予備校 評判 ランキング。 大学受験 塾・予備校 現役 首都圏のランキング2019年版 オリコン顧客満足度|調査企業20社の比較・クチコミ・評判

医学部予備校を評判で比較

予備校 評判 ランキング

「税理士の予備校か通信講座を受講してみたいけど、どれを選べばいいのか分からない・・・」 「通学か通信講座だったらどっちがおすすめ?」 このような悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 確かに初めて講座を受講するとなると何を基準に選んだらいいのかが分からず、なかなか踏み出せないですよね。 実際、 税理士試験はどの資格学校を選択するかで結果が大きく変わります。 特に税理士初学者だとなんとなく講座選びをしてしまい、後になって「 この講座は自分には合わなかった・・・」と後悔することも少なくないです。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が税理士の予備校・通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、講座選びにもっとも大切な• 講座の価格・費用• 教材のクオリティ• 学習サポート• 受講可能な科目• 会社の信頼性 の5つのポイントを元にランキング形式で紹介します。 スタディングの税理士講座は簿記論・財務諸表論の2科目を 54,980円から、その他税法科目を 1科目あたり45,980円から受講可能です。 したがってスタディングで5科目全て受講した場合の費用は 192,920円となります。 一方、予備校による税理士講座の費用相場は 5科目でおよそ80万円なので、スタディングを利用した場合は予備校に通うよりも 60万円以上安く講座を受講することができます。 もちろんスタディングの各講座には、よりサービスの優れた価格の高いコースが用意されていますが、全科目で最上位のコースを利用しても講座費用の合計は 25万円を超えません。 この価格の差は言うまでもなく絶大であり、スタディングほどコストパフォーマンスに優れた税理士講座は存在しないと言えるでしょう。 科目 1年目に合格した場合の費用 2年目に突入した場合の費用 簿財2科目 約100,000円 約200,000円 消費税法 約50,000円 約130,000円 相続税法 約80,000円 約180,000円 法人税法 約100,000円 約200,000円 上記のようにクレアールのコースは基本的にどの科目も2ヶ年計画となっており、 1年目に合格できた場合は2年目の受講料が返金されるほか、合格祝い金も受け取れるようになっています。 したがってクレアールで5科目受験した場合の費用は 33万円から71万円ということになります。 スタディングほど飛び抜けて安いわけではありませんが、 大手予備校と比べるとかなり安くなっていることが分かります。 科目 標準コース受講料 上級コース受講料 簿記論 145,600円 104,900円 財務諸表論 145,600円 104,900円 法人税法 155,800円 129,400円 相続税法 155,800円 129,400円 消費税法 100,800円 88,600円 国税徴収法 65,200円 なし 科目の申込数が多いほど割引になるものの、 講座費用は5科目で60万円を超える場合が多いので、通信講座の中ではかなり割高だと言えるでしょう。 ネットスクールの最大の特徴は 合格率を公表している点であり、各科目で全国平均の1. ただし合格率を算出するのに利用されたデータは公表されていないので、何人中何人が合格したのかは不明です。 また、合格者の声もほとんどなく、 合格率の数値がどれくらい実態に即しているのかについては、少々疑問が残ります。 資格試験のFIN 資格試験のFINは会計系資格を中心に講座を展開している通信講座です。 FINの税理士講座の開講科目と講座費用は以下のようになっています。 税理士の予備校4社を徹底比較 税理士講座には通信講座だけでなく通学制の予備校も存在します。 予備校では基本的に 自分が通う校舎によって担当講師が異なることや、 立地による利便性の影響もかなり大きいので、一概に各社の良し悪しを比較するのは困難です。 一方で各予備校にはそれぞれ違った特徴があるので、各社の魅力をきちんと把握しておくことは講座選びの際に役立つでしょう。 ここでは各予備校の講座費用の目安と、それぞれの魅力について解説します。 ちなみにどの予備校にも通学コース以外に通信で受講できるコースも用意されていますが、 通学と通信で費用の差はほとんどありません。 資格の学校TAC 資格の学校TACは言わずと知れた超大手予備校です。 TACの税理士合格者祝賀会には毎年非常に多くの人が参加しており、 予備校の中でも強い存在感を放っていると言えるでしょう。 もちろん税理士試験の 11科目全ての講座が用意されており、マイナーな科目でチャレンジしたい場合も安心です。 TACの講座費用はどれくらい? TACの講座費用は受講するレベルによって異なりますが、単科目講座では 1科目当たり10万円から25万円となっています。 他にも複数科目がセットになったパックコースや5科目全てがセットになった本科生コースが存在し、 セットで受講する科目数が多いほど割引率が大きくなる仕組みです。 また、受講期間も価格に影響し、基本的には受講期間が短いほど安くなります。 このようにコースによる価格の差が大きいですが、 単科目だと約20万円、5科目セットだと1科目あたり14万円ほどになると考えておけば良いでしょう。 TACの強み TACの一番の強みはやはり 「講師陣の質の高さ」でしょう。 通学講座が主な予備校において、担当講師は質問や相談にも乗ってくれる頼れる存在なので、 講師の質の高さは講座満足度に直結すると言えるでしょう。 資格の大原 資格の大原はTACと並んで高い知名度を誇る大手資格予備校の一つです。 大原は数多くの資格講座を取り扱っていますが、その中でも 「大原の税理士講座」は特に有名であり、税理士講座を選ぶ際は必ずチェックしておきたい予備校です。 また、 税理士試験の科目は全て網羅されているので、酒税法や事業税などを選択したい方でも問題なく受講することができます。 大原の講座費用目安 大原の講座費用も科目やコースによって異なります。 科目ごとの費用相場はおおよそ以下のようになっています。 ただしどちらもコースによる差がかなり大きいので、 この2社の価格の差はほとんどないと考えても良いでしょう。 大原の強み 大原の強みはなんと言っても 業界随一の合格実績でしょう。 つまり税理士合格者の半数以上が大原の受講生なのです。 