コルチ コ ステロイド。 検査情報システム 血中コルチゾール

コルチコステロンとは

コルチ コ ステロイド

ステロイド剤って万能? ステロイド剤とは、副腎皮質ホルモンから作られている薬です。 猫にだけ処方される薬ではなく、我々人間にもよく使用されている薬です。 そして、ステロイド剤には、様々な疾患に効く万能薬のようなイメージが持たれています。 副腎とは、腎臓の少し上の辺りにある小さな臓器で、そこからは複数のホルモンが分泌されています。 コルチゾール、コルチコステロンといった糖質コルチコイドと呼ばれているホルモンや、アルドステロンといった尿細管でのナトリウム再吸収とカリウム排出を促進するホルモンなどです。 糖質コルチコイドは、体内で血液中のブドウ糖(グルコース)を増加させてエネルギー源を作らせたり(糖新生)、他のホルモンの効果を増強させたりする働きをしています。 その影響範囲は広く、ステロイド剤は色々な病気に対して処方されます。 ステロイド剤として代表的なプレドニゾロンについて、「獣医からもらった薬がわかる本」(世界文化社)から「処方目的」に記載されている内容を引用します。 「イヌ・ネコ・ヒト:炎症を抑えるのに使用する副腎皮質ステロイド剤の使用範囲は広く、虫さされからがんまであります。 また、アジソン病、関節リウマチ、膠原病、ぜんそく、ネフローゼ、薬疹、血液障害にも利用されます。 炎症を抑えるという事は免疫機能を抑えるという事なので、他にも免疫異常に関連した疾患(リウマチなど)やアレルギー症、臓器移植後の拒絶反応を抑えるため等にも処方されています。 そのため、ステロイド剤を投与中の猫にはワクチンは接種しないという方針の獣医師もいるようです。 こうして見てみると、万能とまでは言い過ぎだと思いますが、確かにステロイド剤の効能は多岐にわたっていると言えるでしょう。 ステロイド剤って怖い? ステロイド剤のイメージとして、万能薬と共に、副作用が怖い薬というイメージも広く定着しています。 確かに、人に対しても猫に対しても、担当医は薬を処方するときに、「ステロイド剤である」ことをきちんと説明してくれるはずです。 ステロイド剤は、効果が大きいのですが、大量に長期間使用した場合、副作用が多いのも事実なのです。 ステロイド剤を処方するパターンとして、1つは副腎皮質機能が低下したことを補う目的で処方しますが、もう1つはステロイド剤の作用を期待して、必要量より多くの副腎皮質ホルモンを投与するというものがあります。 そして、実際には後者のパターンが多いようです。 後者の場合、必要量以上の副腎皮質ホルモンが体内に存在する状態になるので、服用が長期にわたったり、量が多くなったりすれば、副作用が起きるのも当然のことと言えるでしょう。 ステロイド剤の副作用 では、実際にどのような副作用が起きるのでしょうか。 主な副作用について、みていきましょう。 医原性クッシング症候群(副腎機能の低下) クッシング症候群とは、副腎皮質機能亢進症のことで、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。 ステロイド剤は、薬で人為的に副腎皮質ホルモンを追加投与している訳ですから、クッシング症候群と同じ症状が、副作用として出てくる訳です。 具体的には、猫の肥満、脱毛、皮膚が薄くなる、お腹が垂れ下がる、筋肉が萎縮するなどの外観の変化と、多飲多尿、食欲増進といった症状が出てきます。 アジソン病 必要以上の副腎皮質ホルモンが体内に長期にわたって存在するということは、視床下部から常に副腎に対して副腎皮質ホルモンの分泌を抑制しろという指示が出され続けるということです。 