トリア ケノン 比較。 【痛い!】家庭用脱毛器でヒゲをセルフ→濃い剛毛ならまた生える?トリアVSケノン

家庭用脱毛器ケノンVSトリア※ここが違います!!|My Quality Of Life

トリア ケノン 比較

ざっくり言うと• トリアの悪い口コミ3選 家庭用レーザー脱毛器4X|トリア tria 公式サイトより引用 高いお金でトリアを購入したのに、返品してしまう人も多いそう。 購入するなら、デメリットも知った上で買いたいですよね。 ユーザーがあげる本音をまとめてみました。 我慢するのがつらい痛み ユーザーのほとんどが、痛みを訴えています。 トリアはメラニン(色の濃い部分)に反応するレーザー式脱毛器なので、 剛毛な人や毛が多い部位ほど痛みが強くなります。 男性の場合、髭の処理に使用した方も多いようですが、かなりの激痛を感じているようです。 出力は5段階ありますが、効果を求めていきなりレベル5にするのは非常に危険。 最初は低いレベルに挑戦し、毛が薄くなってから高いレベルにするのがよいと思います。 確かに、広い部位を処理するには、非常に時間がかかってしまいます。 1日1か所部位を決めて処理するとしても、全身ならほぼ毎日処理する必要があり、処理を面倒に感じる人も多いようです。 充電がすぐ切れる 「充電が切れやすい」「片足だけで充電が切れた」など、充電に関する意見も多いです。 照射面積が狭く、何度も照射するため、充電がすぐになくなります。 公式サイトには「電池寿命が長く、最大500回充電可能」と書かれていますが、1回分に使用できる時間は短いです。 施術中に充電が切れて、中途半端な処理になっては困りますね。 公的機関に認められるぐらいですから、メリットも大きいはず。 トリアの良い点・口コミをまとめました。 脱毛効果が高い トリアは 医療クリニックで使われている医療レーザー脱毛器を、家庭用サイズにしたもの。 そのため「レーザーだけあって効果抜群!」「ムダ毛が確実に減った」と脱毛効果を実感した意見が多いです。 2週間に1度のペースで半年続けた人は、毛が生えてきてもつかめない程度にまでなったとのこと。 家での処理だけで、自己処理が不要になるなんて素晴らしいですね。 「プレシジョン」という細かい部位専用の商品もあり、指先や口周りなどでも、きれいに処理できます。 公式サイトでは「最初の3ヵ月は2週間に1回。 それ以降は月1回」のペースで施術するように書かれています。 空いた時間など自分の都合の良いタイミングで処理できるのは、忙しい人にとっては大きな魅力ですね。 お試しができる返品可能な商品 トリアを初めて購入した場合、どんな理由であろうと30日間は返品ができます。 自分に合う・合わないは、実際に使用しなくては分かりません。 高いお金を出して購入したのに、役に立たないなんて悲しすぎますよね。 実際に使用してこそ分かるもの。 返品ができることで、購入する際に安心感がもてますね。 トリアとケノンを5つの点で比較 家庭用脱毛器として有名なトリアとケノン。 どちらが、脱毛器具として優れているのでしょうか? 5つの点から比較してみましょう。 値段 公式サイトでの料金を比較します。 トリア:54,800円(税込)• ケノン:69,800円(税込) 購入自体は、トリアの方が安く済みます。 ただし、 照射面積が異なるため、計算してみると1発のコスパはケノンの方が安くなります。 基本的な性能 最大の違いは「脱毛方法」 家庭用レーザー脱毛器4X|トリア tria 公式サイトより引用 トリア・・・医療クリニックで行われるレーザー脱毛を家庭用に改良した脱毛器 ケノン・・・脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛を家庭用に改良した脱毛器 というのが最も大きな違いです。 トリアはコードレス また トリアはコードレスなので、最大充電を2時間しておけば、コードなしで使用できます。 ただし、1度の使用時間が短く、充電しながらの使用ができないのが難点。 ケノンはコードがついていますが、充電しながら脱毛することが可能です。 ちなみにケノンには美顔器がついていて、美肌ケアも行うことができます。 