桂浜水族館イケメン。 【高知県】Twitter&夜更かしで話題の『桂浜水族館』に行ってきた!小さいけど見どころ満載!イケメンスタッフも見逃せない!割引情報も!|箱入り娘は旅をする

桂浜水族館の小栗旬って誰?名前は?|torendy wadai

桂浜水族館イケメン

動物園・水族館のイケメン飼育員を徹底調査 続々と営業を再開している動物園や水族館。 そこで今アイドル並みの人気を集めているのが イケメン飼育員さん。 取材に訪れてみると飼育員さんと一緒に写真を撮っているお客さんを発見。 お客さん: めっちゃうれしいです。 アイドル以上です。 触れ合えるアイドル! 桂浜水族館の公式Twitterは、動物よりもなぜか飼育員さんの姿が目立つ。 その人気はとどまるところを知らず、なんとTwitter上に飼育員さんのファンクラブまであるのだとか。 そこでめざましテレビでは全国のイケメン飼育員を大捜索。 動物よりも注目を集めるその人気ぶりを「ココ調」する。 まず向かったのは高知県にある桂浜水族館。 さっそくお客さんからイケメン情報を収集してみると… 男性A: Twitterとかで出てきますけど結構かっこいいですよね 男性B: 写真でしか見たことがなかったんですけど、実物見ても優しそうな爽やかイケメンな感じでほれそうになりましたね 女性A: イケメンと触れ合える水族館は最高ですね 実はこの桂浜水族館はイケメンの宝庫。 飼育員と動物を一緒に楽しむことができると今話題となっている。 一体どんな飼育員たちなのか? まずは飼育歴8カ月、カピバラ・リクガメ担当、大阪出身で去年入社したばかりの「ラビ」さん21歳。 続いて飼育歴6年トド・アシカ・カワウソ担当、愛知出身の笑顔がかわいい「ヤブ」さん26歳。 さらに飼育歴2年トド、アシカ、カワウソ担当、鹿児島出身人見知りの「サメ」さん21歳。 最後は飼育歴6年トド、アシカ、カワウソ担当、滋賀出身でみんなのお兄さん的存在の「まるのん」さん25歳。 親しみを持ってもらうために飼育員をニックネームで呼んでいるという桂浜水族館。 公式Twitterでも動物より飼育員の写真が多めだ。 写真撮影やサインなどファンサービスにも対応 これが話題となり今では、動物ではなく、もっぱらエサやりをしている飼育員の写真を撮っているお客さんまで。 飼育員さんにお願いすれば気軽に写真撮影にも応じてくれるようだ。 飼育員たちの人気について聞いてみると… 桂浜水族館営業企画広報 森香央理さん: ツイッター上での ファンクラブみたいなのがあって、 「ヤブ」と「ラビ」の2人の子は(ファンクラブを)持っていますね お客さんが作ってくれたファンクラブまで存在するとは!ファンクラブを作った方にお話を聞いてみると… 「ラビさん」ファンクラブ会長 西川翔子さん: 動物=生き物に対しての笑顔がとっても「尊い」の一言。 とにかくラビくんの素敵な笑顔を拡散したいという一心ですね そんな飼育員たちの魅力はというと… 「ラビさん」ファンクラブ会長 西川翔子さん: ファンサ=ファンサービスがすごいですね。 いろいろこうどうやったら喜んでくれるだろうっていうのを考えてくれる 取材中に女性のお客さんがもらっていたのは飼育員の サイン。 まさにアイドル並みのファンサービスだ。 飼育員たちに話を聞いてみると… 飼育員ヤブさん: こうやってサインを書くと、名に恥じない仕事をしないといけないっていう気持ちになりますね、やっぱり 飼育員ラビさん: 今まで注目を浴びることがなかったので、うれしく思いながらも恥ずかしい気持ちもちょっとありますね YouTubeチャンネルで大人気 他にも話題になっている飼育員さんと言えば愛知県にある日本モンキーセンター。 