そうすると、副腎は萎縮してしまい、本来の機能を果たせなくなります。 その状態でステロイド剤の投与をやめてしまうと、当然副腎皮質ホルモンが作られなくなり、アジソン病になってしまいます。 アジソン病になった場合、その治療のために、再びステロイド剤の投与が必要になります。 糖尿病の誘発 副腎皮質ホルモンは糖新生を促進し、糖の取り込みを抑制する(抗インスリン作用)ので、血糖値が上昇し、副作用として糖尿病と同じような症状が出てきます。 消化器症状 下痢、嘔吐が起こりやすくなります。 また、胃や十二指腸の潰瘍を引き起こすこともあります。 感染症に罹りやすくなる ステロイド剤は免疫機能を抑制するので、当然のことですが感染症に罹りやすくなります。 同じ理由で、怪我などの外傷も治りづらくなります。 プレドニゾロンについて 内服薬の場合は、投与量により薬の強さを増減させますが、外用薬(塗り薬)の場合は、薬の種類によって強さが異なります。 外用薬タイプのステロイド剤に関する強さの分類について調べてみました。 猫の場合は舐めてしまうので外用薬で処方されるケースは少ないかもしれませんが、参考にしてください。 獣医師との信頼関係が大切 手前味噌な事例となってしまいますが、我が家の愛猫は慢性腎不全という持病に加え、昨年(2017年)の5月に脳腫瘍も併発してしまいました。 脳腫瘍の薬として様々な薬を投与していますが、昨年の7月にガクッと体調が悪くなり、プレドニゾロンも追加投与する事になりました。 しかし、プレドニゾロンは副作用として副腎機能低下や副腎の萎縮を招いてしまうため、慢性腎不全には当然良くありません。 治療方針や薬の処方については、慢性腎不全を診てくださっている主治医と脳腫瘍を診てくださっている神経専門医の主治医との間でその都度話し合いながら判断して頂いています。 そのため、通院日は必ず主治医が二人揃っている日にするなどの調整が必要となりますが、長期にわたってステロイド剤を使用していても、いたずらに心配することなく治療を続けられています。 もちろん副作用の心配がない訳ではありませんし、腎臓を優先するか脳を優先するかという判断なので、常にリスクがつきまとっています。 しかし、飼い主である私も家での基礎数値(採餌量、飲水量、排尿量等)や様子の観察結果を記録し、受診時に獣医師に渡していますし、獣医師も検査結果を詳しく説明してくれるので、病院と飼い主との間での情報共有はかなりできている方なのではないかと思っています。 その上での治療方針なので、素人ながらも飼い主側も納得でき、病院との信頼関係も構築できているのではないかと思っています。 おかげで、その後も何度かガクッと体調が悪くなることがありましたが、その都度主治医に相談して治療を続け、元の状態近くのレベルにまで回復し、愛猫は今でも自力で歩き、飲食し、トイレで排泄してくれています。 ステロイド剤のように多くの、しかも場合によっては命に関わるような副作用を起こす薬を投与する場合、とても心配になるのは飼い主として当然のことだと思います。 しかし、リスクの高い治療や薬を一切拒否するというのは極端過ぎる過剰反応なのではないかと思います。 主治医との信頼関係をきちんと構築することで、治療をスムーズに進めることは可能だと思います。 飼い主側としては、とにかく自分が納得できるまで主治医に質問することです。 そして、できる範囲で勉強をしていくのが良いと思います。 勉強といっても、難しい専門書を読むのではなく、高校時代の生物の教科書レベルで身体の仕組みを復習するだけでもかなり違うと思います。 , ,• 関連記事一覧.