5センチと、圧倒的にケノンの方が広いです。 具体的には ケノン1発分の面積をトリアで処理する場合、9発照射しなければなりません。 単純に考えれば、9倍近くの時間がかかるということになります。 全身脱毛をしたい場合、この面積の違いは非常に大きな差ですね。 脱毛効果 家庭用レーザー脱毛器4X|トリア tria 公式サイトより引用 レーザー式のトリアの方が、フラッシュ式のケノンより出力 パワー が強いです。 そのため脱毛効果をより早く実感できるのは、トリアといえます。 ケノンも継続して使用すれば、確かな脱毛効果があります。 痛み 出力数が高いため、トリアの方が痛みは強いです。 ケノンも全く痛みがないとはいいませんが、耐えられない程痛いことはありません。 比較した結果、おすすめはケノン トリアとケノンを比較してみると、• 効果はどちらも得られるが、より早く得られるのはトリア• 痛みがより少なく、肌への配慮がされているのはケノン• 購入の際に安いのはトリアだが、コスパがいいのはケノン• 全身脱毛をするならケノン• 部分脱毛でもよいならトリア となります。 手間や痛みより、とにかく効果重視という方は、トリアも良いでしょう。 しかし、広範囲を脱毛するにはそれなりに時間がかかります。 なので、 痛みがあまりなく、コスパのよいケノンの方が、長期間使用しやすいといえるのではないでしょうか。 買ってから後悔してはもったいないです! トリアの使用はどんな人に適しているのか、確認しておきましょう。 おすすめできない人 トリアは痛みが強く、照射範囲がとても狭いです。 また、 レーザー式脱毛器であることから、薄い毛には反応しにくいという特徴があります。 このことから• 全身脱毛をしたい人• コツコツ続けるのが面倒な人• 痛いのは絶対イヤという人• 産毛程度の毛しか生えていない人 には、トリアはオススメできません。 おすすめできる人 痛みが強い分、効果は高いトリア。 そんなトリアをおすすめできるのは、• より確実な脱毛効果を求めている人• 部分脱毛でよい人• 時間に余裕があり、コツコツ脱毛できる人• 痛みに耐えられる人 です。 ところで話は変わりますが 時間・安全面を考えるとサロンがベター 昔に比べると、家庭用脱毛器の質が高くなってきています。 ただし施術にかかる時間や安全面を考えると、やはりプロが施術してくれる脱毛サロンの方がオススメです。 ムダ毛のことを相談すると、的確なアドバイスをもらえますよ。 さらに アフターケアとしてお肌の保湿・鎮静もしてもらえるので、エステ感覚で通えるのが良いです。 100円から脱毛を始められるサロンも 何より、最近の脱毛サロンはとても安い! 全身脱毛・部分脱毛など様々なコースがあり、分割払いや月額制のサロンも増え、利用しやすくなっています。 我慢するのがつらい痛み• 照射範囲が狭くて時間がかかる• 充電がすぐ切れる 【メリット】• 脱毛効果が高い• 自分のペースで脱毛できる• お試しができる返品可能な商品 となります。 「痛くても効果が高いほうがいい」「気になるところだけ施術したい」人には、トリアをおすすめできます。 痛みが苦手な方・全身脱毛をしたい方は、効果に多少時間がかかってもケノンの方が良いでしょう。 また最近では、脱毛サロンの料金も手頃な価格になってきています。 家庭用脱毛器を検討する際には、一度脱毛サロンも候補として考えてみてはいかがでしょうか。 全身脱毛(顔からVIOまで)して本当によかったと思っています! 毎日のムダ毛の処理は、時間がかかり、精神的ストレスが大きいですよね。 脱毛したことで可愛い下着や、背中の空いた服など、オシャレがより楽しめるようになりました。 また子育て中はムダ毛の処理する時間なんて取れません!でも子どもを産んでも綺麗でいたいと思うのが女心。 私は出産前に脱毛をしておいたことで、産後のムダ毛処理が必要無くとても楽でした! 脱毛は一生の快適さを買うということ! いくつになっても綺麗でいるため、自分への投資だと考えれば決して高くないと思います。 当サイトでは、ムダ毛の処理に困っている女性に向けて、有益な情報を届けれるよう脱毛の情報を発信していきます。