世界最多のサル類を展示しているこちらでイケメンと呼ばれている飼育員さんは… まず飼育歴12年キツネザル担当、福岡出身の阿野隆平さん30歳と飼育歴7年テナガザル担当北海道出身の石田崇斗さん26歳。 続いて飼育歴4年ニホンザル担当、愛知出身の舟橋昴さん29歳と飼育歴13年アジアのサル担当福島出身の根本慧さん32歳の4人。 その人気の秘密はYouTube「日本モンキーセンター公式裏チャンネル」。 会議室でサルの似顔絵クイズをやったり、サルが全く出てこない動画をYouTubeにアップしてみたところ「飼育員さんは完全に自分の中でアイドル的存在です」「何でもこなせてかっこいい」などのコメントが! さらにこんな驚きの出来事もあったという。 石田崇斗さん: 動物のトレーニングに使うクリッカーという道具があるんですけど、持ってないからそろそろ欲しいななんてことを動画内で言ったら、山のように(クリッカーを)頂きました。 その数なんと13個。 でも壊れやすいのでとてもありがたいという。 藤井弘輝アナウンサー: 皆さんイケメンとか言われてみてどう思いますか? 飼育員 阿野隆平さん: 私もすごくうれしいと思います。 素直に受け取る人なのでウキウキしちゃいます。 うれしいです。 あっそんな目で見ないで… 飼育員 石田崇斗さん: 恥ずかしくない? 飼育員 阿野隆平さん: 恥ずかしくない(笑) 鳥羽水族館の筋骨隆々イケメン 続いては三重県にある鳥羽水族館。 日本で唯一ジュゴンの飼育を行っているこちらの水族館で話題を呼んだのがスゴイ筋肉の飼育員。 飼育歴7年ワニなどは虫類や両生類担当、熊本出身の田中侑弥さん27歳。 特にトレーニングをしているわけでもないそうだが、迫力たっぷりのワニもなんのその、男性からもイケメンと言われることがあるそうだ。 女性飼育員からの人気ナンバーワンのイケメン飼育員 一方東京スカイツリーの中にあるすみだ水族館には女性飼育員からの人気ナンバーワンという飼育員が… 飼育歴2年ペンギンとオットセイ担当、山形出身の遠藤峻太さん21歳。 すみだ水族館が休館していた間に行っていたエサやりのライブ配信では、見ている人からのコメントには「遠藤さーん!」「えんどうくん大活躍」などと遠藤さんの名前が続々と… すみだ水族館 遠藤峻太さん: まさかスタッフの自分の名前まで、知ってもらえることにびっくりしています。 うれしいですね ハシビロコウもデレデレになるイケメン飼育員 続いて向かったのは静岡県。 100種およそ900羽の鳥類を飼育する掛川花鳥園でお客さんに話を聞くと… 女性B: ハシビロコウのふたばちゃんの飼育員さんだとは思うんですけど 女性C: ふたばちゃんがもうお兄さんたち大好きなんですよね。 イケメンのお兄さんにすごいデレデレになっちゃう 大型の鳥ハシビロコウもデレデレになるという飼育員は、飼育歴11年ハシビロコウ、ペンギン、カモ担当、東京出身の吉津竜輔さん31歳。 さらに飼育歴11年ハシビロコウ、フクロウ、タカ担当、長崎出身の副島慎介さん31歳の2人。 普段は動かない鳥として有名なハシビロコウだが、イケメン飼育員に寄り添うように挨拶する珍しい姿も… 実はこれハシビロコウの愛情表現で、「おじぎ」や口をカタカタ鳴らす「クラッタリング」という行動なのだとか。 ちなみに女性の飼育員が入ってきても、愛情表現のおじぎやクラッタリングはしないふたばちゃん。 掛川花鳥園 𠮷津竜輔さん: 背格好が似ているのでシルエットで見ているのではないかなと 鳥をも魅了するイケメン飼育員さんだった。 ここで追加情報。 桂浜水族館ではトドのショーを7月1日から再開。 掛川花鳥園ではバードショー7月20日から再開予定となっている。 ぜひイケメン飼育員に会いに行ってみてはいかがだろうか。 (めざましテレビ7月1日放送より).