次の

コルチゾールの働き

コルチ コ ステロイド

この項目では、生理活性物質としてのステロイドについて説明しています。 有機化学物質としてのステロイドについては「」をご覧ください。 医薬品としてのステロイドについては「」をご覧ください。 筋肉増強剤としてのステロイドについては「」をご覧ください。 ステロイドホルモン steroid hormones とはや などに作用するである。 脊椎動物のステロイドホルモンは結合するにより以下のように分類することができる。 (鉱質コルチコイド)• (男性ホルモン)• 他 である。 誘導体はホルモン様受容体に結合するホルモン系に関係するが、化学構造的にはステロイドというよりはに属する。 炎症性疾患の治療のために用いられる、いわゆる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した(ステロイド剤)のことであり、多くの場合は糖質コルチコイドおよびその改変型が用いられる。 また、などでその投与が問題として取り上げられることがある「ステロイド」とは、ステロイドホルモンと同様あるいはそれより強力なホルモン作用を持つ人工的に合成されたステロイドであり、アルドステロンやアンドロゲンが用いられる。 外用剤は皮膚炎の治療にも使用される。 を参照のこと。 また、節足動物におけるのような(: )も含む。 概略 [ ] 天然型ステロイドホルモンは一般に生殖腺 やにおいてから合成され、それらのホルモン分子の構造は脂質であり、それらは細胞膜に達すると容易に内部に通過し細胞核へ到達する。 肝臓で解毒を行う酵素として知られる(英語: Cytochrome P450)は、ステロイドホルモンの生合成に関与している。 ステロイドやステロールはに溶解するので血液から標的細胞の やその中のへとかなり自由にすることができる。 したがってステロイドホルモンもその誘導体も細胞膜を通過することができ、細胞内にあると結合する。 これはが極性の為に細胞膜を通過せず、細胞膜上の受容体と結合し、シグナル伝達を行うのと対照的である。 細胞質中ではステロイドはが関与する、還元、ヒドロキシ化、芳香化などの、変換を受けたり、そのままであったりする。 そして細胞質中でステロイドは特異的な受容体と結合する。 ステロイドとステロイド受容体との結合は多くの場合は二量体を形成する。 2つの受容体サブユニットが互いに結合してに結合する機能を持つユニットが形成され、それは. に入ることができる。 ホルモンシステムのいくつかはに関連した受容体()であることが知られている。 ホルモンが核内に入り込むと、ステロイド-受容体基質複合体は特定のDNA配列と結合し、標的の転写を誘導する。 ステロイドホルモンは血液中では一般に特定の輸送と結合している。 性ホルモンやコルチコイドはグロブリンと結合している。 さらなる構造変換や異化は肝臓や周辺組織あるいはホルモンの標的組織で行われる。 また、組織に広く分布するためにや中にいる時間が長い。 その結果、のものに比べ持続性の長い応答に関わる傾向が見られる。 生理作用 [ ] ステロイドホルモンは、その機能から、性ホルモン、、などに分類される(性ホルモンはも含む)が、多義的な作用を持つことがほとんどである。 すなわち、であってものような類代謝作用を微弱ながらも持っており、機能による分類は一応の目安に過ぎない。 また、 ステロイドホルモンはみな、生体のエネルギー利用を助ける方向に作用し、の上昇、水分の保持、気分の高揚などの作用を持つ。 このため、の機能不全や、を制御するの機能不全で ステロイドホルモンが不足すると、全身の倦怠感などが出現する。 いわゆる環境ホルモン()は、ステロイドホルモンの受容体と結合し転写を阻害、または不適切なときに促進し生体に悪影響を及ぼすことが多い。 生合成 [ ] アルドステロン生合成経路 [ ]• 145、EC 5. 5 コルチゾール・コルチゾン生合成経路 [ ]• 145、EC 5. 146 エストロン、エストラジオール生合成経路 [ ]• 145、EC 5. 145、EC 5. 146 反応の経路図 [ ]• 詳細は「」を参照 最も著名なステロイド剤で日常的によく使用されているのが、系のステロイドホルモン()およびその合成である。 グルココルチコイド系ステロイドはの走化を抑え、を強力に抑制するなど、広く生体環境の恒常作用を有する。 部位特異的に作用する薬剤とは異なり、遺伝子に直接的に作用して効果をもたらし、幅広い様々な病態改善に使用される。 、を代表とする疾患をはじめ、、などに対する治療薬として利用されるほか、に対して著効する。 一方で、を併発している病態での使用はその感染源である細菌等の生体浸潤を助長するおそれがあるほか、特に重大疾患においては非常に効果が高い反面で重篤なものを含む多彩な副作用も認められており、その使用には慎重を要する薬剤の一つでもある。 抗炎症薬として使用されているものには、抗炎症活性を高め、かつ本来の血糖値制御などのホルモン活性を低める目的で修飾基を改変されたものもある(、など)。 ・・・・・などの形態が存在する。 によるのみならず、一般に販売されるにも含まれているものがある。 筋肉増強剤 [ ] 筋肉増強剤に使用されるステロイドは(蛋白同化ステロイド)とも呼ばれる。 該当記事を参照のこと。 註・出典 [ ] [].

