月上旬に公開しますのでお楽しみに! — アニメ「ハイキュー!! TO THE TOP』第7話「返還」が放送です!! 伊達工のブロックに苦戦する烏野。 なかなか攻撃が決まらないスパイカーに影山は声を荒げてしまい…。 — アニメ「ハイキュー!! アニメも面白いですよ!是非見て下さいね。

次の

【ハイキューネタバレ383話最新話確定速報】佐久早のスパイクの攻略法と他選手の活躍は?|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー 383

』第383話のネタバレ。 前回の話は、日向は以前よりもジャンプの完成までが速くなっていた。 しかしその次には牛島が存在感のある得点を奪い、得点は一進一退だ。 そこに佐久早の独特な、以上な手首の柔らかさが活きてまた得点を同点にする。 そのボールを取ろうとしていた影山は、ニヤリと笑っていた。 』第383話(最新話)のネタバレを含みます。 ネタバレが苦手な方はご注意ください。 ハイキュー!! 第383話のネタバレ! 多くの人々が日向たちの戦う試合を見守っている。 烏野食堂の看板の掲げられた店でも、テレビに釘付けになっている客がいた。 試合はトマスが真ん中から一撃を決め、同点になっている。 そして次のサーブは日向だった。 日向はボールを軽く浮かせてバンッと強く叩く。 その様子にブラジルのエイトールが、ビーチでの砂を落とす動作がルーティーンになっちゃってると指摘して笑った。 中学時代の友人たちからも応援の声がかかる。 笛の音が鳴り、日向は大きくボールを空中へ投げ上げると助走の体制に入った。 そして多くの人々が期待の視線を向ける中、ジャンプサーブを際どいところに打ち込む。 日向の成長 星海も取れぬそのサーブは残念ながら、ギリギリでサイドラインを割った。 そのサーブに宇内がサーブが普通じゃなくなってる、といかにも嫌そうな顔をする。 赤葦は高1の時の日向の姿を思い出して、ほろりとした。 客席から見守る人々の中に和久谷南のバレー部だった、川渡と中島が見つめている 川渡は試合の様子はみるからに引いてしまっていたが、中島はににやりと笑ってヤベェ奴らと戦ったもんだと言う。 菅原は「後頭部サーブ」がなつかしいと高校のころを懐かしむ目はどこか生気がない。 鵜養もまた今食らったら明らかにやばいと遠い目をした。 コートでは木兎がどんまいと、侑が一本目だしと小さく笑うが、それは一本目成功した奴が言うと容赦ないツッコミが飛ぶ。 佐久早がそこにサービスエース先越されなくてよかったなと畳みかけた。 ロメロの存在感 一方、日向たちはネットを挟んで牽制し合う。 そして次のサーブ、強烈な星海のサーブを木兎が受け取った。 それは木兎のサーブの際とは真逆の状況で、木兎もさっきのお返しだと必死の様子を見せながら、ボールを繋ぐ。 侑はそれを逃さず、佐久早のスパイクまで繋ぐが、相手のL(リベロ)平和島が拾い星海が今度はボールを繋いだ。 何とか繋いで返すだけになりそうなボールはロメロのもとへ。 ネットを背に飛び上がったロメロは、振り向きながらスパイクを叩き込んだ。 日向と木兎も飛び込みはしたが間に合わない。 同点から一気に連続得点(ブレイク)となった。 その様子を条善寺出身で今は美容師見習いをしている照島が、美容室の客の見ている端末を通して見る。 ロメロを褒め称え、日向• 影山と戦ったことがあると告げて客を驚かせた。 しかし、店の先輩に静かに怒られてしまう。 さらなるロメロの存在感 2回目の星海のサーブが回ってきた。 彼の放ったサーブはネットに当たるが、相手のコートへと入っていく。 大声を崩されるが何とか拾って、日向にラストボールが回った。 トンと柔らかなタッチであがる日向の打ったボールは、孤爪や国見をもってしても嫌(イイ)トコへ落ちる。 ロメロの前を狙ったそのボールに対して、ロメロ自身するりと鮮やかな身のこなしでレシーブすると、影山のトス似合わせて速攻攻撃を決めた。 自身が狙われたことを逆手にとる攻撃に、見る者すべてが唖然とする。 解説者 「助走とレシーブ同時にやっちゃった」 そう言わしめる攻撃は華麗、柔軟、鮮やかであった。 日向は今、確かに世界のエースと戦っている!という実感に心躍らせていた。 >> ハイキュー!! など漫画を無料で読む方法 以上、『ハイキュー!! 』第383話のネタバレになります。 文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、 U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. 』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。 U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ハイキュー!! 第383話の感想・考察 日向はじめとする両チーム分け隔てなく活躍する中、ロメロの活躍が最早異次元…。 しかし、その場にいる誰もが恐怖ではなく、世界と戦っていることへの喜びを噛みしめているところがさすがで…妖怪と呼ばれた世代は伊達じゃないなと思わされました。 ロメロの攻略をどうしていくのか期待ですね! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2020年2月22日になります。 発売され次第、『ハイキュー!! 』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『ハイキュー!! 』第383話のネタバレ感想でした。

次の

ハイキュー!!384話 最強の囮・2【感想・ネタバレ・予想】

ハイキュー 383

ハイキュー!! 【383話】最新話ネタバレあらすじ サーブはジャッカルに変わり日向です。 ビーチの時の癖でボールの砂を落とす動作をする日向にエイトールとニースは思わず笑います。 高校時代とは違いジャンプサーブの日向に田中たちは驚いています。 残念ながらアウトになってしまいましたが、日向のすごい成長に赤葦は思わず感動してしまいます。 菅原も後頭部に当てていた日向のサーブを懐かしく感じていました。 影山は日向のサーブに甘いと思いますが、聞こえているかのように日向もうるさい、と反撃。 これはどちらも表情のみでのやり取りです。 日向に手本を見せようとする星海のサーブ。 強烈サーブですが、先ほど取られた木兎がやり返します。 そのままの勢いでライトから佐久早のスパイク。 ブロックを大きく弾きますが、リベロ平和島が受け止め、星海が拾います。 そのまま相手コートに返ってしまいそうなボールをネットに背を向けていたロメロが振り向きざまに叩き込みました。 アドラーズ連続得点です。 星海2回目のサーブはネットインとなり、トマス、犬鳴がなんとか繋ぎます。 返す日向はあえてロメロの前に落としてロメロの攻撃を牽制しようとします。 狙い通り拾ったロメロですが、拾うと同時に走り出しそのまま影山のトスでスパイクを決めます。 助走とレシーブを同時に行ったのです。 ロメロは影山のトスを誉めますが、影山はロメロのプレーに感動しています。 誰もが圧巻なロメロのプレー。 日向は世界のエースと戦っていることを実感します。 カテゴリー•

次の