リュック サック 洗い 方。 汚れたリュックの洗い方。洗濯機使用時や洗剤選びにも注意が必要?

実は汚れてる!リュックの洗い方|洗濯の基本| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

リュック サック 洗い 方

長距離の旅行には必須の「バックパック」!これまで1200kmの四国歩き遍路旅行を中心に、国内・海外旅行で使用してきました。 旅の最中は生活に必要な全ての道具を詰めることになりますが、当然汗などでどんどん汚れていきます。 今回も2ヶ月間に渡って旅を続けてきて、さすがに汚くなってきたので洗うことにしました。 バックパックを洗濯する場合、テント・寝袋と同様に洗濯機使用で破損するケースもあるので「手洗い」が基本となります。 然るべき手順を踏んで洗わないといけないようなので、方法を調べながらやってみました! これからバックパックの洗濯を初めて行う、という方の参考になれば嬉しいです。 それでは行ってみましょー! [adsense] 目次• バックパックの洗濯手順の確認 それでは、実際にバックパックを洗濯していきます。 今回は、この使い古したGREGORYのバックパックを洗っていきます。 多少旅行で使った程度で洗濯する必要はありませんが、使い続けているうちに異臭が発生したり、特に肌に触れる肩ベルト・腰ベルト周辺が汚れることが多いです。 汚れが残ったまま放置すると、生地が劣化しやすくなってせっかく高いバックパックを買っても短期間で買い替えせざるを得なくなります!それほど手間のかかるものでもないので、早め早めで洗ったほうが日持ちします。 全体の汚れや破れ箇所を確認する• 分離可能なパーツを外して、ジッパー類を開けておく• 汚れの酷い場所を中性洗剤で部分洗いする• バックパック全体を押し洗いする• 汚れが落ちたらすすいで、水気を切る• メーカーページで要確認。 実際に確認してみると、「ヒップベルトの付け根」や、「腰に直接当たる箇所」がひどく汚れてますね!この辺りは汚れやすいので要チェックです。 それにしても汚いw 特に暑い季節の旅行が多く、毎日の汗や皮脂、地面に置いた際の汚れが蓄積してこの状態になったのでしょう。 文章にするとさらに汚く感じる。 続いて、バックパックの背面チェック。 クッション部分も薄く汚れているし、よく見るとヒップベルトの付け根部分が一部破れてしまっています。 洗濯時にバックパックの隅々までチェックしておくと、破損箇所まで把握できて重点的にケアができ、最終的に寿命を延ばすことにもつながります! 自分の修理するのも大変なので、GREGORYのサポートに連絡しなければ。 外側は特に汚れが酷くなりがちですが、食品などをバックパックに収納していると内部も汚れてきます。 実際、中を見てみると変なシミがついていました。 泥等の汚れはまず付着しませんが、バック内部で調味料等をぶちこぼしたまま放っておくと、汚れが取れなくなるので要注意! 内部も当然のごとく汚いので、キッチリ洗うことにします。 中性洗剤&タオルで細かいシミを落とす 汚れの箇所を把握できたので、バックパックをお風呂場に持ち込んで洗濯していきます! 最初に細かい頑固な汚れを落としたいので、中性洗剤を含ませたタオルで何度か擦ってシミを落とします。 庭先で洗っても構いませんが、風呂場では浴槽にお湯を貯めて洗えるのでおすすめです。 次に、バックパックを浴槽にぶち込んでぬるま湯を貯めていきます。 水でも構いませんが、 ぬるま湯のほうが汚れが浮くので落ちやすくなります! 浴槽で押し洗いして全体の汚れを落とす 浴槽にバックパックが全部浸かる程度のぬるま湯を貯めたら、中性洗剤を投入して薄めたあと、バックパックを押し洗いしていきます。 手でやっても構いませんが、足だとまんべんなく汚れを落とせます。 押し洗いをしていると、バックパックから汚い成分が大量に出てきたようで、一瞬で浴槽内のお湯の色が濁ってきました。 きたない! 汚れが付着したまま放置すると確実にバックが劣化するので、「汚れたな」と思ったらすぐ洗ったほうがいいですね!まさか、ここまで汚れるものだとは思っていなかった・・・。 浴槽で浸け洗い 浴槽で押し洗いをしたあと、そのまま2時間ほど浸けこんで汚れを落とし、新しいぬるま湯と洗剤を投入して全ての汚れを落とします。 汗や皮脂などの汚れと同様、洗剤もついたままだと同じように劣化していってしまうので、確実に洗剤も落としていきます。 何度も水洗いし、完全に洗剤を落とします。 無事に洗剤を落とすことができたら、そのまま風呂場にバックパックを吊るして余計な水分を落としていきます。 もちろん、外に持ち出して干してもよし。 自身の家は浴槽から外へ持ち出すと廊下が水没するので、仕方なく風呂場で水分を切ってしまいます。 (笑) 無事にある程度水分を落とすことができたら、 最後に直射日光の当たらない涼しい場所で完全に乾燥させれば終了! 洗い方の手順的には寝袋と変わらないので、キャンプなどをされる方は同時に洗ってしまってもいいかと。 慣れれば30分ほどの作業時間でできるようになるので、ぜひ汚れが気になったらやってみてください。 おわりに というわけで、簡単ではありますが 「バックパックの洗濯方法と手順」について解説しながら、実際に洗ってみました。 思ったよりも意外と簡単に洗うことが出来ましたが、頑固な汚れはなかなか落ちないですね!別の方法を考えなければ・・・。 今後も汚れが発生したら、再び同じ手順で洗っていきたいと思います。 ちゃんと洗濯をすることでバックパックの寿命自体を伸ばすことできますからね。 それでは!バックパック洗濯の参考にしていただければ幸いです。