次の

有害反応

コルチ コ ステロイド

コルチゾールは 低血糖時に「肝臓での糖新生(糖分以外からグルコースを産出)を促す」ことで、 血糖値の維持に貢献しています。 コルチゾールと、グルカゴンやアドレナリンの作用により、 血糖値は必要以上に低下せず、一定値に保たれています。 コルチゾールが高すぎると コルチゾールは、血糖値を上げる働きがあるため、 慢性的にコルチゾールレベルが高過ぎると、「血糖値の上昇・高血糖」をもたらします。 そのため、慢性的な高ストレス環境は、 高血糖により、血流悪化、動脈硬化、糖尿病などの原因となります。 イタリアのミラノの大学で行われた研究においても、 2型糖尿病と高コルチゾールに相関関係があった、と発表しています。 コルチゾールが低すぎると 反対に、コルチゾールレベルが低すぎると、低血糖症をもたらします。 理由は、血糖値の維持に必要な肝臓での糖新生が十分に行えないからです。 その結果、細胞が働くのに必要な糖分が不足し、エネルギー不足を感じたり、 低血糖の症状である手足の震え、不安、緊張などの交感神経症状や、 無気力感、判断力低下などの脳疲労症状も現れるようになります。 副腎疲労による疲労症状については、をご参照下さい。 免疫応答 コルチゾールの働きの1つが皮膚の炎症の抑制・緩和です。 コルチゾールは、湿疹、発疹、皮膚炎、アレルギー、関節リウマチなどによる炎症を抑える働きがあり、 炎症を抑える薬(薬用成分:ヒドロコルチゾン)として、医師から処方されます。 コルチゾールが高すぎると コルチゾールレベルが高過ぎると、免疫力が低下してしまいます。 コルチゾールがステロイド薬として利用されるのは、 免疫力を低下させることで、炎症を抑制するからです。 炎症とは、体内に入った細菌やウィルスを排除するため、 免疫システムが熱や腫れを引き起こしている状態です。 コルチゾールはこの免疫力を低下させることで、 炎症を抑えるため、風邪やインフルエンザ、感染症などにかかりやすくなります。 コルチゾールが低すぎると コルチゾールレベルが低すぎると、 免疫力が高まるため、炎症は起こりやすくなるものの、 炎症によって菌を排除するため、 傷の治療時間は短くなります。 2004年、ロンドン キングスカレッジで行われた研究によると、 傷の治癒速度とコルチゾールレベルに相関関係があり、 コルチゾールレベルが低いほど、治癒時間は短かった、と発表しています。 しかし、コルチゾールが高過ぎると、 生体内で炎症を引き起こす原因物質の増加につながるため、 炎症の長期化、慢性化へとつながることがあります。 筋肉 コルチゾールが筋肉に影響を与えるのは、 血糖値の維持の影響によるものです。 筋肉は合成 タンパク質の合成 と分解 筋肉を分解して肝臓でグルコースを作る が常に行われ、 バランスを保っていますが、 コルチゾールレベルが高過ぎると、筋肉の合成を抑制し、分解を亢進します。 そのため、高コルチゾールを原因とする難病クッシング症候群の特徴的な症状は、 手足の筋力が低下し、顔や腹部のみが肥満化します。 東京大学医科学研究所の論文によると、 炎症性疾患などの治療に使用される薬理量のグルココルチコイド 副腎皮質ホルモンの1つ、コルチゾールもこの1種類 の投与が、 筋力と筋量の低下(ステロイド筋萎縮,ステロイドミオパチー)の直接的な原因にもなりうることが、 40年以上も前から知られている、と述べています。 骨粗しょう症 ストレスが長期化し、コルチゾールレベルの分泌過多が続くと、 「海馬の萎縮」、「脳細胞の減少」、「ニューロンの生成阻害」、「脳の早期老化」、 「無気力・無関心」、「アルツハイマー症の増加」、などを引き起こします。 2014年に公開されたアメリカ分子精神医学ジャーナルによると、 「慢性的なストレスや高コルチゾールは、通常よりも少ないニューロンをもたらす」と、発表しています。 また、慢性的なストレスとコルチゾールレベルの上昇は、 海馬の萎縮、高齢者の認知症につながることが知られています。 反対に、副腎が疲弊しコルチゾールレベルが低下している患者は、 アドレナリンやノルアドレナリンの分泌が低下することから、 熱意を失い、無気力、無関心、不安が増大することなどが報告されています。

次の