さらにこの実績は2018年に限った話ではなく、その前年度2017年の大原生の官報合格者に占める割合は 61. ここまで優れた合格実績を公開できている予備校は他になく、 大原の信頼度はこの上なく高いと言えるでしょう。 LEC東京リーガルマインド LECも知名度の高い資格予備校の1つですが、税理士講座については通学講座をほぼ実施しておらず、 開講校舎は全国でわずか2校舎だけです。 したがって通信による受講がメインとなりますが、 開講科目は簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法・相続税法・消費税法の6科目しかありません。 そのため上記予備校2社と比べると税理士講座にそこまで注力していない印象を受けます。 LECの講座費用 LECの講座費用は以下のようになっています。 あえてDVD受講を選ぶ必要は基本的にはなく、Web受講を選択するものだと考えて問題ないでしょう。 科目 Web受講 DVD受講 簿記論 123,200円 162,800円 財務諸表論 123,200円 162,800円 法人税法 123,200円 162,800円 所得税法 123,200円 162,800円 相続税法 123,200円 162,800円 消費税法 99,000円 132,000円 講座費用を見てみると、 消費税法を含む5科目で591,800円、消費税法を除く5科目で616,000円となっています。 予備校の中では比較的安い水準であると言えるでしょう。 資格スクール大栄 大栄も資格学校として広く知られている予備校です。 校舎は全国に点在しているので、目にしたことがある人も多いでしょう。 講座が用意されている税理士科目はLECと全く同じであり、 簿記論から消費税法までの6科目と、TACや大原と比べると科目数としては充実しているとは言えません。 大栄の税理士講座費用は、 消費税法以外が1科目あたり238,700円、消費税法が143,110円です。 このように講座費用は予備校の中でも高めとなっています。 通学講座選びは立地も重要 資格予備校では通学でも通信でも講座費用は変わりません。 そのため予備校を利用するのであれば学習のペースが作りやすく、講師から直接講義を受けられる 通学のコースを選ぶのがおすすめです。 そのことを前提に考えると、 予備校選びは自宅や勤務先の近くに校舎があるかどうかという側面が極めて重要になってきます。 毎日仕事で忙しい中、さらに予備校に通うために長い移動時間をかけてしまうのは極めて非効率なので避けましょう。 特にTACか大原の2社で迷った際は、 立地的に通いやすいところを選ぶという判断基準を採用しても全く問題はないでしょう。 税理士講座は予備校と通信講座どっちがおすすめ? まず第一に、大手予備校の通信コースはあまりおすすめできません。 予備校の最大の売りは 通学による学習ペースの確保や講師との距離の近さですし、そもそも予備校の講座費用が非常に高いのは 膨大な数の校舎の維持費も大きな要因です。 そのため、通学とほぼ変わらない費用を払ってまで超割高な通信コースを受講するメリットは、実際のところほとんど無いでしょう。 このことを踏まえた上で、以下では予備校に通学する場合と、通信講座を比較していきます。 予備校のメリット・デメリット 先ほども触れましたが、予備校に通う最も大きなメリットは 学習のペースを強制的に作ることができる点です。 税理士の受験は長期間に渡るので、仕事をしながら勉強を続けるためには通学の強制力はとても役立ちます。 また、 講師の方に直接質問することが出来る点や 他の受講生と交流できる点も予備校ならではの魅力だと言えるでしょう。 一方で通学の場合はどうしても校舎ごとに先生が違うので、 同じ費用を払っていても校舎によって内容に差が出てしまうというデメリットも存在します。 さらに残業などが重なった場合は予備校に通う時間が取れなくなる場合があるので、 忙しい方ほど学習の継続が困難になりやすいです。 加えて、 校舎の場所によっては移動時間や費用も無視できないでしょう。 これらのメリット・デメリットを理解した上で、やはり通学して勉強したいとお考えの場合は予備校を選択すると良いでしょう。 通信講座のメリット・デメリット 通信講座は予備校と比べて 30万円から60万円ほど安く受講できるという圧倒的なメリットがあります。 よほど資金面に余裕がある方を除いて、この価格の差はあまりにも大きいです。 また、 場所や時間を問わずいつでもどこでも勉強できるというメリットも見逃せません。 特にスタディングであればスマホ1台でありとあらゆる学習をこなすことが出来るので、 仕事や家事で忙しい社会人の方でも無理なく続けられるでしょう。 細かい点ですが、他にも講義を倍速再生できるので効率よく学べることや、講義で分からない点を繰り返し再生できるといったメリットもあります。 これに対して、通信講座には 通学ほど学習ペースに対する強制力が無いというデメリットがあります。 一方で、当然ながら通信講座各社でも学習スケジュール管理やモチベーション維持のためのサポートは実施されているので、この点に関してそこまで憂慮する必要は無いと考えられます。 むしろ 隙間時間を使って毎日少しずつでも勉強できる通信講座の方が、働きながらの勉強には合っていると感じる人も多いでしょう。 ただし、 通信講座では取り扱っていない科目も存在するので、そういった科目を選択したい方は必然的に予備校の力を借りることになるでしょう。 税理士試験で失敗しないための注意点 まずは受験資格に気をつける 税理士試験を受けるためには 受験資格を満たさなければなりません。 税理士試験の受験資格には「学歴によるもの」「職歴によるもの」「資格によるもの」の3つの要件が存在し、そのどれか一つでも満たしていれば受験する権利を得られます。 税理士試験の受験資格についての詳細は国税庁の該当ページを参考にしてください。 科目選び 税理士試験では11科目の中から5科目を選択して受験しますが、この科目選びは非常に重要です。 科目によって難易度が大きく異なるほか、どの科目を合格したかで 税理士としての活躍にも影響してくるからです。 実務で役立つものや難易度が低いものなど、 受験生に人気の科目は基本的に通信講座でも用意されていますが、それ以外のマイナーな科目を選ぶ場合は予備校を使って学習する必要があるでしょう。 独学で勉強するのはアリ? 税理士試験は予備校や通信講座を利用して勉強するのが普通であり、 独学でチャレンジする人はほとんどいません。 それゆえ市販の税理士試験教材も充実しておらず、 科目によっては独学が実質不可能なものも存在します。 また、難易度をみても独学で対処できるレベルを超えており、無理して独学で勉強したとしても、良い結果を得るのは困難を極めるでしょう。