次の

リュックは自宅で洗える!洗濯機・手洗い、コーティング方法まで紹介|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

リュック サック 洗い 方

こんにちは。 もしかしてあなたも、ご家族で山や海、屋外へ行楽に出掛けることが多いのではないでしょうか? 家族で出掛けるハイキングは楽しいモノですが、 問題はリュックなどの重い荷物ですよね。 行きはギューギューに荷物が詰め込んであり、重くて閉口することがあります。 帰りは、食べモノや飲みモノが空になるので行きよりも軽くなっているハズなのですが、行きとは逆に、疲労が溜まってくるため重く感じます。 リュックにつめた荷物は、 行きも帰りも重く感じてしまいますよね。 実はこれ、リュックの重さというよりも 背負い方が悪くて疲れることが多いのです。 チョット歩いただけでもヘトヘトに疲れるときのリュックの背負い方は、リュックの上部が背中から離れ、後の方へ突き出る形になっているはずです。 これだと、体に無理な姿勢を強いることになり、肩や腰が常に緊張状態にあるため、よけいに疲れてしまうのです。 そこで今回は、リュックの背負い方を変えるだけで疲れないコツ!ということで• 背負い方のコツ• 荷物のつめ方を工夫する• 背負う時の注意点 などをお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。 重いモノを上のスペース(A)に入れた場合と、下のスペース(B)に入れた場合の矢印の長さに注目してください。 (A)に比べて(B)の矢印の方が長いことに気がつきます。 この長さが長くなれば長くなるほど、より重さを感じ負担が増します。 この図で見ると矢印の距離が(A)よりも長い(B)の方が、負担が大きいのです。 逆に言えば、• 重い荷物を(A)のスペース• 軽い荷物は(B)のスペース に入れることで、重さを感じづらく負担を軽減することが出来ます。 こういった理由から、リュックに詰める荷物の位置を工夫することによって負担が驚くほど違ってくることがわかりましたね。 筋トレも兼ねて山に登るという男性ならともかく、小さなお子さん連れのママさんには特にオススメの方法です。 やわらかい詰め物をしよう! 重いモノを上に入れたほうが楽にリュックを背負えることが分かりました。 ここで、もう一つリュックを楽に背負うコツをお教えします。 それは、 背中にあたる部分には固いものを入れないということです。 これは、なんとなくイメージが湧くのではないでしょうか? 背中にあたる部分に固いものを入れてしまうと、ゴワゴワして痛いです。 痛いだけでも嫌ですが、背中に固いものが当たることによって血行を悪くし、それが原因で筋肉のコリや頭痛、疲労を誘発する原因にもなりかねません。 実際、僕もリュックの背負い方が悪かったときは、すぐに肩がコリ、頭痛がして、すぐにヘバッてしまっていました。 最近のリュックは背中にあたる部分には負担がかからないよう工夫されクッション性の良いものもありますが、クッション性があまりよくないモノを使っている場合には、 背中には固いものが当たらないようにする まずは、このことを守ってみて下さい。 これだけでも、そうとう負担が軽減されますよ。 スポンサーリンク 3. さらにリュックを背負うときの注意点! また、リュックの背負い方がまずいと疲労だけではなく、肩や背中に荷物がこすれてその部分が痛くなることがあります。 その場合は以下の2点に注意してみて下さい。 ショルダーベルトが緩すぎずキツすぎないか? ショルダーベルトが ゆるすぎると、歩くたびにリュックの中の荷物が揺れて、肩にこすれが生じます。 また、 きつ過ぎても肩を圧迫し血流が滞るので良くありません。 短いコースや荷物が軽い場合などは、あまり気にすることもありませんが、長いコースを歩くときや、重い荷物を背負っていく場合などには注意が必要です。 程よいショルダーベルトの締め方ですが、リュックを背負った状態で、 ショルダーベルトと肩との間に軽く指が入る程度に調整しましょう。 ウエストベルトが緩すぎずキツすぎないか? これも上のショルダーベルトと同様に、 ゆるすぎてもきつすぎてもいけません。 ウエストベルトが無いタイプのリュックもありますが、ウエストベルトがある場合、ウエストベルトを腰骨に合わせて締めます。 締める際も ウエストとベルトの間に軽く指が入る程度に調整しましょう。 まとめ それでは、最後に疲れないリュックの背負い方のコツをおさらいしましょう。 重い荷物は肩から近い位置(図Aの位置)につめる• リュックと背中が触れ合う部分には柔らかい詰め物をする• ショルダー・ウェストなどのベルト部分は緩すぎずキツすぎないぐらいに締める リュックへの正しいリュックの背負い方をすれば疲れも軽減でき、それによって怪我や事故も回避できるかもしれません。 さらに、小さな子どもを持つママさんは、遠足やピクニックなどのイベントでは人目にも配慮しなければなりません。 疲れ知らずのリュックの背負い方をマスターして、かっこよく華麗にイベントをこなしたいところです。 この記事での背負い方を参考にしていただき、快適でケガのない楽しい旅を迎えられることを切に願います。 子どもとの遠足をかっこよく颯爽(さっそう)とこなすなら。