次の

どっちがいい? トリアとケノンどちらがおすすめ?脱毛効果や口コミで徹底比較!

トリア ケノン 比較

この記事はこんな方におすすめ• ケノンとトリアはどっちの方が効果的なのか?• ケノンとトリアはどっちの方がコスパが良いのか?• ケノンとトリアはどっちの方が痛いのか?• ケノンとトリアは剛毛な髭やVIOラインにも効果があるのか? ケノンとトリアはどちらも有名な家庭用脱毛器ですが、結局どちらの方が良い脱毛器なのでしょうか? 価格だけをみてみると、ケノンとトリアは15,000円ほど違います。 しかし安くても、効果が微妙だといわゆる『安物買いの銭失い』になってしまいます。 逆に高いのに効果が微妙だと、ただの『お金の無駄使い』です。 なので本気で脱毛したい方こそ、価値のあるもの・コスパの良いもの・使いやすいものをきちんと選ぶことが大切です。 はっきり言えば、ケノンの方が圧倒的にオススメです。 実際に検索数を調べてみると、この画像のように桁が違います。 検索数=需要 人気• たるみ• 毛穴の引き締め• 日本人が使った声を反映して、日本の工場で改良しながら作り上げています。 つまり日本人の体質に合わせて、どんどんレベルアップしています。 一年保証付き ケノンは1年間の保証が無料でついてきます。 3年保証もあるのですが、画像のように有料になります。 ケノンvsトリア!! 髭に脱毛効果があるのはどっち? 使い方次第でどちらも効果はありますが、ケノンの方がオススメです。 しかしトリアでもケノンでも言えることですが、髭は毛根が強いので、すね毛やVIOラインで効果があっても、同じような照射レベル・照射頻度でやっていると、思ったように効果がでない可能性があります。 せっかく買ったのに、これは本当にもったいないです。 でも『』でも紹介しているように、僕自身はケノンで髭脱毛をしましたが、脱毛する間隔を短くすると効果がありました。 おかげで今では脱毛した部分はツルツルになったので、髭剃りしなくてもよくなりました。 ケノンはトリアに比べて時短で肌に優しい なんでケノンの方が髭脱毛にオススメなのかは下記の2つがポイントです。 衛生的じゃない• 照射しにくい トリアは衛生的じゃない トリアはカートリッジを交換する仕組みがないので、身体中どこを脱毛するのも同じ照射ガラスで脱毛します。 気にしない方にとってはいいかもしれませんが、VIOラインを脱毛したものを顔などに使うのは不衛生ですよね。 ケノンは公式サイトで購入すると、特典として無料でいくつかのカートリッジがもらえるので、例えば「このカートリッジはVIOだけに使おう!」なんてこともできます。 トリアは照射しにくい ケノンでもそうなんですが、VIOラインは顔や足や腕と違って見にくいので照射しにくいです。 特にIラインとOラインは、直接見えにくいです。 それを踏まえると、トリアは点でとらえるので、さらに難易度が上がります。 ケノンは面でとらえるので、簡単ですし、少ない照射回数で脱毛できるのでとても楽です。 僕が実際にケノンでVIOラインの脱毛した効果や経過を載せていますので、ぜひ参考にしてください!• 効果だけ見れば同じくらい• 価格だけで選ぶならトリア• 多部位・コスパ・安心感・使いやすさで選ぶならケノン 今回は、ケノンとトリアを徹底比較してみました! 同じ家庭用脱毛器といっても様々な違いがありますね。 確かに価格はケノンの方が高いですが、脱毛効果や使いやすさ・痛みなどに関しては確実にケノンの方が優っています。 「とにかく価格重視!」という方以外には、トリアをオススメする要素ははっきり言ってありません。 僕はお金がなかったこともあって結構悩んでいたいたのですが、ケノンを買って一度も後悔したことはないですよ! 何万円も違えば話は別ですが、結局はきちんと効果があって使いやすものの方がいいです。 なので、「ん〜悩むなあ〜」なんて思っている方は、安心してケノンを選んで大丈夫ですよ!!.