次の

予備校比較.COM|大学受験予備校の講師や講座の評判が分かる

予備校 評判 ランキング

ランキングの順位について 過去1年分の塾ナビからの資料請求・電話問い合わせ数等をもとに2週間に1度集計し、ランキングしたものです。 ランキングは各塾の優劣を意味するものではありません。 一つの指標としてご利用ください。 算出項目の企画・設計 株式会社イトクロ 算出目的 サイト上で人気の大学受験対応の予備校、家庭教師、通信教育をランキング形式にてご紹介するため 算出方法 塾ナビからの高校生・浪人生の資料請求・電話問い合わせ数、口コミ点数、閲覧数等をもとに算出。 補足事項 駅で絞り込んだランキングでは、選択した駅と近接する別の駅の塾が一部表示される場合があります。 その際は携帯電話からおかけなおしください。 並び順は各塾の優劣を意味するものではございません。 こちらのページでは、福岡県に数多くある予備校のうち塾ナビに掲載されているものを、塾ナビからの資料請求・電話問い合わせ数等から独自のロジックに基づいて作成した予備校ランキングをご紹介しています。 ご希望に合った予備校をお選びいただくために、一つの指標として作成いたしましたので、是非ご活用下さい。 また塾ナビでは、ユーザーのみなさまから寄せられた多数の口コミ情報の掲載はもちろん、予備校に注目した特集ページもご用意しております。 そちらも合わせてご覧いただき、予備校選びの参考にしてください。 塾ナビから塾・予備校への資料請求や電話問い合わせは、すべて無料で行うことができます。 この機会にぜひご利用ください。