次の

桂浜水族館がイケメンを展示? まさかの投稿にネットざわつく(おたくま経済新聞)

桂浜水族館イケメン

この記事は、5月25日放送の月曜から夜更かしで取り上げられる桂浜水族館のイケメン軍団と桂浜の小栗旬について書く記事になります。 【月曜から夜更かし】桂浜水族館のイケメン軍団とは? 桂浜水族館の飼育員サメくん、どタイプです。 生き物と触れ合うイケメン、これ癒し也。 うん、イケメンですね。 このツイート主は「サメくん」という人を推しているようです。 サメくんでるの? 「サメくん」が人気みたいですね。 入社したばかりの頃は心配しかなかった君も、春を重ねて生きている。 ちゃんとリップ塗りなさい」って言ったら「いや、ケイタとキスしなきゃいけないんで」って言われた。 クッソ。 リア獣末長く幸あれ。 今日は、お客様の前でショーの練習をしました。 緊張と不安。 ショーが終わってうまくできなかった悔しさにプールで泣いていました。 先輩に魔法の言葉を教えてもらったから、君もここで魔法が使えるようになる。 中でも人気なのが、上の見出しでもちょとっと触れましたが「サメ君」が人気みたいですね! でもみんなさわやか好青年って感じです。 ちなみにせーいちくんは、元ヤンキーだったらしいです。 生き物が好きなヤンキーなんて、なんだか漫画みたいですね。 ww 触れ合ってる姿がほほえましいです! 【月曜から夜更かし】桂浜水族館のイケメン軍団とは?名前は? 桂浜水族館のイケメン軍団についての記事でした。

次の

「おとどちゃん」は高知県桂浜水族館のキャラ!作者とイケメン飼育員まとめ【月曜から夜ふかし】

桂浜水族館イケメン

新型コロナの影響により、休館中の高知・桂浜水族館。 プールに落ちた名札を探し続ける飼育員さん、ショーの練習で思った通りできず悔しさで泣いてしまう飼育員さんなど、水族館の生き物たち以上に飼育員をクローズアップする投稿には、「飼育員のお兄さんたち尊すぎ…」「なんだこのイケメン飼育員は。 コロナが終わったら行くしかないだろ」などとコメントが殺到している。 投稿を担当しているのは、桂浜水族館の名物キャラクター・おとどちゃん。 ORICON NEWSのアンケート取材で、投稿の理由について力強く語ってくれた。 都会の新しくて綺麗で大きくて未来的な水族館とは違って、つぎはぎだらけのハウルの城やし、昭和の哀愁漂っちゅうし、お金もない。 でもそれを逆手にとったら、一周回って新しいがじゃないかって。 水族館での飼育員の立ち位置って、普通は展示飼育動物や魚の次で、影の存在。 でも好きな人の好きなものって興味わくじゃないですか。 まず、飼育員を好きになってもらえたらと考えたんです。 きっかけが飼育員ってだけで、桂浜水族館を好きでおってくれる理由はなんでもいいと考えたんです。 実際に、常連の方で好きな飼育員がカピバラの担当をしてるからという理由で、最初は好きじゃなかったカピバラのことを好きになったって方もおる。 このようなコメントについて、あらためてどう感じていますか? 【おとどちゃん】「いやそれほんま尊すぎて…」「唯一無二の水族館、それが桂浜水族館」って思います。 他の施設が同じことをできんわけではないと思うけど、これほど自由にできるのは、枠にとらわれないスタンスでやりゆう当館だからこそやと思います。 そのなかでも、一番グッときたエピソードは? 【おとどちゃん】いろいろあるけど一番グっと来たのは、海獣班の飼育員リーダーを務める「まるのん」が、初めてアシカの採血ができた日のことです。 夕方、泣きながら事務所に来て「できた…できた…怖かった。 怖かった……すごいな、みんなこんなこと普通にできてるんやもんな…」って大粒の涙をボロボロ流して泣きよったんです。 今はもうお手の物やけど、初めての日は大きな緊張と不安に押しつぶされながら「できた」ことを話してくれた。 その姿にグッときました。 いろんな飼育員の「初めて」に立ち会いゆう(立ち会う)けど、いつも本当に感動します。 休館中も、飼育員と生きものの写真とか珍事件、桂浜水族館の日常をできるだけ毎日発信していきたいです。 毎日が特別な一日。 今は「異常」な日々が続きゆうけど、当たり前じゃない「普通」の暮らしをしよった頃だって、毎日が特別やしかけがえないものやった。 今日も明日も明後日も特別。 この異常が終わっても、おとどはいつも通りです。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の