次の

【医療脱毛と同じレーザー脱毛】使ってわかった家庭用脱毛器トリアの効果と痛み

トリア ケノン 比較

そんな家庭用脱毛器トリアですが、2chで相当叩かれていたので事実を探りたいと思います。 先にいっとくと・・・・ 家庭用脱毛器で本当に効果があるのはこの2つだけです トリアのデカイやつと小さいやつ(効果は同じ) トリア トリアが一番軽量で使いやすい機種です。 カートリッジがいらないので追加でお金がかからないし、保証期間2年間の間使いまくれば全身脱毛も可能な十分な性能。 ビキニラインはレベル2以下でやらないと火傷した 男性がヒゲに当てたら ムラができて十円ハゲになった エムラクリーム(レーザー脱毛時の疼痛緩和剤)を使うと痛くない 他はカートリッジ式でランニングコストがバカ高いけど、 トリアはカートリッジなしでコスパが良い バッテリーは 1年保障だけど、5年使えた人が多い。 医療レーザーと同じ効果があるので、ある意味ミュゼに通うよりこっちの方が永久脱毛効果が高いと思われます。 週1回うっすら続けていれば、3か月で毛が生えなくなるトリアレーザー。 でっかい 4Xでも小型のプレシジョンでも、効果は同じです。 続けられるかがポイントのようです。 トリアと良く比較されるケノンと比べてみると・・・ 保証内容の比較 トリアには、本体2年保証が付いており、購入から2年以内であれば無償で修理または交換ができます。 さらに、もし購入して肌に合わなかった場合は、30日間返金も可能です。 トリアの方が重さがあるので、利き手ではないと使用しづらいです。 一方コードがないので邪魔にならず、どこでも持ち運びできます。 ケノンは本体から出ている 電源コードをコンセントに接続して使用するので、コンセントの近くでしか使えません。 トリアは充電式で、連続使用できるのは約1時間ほどです。 フル充電は約2時間半ほどかかり、充電中は使用することができません。 私はテレビを見ながらソファーの上で脱毛したかったので、 コードレスのトリアを選びました。 トリアとケノンの痛みの違い トリアは 強さの調節が自動でされるので、 トリアの方が痛いという口コミが多いのですが、確かにケノンみたいに弱モードにできないからより トリアの方が強い痛みを感じます。 トリアは、場所によって針でチクッと刺すような痛みがします。 特にレーザー式のトリアはフラッシュ式の ケノンよりも痛みが強いため、 初めて使用する時は必ずレベル1から!がおすすめ。 照射前にしっかりと冷やすと、エステ脱毛でやってるのと一緒で痛みが薄くなります。 必ず使用前には キンキンに冷えた保冷剤(よくケーキ買うとついてくるジェルのやつ)を用意しとくといいです。。 ケノンとトリアどちらも照射面が 肌と密着していないと安全装置が働いてしまい照射されません。 ケノンには3種類のカートリッジがついてますが、どれも照射範囲が広めで細かい部分に照射するのはかなり難しいです。 その点、 トリアは照射面が小指の先程度しかないため、 細かい部分の脱毛には最適です。 全身の脱毛も行うならケノン、鼻の下や口の周りなどの脱毛を考えているのであればトリアがおすすめです。 トリアとケノンの付属品の違い ケノン• 説明書• 保冷剤• 専用メガネ• 電源コード• 眉毛脱毛器• プレミアム(長寿命)• ストロングカートリッジ(剛毛対応)• エクストララージ(広範囲)• スキンケア美顔カートリッジ トリア• 説明書• 電源コード 超シンプル!。 電源入れてピッピするだけなのでトリアは 簡単なのが気に行ってます。 ケノンがおすすめの人• 毛が薄めな方• Iライン・Oラインも処理したい方• 一度の処理に時間をかけたくない方• 痛みに弱い方 トリアがおすすめの人• 剛毛な方• Vラインを中心に脱毛したい方• 値段を抑えたい価格• 痛みに強い方 まとめ 痛いのが苦手な人は ケノン。 安く確実に脱毛したいなら トリアがおすすめです。 スネが痛すぎて レベル1で大量打ちしたら、意外に生えなくなった。 ヒゲは剃らなくて済むようになった。 肛門周りは2回で生えなくなった。 このように、2chでは男女問わず 色々な人がトリアを買って試しているようです。 特に男性の意見が多いように見受けられました。 コスパ比較表 トリアには、小さい方のプレシジョンと、従来品の重たい4Xという2種類の機械があります。 効果は同じで、照射面積の差(一度に脱毛できる範囲)があるだけです。 女性で気軽にちょこちょこ脱毛するにはプレシジョンがおすすめです。 4Xは女性には重たいので、男性で全身30分くらい脱毛し続ける人には向いているかもしれません。 他社機械はカートリッジ代が月に5000円〜1万円ほどのっかってくるので、コスパはトリアが一番良いです。

次の