次の

予備試験予備校の比較ー[2020年版]ランキングー

予備校 評判 ランキング

パソコン教室で有名な「アビバ」。 公務員試験対策の講座も開かれています。 地方初級から国家一般職まで幅広い試験に対応。 教室に通って映像を見るタイプの学習スタイルで、通信教育は行っていません。 しかし、その分教室の数が多く、自宅に近い教室を探せることが魅力です。 また、面接だけでなく集団討論対策に力を入れていることもポイント。 専属チューターが授業のスケジュールなど個別でアドバイスしてくれるので、サポート体制もしっかりしています。 学習スタイル 通学 対応学歴 高卒~社会人 対応試験 地方上級・地方初級・警察官・消防官、国家一般職(高卒・大卒)・裁判所事務官 面接対策 個別・集団 サポート チューターによる個別サポート 模試 有 キャリア官僚や外交官を目指すなら、国家総合職と外務専門官試験対策に特化したWセミナーがおすすめです。 内定力の高さ、特に外務専門職試験では合格占有率90%を記録したことがある実力派。 TACと提携しており、生講義はTACの校舎に通い、個別DVDで学習を進めるスタイルになります。 論文・面談対策も充実しており、論文は何度でも添削してもらえるので、自分が納得できるまで追求可能。 模擬面接も何度でも受けることができ、面接・官庁訪問に関しての情報も多いため、しっかり対策が取れることも特徴です。 公務員総合職向けのコースは法律、経済、政治・国際と教養科目があり、外務専門職向けにも様々なコースが用意されています。 学習スタイル 通学(生講義・映像)・通信 対応学歴 大卒~社会人経験者 対応試験 国家総合職・外交官(外務専門職) 二次試験対策 面接・論文 サポート 合格者アドバイザー制度(国家総合職)・担任制(外務専門官) 模試 有 通信のみを行っている「たのまな(ヒューマンアカデミー)」。 24時間いつでもどこでも視聴でき、再生速度も変えられるので自分の生活スタイルに合わせた学習ができます。 知名度の高さと通信講座にもかかわらず、二次試験向けの論文添削や面接対策がしっかり行われるのも人気の理由。 講義資料をダウンロード化するなどリーズナブルな価格で受講できることも魅力です。 毎月オンラインで個別の面談を実施。 様々な相談ができ、受講者の学習状況を把握したメンターが個人個人に合った最適な学習方法をアドバイスしてくれるなど、サポートも充実しています。 無駄なく効率よく学習したい忙しい方におすすめです。 エントリーシートの書き方から面接・集団面接・論文まで二次試験の流れに沿って学ぶことができ、熱血教師が多いことも特徴です。 月例試験や公開模試も行われ、その結果を受けてチューターがカウンセリングをしてくれる丁寧なサポートしてくれますよ。 教室によって合格者の傾向に差がありますが、全体的に警察官・消防官の合格者が多くなっています。 通信教育はサポート体制も整っているため、民間から公務員を目指す方に人気です。 学習スタイル 通信・通学 対応学歴 高卒~社会人経験者 対応試験 地方初級・地方中級・地方上級・各県庁・東京都庁・特別区職員・市役所・警察官・消防官・国家一般職・国税専門官・裁判所事務官など 面接対策 個人・集団 サポート チューター制度 模試 有 知名度・人気共にNo. 1と言われるLEC(レック)東京リーガルマインド。 カリスマ講師が多数存在するなど講師陣の質の高さも人気の理由です。 また通学コースではWEB動画などのフォローが標準装備。 急な用事で講義に出られなかった場合でもスマートフォンでも視聴できるので安心です。 WEBや音声DLの場合は、自分が好きな講師の講義を選択可能。 様々な受講スタイルを選べるので、忙しい方でも自分に合ったスタイルを見つけられます。 面接対策も万全で、独学では難しい模擬集団討論も受講生なら何度でも利用できるのも魅力。 時事対策も行われるのはLECならではですね。 様々な公務員試験に対応したコースの豊富さと、本番の的中率が優れていると言われる模擬試験など隙のないカリキュラムで、圧倒的な人気を誇ります。 