次の

登山リュックのクリーニングと保管方法

リュック サック 洗い 方

型崩れの可能性• 脱水によって素材が悪くなる• 部品が壊れる• 接着シール等が剥がれてしまう 脱水の時に、ぐるぐると回る時に型崩れしたり、ビニール素材を使ってある場合には、素材自体が悪くなる可能性が出てきます。 洗濯機内部にガチャガチャと当たる事で、部品などが割れたり壊れたりする可能性も出てきます。 リュックにあるメーカーロゴが、簡単な接着だった場合には外れる事もありえます、ぬるま湯までは大丈夫ですが熱すぎると粘着が弱まって外れます。 これらの注意点を見て、洗濯機を使うか、手洗いにするか考えていきましょう。 洗濯機での洗い方 バックを内側と外側を裏返しにします。 そしてバックが入る洗濯ネットに入れます。 リュックの洗い方(手洗い) リュックが入るようなサイズの、バケツかお風呂の湯船を用意します、手軽なのは洗濯機でした。 洗濯機に一番少ない水量で水を溜めて(21リットル)いきます、そこにエマールを入れてかき混ぜていきました。 その中にリュックを漬けていきます、全体的にリュックが浸かったら押し込むように洗っていきます。 ゴシゴシとは出来ないので、浮いている所をぎゅーっと押し込む感じですね、汗などが染み込んでいるであろう背中の部分はもみ洗いをしていきます。 全体的に洗ったら水が汚れてきます。 (想像以上に汚かったw) 軽く水を切ってから、お風呂などでシャワーを書けながらすすいでいきます、水を張って押し込みながらすすぐ事でしっかりとすすげます。 ぼくは全体的にサーッとシャワーですすいでから、背中のスポンジの部分をしっかりとすすぐようにしていきました。 すすぎが終わったら、全体的に軽く水を切ってから、タオルで型を整えながら拭いていきます。 めんどくさがりでしっかりと晴れている日なら、このタオルで拭くのは省いても大丈夫そうです、型だけ整えていきましょう。 リュックを乾かし方 洗い終わったらリュックの型を整えて、物干し竿に上下逆にして干していきます。 上下逆の方が乾くのが早いですし、開ける事が出来るチャックは開けてから、空気が通りやすくするとより早く乾きます。 そして斜めだと内部に水が溜まってしまうので、できるだけ上下が真逆になるように干すのがいいですね。 乾燥後に防水スプレーでキレイさを持続 リュックが乾燥しおわったら全体的に防水スプレーをかけておくのがおすすめです。 理由は雨を弾くのはもちろんですが、ホコリなども付着しずらくなるので、キレイさを維持出来るようになるんです。 気持ち多めにしっかりと塗っておくのがポイントです。

次の