最短3カ月コースやじっくり学べる1. 5年コース、苦手科目だけを受講できる専門科目コースもあるので自分に合ったコースを選択しましょう。 学習スタイル 通学(通学・通学+WEB)・通信 対応学歴 高卒~社会人経験者 対応試験 地方上級・国家一般職・国家総合職・外務省専門職・労働基準監督官・法務省専門職・裁判所事務官総合職(裁判所職員)、理系(技術職)・心理・福祉など 二次試験対策 面接・集団討論・論文 サポート 担任講師制度 模試 有 大卒程度の公務員試験対策に特化しているのが特徴のTAC(タック)。 二次対策までオールインワンで面倒を見てくれることから、大卒・既卒フリーター・社会人経験者に評判が良く、他の予備校にはあまりない外務省専門職・国家総合職・海上保安官・労働基準監督官・皇宮護衛官・技術職公務員試験対策が取り扱われていることが特徴。 コースは公務員、理系公務員、警察官・消防官の中で総合本科生コースと、主要な国家公務員に加えて国税専門官も目指せるトリプル本科生コースがあり、さらにそれぞれのコースに算数・数学などのフォローアップ講座がついた入門付きのコース、専門試験なしの教養型市役所本科生のコースなどがあります。 通学も教室講座・個別DVD講座・教室+DVDがあり、通信もDVD・WEB・DLから選べるので、自分のライフスタイルに合ったタイプを選ぶことができるでしょう。 担任講師制度採用でサポート体制も万全です。 学習スタイル 通学・通信 対応学歴 大卒・社会人経験者 対応試験 地方上級・国家一般職・外務省専門職、国家総合職、海上保安官、労働基準監督官、皇宮護衛官、技術職【理系】 二次試験対策 有 サポート 担任制 模試 記載なし クレアールは通信だけに特化していることが一番の特徴。 パソコンを始めスマートフォンやiphoneなど様々なデバイスに対応しているので、通学通勤途中などいつでもどこでも自分の都合が良い時に受けられるのが何よりの魅力です。 コースは行政系・技術系などに系統別になっており、さらにその中で大卒試験対応には10カ月コースと2年コースに分かれます。 「学習時間と学費の負担を最大限に軽減」することを目的とした、忙しい方向けの「時短」を考慮されたカリキュラムも特徴。 学校に通いながらや、働きながら合格を目指す人におすすめです。 他と比べて低価格なことも人気の理由。 通信で一番気になる面接にもきちんと対応。 校舎に足を運ぶことが難しい方でも面接試験実例動画で学んだり、希望すれば電話による質疑応答も行ってくれます。 社会人経験者試験に対応した講座もあるので、働きながら公務員を目指す方におすすめ。 他ではあまり見ない保育士・栄養士に対応した講座もあります。 全日制の他に夜土部と土日部があり、働きながらや学校に通いながら勉強したい方にも人気があります。 現役大学生には基礎講座を夜土部・土日部で行い、1月以降は全日制に合流する現役生部も用意。 どんなライフスタイルでも受講しやすいクラスが見つかります。 また近くに通える校舎が見つからない方は通信で受講することも可能。 受講年度内1回ですが面接や集団討論の練習も行ってもらえます。 相談しやすい体制と官庁や自治体の説明会も好評です。 学習スタイル 通学・通信 対応学歴 高卒~社会人経験者 対応試験 地方初級・地方上級・警察官・消防士・国家一般職・国税専門官・財務専門官・労働基準監督官・裁判所事務官など 二次試験対策 有 サポート 公務員試験受験専門スタッフ 模試 有 商品名 東京アカデミー クレアール TAC LEC東京リーガルマインド 資格スクール大栄 大原専門学校 たのまな Wセミナー 伊藤塾 アビバ 特徴 サポート体制がしっかりしていると評判 忙しい方向けの通信に特化した予備校 大卒・院卒に強い!専門的な職種の試験対策もバッチリ 人気No. 1の実力派!優秀な講師陣と担任による指導で合... 高卒から社会人まで対応!総合力の高い予備校 専門学校で有名な「資格の大原」。

次の